ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白望「雪、みずうみ、白鳥と」エイスリン「星降ル夜……ソシテ」

   
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 13:52:02 ID:/TR4Djcs0

――森深く
白望「……」

白望「……」グウウゥ…

白望「…おなかへった」

白望(失敗したなあ……こんなとこで迷うなんて……)

白望(おまけに足もくじいて……あんまり動けないや……)

白望「…はあ」

??「…」ガササ…

白望「?」

エイスリン「…」…ヒョコン

白望「……」

白望(……幻かなあ)

エイスリン「……」ジィー…テクテク

白望(あ…近づいてくる)

エイスリン「…?」シャガミ

白望(……綺麗な子)





3: >>2 あ、はい でもたぶん今回はああいう感じじゃないっす 2012/12/15 13:58:12 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「……」ジィーッ

白望「……」

エイスリン「……」マジマジ

白望「…あの」

エイスリン「?」

白望「食べもの、もってない?」

エイスリン「…??」

白望「……」

白望(ことばが、わからないみたいだ)

白望「……ええと」グウゥゥ…

エイスリン「!」

白望「……」

エイスリン「……」

エイスリン「…」手ツカミ

白望「…?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 14:05:44 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「…」クイ クイ

白望「……」

白望(…来いってこと?)

エイスリン「…」クイ クイ

白望「……」

白望「…」コクン

エイスリン「!」パアァ

白望「……」

白望「よっこい……痛っ」

エイスリン「?」

白望「えっと…足、けがしてて…」

エイスリン「……??」

白望「…」フルフル

白望「ゆっくり、いこう?」

エイスリン「…?」…コクン


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 14:13:30 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「…」手ツナギ

白望「…」手ツナギ

エイスリン「…」テク テク

白望「…」テク…テク…

白望「……あの」

エイスリン「?」

白望「あ…」

白望(どこへいくの、って聞いても、わからないんだ)

エイスリン「??」

白望「…」フルフル

エイスリン「…?」テク テク

白望「……」

白望(……こっち、森のもっと奥に入ってる気がするんだけどなあ)

エイスリン「!」ユビサシ

白望「? ……あ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 14:19:49 ID:/TR4Djcs0

白望「みずうみ…」

白望(こんなところに、みずうみがあったんだ…)

白望「……」

白望「…あれ、いない」

白望(女の子……どこいったんだろう)

白望「……」

白望「…」キョロキョロ

白望「…ねえ、どこにいるの」

白望「でてきてよ」

……ちゃぽん

白望「!」

白望「…そっち?」

??「…」ガササ…

白望「…?」

白鳥「…」…ヒョコン


10: 字面紛らわしいからシロに変えるね 2012/12/15 14:29:31 ID:/TR4Djcs0

シロ「……」

シロ(……白鳥?)

白鳥「…」

白鳥「…」カクレ

シロ「あ……まって」

白鳥「!」ビクッ

白鳥「…?」…首カシゲ

シロ「……」

シロ「…ええと」

白鳥「……」

シロ「…きみ、さっきの子?」

白鳥「!」

白鳥「……」

……ちゃぽん

シロ「あ…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 14:36:30 ID:/TR4Djcs0

ぶくぶく……ちゃぽん……

エイスリン「…」…ヒョコン

シロ「……やっぱり」

シロ「ここ……きみのみずうみなんだね」

エイスリン「……」ビクビク

シロ「…?」

シロ「こわがらなくていいよ…?」

エイスリン「……??」

シロ「…ええと……つっ!」ズキッ

エイスリン「!?」

シロ「…あの」

エイスリン「…?」

シロ「もし、よかったらなんだけど…おじゃまさせてもらえないかな……?」ユビサシ

シロ「くじいてるとこ、冷やしたいんだ」

エイスリン「…」コクン


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 14:44:50 ID:/TR4Djcs0

シロ「…」ソー…

エイスリン「…」ジー

ちゃぽ……

シロ「……」

シロ(…冷たくて、きもちいい)

