ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミン「ストマックデストロイヤー」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/022d6078.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:30:31 ID:HXC5UPBB0
ー食堂ー

ミカサ「……なんで貴方がエレンの隣に座ってるの?」ゴゴゴゴゴゴ…

アニ「どこに座ろうがあんたには関係ないだろ」ゴゴゴゴゴゴ…

アルミン「ちょ、ちょっと二人ともやめなよ!」キリキリ・・・

アルミン(胃・・・胃が・・・)

ミカサ「アルミンどいて 女狐狩りが出来ない」

アニ「どっちが女狐か教えてやるよ」ガタッ

アルミン「だ・・・駄目駄目離れて! 二人とも頼むから離れて!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:31:50 ID:HXC5UPBB0

エレン「なに人のパン食ってんだよおい!」

サシャ「目の前にあったのでつい・・・半分あげますから」

エレン「おい、よだれついてるじゃねーか! もういいよ、全部やる!」

サシャ「! さっすがエレン! 大好きです!」

ミカサ「!! ・・・女狐が二匹っ」ギリッ

アルミン「ミカサ、ナイフ握りしめないで! アニもファイティングポーズ解いて! サシャは逃げて!」キリキリキリ・・・

ライナー「おお、今日も賑や・・・」ボッ

エレン「・・・? アルミン、いまライナーの声しなかったか?」

アルミン「ライナーならアニの蹴りで壁にめり込んでるよっ! サシャは僕のスープ飲んでないで早く逃げるんだぁぁぁ!」キリキリキリキリ・・・


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:33:17 ID:HXC5UPBB0

その夜 男子寮

ベットの中

アルミン(うぅ・・・ 今日も大変だったなぁ)

アルミン(エレンの鈍さは今に始まったことじゃないけど・・・まさかここまでとは思わなかったよ)

アルミン(このままじゃ僕の胃に穴が開くのも・・・いや、むしろもう開いてるんじゃないかこれ)キリキリ

エレン「グゴー・・・ ンガー・・・」

アルミン(僕の胃が大変なことになってるとも知らないで・・・ だんだん腹が立ってきたよ)

アルミン(なにか仕返しをしてやりたけど)チラッ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:35:01 ID:HXC5UPBB0

ミカサ「・・・」ジーッ

アルミン(うぅ・・・ 今日もいるよ 立体機動で窓に張り付いて・・・ヤモリかよ)

ミカサ「・・・エレンの寝顔、かわいい」ウットリ

アルミン(うわぁ・・・ うっとりした顔で何か呟いてる 毎晩こんなホラーな光景見せられるこっちの身にもなってよ!)キリキリ

アルミン(大体ミカサもミカサだよ! エレンにべったりな癖に気持ちもちゃんと伝えられないなんて!)

アルミン(その癖エレンに他の女の子がちょっと近づいただけで、尋常じゃない殺気は放つしライナーは吹っ飛んでくるし・・・!)キリキリキリ

アルミン(ああ・・・だんだんミカサにも腹が立ってきたよ! あとアニにも! アニだってミカサと大して変わらないじゃないか!)

アルミン(奥手だ恥しがり屋だなんてのも大概にしとけよ! どっちでもいいから早く気持ち伝えろよ!)キリキリキリキリ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:36:27 ID:HXC5UPBB0

ライナー「んんー・・・ クリスタ・・・ 結婚・・・」グーグー

アルミン(なんだかわからないけどライナーにも腹が立ってきたよ! 結婚? 無理だよ! 吊り合う訳ないだろ!)

アルミン(くそっ 僕の周りにはストマックブレイカーばっかりだよっ! なんだよっ! 僕の胃に恨みでもあるのかっ!)キリキリキリキリ

アルミン(なんとかして・・・ なんとかしてこの屈辱を晴らしてやりたいっ! どれだけ僕の胃が君たちに痛めつけられているのかを・・・)

アルミン(思い知らしめてやりたいっ!)キリキリキリキリキリキリキリ

ミカサ「はぁ・・・エレン」ハァハァ

アルミン(もう朝方だよっ! さっさと帰れよっ!)キリキリキリキリキリキリキリ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:37:39 ID:HXC5UPBB0

翌日 格闘訓練

アルミン(はぁ・・・ とは言ったものの、どうやって思い知らさせればいいのか・・・)

アルミン(下剤か何か盛ってやろうかとも思ったけど、それじゃただの嫌がらせだし、僕の胃の痛みを理解してはもらえない)

アルミン(何かこう・・・ 胃に直接ダメージを与えられる何かを・・・ん?)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:38:59 ID:HXC5UPBB0

ドゴォ!!!

ジャン「ふぅんぐぅぅぅっ!!」

アニ「ったく ちんたらしてるからそうなるんだよ」

ジャン「胃が・・・ 腹が・・・っ!」ジタバタ

アニ「みぞおちに思いっきり右手を叩き込んだんだ しばらくは満足に喋る事も出来ないだろうよ」

ライナー「お、おい! 大丈夫か、ジャン!」

アニ「ライナー 早くそいつを運んでいってくれよ」

ライナー「あ、ああ ジャンも災難だな アニなんかに当たっちま・・・」

ドゴォ!!!

