FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイバー「鼻からエクスカリバー出せます」切嗣(なに!?)

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 22:51:27.72 ID:5s8IqGEEO

アイリ「そんな特技があったのね! 見せてくれるかしら?」

セイバー「いえ、マスターの命令が無ければ出すわけには……すみません、アイリスフィール」

アイリ「そんな……」

切嗣(くっ……僕だって凄く見たいけど、セイバーに話し掛けるわけには……!)

セイバー(ふふふ……これでマスターも興味を持って話し掛けてくれるに違いない
酒の席で酔ったランスロットに無理矢理やらされた芸だが、こんな所で役に立つとはな)


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 22:53:05.90 ID:8wHPxg5+0

王様立場弱すぎだろ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 22:55:06.43 ID:5s8IqGEEO

セイバー「鼻から真名解放することも出来るんですが……(チラッ」

切嗣「…………」ソワソワ

セイバー(ふふふ……)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 22:58:57.95 ID:5s8IqGEEO

アイリ「でもセイバー。鼻にエクスカリバーが入っていたら喋れないと思うの
そんなことが出来るなんて、とても信じられないわ」

セイバー「マスターが命じてくだされば、すぐにでもお見せしましょう」

切嗣「くっ……」

セイバー(ランスロットと一緒に酔ったガウェインに試しにそのまま喋ってみろと言われて案外出来たのだ
これで興味を持たないわけがない……勝った!)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:03:29.60 ID:5s8IqGEEO

セイバー「今だけですよ? 令呪無しでやってみせるのは」

アイリ「切嗣! 期間限定よ! 早くセイバーに頼まないと!」

切嗣(期間限定だと……!? 僕はどうすれば……!)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:07:56.81 ID:5s8IqGEEO

セイバー「まあ、令呪を使われたとしても、私の対魔力で一度は耐えてみせますが」

切嗣(令呪を2つ使わないとやってくれないのか…!?)

切嗣「あ、あぁ……」

舞弥「惑わされないでください」

切嗣「!?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:10:04.06 ID:5s8IqGEEO

セイバー「どけ! これは私たち、マスターとサーヴァントの問題だ!」

舞弥「…………」

セイバー「貴様……邪魔立てするというのなら……」

セイバー「ちょっと城の裏まで来て下さい」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:13:14.95 ID:5s8IqGEEO

アイリ「城裏に呼び出しなんて……舞弥さんは大丈夫かしら……」

<エクスカリバァァァァァァァァ!!

<うわぁぁぁぁぁぁぁ!!

切嗣「今のはセイバー……それに、舞弥の悲鳴か!」

<本当に鼻からエクスカリバーがぁぁぁぁぁぁ!! しゅごいのぉぉぉ!!

アイリ「ええっ!?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:16:14.64 ID:5s8IqGEEO

舞弥「切嗣。あれを見ないのは人生の95割を無駄にする事になる」

切嗣(舞弥がここまで動揺するとは……)

アイリ「舞弥さんだけズルいわ! 私にも、お願いよ!」

セイバー「アイリスフィール……頼むべき相手は私ではなく、切嗣ですよ」

アイリ「切嗣!!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:18:24.80 ID:5s8IqGEEO

切嗣「……ダメだ」

アイリ「そんなっ! 酷いわ!」

切嗣(心が痛い……!)

セイバー「ふふふ……マスター?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:22:39.57 ID:5s8IqGEEO

セイバー「ああ、今なら令呪無しで見せると言いましたが、気が変わりそうです」

切嗣「舞弥……録画しなかったのか……!」コソコソ

舞弥「カメラも使い魔も直感スキルで全て潰されました……」コソコソ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:25:14.65 ID:5s8IqGEEO

セイバー「あと1分もしたら気が変わってしまいそうだ……(チラッチラッ」

アイリ「……切嗣」

切嗣「ダメだ」

アイリ「セイバーにお願いして」

切嗣「ダメだ」

アイリ「……どうしても?」

切嗣「…………」

アイリ「なら……離婚しましょう」

切嗣「!!!?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:26:52.39 ID:3J1MgshG0