シロ「…ふう」

エイスリン「…」トントン

シロ「?」

エイスリン「…?」首カシゲ

シロ「うん…いいかんじだよ」

エイスリン「!」パアァ

シロ「ありがとう」

エイスリン「!」コクンコクン

エイスリン「…」ニコッ

シロ「…ふふっ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 14:52:40 ID:/TR4Djcs0

シロ「…」ゴクゴク

エイスリン「?」

シロ「うん」コクン

エイスリン「!」パァ

シロ(……水なのに、空腹感がなくなった)

シロ(ふしぎだなあ…)

エイスリン「…?」

シロ「ううん、なんでもないよ」フルフル

シロ「……」

シロ「…」ゴロン

エイスリン「?」

シロ「……安心したら、ちょっと休みたくなっちゃった」

エイスリン「??」

シロ「……」ゴロロン

エイスリン「…?」…ゴロン


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 14:57:38 ID:/TR4Djcs0

かぁー かぁー

シロ「……ん」パチ

シロ「もう、夕ぐれか…」

エイスリン「…」Zzz

シロ「…」トントン

エイスリン「……?」パチ

シロ「…そろそろ帰るね」

エイスリン「!」

エイスリン「……」

エイスリン「…」コクン

シロ「……」

エイスリン「…」シュン

シロ「…また来るよ」

エイスリン「!」パアァ

エイスリン「!」コクンコクン


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 15:06:13 ID:/TR4Djcs0

シロ「ばいばい」フリフリ

エイスリン「…」フリフリ

シロ「……」テクテク

ちゃぽん……

シロ「……」フリムキ

…………

シロ「…帰ったのかな」

シロ「……」

シロ「……」テクテク

シロ「…」ガササ…

シロ「…あ」

シロ(知ってる道に出た……帰れる……)

かぁー かぁー

シロ「……?」

シロ(…めずらしい鳥だなあ)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 15:16:38 ID:/TR4Djcs0

――ミヤモリ村
塞「うー…さむう…」

胡桃「おはようビー玉屋さん」

塞「ああ、おはよう木の実屋さん…きょうも寒いね」

胡桃「うん」

塞「こう寒くっちゃねえ」

胡桃「うんうん」

もくもく……もくもく……

塞「……えっ」

胡桃「どうしたの?」

塞「あー……えっと」

胡桃「?」

塞「わたしの目の錯覚じゃなければなんだけど……」

塞「あの煙だしてる煙突…パン屋さんだよね…?」

胡桃「えっ!?」フリムキ

胡桃「……うそ、しんじられない」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 15:27:24 ID:/TR4Djcs0

もくもく……もくもく……

塞「パン屋さんが働くなんて……」

胡桃「ここ数年なかったよね……」

もくもく……もく……………

塞「…あれ、やんだ」

胡桃「やっぱりダルくなっちゃったのかな」

トシ「いや、そうじゃあないよ」

塞&胡桃「おばばさま!」

トシ「あれは、ふたりぶんのパンを焼いていたのさ」

塞「ふたりぶん…?」

胡桃「ごはん用にってこと?ひとりぐらしだよね?」

トシ「さてねえ、どういうことなのかはわたしもさっぱりなんだ」

トシ「ただ…パン屋のようすが最近おかしいって話は聞くねえ」

トシ「なんでも、焚き木はまるまる残ってるのに、森へ出かけたりしているらしい」

トシ「しかも……なぜかぶ厚い辞書を持って、ね」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 15:36:10 ID:/TR4Djcs0

――森深く
シロ「……」

シロ(たしか、このあたりに……)

シロ「……あった、白鳥の羽根」

シロ「…」ガササ…

シロ(……何度目かになるけど、やっぱりふしぎだなあ)

シロ(まわりをぐるぐる回っても、けっして見つけられない)

シロ(村の人に訊いても、そんなみずうみは知らないって言う)

シロ(でも…あの白鳥の羽根を頼りに進んでいけば……)