ライナー「ふぅんぐぅぅぅっ!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:40:17 ID:HXC5UPBB0

アルミン(こ・・・・・・・これだっ!)

アルミン「ア、アニ!」

アニ「ん?」

アルミン「今の技、僕にも教えてくれないかな?」

アニ「・・・あんたが? 技を覚えるよりも、まずはその貧相な体をなんとかしなよ」

アルミン「むっ・・・ じゃあさ、僕と組んでもらえるかな」

アニ「っち・・・ ジャンもライナーも伸びちまったし しょうがないか」

アルミン「ありがとう! じゃあ僕が暴漢役をやるね」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:42:24 ID:HXC5UPBB0

アニ「ああ・・・ はやくかかってきなよ」

アルミン(教えてもらえないなら、受けて学ぶしかない! ただ、アニの専門は足技だ あの技を出させるには・・・)

アルミン(思いっきり懐へ飛び込むっ!)ダッ!

アニ(こいつ・・・)ブンッ!

ドゴォ!!!

アルミン(!!!!!!?!?!??!!)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:43:54 ID:HXC5UPBB0

アニ「望みどおり、ぶちこんでやったよ」

アルミン(アニの右手がみぞおち深く突き刺さって・・・ 胃が・・・!)

アルミン(なんだこれ・・・ 呼吸も出来ないっ!)

アルミン(胃が・・・潰される! この痛み・・・この痛みだよ!!)

エレン「おい、アニ! やりすぎだろ! 大丈夫かアルミン!」

アニ「どうもみぞに叩き込んで貰いたかったみたいでね ・・・一応手加減はしたけど」

アルミン「う・・・ぐっ・・・カハッ! 確・・・かにね まだ立・・・・てるや」

アニ「・・・しばらくすれば治るよ ちょっと横になってな」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:45:20 ID:HXC5UPBB0

アルミン「いや・・・まだだ」

アニ「・・・」

アルミン(僕の体格に見合ったパンチだったってわけか・・・ でもそれじゃ意味がない それにアニの動きもしっかりとは見えなかった)

アニ「・・・続ける気?」

アルミン「もちろん 次は全力でお願いするよ」フラッ

アニ「あんた、そういう趣味でもあんの? 気持ち悪いんだけど」

アルミン「まさか その技を学びたいだけだよ」

アニ「・・・」ハァ

アニ「いいよ かかってきな」

アルミン「いくよっ!」ダッ

ドゴォォォ!!!!


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:46:50 ID:HXC5UPBB0

見てくれてる人、あんまいない感じですかね・・・


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:48:54 ID:HXC5UPBB0

アルミン「ん・・・ ここは・・・?」

クリスタ「アルミン! 大丈夫!?」

アルミン「クリスタ!/// ここは・・・医務室か」

クリスタ「ええ・・・ 格闘訓練で気絶しちゃって、みんなで運んだのよ ライナーとジャンも」

隣のベット
ライナー「」チーン
ジャン「」チーン


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:50:06 ID:HXC5UPBB0

アルミン「ああ、そうだったね・・・ 迷惑かけてごめん」

クリスタ「いいのよ それに、アルミン凄かった!」

アルミン「え?」

クリスタ「だって、体の大きなジャンもライナーも一撃でアニに倒されてたのに、アルミンは二回も立ち向かったじゃない!」

アルミン「ははは・・・ 最初のはアニが手加減してくれたんだよ・・・」

クリスタ「ううん だとしても凄いわ! もう一度立ち向かうなんて、そうそう出来る事じゃない」///

アルミン「ありがとう、クリスタ 体調も良いみたいだし、もう行くね」

クリスタ「うん 何かあったら呼んでね これでも救護係だから」

アルミン「わかった じゃあまたね」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:51:47 ID:HXC5UPBB0

アルミン(まさか気絶するとは思わなかったよ そしてクリスタは天使だったよ)

アルミン(うう・・・ 大丈夫とは言ったけど、今日は何も食べれる気がしないや)

アルミン(でも、しっかりと記憶できたぞ アニの動き、そしてそこからくる力の入れ方を!)

アルミン(そう まずアニのファイティングポーズを取り、右足で踏み込みつつ上半身を捻る)

アルミン(脇はしっかりと締め、足から来る反動を体を通し右拳に込め、腕力ではなく全身の力を使ってみぞに叩き込むっ!)

アルミン(・・・と頭では解っていても、いざやるとなると体が付いていかない 練習あるのみだな)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:55:18 ID:HXC5UPBB0

その夜、みんなが寝静まった後に、アルミンは特訓を開始した

ライナーとジャン、食欲のないアルミンの夕食はすべてサシャの胃袋に収まった

アルミン「ふぅ・・・ 宿舎から少し離れたから、人も来ないだろうね」

アルミン「よし・・・ 始めるぞ!」

そして、一本の大木にひたすら右拳を叩き込み始める

アルミン「フッ! フッ!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:56:37 ID:HXC5UPBB0

ただ一心不乱に、しかし体は動きをアニを意識して、そして心の中では常に

アルミン(胃を・・・潰すっ!)ブンッ!
アルミン(胃を・・・ねじ込むっ!)ブンッ!
アルミン(クリスタは・・・天使っ!)ブンッ!

