ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲンガー「もう戦うの疲れた……」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/img_102275_549458_0.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:16:58 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「マスターの野郎、毎回毎回スーパーシングルトレインとやらに参加させやがって……。
     ちったあおれの体のこと考えろってんだ」

ゲンガー「まひやねむり状態で負けるのは仕方ねぇじゃんかよ。それなのに全部おれのせいにして……」

ゲンガー「危なくなったらみちづれ命令しやがって。クソ野郎め」

ゲンガー「…」

ゲンガー「今日もまたボロボロになるまで戦わされるのか。
     はぁっ、もういやだ。戦うのはいい加減疲れた……」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:18:46 ID:BIT5Q1p10

最近スレタイでゲンガーをよく見るけどなんかあったの?


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:27:03 ID:KY4B/GApO

ポケモンセンター

マスター「みんな出てこい」ポンポンポン

マスター「もうちょっとしたら出発するからな。今日はどんなやつが相手かなー」

ゲンガー(ヘラヘラしやがって。クソが)

ゲンガー「おい、そこの新入り」

ゾロア「は、はい!何ですか?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:28:05 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「お前、今日おれのかわりに戦ってこい」

ゾロア「???」

ゲンガー「あーもう!一々説明しねぇとわかんねぇのかよ。
     お前の特性は何だ。言ってみろ」

ゾロア「イリュージョン……ですけど……」

ゲンガー「そう、イリュージョンだ。
     戦闘の時に味方のポケモンに化ける能力を使えるお前なら、おれに姿を変えるくらいたやすいことだろ?」

ゾロア「は、はぁ……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:30:09 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「つまり、お前が戦ってる間、おれは休めるわけだ。
     体力も気分も回復。まさに一石二鳥だと思わねぇか?」

ゾロア「あの、ゲンガーさん。話が飛躍してて何をおっしゃってるのかがよくわからないんですけど……」

ゲンガー「せっかくだからお前に教えといてやるよ。
     あのバカマスターはな、疲れきったおれに連日バトルさせるスパルタ野郎なんだ。
     今日だってこの後スーパーシングルトレインとやらに挑戦するんだ」

ゾロア「スーパーシングルトレイン?普通のバトルとどうちがうんですか?」

ゲンガー「バトルが終わるまで回復させてもらえねぇ上に休む間もなく連続でバトルさせられるという鬼仕様だ。
     お前もやってみたらその鬼畜っぷりが身に染みてわかる」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:31:17 ID:KY4B/GApO

ゾロア「それをボクが……ゲンガーさんの代わりに……?」

ゲンガー「そうだ。マスターにばれるかもって心配はしなくていい。
     見てみろあのマヌケなアホッつら」

マスター「ふんふんふん♪」

ゲンガー「呑気に鼻歌なんか唄ってやがんの。おかしいよな」

ゾロア「え、ええ。でも、あの……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:32:22 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「まだ何か不安あんのか?」

ゾロア「ボクはまだレベル低いですし、おまけに技もそんなに覚えてないですし、瞬殺されそうな気がしますけど」

ゲンガー「何言ってんだ新入り。お前が焼かれようがボコられようが、んなことどうでもいいんだよ」

ゾロア「えぇっ!?そ、そんな……」

ゲンガー「要はな、おれが疲れてるという事実をあのバカマスターに気づかせることが大事なんだ。わかるか?」

ゾロア「……?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:35:33 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「作戦はこうだ。バトルが始まり、マスターがいつものようにおれをボールから出す。
     しかしお前がおれに化けてたことにすぐに気がつき、慌てふためく。
     傷つきやられたお前を目にしたマスターは『ゲンガー、お前、バトルから逃げたくなる程疲れていたのか……。ごめんよ、気づいてやれなくて……』と一粒の涙をこぼす。
     で、バトルが終わり、号泣したマスターはおれの頭を撫で撫でしながら『もう無理はさせないよ』と涙で顔をグシャグシャにして、
     ぎゅーっと抱きしめて、めでたしめでたしというわけだ。
     完璧な計画感動劇だろ?」

ゾロア「そ、そんなに都合よくいきます?
    ボク、ただのやられ損な気が……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:36:16 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「あぁん!?てめぇ、おれさまの命令が聞けねぇってのか!?」