シロ「……」ガサササ…

エイスリン「! シロ!」

シロ「…」フリフリ

シロ(ここにたどりつける……まるで彼女に招かれてるみたいに)

シロ「……パン、持ってきた」

エイスリン「! タベル!」

シロ「うん」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 15:45:49 ID:/TR4Djcs0

ちゃぽ……

エイスリン「シロ、スキ?」パク パク

シロ「…?」パク…

エイスリン「ミズウミ」

シロ「うん…なんか、おちつく」

エイスリン「…オチ……?」

シロ「…ええと」辞書ペラペラ

シロ「……あった、これ」ユビサシ

エイスリン「……」ジィー

シロ「…なんか、いいなあ、って思ったり」

シロ「…ここで寝たいなあ、って思ったり」

シロ「……しあわせだなあ、って思ったりする、ってこと」

エイスリン「シロ、シアワセ?」

シロ「うん」

エイスリン「!」パアァ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 15:54:03 ID:/TR4Djcs0

シロ「…きみは?」

エイスリン「?」

シロ「きみは、しあわせ……?」

エイスリン「…」

エイスリン「ウン!」コクン

エイスリン「シロ、スキ!」パァ

シロ「……」カァ

シロ「そっか…」

ちゃぽ……

シロ「水、ちょっともらうね」

エイスリン「ウン」

シロ「……」…スクッ

シロ「…」ゴク

シロ「……やっぱり、おいしい」

エイスリン「…」ニコニコ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 15:59:25 ID:/TR4Djcs0

シロ「……きみも、飲む?」

エイスリン「…ウウン」フルフル

エイスリン「ノム…ホントハ、ダメ」

シロ「え、そうなの…?」

エイスリン「…」コクン

シロ「……ごめん」

エイスリン「! ウウン、シロハ、イイ!」

シロ「…?」

エイスリン「シロハ…」

かぁー かぁー

エイスリン「!」

シロ「あ…いつもの、夜の鳥……」

エイスリン「……」ジィー

シロ「……じゃあ、そろそろ帰るね」

エイスリン「…ウン」コクン


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 16:07:56 ID:/TR4Djcs0

かぁー かぁー

シロ「よっ…こい、しょ」

エイスリン「……」ミアゲ

シロ「……?」

シロ「もしかして、知りあい…?」

エイスリン「! …??」

シロ「あの鳥」

エイスリン「……ウウン」

エイスリン「シラナイ」

シロ「…そう」

かぁー かぁー

シロ「じゃあね」フリフリ

エイスリン「ウン」フリフリ

シロ「……」ガササ…

シロ(……きょうはなんだか、すぐ夜になっちゃった気がするなあ)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 16:16:58 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「……」

烏「かぁー かぁー」パタ パタ

ちゃぷ……

豊音「ぷはぁー」

エイスリン「……トヨネ」

豊音「こんばんは、ウイッシュアートさん」

エイスリン「……」

豊音「うう…怒らないでよー……」

エイスリン「ナンデ…夜ヲヨンダノ…?」

豊音「あ、あのね…あんまり人間と会っちゃ、ダメなんだよー…?」

エイスリン「……」

豊音「精霊さまからお手紙ももらってきたんだけど……」

エイスリン「…イイ」

豊音「え…でも」

エイスリン「ヨマナクテモ……ワカッテルカラ……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 16:26:59 ID:/TR4Djcs0

