ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京太郎「それでもオレはやっていない」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/54a098c628c814ced53dc0901fc2bbf8.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23 23:50:39 ID:eGY2MY+A0
駅のホーム


「まもなくドアが閉まります。ご注意ください」

京太郎「うおおおおおお!待った待った待ったあああああああ!!」

京太郎「乗ります乗ります乗りまーーっす!!」

プシューッ


ガタンゴトン…ガタンゴトン…


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23 23:55:40 ID:eGY2MY+A0

京太郎(ふぅー、危ないところだった)ハァハァ

京太郎(もう少しで電車に乗り遅れるところだったぜ!)ハァハァ

ガヤガヤ ザワザワ

京太郎(しかし、今日も乗客は満員だなぁ)

京太郎(ここにいる奴ら半分くらい死ねばいいのに)

京太郎(……ま、仕方ない。朝の通勤ラッシュばかりは避けられねえ)

京太郎(男京太郎、ここは切り替えていくぜ!――ん?)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:01:11 ID:eGY2MY+A0

マホ「……」ジトーッ

京太郎(女子中学生だよな…?ずっと見つめてるけど俺に気があるのか?)

京太郎(もてる男はつらいぜ!)

マホ「」プイッ

京太郎(あ、あっち向きやがった)

京太郎(ふっ、照れやがって)

京太郎(ずっと俺を見ててもいいんだぜ!ほら、見てくれよ。もっともっと!!)

グイッ

京太郎「ん?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:05:58 ID:WcofYmd50

京太郎(げっ!ギリギリ乗車したせいで上着がドアに挟まってんじゃねーか!)

京太郎(くっそ!これは俺のお気に入りなのに!)

グイグイッ

京太郎(ぐぬぬ、とれねえ)

グイグイグイグイッ

京太郎(おら、これでどうだ!)

グイグイグイグイッ

京太郎(あーちくしょう!全然とれねえじゃねえか!)

マホ「い、いやああああああああああああああああああ」

京太郎「何だ!?」

ガシッ

京太郎「へ?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:08:01 ID:WcofYmd50

マホ「この人"痴漢"なのです!!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:10:04 ID:WcofYmd50

京太郎「……」













京太郎「はぁあああああああああああああん!?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:15:54 ID:WcofYmd50

駅のホーム


京太郎「何なんっすか!俺、何にもやってねーよ!」

一「はいはい、詳しいことは署で聞くから大人しくしててね」

京太郎「俺これからバイトなんっすよ!?」

一「すぐ終わるから。ほら、パトカーに乗りなよ」

京太郎「……」

京太郎(ちくしょう…。俺は痴漢なんかしてねーのに)

――――

――


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:17:42 ID:/TIs7i8R0

マホちゃんの太ももにおちんちんスリスリしたい
気弱だから何も言えないだろ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:21:03 ID:WcofYmd50

取調室


京太郎「……」

ドンドン

一「どうぞ」

池田「うおおおお!一体何がおもしろいし!!」

池田「いつもこんなことやってんのか!?」ダイバンバン!

京太郎「!?」ビクッ

池田「女が言ってるし!お前にやられましたってなぁ!」

京太郎「は、はぁ?」

池田「おら、調子こいてんじゃねーし!はやく自白するし!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:25:18 ID:r0Og6Rq60

調子に乗んなよ池田ァ!!


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:26:33 ID:WcofYmd50

池田「"私は、混雑する通勤電車内で」

池田「女子中学生のお尻を触り」

池田「袖をつかまれました」

京太郎「な、何言って――」

池田「ほんの出来心だったといえ」

池田「大変申し訳ないことをしたと思っております」

池田「これから正直にお話申し上げます"ってな!」

京太郎「ちょ、ちょっと待ってください!」

京太郎「誰もそんなこと言ってないじゃないですか……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:33:39 ID:WcofYmd50

京太郎「……」

京太郎「帰らしてもらいま――」

一「無理だよ」

京太郎「は?」

一「君は逮捕されてるのさ」

一「私人による現行犯逮捕だ。わかるかな?」

一「私人ってのは警察官じゃない。一般の市民って意味さ」

一「もう一度言う。君は現行犯逮捕されたんだよ」

京太郎「……え?」




結局俺は取り調べの後、わけのわからないまま違う部屋に連れていかれた

本当に痴漢なんかしてねえのに……


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:39:11 ID:WcofYmd50

面談室


ガチャッ

優希「犬!」

咲「京ちゃん!」

京太郎「……」

優希「……お、お前本当に痴漢したのか……?」

京太郎「ばっ、やってねーよ!俺は無実だよ!」

咲「信じていいんだよね……?」

京太郎「そうだよ!何だよ、お前たちも俺のこと疑ってるのか!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:45:02 ID:WcofYmd50

