ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルガメッシュ「よい開幕だ。死に物狂いで謳え雑念」時臣「まさかの本気モード!?」


http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/____.jpg
1
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/11(土) 23:35:21.18 ID:yKrM/CML0
注意事項

・ギルが本気出します

・一日で終わります

・なのでスレも直ぐに終わります

・油断慢心はしません

・油断慢心はしません

・苦戦? なぁにそれぇ?

・遊戯王スレではありません

SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1344695720
2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/11(土) 23:35:42.15 ID:yKrM/CML0
時臣「抑止の輪より来たれ。天秤の守り手よ!」

ギル「問おう。貴様が我のマスターか?」

時臣「はい。私が貴方のマスターです、バビロニアの英雄王ギルガメッシュよ」スッ

ギル「ほう。サーヴァントである我に頭を垂れるか? ククククッ。マスターにとってサーヴァントは単なる聖杯戦争のための駒ではなかったのか?」ニヤリ

時臣「滅相もありません、王の中の王よ。私は魔術師であると同時に貴方の威光に尊敬の念を禁じ得ぬ者」

ギル「我が臣となる、貴様はまるでそう言いたそうだな」

時臣「左様です」

ギル「フム」

時臣「…………」

ギル「貴様、名は?」

時臣「遠坂時臣と申します、英雄王」

ギル「その名、我が脳の端に刻んでおこう」

時臣「ありがたき幸せ」

ギル「よい開幕だ。死に物狂いで謳え雑念」

時臣「は?」

ギル「興が乗った。喜べよ時臣、我とてこのような気紛れ一生に一度あるかないかでな」

時臣「気紛れとは?」

ギル「分からぬか。我はこの聖杯戦争、油断慢心の一切を捨ててみようと思うのだ」

時臣「まさかの本気モード!?」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/11(土) 23:38:20.82 ID:yKrM/CML0
――――――アサシン編


ギル「フハハハハハハハハハハハ! 全サーヴァントの居場所を突き止めたのなら、貴様は用済みだ薄汚い暗殺者よ」

ギル「開け王の財宝。さあ、豚のような悲鳴をあげろ!」バンバンバンッ

アサシン達『ぐぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!』

ギル「見ろ! アサシンがゴミのようだ!」

時臣「王よご自重を!」

ギル「ついでに言峰なんたら。貴様も失せるが良い!」

言峰「ま、マーボーが……麻婆の草原が……」ガクリ

時臣「きれぇぇぇぇええええええええええいい!!」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/11(土) 23:42:45.14 ID:yKrM/CML0
――――――キャスター編


龍之介「さて。旦那、その聖杯戦争とかいうのに旦那も参加するんだよな」

青髭「その通りです龍之介。しかし古今東西の英霊が集まる戦争ともなれば、私も相応の準備をしなければなりません」

龍之介「準備?」

青髭「手始めに子供を――」

ギル「入るぞ」

時臣「」コソコソッ

青髭「おや、我が工房に武断で入るとはなn」

ギル「黙れ、消えろ雑種」バンバンバンッ

青髭「ジャンヌ……私は……」バタン

龍之介「これだよ……この赤だよ……」ガクリ

時臣「なんだか良い事をした気がする」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/11(土) 23:45:21.16 ID:yKrM/CML0
――――――バーサーカー編


ギル「時臣。あれが間桐家だな」

時臣「そうですが……なにを、する気で?」

ギル「こうするのだ! 我の財を舐めるなよ。我が宝物庫は古代インドの超兵器までも完備しているのだ!」

ギル「ミサイルの波状攻撃を喰らえぃ!」ドババババ

雁夜「ときよみぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいぃぃ!!」グデン

臓硯「わ、儂の夢が……」バタン

桜「」コテン

狂戦士「■■■■■■」シュゥ

時臣「桜ぁぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]:2012/08/11(土) 23:46:56.05 ID:a/eYjq0k0
桜が死んだ!
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県)[sage]:2012/08/11(土) 23:47:47.78 ID:NjMdK8gO0
ふざけるなよぉ!!
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/11(土) 23:48:49.21 ID:yKrM/CML0
――――――ライダー編


