ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レド「チェインバー、この星で『家族』を作ろうと思う」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/gargan0421_top.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:18:55 ID:YW0yPEBB0
レド「俺はこの星で『家族』を作ろうと思う」

チェインバー「……」

レド「チェインバーの意見は?」

チェインバー「貴官の意思決定に否定的である」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:22:08 ID:YW0yPEBB0

レド「お前のシステムで、活動状態にある俺の身体を永遠に維持できるわけではない」

チェインバー「同意する」

レド「現状、この星の座標計算にすら相当の時間を要し、本隊と合流する目途は立っていない」

チェインバー「同意する」

レド「とすればこの星の生活様式に順応して生きていくのが現実的な方策だ」

チェインバー「賛成はできないが、貴官がそのような方針をとることは妨げない」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:26:55 ID:YW0yPEBB0

レド「というわけでこの星でおこなわれている『家族』という生活様式を模倣したい」

チェインバー「理解した」

レド「『家族』は雌雄の配偶者と血縁関係に基づいて構成されるんだったな

   配偶者はどうやって決定されるんだ?」

チェインバー「旧社会において配偶者の決定方法は時代・地域によって異なっていたとされる

   当船団における方法は不明である」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:29:23 ID:YW0yPEBB0

エイミー「あ、レド! 今日の(チェインバーの)仕事は終わったの?」

レド「シツモンガアル」

エイミー「なあに?」

チェインバー(の通訳によるレド)「この船団では配偶者はどのように決定しているのか」

エイミー「はいぐうしゃ? 結婚相手ってこと? そんな、レド、私たちまだ出会って日も浅いし」

レド「……」

エイミー「レドったら私のことをそんなふうに…やだ…でもイヤじゃないよ私! むしろうれしいっていうか」

レド「エイミーはなにを言っているんだ」

チェインバー「理解する必要はない」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:33:59 ID:YW0yPEBB0

レド「デシツモンノコタエハ」

エイミー「答えって?」

チェインバー(の通訳によるレド)「この船団では配偶者はどのように決定しているのか」

エイミー「好きな人と結婚するんだよ。当たり前じゃない」

チェインバー(レド)「任意の異性を選んでよいということか」

エイミー「はい?」

チェインバー(レド)「配偶者は>>20に決定した」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:35:20 ID:A456Aoz/0

サーヤ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:37:08 ID:YW0yPEBB0

チェインバー(レド)「配偶者はサーヤに決定した」

エイミー「ええええええええええええええ」

レド「ドウシタンダ?」

エイミー「どうしたんだじゃないわよ! なんで今の話の流れで私じゃなくてサーヤなのよ。おかしいでしょ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:37:17 ID:Z8B+mBbd0

誰やねん


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:38:38 ID:0ecj+91cP

実際こういうベタベタな展開になりそうなんだが
宇宙戦争どこ行った


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:41:05 ID:YW0yPEBB0

チェインバー(レド)「任意の異性を選んだのみである」

エイミー「任意って誰でもいいってことだよね」

レド「ソウダ」

エイミー「じゃあわた……」

レド「?」

エイミー「いや、あの、なんでもない」

レド「……??」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:43:28 ID:YW0yPEBB0

エイミー(私ったら何言おうとしてるのよ! レドが結婚の意味をはき違えてるからって

     自分からレドに結婚してくれなんて言えるわけないじゃない。

     でもこのままじゃレドはサーヤと結婚しちゃう…)

エイミー「レドのバカ!」

レド「マッテ。サーヤハイマドコニイル」

エイミー「そんなの自分で探せばいいでしょ。その空飛ぶロボットで。ベーーだ!」



レド「エイミーはなぜ怒っていたんだ」

チェインバー「理解する必要はない」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:47:55 ID:YW0yPEBB0

レド「よし、サーヤを探そう」

ピニオン「よお、エイミーが泣きそうな顔して飛んでったが、お前何かしたのか?」

レド「ナニモシテイナイ。サーヤハイマドコニイル」

ピニオン「サーヤ? そりゃメッセンジャーの仕事だから店に行けばそのうち戻ってくるだろう」

レド「アリガトウ」

ピニオン「サーヤに何の用なんだ」

レド「ケッコンスル」

ピニオン「は?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:50:03 ID:YW0yPEBB0

――メッセンジャーたちのいるおみせ

メルティ「あ、イケメン宇宙人!」

サーヤ「エイミーなら今戻ったところよ」

エイミー「……」

レド「サーヤ」

サーヤ「え?」

レド「サーヤ」

サーヤ「私に何か用なの」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:53:11 ID:YW0yPEBB0

