ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上条「いくら風紀委員だからって・・・」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/index21_40_20130415235706.jpg
1: 落ちちゃったみたいなんで ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:34:16 ID:6LxpitPd0
1:◆bPFZPdrjnM 02/21(日) 00:11 vXFFJefL0
ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド
上条「はぁーっ、はぁーっ・・・チクショウ!いつまで追ってくるんだよお前らはっ!」

不良A「待ちやがれ!人様のアタマに生卵ぶちまけたのはテメェだろうが!はぁーっ、はぁーっ」

上条「待てと言われて待つ奴がいるか!しかもわざとじゃねーしちゃんと謝っただろぉ!?」

不良B「すいませんで済んだら警備員はいらねーんだよ!」

上条「だーーーもう!反省してまーーーーーす!!」ムギュ

わんこ「ギャイン!  ガウゥ!!」ダッ

上条「ゲゲーーッ!何で犬まで追いかけてくるんだよ!」
ドドドドドドドドドドドド
ネーネーアレッテアンチスキルヤジャッジメントニツーホーシナクテイイノ?ッテミサカハミサカハ
タニンノコトナンザホットケェ オイテッチマウゾォ?
アッ、マッテヨーッテミサカハミサカハアナタニカケヨッテミタリ!
上条「何で俺だけこんな目に~っ!!」
ドドドドドドドドドドドドド

?「・・・・・ッ!」クルッ

不良「待てっつってんだろおぉ!!」ワンワン
ドドドドドドドドドドドド・・・

?「・・・・・・・」ダッ


3: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:39:00 ID:6LxpitPd0

上条「はぁはぁはぁ・・・路地裏まで来ちまった・・でもうまく撒いたか?」

上条「フーー・・助かったぁー・・ん?」ゴソゴソ

上条「ない!俺の財布がねーぞ!逃げてる途中で落としたのか!?・・あーー不幸だあー」

上条「どうする?・・道を戻るか?でもさっきのやつらが待ち伏せてる可能性も・・」

アナウンス「学生の皆さんに連絡します。もうすぐ完全下校時刻です 学生は速やかに帰宅しなさい 繰り返しますーーーー」

上条「・・・どうやら迷ってる時間はなさそうだな・・トホホ」ザッザッ


4: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:42:02 ID:6LxpitPd0

10分後ーーーー路地裏

上条「あっ!あったぁーーーーっ!いやー一時はどうなるかと」タッタッ
ヒョイッ
上条「えっ!?」

不良達「へっへっへっ・・・」

上条「」


5: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:43:17 ID:6LxpitPd0

不良A「・・・ったく、手間ァ取らせやがって」

不良A「まぁいいや、散々走りまわされてこっちも疲れきってたとこだ」

上条「ホッ、じゃあその俺の財布を返しt」

不良C「あぁ、この財布は頂いていくぜ!ABAYO~!」ダッ

上条「んなっ!まてテメェら!その財布には上条さんの全財産g」ガブッ

上条「ぎにゃあああぁぁぁ!犬ーーーーーっ!?」

わんこ「グルル・・・」

不良C「ハハハ!てめぇかそこでワンちゃんとあそんでな!」タタタ

上条「痛っ!ま、待て!ふざけん・・・」

?「そこまでよ!ジャッジメントです!おとなしく投降しなさい!

上条&不良「ッッ!!」


6: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:44:32 ID:6LxpitPd0

不良A「あぁ?風紀委員だぁ?」

上条「風紀委員!?助かった・・・って女の子がたった一人かよ!?」

?「えぇ、暴行未遂、窃盗の容疑であなたたちを拘束します。これ以上罪を重ねたくないのならおとなしくーーーー」

不良A「おいネェちゃんよぉー、ジャッジメントだかなんだか知らねぇが、ケガしたくなかったr」

?「忠告はしました。抵抗するのなら執行妨害で・・いえ、タマゴで髪をキメてる愉快な頭に言ったところでムダだったかしら?良く似合ってるわよ?」クスッ

不良A「なっ///これはオレがやったんじゃねえっ!」

B&C(ま、まだ乗せてたのかよあのタマゴ・・w)プークスクス

不良A「て、テメェらも笑ってんじゃねえ!///」

上条(い、いいのかよあんなに挑発して!・・・って犬っころ!いい加減離せ!)ブンブン


7: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:45:44 ID:6LxpitPd0

不良A「こ・・・このアマぁ!」ブチブチ

不良A「相手は女一人だ!やっちまうぞォ!」

不良C「で、でもいいのかよ!?だって相手はジャッジメン・・」

不良B「かまうもんか!ブチのめせ!」
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

上条「あ!危ないっっ!」

?「・・・・・」クスッ

不良「ナメンじゃねぇぞおおお!!」


8: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:47:06 ID:6LxpitPd0

いくら風紀委員でも一人の女の子が大の男3人にかなうはずがない


ブンッ
不良B「う、うわあああ!」


ここにいる誰もがそう思っていた幻想を


不良C「えっ!?わっわっわっ!」
ドシャッ


彼女はいとも簡単に


不良A「ぐえぇっ!」
グシャッ

ブチ壊した

?「あら?あっけない」

上条「・・・・・ポカーン」


10: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:47:53 ID:6LxpitPd0

?「じゃ、手錠をかけますので・・アンチスキルが来るまでおとなしくしていて下さいね?」ニコッ

不良「くそ・・・」ガシャン

?「そういえばそこのキミ!大丈夫?ケガはない?」スタスタ

上条「は!はい!おかげ様で無傷です!」ビシッ

?「・・・じゃぁその歯形まみれの右手は?」

上条「あ、いや~これは・・・」アセアセ

わんこ「ワン!」フリフリ

上条「わっ!」ビクッ

?「クスッ  ・・まったく、そこのワンちゃんに咬まれたんでしょ?早く診せなさい!」ニギッ

上条「わわっ!(手、手が・・///)」


11: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:48:48 ID:6LxpitPd0

?「まったく、不良に絡まれたら逃げる前に大声で助けを求める!常識でしょ?(犬だけじゃない?・・・人の歯形?)」マキマキ

上条「い、いや~ハハハ・・・あれくらい日常的すぎて慣れちゃったって言うか・・・」ドキドキ


?「あはは!よっぽどツイてないのねアナタ!・・・で?ちゃんとワンちゃんにも謝った?見てたのよ、アナタが尻尾ふんずけるトコ」クスッ

上条「あ、あぁ・・・あの時は悪かったな!ワンちゃん!」ナデナデ

わんこ「クゥ~ン」ガブッ

上条「」


ぎ に ゃ あ あ ぁ ぁ ぁ !


12: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:49:34 ID:6LxpitPd0

鉄装「は、早く車に入りやがるです!><;」

不良A「ちくしょう!てめぇら覚えてやがれ!」ギロッ

鉄装「ひっ!><;」ビクッ

黄泉川「わかったからさっさと入るじゃん?」ドカッ

不良B「あたっ!?わ、わかった!わかったから蹴るなよもう!」

ブロロロロロロロ・・・

黄泉川「さて、今回もお手柄だった・・・じゃん?」

?「わ、私は市民を守る風紀委員として当然の仕事をしたまでで・・」テレッ

黄泉川「ふむふむ、しばらく見ない間に・・・立派になったのはその胸だけじゃなかったんだな」マジマジ

?「ちょ///黄泉川さん!」

上条「んん?あそこにいるのは黄泉川センセー?・・・あの人と知り合いなのか?」

鉄装「せ、先輩!もう車出しちゃいますよっ!><;」

黄泉川「わかった!今行くじゃん!・・・それじゃまた頼むよ、気をつけて帰るじゃん?」

?「お、お疲れ様です」ペコリ

ブロロロロロロロ・・・・


13: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:51:55 ID:6LxpitPd0

上条「あ、あの~」

?「ん?」クルッ

上条「き、今日は本当にありがとうございました!手当てまでしてもらって・・・助かりました!」ペコペコ

?「えぇ、これからはちゃんと気をつけて下さいね?・・・あ!あとこれ・・・ハイ!キミのでしょ?」スッ

上条「あっ!オ、俺のサイフ~っ!よ、良かったぁ~」グスッ

?「そ、そう!良かったわね♪(そんな泣かなくても・・・)」クスッ

上条「そ、そうだ!お礼!お礼させて下さい!」ニギッ

?「ひゃっ!///き、気持ちは嬉しいけど・・・報告の為に一度支部に戻らないといけないから・・ご、ゴメンナサイ!・・・ね?」チラッ

上条「そ、そうなんですか・・いや~残念だな~ハハハ(上目使い!やべぇ!死ぬ!///)」ドキドキドキ


14: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:53:02 ID:6LxpitPd0

?「そ、それじゃキミも気をつけて帰ってね!じゃ!」シュビ

上条「あっ!名前!せめて名前を・・・」

タッタッタッタッタッ

上条「・・・行っちゃった」ポツーン

上条「な、何なんだよこの胸の高鳴りは!」ドキドキ

上条(久しぶりだな・・この感覚)

わんこ「ワン!」トテトテトテ…

上条「ぬわっ!」ビクッ

上条「・・・帰るか」


15: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:53:51 ID:6LxpitPd0

――――風紀委員第一七七支部

?「ただいまー」ガチャ

初春「あ、先輩!聞きましたよ~強盗犯三人を捕まえたんですって!?お手柄じゃないですかぁ!」キラキラ

?「まぁ強盗って言っても・・・そんな凶器持ってたりとかじゃなくて引ったくりみたいなもんだったからねぇ」ギシッ

初春「あっ、私今お茶入れますね~」トコトコ

黒子「あら、お帰りなさいませ先輩。こちらパトロールの報告書と・・・冷た~い麦茶ですわ!」コトッ

?「うん、ありがと~」

初春「あ!白井さん!今私が入れようとしてたんですよーっ!」プクー

黒子「甘いですわ初春。一流の淑女たるもの、常に相手の一手も二手も先の事を考え、行動すべきですの」クドクド

?「あ」

黒子「そもそも今アナタが入れようとしてるのはそのポットから出てくるお茶ではないですの?そんなものを炎天下の中帰ってこられた先輩に飲ませるなど愚のk

初春「ほぇ?どうしたんですか?」

黒子「ちょっと、聞いてますの初は

?「しまったあぁ!被害者の名前聞くの忘れてたぁっ!あーもうバカバカ」ポカポカ


17: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:55:06 ID:6LxpitPd0

黒子「あらあら、先輩にしては珍しいミスですわね」

初春「でも先輩って一見クールに見えますけどそういうドジなとこありますからねー」

?「うぅ・・・ごめんなさい」ショボン

黒子「で、その被害者とやらはどんなお方ですの?」

初春「うまく行けばデータバンクで解るかもしれませんもんね」カタカタ

?「んーっとねぇ、あれはどこの制服なのかしら?とりあえず高校生くらいの男の子でぇ」

黒子「まったく、殿方ともあろう者が自らの力で強盗にも立ち向かえないなんて」

初春「ふむふむ」カタカタ

?「髪がすっごいツンツンでぇ」

黒子「まぁ下品!髪がツン・・・え?」ピクッ

?「ん~、あとものすごい不幸体質みたいね」

黒子「」プルプル

初春「うーん、それだけじゃちょっと・・・他に何か無いんですか?」

黒子「も、もう結構ですの!」バンッ!