ギル「あそこがライダーとそのマスターのいる家だな」

時臣「ま、まさか今度も問答無用に波状攻撃を仕掛ける気じゃ」

ギル「そのようなことはせん。我も何故だかライダーにはある種の敬意をもって相手しなければいけないような気がするのでな」

時臣「そうですか」ホッ

ギル「我の至宝たるエアで一撃のもとに粉砕してくれよう!」

時臣「王よ、ご自重をぉぉぉお!!」

ギル「さあ仰ぎ見よ!」


エ ヌ マ ・ エ リ シ ュ
ギル「天 地 乖 離 す 開 闢 の 星!」


夫妻「うわあああああああああああ!!」バタンッ

ライダー「此度の遠征も、また……存分に、心躍ったのぅ……」ボウヨミ

ウェイバー「絶対に嘘だ」ムネン

ギル「時空の果てまで、この世界はあまさず我の庭だ。故に我が保証する。世界は決して、そなたを飽きさせることはない」

ライダー「ホォ……そりゃあ、いい、な……」ガクリ

時臣「こんなものが放映されたら絶対に視聴率とれないな」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]:2012/08/11(土) 23:51:56.37 ID:a/eYjq0k0
(英霊の魂で)アイリが死んだ!
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/11(土) 23:56:48.10 ID:yKrM/CML0
――――――ランサー編


ギル「あれがランサーのマスターが宿泊しているホテルだな」

時臣「王よ。あのホテルには多くの一般人が宿泊中なので、出来ればエアは抜かないで頂けると……」

ギル「戯け。そう心配せずとも、あの程度の脇役を相手にそのようなもの使わん」

時臣「……波状攻撃も、出来ればしないで頂けると。主に監督役の璃正さんの疲労が……」

ギル「ふむ。では取り敢えずあのランサーの弱点となる剣・槍などの武装を見繕った。これを」

時臣「これを?」

ギル「ランサーとそのマスターのいる部屋に全段発射ァ!」バンバンバンバンッ

ケイネス「ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉおぉお! 馬鹿な! このケイネスがッ! このケイネスがぁあああああ!!」コテン

ソラウ「きゃああ!」バタン

ランサー「そんなにも勝ちたいか!? そうまでして聖杯が欲しいか!? この俺が……たったひとつ懐いた祈りさえ、踏みにじって……貴様らはッ、何一つ恥 じることもないのか!? 赦さん……断じて貴様らを赦さんッ! 名利に憑かれ、騎士の誇りを貶めた亡者ども……その夢を我が血で穢すがいい! 聖杯に呪い あれ! その願いに災いあれ! いつか地獄の釜に落ちながら、このディルムッドの怒りを思い出せ!」シュゥ

ギル「そんなに遠くから言っても何も聞こえんぞ?」

時臣(これはひどい)
16VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 00:06:00.84 ID:sZP3szsY0
――――――セイバー編


ギル「ヴィマーナの乗り心地は相も変わらずに良い」

時臣「既に五騎のサーヴァントが脱落し、セイバーを残すのみ」

時臣「王よ。ここで一度、休息を挟んだ方が――――」

ギル「痴れ者が! 聖杯戦争が開幕してより二十三時間五分! ここで休憩を挟んでは二十四時間の壁を破れないではないか!」

時臣(あれ? 聖杯戦争って速さを競う勝負だっけ?)