豊音「そう…じゃあ、そう伝えとくねー」

エイスリン「…ウン」

豊音「星のいずみも、もう飲ませちゃダメだよー…?」

エイスリン「ワカッテル……」

豊音「……じゃあ、わたしも帰るねー」

エイスリン「! マッテ!」

豊音「? ウイッシュアートさん?」

エイスリン「……ワタシ、マチガッテル…?」

豊音「……」

エイスリン「……シロスキ、ダメ…?」

豊音「……わかんないよー」

豊音「でも……わたしたちは、夢と夜の使いだから……」

豊音「人間としあわせにはなれないと思う」

ちゃぷ……

烏「かぁー かぁー ………… かぁー かぁー …………


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 16:34:20 ID:/TR4Djcs0

――ミヤモリ村
もくもく……もくもく……

塞「おー、今日も焼いてるねー」

胡桃「ここんとこ毎日だね」

もくもく……もく……………

塞「あ、終わった」

胡桃「なんかおもしろいね」

塞「パン、わたしたちも食べたいね」

胡桃「ふつうに売ってくれればいいのに」

塞「ダメダメ、大切なひとのためだけに焼くから意味があるんだって」

胡桃「……顔に似合わずロマンティックなこと言うね」

塞「あ、ひどい!」

胡桃「ふふ」

ひゅうううう……

塞「うあっ、冷たいかぜ……冬だねえ…」

胡桃「うん……そろそろ、雪が降るころかなあ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 16:40:19 ID:/TR4Djcs0

――森深く
シロ「……」

シロ「……」

シロ「……」

シロ(……あれ…ない)

シロ「……」キョロキョロ

シロ「白鳥の……羽根……」

シロ「……」

シロ「……」

シロ「……」

ひゅううううううううう……

シロ「……さむ」

シロ「……」

シロ「…ねえ、いないの」

ひゅうううううううううううう…………

シロ「……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 16:48:45 ID:/TR4Djcs0

シロ「……」

シロ「…ねえ」

ひゅうううううう…

シロ「あ……」

シロ「…」

シロ(そういえばわたし……あの子の名前も知らないんだ……)

シロ「……」

シロ「……痛っ」

シロ(…また、くじいた)ズキン

シロ「……」ズキズキ

シロ「……」ズキズキ

シロ「……」ズキズキ

シロ「…帰ろう」

シロ「……」

シロ(…いたいなあ)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 16:55:39 ID:/TR4Djcs0

――ミヤモリ村
シロ「……」テクテク

塞「あ、パン屋さん、おかえりー」フリフリ

シロ「…うん」

胡桃「? なんか元気ないね」

シロ「…そう?」

塞「たしかに、なんか変だね……かぜ?」

胡桃「あったかいスープとか作ってあげようか?」

シロ「……」

シロ「ううん」フルフル

塞「え、でも…」

シロ「……」

塞「……ほんとに平気?」

シロ「うん…」

シロ「それじゃあ……」フリ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 17:08:13 ID:/TR4Djcs0

塞「あ……」

胡桃「行っちゃったね」

塞「森で、なにかあったのかなあ…?」

胡桃「うーん……あ!」ユビサシ

もくもく……もくもく……

塞「! また…」

胡桃「……これは、そっとしといたほうがいいかも」

塞「うん……」

もくもく……もくもく……

塞「パン屋さん…」

胡桃「……しんぱいだね」

塞「うん…」

もくもく……もくもく……

……しん、しん しん…しん……

塞「……あ、雪」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 17:19:22 ID:/TR4Djcs0

シロ「……」

シロ「……」

シロ「…ダルい」

シロ「…」ゴロン

シロ(なんで……いなかったんだろう……)

シロ(……)

シロ(…明日また、いけば……)

シロ「……」…フルフル

シロ「明日いっても……同じだ……」

シロ(なんでだろう…それだけはわかる…)

シロ(もう、あそこに呼んではくれないのかなあ…)

シロ「……」

シロ(…『シロ!』……『タベル!』…『??』……『ウン』…『シロ』『シアワセ?』『シロ』『シロ』『!』パアァ『シロ』『シロ、)

シロ(『シロ、スキ!』)

シロ「…………雪」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 17:26:37 ID:/TR4Djcs0

しん…しん…… しん…しんしん……

塞「……雪、やまないねえ」

胡桃「もう一週間くらいかな」

塞「こんなこと、今までなかったのに」

胡桃「ねー」

しんしん…しんしん……しん…しんしん……

トシ「おーい、そこのふたり」

塞&胡桃「おばばさま」

トシ「いま村じゅうをまわって注意してるんだけどね、屋根のうえの雪はこまめに落とすんだよ」

塞「え、危なくないですか?」

トシ「そうも言ってられないのよ、ほら、向こうに空き家だった家があるだろ?」

胡桃「うん」

トシ「あれが雪の重みで潰れちゃってねえ…あれはボロだったけど、みんなの家もそんな丈夫ってわけじゃないからさあ」

塞「うわー…注意しときます」

トシ「うん、よろしく」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 17:34:00 ID:/TR4Djcs0