チェインバー(レド)「君と婚姻関係を結びたい」

サーヤ「ええ!?」

メルティ「ヒューヒュー、熱いね」

サーヤ「ちょっと、メルティったら!」

エイミー「……」

チェインバー(レド)「君と『家族』を作りたい」

サーヤ「家族ってそんなこと急に言われても」

レド「ダメナノカ」

サーヤ「あなたはエイミーと仲がよいのかとばかり思っていたわ」

レド「エイミーハカンケイナイ」

エイミー「……(プチッ)」

メルティ「あ、ちょっとエイミーどこ行くの?」

エイミー「仕事が残ってたの忘れてた」バタバタ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 19:58:27 ID:YW0yPEBB0

メルティ「ちょっとあんた、イケメンで海賊倒したからって何しても許されると思ったら大間違いだよ」

チェインバー(レド)「サーヤに婚姻を申し込んだだけだ。間違ったことはしていない」

メルティ「いやいや。おかしいでしょ。目の前に私という超絶美人がありながら」

チェインバー「間違っているのはそこではないだろう!」

メルティ「ツッコんでくれてアリガトウ、ユンボロさん」

サーヤ「私ならオッケーよ」

メルティ「サーヤ! こいつイケメンだけど宇宙人なんだよ。そんなヤツと結婚なんて」

サーヤ「でも、悪い人じゃないことはわかってるし」

メルティ「サーヤ」

サーヤ「だいじょうぶよ、きっと。エイミーのこと、お願いね」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:00:30 ID:YW0yPEBB0

レド「チェインバー」

チェインバー「婚約が成立したものと判断する。目的を捕捉する」

ガシッ

サーヤ「えっ。何これ。離して!」

メルティ「サーヤをどこへ連れて行く気?」

チェインバー「新郎たるパイロットの住居である」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:03:23 ID:YW0yPEBB0

――海のよく見えるどこか

ジョー「よおエイミー。どうした暗い顔して」

ピニオン「ははーん。さてはレドの奴にフラれたな」

エイミー「(ギロッ)悪かったわね……」

ピニオン(冗談のつもりだったのにまさか図星とは…レドの野郎)

ジョー「あれ、宇宙人のユンボロがサーヤを捕まえて飛んで行きやがった」

ピニオン「サーヤを?(さっきの結婚とか言うのはマジだったのか)」

エイミー「おっぱい大きくするにはどうしたらいいのかなあ」

ピニオン&ジョー「……」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:06:30 ID:YW0yPEBB0

――格納庫

サーヤ「逃げたりしないからもう離してよ」

チェインバー「命令を請う」

レド「離してやれ」

サーヤ「きゃっ」ドスン

チェインバー(レド)「君と婚姻関係を結びたい」

サーヤ「それはさっきも聞いたわ。どうして私なの?」

チェインバー(レド)「適齢の女性の中から無作為に抽出した」

サーヤ「結婚相手をくじ引きで選んだって言うの?」

レド「ソウダ」

サーヤ「くすっ。あなたらしいわ。あきれて怒る気も失せちゃう。わかったわ。今夜から私はあなたの妻よ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:08:07 ID:YW0yPEBB0

レド「デハ、フクヲヌゲ」グイグイ

サーヤ「ちょ、ちょっといきなり何するのよ。やめて」

チェインバー(レド)「着衣のままで婚姻関係を結ぶことは困難である」

サーヤ「そんなことわかってるわよ!」

チェインバー(レド)「ソレジャフクヲヌイデ」グイグイ

サーヤ「バカそんなに引っぱらないで。まったくムードもへったくれもないじゃないの」

レド「ハヤクシテ」

サーヤ「あなたはいつもそんな風に女の子を扱ってきたの?」

チェインバー(レド)「質問の意味が不明である。ちなみに女性と婚姻関係をもつのは初めてである」

サーヤ「初めてなの。それにしてもやり方ってものがあるでしょ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:13:05 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「いきなりその……ヤろうとするんじゃなくて段階を踏まなくちゃ」

チェインバー(レド)「非効率である」

サーヤ「効率とかそういう問題じゃないの!」

レド「ムズカシイ」

サーヤ「私が教えてあげる」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:14:04 ID:k6xEE51E0

no title


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:14:56 ID:7OM5gFiMP

>>47
教えられたい


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:21:29 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「まずキスからよ」チュッ

