ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレン「ちょろい」 

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/o0800110711163541922.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 21:58:36 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「・・・」

アルミン「どうしたの、ミカサ?」

ミカサ「エレンの様子がおかしい」

アルミン「?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:02:31 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「暖簾に腕押し」

アルミン「いつもの事じゃないか」

ミカサ「・・・説明し辛いけど」

アルミン「うん」

ミカサ「エレンが・・・私と夫婦のつもりでいる」

アルミン「え?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:04:49 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「エレン、ここ」

エレン「おう、お疲れ」

アルミン「お疲れ、エレン」

エレン「今日は立体機動の教義だったから気合入ったよ」

ミカサ「そう」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:07:57 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「エレン、今日の実技なんだけど」

エレン「どうした?」

ミカサ「エレンは標的を確認すると直情的に動く癖がある」

エレン「そうか?」

ミカサ「あれでは早死にする」

アルミン(うわ・・・)

エレン「そうなのか、自分じゃよく分からないんだよな」

アルミン「え?」

エレン「まぁ、お前がいるから何とかなるだろ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:10:06 ID:PIGLvfHh0

アルミン「エレン?」

エレン」「何だ?」

アルミン「・・・何でもない」

ミカサ「エレン、私は出来る限りエレンの傍にいるけど」

エレン「おう」

ミカサ「そう言っていられない状況もあるかもしれない」

エレン「そうだな」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:13:01 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「」自分の命は大事にして欲しい」

エレン「言われなくても分かってるよ」

ミカサ「・・・」

エレン「ミカサを残して死んだら死んでも死に切れない」

ミカサ「・・・」

エレン「自分だけの命じゃないんだ、無茶はしないよ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:15:11 ID:PIGLvfHh0

アルミン「何あれ・・・?」

ミカサ「どう思う、アルミン」

アルミン「エレンらしくないって言うか・・・」

ミカサ「・・・」

アルミン「・・・気持ち悪い」

ミカサ「そこまで・・・言うこともないと思う」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:20:36 ID:PIGLvfHh0

アルミン「まぁ、心入れ替えただけかもしれないし」

ミカサ「・・・」

アルミン「そう心配するほどでもないと思うよ?」

ミカサ「そう・・・?」

アルミン「そうだよ」

ミカサ「俺の子を産む体なんだから無理するなとか言われたんだけど」

アルミン「はい、おかしい。エレン壊れてるね、ちょっと対策練ろうか」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:27:30 ID:PIGLvfHh0

ライナー「エレン、お前変わったか?」

エレン「何だよ急に」

ライナー「最近、ジャンと殴り合いしないからな」

エレン「ああ、その事か」

ライナー「あいつの内地至上主義聞くたびに暴れてただろ」

エレン「・・・。冷静に考えるとさ。そういった特権があるから頑張れるんだろ」

ライナー「はぁ?」

エレン「内地行きの希望があるから訓練兵が集まるんだ」

ライナー「そ、そりゃそうだけどよ・・・」

エレン「最初から調査兵団志望なオレなんて相当イカレてんだろうな」

ライナー「おいおい、どうしたってんだよ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:34:06 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「エレン、今日は私と組もう」

エレン「ミカサ?悪いけどオレ、対人格闘の成績はいい方だからバラけた方がいいと思うぞ」

ミカサ「今日だけでいいから」

エレン「そうか?じゃあ、お前が暴漢の役な」

ミカサ「・・・。フッ!」

エレン「うわっ!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:36:26 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「・・・」

エレン「・・・。凄いな、お前」

ミカサ「!?」

エレン「このオレが反応できなかったよ」

ミカサ「・・・悔しくないの?」

エレン「何でだよ。同志の成長は喜ぶべきだろ?」

ミカサ「・・・」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:39:45 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「・・・と、いう事があった」

アルミン「うぅーん・・・」

ミカサ「やはりエレンは私の身体を気遣ってる」

アルミン「・・・」

ミカサ「もういっそ開拓地に行って子を生した方が・・・」

アルミン「ちょっと不自然すぎるよ。明日、僕が直接探ってみる」

ミカサ「・・・そう」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:44:44 ID:PIGLvfHh0

