ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮子「勝負しようよゆのっち」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/HidamariSketch065.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 19:13:37 ID:hhs51k870
宮子「いや~」

宮子「ゆのっちのお風呂は気持ちいいですな~」

ゆの「えへ~」

宮子「よーしここで一曲」

宮子「いい湯だなふふふーん♪いい湯だなふふふーん♪」

ゆの「よーし私も!」

宮子「お、ゆのっちも!」

ゆの「ふ↑ふ↓ふー↓ん↑♪」

宮子「…」

ゆの「アレ?宮ちゃんどうかした」

宮子「ううんなんでもないよ~」

ゆの「そっかあ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 19:21:30 ID:hhs51k870

ゆの「そろそろあがらない?宮ちゃん」

宮子「またれよゆのっち」

ゆの「ん?」

宮子「折角だからどっちが長くお湯につかれるか勝負しない?」

ゆの「えー!?宮ちゃんと勝負!?」

宮子「肩までつかったら始めね!はいドン!」

ゆの「え、ちょ、はいドンって!?」

宮子「ゆのっちはやく~」

ゆの「う…もう!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 19:27:27 ID:hhs51k870

10分後

ゆの「…」ブクブク

ゆの(うう…のぼせちゃう)

ゆの「ぷはっ!もうダメ!」

ゆの「ギブアップ~宮ちゃんは…」

宮子「はへ~?」

ゆの「わ!?…って宮ちゃん真っ赤だよ!」

宮子「なんか頭がくらくらする~」

ゆの「は、はやくあがろうよ宮ちゃん!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 19:34:24 ID:hhs51k870

宮子「ん…」ゴクゴク

宮子「ぷはー!生き返る!」

宮子「いや~かたじけないまさか私がのぼせてしまうとは」

ゆの「ふう…びっくりしたよ~」

ゆの「あ…でも勝負負けちゃった」

宮子「そうだね」

ゆの「ば…罰ゲームとか!?」

宮子「何それ~?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 19:38:45 ID:hhs51k870

宮子「まあ今回は引き分けという事で!」

宮子「ゆのっちの助けてもらったからね~ゆのっちありがと~」

ゆの「えへへ、どういたしまして!」

宮子「第2回戦はまた今度にでも」

ゆの「ええ!?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 19:48:10 ID:hhs51k870

ゆの「それでね~」

宮子「ほうほう」

ゆの「あ…もうこんな時間」

ゆの「そろそろ寝ないと…宮ちゃんももう寝る?」

宮子「そろそろ寝なきゃですな」

宮子「!」

宮子「ねえねえ今日はゆのっちと一緒に寝ていい?」

ゆの「うん!いいよ~」

宮子「わーい!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 19:56:45 ID:hhs51k870

ゆの「むにゃむにゃ…」

ツンツン

ゆの「ん…?宮ちゃんどうかした?」

宮子「ゆのっちにひっついていい?」

ゆの「うん…私は平気だよ」

宮子「へへ、ではでは」

ピタッ

宮子「ゆのっち~」スリスリ

ゆの「あわわ…」

宮子「どしたのゆのっち」

ゆの「み、宮ちゃんの胸がその…///」

宮子「お、失敬失敬」

ゆの「そ…そのままでいいよ!うんむしろそっちの方が」

宮子「そっかー」ムニュッ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 20:07:23 ID:hhs51k870

ゆの(宮ちゃんのお胸柔らかいなあ…)

ゆの(は!ダメダメ変な事考えちゃうんうん)

宮子「ゆのっち?」

ゆの「ひゃい!?」ビクッ

宮子「なんか私ねお風呂でのぼせてからねちょっとおかしいんだ」

ゆの「え?具合が悪かったりとか」

宮子「ううん、そんなんじゃなくて」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 20:19:53 ID:hhs51k870

宮子「その…体が熱くて変なカンジ」

ゆの「ヘ ヘン?」

宮子「うん」

ゆの「そういえば…さっきから息が荒いような」

宮子「あははやっぱり?」

宮子「ゆのっちには隠しきれないか~」

ゆの「えへへ~」

宮子「あはは~」

ゆの「…大丈夫?」

宮子「ゆのっちどうにかして!」

ゆの「ええっ!?ど…どうにかするって言われても」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 20:27:56 ID:hhs51k870

ゆの(つまり宮ちゃんは興奮状態?…みたいな)

ゆの(助けてあげたいけどどんなことすれば)

宮子「ゆのっち~」ハァハァ

ゆの「み、宮ちゃんダメェ!」

宮子「むぐぐ…」

ゆの「み、水持ってくるから待っててね!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 20:36:38 ID:hhs51k870

宮子「…」ゴクゴク

ゆの「落ち着いた?」

コトッ

宮子「あんま変わんない…」

ゆの「つ…次はフライパン」カンカン

宮子「痛いよゆのっち…」

ゆの「ご…ごめん宮ちゃん!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 20:49:31 ID:hhs51k870

ゆの(このままだと宮ちゃんが大変なことになっちゃう)

ゆの「どうにかしないと…」

宮子「ゆのっちぃ…」ハァハァ

ゆの「…キスしてみるとか」

宮子「」

ゆの「いやもっと真面目なのを…」

宮子「それで行こうゆのっち!」

ゆの「うんうんそうだよね…て、ええ?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 20:58:45 ID:hhs51k870

ゆの「冗談だよ宮ちゃん!?もっと他の方法とか…」

宮子「私を救うにはそれしかないっ!」

ゆの「み…宮ちゃんを救う…」

ゆの「うん!やってみる!」

ゆの(なんか乗せられてるような気がしないでもないような)


40: 肉まん買いに行ってた 2013/02/10 21:12:02 ID:hhs51k870

ゆの「す…するよ?宮ちゃん」

宮子「ゆのっちに私の初めてが~」

ゆの「ちょ!?宮ちゃんてば!」

ゆの「の前に深呼吸しないと…」スーハースーハー

ゆの「よし!」

ゆの「…」ゴクリ

ゆの(宮ちゃんの為宮ちゃんの為…)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 21:29:53 ID:hhs51k870

ゆの(宮ちゃんの為…)

チュッ

ゆの(ん…今しちゃった?)