しんと静まった森の中、巨木を打ちつける音がこだまし続ける
汗が滴り、地面をぬらし続ける

一夜、二夜、三夜・・・雨が降っても風が吹いても、ライナーが床にめり込んでもサシャに夕食を食われようとも

一日に数千本、アルミンは大木へとその拳を打ち込み続けた


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:57:44 ID:HXC5UPBB0

アルミンの心血を注いだボディブローの動きは、気の遠くなる打ち込みの果てに次第に合理化し、洗練されていく

そしてそれと共に、ボディブローに使われるインナーマッスルも次第に発達していく

おそらくその変化は、たとえ幼馴染であるエレンやミカサでさえも気がつかないであろう

誰もいない森の中、少年のただまっすぐなその努力は、彼をストマックデストロイヤーへと変貌させていった

そして、数ヶ月の時が過ぎた・・・


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 20:59:06 ID:HXC5UPBB0

アルミン「邪ッッッ!」ブンッ!

今日も大木にボディブローが炸裂する

その動きにもはやそぎ落とす箇所はない

鷹の爪が獲物を狩るのに余分な造形がないように、アルミンのボディブローもまさに完璧であった

打ち込む前の空気の様に弛緩した全身から、水の様になめらかな動作を経て、烈火の如きボディブローを放つ

その動きは兵士でも戦士でも格闘家でもなく、もはや芸術品であった


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:00:40 ID:HXC5UPBB0

ピシッ! メキメキ! ズゥーーーン!

アルミン「ハァ・・・ ハァ・・・」

この数ヶ月間、次第に成長していくアルミンのボディーブローを受け続けた巨木は、ついにその体躯を地上に横たわらせた

その巨木に、アルミンは深く礼をする

いつの頃からかアルミンにとってそれは木などではなく、偉大な恩師であった

そして、巨木が倒れたその時が、彼の反撃の狼煙であったのだ!

アルミン「明日・・・ 明日だ!」

彼は強い決意を秘め、森を後にした


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:04:22 ID:HXC5UPBB0

>>26
了解 ありがとう


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:10:31 ID:HXC5UPBB0

食堂

エレン「今日は格闘訓練か」

ライナー「ああ、そうだな 誰と組むんだ?」

アルミン「ぼ

ミカサ「私と組みましょう エレン」

エレン「やだよ お前手加減するし」

ミカサ「してはいない エレンが怪我をしないようにしているだけ」

エレン「それを手加減っていうんだろ! 馬鹿にされてるみたいでイラつくんだよ!」

ミカサ「」ガーン

エレン「やっぱり格闘術はアニだな いいか?」

アニ「いいよ」

ミカサ「駄目」

アニ「なにが?」

ミカサ「駄目なものは駄目」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:19:12 ID:HXC5UPBB0

アルミン(うぅ・・・ エレンは競争率が高すぎていきなりは無理か ・・・ここは)キリキリ

アルミン「ライナー 今日は僕と組もうか」

ライナー「ん、いいぞ いっとくが手加減はしないからな」ハハッ

アルミン「ははは・・・ お手柔らかに」・・・ニヤリ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:28:23 ID:HXC5UPBB0

格闘訓練

アルミン(まずはライナーあたりで試してみないと)

ライナー「よし、俺が暴漢役な」

アルミン(ライナーなら頑丈だし、思いっきり行っても大丈夫・・・だよね?)

アルミン「フゥーーーーーーー・・・ うん、いいよ」ニコッ

ライナー「はは、なんだ深呼吸して、格闘家気取りか? よし、いくぞっ」ダッ

アルミン「邪ッッッッッ!!!!!!」


ドォォォォォォォォォォォォォォォォォォォオォン!!!!


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:28:46 ID:OK9WBj5qO

アルミン「アルレルト千年の歴史の中に敗北の二字はない」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:29:44 ID:dc3EcJjt0

ライナーは……粉微塵になって死んだ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:33:43 ID:HXC5UPBB0

サシャ「ひっ!」ビクゥ!!

コニー「うひゃあ!」ビクビクゥ!

エレン「!? なんだ、砲撃練習か!?」

アニ「!?」

ミカサ「・・・」

エレン「・・・なんだよミカサ 近いよ ってかお前コニーと組んでただろ」

ミカサ「エレンに砲弾が飛んできたら大変」

エレン「はぁ? んなわけ・・・ってライナー!」

ライナー「」プスプス


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:39:17 ID:HXC5UPBB0

アルミン「ラ、ライナー! 大丈夫!?」ユサユサ

エレン「お、おいどうしたんだよアルミン! ライナー、ゲロまみれじゃないか!」

アルミン「い、いや、たまたまミゾに良いのが入っちゃって・・・」

アルミン(す、凄い! 我ながら凄い威力だ! ちょっとまずいんじゃないかってくらい凄い!)

