ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「そうだ! おい貴音、クリスマスって24か25日どっちだっけ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:12:45.57 ID:kqjI7BHa0

貴音「…何でしょうか?」

響「クリスマスだぞ! ほら、ケーキ飾ってあの…どんちゃん騒ぎやるやつさー」

貴音「ああ…『いぶ』のことですか? それは響…24日の夜と決まっておりますが…」

響「そうか…あと一週間あるな!」

貴音「…響?」

響「貴音! 自分ちょっとやることができたんだぞ! またな!」

貴音「どうしたのでしょうか、響…」

貴音「まさか…」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:17:46.48 ID:kqjI7BHa0
響「ふんふんふーん♪ ふんふんふーん♪ ふんふんふーんふふーん♪」ザッザッ

響「らんらんらーんららんらんらーんらららら…はぁ」ゴシゴシ

響「えーっと…あれと…あ、これも!」

あずさ「」ニコニコ

響「あー…このケーキの…もっと大きいのを頼むぞ!」

春香「はいはいwww」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:19:43.04 ID:iQskEPJw0
響と貴音のコンビは至高

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:20:31.63 ID:kqjI7BHa0
春香「へいwwwお待ちどうさまwwwww

春香「特製のクリスマスケーキですよ、クリスマスケーキwwwww」

春香「間に合わせるために慌てたよーwwwww」

響「色々無理言ってすまないんだぞ、ありがとな!」

春香「いえいえwwww」

春香「あ、気をつけて持っていってねwwwww壊れるからwwwwwww」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:21:44.72 ID:kqjI7BHa0
響「さ、もうおしまいだ…よっと」

響「ごめんな貴音、使っちゃって」

貴音「…そのようなことはどうでもいいです」

響「どうした貴音?」

貴音「あなたは今日、くりすますぱぁてぃをやるそうですね」

響「あっ、ばれたかー♪ 貴音には黙ってびっくりさせてやろうと思ってたんだぞ」

貴音「…やよいや真も来ると聞きました」

響「ああ、それがどうした?」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:25:13.40 ID:kqjI7BHa0
貴音「どうもこうもありません」

響「?」

貴音「響。私は、あなたが柄にもないくりすますぱぁてぃをやろうと、美希ややよいと仲良くしようと、そんなことに口出ししたくはありません」

貴音「しかし、しかしです…765プロに移籍をしてからの貴方は、何か道を踏み外しているように思えるのです」

貴音「危ない道を…何やら懸命に走っているような、です」

貴音「響…以前の響に戻ってはくれませぬか、トップアイドルを目指し、まっしぐらに突き進んでいたあの姿、あの姿なくしてあなたの進む道がどこにあるのですか!」

響「貴音…」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:28:16.29 ID:kqjI7BHa0
貴音「オーディションに参加した時の、らいばるを飲み込んでしまいかねない、あの気迫はどこへ行ったのですか!」

響「やめろ、貴音…」

貴音「目指すは頂点、孤高に生きると誓った、我那覇響はどこへ行ったのですか!」

響「うるさいぞ! 貴音!!」

貴音「おのれ…何がくりすますですか、痴れ者ぉぉぉぉ!」ダッ

響「…そろそろ、みんな来る頃だ。早く帰ろう」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:31:17.12 ID:kqjI7BHa0
雪歩の誕生会会場

伊織「響がクリスマスの招待状? あはは、傑作ね、あはははは…」

亜美「あははー…ひびきん、765プロに移籍してから頭が少しおかしくなったんじゃないのー?」

雪歩「それで、真ちゃん? 行くんですか?」

真「ふん…クリスマスケーキを食べにどうしてわざわざ響のマンションまで行かなくちゃならないんだ」

真「オーディション一筋に生きる炎のアイドル我那覇響…それ以外の響には全く興味がないね」

真「反吐が出る!」グビッ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:34:26.65 ID:kqjI7BHa0
高槻家