19: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:56:15 ID:6LxpitPd0

初春「ひゃぁっ!」ビクッ

?「し、白井さん!?」

黒子(おのれ類人猿!お姉様では飽きたらず、大切な先輩にまで毒牙を向けるとは!)ムキーッ

?「ね、ねぇ・・・私何か悪いこと言った?」ゴニョゴニョ

初春「い、いえ・・・ただ、白井さんがおかしいのはいつものことですから・・・」ヒソヒソ

黒子「先輩!」

?「はっ!はい!」ビクッ

黒子「その被害者を思い返してみて、何か変わったことは!?」

?「えっ?変わったことって・・・」

黒子「『なんだか胸が締め付けられるー』とか『あーあの人のことばかり考えちゃうー』とかの症状ですの!」ハァハァ

?「い、いや今は特に何も・・・え?もしかして知り合い?え?」

黒子「し、失礼・・・コホン そうですの・・・それなら良かったですわ」
(先輩が鈍かったから良かったものの・・・常人なら奴の能力、フラグメイカーでイチコロですわ!)ゴホン


20: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:57:21 ID:6LxpitPd0

黒子「と!に!か!く!」

?「聞いてない・・・」

黒子「類人え・・・もとい被害者には金輪際、お近きにならない方がよろしいですわよ!固法先輩!」ビシッ

固法「な、なんなのよ一体!・・・もぅ」

初春「し、白井さん何か知ってるんですかぁ?」ビクビク

黒子「何も知りませんわ!」カッ

初春「ひゃう!」ピュン

固法(不幸なツンツン頭の高校生・・・か)


21: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:58:16 ID:6LxpitPd0

禁書「ふーん・・・で、今日のごはんはどうするの?とーまー」ガブッ

上条「えーと・・・インデックスさん?あなたは今までの話を聞いてやがったんでせうか?あとこれ以上歯形を増やさないでいただきたいんですがー」

禁書「そんな言い訳聞きたくないかも!とーまの言い訳を聞いてもお腹の虫は収まらないんだよ!とーまーお腹へったよーっ!とーまー!」ジタバタ

上条「・・・・・・」バンッ!

禁書「!!」ビクッ

禁書「と、とーま?」

上条「そうか、お前がそんなに言うなら仕方ない・・・」スック


22: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 18:59:08 ID:6LxpitPd0

禁書「???」

上条「非常食として隠しておいたこのカップ麺様の封印を解く時がきたか・・・」ビーッ

禁書「あ!とーまそんなところに隠してたんだ!」

上条「あぁ、お前に食われてるんじゃないかとヒヤヒヤしたが・・・どうやら無事だっt」

禁書「罰としてスー〇ーカップ二つ食べさせてもらうんだよ!」

上条「・・・・・」


23: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:00:07 ID:6LxpitPd0

―――翌日


上条「ちーっす」トコ
トコ
青ピ「おっはよーっ!かみや~ん」

土御門「おぉかみやん!・・・ん?どうしたぜよ、その包帯グルグル巻きは?」

青ピ「なんやなんや、また別の女の子助けとったんかいな?」チッ

■■「」ピクッ

上条「あーこれか?これはなぁ・・・ぐへへっ」ニッタアアァ

青ピ(うわあ・・・)

土御門(きめぇ)
キンコンカンコーン

小萌「は~い、皆さん席に着いてくださ~い!」


25: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:01:32 ID:6LxpitPd0

土&青「はああぁぁ!?好きな人ができたあぁ!?」

姫■「」ガタッ

青ピ「な、なな何を言っとんのやかみやん!かみやんは生粋のフラグメイカー!そのフラグメイカーが・・・」

土御門「逆に旗を立てられてどうする!(激ニブのかみやんを惚れさせるとは・・その女ただもんじゃないにゃー・・・)」

土御門「で、相手は誰だ!?舞夏であるならお前を殺さねばならん!」スッ

上条「わー!待て待て!実は・・・」






26: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:02:31 ID:6LxpitPd0

上条「・・・っていうお話だったのさ」モグモグ

青ピ「ふむふむ、つまりはその武闘派メガネ風紀委員に一目惚れした・・・と」パクパク

上条「武闘派って言うな!どっかの暴力女みたいじゃねーか!」

吹寄「」パリン

上条「彼女は上条さんの不幸な右手をも優しく包んでくれる言わば天使!そして必殺技(上目使い)まで持っている・・あっという間に俺の心は彼女にジャッジメントされちまったんだ・・・」タハー

青ピ「えぇなえぇなぁw普段は強い私がアナタだけに見せる本当は弱い私・・ギャップ萌えやでーっ」ハァハァ

土御門「でも名前も知らないんだろ?どうやって進展する気ぜよ?」ムッシャムッシャ

上条「」ピタッ

青ピ「おろ?」

土御門「急にフリーズしちまったにゃー」ゴックン

上条「そおぉなんだよおお!助けてくれよ青ピ!土御門ォ!」オオオ

青ピ(うわっ・・・)

土御門(汚ったねぇ・・・)


28: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:03:32 ID:6LxpitPd0

土御門「とにかく何か手掛かりがあるはずだにゃー」

青ピ「かみやん、何か思い当たる節はないんか?」

上条「む、そういえば」

土&青「そういえば?」ゴクリ

上条「服の上からでもハッキリ分かる・・彼女の乳はとても豊かだった・・・」キリッ

土&青「・・・」ドカッバキッ

土御門「オイ・・ふざけてんのかかみやん?」

青ピ「今更巨乳なんかで羨ましがらへんでー?まぁボクは許容範囲内やけど」

上条「お、落ち着け!巨乳繋がり・・黄泉川先生と面識があったはずだ!」

土&青「そういうことを最初に言え」

エッ、チョットイマキョニュウガドウトカッテ…
ウワッ!コッチミテルヨコワイニゲヨー
タッタッタッ

Δ「・・・・」


29: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:04:30 ID:6LxpitPd0

―――教員室
Δ「頼もーっ」ガラッ
小萌「おや、上条ちゃんたち、どうしたのですか~?」

青ピ「おぉっ!小萌センセーや~ん♪いや~放課後の先生もかわえぇ~なぁ~」ウッヒョー

土御門「もはや意味がわからんな」

上条「あの~黄泉川先生はいずこでせうか・・?」

小萌「黄泉川先生ですか?先生なら・・」

黄泉川「私がどうかした?じゃん」ザッ

小萌「あっ!黄泉川先生、何やらこの子達が先生に話があるらしいのですよ~?」

黄泉川「ん?私に・・・話?」

上条「タハハ・・実は・・」


31: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:05:11 ID:6LxpitPd0

黄泉川「ふーん、大体事情は読めたじゃん?・・でもまぁ、昨日の事件の被害者がまさかアンタだったとはねぇ」ニヤニヤ

上条「はぁ・・・お恥ずかしい」

黄泉川「で?助けてもらったジャッジメントに会ってどうする気?じゃん」

上条「お、お礼が言いたいんです!」

黄泉川「お礼?それだけなら代わりに私が言っといてやるじゃん?」

上条「えっ」

黄泉川「はぁ・・・いいかい?アンタがやろうとしてることは見方が変わればただのストーカーじゃん?
あの娘も私の大切な教え子なんだ、半端なハエは打ち落とすよ」キッ

土御門「なっ!?何言ってんだ!かみやんは本気で」

上条「いい!土御門!」

土御門「で、でもよ、かみやん・・・」

青ピ「小萌センセー最高やーっ!」

土御門「お前は黙ってろォ!」


32: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:06:09 ID:6LxpitPd0

上条「黄泉川先生・・先生の教え子を想う気持ち、分かります」

黄泉川「ん」

上条「でも俺・・・あの人の事もっと知りたいんです!そして俺のことも知って欲しい!」

小萌「まっ///」

上条「確かに今は俺の一人相撲だけど・・好きなんです!好きになっちゃったんですよ!」

土御門「・・・フッ」

黄泉川「・・・プッ」

上条「へ?」

黄泉川「ククク・・・アッハッハッハッ!」

小萌「せ、先生・・?」

黄泉川「いや~悪い悪い!試すような事やっちゃって!
ちょっとからかうつもりが・・まさか大胆告白しちゃうとはねぇ?」ニヤニヤ

上条「///」カァァ

黄泉川「よ~し気に入った!アンタの気持ち、ちゃんと伝わった・・じゃん?」ニッ

小萌「ま、黄泉川先生らしいですねぇ」
(ちょっとドキドキしちゃいましたけど)


33: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:06:59 ID:6LxpitPd0

黄泉川『あの娘の名前は固法美偉』

上条『このり・・みい・・さん』

ドドドドドド
青ピ「×〇高校はとっくに下校時間を過ぎてる!直接支部に向かうで!」

黄泉川『×〇高校の風紀委員第一七七支部所属・・・』

土御門「流石青ピネットワーク!ストーカー紛いな情報が詰め込まれてるにゃー」

黄泉川『私がしてやれるのはここまでじゃん?・・・後は自分で頑張りな!』

上条「俺なんかの為に・・・ありがとうな、お前ら・・」ホロリ

土御門「今更水くさいにゃー」

青ピ「そーそー、ボクらは友達やろ?」

黄泉川『これも青春・・・じゃん?』ニッ

上条「あぁ・・駆け抜けようぜ・・・!」
ドドドドドド・・・


黄泉川「まったく、騒がしい連中だったじゃん?アンタんとこの・・・」

小萌「若いっていいですね~」ズズーッ


34: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:07:48 ID:6LxpitPd0

――――風紀委員第一七七支部 前

青ピ「ハァー着いたで!ここハァーが一七ハァ七支部ハァーやーっ!」

上条「ハーっハーっ・・・あ、あのさ!」ハァハァ

土御門「な、なんぜよかみやん!」ハァハァ

上条「このクソ暑い中走ってきたけど・・・俺たちこれからどうすんだ?」

青&土「・・・」

土御門「パトロール中に遭遇しても軽くあしらわれるだろうにゃーっ」

青ピ「とりあえずこの場を離れよ・・・」
ウーイッハルーン バサァッ
ギャーッ!ヤメテクダサイサテンサーン!

青&土「!!」バッ!

青&土「眼福眼福」

上条「オイ」


36: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:09:09 ID:6LxpitPd0

青ピ「・・・んじゃあじっくり話ができんのは勤務時間終了後・・・ってことになるんやけど?いいんやなかみやん?」

上条「オ、オゥ!時間ならたっぷりあるぜ」

青ピ「風紀委員の勤務時間ってのが大体完全下校時刻直前・・・」

上条「あと3時間半・・・か」

土御門「甘いぞ!残業を任せられるかも知れんし、そもそも出勤してないかもしれないにゃー」

上条「そ、そうか そうだよな」

青&土「・・・」ポクポクポク チーン

青ピ「んじゃかみやん、後は頑張ってな~」ノシ

土御門「骨は明日拾ってやるにゃー」ノシ

上条「お、お~う またな~」フリフリ

上条「・・・ってうおおぉい!俺たち友達だろ!?一緒にいてくれるんじゃないのかよ!?」グイグイ

土御門「家で舞夏が待ってるにゃー」ブーブー

青ピ「来るかもわからん風紀委員に裂いてる時間なんてあらへんよーっ」ブーブー

上条「嫌だ!俺一人じゃ怖い!そばにいてくれーっ!」


37: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:10:10 ID:6LxpitPd0

―――とある公園

上条「・・・で結局」

上条「はぁ、不幸だ・・・」フゥー

?「ちょっとそこのアンタ!」

上条「げ、ビリビリ」

御坂「ビリビリじゃないっ!御坂美琴」ビリビリ

上条「だーっ!もう分かった分かった!で?その美琴お嬢様が俺に何の用なんだ!?」

御坂「えっ?別に用事なんかないけど・・・(だ、だって見つけちゃったんだもん///)」

上条「・・・」フゥー

御坂「ちょっと!何でそこで溜め息をつく!?(私と居るのが嫌なの?オロオロ)」


38: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:11:21 ID:6LxpitPd0

上条(・・そういえばビリビリの後輩・・・白黒も風紀委員だったよな・・・)ジー

御坂「な、なによぅ・・(そんな見つめられたら照れるじゃない///)」カアァ

上条「なぁ御坂・・・」

御坂「は、はひっ!///」ビクッ

上条「お前固法さん・・・って知ってるか?」

御坂「えっ!?こ、このりさんこのりさん・・・えっ?」

上条「やっぱ知らないか・・・」フゥー

御坂「このりさんって・・・固法先輩のこと?」
(なんでコイツが固法先輩について聞いてくんのよ!ってか知り合い!?)ソワソワ

上条「しっ!知ってるのか!?」ガバッ

御坂「ち!ちょっ!肩っ!・・///」ボンッ!

