ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食蜂「だーい好き☆」上条「えっ?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/9688b325d9dd6d2ebea056381280142673fbdc961366399762.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:12:48 ID:TAo+3sKo0

上条「御坂に呼ばれて常盤台に来たけど・・・」

上条「いない・・・」

上条「男が一人で敷地内に入る訳にもいかないしなぁ」ツンツン

上条「ん?」

食蜂「何をしてるのかしらぁ?」

上条(常盤台生か・・・)

上条(綺麗な目だな・・・)




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:13:32 ID:BfWBmEwU0

食蜂ちゃんが好きなのは俺だから
はっ倒すぞ


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:13:47 ID:TAo+3sKo0

上条(キラキラした目だな・・・)

上条「い、いや御坂・・・いや常盤台生に呼ばれて、な」アセアセ

食蜂「あらぁ?じゃああなたは御坂さんのぉ」

食蜂「彼氏、とか?」

上条「い、いやそういう関係じゃなくてですね・・・」

食蜂「そう・・・」

食蜂(本当に彼氏さんならぁ、御坂さんからかうネタになるわねぇ)スッ

上条「?」

食蜂(ちょっと頭の中、覗かせてもらうわぁ)ポチ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:14:18 ID:TAo+3sKo0

食蜂(あらぁ?)ポチポチ

食蜂(読めないわぁ・・・?)ポチポチ

上条(なんかリモコン向けられた)

上条「あの、一体何を・・・?」

食蜂「気にしないで欲しいわぁ」スッ

食蜂「御坂に用事よねぇ?ちょっと待ってて」プルルルルル

食蜂「御坂さん、校門前に呼んでくださる?」

食蜂「・・・すぐに来ると思うわぁ」

上条「お、サンキュ。助かったよ。ん?」ア、アンタラ!フタリデナニシテルノヨォ!


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:15:28 ID:TAo+3sKo0

上条「よぉ御さ」

美琴「アンタは黙ってて!」

上条「」

美琴「アンタコイツに何かしてないでしょうねぇ!?」ガルルルル

食蜂「酷いわねぇ、何もしてないわよぉ」

食蜂「ねぇ?」

上条「あ、あぁ」

美琴「そ、そう・・・」

美琴(そういや、コイツに能力は効かないのよね・・・)

美琴「悪かったわ」ブスッ

食蜂「気にしてないわぁ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:16:26 ID:TAo+3sKo0

食蜂「そ・れ・よ・りぃ・・・」

美琴「?」

食蜂「この人、御坂さんの彼氏さんなのかしらぁ?」ヒソ

御坂「!?そ、そんなんじゃないわよ!!///」カァァァ

食蜂(あらぁ、それでこの反応ってコトはぁ・・・)

食蜂「じゃあじゃあ、この人取っちゃっていいかしらぁ?」ヒソ

美琴「!!!ぜ、絶対駄目!!!」

食蜂「どぉしてぇ?」

美琴「どうしても!!!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:16:30 ID:yArXzENe0

ビリビリ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:17:13 ID:TAo+3sKo0

御坂「さ!行くわよ」グイ

上条「あ、あぁ」

上条「それじゃ、ありがとな、ええと・・・」

食蜂「食蜂操祈、よぉ」

上条「おう、ありがとな食蜂。助かったよ」

食蜂「いぇいぇ」

美琴「さっさと行く!」グイグイ

上条「はいはい・・・」

食蜂(二人とも何考えてるのか読めないけど、少なくとも御坂さんは丸分かりねぇ)

食蜂(あのツンツン頭の人はどうなのかしらぁ)

食蜂(ま、乙女の恋路を邪魔する訳には行かないわねぇ)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:18:29 ID:TAo+3sKo0

上条「どうしたんだよ御坂・・・」

美琴「あの女には気をつけなきゃ駄目よ」

上条「食蜂か?悪い奴には見えなかったけど」

美琴「いいから!」

美琴「それより今日はトコトン付き合って貰うわよ!」

上条「へいへい・・・」ハァ

上条(御坂がこんな扱いするなんて珍しいな)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:19:57 ID:TAo+3sKo0

