ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊織「くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」


http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20120101_2972863.jpg
1
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:15:03.17 ID:KaotzmcQ0

伊織「・・・って何なのかしら?」

P「へ?いきなり何だよ」


伊織「ニコニコ動画ってサイトあるじゃない?」

P「あぁ。俺もチェックしてるよ」

伊織「そうなの?」


SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1366906502
2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:16:31.35 ID:KaotzmcQ0

P「アイドル達の違法アップロード動画が無いかチェックするだけだけどな」

伊織「あんた、ちゃんと仕事してるんでしょうね?」

P「当たり前じゃないか。著作権の侵害に該当する動画は視聴止めてもらってるし」

伊織「私の動画とかたくさんあるんだけど?」

3VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:17:15.62 ID:KaotzmcQ0

P「あーあれは微妙な所なんだよなー」

伊織「微妙?」

P「社長とも相談したんだが、ある程度は黙認する事にしてる」

伊織「なんで?」

P「アイドル達の宣伝にもなるし」
4VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:18:08.47 ID:KaotzmcQ0

伊織「実益があるならって事ね?」

P「そ。まぁ、アイドルのイメージダウンに繋がる様なのは即通報」

伊織「この前、小鳥が仕事中にモニター見ながらキマシタワーって叫んでたけど…」

P「教えてくれてありがとう。後でお仕置きしとくわ」

小鳥(ビクッ
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:19:27.77 ID:KaotzmcQ0

P「それで、何の話だったっけ?」

伊織「ニコニコ動画って動画に対してコメント出来るじゃない?」

P「あぁ、アオり文みたいなやつな」

伊織「小鳥がニコニコ動画に私の動画があるから見てみたら?って言うから見てみたの」

P「ほうほう」
6VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:20:32.73 ID:KaotzmcQ0

伊織「そしたら私の顔がアップになった瞬間────
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/26(金) 01:21:14.76 ID:0fULzLvD0
くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!


9VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:23:48.82 ID:KaotzmcQ0

伊織「───ってみんなで私の見せ場を邪魔するのよっ!?」

伊織「この伊織ちゃんのとびっきりの笑顔がコメントに掻き…消されて…」

伊織「私…あんなに、みんなに嫌われてる…とは思わなくて…それが…ぐすっ」ポロポロ


P「・・・音無さん?」ユラ

小鳥「ぴよっ!?」ビクッ

小鳥「ち、ちがっ!」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:24:58.86 ID:KaotzmcQ0

小鳥「それはきっとみんな愛故に・・・」


伊織「愛?・・・ぐすっ」

小鳥「そう!愛なのよっ!」

伊織「私…嫌われて無い…の?」

P「小学生にありがちな好きな子ほどイジメてしまう的な?」

小鳥「それですっ!」b
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:26:14.29 ID:KaotzmcQ0

伊織「・・・くぎゅは?」

小鳥「それはちょっと分かんないかなーって」

P「何かの符丁なのか、ファン達の合い言葉なのかも知れないな」

小鳥「ちょっと調べてみましょうか?」

伊織「いえ。嫌われてないならもう良いわ。ぐすっ」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:27:16.31 ID:KaotzmcQ0

P「伊織…よしよし」ナデナデ

伊織「な、なに気安く私の頭撫でてるのよっ!」パシッ

P「いや、つい可愛くて」

伊織「か、可愛いって……へ、変態!ド変態!変態大人!」

P「す、すまん…」シュン

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:28:07.20 ID:KaotzmcQ0

伊織「あ…」



伊織「ま、まぁ、撫でたいなら、その…もうちょっと撫でても良い…わよ…?」///////

14VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 01:30:43.52 ID:KzVA2+5I0

─────そうか



─────────これが


        
        
        







        くぎゅうか。
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:08:11.41 ID:rqMrtuaq0
ある日の事務所。


亜美「たっだーいまーん☆」バーン

あずさ「ただいまもどりました~」

伊織「ただいま・・・」

P「おぅ、お帰り・・・?」事務仕事中
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:11:05.06 ID:rqMrtuaq0

P「律子、ちょっと良いか?」

律子「あ、はい」



P(なんか、伊織元気無いっぽいけど?)ヒソヒソ

律子(ちょっと仕事でミスしちゃって)ヒソヒソ

P(伊織が?珍しいな…)ヒソヒソ
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:12:09.78 ID:rqMrtuaq0

律子(まぁ、周りのフォローのお陰で事無きを得たんですけど…)ヒソヒソ

律子(どうも、そのフォローのせいで余計落ち込んじゃったみたいで……)ヒソヒソ

P(なるほど。伊織らしいっちゃらしいな)ヒソヒソ

律子(なんとか励まして貰えませんか?)ヒソヒソ
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:13:25.02 ID:rqMrtuaq0

