ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「はぁ……また漏らしたのかよ」 伊織「……」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20070313052859.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 17:19:57 ID:Lg2XPShG0
P「はぁ……」

伊織「……」

P「どんだけ垂れ流しなんだよ」

伊織「しょ、しょうがないじゃない」

P「ゆる過ぎなんだよビッチ」

伊織「ち、ちがう」

P「色んな男に股開いてるからそうなるんだ」

P「いい加減、春香を見習え。男の影なんて1mmも見えないぞ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 17:38:51 ID:Lg2XPShG0

伊織「な、なによ」

P「誰がいつも掃除してると思ってるんだ」

伊織「……小鳥でしょ」

P「そうだよ。いい加減、音無さんもションベン臭くて適わないんだよ」

小鳥「え」

伊織「そ、そんな怒らなくていいじゃない」

P「無理無理、今日はもう無理。叱るからな罰も与える」

伊織「ば、罰?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 17:51:36 ID:4Wme/QI60

記者「オフレコでいいから何か秘密の話ってありますか?」ヒソヒソ

伊織「そうねー……真と雪歩って出来てるのよ。レズカップルなの」ヒソヒソ

記者「へえ!それはそれは!」カキカキ

伊織「あとさすがにかわいそうだから名前は出せないけれど足がくさいアイドルがいるわ」ヒソヒソ

記者「それは知ってます」ヒソヒソ



P「また情報を漏らしたのか!!」

伊織「……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 17:52:28 ID:hIXdAwmv0

>>8
ワロタwwwww


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 17:52:54 ID:Lg2XPShG0

カシャン
伊織「な、なによこれ……」

P「鎖だ。音無さん持参のな」

小鳥「ふひっ」

伊織「は、外しなさいよ」

P「はぁ? ダメに決まってるだろ」

P「これからたーっぷりたーっぷりいたぶってやるんだから」

伊織「……うぅ」じょわぁぁぁぁぁ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 17:58:02 ID:Lg2XPShG0

P「また……」

伊織「ご、ごめんなさい」

P「……」

伊織「……ごめんなさい」

P「……掃除」

伊織「……え?」

P「早く掃除」

伊織「えっ、あっ」

P「音無さん、掃除」

小鳥「わ、私が!?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 18:03:08 ID:Lg2XPShG0

P「さて、綺麗になったところで始めようか」

伊織「な、何をする気なのよ」

P「何? はは、何だと思う?」

伊織「……」グスッ

小鳥「……拘束、少女、お漏らし」

小鳥(あっ、これ薄い本で出た所だ!!)

小鳥「答えはめちゃくちゃにする事!! 同人誌みたいに!!」

P「音無さん、黙っててください」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 18:04:41 ID:zvnJE6cN0

伊織ちゃんに酷い事しないで!


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 18:08:40 ID:Lg2XPShG0

P「これ、何か分かるか?」

伊織「……衣装?」

P「そう、これは響の衣装だ……それをここに」

伊織「!?」

P「ふふふ、今響の衣装は伊織の股間に配置された」

P「つまり、ここでおしっこを漏らせば……」

伊織「響の衣装がおしっこまみれに……」

P「そうだ、ここでおしっこ漏らしたらあの無垢な笑顔がグシャグシャになっちまうぜ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 18:18:33 ID:Lg2XPShG0

P「それで、飲み物は……」

小鳥「はい小岩井コーヒーとキリン メッツコーラ です」

P「さすがは音無さん、準備がいいですね」

小鳥「えへへ、褒められた」

P「さぁ、どっちが飲みたい?」

伊織「……いらない」

P「ふーん……音無さん」

小鳥「はい、すでに暖房をかけてあります」

P「さすが音無さんですね」

小鳥(やっててよかった同人誌!!)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 18:33:10 ID:Lg2XPShG0

ジリジリ

伊織「あ、熱い……」

P「ほーら飲むか? メッツコーラ?」

伊織「……」フルフル

P「ぬぬ、意外と粘るな」

伊織「……炭酸飲めない」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 18:48:40 ID:Lg2XPShG0

