ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレン「ミカサって腹筋凄すぎて妊娠したら赤ちゃん潰れそうだよな」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/3041797i.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 20:17:50 ID:hkTyxTNBO
ミカサ「っ・・・」

アルミン「エレン!!」

エレン「な、なんだよアルミンもそう思うだろ?」

ミカサ「・・・っ!」ベチンッ!

エレン「いてえっ!」ヒリヒリ

ダダダッ

アルミン「ミカサ!」

エレン「いってえ・・・なにもこんな冗談で殴ることないのに」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 20:18:47 ID:HXv923+P0

腹筋凄いと出産が滅茶苦茶楽みたいだよ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 20:20:44 ID:8MvrHv5M0

エレンはそんなこと言わない
これはアニとかいう女狐の策略


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 20:23:38 ID:hkTyxTNBO

 


ミカサ「・・・」ボコッ…ボコッ…

クリスタ「み、ミカサ?なにしてるの?」

ミカサ「腹筋をなくす・・・」ボコッ

クリスタ(殴ってたらもっと強くなっちゃうんじゃ・・・)

ミカサ「くっ・・・」ボコッ



エレン「あれ以来ミカサが口を聞いてくれない」

アルミン「当然だよ!あんな酷いこと言って!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 20:28:29 ID:hkTyxTNBO

 

ミカサ(おかしい・・・いっこうに腹筋がなくならない。それどころかもっとキレてきた)バキバキッ

サシャ「わぁー!ミカサの腹筋凄いですね!」

ミカサ「!」バッ

サシャ「流しそうめんができそうです!」

アニ「くっ・・・くくっ」

ユミル「あっははは!あれだけ溝がありゃ確かにできそうだ!」

クリスタ「笑っちゃ駄目だよ!」

ミカサ「・・・」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 20:42:38 ID:HpiQH1WG0

アルミン「ミカサは女の子なんだよ!?あんな酷い事を言われたら傷つくに決まってるじゃないか!」

エレン「いや、でも冗談だしよ……そんな真に受けな」パシン

エレン「ア、アルミン……?」

アルミン「ミカサは、ミカサはあの時、泣いてたんだぞ!」

エレン「なッ……!?」

アルミン「これを聞いても、まだ冗談だったで、済ませるつもりなの?」

アルミン「もし、そうなら、僕は……僕は……」

エレン「すまねぇ、アルミン。俺がどうかしてたみたいだ」

アルミン「エレン……!」

エレン「一人じゃ恥ずかしいからよ、悪いけど一緒に来てくんねーかな」

アルミン「勿論だよ!あ、丁度ミカサがこっちに来るよ!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 20:47:25 ID:HpiQH1WG0

エレン「よ、よぅ、ミカサ」

アルミン(エレン!しっかりして!)

エレン(わーってるって!)

エレン「悪かった!この通りだ!ふざけた冗談言って済まなかった!許してくれ!」

ミカサ「……」

エレン「もう二度とあんな事言わないから…」

ミカサ「いい。もう私は気にしていない」

アルミン(良かったね、エレン!)

エレン(ああ、アルミンのお蔭だ!)

ミカサ「それにエレンの言った事は想像に過ぎない。よって私達で実験を行い真偽を確かめる必要がある」

エレン「え?」

ミカサ「エレン。私と子作りを速やかに実施しよう」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 21:53:04 ID:HpiQH1WG0

エレン「ちょ、ちょっと待ってくれ、ミカサ!」

アルミン「そうだよ!いきなりそんな」

エレン「お前、どうやれば子供が出来れば知ってんのか!?」

アルミン「エレンの言う通りだよ!こんな事で子供なんて!」

エレン「俺、どうやれば子供が出来るか知らないんだよ!この機会に教えてくれよ!」

アルミン「そうだよ!この機会に!」

アルミン「え?」

ミカサ「それは困る。私の両親にもエレンの両親にも結局教えてもらえなかった」

エレン「はー、ミカサもダメか……」

アルミン「え?ちょ、え?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 21:56:59 ID:HpiQH1WG0

エレン「参ったな、作り方を知らないんじゃ妊娠なんて無理だ」

ミカサ「実験も出来ないし私の名誉も挽回出来ない」

エレン「そうだ、アルミン!お前なら知ってるんじゃないのか!?」

ミカサ「アルミン、そうなの?」

アルミン「あ、いや、その、ぼ、僕は……」

エレン「頼む、アルミン!お前だけが頼りなんだ!」

ミカサ「私からもお願い、アルミン」

アルミン「僕は、僕はねぇ……」

アルミン「ぼ、僕も知らない、よ?本当だよ!?」

エレン「頼みの綱のアルミンもダメか……」

アルミン(二人ともごめん!でもこんなの僕から言えないよ……)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 22:01:28 ID:HpiQH1WG0

