FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

マスオ「ええっ!ソープランドかい!?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/b1d94679f72b510a3e742c46be84707f_0.jpg

1 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:04:00.16 ID:cyjpcBMXo

    アナゴ「一緒に行こうぜ、フグ田くぅん」

    マスオ「やっ、やめてくれよ。僕にはサザエがいるんだから…」

    アナゴ「そう言わずに。息抜きだよ、なっ」

    マスオ「ううーん、でもなぁ」

    アナゴ「夫婦生活もマンネリなんだろ?おごるよ」

    マスオ「…よおし、僕も男だ!付き合おうじゃないか!!」

2 ◆H3i.PGv2SsiZ[sage]:2012/10/16(火) 20:05:45.81 ID:cyjpcBMXo

「ソープランド ロングバレーリバー」


アナゴ「おごりだからね、大衆店で我慢してくれよ」

マスオ「ソープなんて初めてだから緊張するなぁ」

ボーイ「いらっしゃいませ。ご予約は?」

アナゴ「いや、フリーで」

ボーイ「それではこちらの写真からお選び下さい」
3 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:08:14.67 ID:cyjpcBMXo

マスオ「どの子もサザエより若い…これは難しいぞ」

アナゴ「僕はフラワーちゃんに決めたよ」

マスオ「ええっ!そんなブサイクにするのかい!?」

アナゴ「僕はブス専なのさ。妻を見れば分かるだろう?」

マスオ「なんだか焦ってきたなぁ。僕も早く決めないと」

マスオ「…ん?この子、顔が見えないけど?」

ボーイ「顔出しNGの子なので。けどサービスは抜群ですよ」

マスオ「うーん、それじゃあ僕はこのブレームさんにするよ」
4 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:10:00.55 ID:cyjpcBMXo

ボーイ「それではこちらでお待ちください」

アナゴ「フリーで来たからそこそこ時間が掛かるだろう」

マスオ「退屈しないようにテレビや漫画が置いてあるんだね」

アナゴ「ほら、そこにはさっき受付でなかった子の写真もあるよ」

マスオ「参ったなぁ。こうして見ると他の子が良いように思えてくるよ」

アナゴ「ハハッ、そんなものさ」
5 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:12:20.18 ID:cyjpcBMXo

アナゴ「どのみちフリーで残ってる子は人気がない子という可能性が高い」

マスオ「ええっ!それじゃあ損じゃないか!」

アナゴ「おごりで来てるくせに何を言ってるんだい」

アナゴ「それにブスが多いから僕としては願ったり叶ったりなのさ」

マスオ「勝手だなぁ君は」
6 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:13:12.06 ID:cyjpcBMXo

「十数分後」

ボーイ「42番のカードをお持ちの方ー」

アナゴ「おっ、僕だ。それじゃあお先に」

マスオ「おいおい心細いじゃないか。先に行くなよ」

アナゴ「子供じゃないんだから。男ならドンと構えてろよ」

マスオ「簡単に言ってくれるなぁ」

マスオ(………………)

マスオ(どうしよう、急に緊張してきたぞ)
7 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:13:55.48 ID:cyjpcBMXo

マスオ「やっ、やっぱり今からでも帰r

ボーイ「43番のカードをお持ちの方ー?」

マスオ「」

ボーイ「お客さま?」

マスオ「…はっ、はい」

ボーイ「それでは階段を上がりまして女の子にカードをお渡しください」

マスオ(こうなったらやるしかない!よおし!!)
8 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:14:39.45 ID:cyjpcBMXo

ブレーム「どうも~」

マスオ「こっ、こんばんは!」

ブレーム「えっ」

マスオ「…ん?」

ブレーム「」

マスオ「きっ、君は!」
9 ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:15:09.71 ID:cyjpcBMXo