ゾロア「いえいえ!や、やります!やらせてもらいます!」

ゲンガー「そうだ、それでいい。
     このゲンガーさまの為に一肌脱ぐチャンスをわざわざ与えてやってんだ。
     誇りに思え」

ゾロア「…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:36:59 ID:KY4B/GApO

ゾロア「もし……」

ゲンガー「?」

ゾロア「もしもマスターが涙を流すことなく激怒したらどうするんですか?」

ゲンガー「決まってんだろ。その時はお前が全責任をとれば万事解決じゃねぇか」

ゾロア「む、無理ですよぉ……」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:38:52 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「大丈夫大丈夫。謝れば許してくれるって。多分な」ニヤリ

ゾロア「謝るったって、マスターはボクたちポケモンの言葉、通じませんよ……?」

ゲンガー「あー、それもそうだっけ。まっ、自分なりに考えて行動しろ。
     お前みてぇなガキがおれに助言を求めるなんざ1万年はえぇよ」

ゾロア「そんなぁ……ゲンガーさんひどい……」

ゲンガー「とにかくこれが上手くいったら、今後マスターは100%おれを労るにちがいねぇ。
     ガブリアスやハッサムみてぇな、あんなごついやつらより数百倍か弱いおれをな」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:39:40 ID:KY4B/GApO

ゾロア「そうだといいですけど。じゃないとボクが体をはった意味がないわけですし……」

ゲンガー「バカ。自分の心配よりおれの心配をしろ」ボカッ

ゾロア「殴らないで下さいよぉ……」

ゲンガー「ふんっ、甘えてもダメだぞ」

ゾロア「はぁっ……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:42:23 ID:KY4B/GApO

マスター「みんな、そろそろ行こうか」

ゲンガー「いいな、作戦どおりに実行しろよ」

ゾロア「は、はい」

ゲンガー「万が一しくじったその時は」ギロリ

ゾロア「ひっ!」ゾワッ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:43:26 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「寝てるお前の夢に入りこんで嫌がらせするからな」

ゾロア「そ、それだけは……」

ゲンガー「いやなら精々おれの為に尽くすこった」ニヤリ

マスター「戻れ。ゲンガー、ゾロア」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:44:34 ID:KY4B/GApO

バトルサブウェイ

マスター「えーと、確か昨日35連勝したんだっけ。
     今日で70連勝ぐらいまでいけるかなー」

車掌「現在あなたさまは35連勝中です。
   スーパーシングルトレインに乗車しますか?」

マスター「ええ」

車掌「それでは参加するポケモンを選んで下さい」

マスター「1番手ゲンガー、2番手3番手はガブリアスとハッサムで」

車掌「それではスーパーシングルトレインへ御乗車ください!」

マスター(ムフフっ。ゲンガーで3タテできたら余裕だね)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:45:17 ID:KY4B/GApO

ウエーター「僕、誰かの笑顔が見たくて今の仕事を始めたんだぜ!」

マスター「へぇ」

ウエーターはネンドールを繰り出した。

マスター(ネンドールか。よし、押しまくれば勝てる!)