数日後

上条「レベル5一日交流制度?」

土御門「あぁ、レベル5と楽しく一日交流・・・って建前の謎制度なんだが」

土御門「レベル差がある方が交流意義があるとかなんとかで、今年はレベル0が駆り出されるそうだにゃー」

上条「ふぅん・・・」

上条(まぁ余程の確立だし、当たったりしないだろうけど)

上条(万が一当たったら、御坂だと知り合いなだけ助かるなぁ)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:22:24 ID:TAo+3sKo0

そのころ常盤台



食蜂「御坂さぁ~ん☆」

美琴(ゲッ)

美琴「何よ、何か用?」

食蜂「そんな邪険にしないで欲しいなぁ~」

食蜂「それよりぃ~」

食蜂「そろそろ、あの時期じゃない?」

美琴「レベル5一日交流、ね・・・」ハァ

食蜂「嫌よねぇ、やっぱり」ハァ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:23:22 ID:TAo+3sKo0

美琴「一日ペコペコされ続けるんだもん、そりゃ嫌になるわよ」ハァ

食蜂「そうよねぇ・・・」ハァ

食蜂(前回は下半身に脳があるのかと思うほどの変態だったわねぇ)

食蜂(思考読んで二秒で操らせてもらったケド・・・)

食蜂(男って皆そんなモンよねぇ)

食蜂「何でも今年はレベル0が交流対象なんですってぇ」

美琴「え、ホント?」

食蜂「えぇ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:25:11 ID:TAo+3sKo0

美琴(じ、じゃあ確立は低いけど、あのバカと一日中一緒に・・・)

食蜂「御坂さん?」

美琴「あ、そ、そうなんだぁ!それじゃ、今年も大変そうねぇ!」アセアセ

食蜂「えぇ・・・」

食蜂「高レベルなら常盤台生が当たる可能性もありますのにねぇ」ハァ

食蜂(ホント、憂鬱ねぇ・・・)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:27:18 ID:TAo+3sKo0

交流当日

レベル5達「・・・」イライライライラ

教師(本当、なんでこんな制度があるんだか)

教師(毎年寿命が縮まる思いだよ)

教師「そ、それじゃ、今日の相手とご対面だ」ガラ

レベル0達「・・・」オドオド

上条(ホントに当たるなんて・・・不幸だ・・・)

美琴(!!!キタァァァァァァァ!!!)

美琴(あとの確立は1/7!これは来る!)

上条「ええと・・・第五位はどちら様でしょうか・・・」オズオズ

美琴「」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:29:24 ID:TAo+3sKo0

食蜂「私よぉ☆」

食蜂(あら、この人ってぇ・・・)

上条「!食蜂ってレベル5だったのか!」

食蜂「えぇ、学園都市第五位、なんだゾ☆」

上条「よ、良かった!知り合いで!」

上条(おっかない人だったらどうしようかと・・・)

美琴「」

佐天「今日はよろし・・・って御坂さん?聞いてますか?」

レベル0「俺の相手は・・・冷蔵庫?」

冷蔵庫「」ガタガタ

浜面「お、アンタか!良かった!」

一方「あァ?何だ、オマエか」

麦野(浜面じゃ無かった)ショボン


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:31:13 ID:TAo+3sKo0

美琴「」

佐天「み、御坂さん?」

佐天(あ、あのツンツン頭の人って確か御坂さんの・・・)

佐天「御坂さん、あの人のことが好きなんですよね?」ズバッ

美琴「!?」

美琴「そ、そそんなんじゃないわよ!!!」アセアセ

佐天(うーん、あの金髪の人美人だし、取られないか心配みたいね)

佐天「!そうだ!」

佐天「御坂さん、今日はあの二人、尾行しましょうよ!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:32:29 ID:TAo+3sKo0

教師「じゃあ、今日一日、楽しんでくれ」

上条「じゃ、行きますか」

食蜂「エスコートお願いするゾ☆」ギュッ

上条「!?ち、ちょっと近・・・」

食蜂「ふふっ♪」

食蜂(・・・御坂さんには悪いわねぇ)