レド「!」

サーヤ「ちゅ……ちゅる……んちゅぱ……ちゅ」

レド「……Mi ne povas kompreni la neceson」

チェインバー(レド)「この行為の必要性が理解できない」

サーヤ「キスしながらおしゃべりしないの!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:28:15 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「どうも盛り上がらないわね。ちゃんと興奮してる?」

レド「コーフン?」

サーヤ「これから私を襲うぞ!って気持ちになってる? 宇宙人くん?」

レド「ヨクワカラナイ」

サーヤ「ほら胸だってエイミーより大きいでしょ」

チェインバー「エイミーは84、貴君は93である」

サーヤ「測らなくていいから!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:30:39 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「ちゅ……ちゅぱ…ねえ、まだ全然興奮しない?」

レド「……マダヨクワカラナイ」

サーヤ「嘘。ココ、もうこんなにおおきくなってるよ」

レド「!」

チェインバー「パイロットの心拍数が急激に上昇している」

サーヤ「それを興奮してるって言うのよ」

レド「オレハコウフンシテイル」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:35:33 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「じゃお口でしてあげるね」

レド「クチデスル?」

サーヤ「あの、だから……そのそれを口で。なんでこんなこと説明しなきゃいけないのよ」

チェインバー「貴官の男性器を口腔に咥えることで刺激を与える行為と推測される」

サーヤ「そうそれ」

チェインバー(レド)「その行為において有意義な…」

サーヤ「意義とかもういいから早く出しなさいよ!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:43:18 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「ちゅぱ……ん……じゅぷ…じゅる」

レド「ハアハアハア」

サーヤ「どう? 気持ちいいでしょ? 『意義』あったでしょ?」

レド「ハア、ヨクワカラナイ」

サーヤ「ねえこいつ、なぐっていい?」

チェインバー「貴君の心情は察するにあまりあるが、本機はパイロットに危害を加える行為に賛成することはできない」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:45:13 ID:A456Aoz/0

よく快楽天にでてるからやってる様は簡単に想像できるんだけど
レドのせいでなんか・・・


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:46:20 ID:kSlLNyEYO

ベローズは陥没乳首


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:47:53 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「服、脱がせて」

レド「……」

サーヤ「どうしたの。さっきはあんなに乱暴に剥ぎ取ろうとしたくせに」

レド「イイノカ」

サーヤ「いいに決まってるじゃない。そのためにこんなところに連れ込んだんでしょ」

チェインバー「レドはサーヤの上衣をそっと脱がせた」

サーヤ「ほら優しくできるじゃない」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:50:56 ID:YW0yPEBB0

チェインバー「サーヤの形のよい乳房がレドの前にあられもない姿を曝した」

サーヤ「そんなにじろじろ見ないでよ」

チェインバー「サーヤは頬を染めて両腕で胸を隠した」

レド「ゴ、ゴメンナサイ」

サーヤ「素直に謝られると調子狂うなあ」

チェインバー「レドは女慣れしていないから仕方ないのである」

レド&サーヤ「「さっきからうるさい!」」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:52:56 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「このユンボロ電源切れないの?」

レド「キレル。チェインバー」

チェインバー「これより本機はスリープモードに入る。それでは楽しい夜を~~」

レド&サーヤ「「早く寝ろ!」」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:54:41 ID:YW0yPEBB0

――翌朝

チュンチュンチュンチュン

レド「うう……あれ? そうか俺は結婚したんだった」

サーヤ「今お目覚め? ごはん作ってるからちょっと待ってね」

レド「コレガ『カゾク』ナノカ?」

サーヤ「ふふふ。そうね」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 20:56:37 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「できたわよ。いただきます」

レド「スイセイセイブツノシガイ。ナゾノエキタイ…」

サーヤ「失礼ね。焼き魚と味噌汁よ」

チェインバー「摂食しても害はない」

サーヤ「言葉はわからないけど今絶対失礼なこと言ったでしょ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:01:29 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「はい。あーん」

レド「モグモグ」

サーヤ「おいしい?」

レド「マエニタベタサカナトハチガウ」

サーヤ「ああそうですか。作り甲斐のない反応してくれるわね」

レド「ツクリガイ?」

サーヤ「もういいわ。食べたら仕事に行くわよ」

レド「オレハシゴトナイ。チェインバーガハタラク」

サーヤ「でもあなたも働かないと」

レド「>>69

選択肢

A オレモシゴトヲサガス
B オレハユウベノツヅキガシタイ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:03:25 ID:G/H8JHD90