上条「お、オイ御坂!どうした!?」ブンブン

御坂「・・・ふ」

上条「ふ?」

御坂「ふにゃぁぁ・・///」プシュー

上条「・・・ダメだこりゃ」


39: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:12:10 ID:6LxpitPd0

上条「お~いビリビリ、大丈夫か~?(暑さでのぼせちゃったのか?)」パタパタ

御坂「ん~・・・」ムニャムニャ

上条「・・・コイツもおとなしかったら可愛いのにな」パタパタ

ピンポンパンポーン
アナウンス「学生の皆さん もうすぐ完全下校時刻です 速やかに――――」

上条「やべっ!急がないと!」

上条「じじじゃあなビリビリ!すまん!」ダッシュ!

御坂「ムニャムニャ・・とうま~」zzz


ジャンッ!デンキハタイセツニネ?ビリビリ♪

上条「げ、大画面にまでビリビリ・・・」タッタッタッ


40: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:13:09 ID:6LxpitPd0

上条「ビリビリのやつ・・・あのまま公園に置いてきたけど・・・大丈夫だよな、きっと」タッタッタッ

―――第一七七支部 前

上条「つ、ついに来たんだな・・・この時が・・」ドキドキ

上条「ぬおーっ!逃げたい!でも逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げ」ブツブツ

ソレジャアオサキニシツレイシマース
オツカレサマデスノ

上条「きっ!来た!」ドッキーン

キョウモツカレマシタネー
デスノ

上条「ま!まさか2人!?しまった!複数は想定外・・・ええい、ままよっ!・・・」ドクンッ

黒子「――えぇ、それよりも・・・あら?」

初春「? どうしました白井さぁん?」
上条「・・・ッ!」

黒子「ゲェッ!る、類人猿!?」ヒィィィ


41: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:13:52 ID:6LxpitPd0

上条「・・・なんだ白井か」ホッ

黒子「な!なんだとはなんですの!?レディーに向かって!
・・・はっ!さてはアナタ、固法先輩を襲いに!?」

上条「こ、この紳士な上条さんが恩人を襲うかっ!///・・俺はただ彼女になにかお礼をしたいだけだっ!」

初春「しっ!白井さん!誰なんですか知り合いなんですか悪い人なんですか!?」ワタワタ

黒子「な!『ナニでお礼』ですって!?やはり類人猿!性欲もオサルさん並みですのっ!」

上条「」

黒子「ムキーッ!先輩の貞操を奪うことがアナタなりのお礼だと言いたいんですの!?よろしい、ならばこの白井黒子、全身全霊を持ってアナタの企みを阻止してみせますわ!」ハァハァ

上条「チッ・・・うっせーな」ボソ

初春「はわわわ///し、白井さん!そんな大声ではしたない言葉言わないで下さい!」ワタワタ


43: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:15:13 ID:6LxpitPd0

上条「あ、御坂が知らない男と歩いてるー」チラッ

黒子「んなっ!だ、騙されませんわよ!この白井黒子、その程度のフカシで・・・」ソワソワ

上条(あともうちょいだな・・)
「ホントだぞーっさっきそこの角曲がって行ったからなーっいやもしかしたらボクの見間違いかなーっ」

黒子「く・・・」
(この類人猿の言うことが本当なら、黒子は・・黒子は・・・)

黒子「お、覚えてらっしゃい上条当麻!おっねええぇぇさまぁぁぁ!・・・」ドドドド

初春「ちょっ!白井さーん!置いてかないで下さいよ~っ!・・あっ!し、失礼します!」ペコリ

初春「白井さーん!」パタパタパタ

上条「お~、気をつけてなー」フリフリ

上条「・・よし」


44: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:16:12 ID:6LxpitPd0

・・・30分後
上条「さっきの白井の口振りからすると・・あの人はまだ中にいる?明かりが付いてるから残業・・かな?」

上条(だいぶ待たないといけなさそうだな、不幸だー)


・・・50分後
上条(そういえば何も考えずに突っ走ってきたけど・・俺が勝手に押しかけても迷惑なだけなんじゃ?・・・確かにやってることはストーカーと一緒・・か)ハァ
上条(・・何か疲れた)ペタン


・・・一時間後
上条(あ、インデックスとスフィンクスの餌・・・まぁなんとかなる・・よ・・な・・)…zzz


45: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:17:10 ID:6LxpitPd0

?「大・・で・・す・?」

上条「ん・・・」ウトウト

?「大丈夫ですか~?」ツンツン

上条「あ・・寝ちまったのか・・って何やってんだ俺!!」ガバッ!

固法「あら!アナタやっぱり昨日の・・・ツンツンくん!」

上条「わああぁ!!」ビクッ

固法「こんなとこで寝てたら・・風邪ひいちゃいますよ?」クスッ

上条「こ、こここっこのこのこここ!///」
(こ!固法さんだ!本当に会えた!)アワアワ

固法「そうそう!私アナタにスッゴい会いたかったのよ!」パアァ

上条「・・・へ?」ドキッ

固法「ちょっと支部の中まで来てくれるかしら?」グイッ

上条「え?ちょっ・・・待っ・・・え?」

固法「いーからいーから♪」グイグイ


46: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:18:06 ID:6LxpitPd0

―――支部内

上条(オ、俺に会いたかった…ってウソ!?もしかして固法さんも…///)

固法「いきなりゴメンなさい…ね?実は私…」

上条(あわわわわわ///待ってください!まだ心の準備がっ!)ドキドキドキドキ

固法「昨日の報告書にアナタの情報記載しないといけないのに…私うっかりしちゃってて…」

上条「じ、実は俺も!……えっ?」

固法「? どうかした?」

上条「い、いえ!何も!ナハハ」ワタワタ

固法「悪いけど今何か身分証持ってないかな?」

上条「あ…がっ学生証でもいいですか?」
(そっか…そりゃそうだよな…何期待しちゃってんだ俺…)ゴソゴソ

固法「うん、ありがと!」ニコッ

上条(くぅっ///)


47: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:20:07 ID:6LxpitPd0

上条「そっそれにしても・・・いいんですか?
部外者の俺なんか支部に入れちゃっても?」ソワソワ

固法「ん?いいのいいの!どうせ私達二人だけなんだから」
(最近は本当に溜まり場になっちゃってるし)

上条(ふ、二人っきり///・・・いかん落ち着け上条当麻!今はまだ早い
落ち着いて素数を数えるんだ・・0,1,2,3,4、、、)ブツブツ


49: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:20:58 ID:6LxpitPd0

固法「ふむふむ、上条当麻くん・・・とある高校の一年生・・・か」スラスラ

固法「はい、ありがと! じゃあ私より一つ下なんだ?」スッ

上条「は、はい!・・てことは固法さんは二年生なんですね!」
(年上好きの俺歓喜www)

固法「・・・ん?私の名前・・・まだ言ってなかったよね?どうして・・・?」ジトー

上条「あっ・・・違います違います!そんな目で見ないでください!
黄泉川先生に聞いたんです!ウチの学校の教師で・・・あの時知り合いっぽかったから・・
決してストーカーとかそんな怪しいもんじゃ」ワタワタ

固法「・・・ぷっ  クスクス」

上条「・・・へ?」

固法「ご・・ごめんなさい!だってさっきの上条くん、凄い必死な顔してたから・・・ふふっ♪」

上条「は、はぁ・・・」
(そんな変な顔だったのか俺?)


50: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:22:06 ID:6LxpitPd0

固法「へぇ~、黄泉川さんと一緒の学校なんだ?
・・・じゃあ支部の前で寝てたのも偶然じゃ・・なかったのかな?」ズイッ

上条「(うぅっ///)あ、あああんまりからかわないでく・・ださ・・い」プイッ

固法「・・・ふ~ん、違うんだ・・・」

上条「あっ、いっいや!そのっ・・・! 」
(オっ!俺のバカ!なんでそこで誤魔化そうとする!?・・・せっかく良い雰囲気だったのに!)

固法「それじゃあ用も済んだし帰ろっかな~」ガチャ

上条「あっ!あのっ!・・・」

固法「ん?」クルッ

上条「ほ、本当は俺・・固法さんに昨日のお礼がしたくて・・その・・」カァァ

固法「・・・・」ジー

上条(ダ、ダメか・・・!?)

固法「クスッ  ・・じゃあもう遅いし・・送ってもらおっかな♪」

上条「!!  は、はい!送ります!いや送らせてくださいっ!」
(い、いやったあああぁぁぁぁ!!)


51: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:23:17 ID:6LxpitPd0

ーーーとある公園
オネエサマー  オネエサマー

黒子「おおおのれええ上条当麻!!お姉さまなんてどこにもいらっしゃいませんの!
やはり私に嘘っぱちを教えましたのね!?」ムキー!

黒子「・・むむ?完全下校時刻もとっくに過ぎたというのに・・こんな公園のベンチでのんきに眠ってらっしゃるおバカさん発見ですの!
腹いせにジャッジメントさせて頂きますわ!」ツカツカ

御坂「すぴーーーー」

黒子「ぶっ!」

黒子「お姉さま!起きてくださいまし!名門常盤台のエースともあろうお方が
こんな場所で無防備にお昼寝とは!なんてはしたな・・・無防備?」

御坂「む~・・・ん」スヤスヤ

黒子「・・・・」ゴクリ


52: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:24:12 ID:6LxpitPd0

黒子「お、お休みになられているのならば仕方ありませんわ!」チラッ

御坂「zzz」スピピ

黒子「」ブホッ

黒子(は、鼻血が・・止まりませんの!)ボタボタ

黒子「し、しかし寮の門限がございますのでこ、この黒子の目覚めのキ、キスで・・・!
ん~~・・・ん?」パリッ

バリバリバリバリバリbaribaribaribari!!!!

黒子「にぎゃああああぁぁぁぁぁぁ!!!」

黒子「で、電撃の自動制御・・・流石ですわお姉さま、いつのまにこんな能力・・を・・」プスプス

御坂「う~~ん・・?黒子、なんでアンタがここに?
・・・ってやだ!もう真っ暗じゃない!?」

黒子「・・・ちなみに私も真っ黒ですの」プスプス


54: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:25:15 ID:6LxpitPd0

上条「ーーーそれでウチの居候がまたすぐに噛み付く奴なんですよね~」

固法「ふふっ♪  それでそれで?」
(あぁ、あのときの歯形はその子の・・・)

上条「しかも働かないわハラペコキャラだわで・・・上条家は常に火の車なのですよ(泣)」

固法「クスッ (やっぱり面白い人・・)」


上条「固法さん?上条さんは大真面目な話をしてるんですよ?」

固法「あはは!ごめんなさいっ  ・・・アナタも大変なのね♪」

上条「完全に他人事ですね・・・あっ!喉渇きませんか?奢りますよ、俺!」タタタ

固法「いいの?火の車なんでしょ?」

上条「いいんですよ、お礼するって言ったのは俺ですし
穀潰しに比べたらジュースなんて可愛いもんですから」ウイーン


55: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:26:07 ID:6LxpitPd0

上条「・・・れ?」ガチャン

上条「~~~~~~~~ッ!!」ガチャンガチャン

固法「ん、どうしたの?」


上条「呑まれた・・・・なんたる不幸ーーーっ!」

固法「ぷっ!あっはっはっ・・・!」

上条「・・・・」ドヨーン

固法「くくっ・・・!わかったわ、私が出してあげる♪」チャリンチャリン

上条「え!で、でも・・・」

固法「いーのいーの、先輩に任せなさい」ピッ

    ゴトンッ

固法「・・・ね?」

上条「・・・・///」カァァ

固法「ぷっ!くくっ・・!」


56: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:27:06 ID:6LxpitPd0

ーーー公園

上条「ずっと気になってたんですけど・・・」

固法「ん?」ゴクゴク

上条「固法さんって・・メチャクチャ強いっすよね・・・」

固法「ん~、そうかしら?」

上条「そうですよ!昨日だって正直勝てるなんて思いませんでしたよ!」

固法「・・どうして?」

上条「そ、そりゃ固法さんは女性で腕細いし・・こ、こんな可愛い・・人が・・///」ゴニョゴニョ

固法「能力者の闘いで性別や腕力なんて関係ないわよ?
大切なのはその能力をどう使いこなすか・・じゃないかな?」

上条「・・・てことは固法さんも能力を?」

固法「そ、 ・・ねぇねぇ、なんだと思う?私の能力」ズイッ

上条「えっ!?」
(ち、近い・・///)


57: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:27:51 ID:6LxpitPd0

固法「・・・ねぇ?」ギュン

上条「(うぅ///)そ、そそそうですね!
そういえば大男が派手にぶっ飛んでたから・・空力使いとか!?」

固法(・・・あれ?)ゴシゴシ

上条「ち、違いますか?」
(眼鏡を外すと目が33に・・・!)