エレン「仕方ない。皆に聞いて回るしかないか」

ミカサ「そうだね」

アルミン「そ、それじゃ僕はこれで」

エレン「いや、アルミンも一緒に行こうぜ」

アルミン「え、な、なんで?」

エレン「この機会にアルミンもどうすれば子供が出来るか知っておいたほうがいいって!」

ミカサ「私もそう思う。アルミンの将来の為でもあるし知識は多い方がいい」

エレン「さ、行こうぜ!」

アルミン(もう……やめれくれ……これ以上はもう……無理だ……これ以上は……)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 22:10:01 ID:HpiQH1WG0

アルミン(誰にも会いませんように……

エレン「お、ジャン!いい所で会うな」

ジャン「何だよ、俺は忙し」

ミカサ「こんにちは、ジャン」

ジャン「よぉ!何してるんだ、お前ら?俺、今暇でさ!混ぜてくれよ!」

エレン「実は折り入ってジャンに聞きたい事があるんだけどさ」

ミカサ「私からもお願いしたい」

ジャン「任せとけ、何でも教えてや」

ミカサ「エレンと子作りをしたいのだけれど」

ジャン「糞がぁぁぁぁぁ!死ねエレンの馬鹿ぁぁぁぁぁぁ!ミカサお幸せにぃぃぃぃ!」

エレン「あ、おい!ジャン、どこ行くんだよ!」

ミカサ「聞きそびれてしまった」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 22:58:10 ID:HpiQH1WG0

エレン「ジャンなら知ってると思ったんだけどなぁ」

ミカサ「逃げた男の事を気にしても仕方ない。他の人に聞こう」

アルミン「ジャン……君の死は無駄にはしないよ……多分」

クリスタ「あ、あの。何かあったの?ジャンが大粒の涙を流しながら走って行ったけど」

エレン「お、クリスタ。いい所に来てくれたな」

クリスタ「え?何々?どうかしたの?」

エレン「是非クリスタにさ、子作りブギャボッ!?」

ユミル「おい、死に急ぎ野郎。私のクリスタに何を寝言抜かしてんだ?あ?」

ミカサ「何故ユミルが怒るのか分からない。エレンと私で子作りをしたいのだけどやり方が分からないので教えてほしいだけ」

ユミル「はぁぁぁぁぁぁぁ?」

クリスタ「え、え、え!?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:04:39 ID:HpiQH1WG0

エレン「いや、だからさ。(ミカサに酷い事を言った)責任を取る為に子供が欲しいんだよ」

クリスタ「え?責任て、え?嘘?え?え?」

ユミル「只の馬鹿かと思ってたけど、意外と甲斐性あるんだな」

ミカサ「もうこれは避けて通れない確定事項」

クリスタ「そう、なんだ……」

ユミル「まぁ、なんだ。お前らなんてどうでもいいけど一応祝福してやるよ」

ミカサ「……?良く分からないけど、ありがとう」

エレン「そういう訳だからクリスタ、子作りヒデブッ!?」

ユミル「今の流れからなんでそうなるんだよッ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:09:07 ID:HpiQH1WG0

アルミン「ちょ、ちょっと待ってよ、ユミル!実は……」

ユミル「はぁ……?」

クリスタ「ミカサの腹筋に赤ちゃんが耐えられるか実験する為に子供を作りたいの……?」

ユミル「で……肝心の作り方を知らないから、やり方を教えて欲しい、と」

ミカサ「理解が早くて助かる」

エレン「なぁ、クリスタ。その様子だと知ってるんだろ?頼む、教えてくれ!」

クリスタ「わ、私は、その、私は!」

エレン「なぁ、お願いだ、クリスタ!手とり足とり教えてくれよ!」

ミカサ「どうせだから実技も交えて教えて欲しい」

クリスタ「え……」

エレン「え?」

クリスタ「エッチなのはダメぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

ミカサ「また聞きそびれてしまった」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:13:34 ID:HpiQH1WG0