ギル「それに見ろ! セイバーの根城たる城が見えたぞ!」

時臣「お、おぉ」

ギル「人目のつかぬ森の中だ。我も存分に派手にやらせて貰うぞ」

時臣(今までも十二分に派手だったが)

ギル「むむっ。セイバーもこちらに気付いたようだな。セイバーの隣にいる男は……」

時臣「間違いありません。衛宮切嗣です。どうやら令呪を使ってセイバーの能力をブーストした様子! やはりここは撤退を」

ギル「要らぬ! どうやら我の正真正銘の全力全開を出す日がきたようだな」

ギル「我が財のバックアップを受け威力が更に上昇したエアの威力を知るが良い!」


エ ク ス カ リ バ ー
セイバー「約 束 さ れ た 勝 利 の 剣!」


エ ヌ マ ・ エ リ シ ュ
ギル「天 地 乖 離 す 開 闢 の 星!」


セイバー「そ、そんな! エクスカリバーが押し負k」

切嗣「ああ。安心した」ガクリ

セイバー「やめろぉぉぉぉおッッ!」シュゥウ

ギル「WIN!!」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 00:10:12.38 ID:sZP3szsY0
――――――遠坂時臣編


時臣「本当に一日で聖杯戦争が終結してしまった」

ギル「後は聖杯を降ろすのみ」

アイリ「」グデン

ギル「……なんだこの造花は?」

時臣「恐らく聖杯の器かと」

ギル「……成程。読めたぞ時臣、貴様の狙いが」

時臣「は?」

ギル「我を謀に掛けようなど百年早い!」

時臣「ぬ、ぬぉ!」ガクリ

ギル「フン。聖杯戦争が終われば我に自害を命じる算段であったか。だが一歩、遅かったな。さらばだ時臣、我が召喚者よ」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 00:13:41.36 ID:sZP3szsY0
――――――この世全ての悪


アイリ「」コテン

ギル「ここをこうして……こうか」

アイリ「」グワンッ

ギル「ほぉ。これが聖杯か。中にあるのは……そうか。この世全ての悪に汚染され無職……ではなく無色のエネルギーがただ破壊という色のみに染まったか」

ギル「なんとも……醜いものだな。これを求め欲した時臣、貴様もなんとも無様なものよ」

ギル「まぁ、ついでだ。消えるが良い、この世全ての悪!」


エ ヌ マ ・ エ リ シ ュ
ギル「天 地 乖 離 す 開 闢 の 星!」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/12(日) 00:13:41.63 ID:Bj4/5prI0
これはひどい
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/12(日) 00:18:31.24 ID:zDFFH+0eo
おいおいwwwwwwwwwwww
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 00:27:50.35 ID:sZP3szsY0
――――――そして一日で終わった聖杯戦争の次の日。


ギル「おい、我はお腹が空いたぞ。食事を持って来い!」

遠坂凛「誰よアンタ!?」

遠坂葵「サクラサクラサクラー、サクラヲタベルトー、オナカオナカオナカ、オナカガクークー」

璃正「事後処理が……」

ギル「我か? 我が拝謁の栄に即して尚……と言いたい所だが童ではやむなしか」

遠坂凛「誰が童よ!」

ギル「我は人類最古の英雄王ギルガメッシュである!」

遠坂凛「ま、まさかサーヴァント!? でも聖杯戦争は一日で終わったはずじゃ」

ギル「……聖杯から零れた泥を浴び、再びこの世に肉をもち再臨したのだ」

遠坂凛「それって受肉したってこと?」

ギル「然り。やれやれ、にしても他のサーヴァント共も骨が無い」

ギル「この我を相手に、ほんの一日も持ち堪えられんとは」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 00:29:02.15 ID:sZP3szsY0
遠坂凛「……ってことは、アンタがお父様を!」

ギル「そうだ。我が殺した、時臣のやつめ。臣たる分際で王たる我を謀殺しようとしたのでな。しかし如何な者とて我が臣。臣が悪さをしたのなら、我の手で裁かねばなるまい?」

