ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮子「デリシャスだよー」ゆの「デリシャスだねー」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:30:04 ID:+cQrHmQb0

宮子「焼肉食べたい!」

ゆの「宮ちゃん!?」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:32:24 ID:+cQrHmQb0

宮子「いやーテレビのCMが焼き肉のだったからつい」

ゆの「つけっぱなしだったもんね」

宮子「大家さんの奢りで焼き肉食べ放題に行った日を思い出しますなあ~」

ゆの「おいしかったよね~」

グー

宮子「お腹すいたあー」

ゆの「私も…」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:36:30 ID:+cQrHmQb0

ゆの「焼肉といえば」

ゆの「私、牛タンの事勘違いしてたんだっけ…」

宮子「牛の舌は薄くないのだ」

ゆの「もー!宮ちゃんてば~」

宮子「あはは~」

ゆの「でも…美味しいかったなあ牛タン」

宮子「大家さんがオススメしてくれたんだよね」

ゆの「うん、また食べたいなあ」

宮子「うむ~」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:40:50 ID:+cQrHmQb0

ゆの「人間の舌も牛タンだったらいいのにね」

宮子「おお~」

ゆの「でね、何も食べてなくても、常に牛タンの味がしておいしいの…なんて」

宮子「…!」ピカーン

宮子「ゆのっち!すごい事思いついた!」

ゆの「え!?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:44:47 ID:+cQrHmQb0

宮子「舌っていつも口の中にあるのに全く味がしない!」

ゆの「うんうん!」

宮子「それはもしかすると…」ゴゴゴ

ゆの「もしかすると…?」

宮子「ずうっと同じ味の舌が口の中に入ってるから味覚がマヒしてるのでは!?と」

ゆの「なんと!?」

宮子「ということで」

宮子「お互いの舌を舐めあって確かめよう!」

ゆの「わー!」

ゆの「…って宮ちゃん!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:49:56 ID:+cQrHmQb0

宮子「どったの?」

ゆの「舌を舐めあうって…ええ!?」

宮子「もしかしたら本当に牛タンの味するかもしれないし」

宮子「はたまた別の味かも」

ゆの「別の味?」

宮子「ひじき味」

ゆの「ひじき!?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:51:59 ID:+cQrHmQb0

宮子「何はともあれチャレンジだよゆのっち!」

ゆの「うう…やるー?」

宮子「お願いゆのっちこの通り!」

ゆの「うう…///」

宮子「んっ」ペロッ

ゆの(準備ばっちし!?)

ゆの(やるしか…ないよね)

ゆの「…」

ゆの「えいっ!」ペロッ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:56:39 ID:+cQrHmQb0

ゆの「んむっ…!」

ゆの(…)

ゆの(…あれ)

ゆの(宮ちゃんの舌美味しい)

ゆの(それとあったかくて…なんかぽかぽかする)

ゆの(ずっと味わってたい気分)

パッ

宮子「ぷはー!」

ゆの「…///」ボー

宮子「あれ?ゆのっち~?」

ゆの「あ…み、宮ちゃん!?」

宮子「私の舌どんな味した?」ワクワク


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 21:59:12 ID:+cQrHmQb0

ゆの「えっと」

宮子「えへへ」ワクワク

ゆの「よく…わかんない」

宮子「ええー」

ゆの「でもすっごくドキドキしたの…宮ちゃんとしてる時」

宮子「ドキドキ味?」

ゆの「そんな感じ!なのかなあ…?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:04:05 ID:+cQrHmQb0

宮子「ちなみにゆのっちのはね~」

宮子「おいしくて」

宮子「まろやかで」

ゆの「えっ///」

宮子「あまくて」

宮子「しっとりとしていて」

宮子「べたつかなくて」

宮子「パサパサしてなくて」

宮子「それから」

ゆの「まだあるの!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:10:04 ID:+cQrHmQb0

宮子「結局牛タンの味しなかったね~」

ゆの「だねー」

宮子「でもゆのっちの舌おいしかった!」

ゆの「えへへ、ありがとう」

宮子「今度は本物の牛タン食べたいのだ~」

ゆの「うん…」

宮子「ゆのっち?」

ゆの「あのね、宮ちゃん」

宮子「?」

ゆの「もう一回だけ宮ちゃんの舌…いい?」

宮子「いいよ~」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:15:42 ID:+cQrHmQb0

ゆの(不思議な味)

ゆの(なんだろう、すごくにドキドキしてくる)

宮子「おいしい?」

ゆの「んっおいしいよ」

宮子「わたしも~」

ゆの(笑った宮ちゃん可愛いなあ)

ゆの(ん…もっと味わうにはどうすればいいんだろう)

ゆの(もっと美味しく…)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:23:48 ID:+cQrHmQb0

チュッ

宮子「ゆのっ?」

ゆの(宮ちゃんびくっとした、可愛い)

ゆの(宮ちゃんと私のが奥まで絡み合ってちょっぴりえっちな気分)

ゆの(えへへ、こういうのってドラマでしか見たことないけどホントにこんな感じなのかな)

宮子「ん…///ゆ、ゆのっ」

ゆの(宮ちゃんの顔赤くなってる可愛い)ギュッ

ゆの(宮ちゃんの体あったかいぽかぽかしてて)

ゆの(宮ちゃん好き、大好き)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:29:19 ID:+cQrHmQb0

宮子「…」ハァハァ

ゆの「えっと…」

ゆの「宮ちゃんの舌ってデリシャスな味する!…うん!」

宮子「でりしゃす…デリシャス!」

宮子「ゆのっちのもデリシャス味だったのだ~」

ゆの「えへへ、デリシャスだね~」

ゆの 宮子「…」

ゆの「ごめん!宮ちゃん!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:42:16 ID:+cQrHmQb0

ゆの「その…宮ちゃんの舌だけじゃ足りなくてえっと…えっと」

宮子「あはは~気にする必要なーし!」

宮子「今回の研究結果はゆのっちの舌は美味しい!という事で」

宮子「これは正式発表する必要がありそうですな~」

ゆの「ええっ!?」



宮子「…」ボー

宮子「ゆのっちにされちゃった」

宮子「…デリシャス!」

宮子「もう一回ゆのっちとしようかな」

終わり


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:45:03 ID:+cQrHmQb0

某コピペが好きだったので
にしてもデリシャスって何語なんでしょう


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:50:30 ID:lMYJeYkZ0

とりあえず乙


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08 22:59:50 ID:j1YK0uN70

ゆのっちと宮子に変えることでこうも素晴らしくなるのか



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365424204/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。