固法「」ジー

上条「///」


59: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:29:00 ID:6LxpitPd0

固法「やっぱりおかしい!なんでアナタだけ透視できないの!?」

上条「へっ」

固法「私の能力は透視能力(クレアボイアンス)!
でも上条くんだけは透視できない!」

上条(透視能力者・・・ん?じゃあこの人・・普通に強いだけ!?)

固法「ねぇ!どうして!?」グイッ

上条(ち、乳が腕に当たっとります!///これ以上は制御不能ですぞ!?)
「あ、あぁ、多分それは俺の右手・・・幻想殺し(イマジンブレイカー)が打ち消しちまってるんですよ」

固法「イマジン・・ブレイカー?(・・何で急に前屈みに?)」


60: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:29:48 ID:6LxpitPd0

上条「まぁ簡単に言えば右手で触れちまえばどんな異能の力も打ち消しちまうんですよ」

上条「例えそれが超電磁砲だろうが歩く教会だろうが・・・」

固法「? 歩く教会?」

上条「あっ!いえ、ただのひとり言です」アセアセ

固法「・・・ふーん」

上条「まぁ、おかげで神様のご加護ってのも打ち消しちまってるみたいなんですが・・・(泣)」

固法「クスッ 納得♪」


61: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:30:31 ID:6LxpitPd0

上条「・・・で、透視能力がバトルで役立つってのは・・?」

固法「ん、この眼ね・・透視だけじゃなくて・・
ちょっと集中したら見えちゃうの」ギュン

上条「み・・見えるって・・何が?」ゴクリ

固法「見た相手の動き・・直ぐ先の未来・・」

上条「えっ?」

固法「動体視力が異常に発達して・・筋肉の伸縮、骨格の動きまで見えてしまうから・・
次に相手がどんな行動をするのか、イメージが勝手に浮かび上がってくるのよ」

上条「つまり、相手の動きを完璧に見切れる・・ってことですね」
(何かの漫画であったな、そういうの)

固法「LV3じゃあこんなだけど、昔のLV5は千里眼とか・・本当にいたみたいよ?」


62: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:31:21 ID:6LxpitPd0

黒子「まったく、お姉さまのおかげで完全に寮監のお仕置きフルコース決定ですの!」スタスタ

御坂「だ、だから謝ってんじゃない!
まさかアンタが引っかかるとは思わなかったんだし!」スタスタ

黒子「そもそもどうしてあんな場所でお休みになられてたのか・・・
私はそちらが引っかかりま・・・あら?」ピタッ

御坂「ん?どしたの黒子~」

黒子「ゲッ!か、隠れますわよ!お姉さま!」

御坂「えっ?ちょっ!黒」ヒュンッ

     ガサッ

御坂「あたた・・何なのよ一体・・・」

黒子「シッ!固法先輩と類人猿ですの!」ヒソヒソ

御坂「えっ!?先輩とアイツが・・なんで!?」ズキッ

黒子「話せば長くなりますの!今は静かにしてくださいまし!」ヒソヒソ


63: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:32:10 ID:6LxpitPd0

上条「あの・・・いいんですか?ここまでで・・・」

固法「えぇ、私の寮もすぐ近くだから大丈夫よ?」

上条「そう・・ですか・・・」
(なにやってんだよ!早く告白しないと本当に終わっちまうぞ!)

御坂(あ!アイツ・・・!)ズキズキッ

固法「いっぱい話できて楽しかったわ、上条くん♪」ニコッ

上条「あ・・ぅ・・」
(笑顔を見るのが辛い!言え!早く!)

固法「それじゃ、お休みなさい」フリフリ

上条「あ、あのっ!」

御坂(!!!)

固法「ん?」


64: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:33:04 ID:6LxpitPd0

黒子「類人猿めぇ~~~!しつこいですの!まだ何かありますの!?」イライラ

上条「ま、また会ったら・・お礼・・させてもらえますか?結局・・できなかったんで・・・」
(なんだよ会ったらって!?情けないぜ上条当麻・・お前は腰抜けだ)

固法「・・・・」

御坂(ウソ・・・)

固法「そうね・・じゃ、連絡先交換しょっか?」ゴソゴソ

上条「えっ」

固法「あ、嫌だった?」シュン…

上条「い、いえ!ありがとうございます!」ピッピッ
(やった!やったぞ!)


65: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:33:58 ID:6LxpitPd0

黒子「くうぅ・・やりますわね上条当麻!あぁ~~固法先輩まで毒牙に・・
・・お姉さま?」

御坂「・・・・・」

固法「じゃ、また今度・・ね?お休みなさい!」スタスタ

上条「は、は~~~~~い!お気をつけて~」フリフリ

上条「・・・・・」フリフリ


上条「つっはーーーーっ!!し、死ぬかとおもったぁ!」
(ドキドキさせられっぱなしだった・・固法さん最高だぁ~///)フラフラ

黒子「ちょっ!お姉さま!?」

    ガサッ

御坂「ちょっとアンタぁ!」

上条「うぇっ!・・ビリビリ!?なんでお前がここに!?」

御坂「ちょっと付き合ってもらうわよ・・・着いてきなさい」パリリッ

上条「・・・へ?」

黒子「こ、これは・・えらいことになってしまいましたの!」ブルブル


66: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:35:05 ID:6LxpitPd0

固法「ただいま~♪」ガチャッ

柳迫「あ、やっと帰ってきた・・・残業?」

固法「まぁね~♪」ルンルン

柳迫「はい、いつものミルク」コトッ

固法「ん~疲れきった身体にムサシノ牛乳!やっぱこれよね~」

柳迫「・・・やけに機嫌いいのね?何か良いことあった?」

固法「ん、別に~?」ゴクゴク

柳迫「そっか、ところでさ」

固法「ん」ゴクゴク


柳迫「さっき一緒にいた男の子、美偉の彼氏?」

固法「ブ―――――ッ!!」

柳迫「・・・・」ポタポタ


67: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:36:13 ID:6LxpitPd0

固法「ゲホッゲホッ  い!いきなり何言い出すのよアンタ!」

柳迫「え? 違うの?」フキフキ

固法「か、上条くんは彼氏とか別にそんなんじゃ・・・」ワタワタ

柳迫「ふ~ん あの人、上条っていうんだ?」ニヤニヤ

固法「み、見てたの・・・?」

柳迫「そりゃあもう!仲良く腕組んじゃって『ねぇ!どうして!?』か――っ見せ付けてくれる!
   いや~美偉にもやっと春が来たか~」ウンウン

固法「あ、あれは違うのよ!///」アセアセ

柳迫「別にごまかさなくてもいいんじゃないの?」

固法「わ、私は別に・・」

柳迫「・・彼のこと何とも思ってないの?」

固法「面白い人だな~って・・」

柳迫「ねぇ・・もしかして気づいてない?」

固法「な、何が?」


69: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:36:59 ID:6LxpitPd0

柳迫「何が・・って・・その上条って子、明らかに美偉に気があったじゃん!」

固法「そ、そんなこと・・」

柳迫「・・・フウー  ねえ美偉、風紀委員も大事かもしれないけど、アンタがそんなんだったら・・・
本当に愛想尽かされるわよ?」

固法「うっ・・・」グサッ

柳迫「ただでさえ風紀委員はマジメでおカタい人が多いって思われてるのに・・」

固法「あ、アンタだって一応風紀委員じゃない!」

柳迫「私が  恋愛>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>風紀委員 なの知ってるでしょ?」

固法(開き直ってる・・・)


70: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 19:37:54 ID:6LxpitPd0

柳迫「とにかくアンタがいつまでもそんなんじゃ、あの上条って子・・・
美偉なんかにせっかくアプローチしてくれてんのに可哀相よ」ホロリ

固法(ウソ・・・上条くんが私のこと・・?)

柳迫「今すぐってわけじゃないけど・・
少しでも彼の気持ちに気づいてあげてもいいんじゃないの?」

固法(・・・・)

柳迫「嫌いじゃないんでしょ?彼のこと」

固法「・・・・うん」


75: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 20:18:39 ID:6LxpitPd0

―――いつもの河原

上条「…もういいだろ御坂、なんなんだ一体?勝負ならやらないぞ~
俺だって帰ってやることが山ほど…」

御坂「アンタ、固法先輩とどういう関係よ」

黒子「お姉さま、それについては私が」ササッ

御坂「黒子は黙ってて!コイツの口から直接聞くんだから!」

黒子「り、了解…ですの」
(マズイ、これはヒジョーにマズイですの!)ダラダラ

上条「…別になんにもねーよ」フゥー

御坂「ウソ」

上条「いや本当だって!」

御坂「…きなの?」

上条「え?」

御坂「先輩のことが好きなんでしょ!?」パリッ


78: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 20:25:52 ID:6LxpitPd0

上条「お前なに言って…」

御坂「ちゃんと答えてよ!!」ビリリッ

上条「!!」ビクッ

黒子「お姉さま…」

上条「…あぁ、そうだよ!好きさ、好きだよ!大好きさ!!」

御坂「うっ……」ズキッ

上条「俺が誰かを好きになっちゃダメなのかよ!?
確かにこの俺、上条当麻はお前達の大切な先輩とやらにベタ惚れだ!悪いか!?」

黒子(完全にヤケクソですの…)


79: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 20:36:04 ID:6LxpitPd0

御坂「あ、アンタが先輩とつりあうと思ってんの!?なに夢見ちゃってんのよ!バカみたい!」
(何言ってんの私!?止めて!こんなこと言いたくない!)バチッ

上条「お、俺だってつりあってるなんて思ってねーよ!そりゃ固法さんは美人だし大人っぽいし強えーしスタイルいいし!
不幸でバカでオマケに貧乏なおれなんかじゃダメダメってことくらい!」

御坂(うっ!うぅ…!)ズキズキズキ
バチバチバチバチ

黒子(お姉さま落ち着いてくださいまし!漏れてますわよー!)アタフタ

上条「でもそんな理由で諦められるか!?もしお前だったらそんな簡単に諦められるのかよ!?」

御坂(できないよ!できないからこうして…)


80: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 20:44:58 ID:6LxpitPd0

御坂(私も…)

御坂(私もアンタのことが好きなだけなのに…っ!)

上条「俺が誰を好きになろうがお前には関係ねーだろっ!」

御坂「も…もう止めてえええぇぇぇぇっ!!」バリバリバリバリ
ドオオオオオォォォン

上条「どわあぁ!」

黒子「やっぱりこうなりましたの!!死ぬ!本当に殺されますわ!」ヒィィィ


81: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 20:53:39 ID:6LxpitPd0

柳迫「わっ!なに今の音…雷?」

固法「河原の方から!?ち、ちょっと見てくる!」ダッ
(急に落雷なんてあり得ない!これは能力者!)

柳迫「あ!ちょっ…もう、ホント真面目なんだから…」フゥ



御坂「どうして固法先輩なのよ!どうして?どうしてアンタはっ!?」
  ズガガガガガガガ
上条「くっ…!御坂!お前…!」

  バリバリバリバリ
黒子「ご乱心――!ご乱心ですわ!お姉さま!落ち着いて…あうっ!」ビタン!