アルミン「エレン、ちょっといいかな?」

エレン「お?アルミン、何か用か?」

アルミン「何か、じゃないよ。最近どうしちゃったのさ?」

エレン「・・・」

アルミン「最近のエレン、どこかおかしいよ?」

エレン「・・・やっぱり、アルミンには隠し事は出来ないか」

アルミン「エレン・・・よかったら話してくれないかな」

エレン「・・・ああ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:52:05 ID:PIGLvfHh0

エレン「オレってさ、周りからミカサの弟だの息子だの陰口叩かれてるだろ」

アルミン「ああ・・・あー・・・どうだろう?」

エレン「だから、そこから脱却する方法を思案したわけよ」

アルミン「・・・。何となく予想はつくけど、どんな?」

エレン「名づけて『反抗期エレン卒業大作戦』!」

アルミン「・・・」

エレン」「大人の雰囲気を醸し出すオレに、ミカサもみんなも一目置くだろ?」

アルミン「へ、へぇ・・・?」

エレン「これでオレも同期上位相応のオーラを手に入れられるってモンだぜ」

アルミン「ふ、ふーん・・・?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 22:58:51 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「アルミン、エレンの様子は?」

アルミン「うっうん!自分の責任の重大さに決意を決めてたよ!!」

ミカサ「そう・・・」

アルミン「あ、あの・・・ミカサ?」

ミカサ「何?」

アルミン「本当にエレンが『俺の子を産んでくれ』みたいなこと言ったの?」

ミカサ「お前の命はお前だけのものじゃない・・・そう言われた」

アルミン「そ、それで?」

ミカサ「・・・。その言葉を聞くまでエレンの気持ちを気付けなかった自分が許せない」

アルミン(エレン、墓穴掘ってるよ・・・。巨人が埋まれるくらいデッカイやつ)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:05:07 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「エレン、汗」

エレン「ん、おぉ、サンキュー」

ジャン「は!エレン様は訓練中にも保護者同伴か!いいご身分だな!」

エレン「っと、癇に障ったか?悪いな、ジャン」

ジャン「な、なんだと・・・?」

エレン「ミカサも、俺の事はいいから戻りな」

ミカサ「エレン・・・」

ジャン(・・・チッ)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:11:05 ID:PIGLvfHh0

ジャン「・・・つーわけでよ!終期の時点で上位につけてて『調査兵団に行きたいでーす』って言ってるようなアマちゃんな!」

エレン「ごちそうさま」

ジャン「俺はそういう甘っちょろい反吐が出るようなこと言ってるやつが許せないんだわ!」

エレン「ミカサ、皿片そうか?」

ミカサ「私がやる」

ジャン「そんなやつが上位に居座ってるおかげで憲兵団に行きたいやつが血の涙流してるんだよ!!」

エレン「じゃあ一緒に運ぼうか」

ミカサ「うん」

ジャン「・・・!ふざけんな!この死に急ぎ野郎!てめえええええええええええ!!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:20:04 ID:PIGLvfHh0

エレン「落ち着けよ、ジャン」

ジャン「はぁぁぁ!?今までの話、全部お前の事なんだけどな!?」

エレン「いや、分かるけどよ。オレは巨人殺しの技術が欲しいだけなんだよ」

ジャン「だったら適当に手を抜けや!何で死に急ぎのお前の下に、内地希望の俺の名前が張り出されるんだよ!?」

エレン「悪い」

ジャン「てめえ!表出ろこの腐れ異常者!」

ミカサ「エレン」

エレン「心配すんなよ、ミカサ」

ジャン「何が心配すんあ、だよ!この自殺願望野郎!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:26:06 ID:PIGLvfHh0

エレン「ジャン。オレは成績のためじゃない、鍛錬のために努力したんだ」

ジャン「その結果がこの歪んだ迷惑ランクになってんだろうが!」

エレン「そう思うなら、お前たちももっと努力するべきだ」

ジャン「はぁ!?」

エレン「オレは目的があって努力してる。その結果が迷惑だって言うなら、それは筋違いだ」

ジャン「・・・ぐっ」

エレン「オレは巨人を駆逐する。そのためにここに来た。そんなオレが努力したら迷惑なのか?」

ジャン「ぐううぅぅ・・・っ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:31:56 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「エレン」