美琴「」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:34:37 ID:TAo+3sKo0

暫く後 浜面&一方組

浜面「じゃ、今日は俺のオススメビデオ店をご紹介だ!」

一方「何なンですかァ?この店は!」

一方「品揃えがババアばっかじゃねェかァ!」

木原「店員の前でご挨拶だなぁ!一方通行よぉ!」

浜面「あ、店長!」

一方「! 木ィィィ原くゥン?何なンですかァ?この品揃えはァ!話にならねェなァ!」

木原「落ち着け、一方通行」

浜面「ああ、この店の隠しラインナップを見てからにしろ」バサァ

一方「 コ、コイツはァ・・・!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:39:38 ID:TAo+3sKo0

木原「あぁ、この街に存在するロリ系AV」

木原「その全タイトルだァ」ニヤリ

一方「・・・木ィィィ原くゥン・・・!」

一方「イイねイイねェ、最ッッッ高だねェ!」

一方「 愉快に素敵に決まっちまってるぞォ、この店はァ!」ヒャッホーイ

木原(一方通行の笑顔・・・)

木原(これだけでも収集の甲斐あったもんだぜ)

浜面(さてと俺は滝壺似のAVでも探すか)

一方「あるだけ全部貰おうかァ!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:41:45 ID:TAo+3sKo0

そのころ上条&食蜂組と尾行中の御坂&佐天組

上条「このアイス、この辺じゃ有名なんだよ」

食蜂「確かに美味しいわぁ」

食蜂(上条さんは気づかないみたいだけどぉ)

食蜂(御坂さん達、付けてきてるみたいねぇ)

食蜂(ちょっとからかっちゃおうかしら)

食蜂「上条さぁん、ちょっと食べ比べしてみない?」ピタ

上条「えっ?」

食蜂「あ~ん☆」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:43:04 ID:TAo+3sKo0

フフッ、オイシイ?ジャアワタシニモタベサセテェ?

美琴「ああああああああ!」

佐天「すっごくイチャイチャしてますね・・・」

美琴(何でよりによってあの女なのよぉぉぉ!)

佐天「上条さんも満更でもない感じですね・・・」

佐天(こりゃちょっとマズイかも)

美琴「イヤァァァァァ!!!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:45:36 ID:TAo+3sKo0

イヤァァァァァ!!!
ミサカサン、オチツイテ!
ウワッナンダァ!?

上条「なんか騒がしいな?」

食蜂「そお?気のせいよぉ」

食蜂「そんなコトより、これから何処に行くのかしらぁ?」

食蜂(上条さん、悪い人じゃあなさそうねぇ)

食蜂(読めないから信頼は出来ないケド)

上条「あぁそれなら、決まってるんだ」

食蜂「?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:48:21 ID:TAo+3sKo0

佐天「・・・遊園地、ですか・・・」

佐天「定番かつ王道ですね・・・」

美琴「何で!?私とは行ったことないのにぃぃぃ!」キィー!

佐天「御坂さん、落ち着いて下さい、気づかれますよ!」

美琴「わ、わかってるわ・・・」

佐天「それにしても凄いですね、食蜂さん?でしたっけ・・・」

佐天「女子力の固まり見たいな人ですね」

美琴「・・・表の顔はね」

佐天「?裏があるんですか?」

美琴(・・・まんまり人の悪口なんて言うもんじゃないわね)

美琴「ううん、何でもない」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:50:42 ID:TAo+3sKo0

数時間後

上条「希望聞かないで連れてきちゃったけど、楽しかったか?」

食蜂「えぇ、凄く楽しかったわぁ」ニコニコ

食蜂(ホント、遊園地なんて何年ぶりかしら・・・)

食蜂(途中から御坂さんのコト忘れちゃってたわぁ)

食蜂(女王女王扱われてちゃ、こういう所、行けないのよねぇ)

食蜂(レベル5と言ったってまだ中学生なのにねぇ・・・)ハァ

食蜂「上条さん」

上条「ん?」

食蜂「最後にあれ、乗っていいかしら?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:51:19 ID:gp1epH+/0

美琴ぉ!
俺は美琴が好きだよ!
<a href=


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:52:40 ID:TAo+3sKo0

観覧車内

佐天「何話してるんですかねぇ」

美琴「ううぅ・・・」ギリギリ

佐天「上条さん、なんだか真剣な顔してますけど・・・」

美琴「ええっ!?じ、じゃあもしかして・・・」ホワンホワン

ーーーーーーーーーー

上条「好きだ、操祈。俺と付き合ってくれ」キリッ

ーーーーーーーーーー

美琴「嫌ァァァァ!!!」ガクガクガク

佐天「み、御坂さん!?落ち着いて!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:54:00 ID:/Mk8uqUT0