しんしん…しんしん……しんしんしん…しん…

シロ「……」

しんしんしん…しんしん……しん…しんしん……

シロ「……」

シロ(あの子に、あいたいなあ)

シロ(…さいきん、そのことばっかり考えてる)

シロ「…あいたい」

しんしん……ギシギシ…しん……しんしんしん……

シロ「……」

シロ(そとは、ずっと雪なのかな……)

シロ(……家が潰れちゃうって、おばばさまが言ってたなあ)

シロ(……つもって……つぶれる)

しんしん……しんしん……

シロ(……つもって)

シロ「……ダル」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 17:42:00 ID:/TR4Djcs0

シロ「……」

しん…ギシギシ…しんしん……ギシッ…

シロ「……」

シロ「…どうでもいいよ」

しんしん……しんしん……

シロ「……どうなったっていい」

しんしんしん…しんしんしん……

シロ「……」

シロ「……」

シロ「パン……凍ってる」

シロ「……」

シロ(…あの子は、だいじょうぶなのかな)

しんしん……しんしん……

シロ「……」

シロ「…たきぎ」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 17:49:21 ID:/TR4Djcs0

塞「う、ん…しょっ!」

塞「…ふう、こんくらいやっとけば潰れないかな」

胡桃「ビー玉屋さん!」

塞「? なに、木の実屋さん」

胡桃「あっち、パン屋さんのほう!」

塞「んー? ……あ!」

もくもく……もくもく……

塞「パン屋さん…また……」

胡桃「焼いてるんだよ、パン!」

もくもく……もく……………

塞「いけない!森にいく気だ!」

胡桃「ど、どうしよう!」

塞「止めなきゃ!こんな雪のなかで、森になんて行ったら!」

胡桃「う、うん!」

しん…しんしん……しんしんしん……


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 17:55:26 ID:/TR4Djcs0

塞「…」タッタッタッタ

胡桃「ま、まって、ビー玉屋さ…わあ!」タッタッズテーン

塞「! 木の実屋さん、だいじょうぶ!?」

胡桃「う、うん、うわー恥ずかしいなあ……」

塞「…」ホッ

胡桃「……あ、あれ!」

塞「え……あ! パン屋さん!」

塞「おーい!!パン屋さーん!!」

胡桃「森にいったら危ないよー!!」

シロ「……」テクテク

塞「行っちゃうよ…聞こえないのかな……おーいっ!!」

胡桃「び、ビー玉屋さん…」クイクイ

塞「…?」

胡桃「あれ…!」

ギシギシ……ギシギシ……


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:01:37 ID:/TR4Djcs0

――森深く
シロ「……はあ…はあ…」

シロ「…さむい」

しんしん……しんしんしん……

シロ「……」

シロ(このあたり……だよね……)

シロ「……」

シロ「……」

シロ「……」

シロ「…やっぱり、ないか」

シロ(……)

シロ(……こんなときなら、あえるような気がしてたのかなあ)

シロ(わたし、ばかなのかも……)

しんしん……

かぁー かぁー

シロ「……?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:07:25 ID:/TR4Djcs0

烏「かぁー かぁー」パタ パタ

シロ「……夜の鳥」

烏「かぁー」

シロ「……」

シロ「呼んでるの…?」

烏「かぁー」コクンコクン

シロ「……どうして」

烏「…」

烏「かぁー!」

シロ「…怒ってる?」

烏「かぁー」コクン

シロ「……」

シロ「…でも、連れていってくれるんだよね……?」

烏「…かぁー」…コクン

シロ「……ありがとう」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:12:35 ID:/TR4Djcs0

烏「かぁー」ビューン

シロ「まっ……」ガサササ…

シロ(……ダメか、怒ってるんだから)

烏「かぁー」ビュー

シロ「……」ガササササ…

ガサッ!