ユミル「はぁ……」

エレン「どうしたんだよ、クリスタの奴。顔真っ赤にして行っちまったぞ」

ミカサ「熱があるのかもしれない」

ユミル「実技ってなぁ、お前ら。本気で言ってんのか?」

エレン「ユミル、お前、もしかして知ってるのか!?」

ユミル「当たり前だろ。いいか、子供ってのはな」

アルミン(ありがとう、ユミル……卑怯だけど、これでこの地獄から解放される……)

ユミル「コウノトリが運んできてくれるんだよ。だから実技なんてそもそもある訳ないだろ」

アルミン「」

エレン「え、マジかよ!」

ユミル「問題はどうやってコウノトリに話をつけるかだな」

ミカサ「この辺りではコウノトリを見かけた事は無い」

ユミル「芋女は狩猟の民の出だから詳しいんじゃねーの?」

ミカサ「なるほど。ユミル、感謝する」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:29:55 ID:HpiQH1WG0

サシャ「はふはふ。もぐもぐ」

エレン「お、いたいた。おーいサシャー!」

サシャ「ふぁふぃ?ふぁんふぇんふぇふふぁふぉのいふぉふぁふぁふぇふぁふぇんふぉ?」

エレン「いや、別に芋はどうでもいいんだ」

アルミン(今のわかるんだ……)

ミカサ「食事の邪魔をして済まない。どうすれば子作り出来るか教えて欲しい」

サシャ「ヴォフォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!」

エレン「うわっ、汚ぇな!」

エレン「まぁそういうわけなんだ。コウノトリが何処にいるか教えてくれ」

サシャ「ブフォォォォォォォォォォォォォ!!」

ミカサ「サシャ、はしたない」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:36:05 ID:HpiQH1WG0

サシャ「あ、ああああああ、あの、一体全体どういう事ですか!?」

エレン「いや、だからさぁ。ミカサと子供作りたいんだよ」

ミカサ「サシャは狩猟の民の出と聞いている。コウノトリとアポを取って欲しい」

サシャ「え?いや、え?は?」

エレン「俺たち、鳥の事は良く知らないからさ。頼むよ」

サシャ「あ、あのー。冗談ですよ、ね?」

ミカサ「……?発言の意図が分からない」

エレン「何か可笑しな事言ったか?」



ユミル「プギャー!あの馬鹿ども、マジで芋女に聞いてるよ!アーッハッハッハッハ!!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:39:59 ID:HpiQH1WG0

クリスタ「ユミル……エレン達に何て言ったの……?」

ユミル「いやー、赤ちゃんはコウノトリが運んでくるって言ったらマジで信じてるぞ、あいつら!」

クリスタ「もう、そんな!エレン達が可哀想だよ!」

ユミル「アッハッハ!だって、この方が面白いだろう?それならクリスタが教えてやったら?」

クリスタ「や、やめてよぉ!そんなの恥ずかしくて言えないよぉ!」

ユミル「フーフフ、それでこそ私のクリスタ。愛い奴、愛い奴」

アニ「……さっきから騒々しいけど。何やってんの」

ユミル「お、アニか。今、最高のコントやってるんだよ」

アニ「はぁ?」

ユミル「まぁ、お前も間近で見てくるといいんじゃない?」

アニ「……?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 00:47:22 ID:Gt3VpTvI0

サシャ「えっと、その、こ、子作りですか……!?」

エレン「そう、それだよ。ユミルが教えてくれたんだよ」

ミカサ「コウノトリに話して子供を授かると聞いた。早く教えて欲しい」

アルミン「……」

サシャ「そ、それは、違いますよ。こ、子作りのやり方は……」

エレン「え、マジかよ!ユミル、適当言ったのか!?」

ミカサ「それならばサシャ。本当のやり方を教えて欲しい」

サシャ「えと、その……おしべとめしべが……」

エレン「ん?いや、今は子作りの話をしてるんだぜ」

サシャ「だ、だから、その、エレンのおしべがミカサのめしべにイェーガーして……」

ミカサ「要領を得ない。はっきり話して欲しい」

サシャ「あひぃぃぃぃ」

アニ「さっきから見てれば……何やってんの、お前たち……」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 00:53:37 ID:Gt3VpTvI0

ミカサ「アニ、邪魔は止めて。今サシャから正確な子作りの仕方を聞いている」

アニ「はぁ……?」

エレン「ミカサと子作りしなきゃいけないんだよ。悪いが邪魔しないでくれるか?」

アニ「……。どういう事?」

エレン「だから責任を取る為に子作りするんだよ」

アニ「なッ……!?」

ミカサ「……?何か?」

アニ「ほ、本気で言ってるのかい?」

エレン「ああ。ただやり方がわかんなくてさぁ。皆に聞いて回ってるんだけど、今一要領を得ないんだよなぁ」

アニ「……。そんなに子作りのやり方を知りたいなら」

エレン「ん、何だ」

アニ「教えてやってもいいけど?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 00:58:09 ID:Gt3VpTvI0