アニメではいろいろと美化されてる御坂さん


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:54:30 ID:v1LX8svVO

第二位さんの相変わらずの扱いに吹いた


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:57:19 ID:TAo+3sKo0

その夜 常盤台

食蜂(何!?何様なのよあの男は!!!)イライライライラ

食蜂(能力が効かないからって調子に乗ってぇ・・・)イライライライラ

縦ロール「あの、女王?」オズオズ

食蜂「煩いッ!」

縦ロール「も、申し訳ありません!!!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:58:03 ID:TAo+3sKo0

食蜂(あんな奴、忘れればいいのよ!!!)イライラ

食蜂(・・・)

ーーーーーーーーーー

上条「確かに凄い能力だ。」

上条「けど、人の心は操ったり、覗いていい物じゃないんだ!」

上条「人の思いってのはその人だけの掛け替えの無いものなんだ!」

ーーーーーーーーーー

食蜂(・・・私だって本当はわかってるわよ)

食蜂(そんなこと・・・)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 19:59:07 ID:TAo+3sKo0

配下(女王のあの様子)ヒソヒソ

配下2(何かあったようですね)ヒソヒソ

縦ロール(何でも今日は・・・)ヒソヒソ

配下(レベル5交流の日でしたね・・・)ヒソヒソ

配下2(女王は何かされたに違いないですわ!)ヒソヒソ

縦ロール(では、その相手とは・・・)ヒソヒソ

配下(少し、調べてみましょう)ヒソヒソ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:00:47 ID:QFCmY5Wn0

しょ、しょくぜん、あや、あ…


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:03:54 ID:TAo+3sKo0

すいまさん、>>66の前にこれが入ります



そのころ美琴と黒子の部屋

美琴「ブツブツ・・・」

黒子「只今帰りましたの~って、お姉様?」

美琴「アイツは私のアイツは私がアイツは私をアイツは私へアイツは私」ブツブツブツブツブツブツ

黒子「お、お姉様・・・?」

美琴「ブツブツブツブツブツ・・・」

黒子(また、あの殿方のコトでしょうか・・・)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:01:17 ID:TAo+3sKo0

数日後上条家

上条「今日インデックスは小萌先生の所だし」

上条「久々にノンビリできますねぇ・・・」ピンポーン

上条「ん?誰だろ・・・?」ガチャ

誰ロール「・・・」

上条「え、誰?」

縦ロール「貴方が上条当麻でしょか?」

上条「そ、そうだけど」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:01:54 ID:ab6inYLF0

no title


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:04:28 ID:lqAFPQ8+i

>>66
誰ロールって…


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:05:12 ID:4n7hc3U2O

誰ロールwww


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:05:49 ID:QFCmY5Wn0

操祈でみさきちって読むのか


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:06:57 ID:TAo+3sKo0

縦ロール「!貴方が!こんな男に女王は・・・!」ガルルルル

上条「い、いきなりなんだぁ!?」

縦ロール「成敗してくれます!」ガッ

上条「えええぇ!?ふ、不幸だぁ!」パリン

縦ロール「キャッ!」

上条(!今のは・・・!)

偶然上条の右手が縦ロールの頭に触れたことによって、今までの食蜂操祈による、記憶改竄、精神支配は消滅する。


そして本来の縦ロールの記憶、思いが戻ることとなる。


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:08:59 ID:TAo+3sKo0

上条「大丈夫か!?」

縦ロール「わ、私は・・・?」

縦ロール(全て思い出しましたわ・・・)

縦ロール(よくも)

縦ロール(よくも今まで好き勝手に操ってくました・・・)

縦ロール(食蜂操祈!!!)