マスター「いけ!ゲンガー!」

マスターはゲンガーを繰り出した。


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:46:16 ID:KY4B/GApO

マスター「ゲンガー、ネンドールにシャドーボールだ!」

ゲンガー?「…」オドオド

マスター「おいゲンガー!シャドーボールだ!シャドーボールだよ!」

ゲンガー?「…」オドオド

ウエーター「来ないなら今のうちに。ネンドール、めいそう」

ネンドールのめいそう。
とくこうととくぼうがあがった。


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:49:16 ID:KY4B/GApO

マスター「や、やばい!ゲンガー!早くシャドーボール撃てよ!」

ウエーター「ネンドール。めいそう、めいそう、めいそう」

マスター「ゲンガーーーーー!」

ゲンガー?「……えいっ!」

ゲンガー?のうそなき。
ネンドールのとくぼうががくっとさがった。

マスター「!?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:50:30 ID:KY4B/GApO

ウエーター「そいつ、ゲンガーじゃなくね?ネンドール、めいそうで積みまくれ」

ネンドールのめいそう。
とくこうととくぼうが最大限までアップした。

マスター「ど、どういうことだよ……」

ウエーター「勝負あったな。ネンドール、サイコキネシスで落とせ」

ネンドールのサイコキネシス!
ゲンガー?にはこうかがないようだ……。

2人『何だと!?』


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:51:28 ID:KY4B/GApO

ゲンガー?「ああぁっ……」ブワブワブワ

ゾロアが姿をあらわした。

マスター「ゾ、ゾロアぁ!?なんでゾロアが!?」

ウエーター「ふふっ。どうやら積む時間を与えてくれたみたいだね。
      2段階特防が下がったところで痛くもかゆくもない」

マスター「くっ……!」

ウエーター「ネンドール、げんしのちから」

ゾロア「!! きゅうぅ……」

きゅうしょにあたった。
ゾロアはたおれた。


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:52:33 ID:KY4B/GApO

その後、ゾロアによって冷静な判断ができなくなったマスターは……

マスター「ガブリアス、みちづれ……」

ウエーター「クスッ」

ネンドールのサイコキネシス。
ガブリアスはたおれた。

ウエーター「ウォーミングアップにもならぬ」

マスター「ネンドールで3タテ……ネンドールで3タテ……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:54:26 ID:KY4B/GApO

バトルサブウェイ

車掌「またの挑戦をお待ちしています」

マスター「…」

ポケモンセンター

マスター「おいゲンガー、ゾロア、出てこい」ポンポン

ゲンガー「おっ、どうやら上手くいったみてぇだな。へへっ」

ゾロア「…」ビクビク


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:55:17 ID:KY4B/GApO

マスター「…」ワナワナ

ゲンガー(さあ、ここでマスターが目に涙を浮かべた後、おれの元へ駆け寄り――)

マスター「この大馬鹿糞野郎!!」ドゴォ

ゲンガー「ぐほぇっ!」ズザーーー

ゾロア「ゲ、ゲンガーさん」オロオロ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:56:05 ID:KY4B/GApO

マスター「どういうつもりだ!?ゾロアに参戦させて!この毒々糞野郎!」バキッ、バキッ

ゲンガー「ぐぇっ!い、いってぇ……何で……」

マスター「何でゾロアと入れ替わった!?言え!」

ゲンガー「そ、それはおれが……」

マスター「あぁっ!?」

ゲンガー「おれが疲れて……だからこいつに戦わせて……おれは休んで……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:57:38 ID:KY4B/GApO

マスター「鳴き声じゃ分かんねぇんだよ糞が!」バキッ

ゲンガー「ぐっ……!」

ゾロア「ゲンガーさん、大丈夫ですか?」スリスリ

ゲンガー「さ、さわんな。近寄んじゃねぇ……」ドカッ

ゾロア「ボクはただ……」ウルウル


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 15:58:42 ID:KY4B/GApO

マスター「この役立たず!お前のおかげで連勝はストップだよ!」

ゲンガー「…」

マスター「お前なんざどこへでも行っちまえ」プイッ

ゲンガー「! そ、そんな、マスター……」ヨロヨロ

マスター「触れんな。毒が伝染るだろ」バシッ

ゲンガー「っ……!」

ゲンガーは目の前がまっくらになった。


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:05:18 ID:KY4B/GApO

ポケモンセンター裏

ゲンガー「んっ……」パチッ

ゲンガー「あれ、ここは……」

ゲンガー「つつっ……どうやら外みてぇだな……」

ゲンガー「!!」ガバッ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:06:07 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「マスターと新入りは!?」キョロキョロ

ゲンガー「…」グッタリ

ゲンガー(まさかおれ……おれ……捨てられちまったのか……?)