チビッ
伊織「これだけでいい……」

P「くそっ、これじゃあいつまでかかるか……」

P「……そうだ、どうせお仕置きなんだし、厳しくいこう」

伊織「え!?」

P「けけけ、俺が口移しで小岩井のコーヒーを飲ませてやるぜ」

伊織「!!」

小鳥「!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 19:27:41 ID:Lg2XPShG0

伊織「あっ」

P「ん……ピチャク……チュパっ……」

伊織「んっ……あっ……チュルっ……」

小鳥「!? ???? !?」

伊織「んんっ……あっ……ん……」モジモジ

P(モジモジしだした……そろそろお漏らしか!?)

伊織(あ、アソコガキュんキュんする……///)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 19:32:33 ID:Lg2XPShG0

P「────ぷはっ」

伊織「ん……はぁ」

P「意外と粘るな……っと、べたべたになっちまった、ちょっと顔洗ってくる」

伊織「はぁ……はぁ……///」

伊織(あ、あいつとキス……ふふっ、今日はもう口を洗わな──?)

小鳥「……」すっ

伊織「えっ、なによ小鳥?」

小鳥「プロデューサーさんの唇は……この口かー」ガッ

チュっ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 19:46:06 ID:5BHEbMKg0

良いぞもっとやりやがれ下さい


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 20:02:38 ID:zvnJE6cN0

わかってんじゃねーか
こういうのを求めてんだよ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 21:00:05 ID:We4+FuguP

伊織「んっ……!!」

伊織(や、やだ……プロデューサーの、プロデューサーが……)ジワッ

小鳥「……ふぅ。ふふっ、おいしかった!(はぁと)」

伊織「ど、どうして……こと……」グスッ

伊織「……ぁ」ピクッ

チョロ…

P「お待たせ……ん?」

伊織「や、やっ、あぁ……だ、めぇ……!!」ピチャッ

P「……小鳥さん? 説明してもらえますか?」

小鳥「それはもうかくかくじかじかで!」

…ツー

伊織「あっ……はっ、ぁ……」

P「小鳥さんにキスされて漏らすって、お前そっちの気まであったのか」

伊織「ち、違……違うのぉ……」グスッ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 21:01:27 ID:ZPwiOyru0

そして忘れられる響の衣装


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 21:05:16 ID:We4+FuguP

P「飲み物飲んでないから量こそ少ないが、足を伝って流れ落ちてるなぁ」

伊織「ひっく……ぐすっ……」

P「伊織、これってなんだ?」スッ

伊織「やっ……」カアァ

P「どれ……結構臭うな。ほらお前も嗅いでみるか?」スンスン

伊織「や、やだっ!! やめて、私……私……」

P「お前はともかく今一番の被害者は響だ。それも考えずに何恥ずかしがってるんだ」

P「恨むならお前の股の緩さを恨むんだな。と、出したら喉が渇いたろう?」

伊織「い、嫌っ!! もう、もう飲み物なんて飲まないから……」

P「普通に考えたら死ぬぞ?」

伊織「いいの……も、漏らすくらいなら……」

P「そうか?」

小鳥「えっと、こういうときは……」ペラッ

P「小鳥さんちょっとそっちに行っててもらえますか」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 21:09:33 ID:We4+FuguP

伊織「……」グズグズ

P「さてと、伊織。俺はお前に死んで欲しくない」

伊織「……」

P「それで、さっきの様子だと口移しがいいのか?」

伊織「……!」ピクッ

P「あぁ、やっと分かったぞ。お前、俺と口移ししたのに小鳥さんとキスされたから」

伊織「……だって」

P「だからって漏らすほどか。それとも、そんなに俺のことが好きか?」

伊織「……そんなわけ」

P「よしわかった。それじゃあ、こうしよう」

伊織「な、何…よ───んっ!?」

伊織(ま、またキス!!? じゃなくて、口移し……で、でも何も……)

