ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「小梅ーどこいった?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/98745.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:09:30 ID:PrK1qzQ90

モバP「小梅? トイレか?」

小梅「あ、こっち……」

モバP「……押し入れ開けてなにやってんの? なんか俺のおもしろアイテムとかある?」

小梅「う、ううん。なにか…いるかなって」

モバP「この家にはなにもいないはずだよ!」

小梅「そ、そうだね…ふたりきりだね、ね…?」






5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:15:17 ID:PrK1qzQ90

モバP「あれ? 今日はあの子いないな」

小梅「う、うん…外で、待ってるって」

モバP「あぁー魔除けグッズ置いてあるもんなぁ。ごめんごめん」

小梅「だいじょうぶ……そ、それに、今日は、特別…だから」

モバP「おーそうだぞ! 誕生日だからなぁ」

小梅「ほ、ホラー映画、観るんだよね…?」

モバP「そうそう。さっそく観る?」

小梅「ううん…ここ、おもしろい…」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:22:55 ID:PrK1qzQ90

モバP「押し入れ、なんかそんな面白いもん入れてたっけ?」

小梅「これ…の、呪いの人形…?」

モバP「そうそう。なんか東南アジアのほうにいったときにな、呪術マーケットみたいなとこで買った」

小梅「いい…感触、してる」

モバP「それどうなの? ニセ物だろ」

小梅「うん…でも、ちいさいのが、やどってる…」

モバP「えーマジか。押し入れのなかには魔除け聞いてないのかな」

小梅「た、たぶん…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:29:16 ID:PrK1qzQ90

モバP「え、これはこれは? これあるから大丈夫じゃないの」ゴソゴソ

小梅「破魔矢……からっぽ」

モバP「マジか!?」

小梅「古いものだから…かな…?」

モバP「あーそっかぁ、何年も前にもらったやつだもんな」

小梅「ば、場所も…」

モバP「あぁ、押し入れにつっこんでたらダメかぁ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:35:39 ID:PrK1qzQ90

モバP「見て見て、藁人形!」

小梅「ほ、本物、はじめてみた…」

モバP「これはなかなかだろう」

小梅「でも、だ、誰も、呪ってない、よね?」

モバP「そりゃ呪ってないよ! 呪うひとがいないもん」

小梅「う、丑の刻参りには、相手の、か、髪とか、いれなきゃ、だめ…」

モバP「あ、そっか。だからまだただの藁人形なんだ」

小梅「そう…たぶん」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:42:27 ID:PrK1qzQ90

小梅「これは…?」

モバP「魔道書(笑)だよ。グリモワール! かっこよくない?」

小梅「わぁ…あ、あれ、あたらしい…?」

モバP「はは、最近の印刷物だからな」

小梅「こっち…う…?」

モバP「これ? これは心霊写真ファイル!」

小梅「なんか……ぴりぴりする…?」

モバP「マジ!? 本物あるのかな」ワクワク


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:47:11 ID:PrK1qzQ90

小梅「わ、わからない…けど、見てみても、いい…?」

モバP「もちろん! えーどれかなぁ」

小梅「……」パラパラ

モバP「これは廃ホテルのやつだな。オーブめっちゃ写ってる。こっちは神社。雰囲気よくない?」

小梅「……? ちがう…」

モバP「違いますか先生。夜の神社クソ怖かったんだけどな」

小梅「……これ…」

モバP「ん? あれ、なんでこれがここに入ってるんだろ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:52:25 ID:PrK1qzQ90

モバP「これ、友達とトレッキングにいった時の写真だよ。おー懐かしいな」

小梅「……ともだち、何人で…?」

モバP「え? 見たらわかるだろ。四人で行ったんだよ」

小梅「………」

モバP「………。えっ? いち、に、さん、し……ご」

小梅「五人、だよね…?」

モバP「えっ? あれ? 四人だったよな? え?」

小梅「だ、だいじょうぶ…?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 22:59:42 ID:PrK1qzQ90