ゆの(宮ちゃんの唇柔らかいなあ…)

ゆの(…もうちょっとしたいけど一旦やめよう)

宮子「…」ボー

ゆの「えへへ…」

ゆの「宮ちゃん落ち着いた?」

ギュッ

ゆの「!?」

宮子「ゆのっちもっと~」ハァハァ

ゆの「うわあああん悪化しちゃったー!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 21:45:39 ID:hhs51k870

宮子「ゆのっち~」ドサッ

ゆの「ん…」

宮子「押し倒されてるゆのっちかわいいよ~」

ゆの「あわわ…」ガクガク

宮子「大丈夫だよゆのっち怖くないから…」

ゆの「今の宮ちゃんが怖いよ!」

宮子「優しくするからご安心をまずほっぺたから」

チュッ

ゆの「ん///」

宮子「顔真っ赤になったゆのっちもプリティーですな~」

ゆの「だ…だって宮ちゃんが」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 21:54:17 ID:hhs51k870

宮子「ゆのっちのお胸も…」モミモミ

ゆの「あうっ///」

宮子「ゆのっち反応かわいい…」モミモミ

ゆの「宮ちゃ…らめっひゃん///」

宮子「ゆのっちぃ…」ハァハァ

ゆの(そうだ…今の宮ちゃんはのぼせちゃったせいでいつもと違う感じの宮ちゃん…)

ゆの(治すには…私が攻めになるしかっ!)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 22:08:41 ID:hhs51k870

ゆの「あ!あんな所に学食のカツ丼が!」

宮子「え!どこ?」キョロキョロ

ゆの「宮ちゃんゴメン!」

いってんこうせー

宮子「あ…ゆのっち…?」

ゆの「宮ちゃん…」

ゆの(うう…押し倒してから見る宮ちゃんも可愛いなあ…)

ゆの(じゃなくて!治す方法を…)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 22:31:02 ID:hhs51k870

ゆの「治す方法…」

ゆの(さっきはチューして悪化しちゃったから…)

ゆの(うーん…)

ゆの(もっとチューすれば逆に治るかも!)

ゆの「そうと決まれば!」

宮子「ゆのっち…」

ゆの「宮ちゃんごめんね?」

宮子「重…」

ゆの「あうっ…」ガクッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 22:44:10 ID:hhs51k870

ゆの「気を取り直して…私が攻めなんだから…」

ゆの「宮ちゃんじっとしてて」

宮子「ゆのっ…」

チュッ

ゆの(えっと…でぃーぷきすっていうんだっけ?それすれば)

ゆの(宮ちゃん…舌入れるね?)

ゆの「は…んむ…みやちゃん…」

宮子「!?///」

ゆの(いきなりやってごめん…でも宮ちゃんの為だから…)

ゆの(宮ちゃんの舌ぬるぬるして…気持ちいいかも)


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 22:58:54 ID:hhs51k870

ゆの(宮ちゃん照れてる可愛いよぉ宮ちゃん)

ゆの(宮ちゃん宮ちゃん…)

ゆの「ぷはぁ…」

宮子「はぁはぁ…ゆのっちぃ…」

ゆの(宮ちゃんの唾液飲んじゃった、なんだか甘い…)

ゆの「宮ちゃん…落ち着いた?」

宮子「…」ギュッ

宮子「ね、ゆのっちもっとして…私またなんかドキドキする…」

ゆの「うん…宮ちゃんが言うならいいよ…しよ?」チュッ


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 23:03:28 ID:TqeKqbT10

いいわぁ


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 23:09:19 ID:hhs51k870



宮子「ゆのっち~学校行こ~」

ゆの「はーい」

ゆの(結局宮ちゃんは昨日のアレには何も言ってこなくて…覚えてないのかも)

ゆの(お風呂でのぼせちゃった事は覚えてて、これでいいのかな?いいよね!)

宮子「あ、そうだゆのっち!」

ゆの「?」

宮子「今日の夜もゆのっちのとこ泊っていい?」

ゆの「うん!いいよ!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 23:15:38 ID:hhs51k870



ゆの「むにゃむにゃ…」

ツンツン

ゆの「ん…?宮ちゃんどうかした?」

宮子「ゆのっちぃ…昨日みたいにキス…しよ?///」

ゆの「え、ええ!?」

尾張


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 23:17:34 ID:oAjjTVI/0

乙乙


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 23:17:37 ID:TqeKqbT10


終わってしまった


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 23:20:34 ID:VtOyyjTD0


続きはまだかね?


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10 23:24:15 ID:hhs51k870

ハニカム最新話見なきゃ(使命感)
悲しいなあ



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360491217/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。