エレン「ん?」

ミカサ「よく、我慢した・・・」

エレン「別に我慢なんかしてないさ。あいつらの言い分も分かるからな」

ミカサ「以前のエレンなら・・・」

エレン「殴りかかってたって言うんだろ。分かってるよ、そのくらい」

ミカサ「・・・」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:34:25 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「エレン・・・」

エレン「ん?」

ミカサ「エレンは私がいないと死に急ぐ」

エレン「またそれかよ?」

ミカサ「・・・、でも。私が子供を産むと傍にいれないかもしれない」

エレン「?・・・そうかもな?」

ミカサ「・・・私はどうすればいい?」

エレン「えー・・・?・・・ん?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:39:38 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「私は、開拓地に戻る覚悟はもう出来てる」

エレン「・・・は?」

ミカサ「でもエレンは巨人を駆逐したいといってる」

エレン「お、おう?」

ミカサ「この矛盾を、胸の中で処理出来ずにいる」

エレン「・・・ん?あーと・・・?え?」

ミカサ「私には・・・気持ちは分かるけど・・・エレンの決意はよく分からない・・・」

エレン「うん?・・・えーと、ミカサ?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:46:15 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「・・・消灯にはまだ時間がある」

エレン「そ、そうだな?」

ミカサ「・・・。わ、私は、ベッドの上でなくとも・・・」

エレン「・・・は?」

ミカサ「エレンが・・・、  ・・を   伝えてくれるなら・・・  別  ぃい」

エレン「え?」

ミカサ(ぎゅっ)

エレン「お、おいっ袖急に引っ張ってどうした?」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 23:53:24 ID:PIGLvfHh0

エレン(なんだってこんな建物の隅に・・・?)

ミカサ「エレン・・・」

エレン(何だコイツ?目にゴミでも入ったか?そのわりには目を閉じっぱなしだし)

ミカサ「・・・」

エレン(意味わかんねぇぞ?)

ミカサ「・・・」

エレン「・・・んーと。ミカサ?」

ミカサ「・・・ん?」

エレン「ごめん、(何がなんだか)よくわかんない」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:01:12 ID:PIGLvfHh0

ミカサ「・・・大丈夫。私も・・・  だけど、何となく・・・」

エレン「ん?」

ミカサ「エレンは、私に任せて力を抜いて・・・」

エレン「・・・??」

ミカサ「ま、まずはシャ、シャツを・・・」

エレン「え?え?」

ミカサ「大丈夫、大丈夫だから・・・すぐに済むから・・・」

エレン「ちょ!ミカ!おま!?何やって・・・っ」

ミカサ「暴れないで・・・エレン、乱暴にしたくないから」

エレン「えええっちょ、ま、ミカサぁ!?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:01:46 ID:ZptLwfkl0

暴れんなよ……暴れんな


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:02:24 ID:3XS6QZ5J0

●REC


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:06:51 ID:d/5VI5SL0

エレン「ちょ、やああああっ!?」

ミカサ「大声出さないで」

エレン「やだやだ、ちょ、そこは下ろさ・・・っだめだって!」

ミカサ「大丈夫、大丈夫だから、少しだけだから、すぐ終わるから」

エレン「お前目がおかしいぞ!?ちょっと待ってってば!」

ミカサ「あぁ・・・エレンの鎖骨・・・可愛い・・・」

エレン「うわぁ!?舐めんな!ちょ!やめてーっ!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:07:44 ID:5LlJd02/0

やはりヒロインはエレンだったか


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:14:34 ID:d/5VI5SL0

エレン「うぅーっ・・・んぅー・・・ッ」

ミカサ「ん・・・ぅん・・・くちゅ・・・ぷぁ」

エレン「うああぁぁ・・・舌入れられたぁ・・・うぅ・・・」

ミカサ「まだ緊張してるの?いい加減覚に悟決めて」

エレン「何でだよ!?どういう流れでこんなことになってるんだよ!?」

ミカサ「女に言わせるつもり?」

エレン「だ、誰か・・・っ!」

ミカサ「だーめ、逃がさない」

エレン「ア、アルミン・・・ライナー・・・ジャーン!」

ミカサ「もう・・・っ!暴れないで!」

エレン「・・・っ!?母さあぁーん!」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:20:56 ID:d/5VI5SL0