モバP「え……高橋だろ、俺だろ、石塚だろ、奈良だろ、小西だろ。五人、だったっけ?」

小梅「みんな…しってる、ひと?」

モバP「おう。学生のときはよくつるんでて…このとき、奈良の運転で山に、あれ? たしか軽だったような…」

小梅「?」

モバP「軽自動車は定員が四人なんだよ。軽で五人なんて…」

小梅「…お、おぼえちがい、じゃ」

モバP「ちょっと待って。電話して確認してみる」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 23:13:40 ID:PrK1qzQ90

モバP「ん…? ない。ないぞ、えっ? あれ?」

小梅「な、なにが…?」

モバP「石塚のアドレスがない。なんでだ? と、とりあえず奈良に…」

prrrr prrrr

モバP「おー奈良、久しぶり、あのさーちょっと聞きたいことがあって」スタスタ

小梅「……」パラパラ

モバP「だよな。軽自動車だったよな。え? 四人…だよな」

小梅「……」パラパラ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 23:18:08 ID:PrK1qzQ90

モバP「はぁ? 石塚だよ! い・し・づ・か! 居ただろうが!」

小梅「っ」ビクッ

モバP「…すまん。あぁ、わかった。おう、またな」

小梅「ど、どう…」

モバP「石塚なんて知らないって。そんなやつ友達にいないって」

小梅「え……」

モバP「どういうことだよ…。勉強も、実習も、遊びも旅行も一緒だったはずなのに…!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 23:22:07 ID:PrK1qzQ90

モバP「スケートでナンパしてフラれたのがずっと笑い話だったんだよ。そのあと滑らないでずっと座ってんの。笑えるだろ」

小梅「えと…写真とか…」

モバP「それだ」ガバッ

モバP「アルバム…どこだ。これか。これだ。石塚…石塚、どこだ」

小梅「う、写ってる…?」

モバP「いない。いない。いない。いないぞ。どうなってんだ。四人だけだ」

小梅「……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 23:29:25 ID:PrK1qzQ90

モバP「いねえ、いねえよ、どこにも! えっ、なんだこれ。なんでだ」ポイッ

小梅「え、えっと…」

モバP「いなかったのか? 石塚なんて、いなかったのか? え? うそだろ?
    なんだよこれ、トレッキングの記憶は? スケートの笑い話は?」

小梅「だ、だいじょうぶ…?」

モバP「嘘だ、ありえねえ、俺がおかしいのか? 俺? え?」ガクリ

小梅「Pさん…?」

モバP「小梅、小梅、俺、なんかに取り憑かれてるのか? なぁ」

小梅「え…う、ううん…なにも…」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 23:36:47 ID:PrK1qzQ90

モバP「そうだよな? そうだよな。そうだよ、気のせいだろ。そんなバカな…」

小梅「あ、あの…」

モバP「あぁごめんな。よし! 小梅、DVD観ようぜ! な!」

小梅「うん…」

モバP「飲み物準備してーカーテン閉めてー」

小梅「で、電気、消すの…?」

モバP「そりゃそうだよ。ホラー映画観る時はそれがいいって言ったのは小梅だろ?」

小梅「そう、だけど…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 23:47:32 ID:PrK1qzQ90

モバP「ほら座って座って。いいか、電気消すぞー」

小梅「は、はい」

モバP「よしっ。あー楽しみだなー」パチンッ

小梅「うん、そ、そう、だね…」



カチッ カチッ カチッ

コツ… コツ… コツ…

小梅(さっきからPさんの貧乏揺すりが止まらない……)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28 23:55:24 ID:PrK1qzQ90

キャアアアアア ゴン! ゴン!