ゲンガー「そんなわけねぇ!」ブンブン

ゲンガー「マスターはおれを強くするために、勝ち抜く為におれを育ててきたんだ。
     こんなにあっさり捨てられてたまるか!
     あんなマヌケっつらのクソバカ野郎でもおれのマスターなんだ。
     やつはおれを大事に育ててきたじゃねぇか」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:07:23 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「だけど……」

ゲンガー「マスターはおれが心身ともに疲れていることに、全く気づいてなかった……」

ガサガサガサッ

ゲンガー「! マ、マスター、やっぱりおれのことを心配して」ヨロヨロ

ランターン「ゲ・ン・ガ・ぁ♪」

ゲンガー「なっ!?ちっ!ランターンかよ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:08:04 ID:KY4B/GApO

ランターン「聞いたよぉ。マスターを怒らせたんだって?」

ゲンガー「はあぁっ!?何でお前が知ってんだ!?」

ランターン「ゾロアが言ってたよ」

ゲンガー「あんのガキギツネ、余計なことしゃべりやがって!」

ランターン「そんな言い方ないんじゃないの?ゾロア、キミのことすごく心配してたよ?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:08:56 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「ふんっ、あいつが心配してるのはどうせ自分の身に降りかかる危険だろ」

ランターン「んー、そうでもなさそうだったけど」

ゲンガー「ところでお前、何でニヤニヤしてやがんだ」

ランターン「何でって?落ちこんでるだろうから励ましてあげよっかなーって」

ゲンガー「励ますだぁ?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:11:23 ID:KY4B/GApO

ランターン「そそっ。マスターに怒鳴られて凹んでる悲しみを癒してあげようかなーって。
      まぁマスターのことだし、本気でゲンガーを見捨てるつもりはないだろうから安心しなよ」

ゲンガー「…」プルプル

ランターン「元気出しなよ。ガブリアスとハッサムはマスターに忠実だから何考えてんのかよく知らないけど、
      ボクとゾロアはゲンガーの味方だから」

ゲンガー「てめぇにおれの何がわかるんだぁ!」バキッ

ランターン「ぐえっ!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:12:15 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「はぁ、はぁ……」

ランターン「い、いきなり何すんのさ!」

ゲンガー「やかましい!このボケナス魚が!エナジーボールお見舞いされてぇのか!」

ランターン「いっ!?」

ゲンガー「失せろ!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:14:05 ID:KY4B/GApO

ランターン「あわわわっ」サササッ

ゲンガー「このクソが!」

ゲンガー「クソが……クソが……」

ゲンガー「…」

ゲンガー「本当のクソ野郎はおれなんだよなぁ。
     ランターンに悪ぃことしちまった。はぁーぁ……」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:15:02 ID:KY4B/GApO

ゲンガー(これからどうすっかな。やることねぇなぁ。
     けど今はマスターの前に姿を現しただけで半殺しにされそうだしなぁ)ギュルルル

ゲンガー「腹減ったぁ……」ギュルルル

ゲンガー「……んっ?後ろから声が……」

ゲンガー「! あ、あいつは新入り……」

ゾロア「やめてよぉ……」

リングマ「このガキ。さっさとその食料をよこせ!」ドゴッ、ドゴッ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:15:44 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「何やってんだあいつ」

ゾロア「いやだいやだ!絶対に渡さない!」

リングマ「ちっ!このクソガキめ!」ドゴッ、ドゴッ

ゾロア「うぅっ……!」

ゲンガー「別にあいつがどうなろうと知ったこっちゃねぇ。
     死にたきゃ勝手に死にやがれ」プイッ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:16:32 ID:KY4B/GApO

ゾロア「誰か助けて!ゲンガーさん!」

ゲンガー「……!」ピクッ

ゾロア「ゲンガーさん!ゲンガーさん!助けてえ!」

リングマ「バカかてめぇ。ゲンガーなんかいねーよ」

ゲンガー「…」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:17:26 ID:KY4B/GApO

リングマ「さっさとよこせこのガキ!」バキッ

ゾロア「つっ!」ドサッ

ゲンガー「あっ……」

リングマ「へへっ、最初から素直に渡せばいいんだよ。
     ん?よく見りゃお前も美味そうだな。連れて帰るか」ヒョイッ

ゾロア「えっ!?い、いやだ!」バタバタ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:18:14 ID:KY4B/GApO

リングマ「暴れんじゃねぇ!引き裂かれてぇのか!」

ゾロア「ひぃっ……!」ガクブル

ゲンガー「新入り……」

ゾロア「ゲンガーさん!ゲンガーさん!わああぁん!」

リングマ「へっ、恐怖のあまり頭がイカれちまったのかよ」スタスタスタ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:25:49 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「…」