縦ロール「上条さん!」

上条「え?」

縦ロール「お願いがあります」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:13:39 ID:TAo+3sKo0

暫く後

配下「よくも今まで私達を!」

配下2「許せませんわ!」

配下3「許さない、絶対によ!」

上条「皆、食蜂に操られていたのか・・・」

上条(・・・)

縦ロール「えぇ・・・それと」

縦ロール「上条さんにはもう一つ、協力して欲しいことがあるのです」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:27:50 ID:TAo+3sKo0

数日後 常盤台 校舎裏

食蜂「・・・これはどういうコトぉ?縦ロールちゃん?」

縦ロール「もう、貴方の言いなりにはならないということです」

配下「よくも今まで!」

配下2「もう貴方には従わないわよ!」

配下達「そうよそうよ!」

食蜂(何故か全員洗脳が切れちゃったのねぇ)

食蜂「でもでもぉ、また洗脳し直せば」

食蜂「問題無・・・」スッ

上条「そこまでだ!」ガシ

食蜂「!?」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:32:32 ID:TAo+3sKo0

配下「私の能力で姿を隠してもらってました」

上条「食蜂!こんなこと、もうやめるんだ!」グッ

食蜂「くっ・・・!」

食蜂(この人は操れなくても、配下達を洗脳し直せば・・・)ポチポチ

縦ロール「無駄ですわよ」

食蜂「!?」

上条「俺が触れている間は」

配下「能力は使えない」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:33:57 ID:TAo+3sKo0

食蜂(そ、そんな・・・)

上条「食蜂、彼女達に謝るんだ!」

食蜂「嫌っ!離して!」ジタバタ

縦ロール「ここまで来てもその態度・・・」

配下「反省する気は無いようですね・・・」

縦ロール「今後、上条さんには定期的に洗脳がないかチェックして貰います。」

配下2「貴方の天下ももう終わり、ですわ」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:35:15 ID:TAo+3sKo0

食蜂「ううぅ・・・」

縦ロール「まずは今までの分、痛い目に合って貰います」

配下「上条さん、離れていて下さい、巻き込みかねません」

上条「!?」

上条「おい!そんなことするなんて聞いてないぞ!」

縦ロール「どかなくても、我々はやめませんよ」

配下2「出来るだけ巻き込まないようにはしますが」

上条「やめろ!」

縦ロール「全員!構え!」

縦ロール「撃t・・・」

上条「やめろって言ってんだろ!」バッ


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:40:45 ID:TAo+3sKo0

食蜂(上条、さん・・・)

縦ロール「邪魔しないで下さる?」

上条「・・・俺も食蜂がやっていたことは気に食わない、けど」

上条「立場逆転したらよってたかってってのも、違うだろ」

配下「で、でも・・・」

上条「それに」

上条「お前ら全員、食蜂には憎しみしかないって言うのかよ?」

上条「本当に操られてただけであんなに慕っていたのかよ?」

上条「お前らの本心は本当にそうなのかよ!?」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:41:59 ID:yArXzENe0

頭痛が痛くなってきた


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:43:25 ID:TAo+3sKo0

縦ロール「・・・」

ーーーーーーーーーーー

縦ロール「ハァ・・・」

食蜂「どうしたのぉ?縦ロールちゃん」

縦ロール「実は・・・で」

食蜂「そう、レベルが上がってなかったのね・・・」

食蜂「でもでもぉ、縦ロールちゃんはここまで上がって来たじゃない!」

食蜂「貴方が凄い努力してるのは知ってるわ、自信持ってぇ!」

縦ロール「女王・・・」

食蜂「貴方は私の自慢なんだゾ☆」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:44:36 ID:TAo+3sKo0

ーーーーーーーーーー

縦ロール「・・・」

縦ロール「私、は・・・」

上条「・・・」

食蜂「もういい!」

上条「!」

食蜂「もうどうでもいいわ!」

食蜂「気が済むまで好きにして!」

上条「食蜂・・・」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:46:22 ID:TAo+3sKo0

食蜂「洗脳が解けた以上、もう私を慕ってくれる人はいない!」

食蜂「元より、そんな人は何処にもいなかったのよ!」

上条「食蜂・・・」

食蜂「本当に私を好いてくれる人なんて、誰もいない!」

縦ロール「そ、そんなことは・・・」

食蜂「こんな私なんて誰m・・・」バシィ!