エレン「うぅ・・・ううううううっ・・・!」

ミカサ「ほら・・・エレン・・・これが・・・」

エレン「うぅぅ・・・っ」

ミカサ「エレンの形が・・・凄くよく・・・分かる・・・んっ」

エレン「あああぁぁぁ・・・っうぅっうっえぇぇ・・・っ」

ミカサ「大丈夫、大丈夫だよ・・・愛してるから・・・安心して・・・」

エレン(うぅ・・・もう好きにしていいから・・・早く終わってぇ・・・っ)


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:26:32 ID:d/5VI5SL0

ミカサ「・・・っ・・・っ・・・っ」

エレン「うううぅぅっ」

ミカサ「が、我慢・・・しなくても・・・いい、から」

エレン「んんんん・・・っ」

ミカサ「でもきっと、今日出来る日」

エレン「・・・っ・・・っ」

ミカサ「・・・我慢、しなくていいよ?」

エレン「うううううっえっぐっ・・・ふぐぅ・・・っううぅ・・・えっえっ・・・」

ミカサ「ふふ・・・可愛いエレン・・・」

エレン「うううううっああああああぁっぁぁああんっ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:32:59 ID:d/5VI5SL0

ミカサ「・・・エレン」

エレン「・・・」

ミカサ「我慢しなくちゃダメじゃない」

エレン「・・・」

ミカサ「子供出来ちゃうよ?」

エレン「・・・」

ミカサ「・・・赤ちゃん、出来ちゃったかも」

エレン「・・・、帰りたい・・・うぅ・・・」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:39:09 ID:d/5VI5SL0

幼女「おとーさん!」

エレン「おう、ただいまー」

ミカサ「おかえりなさい」

幼女「おとーさん、今日も兵隊さん来たよ!」

エレン「またか・・・ミカサ、大丈夫だったか?」

ミカサ「大丈夫、丁重にお帰り願ったから」

エレン「丁重に・・・ねぇ・・・」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:42:20 ID:d/5VI5SL0

エレン「お前が開拓地に戻るのは人類の損害だ、か」

ミカサ「まさか。ただの主婦なのに」

エレン「・・・そうですか」

幼女「おとーさん、おひざ、おひざ」

エレン「よし、ちょっと待っろ。すぐ着替えてくるからなー」

幼女「うん!」

ミカサ「ふふ・・・」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:45:16 ID:d/5VI5SL0

アルミン「ミカサ、エレンはいるかい?」

ミカサ「アルミン。エレンなら奥で着替えてるわ」

アルミン「そうか。お邪魔しても?」

ミカサ「もちろん」

アルミン「・・・ミカサも表情が豊かになったね」

ミカサ「そう?」

アルミン「うん。よく笑うようになった」

ミカサ「元から結構笑ってたけど?」

アルミン「ははは・・・」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:50:48 ID:d/5VI5SL0

ミカサ「アルミンも、調査兵団は大変じゃない?」

アルミン「まぁ、ね。でも巨人のことも随分と解明されてきたし、前ほど先行きが暗いわけじゃないよ」

ミカサ「そう。・・・」

アルミン「・・・。君が訓練兵辞めるって言い出した時は大騒ぎだったね」

ミカサ「他の脱落者と一緒。リタイアしただけよ」

アルミン「ただの脱落者に司令官が一個師団連れて説得に来たりしないと思うけどな」

ミカサ「ああ、もう。昔の話でしょ」

アルミン「はは・・・そうだね」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:54:16 ID:d/5VI5SL0

アルミン「そういえばさ」

ミカサ「何?」

アルミン「前々から疑問だったんだけど、あの石頭のエレンをどうやって開拓地に戻したの?」

ミカサ「・・・」

アルミン「いくらエレンに聞いても教えてくれないんだよ」

エレン「おー、アルミン。来てたのか」

幼女「あー!アルミンおじさん!」

アルミン「ん・・・久しぶり」

ミカサ「それはねー」

アルミン「それは?」


ミカサ「ちょろかったわ」



おわり


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:55:23 ID:zy2hlZrQ0

おつおつ
これで娘がエレン寝取るとか言い出したらもうね


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:56:05 ID:3XS6QZ5J0

乙ー

数多の鈍感系主人公にヤキモキするヒロインに見習って欲しい


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13 00:58:18 ID:QtQqByOX0

原作もさっさと巨人駆逐してミカサとエレンの日常編描けばいい

ジャン「トロフォー?」



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368363516/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。