黒子「き、今日は厄日ですの…」ガクッ


88: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 22:30:14 ID:6LxpitPd0

御坂「どうして!?なんで私じゃないのよおぉぉっ!!」
   バリバリバリバリバリバリ
上条「くっ!…いい加減にしろ!御坂ぁ!!」ダッ

御坂「私はアンタに・・・振り向いてほしいだけなのにーーーーっ!!」
    バシュウウウウゥゥゥゥ・・・

御坂「っ!?嫌!離して!離してよっ!!」

上条「離すかバカ!どうしたんだよ!?お前おかしいぞ!?」

御坂「うるさいうるさいうるさい!!人の気も知らないで――――」

上条「!!   お前……!」

上条「泣いてる…のか?」


91: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 22:41:58 ID:6LxpitPd0

御坂「ひっく…どうしてよ…もうやだ…ヒック」

上条「…悪かった」パッ


固法「あなた達!何やってるの!!今何時だと思ってるのよ!?」

上条「!!  固法…さん!?」

固法「え!?上条くん…と…御坂さん!?」ハッ

固法「御坂さん!どうしたの!?」タッタッタッ

御坂「あ…うぅ…こ、このりせんぱあぁあい!うわああぁぁん!!」ダッ

固法「…よしよし、もう大丈夫よ?」ナデナデ

御坂「ヒック ごめんなさい」、私、私…ヒック」ギュッ

固法「何か辛いことがあったのね…いいのよ、何も喋らないで…
ホラ、可愛い顔がぐしゃぐしゃじゃない…」フキフキ

御坂「うぅ…ぜんぱぁぁい」グスッ


92: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 22:47:34 ID:6LxpitPd0

黒子「あたた…た、助かりましたのね…」ムクッ

上条「白井!生きてたのか!?」

黒子「勝手に殺さないでいただけますかしら!?」カッ

黒子「!!  なっ!こ!これは…!」

上条「どうした!?」

黒子「お姉さま×固法先輩……ゴクリ」ツー

上条「…とりあえず鼻血を拭け」フゥー


94: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/24 23:01:19 ID:6LxpitPd0

固法「ねぇ、御坂さんを泣かしたの…上条くん?」キッ

上条「それは…」

御坂「ヒック 違います!…全部私が…悪いんです! ヒック」

固法「御坂さん…」

上条(御坂…?)

御坂「私がいつもみたいにアイツに勝負引っ掛けただけなんです!」

上条(結果だけ見たらそうなるよな…でも…)

御坂「勝手に勝負しかけて…勝てないから勝手に泣いて…
だから全部私が悪いんです!ごめんなさい!」
(こんなことでアイツにも先輩にも迷惑かけたくない!)

固法「…本当に?」ナデナデ

御坂「…本当です」ズキッ

固法「まったく…人騒がせね…」フゥー

御坂「すいません…」シュン…


99: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 00:13:49 ID:l6zwa01I0

今日はもう無理;;
携帯さえ使えればこんな遅筆には


127: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 16:56:57 ID:l6zwa01I0

固法「いい?今回は大目に見てあげるけど…次は風紀委員として、御坂さんでも容赦しないわよ?」キッ

御坂「はい…」クスン

固法「ニコッ ん!分かればいいの♪」ナデナデ

御坂「えへへ///」
(やっぱ凄いや…アイツが好きになっちゃうのも仕方ない…よね?)

上条(ビリビリの甘えっぷり…羨ましい!俺もナデナデされてぇーよ!)

固法「上条くんも!分かった!?」

上条「は、はいぃ!///」
(ナデナデはこない…か、そりゃそうだ)

御坂(うぅん、やだ!負けたくないよ!私だって…)

黒子「完全に空気ですの…」ボソッ


141: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 22:26:59 ID:l6zwa01I0

やっと時間できたんで今から書きますちなみに濡れ場はありませんが許してください


143: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 22:36:28 ID:l6zwa01I0

上条「いや~固法先輩が来てくれなかったら一体どうなってたか…」

黒子「ですの」

固法「白井さんも風紀委員なんだからしっかりしなさい!
一緒に夜遊びしてどうするの!」

黒子「ふ、深く反省してますの!」シュン…

上条「なんだ、御坂も白井も先輩には頭が上がらないのか?」
(俺だって年上なのにこの扱いの違いはなんなんだ)

固法「ふふっ 特に白井さんは…ね?」ニヤリ

黒子「」ビクッ

上条「御坂もいつもあぁなら可愛いのにな」

固法「」ピクッ

御坂「んな!///」
(またコイツは平気でこんなことを!)


144: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 22:45:25 ID:l6zwa01I0

上条「なんだ、照れてんのかよ」ニヤニヤ

御坂「う!うるさい!///」

固法「ふ、ふ~ん 二人とも、随分仲がいいのね?」ヒクッ

黒子(先輩!顔が笑ってませんわよ!)

上条「あぁ、犬猿の仲…ってやつですかね?俺達の場合」

御坂(! チャンス!)
「そ、そうね でも仲のいい犬と猿もいるらしい…けど?」ギュツ

固法「!!!」

上条「み、御坂さん…なぜ急に腕を絡ませてくるのでせうか…」

御坂「え?私達の中の良さをアピールしようと思って…ね?とうまー♪」

黒子「ぶっ!!」


145: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 22:54:24 ID:l6zwa01I0

固法「へ、へぇ~」プルプル

黒子「お姉さま!そんな汚らわしい殿方にひっつかないでくださいまし!」キエエ

固法「そ、そうよ!ダメよ!」

上条「ち、ちちち違いますよ固法さん!オイ離せビリビリ!」

御坂「! ビリビリ言うな!」ビリビリ

上条「ぬわっ!?」

   もにゅん

黒子「んなっ!?」
(このベタな展開は)

御坂「!!!」
(まさか!)


147: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 23:02:34 ID:l6zwa01I0

固法「…へ?」

上条「…こ、このムニムニっとしたやーらかな感触…」ムニムニ

固法「やっ!あっ…!」

上条(こ、これは禁断の果実!?いつの間にこんなシロモノg)

固法「い!いやあぁぁっ!」

  バッチィィンン

上条「そげぶっ!?」

黒子(あ~あ)

固法「サ、サイテーよ!/// もう帰る!知らないっ!」

上条「ち、違う!違います!今のは不可抗力ってやつで…///」アタフタ

固法「」プイッ スタスタスタ

上条「こ、固法さーん!不幸だ―――っ!」


149: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 23:13:58 ID:l6zwa01I0

上条「固法さんに嫌われた…もう終わりだ……確かに気持ちよかったけど…」ボソッ

黒子(今ボソッと何か言いましたわよね)

御坂「ご、ゴメン」
(やりすぎちゃったかな///)

上条「…死のう」フラフラ

御坂「ち、ちょっと!どこ行くのよ!」

上条「帰る! …あぁ固法さん…固法さ~ん(泣)」フラフラ

黒子「我々も帰りましょうお姉さま」
(やれやれですの…)

御坂「な、何よ固法さん固法さんって!
私だって先輩くらいの歳になったら…」スカスカ

黒子「…望みは薄いですわね」

御坂「アンタに言われたくないわよ!」
(先輩にだって絶対に負けないんだから!)


150: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 23:18:18 ID:l6zwa01I0

ガチャ

柳迫「おかえりー、なんだったの?」

固法「別に…ご飯いいや、シャワー浴びてもう寝る!」ガチャ

柳迫「え―――っ?せっかく赤飯炊いてあげたのに…」

固法「余計なお世話よ!」カッ!
(もう!コイツが変な事言うから意識しちゃうんじゃない!)


152: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/25 23:29:42 ID:l6zwa01I0

シャアアアァァァ・・・

固法(あのとき私…嫉妬してた…?)

固法(…ち、違う違う!別に上条くん好きとかそんなんじゃ…///)ブンブン

 チャポン

固法(そ、そうよ…アイツが変なこと言うから意識しちゃってるだけで…)

上条『不幸だ―――幸だ―――っだ―――っ……』

固法(…嫌われちゃったかな…愛想尽かされちゃったかな…とにかく謝らないとそうなっちゃうよね?)ブクブク

固法(うん…好きになっちゃったんだ、私も…)ザパッ


164: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 02:07:25 ID:V5pU3iMj0

ゴリラにPC占拠されてました。今から書きます


165: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 02:16:14 ID:V5pU3iMj0

ガチャ

上条「ただいま…」ヨタヨタ

禁書「遅いんだよとうま!一度とならず二度までもご飯を忘れるなんていい度胸してるかも!」

上条「なんだインデックス、生きてたのか」ハァ

禁書「ち、ちょっ!今のは笑えない冗談かも!私も結構傷ついたんだよ!」

上条「へいへい」トコトコ
(俺の方が傷ついとるわい!)

禁書「舞夏に助けてもらえなかったら今頃シスターとスフィンクスの骨のできあがりなんだよ!?
反省してるのとーま!?」

上条「反省してまーす」

禁書「…とーま?どうしたの?元気ないかも!」

上条(今日は特別よく喋るなコイツ…)


166: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 02:23:53 ID:V5pU3iMj0

上条「悪いが今日はもう寝るぞー」

禁書「えっ!まだお風呂入ってないかも!」

上条「なんでだよ…」

禁書「お湯の入れ方わかんないんだよ!」

上条「じゃあ入れてやるから今夜は風呂で寝ろ、ベッドは俺が使う!」

禁書「えっ!ちょ!」

上条「悪いなインデックス、こちとら久しぶりに枕を濡らしたい気分なんだ」

禁書「とー…ま?」

上条「じゃオヤスミー」ゴロン

禁書「とーま…」

上条(メールも返ってこない…どうすりゃいいんだよ…)

禁書(結局お湯入れてくれてないんだよ…)


168: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 02:29:50 ID:V5pU3iMj0

固法「ふぅ…サッパリしたっ」ハッ

固法(!!  上条くんからメールきてた!私も謝らないと…)

固法(今日はもう遅いから迷惑かな?…明日でいいよね?)


―――翌日

柳迫「美偉なにしてんのー?遅刻しちゃうよー!」

固法「どうして…?ケータイ壊れてる…!」


169: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 02:41:54 ID:V5pU3iMj0

上条(今日になってもメールすら返ってこない…!上条さん終了のおしらせ…)

上条「(゜q゜)」ブツブツブツブツ

青ピ「なぁなぁ土御門クン、あの置物は一体なんなんですかな?」ニヨニヨ

土御門「完全に魂を全開放しちまってるにゃー」ニヤニヤ

青ピ「かみやーんwww昨日はwどwうwでwしwたwかww?」

上条「!!」ビクッ

土御門「俺は信じていたぜぃ!よく戻ってきたな、こっち側の世界にようこそ!」

上条「あががががががg」ガクガクガク


170: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 02:49:49 ID:V5pU3iMj0

青ピ「ふ~ん、やっぱり風紀委員はおカタい人多いんやね~」

土御門「乳を触られたくらいでそんな怒るとはにゃー
ま、最後に良い思い出になって良かったぜよ」

上条「…」ブツブツブツ

土御門「…チッ  …で、それでいいのか?」

上条「え?」

青ピ「かみやんの精神はゴキブリ並やからなーっ まだ諦めてないんやろ?」

上条「…」コクリ

青ピ「じゃあ今日も支部に直行や!どうせなるなら本物のストーカーになってしまえ!」

上条「あぁ…見せてやるよ!俺だってストーカーになれるってことを!!」

土御門「いやそれはダメだろうjk」


172: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 03:00:17 ID:V5pU3iMj0

―――第一七七支部

固法(どうしようどうしよう!上条くんと連絡とれない!)ガチャガチャガチャ

黒子「…いかがされましたの先輩?」
(キーボード叩きすぎですの…)

固法「じ、実はケータイ壊れちゃって…」

黒子「でしたら風紀委員専用ケータイを使ってくださいまし」スッ

固法「あ、どうも…じゃなくて!」

御坂(何だか新鮮…)