P「ん……」

伊織「あっ、ふぁ……んむぅ……ちゅぱ……」

伊織(こ、これ……プロデューサーの唾液……飲まされてる……?)ビクン


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 21:15:47 ID:We4+FuguP

P「……」

伊織「あっ、ん……ごくっ……むぅ」

伊織(こんなの……だめ、頭が変になっちゃう……)

伊織(でも、喉も渇いて……それに、また……)ムズムズ

P「……ぷは」

伊織「あっ……」

P「もっと飲みたいか?」

伊織「あ、ぇ、ぃや……その……」

P「……今のだけで催したとかないよな?」

伊織「ひょ、ひょんなわけ…!! ────んっ!!?」

P「なら、もう一回……ちゅぱ……」

伊織「あ、らめ……んぅ……!!」

伊織(だ、ダメ……もう、これ……)クラッ

…チョロッ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 22:17:45 ID:We4+FuguP

P「……ほう、やっぱり」

伊織「あっ、あっ……み、みちゃ……やぁ……」チョロロ

P「もう下着がびちょびちょだろう? 脱がせてやろうか?」

伊織「はっ……な、何言って……んっ……」ピクン

P「ま、何言っても縛られてる時点で。それじゃ失礼しますよ、っと」

伊織「ば、バカ!! や、だめぇ、今はぁ……ふぁ……」

P「うおっと、やっぱり相当吸ってるな。足に伝わる程度だったしな」

ピチャッ…ヌチャッ…

伊織「だ、め……」

P「ほら伊織、見てみろよ。こうして吊るしてるだけで滴ってくるぜ? これって、何だと思う?」

伊織「やだぁ……」グスッ

P「絞ったら何リットルくらいになるだろうな。……そうだ、お前これを飲んでくれ」

伊織「え……」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 22:24:28 ID:We4+FuguP

P「なんて冗談だ。でも、本当に絞れそうだぞ? これがお前のお漏らしした証拠ってわけだ」ヌチュヌチュ

伊織「う、うぅ……どうしてこんなことするのよぉ……」

P「今更も今更だな。響の服に始まって、お前が原因だろう?」

P「年寄りでもないのにこうやって膀胱をトレーニングさせてやってるだけありがたいと思えよ?」

伊織「……」

P「だが、やっぱり漏らすなら盛大にやって欲しいというのが俺の希望でな」

伊織「な、何言ってるのよ……」

P「これからこのスポーツドリンク、ないしジュースを2リットル飲んでもらう」

伊織「は、はぁ?」

P「尚、拒否した場合は小鳥さんに伊織に一つ好きな事をしていい権利を与える」

伊織「ちょ、ちょっと!」

小鳥「え? 今なんとおっしゃいましたかプロデューサーさん?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 22:32:02 ID:We4+FuguP

P「意地を張らなければなんてことはない。なぁ、どうだ伊織?」

伊織「ひ、卑怯よぉ……」

P「小鳥さん」

小鳥「はいっ!! それじゃ、それじゃまずはこの道具を……!!」キラキラ

伊織「わ、わかったわよ!! 飲めばいいんでしょ……」

小鳥「え? 飲むの?」

P「それでいいんだ」

伊織「……でも、どうせ飲むなら……口移し、が」ボソッ

P「うん? 何だ?」

伊織「な、何でもないわ…───ん!?」

伊織「……んくっ……ん、くっ……」

伊織(プロデューサーの口から、オレンジジュースが私の中に流れ込んで……)

伊織「……ん、ぷはっ! は、はぁ、はぁ……」

P「……さてどんどん行くぞ」

伊織「ちょ、ちょっと待───」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 22:35:48 ID:We4+FuguP