アルミン(ライナー・・・ 特に胃の原因ではなかったけど、クリスタは僕も狙ってるんだ すまないね・・・)

アニ(・・・ミゾ?)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:46:06 ID:HXC5UPBB0

アニ「図体でかいのにだらしない・・・ ベルトルト、運んでやりなよ」

ベルトルト「あ、ああ」・・・キタネ

エレン「マグレにしてもライナーを倒すなんてすごいよ、アルミン!」

アルミン「う、うん ライナーには悪いことしたかな・・・」ハハハ・・・

アルミン「そうだエレン、次はぼ

アニ「ライナーが伸びたんだから、ジャン 変わりにアルミンの相手してあげなよ」

ジャン「あー? なんだって俺が」

アニ「・・・」ジロリッ

ジャン「!・・・しょうがねーな」ビクビク

ジャン「おい、アルミン やるぞ」

アルミン(ジャン・・・か 特に僕の胃を痛める原因じゃないけど、ついでに試してみるか)

エレン「アニ、俺たちも始めようぜ あとミカサはコニーの所もどれよ あいつ石転がして遊んでるじゃねーか」

アニ「いや ・・・ちょっとまって」アルミンヲジーッ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:52:11 ID:HXC5UPBB0

ジャン「おら、俺が暴漢役だ ライナーみてーに気は抜かねーからな」

アルミン「うん いつでも来ていいよ」ニコッ

ジャン「へっ 余裕ありそうじゃねーか」ダッ

アルミン「覇ッッッッッッッ!!!!!!!」


ドゥゥゥオオオオオオオオオオオゥゥゥウオオン!!!


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 21:58:14 ID:HXC5UPBB0

サシャ「ひゃうっ!」ビックゥゥ!!

コニー「ああ! 石が!」ビビビックゥ!

エレン「!!! 今度はなんだ!?」

ミカサ「!?」

ミカサ「アルミンの方から音が鳴った・・・」

エレン「!? アルミン!! ・・・って普通に居るな」

アルミン「あ、ああ 凄い音だったね・・・」

エレン「ああ、大砲の爆薬でも暴発したのか? ・・・あれ、ジャンがいないぞ?」

コニー「ぐえっ!!!」ドーーン!

コニー「な、なんだぁ!? 空からゲロまみれのジャンが降ってきたぞ!? ばっちいなおい! どけよ!」

ジャン「」プスプス


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:05:48 ID:HXC5UPBB0

ザワザワ

エレン「はぁ!? どういう事だ!?」

アニ「・・・・・・おいアルミン」

アルミン「・・・なにかな、アニ」

アニ「お前・・・今のは私の打って見せたボディブローか?」

アルミン「・・・・・・」

エレン「はぁ? アニ、何言ってんだ? ボディブローでジャンが飛んだってのか?」

エレン「それもアルミンだぞ? お前やミカサならわかるが、アルミンにそんな事できる訳ないだろ」

アニ「ああ・・・私も信じたくはないよ というかボディで人一人吹っ飛ばすなんて、私にもできない」

アニ「だけど、アルミンはやった 私の目の前で」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:11:46 ID:HXC5UPBB0

>>55
漫画は全巻読んだけど漫喫だったのでうろ覚えです


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:12:52 ID:HXC5UPBB0

アルミン(しまった・・・ 見られていたか)

アルミン(僕はボディブローしか鍛えてこなかったから、それ以外の格闘術はいつもの僕だ)

アルミン(こいつを胃に叩き込むには、相手が僕だからと舐めてもらわないと難しいのに・・・)

アルミン「そんな・・・ たまたまだよ、たまたま」

アニ「とぼけても無駄 エレン、あんたはミカサと組んで」

ミカサ「!」パァァァ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:19:14 ID:HXC5UPBB0

アルミン(僕とやるつもりか アニは僕の胃痛の元凶の一人・・・なんとか叩き込みたいけど・・・)

アルミン(すでに警戒されてる・・・ これじゃ懐に入る前に足技の餌食だ・・・どうしたらいいんだ・・・考えろアルミン!)

アニ「アルミン、やるよ」

オオ!アニガアルミントヤルミタイダゾ!
イジメジャネーカ!
ニゲロアルミン!

アルミン「・・・うん、やろうか」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:25:27 ID:HXC5UPBB0

アルミン(・・・警戒したアニの懐に飛び込むにはこれしかない・・・! かっこ悪いけどやるしかないな)

アニ(こいつ、あの二発からここまで学び取ったのか? いや、学ぶなんてもんじゃない というか人間業じゃない)

エレン「お、おいアニ! 怪我させるんじゃないぞ!」

アニ(この馬鹿・・・怪我しそうなのは私のほうだ)

アニ「私が暴漢をやる」

アルミン「わかった よろしく」

アニ「・・・」ダッ!

アルミン「・・・」ダッ!

アニ「!」

アニ(背を向けて・・・逃げた!?)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:31:51 ID:HXC5UPBB0

サシャ「・・・・・・脱兎のごとく逃げてますね!」

コニー「おいアルミン! 敵前逃亡は死罪だぞ!」ダハハ!

アニ「くっ! 馬鹿にして!」ダダッ

アルミン(さすがアニ、足も速いね・・・! 予想通りだ!)突然振り返り構え!