ゲンガー「……やれやれ、世話のかかるやつだ」ダッダッダッ

ゲンガー「おい、でくのぼう。そいつを離しやがれ」

ゾロア「あっ!ゲ、ゲンガーさん!」

リングマ「!! なっ、ゲンガー!?」オロオロ


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:26:31 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「てめぇ、おれの仲間を痛めつけた報い、当然受ける覚悟あるんだろうなあ」ギロリ

リングマ「く、くそっ!ホントにいやがったのか!」

ゾロア「助けてゲンガーさん!こいつをやっつけて!」

リングマ「クソガキ!いい気になるんじゃねぇ!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:27:10 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「まずは……」シュッ、シュッ

リングマ「あっ!!」

リングマの手元から一瞬のうちに、ゾロアときのみが消える。

ゲンガー「新入り、大丈夫か?」

ゾロア「……うん!」ニコッ


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:27:42 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「よし。そいつ、ちゃんと持っとけよ。なくすんじゃねぇぞ」

ゾロア「わかった!」

ゲンガー「さあてと」ニヤリ

リングマ「!!」

ゲンガー「痺れか痛み、てめぇはどっちを選ぶ?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:29:19 ID:KY4B/GApO

リングマ「か、勝った気になるんじゃねえええええ!」ダダダダダッ

ゾロア「ゲンガーさん、危ない!」

ゲンガー「鈍すぎですよっと」ヒョイ

リングマ「! い、いねぇ!どこだ!」キョロキョロ

ゲンガー「後ろだカス。エナジーボール」ドカッ

リングマ「ぐほぁっ!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:30:04 ID:KY4B/GApO

ゾロア「ゲ、ゲンガーさん」

ゲンガー「野生のやつごときにおれがやられるとでも思ったか?」ニヤリ

ゾロア「ゲンガーさん、かっこいい……」

ゲンガー「ノロマのてめぇごとき、全力で戦うまでもねぇ。
     とっととかかってこい。でくのぼう」

リングマ「きっさっまーーー!」

ゾロア「お、怒ってる」ゾワワワッ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:31:10 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「で?痺れと痛み、どっちがいいんだ。早く答えろバカ」

リングマ「うおおおおぉぉ!」

ゲンガー「5まんボルト」ビリビリビリ

リングマ「ぐげぐげぐげぐげ」バタッ

ゲンガー「どうやら両方がお望みだったらしいな」ニヤッ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:31:44 ID:KY4B/GApO

リングマ「くぱぁ……」プスプス

ゲンガー「あり、ちぃっとやり過ぎたかな」

ゾロア「よかった。ゲンガーさんがいてくれて……」

リングマ「くっ……そぉ……」

ゲンガー「お前美味そうだなぁ。なぁ新入り、こいつ丸焼きにして食おうぜ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:33:49 ID:KY4B/GApO

リングマ「!! お、覚え――」

ゲンガー「覚えといてやるよ」ニヤリ

リングマ「くっ……覚えてろよ!」ダダダダダッ

ゲンガー「やれやれ、見た目にそぐわねぇザコだったな。
     やつがニンゲンが育てられてたらもっと強ぇハズなんだがな」

ゾロア「ゲンガーさん!ありがとう!」ギュッ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:34:27 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「いいってことよ」

ゾロア「ごめんなさい。完全に回復してないのにボクの為に……」

ゲンガー「お前が無事ならそれでいい。気にすんな」

ゾロア「信じてました!ゲンガーさんなら絶対に助けてくれるって!」

ゲンガー「気まぐれだ気まぐれ。次は助けるかわかんねぇぞ?
     しかし、お前も無茶するなぁ。
     食料くらいマスターがいくらでも持ってるだろ?
     きのみ程度、素直に渡せばひでぇ目にあわずにすんだのに」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:36:52 ID:KY4B/GApO

ゾロア「マスターの目を盗んで持ち出すのは無理だったから1匹で森へ探しに行ったんです」

ゲンガー「そんなに腹減ってたのかよ。お前さん、意外と食いしんぼうなんだな」

ゾロア「ううん。ボクじゃなくて、ゲンガーさんの為に探したんですよ」

ゲンガー「なっ、おれの為……?」

ゾロア「ゲンガーさん、きっとお腹空いてるだろうなぁって。
    だからボク、こっそり抜けて、取ってきたんです」

ゲンガー「お、お前……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:37:27 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「じゃあこいつは……」