かすみ「おねぇちゃん、我那覇さんからクリスマスの招待状が来てたよね? 今日だけど、行かなくていいの?」

やよい「みんなの方が先約だったから」

浩司「わーっ」

長介「我那覇響なんてやめとけやめとけーwwww」

浩太郎「やめとけやめとけーwwwww」

やよい(響さん…私はあなたに借りがあります…)

やよい(その借りを返すために私、心を鬼にします!)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:35:39.20 ID:oOkKjYk20
なんや巨人の星か

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:37:49.66 ID:kqjI7BHa0
ゴーン…ゴーン…ゴーン…

響「………」

ドタドタドタ…

響「!」

小鳥「あ、響ちゃん。ここだったのね」

響「あ…ピヨ子か…」

小鳥「今日の昼間、響ちゃん宛にハガキが来てたの」

響「あ、わざわざすまないな」

小鳥「真ちゃんとやよいちゃんからよ。それじゃ」

バタン

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:40:16.11 ID:kqjI7BHa0
響「………」

やよい『響さん、来年は私、命を賭けて響さんにオーディションで勝ってみせます! パーティはそれからでも遅くはありませんよ』

真『メリークリスマス、こんな言葉はいらない。響とボクの間に交わされる言葉はこれのみ、『勝負』!』

響「…っ」グシャ

響「くそっ…」グシャ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:43:31.76 ID:kqjI7BHa0
響「……」

コンコン

響「美希…もしかしたら…」

ガチャ

律子「響、電報よ」

響「あ…ありがとうなんだぞ」

バタン

響「……」

ザンネンイケナイノ ミキ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:46:12.33 ID:kqjI7BHa0
響「…プロデューサーだ…」

響「プロデューサーと一緒にいて来れないんだ」

響「どうせ営業成績を見て自分のことをこき下ろしてるに違いない」グシャ

響「だから美希、イチャついてて来れないんだ」

響「………」

響「結局、誰も来なかったというわけか!」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:49:25.05 ID:kqjI7BHa0
千早『ふふふふふふ…』

千早『誰も来なかった、それは当たり前だ。クリスマスは人間同士でやるものだ』

千早『貴様がこれだけの支度をして待っていた、しかし誰も来ない』

千早『それはみんなが貴様がぼっちアイドルだと知っていたからだ!』

千早『ぼっちアイドルはクリスマスはやらん!』

響「ん…んんん…」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:52:53.72 ID:kqjI7BHa0
千早『なんならどうだ…我那覇さん…ぼっちアイドルはぼっちアイドル同士…私とやらんか?』

千早『メリークリスマス! はははははは!』

響「誰が…誰がお前なんかと…」

千早『さぁ、仕事以外何もできないぼっちアイドルのため、乾杯だ!』

ガシッ

響「誰が…お前なんかと…!」ブンッ

バキッ

千早『メリークリスマス! はははははは!』

響「ちきしょぉぉぉぉぉぉ!」ガタン

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:55:32.42 ID:kqjI7BHa0
千早『さぁ、私と一緒に乾杯だ! はははははは!』

響「ちきしょう…こんなもの…! ちきしょう…!!」グイッ

ガシャァァァン

千早『メリークリスマス! はははははは!』

グシャァァァ

響「ちきしょう…!!」

バリィィン

千早『メリークリスマス! はははははは!』

バキッ ジャリィィン ブオン

ガシャアアアン

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 07:57:33.72 ID:kqjI7BHa0
響「千早なんか…千早なんかオーディションに出たら…」

響「オーディションに出たら…叩きのめしてやる…」

響「叩きのめしてやるぞぉ…ああ…うぅ…」

響「ちきしょう…自分は完璧なんだ…完璧なんだぞぉ…ちきしょう…」

終わり

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18(土) 08:04:24.52 ID:M2yi7dTdO
響、今のお前は牙の抜けた虎じゃ!

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。