ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナー「そろそろ俺たちも卒業だな」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/o0500050012530165505.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:23:44 ID:QaCo26RQ0

ライナー「そろそろ俺たちも卒業だな」

アルミン「そうだね、あと少しで僕たちも離れ離れだね」

エレン「そうだなー、長かったけどようやく調査兵団に合流できるぜ」

コニー「つーかお前ら調査兵団組は今までのままでいいのか?」

ライナー「コニー、藪から棒になんなんだ?」

コニー「だってお前らは死地に自分から向かうわけだろ? 明日死んでも悔いとか無いわけ?」

エレン「何が言いたいんだよ」

ジャン「コニーにしては回りくどいな、さっさと言えよ」

コニー「だからさ、やり残した事とか無いのかって言ってんだよ」

エレン「やり残した事?」





2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:25:26 ID:QaCo26RQ0

コニー「ああ、俺たちって訓練兵団に入ってから殆どここの中で生活してきただろ」

アルミン「そうだね、休日に街に出る以外は殆どここで生活して来た訳だし」

コニー「俺たちって、やってない事とかいっぱいあるんじゃねーか?」

ライナー「例えば?」

コニー「酒は飲んだことないし、賭博はした事ないし、それに」

ベルベルト「それに?」

コニー「俺たち童貞だろ? 女の子と付き合ったことも無いだろ?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:26:02 ID:QaCo26RQ0

ジャン「俺たちってなんだ俺たちって、一緒にすんな」

コニー「じゃあお前は付き合ったことあるのか?」

ジャン「そりゃ……俺はミカサ一筋だったし……」

コニー「ライナーは?」

ライナー「……無いな」

コニー「お前らは……無いよな?」

アルミン「残念ながら無いよ、エレンもないよね?」

エレン「あるぞ?」


一同「は!?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:26:38 ID:QaCo26RQ0

ジャン「どういうことだよてめぇ! まさかミカサと!?」

エレン「ミカサはまだだな」

アルミン「って事は……」

ライナー「今まで何人と付き合ってきたんだ?」

エレン「ひーふーみー……4人かな」

一同「は!?」

ライナー「詳しく聞かせて欲しいんだが」

エレン「えーやだよ、メンドくさい」

アルミン「ま、まさかとは思うけどクリスタとは……」

エレン「クリスタは3人目かな」

一同「はぁああああああああああ!?」

アルミン「……幼馴染として親友として詳しく聞きたいんだけど」

エレン「そこまで言うんだったら」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:27:37 ID:QaCo26RQ0

ベルベルト「最初は誰だったの?」

エレン「ミーナだな」

ジャン「ミーナか、セーフだな」

ライナー「何がだよ」

エレン「入団して最初の頃色鬼流行ったの覚えてるか?」

アルミン「あ、あったねそんな事」

エレン「きっかけはその時だな、確かトーマスだかが黒って言ったんだよ」

ライナー「あーあったな」

エレン「それでほら、自分が身につけてるものはダメだろ? それで探してたらミーナ見つけてさ」

アルミン「うん」

エレン「ミーナ黒髪で、俺も黒髪でちょうどいいな! でお互いの髪触りあったんだよ、そしたらサラサラでさ……ってこの話はいいか」

ライナー「それで?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:28:07 ID:QaCo26RQ0

エレン「で、あの時ってまだミーナの方が背デカくて、俺が見上げる感じになってたんだ、それでこう目が合ってるうちに」

ジャン「うちに?」

エレン「キスされた」

一同「はあああぁああぁ!?」

ライナー「ど、どういうことだよ」

エレン「さぁ? ミーナに後で聞いたけど、可愛くてついって言ってたし特に理由はないんじゃないか?」

ベルベルト「そ、それで?」

エレン「まぁキスしちゃった、つーかされたしそのままなんとなく?」

アルミン「エ、エレンが大人だった……」

ジャン「やべぇ、エレンが大きく見える……」

ベルベルト「なんだよ、なんとなくってなんとなくで付き合えるのかよ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:28:42 ID:QaCo26RQ0

アルミン「で、二人目は?」

エレン「サシャだな」

コニー「あの芋女と……」

アルミン「ちなみにきっかけは……?」

エレン「初めてお給金貰った時にさ、なにに使おうって考えてた時にサシャが外出許可貰ってるの見つけて

どこ行くんだーって聞いたら食べ歩きです! ってことだから俺も行くってことで出かけたのがきっかけだな

それから給料入ったらサシャと出かけて飯食ってって繰り返してるうちに仲良くなって」

アルミン「そ、そう」

ライナー「エ、エレンは見かけによらずやる男だったんだな……」

ベルベルト「し、知らないうちにそんな事になってたのか……」

アルミン「(どうしよう、このまま聞くと次はクリスタの出番だよ、聞きたくないけど知りたい)」

ライナー「(聞いたらショック受けるだろうけど、でも気になる……)」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:29:41 ID:QaCo26RQ0