伊織「ふぁ……も、もう、無理……」

P「まだ500mlも行ってないぞ? まずこの方法が効率悪いんだが」

伊織「口移しじゃなきゃ……嫌……」

P「それなら早く口を開けろ、行くぞ」

伊織「あ、待っ……」

伊織(もう、唇がふやけちゃう……頭がまた、変になって……)キュン

P「……ふぅ」

伊織「ん……」

P「……そう言えば伊織、今更だけど大事な所丸見えなのな。パンツ脱がせちゃったし」

伊織「ぶっ!!」

P「おい、それは求めてない」

伊織「ご、ごほっ!! な、何てこというのよ人が飲んでるときに!! ばかぁ!!」

P「だって飲ませてるとき、やたら足を絡めてくるし、だんだん俺のズボンが湿ってくるなぁと思ったら」

伊織「っ~~!!!」カアァ

P「それは別に構わないけど、飲む事は続けてくれよ?」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:36:03 ID:We4+FuguP

P(伊織は顔を真っ赤にしながらも、ただ俺の口移しを楽しんでいた)

P(表情はもうすでに出来上がっているようで、目はトロンとしたまま、声をかけないと涎を垂らしてしまうほどに)

P(おもらしだけでは飽き足らず、口移しを重ねる度に何度も体を震わせ、股から液体を滴らせるその様は)

P「いつもの伊織とは思えないな」

伊織「ふぁ……」

P「結構飲んだな、偉いぞ」

伊織「ぷろりゅーさぁ……わたし……」

P「大丈夫か? 気は確かか?」

伊織「ぁ……」

P「ダメか? もう何回達したかわからないもんな。お前がこんなに変態だったとは」

伊織「だめぇ……言わないでぇ……」

P「よし、それじゃあ催すように腹をさすってやろう。できるだけ耐えるんだぞ」

伊織「あっ、だ、だめ……いやぁ……」

伊織(頭が……プロデューサー……私は何をしてるの……?)

伊織(プロデューサーの手、あったかい……んっ……)ブルッ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:39:53 ID:zvnJE6cN0

つまり伊織ちゃんは粗相をしても可愛いってことですね
ぶひいいいいいいいいいいいいいいいいい


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:43:48 ID:We4+FuguP

P「漏らすなよ? と、一応気休めにはなると思ってだな」

小鳥「プ、プロデューサーさん!? これ、いつの間に!! ほ、ほどいてくださいよ!!」

P「小鳥さんを下に配置しておいた。1リットル近いお前のおもらしが小鳥さんを襲うことになるんだぞ?」

小鳥「だ、ダメよ! 流石に私もそんなこと……よ、予想ができないわ! ちょ、ちょっと楽しみだけど……」

伊織「あっ、でも……もう……」

P「漏らしたら、事務所中の笑いものだろうなぁ」

伊織「……」

P「今日は掃除をしてくれる小鳥さんもいない。もし漏らしたら、俺はお前をそのままにして帰る」

伊織「えっ……じょ、冗談でしょ……?」

P「いいや? 誰かが来るまでそうしてればいい、よく見たらいい眺めだ」

伊織「み、見ないで……」

P「何を今更。下半身丸出しで鎖につながれている伊織。受けはいいかもしれないな」

伊織「……ばかぁ」

P「そうだな、今から10分耐えてもらおう。もちろん、残ってるジュースも飲みながらな」

伊織「そ、そんなぁ……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:49:08 ID:We4+FuguP

伊織(あっ、ダメ……もう…無理かも……)

キュッ

伊織(プロデューサーと、こんなに近く……もし今漏らしちゃったら、きっとプロデューサーのスーツにも……)

キュゥ…

伊織(オレンジジュース、おいしい……でも、もうおなか一杯……あっ)

チョロッ

伊織「んっ……んんぅ……」

P「どうした? まだ2分も立ってないぞ? ほら、口開けて」

伊織(こんなの……無理に決まってるのに……)

伊織(アンタと口移しいえ……こんなふうに何回も何回もとろけるようなキスをして)

伊織(漏らさない方が、おかしいなんて……私が間違ってるのかしら……)



伊織(もうそこまで……来てる。漏らしたくない……でも、漏らしちゃったら……)

伊織(私は、プロデューサーに捨てられる……このまま、いつもの私が取り戻せないまま……)

伊織(あ、あぁ……それでもまだ、プロデューサーがくれるオレンジジュースがおいしい……すごく、あったかいの……)


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:53:35 ID:We4+FuguP

P「……ん」

伊織「んっ……ん? ん、んぅ! んぅ、うぅ?!」

伊織(ど、どうしてそんな、こんな時に舌なんて!)