遠坂凛「………………」

ギル「我が憎いのか? まぁ当然であろうな。親を奪われた子ならば奪った者を恨んで当然。良いぞ、我を憎むことを許す」

遠坂凛「…………」

ギル「して、どうする? この我に挑むか?」

遠坂凛「私がアンタに挑めば私は死ぬわ、今は」

ギル「今は? というと?」

遠坂凛「だから、いつかアンタを殺せるくらい強くなる! お父様以上の魔術師になってアンタを殺すわ、ギルガメッシュ」

ギル「これは傑作だ! 魔術師の童風情が、この我を殺すだと?」

ギル「はははははははははははは!! つまらぬ雑種ならば生かす価値もないが……遠坂凛、お前は時臣と違い中々に我を興じさせる」

ギル「良かろう。我に殺意をもつことを許す。その殺意を熟成させ練磨させ、いずれ我に挑むと良い」 

遠坂凛「言われなくても、そうするわよ」

ギル「安心しろ遠坂凛。我はもう本気を出さぬ」

ギル「やはり王たる我が雑種共に本気を出すなど大人気ないのでな」

ギル「面白味にも欠ける。そう……」

ギル「慢心せずしてなにが王か!」



――――――FIN――――――
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(栃木県)[sage]:2012/08/12(日) 00:30:42.26 ID:wGcJuJce0
黄金率のお陰で凛さん金策の必要ないなww
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県)[sage]:2012/08/12(日) 02:44:12.40 ID:g8OfTXZGo
これはひどい
でも実際にバランスブレイカーだから困る
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 20:04:06.19 ID:IAcN4Sr00
――――――第五次聖杯戦争編


ギル「おい言峰、もう全てのサーヴァントは召喚されたのか?」

言峰「ああ。先日、凛がそのマスターと共に連れてきた。最後のサーヴァントであるセイバーを引き攣れてな」

ギル「確認するが……セイバーは騎士王なのであろうな?」

言峰「その問いには是と答えよう。私は直接見てはいないがランサーの目を通してその姿は確認している。あれは間違いなく10年前に召喚されたセイバーだ。ただし」

ギル「ただし?」

言峰「能力値は随分と下がっていたようであるがな。いや無理もないか。セイバーのマスターである衛宮士郎は魔術師としては三流……いや四流。あれではセイバーに十二分な魔力を供給することもできまい」

ギル「"衛宮"か。クククッ。そうか衛宮か。道理でその笑みに愉悦を張りつかせているわけだ」

言峰「これはいかん。感情が表に出るとは……神父として恥ずべきことだ」

ギル「そういう割に恥じ入っているようには見えんぞ? これは不埒な坊主もいたものだ。しかし貴様はどうするのだ言峰?」

言峰「なにがかね?」

ギル「監督役でありながらサーヴァントを使役し、貴様はなにをする算段だ?」

言峰「私はただ聖杯を担うに相応強い者を選定しようというだけ。あの衛宮士郎が聖杯を担うに相応しいのであればアレに渡そう。他に適応者がいるのであれば、その者に渡そう。他意はない。ランサーはその為だけの道具だ」

ギル「ではこの我が聖杯を使おうとしたのならば―――――貴様はどうする気だ?」

言峰「……ラインが消失している。成程。ギルガメッシュ、令呪の縛りを」

ギル「然り。あの程度の戒めが解けずして英雄共の王などとは名乗れまい。言峰、大義であったが貴様にもう用はない。これは我の決定である、仮初とはいえ我がマスターとなった幸運に歓喜し死を受け入れよ」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/12(日) 20:07:20.48 ID:zWReJYtIO
謳え雑念ってどういう意味?
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 20:14:30.83 ID:IAcN4Sr00
――――――ランサー編