シロ「…」ガササ…

シロ「…!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:18:14 ID:/TR4Djcs0

シロ「……」

シロ「…いた」

白鳥「……」

白鳥「…!?」

シロ「……」

シロ「…あ」

シロ(雪……やんでる……)

白鳥「……」オロオロ

シロ「…ひさし」

烏「かぁー!」パタ パタ

ちゃぷ……

豊音「待って……」

シロ「……」

豊音「わたしが先だよ」

白鳥「……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:24:52 ID:/TR4Djcs0

シロ「きみもなんだ…」

豊音「こんばんは…わたしはウイッシュアートさんとおなじ、精霊の使いだよ」

シロ「精霊…」

豊音「そう、わたしたちはそれぞれ、夢と夜の使いなんだよ」

シロ「……」

豊音「信じられる…?」

シロ「うん」

豊音「そっかー…そうだよね…」

豊音「だから、困っちゃうんだよー…」

豊音「……友だちのためだからはっきり言うけどー」

シロ「…うん」

豊音「夢だと思って忘れてくれるのが、いちばんいいんだよ」

シロ「……夢?」

豊音「そう」

豊音「はっと目を覚まして、忘れる……夢」


73: ウイじゃなくてウィだったわ… 2012/12/15 18:34:17 ID:/TR4Djcs0

豊音「わたしたちと人間じゃ、しあわせにはなれないんだよ」

シロ「……どうして」

豊音「…わたしたちは、精霊さまのものだから」

シロ「……」

豊音「ウィッシュアートさんがあなたのものになる日は来ないよ」

シロ「……」

豊音「お互いが、どんなに望んでも……」

シロ「……望んでも?」

豊音「そう……だから困るんだよーしんしん雪を降らされても」

シロ「…?」

豊音「泉のちからをそんなふうに使われて、精霊さまも困ってるんだよー」

シロ「…??」

シロ「…ごめんなさい」

豊音「え?ああ、ううん、気にしなくていいよー」オロオロ

豊音「わたしも言いすぎちゃったよー…ごめんねー…?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:44:55 ID:/TR4Djcs0

豊音「とにかく、わかってくれたかな…?」

豊音「惹かれあっちゃったものはしょうがないから、諦めてほしいんだよー」

シロ「……」

豊音「そしたらぜんぶ元通りになるから」

シロ「……」

シロ「…ウィッシュアートっていうのは」

豊音「うん?」

シロ「あの子の名前…?」

豊音「え、ええと、名前とは厳密に言うとちがって……ええと、精霊名っていうか……」

シロ「…そう」

豊音「そ、それがどうかしたの…?」

シロ「……」フルフル

シロ(…結局、名前はわからずじまいか)

豊音「……じゃあ、最後にひとめだけ、会っていきなよ」

ちゃぽん……


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:52:08 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「……」

シロ「……ひさしぶり」

エイスリン「…シロ」

シロ「……ごめんね」

エイスリン「……」ポロポロ

エイスリン「……」フルフルポロポロ

エイスリン「…シロ」ポロポロ

シロ「……」

エイスリン「シロ……スキ!」ニコッ…ポロポロ

シロ「…」ポロッ

シロ「わたしも…」ポロポロ

シロ「わたしも……すきだよ」ポロポロ

エイスリン「……ウレシイ」ポロポロ

エイスリン「シアワセ」ポロポロポロポロ

シロ「……」ポロポロ


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 18:59:01 ID:/TR4Djcs0

シロ「……」グシグシ

エイスリン「……」ポロポロ

豊音「……」

豊音「…そろそろ」

シロ「……違うよ」

豊音「!」

エイスリン「…?」

シロ「……しあわせなんかじゃない」

エイスリン「…シロ」

シロ「しあわせじゃないよ…こんなの」

エイスリン「…?」

豊音「だ、だめっ」

シロ「ねえ…ここは雪が降らないんだね」

豊音「!!」

シロ「きみたちは……夢をみないの?」


93: ほしゅありがとう 2012/12/15 19:31:49 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「……」