黒子「もう、なんなんですの?固法先輩ともあろうお方が…
仕事に集中していただかないと困りますの!」

固法「だ、だってこれじゃ上条くんに謝れないのよ!」

御&黒「え」

固法「…あ///」


173: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 03:08:50 ID:V5pU3iMj0

ガチャ

初春「失礼しま~す」

佐天「こんちゃーっす!久しぶりの登場の佐天さんだよコンチクショー
…ってどうしたんですか?」

黒子「な、何でもありませんわ!」

固法「うん、何でもない何でもない!」

御坂「アハハ、別に何でもないわよ!」

佐天「ぅん!?皆さんやっぱり何か怪しいですぞ!?」ムムム

黒子「…で、まだ仲直りできてなかったんですの?」ヒソヒソ

固法「だ、だって急に壊れちゃったんだもん…」


174: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 03:17:45 ID:V5pU3iMj0

佐天「ねぇ初春ー」

初春「なんですか佐天さーん、お仕事の邪魔だけはしないでくださいねー」カタカタ

佐天「今日のパンツ何色だったっけー?」

初春「えー今日ですか?今日はですねー
…って何言わせようとしてんですか!?」バンッ

固法「…」

黒子「…」

初春「…タハハ、すいません」ペコリ

佐天「ねー初春ー」

初春「なんなんですか!いい加減怒りますよ!?」プンスコ

佐天「さっきからず=っとこっち見てる怪しい人がいるんだけど」ギラッ

初春「えーどこですか?」トテトテ


175: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 03:25:36 ID:V5pU3iMj0

佐天「ホラあっこの頭ツンツンの人ー
私達がここに入る前からずーっと支部の方見てるんだよねー」

固法「え!」ガタッ

黒子「!」

御坂「あはは!今週の刃牙超展開すぎー」ケラケラ

佐天「怖ーい、ストーカーかな?案外私狙いだったりしてー♪
アハハ照れるなー」

初春「笑えないですし自意識過剰です!
…でもあの人どこかで…」

固法「あうぅ…」ソワソワ

黒子「チャンスですわよ先輩!」ボソボソ

固法「で、でも今勤務中だし!…」

黒子「んま!何を言って…」


176: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/26 03:29:42 ID:V5pU3iMj0

佐天「あ!アンチスキルに職質されてるw」

初春「わぁ」

固&黒「!!」

佐天「あっはっはっ!連れて行かれちゃったwwマジウケルwww」ゲラゲラ

初春「あ、本当だ!不幸ですねー」

黒子「んもう!だから言いましたのに!」

固法「うぅ…」クスン


221: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 00:27:54 ID:hWoPG3Ng0

鉄装「先輩!風紀委員の支部の前で不審な人物を拘束しました!><」フンス

黄泉川「不審な人物ぅ?」

上条「わーっ!誤解だ――っ!」

黄泉川「…って何やってんだアンタ…」




黄泉川「だ―――っはっはっはっ!!なんだあ!?
じゃあアンタ本当にストーカーになっちゃったのかい!?///ヒック」

鉄装「先輩!飲み過ぎです!><;」

上条「べ、別にこれしか方法が無いだけで…」


223: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 00:37:58 ID:hWoPG3Ng0

黄泉川「あぁ~~~~ん?かみじょお~~~///ヒック」

上条「は、はい?」
(うっ!酒臭ぇ!!)

黄泉川「世間一般じゃあそんなの良い訳にならないじゃああぁぁん!!?///ヒック」

黄泉川「アンタはフラれちまったんだじょ~~?///ヒック そら飲め!こうなったらヤケ酒じゃん!
今夜は先生が~~~///ヒック」

上条「…上条さんはまだ学生なので」キッパリ

鉄装「先輩!未成年にお酒をのますのは教師としてもアンチスキルとしてもどうかと…><;」

黄泉川「あああぁぁぁん!!?私の入れた酒が飲めないってええぇぇぇ!!?///ヒック」

鉄装「ひぃぃっ!><;」

上条「不幸だ…」モグモグ


224: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 00:53:13 ID:hWoPG3Ng0

上条「で、なんで俺がこんな目に…」ズシッ
(重い…)

黄泉川「ブツクサ言うな!かみじょお~~~~!!///ヒック」

鉄装「すいません><;酔いつぶれちゃったみたいで…」

上条「はぁ…」

黄泉川「本当にやる気あんのか~~?そんなんだから嫌われちまうんだよ~!///ヒック」

上条「うっ…」グサッ

黄泉川「女なんてなぁ~~サッと告ってギュッと抱きしめてキスしちまえばイチコロなんだじょ~///ヒック」

上条「さいですか」トコトコ


225: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 00:55:17 ID:hWoPG3Ng0

黄泉川「あぁ~~ん?信じてねぇ~じゃん?だああからアンタはいつまでたってもドーテーのままなんら~~!!///ヒック」

鉄装「ひいぃ!?先輩!><;」

上条「そ、それはカンケーないでしょ!?///」

黄泉川「人生の先輩が言ってやってんじゃん!カンケーないわけ…うっ!」

上条「え」


黄泉川「げろげろげろ…」ビチャビチャビチャ

鉄装「ギャーー!!><;」

上条「不幸だ…」


227: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 01:04:23 ID:hWoPG3Ng0

上条「ふぅ…えらい目にあった…」トコトコ

御坂「ちょっと!待ちなさいよ!」

上条「ま た お 前 か」

御坂「ふ、ふん!悪かったわね!固法先輩じゃなくて!」

上条「…で、その先輩は俺のこと何も言ってなかったか?」

御坂「うん、何も」キッパリ
(本当は会いたがってるなんて…言えないよ)

上条「…そうか」フゥー

御坂(うっ…)ズキッ



御坂「ね、ねえ」


229: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 01:15:39 ID:hWoPG3Ng0

上条「…なんだよ」

御坂「なんで…諦めないの?こんなに無視されて…」

上条「それは昨日言っただろ」

御坂「…」

上条「恥ずかしいこと何回も言わせんなよ…
このまま何もせずに後悔するだけなんて…俺は絶対にいやだ!!」

御坂「…!」
(やっぱ…そうだよね、私だって同じだもん)


230: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 01:20:35 ID:hWoPG3Ng0

御坂「もし…さ」

上条「ん?」

御坂「もしも…固法先輩以外の人に『本当に好き』って言われたらどうするの?
それこそアンタが想ってる以上に…」

上条「考えらんねー」

御坂「え?」

上条「ソイツが俺のことを本当に好きでも…
今の俺は固法さんしか見えてないからな」

御坂(そっか…)

上条「ま、上条さんを好きになる女性などこの世界中で皆無でしょうが」

御坂(いるのよ…バカ)


231: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 01:28:54 ID:hWoPG3Ng0

―――翌日

固法(どうしょう…今日は来ないのかな…?)チラッ

佐天「昨日の人今日は来ないのかなー?」

初春「さすがに来ないでしょ」カタカタ

固法(だよね…)ハァ

黒子「先輩…」

御坂(私…どうしたらいいの?わかんないよ…)

佐天「あ、来た」

固&御「!!」

初春「懲りないですねー」

佐天「わー見てる見てるー!」

初春「固法先輩!通報しときますか?」

固法「え?あ…う」
(行かなきゃ!行って謝らなきゃ!)

御坂(やめてください!…先輩のそんな顔…見たくない!)


233: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 01:34:28 ID:hWoPG3Ng0

上条(固法さん…もうダメなんですか?俺は…)

上条「……」スタスタスタ

初春「おろ?今日は帰るみたいですよー?」

黒子「先輩!追わなくてよろしいんですの!?」ヒソヒソ

固法「そうよ…ダメよ、私なんかじゃ…」

御坂「…!」ガタッ ツカツカツカ

 パチイィン!


234: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 01:42:49 ID:hWoPG3Ng0

固法「…ッッ!」

黒子「お、お姉さま!?」

佐天「えぇっ!?」

初春「はわわわわわ」ワタワタ


御坂「はぁー、はぁー、はぁー…」ポロポロポロ

固法「み、みさ―」

御坂「固法先輩のバカ!意気地なし!!」

御坂「なんで素直になれないんですか!?
先輩は私に持ってないものを沢山持ってるのに!…どうしてアイツの気持ちに答えてあげないんですか!?」

固法「…」
(そっか、私…)


235: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 01:52:22 ID:hWoPG3Ng0

御坂「私はもうアイツの悲しい顔も!先輩の苦しそうな顔も見たくないんです!」ポロポロポロ

黒子「お姉さま…」

御坂「アイツは…ヒック 私じゃなくて先輩を…選んだんです…なのに…なのに!ヒック」

固法「…」ギュッ

御坂「ズルい…酷いですよ…」ポロポロ

固法「…そうよね、先輩失格だ…私」

御坂「ううぅ…」グスン

固法「自分が傷つくのが怖くて…
いつの間にか御坂さんや他の人まで傷つけちゃってたのね…」

黒子「…」

固法「こんな私でもまだ…間に合うかな?」

御坂「…」コクン


238: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 02:00:03 ID:hWoPG3Ng0

続きは朝か昼くらいに


254: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 11:38:42 ID:hWoPG3Ng0

佐天「え?固法先輩いきなり走り出して…どこへ?」

黒子「…固法先輩ならパトロールに行かれましたの」

佐天「いや、どう見てもそんな雰囲気じゃなかったんですけど…」

御坂(私自身もこれで…良かったんだよね?)グスッ

初春(御坂さん…?)


固法「はぁ…はぁ…」タッタッタッ


256: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 11:46:03 ID:hWoPG3Ng0

会おうと思えばいつでも会えたのに…


固法「どこ?どこなの!?」ギュン


ケータイが壊れたとか勤務中だからとか…いつもそんな適当な理由を作って…


固法「上条くん…!」


本当は自分が逃げたかった
…彼に嫌われるのが怖かった

固法「上条くん!!」

上条「固法さん…!?どうして…」

固法「お願い、待って…!」


全部吐き出そう そして楽になろう


257: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 11:54:53 ID:hWoPG3Ng0

上条「あ、あの…」

固法「ごめんなさい!私…上条くんの気持ちを踏みにじってしまった!」

上条「そんな…固法さんが謝ることなんて…」

固法「違うの!…元はといえば私があんな小さなことで怒っちゃったから!」

固法「上条くんはずっと謝ろうとしてくれたのに…私は素直になれなくて変な逃げ口ばかり作って
アナタのこと避けてた…酷いことしちゃった…」

上条「…」

固法「だから全部私が悪いの…本当にごめんなさい!」


上条「頭を…上げてください」


258: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 12:04:56 ID:hWoPG3Ng0

固法「…」

上条「そんなに頭を下げなくても…
俺は固法さんと仲直りできたらそれだけで十分ですよ?」ニッ

固法「!!  そんな!でも…」

上条「…だったら許さないほうが良かったですか?」

固法「うっ…それは」

上条「冗談ですよ、それに…理由はどうあれ、今笑ってられるならそれでいいじゃないですか
こんな不幸な人生、いちいち気にしてたら身がもちませんって」タハハ

固法「…クスッ 」
(ありがとう…)

上条「逆にストーカーになりかけてた上条さんを許していただきたいのですが…」シュン…

固法「もう!仕方ないわね!」ニコッ
(本当に、ありがとう…)


260: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 12:10:50 ID:hWoPG3Ng0

上条「タハハ…やっぱり、しょげてる顔より笑ったほうが綺麗ですよ?」

固法「えっ」ドキッ

上条「あ、いやその…///」ワタワタ

固法「せ、先輩をからかわないの!もう…///」カアァ

上条(仲直りした後…これはチャンス!だよな?)