アニ(! 突然ターンして・・・あの手・・・! しまった、止まれない!)

アルミン「阿ッッッッッッ!!!!」



ドッォォオオオォォォォォォォォォン!


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:37:57 ID:HXC5UPBB0

サシャ「ひぃぃぃ!!」ビクビクゥ!!

コニー「」

エレン「」

ミカサ「」

クリスタ「」

ユミル「」

その他大勢「」

アニ「・・・・・・・カハッ!」バタッ

アルミン「ハァ・・・ ハァ・・・アニ、大丈夫?」

アニ「・・・・・・手加減・・・した?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:40:30 ID:F4eOl6IHO

女性に対して非情になりきれないアルミンは武道家の鑑


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:43:23 ID:HXC5UPBB0

アルミン「うん・・・ アニもしてくれたし、ライナーやジャンの様にはしたくないから」

ライナー「」ゲロマミレ
ジャン「」ゲロマミレ

アニ「ふ・・・・ん」///

アニ「・・・いつの間に・・・そんな技を・・・?」

アルミン「ずっと一人で練習してたんだ アニやエレン、ミカサに胃痛の辛さを教える為に」

アニ(胃痛・・・?)

アニ「アルミン、すごいよ・・・ そいつがあれば・・・ミカサも倒せる・・・かもね」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:48:59 ID:HXC5UPBB0

エレン「おいアニ! 大丈夫か!」ダダッ

ミカサ「アルミンよくやった さすが私の幼馴染」

アニ「・・・っく 私は大丈夫 ・・・それよりもエレン・・・アルミンと組んであげな」

エレン「ん、ああ! にしてもアルミン、今のはなんだよ! どうやったんだ!?」

アルミン「う、うん 二人には内緒で特訓していたんだ! これなら胃痛の辛さが二人にも解ってもらえるはずだよ!」

エレン(胃痛?)
ミカサ(胃痛?)

エレン「よし、やろうぜ! こいよアルミン!」

ミカサ「まって アルミン」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:53:17 ID:HXC5UPBB0

アルミン「ん・・・なんだい、ミカ・・・!」ビックゥ!

ミカサ「アルミンは私の幼馴染だから エレンにあんな酷いことしないよね?」オソロシイメ


ライナー「」プーン
ジャン「」プーン

サシャ「うわっ ライナーたちに蠅がたかってますねぇ」

コニー「ああ ゲロマミレだからな キタネー」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:57:49 ID:HXC5UPBB0

アルミン(う・・・うわぁぁぁ なにこの目 見てるだけで精神崩壊しそうだよ・・・)ガタガタ

ミカサ「・・・」ジーッ

アルミン「う・・・う・・・」

アニ「アルミン!」

アルミン「!」ビックゥ!

アニ「・・・・・・目一杯ぶちかましていいよ」

アルミン「!・・・」

ミカサ「・・・」

エレン「おーい はやくやろうぜー」


コニー「エレン、あんなパンチ見といてよく出来るな」

サシャ「馬鹿ですねぇ」プクク


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:01:53 ID:HXC5UPBB0

アルミン「フゥーーーー」

アルミン(確かにミカサは恐ろしいよ 怖いよ 人間じゃないよ)

アルミン(でも、アニは言ってくれた このボディがあれば ミカサにも勝てると)

アルミン(そして、恐怖で従いそうになった僕に 目一杯ぶちかませと・・・!)

アルミン(決めたよ・・・ ありがとう、アニ!)

アルミン「よし! やろう、エレン!」

エレン「おう! いくぞ!」ダッ!

ミカサ「・・・」ジー

アニ「・・・」ジー

アルミン(僕は・・・お師匠様(木)の為にも エレンに胃痛の辛さを教えるためにも・・・!)

エレン「うおぉぉぉぉ」

アルミン(目一杯・・・ぶちかます!)

アルミン(クリスタは・・・)ググッ

アルミン「天死ッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!」


ブォォォォォォォォォッォォォォォォォォォォォォォォッォォォォン!!!!!!!!!!!!


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:04:59 ID:HXC5UPBB0

サシャ「ぎゃあああ」ビリビリビリビリ

コニー「うおおおおお」ビリビリビリビリ

サシャ「ううう・・・ん? あれは?」

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロッドカッ!

コニー「ぐぇぇ!!」

エレン「」ゲロマミレ

コニー「うわっ! キタネェ! なんで俺の所に集まってくんだよ!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:07:18 ID:HXC5UPBB0

アルミン「ハァ・・・ ハァ・・・」

ミカサ「・・・・・・・・そぅ」

アルミン「」ビックゥ!