咲「ち、違うよ!私たちはただ――」

優希「咲ちゃん!」

咲「?」

優希「京太郎は痴漢はやってないってちゃんと言ったじぇ」

優希「だから、落ち着いて京太郎の話を聞こう……?」

京太郎「優希……」

咲「……うん、そうだね」

咲「京ちゃん、何があったか私たちに教えてほしい」

咲「本当に痴漢をやってないならすぐにここから出られるよ!」

京太郎「お前ら……」

京太郎「ありがとな……」






そして、俺は落ち着いて二人に今までのことを話した


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:51:34 ID:WcofYmd50

咲「なるほど……」

咲「つまり、電車に急いで乗ったらドアに上着がはさまってしまい」

咲「それを取ろうとしたら近くにいた女子中学生に痴漢と勘違いされたんだね」

京太郎「あぁ……。俺は本当に痴漢はしてないんだ!」

優希「……京太郎」

京太郎「どうした?」

優希「痴漢の現場を見てた人でお前がやってないと証言してくれる人はいるのか?」

京太郎「い、いや……ものすごく混んでいたから」

京太郎「痴漢してるかなんて誰もわかりようがねえと思う……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 00:56:09 ID:WcofYmd50

優希「……」

咲「……」

京太郎「ど、どうしたお前ら?急に黙っちゃって……」

優希「……京太郎、被害者に示談交渉を持ちかけよう」

京太郎「は?」

京太郎「示談って俺が痴漢を認めて金を被害者に払うってことだよな?」

優希「……うん」

バンッ!

咲「ひっ」

京太郎「何でだよ!俺は本当に痴漢なんかしてねえんだよ!」

京太郎「お前らさっき俺のこと信じるって言ってたよなァ!?」

京太郎「結局信じてねーじゃねーか!!くそがあああああああああああああっ!」ダイバンバン!


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:00:54 ID:WcofYmd50

池田「こら、暴れんなし!」

一「きょ、今日はこれで終わり!ほら、君たちも帰りな!」

京太郎「うがああああああああああああああああ!!!!」

京太郎「俺は本当にやってねえええんだぁああああああああ!!!!!」

ハナセヨ!クソクソクソクソクソクソオオオオオオオ!!!ウヴォアアアアアアアアアアア!!!






優希「京太郎……」

咲「京ちゃん……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:07:30 ID:WcofYmd50

翌日


京太郎「……」

池田「で、どうすんだお前?」

京太郎「……何が」

池田「結局、お前は無実を主張するのか?」

京太郎「……当たり前だ」

池田「はぁ……」

京太郎「……」

池田「痴漢事件なんてな、99%が有罪だし!」

池田「仮に裁判したとしても何年もかかるし、無罪になる保証もないし……」

池田「だから、今罪を認めて示談にすればこれで終わりなのに――」

京太郎「俺は本当にやってねえ!!」バンッ!

池田「……あーわかったし。じゃあそういう方向で進めておくし」

池田「起訴されるまで大人しくしてろだし」

京太郎「……くそが」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:12:21 ID:WcofYmd50

数日後


一「今日は君を担当する弁護士を連れてきたよ」

野依「よろしく!」プンスコ

京太郎「……」

野依「元気ないね!」プンスコ

京太郎「あ゛?」

野依「こわい!」ブルブル

――――

――


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:17:21 ID:WcofYmd50

野依「ふむふむ!」プンスコ

野依「君は本当に痴漢してないんだね!」プンスコ

京太郎「……さっきから何度も言ってるだろ」

野依「……うーん」

野依「でもこのままじゃ絶対に有罪――」

京太郎「あ゛ぁぁああああああああ!?」

京太郎「じゃあ、証拠がなければ男は皆犯人だっていうのかぁあああああ?」

京太郎「お前弁護士だろ!?だったら俺を救えやくそがああああああああああ!!」

野依(もういやだ……!)ブルブル



結局、弁護士と話しても何も進展はなかった


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:19:53 ID:lNJFvDW6O

いっそのこと本当に痴漢した方が得なんじゃないか?


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:20:09 ID:WGIiS+D00

京太郎のセリフが何気に重い


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:22:30 ID:WcofYmd50

そして裁判当日


モブ「起立」

加治木「それでは開廷する」

加治木「被告人は前へ」

京太郎「……」

加治木「名前は?」

京太郎「……須賀京太郎です」

――――

――


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:28:13 ID:WcofYmd50

結局、俺は有罪判決を受け社会的信用をなくした
親も俺とはもうかかわりたくないらしい


なぜあの時、示談しなかったんだろう
咲、優希すまなかった
お前たちのいうことをきいておけば今よりは幸せであったはずなのに

さようなら


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:28:43 ID:WcofYmd50

ブロロ~……

蒲原「衣、今日は給料日だから好きなのなんでもおごるぞー!」

衣「わーい♪衣はタルタルたっぷりのエビフライが食べたいぞ!」

京太郎「」フラッ

蒲原「!?」

キキーーッ

ドォーン!

京太郎「」ピクピク

蒲原「う、うわあああああああああああああああああああああ!!」

衣「もうこんなオチ担当はいやだあああああああああああああ!!」


おわり


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:29:23 ID:WcofYmd50

元ネタ「それでもボクはやってない」

裁判までの知識とか知らずに書いたんでいろいろミスってると思います
ここまで読んでくれてありがとうございました
あと、痴漢事件には気をつけてください


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 01:30:57 ID:VV9y4cO30

なんつーオチだよ乙
そういやこの前、満員電車で意図せずJCの胸に手の甲が触れちゃったな
「ごめんね」ってすぐ言ったら、「だいじょーぶですよっ!」って笑顔で返されたわ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 02:16:42 ID:WcofYmd50

書き忘れてたけどオチはオリジナルなんで不快に思われた方はすんません


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24 06:34:19 ID:nsSDhH9A0

京ちゃんって年上の男性が好みなんじゃないかな?


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369320639/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。