ゾロア「はい。ゲンガーさんに食べてもらうモノです!」

ゲンガー「…」

ゾロア「マスターに見つからないうちに早く食べてください」

ゲンガー「いいよ、お前が食え。おれは食わねぇ」

ゾロア「えぇっ!?どうしてですか?」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:38:01 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「お前、ケガしてんだろ?それ食えばちったぁマシになるだろうよ」

ゾロア「でもゲンガーさん、空腹なんじゃぁ……」

ゲンガー「ぜーんぜん。知らねぇのか?ゴーストタイプは腹なんか減らねぇんだぞ」ギュルルルル

ゲンガー「あっ……」

ゾロア「クスッ。無理しちゃダメですよ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:38:44 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「とにかくおれはいいって。空腹で死ぬことはねぇから」

ゾロア「でも、しんどくないですか?」

ゲンガー「まあ、ちょっとはな」

ゾロア「でしたら……」

ゲンガー「…」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:40:00 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「……仕方ねぇ。貸せ」

ゾロア「あっ、は、はい」

ゲンガー「ふんっ!」パックリ

ゾロア「あっ……」

ゲンガー「どうだ。半分こなら文句ねぇだろ?」

ゾロア「ゲ、ゲンガーさん……」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:40:55 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「腹減ったぁ。早く食おうぜ。お前も横に座れよ」

ゾロア「……はいっ!」ニッコリ

ゲンガー「どうだ新入り。自分で取ってきて食うきのみは」

ゾロア「すごくおいしいです!」ガツガツ

ゲンガー「……お前さあ」

ゾロア「は、はい」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:41:52 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「敬語使うのやめろ。みっともねぇ」

ゾロア「でもゲンガーさんはボクの大先輩なわけですし……」

ゲンガー「バカ。ガキのお前が敬語なんざ100万年はえぇんだよ。
     次また敬語で話したら……お前の夢に入りこんで顔中舐め回すからな」

ゾロア「!! わ、わかり……わかったよゲンガーさん」

ゲンガー「ふんっ、それからもう1つ。
     ガキはガキらしく振る舞え。わかったか」

ゾロア「うん。ゲンガーさん、ありがとう」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:42:43 ID:KY4B/GApO

ゾロア「ゲンガーさん、あのね」

ゲンガー「んー?」

ゾロア「ボクも1つ、ゲンガーさんにお願いしてもいい?」

ゲンガー「聞くだけ聞いてやる。言ってみろ」

ゾロア「…」モジモジ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:44:41 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「何だよ、はっきりしねぇやつだな。
     新入り、コトある毎にビクつくのはよせ」

ゾロア「そのね、新入りっていうの、やめてもらえない……かな」

ゲンガー「はぁっ?何でだよ」

ゾロア「だって、ボクにもちゃんとした名前があるし……」

ゲンガー「……ゾロアだろ?」

ゾロア「あっ、うん」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:45:18 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「つまり、名前で呼べ。そう言いてぇのか?」

ゾロア「……うん。できれば」

ゲンガー「新入りがいっちょ前におれに指図たぁ生意気なガキめ」ギロリ

ゾロア「ひっ……ごめんなさい」

ゲンガー「…」

ゾロア「…」ビクビク


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:46:32 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「ふんっ、まあいい。お前にはスーパーシングルトレインで働いてもらったしな」

ゾロア「で、でもボクのせいでゲンガーさん……」

ゲンガー「あぁ、あれはあそこまで逆上して狂乱したアホマスターが悪いな。お前に非はねぇよ」

ゾロア「…」

ゲンガー「改めてよろしくな。ゾロアちゃん。
     これで満足か?」

ゾロア「ゾ、ゾロアちゃん……?」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:51:16 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「冗談だ。よろしくゾロア」

ゾロア「よろしくね、ゲンガーさん……ゲンガーのおにいちゃん」

ゲンガー「今度は何だよ。おれはお前と兄弟じゃねぇぞ」

ゾロア「おにいちゃんの方がしっくりくるから」ニッコリ

ゲンガー「変なやつ」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:52:00 ID:KY4B/GApO