P(分かった)ヒソヒソ

律子(恩に切ります)



律子「じゃあ私はあずささんと亜美と次の仕事に行ってきます!」

P「あぁ。気をつけて」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:14:29.20 ID:mYgUPUGZ0

亜美「えー!ちょっと休憩してからにしよーYo!?」

あずさ「あらあら」

律子「何言ってんのよ!亜美は車の中で休憩出来るでしょうがっ!?」グイッ

亜美「」ニャー

あずさ「あらあら、律子さんったら…」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:15:22.94 ID:mYgUPUGZ0

律子「伊織?アンタもあんまり落ち込んでも仕方無いんだからね?」

律子「ちゃんと気持ち切り替えときなさいよ?」



ドア(バタン)


伊織「・・・分かってるわよ」

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:16:17.16 ID:mYgUPUGZ0


P「まぁ、なんだ・・・失敗は誰にでもある。気にするな」

伊織「そんなのアンタに言われ無くても・・・分かってるわよっ!」

P「伊織・・・泣くほど悔しかったのか?」

伊織「な、泣いてなんか…無いわよ…グスっ」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:17:21.66 ID:mYgUPUGZ0

P「ちょっと、こっちに来て」

伊織「な、何する気?」

P「良いから」ギュッ

伊織「ちょ、そんなに強く引っ張ら───きゃっ!?」

P「伊織は頑張り過ぎだと思う」ダキッ
29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:18:23.18 ID:mYgUPUGZ0

伊織「りっ、リーダーだから当然よっ!」

P「周りのフォローが嫌だったのか?」

伊織「っ!だって、私がフォローする立場なのにフォローされたなんて…」

伊織(そんなの…格好つかないじゃない…)

P「伊織?アイドルが格好つけてどうするんだ?」
30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:19:12.54 ID:mYgUPUGZ0

P「格好つけるのは真の仕事だよ」キリッ

伊織「アンタ、それ真に言ってみなさい?ぶん殴られるわよ?」

P「伊織がそれで責任を感じなくなるなら甘んじて受けよう」

伊織「…アンタ、馬鹿じゃない?」

P「うん」
31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:20:01.33 ID:mYgUPUGZ0

伊織「それも、とびっきりの馬鹿ね!にひひっ♪」

P「おっ、元気になったか?」

伊織「まぁ、ね?…で、でも別にアンタのお陰って訳じゃ無いんだから、か、勘違いしないでよね!?」

P「あはははは」

伊織「何笑ってんのよ!ムカつくっ!」ゲシッ
32VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:20:36.32 ID:mYgUPUGZ0

P「あはは!もう大丈夫そうだな。って、急に抱き締めて悪かったな」

伊織「そ、そうよ!いい加減離しなさいよ!この変態っ!」

P「はっはっはっ。じゃあ変態で良いからこのまま抱き締めてて良い?」

伊織「───ばっ、ばっ、馬鹿じゃないの!?この変態!ド変態!変態大人!」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:21:39.09 ID:mYgUPUGZ0

P「じゃあ、はい」パッ

伊織「あっ…」

P「ん?」

伊織「そ、その……別に、あんたの言葉に感謝して無いって訳じゃ無いし…」

伊織「もう少しだけなら抱き締め…させて上げても、良いわよ….///////」カーッ
34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:22:22.77 ID:mYgUPUGZ0




──────そうか。


─────────これが。



35VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:23:18.99 ID:mYgUPUGZ0




伊織「その代わり…優しく、ぎゅって…して?」






36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/26(金) 05:27:09.12 ID:mYgUPUGZ0
くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅ
   くぎゅうううううううううううう
 くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ  くぎゅうぅぅぅぅぅ
    くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅくぎゅうぅぅぅぅぅ
 くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
        くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
      くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
   くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅくぎゅうぅぅぅぅぅ
くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:27:58.77 ID:mYgUPUGZ0


P「くぎゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううっうー!」ガバァッ




\キャッ!ちょっとドコ触ってんのよスケベ/

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:30:02.33 ID:mYgUPUGZ0


小鳥(そうか────)



──────これが。










          孤独か。






39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/04/26(金) 05:31:40.91 ID:mYgUPUGZ0
ID変わってたわ。

今度こそ終われ。


むしろ今は後悔してる。
りします[sage]:2013/04/26(金) 21:19:40.71 ID:BJC8W+UEo
落ちワロタ
くぎゅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。