FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

あやせ「お兄さん、私桐乃と絶交しました」 京介「えっ」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/83c9b9b8.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 17:53:56 ID:wzHXx/9E0

京介「おいおい、冗談だよな?お前ら親友だったんじゃないのかよ」

あやせ「そうです…いやそうだったのかもしれません。でもこれからは会話すらないでしょうね」

京介「…ケンカの理由を聞かせてくれないか?」

あやせ「いえ、お兄さんには話せません。仲直りしたいわけじゃないですし」

あやせ「…私は桐乃に復讐しようと思ってます」

京介「物騒なことをいうなよ、流血沙汰とか勘弁してくれ」

あやせ「違いますよ、桐乃を一番傷つける方法…それは…」

あやせ「桐乃の一番大切なものを目の前で奪い取ることです」



あやせ「お兄さん、私と付き合って下さい」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 17:55:57 ID:fJ85SjNo0

あやせは絶対ヤンデレ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 17:56:12 ID:gPK88O3A0

期待していいんだな


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 18:07:16 ID:+bpZPfi90

あやせたんぺろぺろ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 18:08:02 ID:wzHXx/9E0

京介「付き合うってえっ?ちょ、ちょっと落ち着けよあやせ!」

あやせ「私は落ち着いてますが」

京介「うん、そう見えるけど…というか何でお前と付き合うことが桐乃を傷つけることになるんだ?」

あやせ「はぁ…鈍感にもほどがありますね、お兄さん。わざとですか?」

あやせ「いいですか?桐乃はお兄さんのこと大好きなんですよ?兄としてではなく一人の男性としてです」

あやせ「本当は気づいてますよね?桐乃のあの態度の意味が…」

京介「………。」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 18:41:44 ID:iVpYE9HG0

京介「あぁ…。なんとなく、な。」

あやせ「はい。……それで?」

京介「そ、それでって、なんだよ?」

あやせ「お兄さんはこの話を承諾してくれますよね?」

京介「お前と…どうこうなるって話か?」

あやせ「Yes.」

あやせ「正確には私の仕返しに付き合うってお話です」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 18:42:00 ID:iVpYE9HG0

京介「一体何があったんだよ。あいつと」

あやせ「それ」

京介「あん?」

あやせ「それ、やめてもらえます? 桐乃ことあいつとか、あれとかそういう風に呼ぶの」

京介「なんか問題あるのか?」

あやせ「なんか嫌です」

京介「なんかってお前……」

あやせ「もう私が彼女なんだから、お兄さんのそれは全部私を指すんです! だからもう桐乃をほのめかすのにあれとかあいつとかお前とか当たり前に使わないでって言ってるんです!」

京介「お、おう」

あやせ「こんなこと言わせないでください…」ボソッ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 18:47:41 ID:iVpYE9HG0

あやせ「じゃあこれでいく?」

京介「いや待て、まだ思考の余地は…」

あやせ「……」

京介「……」

京介「いやいや、じゃ」

京介、あやせ「「じゃなくて!!」」

あやせ「でしょう?」

京介「いやそうじゃ、そうなんだが」

あやせ「諦めて私と付き合いましょっ。中学生ですよ。モデルさんですよ。肌ハリハリですよぅ?」

京介「そう言う問題じゃないの!」

あやせ「あーもう、男らしくないな」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 18:55:40 ID:iVpYE9HG0

あやせ「私のこと好きなんでしょ? タイプなんですよね? こんなんが。髪とか、顔とか」

京介「ひ、ひげーよ。誰から聞いたそんなこと!」

あやせ「お兄さんは中学生ですか。可愛いですねもーっ」

京介「中学生に言われたかねーよ。あ、真奈美だな!? あいつ勝手に」

あやせ「っっっ! 今っ!」

京介「がっ」

あやせ「今あいつって真奈美さんのこと言いましたよね?」

京介「ひょ、ひょうだけど(舌噛んだじゃねぇか…)」

あやせ「やめてって、わたし、今さっき、いーーーーーーーーーーーーーましたよねえ?」

京介「……お前ちょっと面倒くせぇよ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 18:59:01 ID:ywAH09uW0

京介が切れた


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:02:51 ID:awh4wkr40

このアニメってキチガイがヒロインなの?