豊音「わ、わたしたちは……」

シロ「……」

豊音「…夢は、みない」

シロ「……」

シロ「…いこう、いっしょに」

エイスリン「!」

豊音「ちょ、ちょっと、なにいってるの!」

シロ「……」

豊音「わかってるの!?ウィッシュアートさんがここからいなくなるってことが、どういう意味か!」

シロ「……」

シロ「…だれかの夢のために、この子が夢をみれないなんて…おかしい」

豊音「!」

シロ「……おかしいよ」

エイスリン「シロ…」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 19:40:32 ID:/TR4Djcs0

シロ「だから、いこう」

シロ「そしたら…前みたいにして、しあわせの意味をおしえてあげるから」

エイスリン「…」

シロ「いっしょに、しあわせになろう」

エイスリン「…シロ」

豊音「だ、だめだよー!ウィッシュアートさんには」

シロ「ねえ」

豊音「!」ビクッ

シロ「…それは、きみのほんとの望みなの?」

豊音「わ…わたしは……」

豊音「わたしには……望みなんてないから……」

シロ「……嘘」

豊音「う、うそじゃないよ!」

シロ「じゃあ……なんで、泣いてるの…?」

豊音「……えっ」ポロポロ


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 19:49:03 ID:/TR4Djcs0

豊音「な、泣いてないよー」ポロポロ

シロ「……」

豊音「泣いて…泣いてなんか……ううう…」ポロポロ

豊音「うわあああああああああああああん!」ポロポロポロポロ

エイスリン「トヨネ……」

豊音「わかんないよー……!」ポロポロポロポロ

エイスリン「…トヨネ」ポロッ

シロ「……」

エイスリン「……」ポロポロ

シロ「……」

シロ「ねえ…来てくれる……?」

エイスリン「……」

シロ「ここに、お別れできる…?」

エイスリン「……」

シロ「……きみが決めなきゃ、ダメだ」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 19:58:24 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「……ワタシハ」

シロ「うん」

エイスリン「ワタシハ…シアワセニ、ナリタイ…」

シロ「うん」

エイスリン「ココ…スキ…」

シロ「うん」

エイスリン「トヨネモ、スキ…」

シロ「うん」

エイスリン「ミンナ…ダイスキ…」ポロッ

エイスリン「デモ」ポロポロ

シロ「……」

エイスリン「シロイナイ、イヤ…」ポロポロ

シロ「…うん」

エイスリン「イヤナノ……」ポロポロポロポロ

シロ「……わかった」ギュッ


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:07:13 ID:/TR4Djcs0

エイスリン「ツレテッテ、シロ!」

シロ「…ああ、行こう!」

パリーン!

シロ「!? …なに?」

豊音「……星の泉が割れたんだよー」

すぅー……ぱぁん!

エイスリン「……夢」

シロ「夢…?」

ぱあああああああぁぁぁぁぁ…………

豊音「そう……夢……」

豊音「これからの未来に、ひとびとが見るはずだった、夢だよ」

シロ「……」

エイスリン「……」

豊音「……行って、ふたりとも」ポロポロ

豊音「しあわせになってね」…ニコッ


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:15:53 ID:/TR4Djcs0

ぱああああああああぁぁぁぁぁぁぁ…………

シロ「……」タッタッタッタッタ

エイスリン「……」タッタッタッタッタ

ぱあああぁぁぁぁ……

シロ「……」ガササ…

エイスリン「……」ガサ…ガサ…

ぱあぁ…

シロ「……雪」

エイスリン「…?」

シロ「やんでる」

エイスリン「…??」

シロ「……」

シロ「こっち」

エイスリン「ウン」

シロ「…」ギュッ


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:22:30 ID:/TR4Djcs0

――ちいさい丘
シロ「……」

シロ(ここまでくれば…村も近い)