言峰「ランサー」

ランサー「…………言峰、まさかテメエがこんな奴を飼い慣らしていたとはな。訊いてねえぞ」

言峰「口を動かすな。令呪をもって命じる、ギルガメッシュを足止めしろ」

ランサー「チッ。足止めとはな、クランの猛犬も軽く見られたもんだ。俺があいつに敵わねえとでも?」

言峰「不満があるのなら己が力で証明することだ」

ランサー「……いいだろう。しかし令呪を全て使い切ったという意味、貴様は理解しているだろうな」

言峰「勿論だとも」

ギル「我を相手するのはそこな犬か」

ランサー「ほう。貴様、俺を犬と呼ぶか?」

ギル「よい開幕だ。死に物狂いで謳え雑念」

ランサー「なに?」

ギル「分からぬか。我は本気で貴様を……いや此度の儀礼に招かれしサーヴァントを沈めてやろうというのだ」

ギル「我とてこのような気紛れは一生に一度あるかないかでな」

ギル「英雄王の本気を垣間見れること、その全命をもって感謝しろ」

ギル「取り敢えず……お前に有効と思われる宝具を100ほど見繕った」

ランサー「は?」

ギル「喰らえ! 全段発射ァ!」バンバンバンバンッ

ランサー「ちょ、そりゃ卑怯だろうがぁぁぁあああああああ!!」ドゴーン

言峰「ま、マーボー!」マーボー

ギル「フハハハハハハハ! 他愛ないものだ! 我を相手に一分も持ち堪えられんとはな」

ランサー「」コテン

言峰「」コテン

ギル「さて。次はライダー辺りでも消すとするか」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 20:22:21.92 ID:IAcN4Sr00
――――――ライダー編


ギル「十年前から相変わらずヴィマーナの乗り心地は良い。流石はこの我の秘宝が一つよ」

ギル「………………」

ギル「我が一人で喋ってもテンポが悪いな」

ギル「ここは間桐家でツッコミ役というやつを用意せねばなるまい」

ギル「ムッ! 間桐家が見えた」

ギル「前にも言った様な気がするが我の財を舐めるなよ」

ギル「我は古代インドの超兵器までもをフルコンプしているのだ!」

ギル「古代インドの焼夷弾を受けるが良い」バンバンバンッ

間桐臓硯「間桐家500年の夢がぁぁあああああああ!!」ジュー

桜「助けて、せんぱぁぁぁぁぁぁあぁぁあああいい!!」ジュー

ライダー「人気投票で桜に負けたぁぁああああああああああ!!」シュウ

ギル「フン。呆気ないものよ。…………むっ!」

慎二「ひぃぃぃぃぃいいっぃいい! た、助け!」

ギル「丁度良い。あのワカメを同行人として召し抱えるとしよう」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/12(日) 20:23:52.63 ID:XLs8iy/q0
やっぱワカメかww
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 20:29:51.36 ID:IAcN4Sr00
――――――アサシン編


ギル「次は柳洞寺の魔女とその下っ端でも討つとするか」

慎二「なんで僕まで同行しないといけないんだ?」

ギル「我の一人語りで進めるのはややテンポが悪いのだ」

ギル「そも我が一人、虚空に向かって喋っていたら我が頭のおかしい人間と勘違いされるではないか?」

慎二「……………まあいいや。おいギルガメッシュ、柳洞寺が見えたぞ」

ギル「フン。あそこにいるアサシンはキャスターの反則により召喚されたサーヴァントであるが故にあの山門から動くことができんのか。なんとも情けないサーヴァントがいたものだ」

慎二「だけどライダーがあのアサシンは剣術の達人とか言ってたけど」

ギル「戯けが。動けぬのであれば遠距離から攻撃すれば役立たずではないか。喰らえ一斉発射!」バンバンバンッ

小次郎「む、無念」コテン

ギル「雑魚め」

慎二「これはひどい」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 20:34:36.30 ID:IAcN4Sr00
――――――キャスター編