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:03:35 ID:iVpYE9HG0

京介「あれか、お前は、勝手に自分から言い出して、人の妹を口実に、彼女面かよ。意味わかんねーよ!」

あやせ「え……メンドクサイ? ワタシガ?」

京介「そもそもお前はうちの妹を貶めるため俺と付き合おうってんだろ!? そんなのにはな、俺はいっっさい乗れねーんだよ! あれでも大事な家族だし、例え気持ち悪い感情を持たれてようが大切にしてやるのが兄貴ってもんだ。それをお前はなんだ! 他人のくせに!」

あやせ「他人…?」

京介「まったく。それにな、俺は例えお前のことがめちゃくちゃタイプだろうがな、俺のことをどうとも思って無いような女とは付き合えねえよ。これはあれだ。男の矜持ってやつだなっ」

あやせ「なーにが矜持っすか、気色悪い、オタク野郎のくせに」

京介「何か言ったか」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:06:58 ID:iVpYE9HG0

あやせ「ちゅ、中学生相手に切れて、おお、大人気ないんですよ!」

京介「俺は、妹だろうがその親友だろうが、間違ったことをしたらしっかり怒ると決めてるんだ!」

あやせ「なんですかっ、人の好意を蔑ろにしておいて」ぼそぼそ

京介「つーか、舌いてーんだよ! 責任とれ馬鹿っ!」

あやせ「……!!」

京介「むぐっ!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:09:01 ID:iVpYE9HG0

京介「……」

あやせ「……私の唾液で、消毒できましたか?」

京介「……ばっ、ばっ」

黒猫「何をやっているのかしら……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:10:08 ID:KtpvP5t+0

ひゃっほぅ嫁キター


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:14:48 ID:iVpYE9HG0

京介「お、お前、どこから?」

あやせ「ゴス女……」

黒猫「男の矜持らへんからよ。たまたま買い物帰りに公園に通りかかったら、それはそれは大きな声が聞こえて、興味半分で見にきたの」

あやせ「そう言えばずいぶんギャラリーがちらほら、それにしても素敵なお召し物ですね」

黒猫「うるさい雌豚」

あやせ「ちっ」

京介「いや、黒猫、こ、これはだなぁっ」

黒猫「あら、何を取り取り繕う必要があるのかしら、私と貴方はただの友達でしょう?」

京介「まままぁそうなんだがな」

黒猫「……というか、普通にそっちの女からちゅーしにいったのも、見てたから平気よ。こんなところで見世物になり続ける気がないならちょっと付き合いなさい」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:19:51 ID:EI9RQNfU0

ちっ、量産型黒パッツンが邪魔すんじゃねえよ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:21:40 ID:iVpYE9HG0

黒猫「はーーーー。で、そういうわけなのね」

京介「そういうわけだ」

あやせ「なんで全部話しちゃうんですか!」

京介「いや、もうわけわからんくて、誰かに言わないと俺がパンクしそうで」

あやせ「それ多分童貞だからですよ」

京介「そりゃぁ…どうせいっちゅうねん」

黒猫「ふふふっ…」

京介「おっ」

あやせ「わたしも! わたしも面白かったです!」

黒猫「何を言ってるのかしらこの子は、私はただこの男の惨めさを笑っただけで、ギャグ自体を評価したわけではないわ」

京介「だ、だよなぁ、流石にこれで笑われたら、気を使われてるのがわかるよ俺も」

あやせ「お、お兄さん、私、私はですね」

黒猫「それで、喧嘩の理由は何だったの?」

あやせ (クソっ、取り繕う時間を奪われたっ)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:24:19 ID:iVpYE9HG0

>>33の前にこれが入る

京介「と言うかなぁ、まだ俺はお前と付き合うとは決めてないぞ?」

あやせ「なんです? 嫌なんですか」

京介「違うっ。いいかあやせ」

あやせ「はいお兄さ、あー、京介?」

京介「ぬぁ、ななななんだよ? てか」

あやせ「私は京介の彼女ですから。もっと親し気にした方がそれっぽいかと」

京介「だ、だからなぁ、聞けよあやせ」

あやせ「京介さんは敬語好きですか? 可愛い後輩にはした手から甘えられたほうが『萌え』なら口調はこのままにします」

京介「ひっ、馬鹿、落ち着け、自分を安売りするんじゃない! というか萌えってお前からは最も遠い単語じゃねーか!」

あやせ「なんだよもー、じゃあこう言う風にフランクな方がいいのか? よりどりみどりだぜ、キョースケ?」キョトン?

京介「うっわ、それやばいな…」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:38:02 ID:iVpYE9HG0

京介「そうだよ。そもそもなんで喧嘩なんてしたんだ。今朝の桐乃にかわった様子は無かったぞ。と言うことは今日喧嘩したのか?」

あやせ「そ、それはですね…。えーっと」

黒猫「……ちょっと花を摘みにに行ってくるわ」

あやせ「あ、どうぞ、どうぞごゆっくり。ファミレスの狭い個室で存分に摘んでて下さい」

黒猫「……ふ」

京介「おいあやせ」

あやせ「ふぇっ、えっと、注文でしたか? オーダー呼びます?」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:38:15 ID:iVpYE9HG0

京介「馬鹿かお前は。さっき注文したばかりだろ」

あやせ「あ、今お前って言いましたね。いい傾向です。親しい関係っぽいです!」

京介「あやせ…」

あやせ「はぁい?」

京介 (くそっ可愛いじゃねぇか)

あやせ「(お、これは押し切れるかな)よし。もっともっと恋人らしいことしましよう。ほらここにいい感じのメロンソーダがあります。これをストロー二本とか差しちゃって、きゃっ!」

京介「ドリンクバーのソーダでそのイベントは安っぽいだろ」

あやせ「いいからいいから、もう、京介は
恥ずかしがりやだなぁ!」

桐乃「ちょ、あやせ。今京介っつった?」

黒猫「私が喚んだわ」

あやせ「シット!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:42:09 ID:1LaOxdDo0

シット!!