伊織(逃げられない……ダメ、舌でジュースがかきまわされて、自分の舌まで飲みこんでしまいそう……)

ジュン

伊織(あ、あぁあぁ……もう、いいわよね……10分なんて、無理にきまってるの……)

伊織(口の中で泡立つオレンジジュースが、恋しい……きっと漏らしたら、二人の口は離れて床に零れ落ちる)

伊織(一秒でもこうしていたいから私は耐えるの……そもそもどうして、こんな……)

伊織(私だってもらしたくてもらしたわけじゃないのよ? なのに……あ、あぁ……んっ)

P「……伊織」

伊織「ふぁ……ふろりゅ……」

伊織(そんなに優しく、おなかを撫でまわさないで……)

ピュッ…ピュッ

伊織(あ、あっ、あぁ……きっともう、ちょっと漏れちゃってる……)

伊織(ぐっ……も、う……あ、あぁ……プロデューサー……)


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:55:15 ID:5BHEbMKg0

もういいから俺の口にいおりんの聖水を注いで楽になるんだ!


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:56:30 ID:V6Or5iKcP

いおりんの湧水こそこの世の理
この世界の真理であるいおりんの湧水を飲むことによって俺はこの世界と同化し、俺はいおりんそのものとなるのだ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 23:56:30 ID:We4+FuguP

P(……これで)

P「……伊織」

伊織「ふぁ……?」

P「今の伊織、すっごく可愛い」

伊織「……ぇ」

P「可愛いよ」


伊織「……ぁ」

伊織(そんなの、ずるい。ずるいじゃない)

チョッ…チョロ……

伊織「あっ、あぁぁ………」

ピュッ……ツー…

伊織「ああ、んっ、んぁ、あぁああ……」

チョロロ……

伊織「ふぁ……あぁ、んぅ……」

ショワァァ……


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:07:26 ID:9gpCGJ/WP

そう、それはまさに湧水の如く
または聖なる彫刻が奏でる噴水の調べの如く
さらには優雅に滴り落ちる滝の如く

一筋の光が輝き
次の瞬間、それは流れだしたのだ

一面に広がる、神々しい光を放つ黄金色
やがてそれは地につくと溜まりを成し
優雅な香りと漂う仄かな温かさを、この身に感じる

そこに女神はいた――

伊織「あっ……あ、あぁ……」ビクン

チョポポポポ……

P「……」

小鳥「ちょ、これ結構すごっ、ぷはっ……や、やめっ、ちょ、まだ? まだなの……げ、げほっ!!」

P「……やってくれたな」

……チョロッ…ピチョン

伊織「あっ……はぁ、ぅ……ん……」

伊織(あ、はっ……私……私……)

伊織「漏らし……ちゃった……」ビクン


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:10:44 ID:9gpCGJ/WP

――

伊織「なんてことが」

P「……覚えてない」

伊織「わかったわ。そこに座りなさい、同じことをしてあげる」

P「か、勘弁してくれって。いや、俺にもやんちゃな頃があったんだよ、許してくれって」

伊織「やんちゃにもほどがあるでしょ!? あんな屈辱も凌辱も……きっと二度とないわ……」

P「そんなだったのか?」

伊織「はぁ……」

P「でも、今も大して変わらないような?」

伊織「……アンタねぇ」

P「だってそうだろ? 昨日だって伊織がどうしても、っていうからそういうプレイを」

伊織「あ、あれはアンタがそういう流れに持っていくから仕方なく!……って、やっぱり変わってないってことね……はぁ」

P「まあまあ、それじゃあ改めてやってみようか」

伊織「ちょっと、アンタ人の話聞いてたの?」

P「聞いてたよ? 再現したい、って話じゃないの?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:13:44 ID:9gpCGJ/WP

