ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮子「やったよゆのっちーゆのっちと同じ大学合格したよー」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/cmp11850.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 21:21:35 ID:/kwoTnBa0
ゆの「あ、あはは…宮子ちゃんおめでとう…」

宮子「…」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 21:23:18 ID:qS+hXejY0

この宮子は病んでたりするんだろうか


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 21:24:25 ID:jpJZkconO

ゆの「わたしは落ちたよ…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 21:29:22 ID:l/LcxdaK0

実際、芸大は倍率高いからね


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 21:33:47 ID:o1kZhTd4O

(´;ω;`)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 21:46:40 ID:o1kZhTd4O

ゆの「宮ちゃんおめでと…」
宮子「…ゆのっち?」
ゆの「私…落ちちゃった…」グスン
宮子「え…」
ゆの「ふええええええええん!」バフッ
宮子「おっ、とと…ゆのっちごめんね…」ギュッ

からの百合展開


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 22:16:10 ID:o1kZhTd4O

宮子「ゆのっち…ごめん…」
ゆの「エッグ…宮ちゃんは悪くないよぉ…ヒッグ…私が落ちただけだから…」
宮子「違う!私、ゆのっちが受かってると思い込んで、それで…」
ゆの「大丈夫だよ…宮ちゃん…」ニコッ
宮子「ゆのっち…」
宮子(大丈夫なわけない…ゆのっち、滑り止めの大学も全部落ちちゃったから…)
宮子(行ける大学ないのに…無理して…笑ってる…)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 22:23:51 ID:kshYbjil0

ゆの(20)「ひだまり荘で待ってます」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 22:24:18 ID:o1kZhTd4O

ゆの「私…これからどうしよ…」
宮子「ゆのっち…」
ゆの「もう一年頑張りたいけど…一人じゃちょっと寂しいなぁ…」
宮子「……ゆの」
ゆの「えっ?」
宮子「…私と、一緒にいよ!」
ゆの「え、えっ?それってどういう…」
宮子「私が大学生になったら、私の部屋で一緒に住もう?寮じゃないから大丈夫だよ!それで、来年まで勉強しよう?私、頑張って教えるから!」
ゆの「で、でも、宮ちゃんの迷惑なんじゃ…」
宮子「大丈夫!ご飯は作ってもらうから!」
ゆの「そ、そうじゃなくって…」
宮子「あ、あと家賃は割って頂けるとありがた…」
ゆの「違うの!そうじゃなくって!」
宮子「えっ?」
ゆの「だって宮ちゃん大学生だよ?今よりもっと忙しくなるかもしれないよ?」
宮子「う、うん…」
ゆの「そんな時に私がいたら…邪魔に…」ウルッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 22:28:38 ID:o1kZhTd4O

宮子「ならないよ」ギュッ
ゆの「え…?」
宮子「ゆのっちは私の邪魔になんかならない、絶対に」
ゆの「み、宮ちゃん…で、でも…」
宮子「それにゆのっち、本当は来たいんじゃないの?」
ゆの「あ…そ、それは…」ズボシ
宮子「…大丈夫だよ、私は何があっても、ゆのっちを離したりしないから」
ゆの「宮ちゃん…///」
宮子「だから…一緒に、来てくれる?」
ゆの「…うん!」

こうして、二人の共同生活が始まったのだった―――


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 22:42:59 ID:o1kZhTd4O

ゆのの日記

○月○日 ○曜日
宮ちゃんが勉強を教えてくれるときに、面白い先生の話をしてくれました
宮ちゃんのモノマネが面白くて、かわいかったです

△月△日 △曜日
宮ちゃんが留学生の子と友達になったそうです
今度、他の友達と一緒にここでパーティを開くことにしました
いつも勉強、時々その合間に読書みたいな生活をしてるので、たまには息抜きもいいかなと思っています

△月□日 □曜日
宮ちゃんのお友達が来ました
留学生の子って、日本語ペラペラなんですね、ビックリ
その子が英作文を見てくれるというので、渡してみました
色々アドバイスをくれて、すごくうれしかったです
その間、宮ちゃんは他の子と遊んでたみたい

▽月▽日 ▽曜日
お休みだけど、宮ちゃんが他の子と遊びに行っちゃいました
私も受かったら行きたいなぁ…

▽月○日 □曜日
宮ちゃんが帰ってきませんでした

◎月◎日 ◎曜日
宮ちゃん宮ちゃん宮ちゃん宮ちゃん宮ちゃん宮ちゃん


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 22:44:03 ID:nfECuHIY0

病んデレっち


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 22:55:55 ID:o1kZhTd4O

宮子「たっだいまー!…あれ、ゆのっちー?」
ゆの「あ…お帰り宮ちゃん…」
宮子「…ゆのっち、どうかしたの?」
ゆの「ううん…宮ちゃんがいないと寂しいなぁって…」
宮子「…ごめんねゆのっち…(女子A)が最近しつこくてさ…」
ゆの「別にいいよ…ご飯、食べてきたの?」
宮子「うん…ゆのっち?」
ゆの「最近…エグッ…宮ちゃんは…ご飯も食べてくれないよね…ヒクッ」
宮子「ゆ、ゆのっち!」スクッ
ゆの「ううん、いいの、宮ちゃんだって遊びに行きたいもんね…私と勉強なんかより…」
宮子「…ゆのっちぃ!」ギュッ
ゆの「宮…ちゃん…」
宮子「ごめん、私、約束破った…いつの間にか、ゆのっちを離しちゃってた!」
ゆの「良いんだよ…当たり前だよ…勉強なんかするより、外で遊ぶ方が…」
宮子「違う!私は…」
宮子「私はゆのっちと一緒にいるのが一番好き!」
ゆの「宮ちゃん…」
宮子「だって私は」
宮子「誰よりもゆのっちが一番大好きだから!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:00:29 ID:o1kZhTd4O

――その冬、ネット合格発表
宮子「とうとうだね!」
ゆの「…うん…」
宮子「ゆのっち、大丈夫だよ!さ、合格発表、見よ?」
ゆの「宮ちゃん…私、怖い…」
宮子「じゃあ、一緒に押そっか」
ゆの「…うん…」
宮子「せーの!」

受験番号×××××の方は
>>38
1、合格です!
2、残念ながら、不合格です


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:01:09 ID:8G7PNtqr0

1


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:01:25 ID:PIvIoqEH0

ゆのっちおめでとう


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:01:42 ID:8G7PNtqr0

やったねゆのっち


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:02:45 ID:3Wsepww00

ゆのっちやんややんや


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:05:42 ID:o1kZhTd4O

合格です!

ゆの「ぁ…あ…」
宮子「やったよゆのっち!合格だよ!」
ゆの「やっ…たぁ!」
宮子「これで私と一緒に卒業できるね!」
ゆの「…えっ?」
宮子「エヘヘ…ちょっと遊びすぎちゃった…」
ゆの「…もぅ、宮ちゃんったらぁ…」
宮子「災い転じてなんとやら、ですな!」
ゆの「あははっ、そうかもね…って、勉強はちゃんとしなきゃダメだよ!」
宮子「あーい」

~1年後~
宮子「やったよゆのっちー必要な単位と点数全部取れたよー」
ゆの「……」

お わ り


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:13:55 ID:znpyXnTe0

ダメすぎるだろ


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:19:51 ID:frPI56qt0

凡人と天才の差か…


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:30:19 ID:vJRai3Zq0

あ、ああ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25 23:37:48 ID:B1N1qC1i0

ゆのっち......

乙でした



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361794895/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。