エレン「え?やだよ。アニに何か教わるのって痛そうだし」

アニ「……」

アルミン「」

サシャ「」

ユミル「」

クリスタ「」

エレン「……?」

アニ「……」

エレン「ん、何だ、皆どうしたんだ?」

アニ「遠慮なんかしなくていいって」

ドグシャァッ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:03:22 ID:Gt3VpTvI0

アルミン「うわぁぁぁぁぁ!エレンのエレンがぁぁぁぁぁぁぁ!」

サシャ「エレンの松茸がブナシメジにぃぃぃぃぃぃぃ!」

ユミル「あは、あははははははは……」

クリスタ「わ、私、救急箱持ってくる!」

アニ「ふん……」

ガタンッ

一同「!?」

キース教官「今しがた大きな音が聞こえたが……」

キース「誰か説明してもらおうか……」

ミカサ「サシャが出産した音です」

サシャ「えっ!?」

キース「また貴様か……少しは慎みを覚えろ……チッ」バタンッ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:18:15 ID:Gt3VpTvI0

エレン「ううぅ……」

アルミン「エレン!良かった、目が覚めた!」

ミカサ「大丈夫。エレンが私を置いて死ぬはずが無い」

エレン「あれ……俺なんでこんな……」

エレン「確か……アニが何かよくわかんないけどキレて……閃光が……」

サシャ「もう大丈夫です。クリスタの手当のお蔭でエレンのエレンはまだイェーガー可能です!」

エレン「……?」

クリスタ「良かったよぉ……もうダメかと思ったよぉ……」

ユミル「いやぁ、あはは……流石に少し責任を感じるね、こりゃ」

アニ「ふん。自業自得って奴だ」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:23:55 ID:Gt3VpTvI0

エレン「子作りの仕方聞いてただけなのに……なんでこんな事に……」

ミカサ「皆の反応が理解できない」

アルミン「いや、その……」

サシャ「口に出すのは憚られると申しますか……」

クリスタ「ううぅ」

アニ「はぁ、バカらしぃ……私はもう行くよ」

ユミル「わ、悪かったよ。まさかこんな事になるとは思わなかったからさ。謝罪替わりに本当のやり方を教えてやるから、な?」

ユミル「実は、かくかくしかじかで……」

エレン「な、マジか!?」

ミカサ「そんな……それが子作りの仕方だったなんて……」

ユミル「私も一応女だからさぁ、こういう事を言わせるんじゃ」

エレン「今聞いたのなんて、もう何回もミカサとしてるぞ!?」

アルミン「えっ」

ミカサ「少し吐き気がする。トイレに行ってくる」

クリスタ「えっ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:26:05 ID:Gt3VpTvI0

エレン「ミカサ、大丈夫か?」

ミカサ「大丈夫。最近よくある事だから」

エレン「体には気を付けろよな。何か食べたい物あるか?」

ミカサ「心なしか酸っぱい物が食べたい」

エレン「分かった。何か無いか見てくるから、ここで待ってろよ」

エレン「ん、皆どうしたんだ?」

アルミン「」

サシャ「」

クリスタ「」

ユミル「」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:26:45 ID:rUYVYmeX0

既にイェーガー済みだったのか


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:32:58 ID:Gt3VpTvI0

アルミン「こうしてエレンはミカサとのイェーガーに成功した」

アルミン「いや、した、ではなく、していた、の方が正しいだろう」

アルミン「そのまま二人は結婚し除隊。程なくして子供が産まれた」

アルミン「今では二人は子煩悩なバカップルとして数々の伝説を作り出している」

アルミン「また、何故か世界中から巨人が消えたので人類の活動領域は大幅に増大した」

アルミン「お蔭で世界は平和になり月に一度は同期の皆でエレン達の家で飲み会をする始末だ」

アルミン「僕は今度の調査隊の隊長を任せられた。まだ見ぬ何かを求めて今からドキドキが止まらない」

アルミン「世界は残酷なんだか良くわからないけど、とても美しい」

終わり


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:36:18 ID:Gt3VpTvI0

アルミン「追伸。一人目の子供は出産時、ミカサの腹筋により死んだ」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/27 01:38:06 ID:MjWfm5k40

>>112
おい


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。