アイリスwww


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:28:14.95 ID:5s8IqGEEO

アイリ「鼻からエクスカリバーが見れないなら、聖杯戦争を始めた意味なんて無いじゃない!」

切嗣「アイリ! 冷静になるんだ!」

セイバー(離婚だと……ま、まさかここまで大事になるとは……)

セイバー(しかし、王として、引くわけには……私にも誇りがある)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:33:20.61 ID:5s8IqGEEO

舞弥「切嗣……冷静になるのはあなたです」

舞弥「もう、鼻からエクスカリバー見てない人の道具をやる人生なんて考えられません」

切嗣「舞弥……君もか!?」

舞弥「あの感動を共有出来ない相手を信頼する事は出来ません」

セイバー(どうしよう……切嗣の気を引くだけのつもりが、我々の陣営の崩壊の危機に……)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:37:09.09 ID:5s8IqGEEO

アイリ「ああ、もう既に1分経っているわ!! どうしてくれるのよ!!」

舞弥「令呪を使うしかありませんね」

切嗣「くっ……!」

セイバー「あ、あの……あと3分くらい待ってもいいですよ?」

アイリ「セイバー!! なんて優しいの……こんな男に対して……」

セイバー「いえ、王として、当然です…はい」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:41:57.44 ID:5s8IqGEEO

アイリ「セイバー……私、こんなわからず屋とはもう一緒にいられる気がしないわ」

アイリ「セイバー、私と……レッツ背徳しましょう」

切嗣「!!!?」

セイバー「アイリスフィール!? お、落ち着いて!」

アイリ「あなたに、毎晩、添い寝しながら鼻からエクスカリバー出して見せて欲しいの……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:45:46.05 ID:5s8IqGEEO

切嗣「考え直してくれ!!」

アイリ「もう、終わりにしましょう」

セイバー「アイリスフィール……それはいけない」

アイリ「もう、止まれないわ」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:49:03.78 ID:5s8IqGEEO

切嗣「そんなに鼻から武器を出すのが見たいなら、僕にだって……!!」

セイバー「ま、待ってくださいマスター!! そんな、無茶だ!」

切嗣「鼻からコンテンダー出します……!」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:52:29.93 ID:5s8IqGEEO

舞弥「切嗣……あなたには無理だ」

アイリ「気を引こうとしたって、出来るわけがないわ」

切嗣「魔術師殺しを舐めないで欲しいな……」

セイバー「マスター……」

切嗣(鼻から出すのならまず……口から入れるしかないな……)

切嗣「うごごごご」

セイバー「もうやめてください!!」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:55:13.70 ID:5s8IqGEEO

切嗣「ゴクリ! うぐあっ!!」

セイバー「切嗣! 切嗣が銃を飲み込んだ!!」

切嗣「ぐあぁぁぁぁぁぁぁ!!」

セイバー「アイリスフィール!! 早く治療を!!」

アイリ「馬鹿な男……それがあなたの限界よ」

セイバー「アイリスフィール!!」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:56:44.51 ID:iXadcefh0

これはヤバイ


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 23:59:01.32 ID:5s8IqGEEO

切嗣「ふぅ……まさか自分で体内に入った銃の摘出手術をすることになるとは」

セイバー「凄いです! さすがはマスター!!」

舞弥「…………」

アイリ「確かに凄いけど、鼻からエクスカリバーに比べたら……」

切嗣「そ、そんな……!」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 00:01:52.89 ID:qWvJQ2KNO

ハサンさん「マスター、衛宮切嗣の、聖杯に託す願いが判明したので報告します」

麻婆「ああ」

ハサンさん「鼻からエクスカリバーを出せるようになりたい……だとか」

麻婆「それはまことか!?」

ハサンさん「間違いありません」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 00:05:41.54 ID:qWvJQ2KNO

麻婆「やはり、衛宮切嗣は答えを持っている……私の求めている答えを……確信した」

麻婆「これは、一度奴の所に行くしかないな」

麻婆「鼻からエクスカリバー……かつて感じたことの無いこの高揚は……」



145: !ninja 2011/12/28(水) 00:07:36.82 ID:8fnH6o3W0

なんだこのラストwwwwww


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 00:08:39.30 ID:oQM2wZuJO



本当にそんな答えでいいのか言峰wwwww


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。