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:03:56 ID:G/H8JHD90

ミスった


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:11:35 ID:YW0yPEBB0

レド「オレモシゴトヲサガス」

サーヤ「そうね。それがいいわ」

レド「デモ」

サーヤ「でも?」

レド「イマハユウベノツヅキガシタイ」

サーヤ「はい?」

レド「シゴトハアシタカラサガス」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:15:06 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「今日は仕事を探さないの?」

レド「イマハユウベノツヅキガシタイ。アシタカラシゴトヲサガス」

サーヤ「今日から探しましょ。明日からって言ってちゃいつまでたってもできないわ」

レド「アシタハサガス。イマハサーヤガイイ」

サーヤ「もう、レドったら。ダメよ。私は仕事があるんだから」

エレド「オレハナイ」

サーヤ「私はあるの! だから夜までおあず…キャッ」

レド「オレハシタイ」ギュッ

サーヤ「だめ……だめよレド。いや……あ……やん……ん…ちゅ」

レド「サーヤ、サーヤ」

サーヤ「だめ……ここは……あん……もうすぐピニオンたちが来ちゃうじゃない……ああん」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:18:25 ID:YW0yPEBB0

――5分後、格納庫

ガラガラ

ピニオン「おや、チェインバーお前だけか。レドはどうした」

チェインバー「ここにはいない」

ピニオン「そりゃ見りゃわかるけどよ。ん? これは焼き魚に味噌汁。あいつの飯は栄養剤と相場が決まってたんじゃ」

チェインバー「サーヤが作った。レドはサーヤと結婚した」

ピニオン「結婚!? じゃ昨日言ってたのは本当だったのか。この格納庫で新婚生活を送る気か?」

チェインバー「……」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:19:36 ID:YW0yPEBB0

ピニオン「で、ふたりはどこへ行ったんだ」

チェインバー「その質問には答えられない」

ピニオン「愛の逃避行か。チェインバー、お前は仕事に行かなくていいのか」

チェインバー「今日は事情があり欠勤する」

ピニオン「事情ってロボットが病気になるわけでもないだろ。まあいい。こっちは仕事を始めるぜ」

チェインバー「構わない」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:21:04 ID:YW0yPEBB0

――チェインバー・コックピット内

サーヤ「ここ、外から丸見えじゃないの?」

レド「ソトカラハミエナイ」

サーヤ「そう。でも落ち着かないわよ、ここじゃ」

レド「サア、ツヅキヲハジメヨウ」

サーヤ「ここで!?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:24:11 ID:YW0yPEBB0

レド「サーヤ、サーヤ、サーヤ」

サーヤ「ああ……そこ、いい……」

レド「サーヤ、オッパイ、オッパイ」

サーヤ「んん……やっぱり外から見られてるみたいで気が散るわね」

レド「キニシナイ。オレニハサーヤシカミエナイ」

サーヤ「そういう恥ずかしいことさらっと言わないで」

チェインバー「…………」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:25:59 ID:YW0yPEBB0

――格納庫、チェインバーの外

エイミー「おはよう」

ピニオン「よおエイミー、レドならここにはいないぜ」

エイミー「レドも? サーヤもいないのよ。仕事に来ないの。無断欠勤なんてはじめてよ」

ピニオン「ふたりで愛の逃避行らしいな」

エイミー「愛の逃避行? なによそれ」

ピニオン「さあな。このユンボロはふたりの居場所を知ってるらしいが、教えてくれねえんだ」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:28:49 ID:YW0yPEBB0

エイミー「ねえ、チェインバー。レドとサーヤはどこへ行ったの?」

チェインバー「その質問には答えられない」

エイミー「どうして? みんな心配してるのよ」

チェインバー「答えられない」

エイミー「ふたりは無事なの?」

チェインバー「その点は安心してよい。パイロットの安全は本機の最優先事項である」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:31:27 ID:YW0yPEBB0

――チェインバー・コックピット内

レド「エイミー、ダ。コッチニクル」

サーヤ「エイミーのことが気になるの?」

レド「エイミーハ、トモダチダ」

サーヤ「でもあなたの妻は私だわ」

レド「サーヤ?」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:34:01 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「だめ。外を見ないで」

レド「ナニヲオコッテイルンダ」

サーヤ「エイミーの方を見ちゃイヤ。私だけを見てよ」

レド「デモ、エイミーガ…」

サーヤ「さっき言ったじゃない。私しか見えないって。あれは嘘だったの?」

レド「アノトキハ、エイミーハイナカッタ」

サーヤ「都合のいい人ね」

レド「……」

サーヤ「もうやめてよ! そんなせつなそうな眼でエイミーのことを見るのは!