上条「固法さん!俺、アナタに聞いて欲しいこと…伝えなきゃいけないことがあるんです!
…いいですか?」キリッ


262: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 12:18:13 ID:hWoPG3Ng0

固法「あ…///」コクン

上条「俺…初めて会った時から…助けられた時から固法さんのこと…
ずっと…ずっと!」

固法(上条くんなら…こんな私でも大事にしてくれるよね…?)ドキドキドキ

上条「すk」

プルルルルルルルル

上条「…」

固法「…ご、ごめんなさい!今すぐ切るから…」ワタワタ

上条「い、いえ良いですよ?緊急かもしれないし…」
(くぁwせdrftgyふじこlp;)


263: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 12:24:38 ID:hWoPG3Ng0

プルルルルルルルル

固法「あうぅ…ごめんなさい…」ピッ

固法「もしもし、こちら固法」キリッ

上条(ギャップが…)

初春『先輩ですか!?大変です!一般市民からのSOS信号が…』

固法「うん…うん…分かったわ、了解!」ピッ

上条「お仕事…ですか?」

固法「えぇ、ちょっと大きな仕事になりそうで…」

上条「危険なんですか!?お、俺も行きます!」

固法「来ないで!」


264: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 12:42:28 ID:hWoPG3Ng0

上条「っ!」ビクッ

固法「市民を守る風紀委員が…市民を危険なことに巻き込むわけにはいかないの、
ごめんなさい…」

上条「…」

固法「すぐに終わらせて帰るから…さっきの続き、ちゃんと…聞かせてね?」ニコッ

固法「心配そうな顔しないで?私はジャッジメント…」

固法「ジャッジメント固法美偉なんだから!」

  タッタッタッタッ


265: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 12:45:24 ID:hWoPG3Ng0

上条「…」 ポツーン

青ピ「いや~名前通りおカタい人やね~」 ヒョコ

上条「い、いたのかよ…」

土御門「あんなこと言われたけど…お前はどうしたいんだ?彼女の帰りを待つか?」


上条「…なぁ、…市民の安全や風紀を守るのが風紀委員だからって…」

上条「いくら風紀委員だからって市民に守られてはいけないって規則はないんじゃねーのかな?」

土御門「…フッ」

上条「それに…あのときのお礼もまだ返せてないしな!!」

青ピ「後悔だけはしたくない …やろ?」

上条「…」コクン


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/27 14:29:24 ID:oohnKf0K0

>固法「すぐに終わらせて帰るから…さっきの続き、ちゃんと…聞かせてね?」

死亡フラグにしか見えない


287: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 21:50:05 ID:hWoPG3Ng0

今から書きますいや書かせてください


292: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 22:01:28 ID:hWoPG3Ng0

御坂「ちょっと!なんで固法先輩に行かせたわけ!?」

初春「??  現場に一番近かったからですよー?」

御坂「で、でも先輩は今アイツと…」

初春(アイツ?ストーカーさんかな?)

黒子「お姉さま、いかなる理由があろうとも、
風紀委員である以上それはそれ、これはこれですの」

御坂「う…危険なんでしょ?じ、じゃあせめてアンタも増援に…」
(アイツだって心配してるに決まってる…!)

黒子「もちろんそのつもりですわ」コポコポコポ

佐天(じゃあ何でお茶入れてんですか…)


294: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 22:14:54 ID:hWoPG3Ng0

固法「信号があったのはこの近く…!」タッタッタッ

見張り「ん!?来たぞ!眼鏡の風紀委…べらっ!?」ドシャッ


固法「ジャッジメントです!大人しく投降しなさい!!」ザッ

不良A「へへ…やっときやがったか!オイ、離してやれ」

男「ジャッジメント!?助かりました!」ダッ

固法「大丈夫ですか?早く大通りに逃げてください!」

男「で、でもアナタが…」

固法「市民を巻き込むわけには行きません!早く!」

不良A「ヒュ~、さすがは正義のヒーロージャッジメント様だ、言うねぇ」パチパチ

固法「…あら、そこのアナタ…あの時の卵男さん?」

不良A「るっせぇ!警備員から抜け出して俺はずっとテメェに復讐したかったんだ!
こうやって罠を張ってなぁ!」


295: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 22:23:26 ID:hWoPG3Ng0

固法「ふーん」
(3,6,9…ざっと見て10人以上ね)

不良達「ヘッヘッヘ…」


黒子「では私も出発の前の一時を…」ズズー

佐天「ず、随分落ち着いてますね…固法先輩が危険だってのに…」

黒子「? どうしてですの?」

佐天「だって送られてきた動画によると相手の数多いんですよね?固法先輩一人で…」

黒子「佐天さんは一体何を心配されてますの?」

佐天「だぁ~かぁ~らぁ~!!」

黒子「…113戦113敗…」ボソッ


296: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 22:29:48 ID:hWoPG3Ng0

御坂「え?」

佐天「な、なんの数字ですか?その…113?」

黒子「私が風紀委員の演習で先輩と組み手のお相手をした際の戦績ですの」ズズー



固法「で、どうしたの?来ないの?」

不良A「あぁ…それじゃあ」チラッ

男(そうさせてもらう!!)ブン!

固法「…ハァ」

男「うげっ!」ガンッ

不良A「なっ!?」


298: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 22:44:12 ID:hWoPG3Ng0

不良A「…どうして分かった?ソイツが俺達の仲間ってことが…」
(音もなかった!完璧だったはずだ!)

固法「助けに来た人を後ろから殴ろうとする人がいる?」ギュン

不良A(コイツ…後ろにも眼があるのか!?)



佐天「組み手…ですか?」

黒子「風紀委員の訓練ですのよ?
より実戦に近いように能力の使用ありの真剣勝負ですの」

御坂「でも先輩は透視で…アンタは瞬間移動!アンタが圧倒的に有利じゃない!」


299: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 22:54:54 ID:hWoPG3Ng0

黒子「あの方はご自身の視神経をコントロールすることができますの こちらの動きは全て見切られる…
触れない相手にどう勝利しろと?」


不良「うわぁっ!」ドンッ

不良A「なにやってんだ!一斉にかかれ!」

不良HIJK「うおおぉぉっ!!」

固法「四方から一斉に?ダメダメね」スッ…

不良HIJK「わっ!バカ止まれ!」
  ゴッチン!

固法「ホラ、言わんこっちゃない」シュッ

不良G「えっ」
 ダアァン!
不良G「かはっ…!」

固法「いくら大勢いようが…私からしたら4人よ?」クスッ

不良A「~~~~~~~ッッ!!」


302: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 23:03:25 ID:hWoPG3Ng0

黒子「仮に運良く触れましても、私が演算を終える前に先輩の柔術でねじ伏せられますわ」

佐天「…ゴクリ」

初春「白井さんもよく叩きつけられて泣いてましたもんね~」

黒子「お黙りなさい!」ゴチン

初春「あうあう~~(泣)」

黒子「私がさっさと増援に行ったところで、もう終わってるか先輩のお荷物になるだけですの!」バンッ!

佐天「怒ってる…」

御坂「まぁ黒子は負けず嫌いだからね~」

プルルルルルルル

黒子「もう!どなたですの!?」ガチャ


304: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 23:17:54 ID:hWoPG3Ng0

黒子「はいこちら風紀委員…な!?上条当麻!?」

御坂「!」

上条『白井か!?固法さんは今どこにいるんだ!教えてくれ!』

黒子「その様子ですと先輩にも拒まれたみたいですわね…
ご心配なく、私も今全速力で現場に向かってますから余計なお世話ですわ」ズズー

佐天「なんてバレバレなウソを…」

上条『そんなことはどうだっていい!固法さんが危険な目に会ってるんだ!俺は行く!!』

黒子(やはりお猿さんとはお話になりませんの…)イラッ

黒子(さっさと教えて切りたいですが…しかし教えてしまったことが先輩にバレたら後で大目玉ですし…)

黒子「先輩に内緒にしてくださるならよろしいですわよ?」


305: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 23:19:10 ID:hWoPG3Ng0

ちなみに先輩がどんなバトルをしてるかは渋川先生をご想像ください


308: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 23:29:18 ID:hWoPG3Ng0

上条『分かった!俺とお前だけの秘密だ!約束する!』

黒子(この方はいちいちいちいち…///)

黒子「わかりましたの、細かいことは言えませんが信号が途絶えたのは…」


上条『了解だ白井!ありがとう!』ブチッ ツーツー

黒子「…さて、では私も参りましょうか…後始末をしに!」ヒュンッ

御坂「まったく、行くまでが遅っそいわね~」

佐天「ま、それだけ信頼してるってことですよ!」

初春「一七七支部の絆は固いのです!」フンス


御坂(もう…逃がしちゃダメよ?さよなら、上条当麻…)


309: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/27 23:44:04 ID:hWoPG3Ng0

不良A「な、なんだよこの有様は…」

不良A「どうしてこうなった…」


不良B「げふっ!」ドサッ…

固法「さ、後はアナタだけね…」ザッザッ

不良A(ジャッジメントってのは皆こんなに強いのか!?聞いてない!聞いてねぇぞ!)

固法「最終通告…大人しく投降しなさい、痛い思いをしたくないならね?」

不良A「分かった!投降する!もうやめてくれぇ!!」

固法「ん!じゃあ手錠を…」ニコッ

不良A「なああぁぁんちゃってなあぁぁ!!」

不良B「^q^おぎゃwwwwww」ガバッ

不良C「あばばばばばばばb゜q゜」ガバッ


固法「な…!!」


313: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 00:00:43 ID:Xmxq3QKx0

固法「ぐ…しまった…!」

不良A「油断したなジャッジメント!ここで俺の能力が発動だ!
その名は遠隔操作(オプションパーツ)!!意識がブッ飛んじまってるやつの脳に介入できる優れものよ!」

不良A「俺のLVじゃあ操るのは二人が限界、演算が複雑で単純な命令しか出せないが…お前を抑えるのには十分だ」ニヤリ

固法(動かない!…鈍いけどパワーがある!?)

不良A「テメェが一人残らず気絶さしてくれたおかげだよ!」チキッ

固法「あうっ!…」
(ナ、ナイフ…!)

不良A「ムカツクんだよなぁ…その全てを見透かしたような眼…
このナイフでエグっちまうかぁ!?」

固法(嫌…やめて…嫌…!)

不良A「…じゃあな」ブンッ

固法「いやああぁぁぁぁ!!!」


316: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 00:12:06 ID:Xmxq3QKx0

 ガンッ!・・・カランカランカラン・・・


固法「――――――ッッ!?」

不良A「うぐっ!なんだ…?石が…?」

固法(私…無事なの?怖くて眼が開けない…!)

 「手ェ離せ…」

不良A「テメェ!ジャッジメントかぁ!!?」

固法「ジャッジメント!?白井さん!?」パッ

固法「……え?」



上条「固法さんから汚い手を離せって言ってんだよ!!」

不良A「!…テメェは!?」

固法「どう…して…?」


317: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 00:25:36 ID:Xmxq3QKx0

ドドドドドドドドドド

固法「上条くん…どうして…?」

上条「…」

不良A「へっ…丁度いい、この女を殺ったら次はお前って決めt」

上条「なんべんも言わせんじゃねぇよ!!さっさと固法さんの腕を離せ!」

不良A「…ん~~   こ と わ る」

不良B「^q^」チキッ

固法「うっ…!」

上条「!!」

不良A「…分かったか?妙な真似をすればあの女を殺す」スタスタ

上条「…」

不良A「分かったかって聞いてんだよ!!」ドスッ

上条「うぐっ…!」ゲホッ


318: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 00:34:40 ID:Xmxq3QKx0

固法「あっ!」

ズドッ
ドカッ

固法「止めて…!」

不良A「ハハハハハ!」

上条「ぐうぅっ!!」

固法「止めてよ―――っ!!」


上条「はぁ…はぁ…効かねぇよ、そんなヘナチョコパンチじゃなぁ!」

不良A「」イラッ

不良A「そうかい!!」ズドッ!