エイスリン「……」ハァ…ハァ…

シロ「……だいじょうぶ?」

エイスリン「…チョット、ツカレタ」ニコッ

シロ「……休憩しよっか」

エイスリン「ウン」

シロ「…」チョコン

エイスリン「…」チョコン

シロ「……」

シロ(いつのまにか……もう夜だ)

シロ「…」チラ

エイスリン「…」ソラミアゲ

シロ「……」ミアゲ

エイスリン「……」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:29:36 ID:/TR4Djcs0

シロ「……」

エイスリン「……」

……きらん

シロ「あ」

エイスリン「星!」

…きらん きらんきらん ……きらん …きらん

シロ「…すごい」

エイスリン「……」ポロポロ

シロ「…? どうしたの?」

エイスリン「……トヨネガ」ポロポロ

……きらん きらきら きらん

エイスリン「トヨネガ、降ラセテクレタンダ……星」ポロポロ

シロ「……」

シロ「…そっか」

きらん きらん


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:37:21 ID:/TR4Djcs0

シロ「……訊きたいことが、あるんだけど」

エイスリン「ナニ?」

シロ「……」

きら きら きらん きららん

シロ「……名前」

きらきら きらきら

シロ「なんて呼べばいい……?」

エイスリン「! ……ウーン」

シロ「……もしかして、ないの?」

エイスリン「…」コクン

シロ「……」

シロ「……じゃあ、エイスリンで」

エイスリン「……?」

シロ「いま降った、星の名前」

きらん


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:37:54 ID:OE6hqK6jP

なるほど


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:45:18 ID:/TR4Djcs0

――ミヤモリ村
塞「あー、帰ってきた、パン屋さーん」

胡桃「! 女の子連れてる!」

シロ「ビー玉屋さん…木の実屋さん…」

塞「もー大変だったんだからね、雪下ろし」

胡桃「家潰れちゃうとこだったんだよ!」

シロ「やってくれたんだ……ありがとう」

塞「え、い、いやあ、まあその、村人仲間だし?みたいなね?」

胡桃「なにテンパってんの?」

エイスリン「…?」

塞「…で、その子は?」

シロ「エイスリン」

塞「エイスリン?」

エイスリン「ハ、ハジメマシテ、エイスリン、デス」ペコン

塞「あ、は、はじめまして、ビー玉屋の塞です」ペコ

胡桃「木の実屋の胡桃です、よろしくね」ペコ


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:52:07 ID:/TR4Djcs0

シロ「…今日からいっしょに住むことになったんだ」

塞「へえー」

胡桃「おばばさまには?」

シロ「……あした言う」

塞「あはは、もう眠そうだもんね」

エイスリン「…? ??」

シロ(…これくらいの会話は、まだわかんないか)

塞「じゃあおやすみ、パン屋さん、エイスリン」フリフリ

胡桃「おやすみー」フリフリ

シロ「うん」フリ

エイスリン「オヤスミナサイ、デス」ペコン

シロ「…じゃあ、なか入ろうか」

エイスリン「…?」

シロ「……ここ、わたしたちの家だから」

エイスリン「…!」ポンッ


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 20:58:29 ID:/TR4Djcs0

がちゃ

シロ「…ただいま」

エイスリン「……?」

シロ「どうしたの?」

エイスリン「…タダ、イマ?」

シロ「うん」

エイスリン「…??」

シロ「…じぶんの、家に帰ってきたときに、言うんだ」

シロ「ただいま、って」

エイスリン「!」パアァ

エイスリン「……タ」

エイスリン「タダイマ、シロ!」ニコッ

シロ「…うん」

シロ「おかえり、エイスリン」


カン!


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 21:00:59 ID:/TR4Djcs0

おわりっす
支援保守等ありがとう


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 21:02:39 ID:TD0jGfbX0

乙!絵本読んでるようでよかった!!


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15 21:06:15 ID:OE6hqK6jP

乙ー!
こういう話も好きだ!



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355547122/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。