マスオ「 タ イ コ さ ん ! ? 」




10 ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:15:42.75 ID:cyjpcBMXo



『 マスオ 知り合いの泡姫 』


11 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:17:23.51 ID:cyjpcBMXo

マスオ「それじゃあ君は養育費を稼ぐためにこんな所で?」

タイコ「お恥ずかしい話です」

タイコ「ノリスケさんが接待と言っていつも夜遊びしてるもので」

マスオ「ノリスケくんのやつ、しょうがないなぁ~」

タイコ「あら、マスオさんだって遊んでいらっしゃるじゃない」

マスオ「こっ、これはアナゴ君に誘われたからで…」

タイコ「わかってますよ。サザエさんには黙っておきますから」

マスオ「…申し訳ない」

タイコ「それじゃあ服を脱ぎましょうか」

マスオ「ええっ!?」
12 ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:17:49.59 ID:cyjpcBMXo

タイコ「どうしたんです?」

マスオ「だっ、だって君はノリスケくんの…」

タイコ「ここではそんなこと関係ありませんよ」

タイコ「それとも私とではお嫌かしら?」

マスオ「~~~~~~!」

タイコ「まあ、服の上からでも分かるくらいこんなに…」

マスオ「よっ、よろしく頼む!」
13 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:18:44.77 ID:cyjpcBMXo

タイコ「直で見るとますます逞しいわ」

マスオ「いっ、いやぁ…」

タイコ「それじゃあ体を洗いましょうか」

マスオ「このイスは随分と変わった形をしているね」

タイコ「すぐにその意味が分かりますわよ。さっ、手を」

マスオ「ええっ!タイコさんが洗ってくれるのかい!?しかも体で!?」

タイコ「そういうお店ですもの。楽にしてて下さい」
14 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:19:10.52 ID:cyjpcBMXo

マスオ(きっ、気持ちいい。柔らかくてそれに…)

マスオ「あっ、あの…胸を触ってもいいかい?」

タイコ「うふふ。もちろんですとも」

マスオ(…やっ、やっぱりサザエより大きいぞ!肌もスベスベだ!)

マスオ「ノリスケくんめ。こんなに良いお嫁さんがいるのに遊び歩くなんて!」

タイコ「あら嬉しいわ。もっとサービスしちゃおうかしら」
15 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:19:54.50 ID:cyjpcBMXo

マスオ「ひゃあ!そっ、そこはおしりだよ!?」

タイコ「そのためのスケベ椅子ですもの」

マスオ(あっ、あっ!これはこそばゆい!!)

タイコ「まだまだ。こんなものじゃありませんわ」

マスオ「ゴッ…ゴクリ」
16 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:20:20.81 ID:cyjpcBMXo

タイコ「湯かげんはいかが?」

マスオ「ありがとう。ちょうどいいよ」

マスオ「それにしてもアソコの毛で洗われるとは思わなかった」

タイコ「お気に召しませんでした?」

マスオ「とんでもない!とても気持ちが良かったよ!!」

タイコ「それは良かった。じゃあ私も失礼して…」
17 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:21:07.89 ID:cyjpcBMXo

マスオ「まさかタイコさんと一緒にお風呂に入るとは思わなかったなぁ」

タイコ「私もです。いつもは普通にお喋りしてる仲ですのに」

マスオ(そう考えるとまた勃ってきたぞ…)

タイコ「ふふふっ。マスオさん、ちょっと腰を浮かしていただけるかしら」

マスオ「うっ、うん。こう、かな?」

タイコ「それじゃあ…カプッ」

マスオ「たっ、タイコさん!?」
18 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:21:38.37 ID:cyjpcBMXo

タイコ「これもサービスの一環です…んむっ」

マスオ(湯船に僕のアソコが浮いてて、それをタイコさんがくわえてる…!)

マスオ(不思議だ…不思議な感覚だ!こんなの初めてだよ!)