上条「がぁっ!」


320: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 00:56:59 ID:Xmxq3QKx0

固法「お願い…お願いだから…」ポロポロ

不良A「はぁーっ…はぁーっ…頑丈すぎだぜ、テメェ!!」

上条「ハァー…ハァー…ハァー…」ドサッ

固法「どうして来たのよ…来ないでって…言ったのに…!」ポロポロ

上条「う…このり…さ…」ズルッ

固法「私は風紀委員なのよ…?身を呈して市民を守る存在なのに…」

上条「はぁーっ…はぁーっ…」ズルッズルッ

固法「だから何枚もの誓約書を書かされて…
自分が傷つくことだって覚悟して…!それなのに…!」

上条「泣いてたじゃないですか…」

固法「…え?」


322: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 01:20:17 ID:Xmxq3QKx0

上条「怯えてたじゃないですか!震えてたじゃないですか!」

固法「…それは…」

上条「固法さんは…いつも風紀委員だからとか…仕事だからって理由で人を守ってたんですか!?
俺を助けたあの時もそうだからですか!?」

固法「違う…違うよ…」ポロポロ

上条「誰かが誰かを守る理由が…『風紀委員だから』なんておかしいですよ…」ムクッ

固法「違う…止めて…もう立たないで…」

上条「俺はアナタを守りたい…だからここに来たんです」

固法「あ…」

上条「守ってみせます固法さん…どんな不幸からだって…!」
 バシュン!


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/28 01:37:59 ID:M1XVwYVK0

待ってあげるのがやられ役のカタルシス


328: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 03:22:20 ID:Xmxq3QKx0

不良B&C「・・・・・・・°q°」ドサッ

不良A「な!…なんだとっ!?」

固法「イマジン…ブレイカー…」

上条「アナタが好きです…愛してますから…!」ニッ

固法「かみじょ…く…うわあぁん!!」ペタン

不良A(何だ!?今奴は何をしやがった!?俺の能力が!
打ち消された!?これが奴の…どうする?終わり…演算に集中…!…能力!?)ぐにゃ~

上条「だ…大丈夫ですか?」

固法「バカっ!バカっ!なんでこんなとこで…バカぁ!」ポロポロポロ
(嬉しい…嬉しいよ…!)

不良A「う…クソックソッ!クソッたれええぇぇぇ!!」ダッ


329: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 03:27:27 ID:Xmxq3QKx0

固法「…あ!ダメっ!後ろ…!」

上条「・・・・・いいぜ・・!」

不良A「ふっっざけんなあぁぁ!!」

俺の恋路の邪魔をする…
            その幻想を!

上条「ブチ殺す!!」
   


331: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 03:34:58 ID:Xmxq3QKx0

不良A「…っ」ドサッ

上条「はぁー…はぁー…」

上条「う…」フラッ

固法「! 上条くん!!」ダッ

上条「あ、はは…」ドサッ

固法「ごめんなさい…私のせいで…こんなボロボロになって…」ギュッ

上条「あ…憧れの固法さんの…膝枕…やったぁ…」

固法「バカ///ケガが治ったら膝枕でもなんでもしてあげるから…ね?」ナデナデ


上条「ハハハ…   幸せだぁー…」


332: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 03:45:04 ID:Xmxq3QKx0

黒子「ジャッジメントですの!大人しくお縄に!…ってホラ、やっぱりおわってますの」ハァ

固法「…///」ナデナデ

黒子「…!固法先輩!?どうされましたの!?もしかしてケガを…!?」タッタッタッ

上条「zzzz…」

黒子「な!上条当麻!?おのれ、よくものうのうと先輩の膝に!!」キシャアァァ

固法「コラ!静かにしなさい!」シーッ

黒子「ぐぅ…し、しかし…」

固法「起こしちゃダメよ?この幸せそうな寝顔は…」

上条「スースー」

固法「私が守ってみせるんだから…ね?」ニコッ
(彼が一秒でも長く幸せでいられますように…)


368: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 21:18:09 ID:Xmxq3QKx0

―――第一七七支部

上条「いっっ・・・・・!てええぇぇぇぇぇぇっ!!」

固法「わわっ!ごめんなさい、染みちゃった?」

黒子「気にすることはございませんの
腫れは酷いですが病院に行くほどのケガではありませんので」

御坂「まったく、アンタ本当頑丈ね~」
(ま、一方通行のと比べたらたいしたことない…か)ホッ

黒子「それよりも過剰に反応することで優しくされようとしてるのが気に食いませんの」

上条「ギクッ そ、そんなことねーよ!」


佐天「ねー初春ー」

初春「なんですか佐天さーん」

佐天「あの人さっきのストーカーだよね」

初春「私たちが知らないところで物語が進んじゃってたみたいですね」

佐天「何だか…寂しいね」ホロリ


370: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 21:33:03 ID:Xmxq3QKx0

固法「ホラ、頭に包帯巻くからちょっと下げて」

上条「あ、はい」スッ

上条(な!! め、目の前に乳が!いたいけな青少年にこの近距離はヤバイですぞ!?)

固法「~♪」マキマキ

黒子「…」

佐天(うっわ~見てる見てる!ガン見だよ~)

初春「下心丸出しですね」

御坂(な、何よ!デレデレしちゃって!)


固法「…ねぇ、そういえば何で私の場所が分かったの?」マキマキ

黒子「!!」
(マ、マズイ!)

上条「あぁ、それは白井が…」

黒子(このサル!!)ドカッ


372: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 22:01:25 ID:Xmxq3QKx0

上条「ぶっ!?」 もにょん


固法「んぁっ!」

御坂「…ってまた!?」

佐天「うひょっw乳枕キタ―――――――!!」

黒子(このエテ公が!約束を忘れましたの!?)

固法「ち、ちょっと白井さん!ケガ人を蹴るなんて…」

上条「ブ―――――ッ!!」

初春「ひぃ!」

固法「きゃあぁぁ!鼻血!?」

佐天「ベタだ!あまりにもベタすぎる!!」

上条「う…ぐっ…」ボタボタボタ
(ス、スマン白井!)チラッ

黒子(まったく、浮かれっぱなしでは困りますの!)ギラッ

固法「まったくもう…大丈夫?打ち所が悪かったのね」フキフキ

佐天(いや違う!それ絶対違いますから!!)


373: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 22:27:05 ID:Xmxq3QKx0

上条「タハハ…すいません」ボタボタ

御坂「だからデレデレすんなっつーの…」ボソッ

初春「とにかく固法先輩が元気になって良かったですー」

固法「えっ」

佐天「最近ずっと落ち込んでましたからな~
まぁまさか原因がこの人だったとは…」マジマジ

固法「コ、コラッ!///」

黒子「まったくですの、こんな殿方のどこが良いのやら…ですわよね!お ね え さ ま!?」ニヤリ

御坂「そ、そうよ!先輩は男を見る眼ないです!な、なんでこんなバカを…」

黒子「ですわよね~♪」ムギュ

御坂「だぁぁもう!いちいちひっつくな!」ビリビリ

黒子「しびびびびびび」

初春「まぁ確かにイケメンってわけじゃないですしねー」

佐天「正直先輩ならもっと上狙えますよ?」

上条「えらい言われようやな」


376: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 22:50:41 ID:Xmxq3QKx0

固法「ひ、酷い…みんなしてそんなに言わなくても…」クスン

一同「 し ま っ た 」

佐天「あ、あっれ―――?よく見たらだんだんカッコよく見えてきたぞ――っ!?
噛めば噛むほど味がでるってか?あはははははは~」

初春「ま、まぁ人間は外見だけじゃないですしねー」

固法「ホ、ホント!?」

上条「なんか腑に落ちんな」



御坂「ふ、ふーんだ、良かったわね!憧れの人と付き合えて!」

上条「あぁ…お前も頑張れよ、御坂!」

御坂「う…」ズキッ

上条「? どうした?」

御坂「な、なんでもない!…大切にしてよね、先輩のこと」

上条「…ったく、当たりめーだろ」

御坂(当分…忘れられそうにない…か)


379: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 23:07:36 ID:Xmxq3QKx0

―――翌日


青ピ「・・・・で」

土御門「かみやんはいつからミイラ男にジョブチェンジしたんだにゃ?」

上条「いや~あの後もいろいろあってな」ニコニコ

青ピ「結局どうなったかは教えてくれんし…」

土御門「その顔がイライラを加速させんぜよ」イラッ

上条「おいバカやめろ!上条さんはケガ人なんだぞ!」

 ガラッ

小萌「皆さんおは…か、上条ちゃん!なんなんですかそのカッコ!?」

青ピ「小萌てんてー!」

小萌「心配させたから補習ですぅ!すけすけみるみるですよー!」

上条「な!なんで!?不幸だー!」


380: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 23:18:34 ID:Xmxq3QKx0

小萌「はい、じゃあこの厚さ0,5mmの鉄板に書かれてる数字は?」ヒョイ

上条「…分かるわけないでしょ…こんなことしても無駄ですって~!」

小萌「む~、集中が足りません!はい次!」ヒョイ

ガラッ

黄泉川「お~い上条、今日はもういいから帰りな!」

上条「うっひょ~!救世主(メシア)が降臨なされた!」

小萌「こ、困りますぅ黄泉川先生!」

黄泉川「今日くらいは許してやりなよ、それに…」

小萌「ふえ?」

黄泉川「彼女を待たせちゃ悪い…じゃん?」ニッ

小萌「ふええええぇぇぇぇ!?」

上条「え!?じゃぁ…!」


381: ◆bPFZPdrjnM 2010/02/28 23:30:57 ID:Xmxq3QKx0

上条「はぁ…はぁ…」タッタッタッ

固法「…あ!お~い!」フリフリ

上条「す、すいません!待たせちゃいましたか?」

固法「うぅん、私も今来たとこだから」

上条「じ、じゃあ…帰りましょうか…」ドキドキ

固法「…うん♪」ニコッ


固法「…ねぇ当麻くん」スタスタ

上条「は、はい」スタスタ

固法「私たちってその…つ、付き合ってるんだよ…ね?///」

上条「は、はい///」

固法「じゃあ先輩命令! その敬語はやめなさい!」

上条「は、…はい///あっ」ドキッ

固法「…」


385: ◆bPFZPdrjnM 2010/03/01 00:01:26 ID:Kpk/0w+60

上条「い、いやその…やっぱ慣れなくてですね…///」ワタワタ

固法「ぷっ!あははは…!」

上条(完全に固法さんのペースだ…)ズーン

固法「…ホラ、またそんな顔になってるよっ?」ギュッ

上条「わわっ///ダメです固法さん!右手に触ったらアナタまで不幸に!」

固法「…嫌なの?それにどんな不幸からだって守ってくれるんでしょ?」

上条「い、嫌じゃない!ですけど…」

固法「私だって当麻くんを不幸から守りたい!」

固法「風紀委員としてじゃなく…好きだから!この右手だってアナタの一部だから!」


389: ◆bPFZPdrjnM 2010/03/01 01:08:19 ID:Kpk/0w+60

固法「ねぇ、あの時の当麻くんが言った言葉、覚えてる?」

上条「あの時…?」

固法「この右手があったから私達巡り合えたんだ…って」

上条「あぁ、公園で…」

固法「だから私からしたら幸運の右手…不幸なんて言わないで?」

上条「こ、固法さ…」

固法「ねぇ、当麻くんは今幸せ?」

上条「…はい、幸せです」ギュッ

固法「ん!よろしい!」ニコッ
(やっと握り返してくれた…!)

上条(そうだよな、もう不幸なんて言ってられない!
…俺には幸せにしないといけない人がいるんだから!)

固法「じゃ…帰ろっか!」

上条「はい!」



―――おしまい
あれ?誰か忘れてるんだよ?


392: ◆bPFZPdrjnM 2010/03/01 01:14:47 ID:Kpk/0w+60

長くなってすいませんでした。でもやっと完結です
書き溜めも無いわ遅筆だわで市ねとか思ってる人もいたでしょうがゴメンナサイ
本当は先輩との初デートも書きたかったんですが・・・どうやら時間は許してくれないらしい


393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/01 01:21:06 ID:hiWa5iDK0



400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/01 03:04:20 ID:r1VHHW98O

私はどうなったんだよ!

固法「デ、デート術指南!?」


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1267004056/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。