ミカサ「アルミン よくわかったわ」

アルミン「い・・・あ・・・・・・」ガクガク

ミカサ「アルミン 次は私とヤりましょう」ニコッ

アルミン(なんだよこれなんだよこれ シガンシナの時の巨人の比じゃないよ いたよ! 巨人は近くにいたよエレン!)ガクガクガクガク

アルミン(膝が笑って・・・思うように動かない・・・! うわ初めてみたよそんな目! まさかそんな目を幼馴染に向けられるとは思いもしなかったよ!)ガクガクガクガクガク

アルミン(僕は・・・僕はとんでもないことをしてしまったんじゃないか・・・?)キリキリキリキリキリキリ

アニ「アルミン! おい、アル・・・っち、怯えて聞こえてない」

アニ(このままじゃアルミンがまずい・・・なんとか正気に戻さないと・・・)


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:10:11 ID:HXC5UPBB0

ワーワー

ライナー「ん・・・お、おう?」

コニー「お、ライナー 気がついたか」

ライナー「あ? 俺はアルミンと・・・ うあ、くせぇ!」プゥーン

サシャ「ライナーはアルミンに負けたんですよ ゲロマミレになりながら」プクク

ライナー「はぁ!? 俺がアルミンに?」

ベルトルト「残念だけど本当だよライナー あとすっごく臭いよ」

コニー「ライナーだけじゃねぇぜ ジャンもエレンも、あのアニも負けたよ ほれ」ユビサシ

ライナー「んん? ひっ!」

ジャン「」ゲロマミレ
エレン「」ゲロマミレ

サシャ「で、当のアルミンは、なんとあのミカサとやるみたいですよ!」

ライナー「おいおい・・・マジかよ あのアルミンが・・・」

ベルトルト「正直、僕も信じられない でもアルミンのパンチはまるで大砲だった」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:13:15 ID:HXC5UPBB0

コニー「でも、今回ばかりは無理かもしれないぜ ほら」



アルミン「」ガクガクガクガクガクガクガクガク



ベルトルト「うん・・・完全に萎縮してしまってるね」

サシャ「無理もありません・・・あのミカサに睨まれたら私だって・・・」ガクガクガクガク

コニー「屁、すんなよ」

サシャ「失礼な!」

ライナー「っく! おおおおい、アルミーン!! アルミーーン!」

ベルトルト「無理だ、届いてないよ」

ライナー「だとしても声をかけて正気に戻すしかないだろ! あのままじゃミンチにされるぞ!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:16:35 ID:HXC5UPBB0

サシャ「確かに、アルミンのミンチは見たくありませんね アルミーン!」

コニー「おーーいアルミーン! びびってんじゃねぇぞ! たかがミカサだろ!」

ミカサ「・・・」ギロリ

コニー「」ブクブク

サシャ「ああ! コニーが沢蟹みたいに泡をふいて!」

ライナー「アルミーン! 聞けー! アル

クリスタ「アルミーン!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:19:47 ID:HXC5UPBB0

アルミン(ひぃぃぃぃぃぃぃぃ ムリムリムリムリ なにこれ!? 勝てるの!? 人類勝てるのこれに!?)キリキリキリキリ

・・・・-ン

アルミン(駄目だ 何にも考えられない! いや、考えられるけどなんか墓石の事しか考えられない!)キリキリキリキリ

ア・・・ミーン

アルミン(ああ・・・ わかる わかるぞ 今日僕は召される! 天使たちによって召されるんだ!)キリキリキリキリ

アルミーン!

アルミン(思えば短い生涯だったなぁ ああ、天使の声が聞こえるよ まるでクリスタみたいな・・・)キリキリキリキリ

クリスタ「アルミーン!」

アルミン(クリスタみたいな声だなぁ ああよかった 最後の声がクリスタで)キリキリキ・・・

クリスタ「アルミン!聞いてー!」

アルミン「!」ハッ


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:20:06 ID:dc3EcJjt0

ああクリスタ、あなたは天使だ…


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:20:14 ID:EKRXaVG5O

(結婚しよ)


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:21:19 ID:HXC5UPBB0

ワーワー

アニ「! 正気に戻った」

ライナー「おお! さすがクリスタ! アルミンがこっち見てるぞ!」(結婚しよ)

ベルトルト「これならなんとかなりそうだ!」(結婚しよ)

クリスタ「アルミーン! 頑張ってー!」///

ユミル「・・・ッチ」

サシャ「アルミーン! 勝ったら今夜のパァンくださいねー!」

コニー「」ブクブク

ジャン「」プゥーン

エレン「」プゥーン


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:22:57 ID:HXC5UPBB0

アルミン(なんだ・・・? みんな応援してくれてる? え、クリスタも応援してくれてる?///)

アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン!

アニ「アルミン!」

アルミン「! アニ!」

アニ「・・・・・・いつも通り勝てる 相手はミカサだ 遠慮せずにいきなよ」

アルミン「・・・・・・アニ、ありがとう!」

アニ「・・・・・・フン」///


ミカサ「・・・アルミン そろそろ、いい?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

アルミン「・・・・・・・・・うん よろしく、ミカサ」

ウォォォォォォォー!! ツイニハジマルゾー!!


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:23:45 ID:dc3EcJjt0

アルミン「おら!もっとケツ突き出せよ!(パァンパァン)」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:24:23 ID:HXC5UPBB0

アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン!

ミカサ「・・・」

アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン!

アルミン「・・・」

アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン! アッルッミン!