ギル「山門にいたアサシンは滅した」

慎二「次はキャスターだけど、どうするんだよ。キャスターってギリシャ神話の裏切りの魔女メディアなんだろう? 普通に襲っても逃げられるんじゃないのか?」

ギル「ワカメにしては勘が良いではないか。しかし我の財にあるのはなにも武具だけではない」

ギル「境界内のものを現世と切り離す結界宝具も我が財にはあるのだ」

ギル「キャスターが如何な魔術を遣おうと、もはや柳洞寺は一つの隔絶された世界。魔法を用いねば脱出は不可能よ」

慎二「もうなんでもありだなおい」

ギル「そして魔術を喰う剣や槍のみを120ほど見繕った。これを!」

慎二「これを?」

ギル「一斉発射だ!」バンバンバンッ

慎二「やっぱりかよぉぉぉぉぉぉおぉぉお!!」

キャスター「宗一郎様ぁぁああああああ!!」シュウ

葛木「……がはっ」バタン

慎二「キャスターが死んだ!」

慎二「この人でなし!」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 20:46:01.95 ID:IAcN4Sr00
――――――バーサーカー編


慎二「これでランサー、アサシン、ライダー、キャスターが脱落か」

慎二「全部のサーヴァントが揃って聖杯戦争が始まったのって今日なんだけどな」

慎二「なんでもう半分サーヴァントが脱落してるんだ」

ギル「ハハハハハハハ! 油断慢心を捨て大人の事情と主人公補正から解き放たれた我の実力よ!」

慎二「うわー」

イリヤ「……貴方達、誰? そんなものでアインツベルンの城に乗り込んでくるだなんて」

ギル「何を言う? 我は貴様共もよくしるサーヴァントであろうに」

イリヤ「違うっ。私はあなたなんか知らない」

慎二「誰? このロリッ子?」

ギル「今代の聖杯の器だ。時代も動いているものだ、前回の器よりも出来が良い」

イリヤ「私の知らないサーヴァントなんていらない! やりなさいバーサーカー!」

バーサーカー「■■■■■■ッ!」

ギル「貴様を十二回も殺すのは尺の無駄使いなのでな! 早々に失せろ!」



エ ヌ マ ・ エ リ シ ュ
ギル「天 地 乖 離 す 開 闢 の 星!」


バーサーカー「■■■■」シュゥ

イリヤ「そんな……バーサーカー!」

ギル「さて。貴様の心臓は頂いていくぞ」

イリヤ「かはっ」コテン

ギル「ギリシャ最大の英雄か。その名は決して名前負けではなかったようだな」

ギル「なにせこの我を相手に三分もたせたのだから上々よ!」

慎二「スーパーサイヤ人とヤムチャの戦いだ……もう」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 20:59:41.59 ID:IAcN4Sr00
――――――アーチャー編


ギル「贋作者。我が消すべきサーヴァントはもう貴様を残すのみだ」

凛「まさかこんな奴がいたなんて……」

アーチャー「凛、下がっていたまえ。アレは私が倒す」

ギル「醜い贋作しか生みだせぬ雑種がこの我を倒す? 吼えるな雑種。贋作は決して真作には勝てぬ」

アーチャー「それはどうかな」

アーチャー「偽物が本物に劣ると誰が決めた」

凛「アーチャー」

アーチャー「ところで凛。一つ確認していいかな?」

凛「えっ?」

アーチャー「時間を稼ぐのはいいが、別にアレを倒してしまっても構わんのだろう?」

ギル「よくぞ言った雑種!」

慎二「ワー、セントウガハジマッター」ボウヨミ

アーチャー「I am bone of my sw……省略……unlimited blade works!」

慎二「あれ? 世界の景色が変わっていく。これは」

ギル「固有結界。それが貴様の能力か」

慎二「僕の台詞がとられた!?」

アーチャー「ご覧の通り、貴様が挑むのは無限の剣。剣戟の極地! 恐れずしてかかってこい!!」

ギル「戯けが! 贋作者、貴様が投影できるのは剣、他には防具か槍・弓矢が精々」

ギル「我が財の数々、投影できるのであればしてみればいい!」

アーチャー「なっ! それは古代インドの核兵器!」

凛「卑怯よ! そんなの!」

アーチャー「……私の投影魔術は、こういった兵器は投影できん」

ギル「これで三度目になるが我は古代インドの超兵器までコンプリートしているのだ! 消えよ! 核ミサイルアタック!」バンバンバンバンッ

アーチャー「ぬぅぉぅぅぉおおおおおおお!!」シュウ

凛「きゃぁあああ!!」コテン

慎二「こ れ は ひ ど い」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 21:04:37.96 ID:IAcN4Sr00
――――――セイバー編