上条「・・・」

食蜂「上条、さん・・・?」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:51:51 ID:TAo+3sKo0

上条「本気で言ってるのかよ・・・?」

食蜂「・・・えぇそうよ!」

食蜂「誰も私なん」バシィ

食蜂「・・・」

上条「配下」

配下「は、はい!」

上条「お前達は操られて食蜂の派閥に加わったのか?」

配下「それは・・・」

上条「洗脳が解けた今、食蜂には何の尊敬も憧れもないのか?」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:56:00 ID:TAo+3sKo0

配下「・・・」

ーーーーーーーーーー

街中

配下「嫌!やめて下さい!」

男「いいじゃん、そんな釣れないコト言うなよぉ」グイ

男2「楽しいコトしようぜぇ?」

配下「た、助け・・・」

男・男2「」ピタッ

配下「え?」

男「スイマセンでしたぁ!」ダダダダ

男2「あ、帰ってウルトラクイズ録画しなくちゃ」ダダダダ

配下「えっ・・・?」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 20:59:55 ID:TAo+3sKo0

食蜂「ホント、男って最低ねぇ」

縦ロール「お見事ですわ!」

配下「あ・・・」

配下(あれは)

配下(食蜂様・・・)

縦ロール「大丈夫ですか?」

配下「は、はい!」

食蜂「貴方、配下ちゃんよね?」

配下「な、なんで私の名前を?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:01:42 ID:TAo+3sKo0

食蜂「貴方がとっても優秀って話、聞いたことあったのよぉ」

食蜂「だからぁ」

縦ロール「是非、女王の派閥に加わって欲しいと思っていたのです!」

食蜂「貴方が嫌なら」

食蜂「断ってくれて構わないわぁ」

配下「い、いえ!」

配下「喜んで!」

ーーーーーーーーーー

配下「・・・」

配下「この人を着き慕いたい、そう思ったからです・・・」

食蜂(配下ちゃん・・・)


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:03:30 ID:TAo+3sKo0

上条「皆、アンタを慕ってる」

上条「それは決して、お前能力によるものだけなんかじゃない」

上条「違うか?」

食蜂「・・・」

上条「それでも!」

上条「それでもお前が本当に能力がなければ一人だと思ってるなら俺は!」




上条「その幻想をぶち殺す!!」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:24:20 ID:TAo+3sKo0

食蜂「・・・」

食蜂「・・・」スッ

上条(食蜂・・・)

食蜂「ご」

食蜂「ごめんなさい!」

縦ロール「女王・・・」

食蜂「ごめんなさいぃ・・・!」ボロボロ

配下「っ・・・」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:25:49 ID:TAo+3sKo0

食蜂「今まで私、本当に酷いこと・・・!」ボロボロ

食蜂「嫌われても仕方ない・・・!」ボロボロ

縦ロール「顔を上げて下さい、女王」

配下「私達はこれからも貴方に」

配下2「ついて行きますわ」ニコ

食蜂「う・・・」

食蜂「うわあぁぁぁぁぁぁん・・・!」

上条「・・・」

上条(もう、大丈夫だな)


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:36:42 ID:TAo+3sKo0

そして数日後 上条家



インデックス「zzz...」

上条「食って昼寝とは、いいご身分ですねぇ・・・」ピンポーン

上条「ん?誰だろ・・・」ガチャ

食蜂「・・・」

上条「お、食蜂か」

上条「あいつらとは仲直り出来たんだってな」

上条「良かったな」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:38:30 ID:QFCmY5Wn0

これは…


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:39:32 ID:v1LX8svVO

インさんェ


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:41:00 ID:d7U647PR0

          ∧_∧ 
         (´・ω・`)
        〔:::(::::∧::/:::::〕
         |::::::::/:::::::::::/
         〉:::/::::::::::::::〈
         |::/:::::::::::::::::|
        ノ:::::::::::::::::::::::|
       ノ:::::::::::::::::::::::::::ゝ
          | | | |

         ∧_∧ ペース上げていきましょう エーザイ
     __(´・ω・`)__
〔ノ二二,___       __,二二ヽ〕
 |:::::::::::::::::::::::::ヽ ゜ ゜ /::::::::::::::::::::::::::/
 〉::::::::: :::::::::::::〉__ 〈:::::::::::::: ::::::::〈
 |:::::::::::::::::::::::/\ω/ヽ::::::::::::::::::::::/
 〔::::::::::::::::::::/  ノUヽ  ヽ::::::::::::::::::|
 ヽ:::::::::::::::::/ /::::::::::::\ ):::::::::::::::::::ゝ
 ノ:::::::::::::::::::| |~── -| |~~~/