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:44:29 ID:iVpYE9HG0

桐乃「え、え、そうなの? 二人は、これ?」

あやせ「そ、そうだよ桐乃! 私とお兄さんはそれだよ! 左手の人差し指と親指で輪っかつくってその間を右拳が出たり入ったりするような関係だもの!」

桐乃「う、うそ、嘘でしょあやせ、だ、だって兄貴の包茎チンポはそんなに大きく無かったし! このまえ確認した時はたしかこのくらい」

黒猫「あら…」

京介「な、なんでお前の携帯に俺の息子がいるんだよ!?」

あやせ「桐乃…。男のチンポはね、エッチなことする前にぱんぱんに膨ら

京介「もうこいつら止めてくれよ!」

黒猫「思春期中学生の脳内妄想って面白いわね」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:50:11 ID:iVpYE9HG0

京介「というかお前ら喧嘩してたんじゃなかったのか!」

桐乃「はぁ? あたしとあやせがなんで喧嘩しなきゃいけ無いのよ。今日だって無期限停戦協定結んだばっかりだったのに」

あやせ「ば、ばか桐乃それはっ」

黒猫「興味深いわね。詳しく聞かせてくれる?」

桐乃「なんで、一々あんたに説明しなくちゃいけないのよ。てか、もう用はないから帰っていいわよ黒猫」

あやせ (ほっ…)

黒猫「……」

黒猫「ぼそぼそ」

京介「あ? なんだって」

桐乃「ちょ、くっつくんじゃないわよ黒……変態兄貴!」

京介「桐乃」ずいっ

桐乃「ふぁっ、ふぁい」ドキドキ

あやせ (あ、終わった)


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:56:15 ID:fQ7Y/nOC0

なるほどこのあやせはビンタくらいですみそうだな


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 19:57:23 ID:iVpYE9HG0

京介「無期限停戦協定ってのは、何戦争の条約なんだ?」

桐乃「えっと、えっと、そ、は、はぁ!? あんたに教える必要あんの? ていうか近いのよ! はーーなーーれなさいよ~」ぐいぐいっ

黒猫「その昔、西フォルテッシモ帝国と東ピアニッシモ共和国間で取り交わされた停戦協定条約。その名もクレッシェンド条約」

あやせ「さて、私塾があるんで帰りますねー」

黒猫「いいけどこの場でデクレッシェンド条約が私と京介との間で結ばれることになっても知らないわよ?」

あやせ「ファック!」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 20:01:00 ID:iVpYE9HG0

京介「なるほど」

桐乃「だ、だから、誰かは言えないけど、私とあやせ共通の思い人がいてね、そ、それで、その誰かは言えないその人を」チラッ

京介「……」

あやせ「馬鹿桐乃…」

桐乃「今は二人とも取り合わないようにしようねって決めたのが今日のクレッシェンド条約……。それをあやせはっ」

あやせ「……なんのこと?」

桐乃「とぼけないで!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 20:04:27 ID:B5ddGwG60

この泥棒猫


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 20:05:40 ID:7hb0g6Jb0

このあやせ、桐乃ディスらなくても普通にいけば恭介落とせたんじゃ…


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 20:07:14 ID:iVpYE9HG0

あやせ「……いい、桐乃、私は、『お兄さん』に今アタックしてるの。お兄さんは私達共通の思い人じゃあ、ないでしょう? 」

桐乃「きたない! この雌豚きたないよぅ!」

あやせ「め、め、雌豚! キィィイーーー!」



黒猫「さて、問題解決ね。大体事情は掴めたでしょう?」

京介「おう、なんだかとっても疲れたよ…」

黒猫「……今日は朝まで付き合ってあげるわ」
(自動ドア)___ブィーーン
京介「黒猫……。未成年の夜遊びは補導対象だよ」

黒猫「そうだったかしら」

fin
このあと二人は夜の街に消えて親父京介は親父に殴られるが、それはまた別のお話…


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 20:13:13 ID:m+Gm5cno0

京介は父親になったのか


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26 20:15:22 ID:7ntlAhSW0

親父京介ってことは黒猫孕ませたか…そりゃ殴られる


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322297636/
関連記事
スポンサーサイト