伊織「いや、いやいやいや……」

P「なんだ、違うの」

伊織「……アンタって人は」

P「でも、見てみたいな俺。久しぶりにそんな乱れる伊織」

伊織「み、乱れるってアンタねぇ!! ……でも私だって別に、嫌だったわけじゃ……」

P「え? なんだって?」

伊織「な、なんでもな…―――ん」


伊織「……ちょっと、急に何す……え?」

P「嫌じゃ、ないんだろ? せっかく時間もあることだし、やってみようぜ? 数年ぶりに」

伊織「ちょ、ちょっと! 鎖解きなさいよ!! バカ!!」

P「あ、なんとなく思い出してきたかも。いいね、ますますやりたくなってきた」

伊織「も、もう……私だってそんなこと言われたら……」ジュン

P「あれ? 伊織、もしかして期待しちゃってる?」

伊織「も、もう知らないわよ!! あ、アンタの勝手にしなさいよ……」

P「はいはい、わかりました。マイハニー」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:14:23 ID:gZJP1Ng90

ふぅ…大天使すぎたぜ


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:18:05 ID:9gpCGJ/WP

伊織(あの後失神した私を、プロデューサーは介抱してくれていた)

伊織(そして、プロポーズを受けた。なんて迷惑で、トンチンカンで、鈍感で、何考えてるんだかさっぱりわからなかったし)

伊織(……あんなことをされた後だって言うのに、私ったら……)

――

伊織「……誓いなさい!」

P「え?」

伊織「今後漏らしたら、全部アンタが責任を負うこと!!」

P「……なんだそれ」

伊織「い、今このタイミングで告白したアンタに言われたくないわよ!!」

P「……じゃあそれで。そういうわけだから、結婚しよう伊織」

伊織「なっ……――!! ……はい」

――

伊織(結局事務所はビチャビチャで、小鳥がなんとかかんとか頑張ったって話は聞いたけれど)

伊織(まさか、本当に全部責任っていうか……その場であんなことまでしなくても……って、い、いいのあれは! 忘れるの!)

伊織(……きっとあの頃の変態っぷりのせいで、感覚が麻痺してるんだわ)


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:22:12 ID:9gpCGJ/WP

伊織(それでも私は、あいつについていく)

伊織(なんでかって聞かれても、そうなんだから仕方ないでしょ?)

伊織(お互いにそういう趣味なんだから……趣味が合ったら、一緒になったって不思議じゃないもの!)

伊織(今までの私らしくないとしたら、それは完璧にあいつのせいね。いつか仕返ししてやるんだから)

伊織(……なんて考えてるうちに、またあの懐かしい香り)


伊織「……してもいいけど、一つだけ条件」

P「うん?」

伊織「……口移しじゃなきゃ、ダメよ?」

P「当たり前だろ? 何ならこれからの伊織の飯、全部口移ししてあげても」

伊織「……や、やれるもんならやってみなさいよ」

P「……本当にいいのか?」

伊織「……バカ」

P「それじゃ、今日もまた盛大に漏らしてもらいますかね」  

伊織「何言い出してんのよ!! この変態!!」



98: 忍法帖【Lv=20,xxxPT】(1+0:15) 2013/05/14 00:24:18 ID:tr2GZfNC0

おつ


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:25:40 ID:9gpCGJ/WP

時間があれば投げたくはないんだけどさ
まあいおりんが天使だったってことですおやすみなさい


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:33:41 ID:nlci/LJZ0

うっ……あふぅ


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14 00:37:25 ID:xRAzTOS70

イイハナシダナー




スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368433197/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。