   あなたに愛されたと思って、少しでも勘違いした私が……馬鹿みたいじゃない……」グスン


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:36:44 ID:YW0yPEBB0

サーヤ「あなたにとって私はなんだったの。ただの都合のいいおもちゃってわけ?」

レド「オレノハイグウシャダ」

サーヤ「この船団の女性の中からランダムに選ばれた配偶者?」

レド「ソウダ」

サーヤ「馬鹿にしないでよ!」パチン

レド「サーヤ」

サーヤ「さわらないで! チェインバー、ここを開けて。もうこんな場所に閉じ込められるのはイヤ」

チェインバー「命令を請う」

レド「開けてやれ」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:39:34 ID:YW0yPEBB0

チェインバー「コックピットを開く」

エイミー「中に誰かいるの?」

カパッ

エイミー「サーヤ! レド!」

ピニオン「なんだそんなところにいたのかふたりとも」

エイミー「サーヤ、みんな心配してたんだよ。何してたの」

ピニオン「何ってそれを聞くのは野暮だろ……」

エイミー「あ、サーヤ、どこ行くの?」

ピニオン「走って行っちまったな」

マイタ「泣いてましたね」

工員A「やっぱり宇宙人の嫁はきつかったのかね」

工員B「どんなプレイを強要されたんだろう」

ピニオン「お前らはさっさと持ち場に戻れ」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:42:22 ID:YW0yPEBB0

エイミー「レド、どうしてサーヤを泣かせるようなことしたの?」

レド「オレハベツニ……」

エイミー「反省しなさい! じゃ私はサーヤを探してくるから」

レド「オレハ……」>>98

選択肢

A エイミーの後を追う

B サーヤの後を追う


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:43:02 ID:WFLRUGvX0

B


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:44:24 ID:FD9a7+jp0

快楽天好きやなwww


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:44:31 ID:YW0yPEBB0

レド「チェインバー、サーヤを追うんだ」

チェインバー「了解」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:44:47 ID:Puq8P0abP

そっちかよwww


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:46:32 ID:WFLRUGvX0

お前が動けよ・・・


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:49:38 ID:YW0yPEBB0

チェインバー「目標を発見」

レド「サーヤ」

サーヤ「何よ、みじめな女を笑いに来たの?」

レド「ソンナンジャナイ」

サーヤ「じゃ何よ。あなたの好きなのはエイミーで、私はただの練習台でしょ。少しは役に立った?」

レド「チガウ」

サーヤ「違わないわよ! 私にはわかるもの」

レド「オレハ……オレハ……」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 21:56:29 ID:YW0yPEBB0

レド「モウイチドオマエノミソシルガノミタイ!」

サーヤ「!」

レド「モウイチド……オマエノ……」

サーヤ「レド!」ギュッ

レド「ミソシルガ……」ギュッ

サーヤ「わかったわよ。でもあなたも明日からちゃんと仕事を探すのよ」

レド「ウン。サガス」

サーヤ「いい子ね」

レド「サーヤ、サーヤ」

サーヤ「あん、もう甘えん坊ね」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 22:02:44 ID:YW0yPEBB0

ピニオン「これでよかったのか、エイミー?」

エイミー「よかったんじゃないの?」

メルティ「あれー。昨日から一気に進展してるじゃん? どうなってるのよ、エイミー?」

ベローズ「ちょっとみんなで何楽しそうなことしてるのよ! 私も混ぜてよ!」

エイミー「ああもう。これでも私は振られて傷心の身なんだから静かに放っておいてよ」

ベベル「お姉ちゃん振られたの?」

エイミー「家で寝てるんじゃないの?どっからでてきたの」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 22:11:24 ID:YW0yPEBB0

チェインバー「こうしてレド少尉結婚騒動は静かに(?)幕を閉じた」

チェインバー「なお膨大な愛の告白の台詞から『お前の味噌汁がもう一度飲みたい』という

    この状況に合致する言葉を選び出した本機の功績は賞賛されてしかるべきであろう」

おしまい


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 22:12:39 ID:Vpb+MVCe0

で、エイミーとはどうなるん?


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 22:14:25 ID:WFLRUGvX0

エローズはよ!


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 22:14:30 ID:4oiq8geW0

エイミーなら俺の上で腰振ってるよ


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 22:22:59 ID:MQ+Y9PTa0


SS流行ればいいけどチェインバーがちと難しい


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06 22:27:39 ID:u8Mv6WeF0


チェインバーかわいい



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367835535/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。