ミカサ「・・・」スタスタスタ・・・

アルミン「!」

アルミン(・・・普通に近づいてくる・・・! これは・・・)


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:25:56 ID:HXC5UPBB0

サシャ「あ、ミカサが動きましたよ・・・って、普通に歩み寄ってますね」

ライナー「」ガクガクブルブル

ベルトルト「ラ、ライナー! 産まれたての子羊みたいになって、どうしたの!?」

ライナー「あ、あれはまずい・・・一番まずいパターンだ!」

クリスタ「!? ・・・ライナー、どういうこと?」

ライナー「ああ・・・ なんでか俺はよくミカサと組むことが多いから解るが・・・あの近づき方は、エレンがミカサ以外の女子と組んでいる時と同じ・・・」

ベルトルト「・・・それって」ゴクリッ

ライナー「・・・・・・めちゃくちゃキレてるって事だ」

クリスタ「!」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:28:32 ID:HXC5UPBB0

アルミン(この目 この動き・・・ おそらくミカサは本気で怒ってる・・・)タジッ

アルミン(それにライナーやジャンの様に隙もないし アニのような小細工も効かないだろう・・・)キリキリ

アルミン(でも・・・僕は負けられない! お師匠(木)の為クリスタの為・・・そして、胃痛の辛さを理解してもらうために!)ギリッ

アルミン(策が思い浮かばない以上 僕も・・・真っ向から勝負だ!)スタスタ・・・


ライナー「! アルミン・・・! 正面から行く気か!」

ベルトルト「っまずいよそれは!」汗ダラー

サシャ(ベルトルトっていつも汗かいてますね)

クリスタ「アルミン! 負けないでぇ!」


アニ(・・・まあそれしかないだろう 後はスピードと根性・・・)


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:30:47 ID:HXC5UPBB0

ミカサ「・・・」スタスタ・・・ピタッ

アルミン「・・・」スタスタ・・・ピタッ


ライナー「・・・二人とも、もう間合いだ・・・」ゴクリ

ベルトルト「・・・」汗ダラダラ

サシャ「・・・静かですね」ゴクリ

クリスタ「・・・」ナミダメ


シーーーーーーーーーーーーーン・・・・・・


ミカサ「・・・・・・ッフッッッ!!!!」ビュォ!!

アルミン「・・・・・・っ覇ッッッ!!!!」ズォォ!!


キャドッォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォンン!!!!


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:32:33 ID:HXC5UPBB0

ビュオオオオオ!!!!

ベルトルト「ば、爆風がぁ!!!」ビリビリビリビリ!

ライナー「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」ビリビリビリビリ!

サシャ「ひぃええええぇぇぇぇぇぇ!」ビリビリビリビリ!

クリスタ「きゃああ!!」ビリビリビリビリビリ!

コニー「」ゴロゴロ

サシャ「ああ! コニーが爆風で転がって・・・!」

ライナー「ほっとけ!」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:34:11 ID:HXC5UPBB0

アルミン「!!!??!?!?!!?!」

アルミン(一歩・・・一歩遅かったか・・・!・・・でも!)

ミカサ「ッ!」

ミカサ(私のほうが・・・速かった でもアルミンのボディは、確実に入ってる・・・)ググッ!

アルミン(・・・まさか同じボディで来るとはね・・・さすがミカサ・・・今すぐにでも吐いて倒れたいよ)グググッ!

アニ(・・・! アルミン! 出遅れた! ・・・ここからは根性だ、負けるんじゃないよ!)

ミカサ(・・・アルミン、本当に凄い 私の腹筋をここまで押し込んだのは貴方が始めて)

アルミン(うぅぅ・・・まだだ! ミカサの顔、苦痛はあるけどまだまだ余裕だ・・・!)

ミカサ(貴方のような幼馴染を持てて、本当に誇らしい でも、エレンを傷つけてしまった だからせめて、一瞬で気絶させてあげる)ググッ!!!

アルミン「!!?」ウッ

アルミン(ここから・・・さらに押し込んで来るだって・・・!)

ミカサ「・・・」ググググッ!!

アルミン(あ・・・意識が・・・飛びそうだ・・・!)フラッ!


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:38:14 ID:HXC5UPBB0

クリスタ「アルミン! 負けないで!」

アルミン(・・・クリスタ! そうだ・・・だめだ! 倒れちゃ駄目だ! 僕には・・・僕には胃痛の恐ろしさを伝える義務と・・・!)

アルミン「責任があるんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」グワッ!!

ミカサ「!!!!!!」

アルミン「ぅぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ググググググッ!!!!