ズル… ズル…

モバP「………」

小梅「…え、えっと、終わった、よ?」

モバP「あ、あぁ。そうだな」

小梅「おもしろかった…ね、ね?」

モバP「…ああ。そうだな」

小梅「………」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 00:01:57 ID:tNEHp+zz0

小梅「あの…、こ、こわかった?」

モバP「あいつだ」

小梅「え」

モバP「石塚が。石塚がいるんだ」

小梅「ど、どこに……?」

モバP「そこだ、そこだよ! 見えないのか!? そこに立ってるだろ!」

小梅「え、み、見えない…いない、よ…?」

モバP「嘘だろ!?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 00:08:02 ID:tNEHp+zz0

モバP「おまえなんなんだよ! 誰なんだよ!」

小梅「!」ビクッ

モバP「消えろ! 消えろよ! 消えろよおおおお!」

小梅「……っ!」

モバP「くそっ、くそっ、くそっ! 消えろッ!」

ヴー ヴー

モバP「!」

小梅「……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 00:13:23 ID:tNEHp+zz0

モバP「………」ポチポチ

小梅「……?」

モバP「……はは。見ろよ、これ」チラッ

小梅「……」

『ドッキリ大成功!』

小梅「………」

モバP「………」

小梅「え……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 00:26:34 ID:tNEHp+zz0

モバP「あはは、そんなぽかんとすんなよ。嘘だよ」

小梅「う、そ…?」

モバP「俺の演技、そんなに上手かった? 自信ついたよ」

小梅「どうして…」

モバP「誕生日プレゼントさ! 小梅を怖がらせるサプライズ!」

小梅「サプ、ライズ…ど、どきどきした…」

モバP「マジか、よっし! 奈良に協力をしてもらった甲斐があったよ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 00:33:05 ID:BOhjYN5T0

モバP「さてそろそろ帰る時間だな。送るよ」

小梅「う、うん……」



モバP「うっし、着いたな」

小梅「ありがとう…」

モバP「まぁ待て小梅」

小梅「……?」

モバP「これ、なーんだ?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 00:43:49 ID:BOhjYN5T0

小梅「リボン…で結ばれた箱…」

モバP「プレゼントだよ!」

小梅「え? プレゼントは、さっき…?」

モバP「そんだけなわけないだろー。ほら、開けてみてくれ」

小梅「うん…」シュルッ

小梅「これは……、ピアス…?」

モバP「そう。これ着けたら、可愛い小梅がもっと可愛くなるぞ!」

小梅「つ、着けてみる…」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 00:52:29 ID:BOhjYN5T0

小梅「どう、かな…?」

モバP「可愛い! やっぱりな! 完璧だよ小梅。すげえ可愛い!」

小梅「い、言い過ぎ…」

モバP「何言ってんだ、 言い足りないくらいだよ。可愛いぞ小梅!」

小梅「うぅぅ……」

モバP「誕生日おめでとう、小梅」

小梅「…あり、がとう…っ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 01:01:15 ID:BOhjYN5T0

モバP「それじゃあ、また明日な」

小梅「うん…。……Pさん」

モバP「どした?」

小梅「あの、すごく…すごく嬉しい…から、Pさんに、いっぱい、ありが…とう…えへへ」

モバP「…うん、こちらこそ、ありがとうな。小梅」

小梅「おやすみなさい…っ!」ガチャ タタッ

モバP「よし、帰るかー」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 01:03:48 ID:BOhjYN5T0

ガチャ

モバP「ふう。ただいまー」

prrrr prrrr

モバP「誰だ? もしもし?」

モバP「……え?」


モバP「――石塚?」




おしまい


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 01:05:31 ID:Ncjiw7rb0

世にも奇妙な小梅ちん乙


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 01:06:46 ID:c5q8K/3u0

何これ地味にこわい


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29 01:07:34 ID:BOhjYN5T0

ありがとござましたー 画像先輩どもども
なんでスレ内でもモバPって書いたんだ…
鯖もPCも不調で困った困った

日付変わっちゃったけど、小梅誕生日おめでとう!



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364476170/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。