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:44:15 ID:TAo+3sKo0

食蜂「そ、その・・・」

上条「ん?」

食蜂「あり、がとぉ・・・///」

食蜂(あんなことしてもらって)

食蜂(好きにならない訳ないじゃない///)

食蜂(顔、直接見れない・・・)

上条「いえいえ上条さんは何もしてませんよ、それより」

上条「これからはちゃんとアイツらに向き合ってやるんだぞ?」

食蜂「うん・・・」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:48:04 ID:muhbO8O1O

ヤンデレールガンフラグもあるしな


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:51:00 ID:TAo+3sKo0

上条「わざわざ礼を言いにきてくれたのか」

上条「ありがとな」

食蜂「あ・・・」

上条「ん?」

食蜂「アドレス・・・交換して欲しいのぉ」スッ

食蜂「お礼、したいから」

上条(そこまでのことはしてないと思うが)

上条(断るのも野暮だな)

上条「おう、わかった」スッ


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:54:50 ID:TAo+3sKo0

食蜂「ありがとう・・・」

食蜂「また今度、連絡させてもらうわぁ」

上条「あぁ」

食蜂「それじゃあ、また」

上条「気をつけてな」

上条(・・・食蜂も縦ロール達も)

上条(今まで以上に仲良くできるといいな)


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:58:48 ID:79ZToWlp0

縦ロール達wwwwww


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 21:59:14 ID:TAo+3sKo0

常盤台

美琴(食蜂の派閥で何かあったらしいけど・・・)

美琴(またあのバカが解決したとか)

美琴(本当、お人好しなんだか)ミサカサーン?

美琴「うっ」

食蜂「だからぁ、そんな嫌な顔しないでよぉ」

縦ロール「こんにちは」ペコ

美琴(噂をすれば・・・)

食蜂「今日は御坂さんに、話たいことがあってぇ」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:04:27 ID:TAo+3sKo0

美琴「で、何よ?」

食蜂「上条当麻さん」

食蜂「私も好きになっちゃったんだゾ☆」

美琴「え?」

美琴「えええぇぇぇぇ!?」

食蜂「だからぁ、モタモタしてると」

食蜂「私が取っちゃうわよぉ?」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:05:07 ID:TAo+3sKo0

美琴「べ!別にアイツのことなんてどーでもいいわよ!」

食蜂「素直じゃないわねぇ・・・」ハァ

食蜂「さぁ、帰って作戦会議よぉ!」

縦ロール「はい!」

配下「女王の勝利は確実ですわ!」

美琴(またフラグ立てたのかぁ!?あのバカは!)キィー?

美琴「ま、負けないんだからぁ!」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:06:07 ID:TAo+3sKo0

マケナインダカラァー!!!

食蜂「あらあら、やっと認めたわねぇ」

食蜂「本当、素直じゃないんだから」

縦ロール「全くですわ」

配下「しかし、あの様子ならまだそこまで進展してるとは考えにくい」

配下2「ですわ!」

食蜂「チャンスって訳ねぇ」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:10:44 ID:TAo+3sKo0

一週間後



上条「!もう待ってるし!」

食蜂「あ!上条さーん!」ブンブン

上条「すまん、待ったか?」

食蜂「いいのよぉ、今日は私がお礼するんだから」

上条「そうか・・・」

食蜂(やっぱり顔見れないわぁ///)

食蜂(縦ロールちゃん達はガンガンアピールしろって言うけど・・・)

食蜂(御坂さんの気持ちもわかるわねぇ・・・)


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:13:56 ID:TAo+3sKo0

食蜂「さ、行きましょ?」

上条「ああ」

食蜂「ふふっ☆」



食蜂(本当にありがとう、上条さん)




食蜂(だーい好き☆)




おしまい


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:14:41 ID:WBjEJrllT

おつおつ


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:15:02 ID:TAo+3sKo0

パクリ言われましたが、色々書き溜めてたのをみさきちアニメ出たし、一気に投下しようかと思っただけなんです。確かに似たような展開ですが。
これからもみさきちを愛してあげてください
ありがとうございました


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 22:37:57 ID:9RmnLaNw0


食蜂「君に惚れちゃったんだゾ☆」当麻「はい?」


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367230368/



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。