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:39:45 ID:HXC5UPBB0

ミカサ(・・・アルミン こんな目初めて見た)ハッ

ミカサ(そう・・・そうなのね アルミンがここまで強くなった理由 それは幼馴染としての責任 私と共にエレンを守るということ)

ミカサ(エレンをゲロマミレにして吹っ飛ばしたのも エレンに自分の力を知ってもらうため そうじゃないとエレンはアルミンを自分より弱いと思ってしまうから)

ミカサ(そしてその真っ直ぐな瞳 これは私とエレンの家庭を生涯を通して守り 見守るということ)

ミカサ(アルミン ごめんなさい 誤解してしまった アルミンは 最高の幼馴染)フラッ

アルミン「! ミカ・・・」フラッ

アルミンミカサ「」バタッ

アニ「!」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:42:36 ID:HXC5UPBB0

クリスタ「アルミン!」

ライナー「相討ちか!?」

アニ「・・・いや、アルミンだ」

ベルトルト「・・・!」汗ダラダラ

ライナー「アニ、本当か!?」

アニ「・・・・・・最後、アルミンは倒れるミカサが地面で顔面を打たないよう、ミカサを抱きかかえるように気絶した」

アニ「先に気を失ったのは・・・ミカサだよ」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:42:47 ID:1EDEsH0vP

安心のミカサ解釈


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:42:59 ID:071W0O4Q0

ミカサさんの脳内妄想は平常運転ですね


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:45:14 ID:HXC5UPBB0

ライナー「う、うおぉぉぉぉぉ!! マジかよ、なんて奴だ!」

ベルトルト「いや・・・本当に凄いよ・・・なんか涙出てきた」ハハッ

サシャ(汗もかくし泣きもしたら噴水とかわりませんね)

クリスタ「アルミン! アルミン!」ダダダッ

アニ「・・・ベルトルト、アルミンとミカサを医務室へ運んでやって」

ベルトルト「・・・ああ!」

アニ「ライナーはそっちで伸びてる二人」

ライナー「おう! まかせ・・・くさっ!」

ジャン「」プゥーン

エレン「」プゥーン

サシャ「あれ コニーはどこいったんですかね?」

アニ「・・・そこらに転がってるだろ」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:47:37 ID:HXC5UPBB0

医務室

アルミン「・・・・・・・・・ん?」

クリスタ「アルミン! 目が覚めたのね!!」

アルミン「クリスタ・・・/// また気を失ってしまったんだね」

ライナー「アルミン! 目が覚めたか!」

サシャ「アルミン! 約束どおり今夜のパァンはもらいますね!」

ベルトレト「アルミン・・・おめでとう! なんか感動しちゃったよ!」

アルミン「はは・・・ ありがとう みんなは?」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:50:34 ID:HXC5UPBB0

エレン「隣のベッドにいるぞ、アルミン! 全然覚えてないけど、ミカサにも勝ったんだろ! すげぇよ!」

ミカサ「ええ アルミンは本当にすごい そしてやっぱり私の幼馴染だった」

アルミン「ミカサ・・・! 大丈夫だった!? どこか痛めたりしてない?」

ミカサ「大丈夫 それよりもあなたの決意 しっかり胸に刻んでおく」

アルミン(決意?)

ジャン「ううう・・・ なんも食える気しない お前らなんでそんなに元気なんだよ」

コニー「俺なんてアルミン応援してたと思ったら 気が付いたら馬糞まみれになってたんだぜ 何がなにやら」

サシャ(馬小屋の方に転がってましたからね)

クリスタ「アルミン! ・・・その、すっごくかっこよかったよ!」///

アルミン「え・・・!」///

ライナー(くっ・・・これは・・・しょうがないよな)

ベルトルト(ああ・・・しょうがないね)汗ダラダラ

ライナー(だが・・・・・・・・・・結婚するのは俺だ)

ベルトルト(ライナー・・・・・・いつか戦う時が来るだろうね)汗ダラダラダラ


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:54:22 ID:HXC5UPBB0

アニ「・・・・・・・・・・・・・・・にしてもアルミン、なんであんなボディだけを極めたんだ? もっと使いやすい打撃や足技あったはずだよ」

アルミン「それはもちろん、アニやミカサ、エレンに胃痛の辛さを思い知ってもらうためだよ!」ニコッ

クリスタ(胃痛?)

エレン(胃痛?)

ミカサ(胃痛?)

ライナー(胃痛?)

ベルトルト(胃痛?)

ジャン(胃痛?)

サシャ(パァン!)

コニー(胃痛?)

アニ(胃痛?)


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:56:06 ID:HXC5UPBB0

あくる日 アルミンは思い知った


アルミン「ちょ・・・マジで離れて! 離れて!!!」キリキリキリキリ

ミカサ「・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

アニ「・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・

ライナー「おうエレ

エレン「ん? あれ、ライナーの声がしたぞ?」

アルミン「ライナーなら天井にめり込んでるよ! ちょっとサシャ、僕のパン持っていかないで!!」キリキリキリキリ

ミカサ「・・・アルミン、あの時の決意、ここで見せて」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

アルミン「決意って何だよ! ちょっと、フォーク握り締めないで!!」キリキリキリキリキリキリ

アニ「アルミン直伝のボディをぶち込んでやるよ、きな」クイッ

アルミン「だ、駄目だって言ってるだろ! 座って! 構えをといて!」キリキリキリキリキリキリ


いくらボディを極めても、胃痛の原因は消えないということを・・・



                              おわり


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:56:28 ID:071W0O4Q0

誰にもアルミンの気苦労が伝わっていないのが悲しいね
そしてサシャがかわいい


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:00:48 ID:gysGkcDN0

珍しくサシャの扱いが良くて安心した
サシャ可愛いよサシャ


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:04:36 ID:1EDEsH0vP


次はライナーが復讐する話おなしゃす


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368271831/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。