ジャン「で、3人目はクリスタだったな?」ニヤッ

3人「!?」

エレン「あぁ、クリスタとは馬術の訓練で遭難しかけて一晩明かした時だな」

アルミン「あぁ、あの時……」

エレン「その時山小屋で過ごしたって言ったろ? その時火はロウソク1本だしそれじゃ寒いしでどうするかってなって

こ、こういう時は裸で抱き合うといいって何かで読んだってクリスタが言いだしたもんだから

抱き合ってたらな」

アルミン「……」

ライナー「……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:30:30 ID:jcwEH/920

ミカサ発狂フラグ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:30:31 ID:m3E1rBVc0

エレンたそ~


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:30:49 ID:QaCo26RQ0

ベルベルト「あ、あれ? その時ユミルも一緒じゃなかったっけ?」

エレン「あぁ、ユミルも一緒だったな」

コニー「ユミルも一緒に……?」

エレン「あぁ、1人余らすわけにもいかないだろ……」

ジャン「じゃあ4人目は誰だよ」

エレン「は? ユミルだろ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:31:42 ID:QaCo26RQ0

アルミン「ちょ、ちょっと待って?」

エレン「ん?」

アルミン「付き合ったんだよね?」

エレン「あぁ、突き合ったぞ?」

アルミン「クリスタと付き合ってそのあとユミルと付き合ったの?」

エレン「あぁクリスタと突き合ってその後ユミルと突き合ったな」

ライナー「お、お前って奴は漢だったんだな」

エレン「そうか?」

ベルベルト「多分、そんな暴挙に出る奴なんてウォールローゼ中探してもエレンだけだよ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:32:54 ID:mj4y7bxE0

心が痛い


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:32:55 ID:QaCo26RQ0

ジャン「ひとついいか?」

エレン「あぁ」

ジャン「お前、そんな取っ替えひっかえしてる割にはなんつーか普通に接してるだろ? 気まずくなんないのか?」

エレン「そりゃそうだろ? なんで気まずくなる必要があるんだよ」

ジャン「なんでってそりゃ……違うのか?」

エレン「他は知らないけどな、俺は特には」

コニー「俺らの知らない世界なんだよ、ジャン」

アルミン「どうして、その……別れちゃったの?」

エレン「別れた? 何ってんだ? 別れる必要なんて無いだろ」

アルミン「……え?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:33:33 ID:QaCo26RQ0

マルコ「おーい、エレーン! クリスタが呼んでるぞー!」

エレン「いっけね、そんな時間か、じゃあなお前ら」






アルミン「別れる必要がないってどういうことだろう」

コニー「分かんね、俺にはわかんねーよ」

ジャン「まぁ、ミカサとは何もなかったんだな、それだけは褒めてやる」

ライナー「クリスタ……」

ベルベルト「はぁ……」

アルミン「まさか……4股?」

ジャン「……まさかな」

ライナー「流石に無いよなー流石に」

ベルベルト「流石にね……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:34:09 ID:QaCo26RQ0

バタンッ!

「「エレンはいますか!」」


アルミン「サシャ、ミーナどうしたの? そんな慌てて」

ミーナ「あの、エレンは?」

コニー「エレンならクリスタに呼ばれてどっかいったぞ」

サシャ「チッ、ユミルとクリスタはやはりグルでしたか! 行きますよミーナ! まだ遠くに行ってないはずです!」

ミーナ「はい!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:35:44 ID:QaCo26RQ0

アルミン「まさか……そんな……」

ジャン「……」

ライナー「…‥・」

ベルベルト「‥・‥・」

ジャン「いや、んな訳ないだろそんな事あったらミカサが黙ってねーよ」

ライナー「ジャン、自分が負け認めてるって分かってるか?」

ジャン「だ、だってよ………」

アルミン「……ミカサはこの事知ってるのかな?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:36:31 ID:QaCo26RQ0

エレン「おい、ミカサ初めては痛いらしいから力抜けよ」

ミカサ「う、うん」

アニ「そ、そうなのか? ってどこ舐めてるんだクリスタっ」

クリスタ「ちょっと痛かったかな……ってユミルそこはっ」

ユミル「クリスタ可愛い声だして~誘ってるの?」

エレン「いくぞ、ミカサ(あー彼女欲しいなぁ)」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:37:32 ID:QaCo26RQ0

くぅ~疲れましたw


1時間で書いた、特にオチなしだったけどスマンな
満足したし寝る、お休み


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:38:23 ID:Xw4rYlXE0

え?僕のムキムキおぺにぺにはどうしたら良いの?


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 06:40:26 ID:jcwEH/920

俺の股間の奇行種をどうしてくれるんだ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 07:03:11 ID:ZVT0oCFy0

ライナーに慰めてもらうしかないな



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368393824/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。