ギル「迎えに来たぞセイバー」

セイバー「あ、貴方はアーチャー!?」

士郎「セイバー、あいつを知っているのか?」

慎二「僕もいるよー」

セイバー「彼は前回の聖杯戦争でアーチャーとして召喚されたサーヴァントです」

士郎「何でそんな奴がこんなところに」

慎二「おーい無視するなよ衛宮。僕もいるんだからねー」

ギル「細かいことはいいのだ! 時間の無駄だ!」


エ ヌ マ ・ エ リ シ ュ
ギル「天 地 乖 離 す 開 闢 の 星!」

エ ク ス カ リ バ ー
セイバー「約 束 さ れ た 勝 利 の 剣!」


セイバー「そ……そんな。私のエクスカリバーが……うわあああああ!!」グワン

士郎「うおおおおお!!」バタン

ギル「I am №1!」

慎二「所要時間11時間21分か。たぶん聖杯戦争の最短終了記録を大幅更新だろうな」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(秋田県)[sage]:2012/08/12(日) 21:10:05.04 ID:edEf2Cfro
古代インド万能説
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(埼玉県)[saga]:2012/08/12(日) 21:18:22.71 ID:IAcN4Sr00
――――――この世全ての悪編


セイバー「うぅ……ここは?」

ギル「起きたかセイバー」

セイバー「アーチャー! ここは一体……あれは」

この世全ての悪「」ドクンドクンッ

ギル「ククククッ、どうだ? 貴様が望みに望んだ聖杯を目にした気分は?」

セイバー「あれが聖杯だと? そんな……私は、あんなもののために」

ギル「おっと自害はさせんぞ。そら」グイ

セイバー「が、ぐぁあ!!」ゴクリ

ギル「聖杯から零れおちた泥だ。このギルガメッシュが十年前に飲み干したものと同じ、な」

セイバー「……ど、泥……だと?」

ギル「なに恐れることはないぞ。それを飲み干したのならばお前は我と同じになれる。再び肉をもち、この世の生を謳歌できよう」

セイバー「ぐぅ……がは、はぁ……」

ギル「さあその目を見開き括目せよ。これから起きる事をな。この世全ての悪よ。我の命である、存分に世の人間を間引いてこい!」

この世全ての悪「ォォォォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

セイバー「止めろ英雄王! 何をする気だ!?」

ギル「知れたこと! 人間どもは数を増やし過ぎた。この世に再び王として君臨するにしても先ずはその数を適度な数まで間引かねばなるまい?」

セイバー「貴様!」

ギル「まだ貴様の飲むべき泥は無くなってはおらんぞ。そら」

セイバー「が、ぁああああああああああああ!」

ギル「――――つまらぬな。苦労して手に入れた貴様も、こうして手に入れてしまえば色あせる」

ギル「おい女。精々我の費やした労力の分程度は我を満足させよ」

ギル「クククククッ、フハハハハハハハハハハハハハハハッハハハハハハハ!!」

慎二「あれ。なんか僕、生き残ってるよ」



――――――FIN――――――
54VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/12(日) 21:19:40.09 ID:uQZaRoZSO
これは下手したらEXTRAの鯖128騎すら一日で落とす勢いやでぇ……
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸)[sage]:2012/08/14(火) 12:04:52.04 ID:ML3wf1oAO
このギルガメッシュはヤバいな
63VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/08/14(火) 14:37:48.85 ID:WGH5q6nN0
ただエクストラは主人公鯖だとオールEなんだよな
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。