タイコ「んっ、んん…どう、かしら?」

マスオ「いっ、いいよ。もっと続けてくれ」

タイコ「はぁい。ん、れろ」

マスオ「ひゃあ!」
19 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:22:39.10 ID:cyjpcBMXo

マスオ「…ハァハァ。もう少しでイッちゃいそうだったよ」

             ・・
タイコ「ふふふっ、濃いのはここに出してくださいね?」

マスオ「あっ、ああ!頑張るよ!!」

タイコ「それじゃあベットとマット。どちらにします?」

マスオ「せっかくだからマットでお願いしてみようかな」
20 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:23:04.85 ID:cyjpcBMXo

タイコ「それじゃあ、うつ伏せになってくださいね…」

マスオ「!!!!」

マスオ(たっ、タイコさんの体が僕の上を滑ってくる!)

タイコ「ん、ん…」

マスオ(なっ、なんだこれは!気持ちいい!ヌルヌルが気持ちいい!!)
21 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:23:33.88 ID:cyjpcBMXo

タイコ「今度は仰向けになって下さいね。マットから落ちないよう気をつけて」

マスオ「ん、こうかい。…あっ」

マスオ(タイコさんの顔が近くに…)

マスオ(なんだか急にいかがわしいことをしている実感が湧いてきたぞ…)

タイコ「マスオさん。キス、しましょうか」

マスオ「えっ!?」
22 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:23:59.50 ID:cyjpcBMXo

タイコ「ん」

マスオ「!!?!?!?!?」

マスオ(もっ、もうダメだ…気持ちいいことしか考えられない)

マスオ「たっ、タイコさん!」

タイコ「んはっ…ようやく乗り気になってくれましたね」
23 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:25:30.67 ID:cyjpcBMXo

マスオ「タイコさん!タイコさん!」パンパン

タイコ「あん!」

マスオ「この胸も、オマンコも!全部ボクのものだ!!」パンパンパン

タイコ「ハッハァ!マスオさん!もっと!」

マスオ「イクよ!イクよ!タイコさん!!」
24 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:25:57.06 ID:cyjpcBMXo






マスオ「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ーーーーー!!!」






25 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:26:23.53 ID:cyjpcBMXo











アナゴ「よう、どうだったフグ田くん」

マスオ「………………」
26 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:26:50.42 ID:cyjpcBMXo

アナゴ「おいおい、どうした?」

マスオ「あっ、いや。楽しかったよ、うん」

アナゴ「そうかそうか!僕の方も豚鼻ダミ声の不細工で最高だったよ!!」

アナゴ「また機会があったら一緒にどうだい?」

マスオ「…僕は遠慮しておくよ」
27 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:27:16.53 ID:cyjpcBMXo

アナゴ「なんだい連れないな。やっぱり奥さんのことが気になるのか」

マスオ「ああ。僕は今日だけで充分だ」

アナゴ「やれやれソープ仲間ができると思っておごったのにな」

マスオ「今度は僕がおごるよ。居酒屋でも行こう」
28 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:27:42.52 ID:cyjpcBMXo

「後日」

マスオ「また来てしまった」

マスオ「アナゴ君には悪いけど一人で楽しみたいからね」
29 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:28:08.45 ID:cyjpcBMXo

ボーイ「いらっしゃいませ」

マスオ「ブレームさんで予約してたフグ田です」

ボーイ「お待ちしてました。こちらでお待ちください」
30 ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:28:34.29 ID:cyjpcBMXo

波平「まっ、マスオくん!?」

マスオ「お父さん!?」

おわり
31 : ◆H3i.PGv2SsiZ2012/10/16(火) 20:29:10.35 ID:cyjpcBMXo
以上、初SSでした
ありがとうございました
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/10/16(火) 20:31:53.00 ID:JBuPyY/Mo
本当に初なの?
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(宮城県)[sage]:2012/10/16(火) 20:33:40.99 ID:JYtn0llRo
こんなスレタイ開かないわけがなかった
おつおつ
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県)[sage]:2012/10/16(火) 20:34:25.15 ID:gAIKWqsTo
ふぅ。。。


あ、乙
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/10/16(火) 21:32:59.26 ID:JUO2ykfe0
とんでもない俺特SSだった
関連記事
スポンサーサイト