ゾロア「ガキはガキらしくって言ったのはおにいちゃんだよ」

ゲンガー「そう言われたら返す言葉もねぇ……。
     ふんっ、好きにしろ」

ゾロア「ありがと。ゲンガーのおにいちゃん」ニコッ

ゾロア「そういえばさっきね」ガツガツ

ゲンガー「ああ」

ゾロア「ゲンガーにいちゃんに“仲間”って言われてすごくうれしかったよ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 16:52:40 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「? おれ、んなこと言ったか?」

ゾロア「言ったよ。ボクがリングマに連れ去られそうになった時に」

ゲンガー「そうだっけ。覚えてねぇや」

ゾロア「ボクね、ゲンガーにいちゃんのこと大好きだよ!」

ゲンガー「なっ、大好きだと……?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:06:15 ID:KY4B/GApO

ゾロア「うん!怒るとこわいけど、ほんとはとっても優しいもん」

ゲンガー「はっ。バカげたこと抜かすな。おれはお前を利用したんだぞ。囮に使ったんだぞ。
     おれは常に自分のことしか考えてねぇんだ。
     そのおれが優しいだって?」

ゾロア「でもあの時、にいちゃんがマスターに暴行されてたあの時、駆け寄ったボクを突き放したよね?」

ゲンガー「あ、ああ。あれは……」

ゾロア「ボク知ってるんだよ。
    あれはほんとは、ボクを危害に巻きこまない為に突き飛ばしたんだって」

ゲンガー「!!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:06:55 ID:KY4B/GApO

ゾロア「それにさっきだって、リングマからボクを救ってくれたじゃない」

ゲンガー「だから気まぐれだ、気・ま・ぐ・れ。
     みすみす知らんぷりするのは後味悪ぃからな」

ゾロア「それでも、助けてくれてすごくうれしかった。
    ボク、ゲンガーおにいちゃんのこと、心の底から尊敬してるよ」

ゲンガー「…」

ゾロア「ゲンガーおにいちゃん……」スリスリ

ゲンガー「わっ、バ、バカやめろ。誰か見てたらどうすんだ」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:07:40 ID:KY4B/GApO

ゾロア「さっきの戦ってる姿、かっこよかったよ」

ゲンガー「…」

ゲンガー「……確かここだったな」ナデナデ

ゾロア「?」

ゲンガー「悪かったな。殴ったりして。痛かっただろ?」

ゾロア「ううん、平気」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:08:41 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「マスター、今何してるんだ?」

ゾロア「わかんない」

ゲンガー「そこら中で発狂してたりしてな」

ゾロア「いいじゃない。勝手に怒らせとけば」

ゲンガー「それもそうだな。まっ、ほとぼりが冷めてから土下座でもしに行くか。
     お前もこいよな」

ゾロア「もちろん」

ゲンガー「ふぅっ、姿は騙せても中身までは騙せねぇってことか……。
     いい教訓になったぜ」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:10:56 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「あっ……」

ゾロア「どうしたの?」

ゲンガー「ゾロア、1つ頼まれてくれねぇか?
     ランターンのやつをここに連れてきてほしいんだ」

ゾロア「ランターンにいちゃんを?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:11:24 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「さっき思いっきりあいつに八つ当たりしちまったからな。
     一応謝っておかねぇと」

ゾロア「うん。そういうことなら行ってくるよ。待っててね」ダッダッダッ

しばらくして

ゾロア「ゲンガーにいちゃん、連れてきたよ」

ゲンガー「おぅ、ありがと」

ランターン「…」オズオズ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:11:58 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「よぉ、ランターンちゃん」

ランターン「や、やぁ」

ゲンガー「こっちへこい」

ランターン「…」

ゲンガー「早くこい」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:12:28 ID:KY4B/GApO

ランターン「ま、まだ機嫌悪い?」ヒソヒソ

ゾロア「大丈夫」ニコッ

ランターン「さ、さっきは」

ゲンガー「悪かったな」

ランターン「えっ!」

ゲンガー「何大声出してんだよ」

ランターン「い、いや……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:13:09 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「さっきは当たり散らして悪かったな。
     ちぃっとマスターに怒られて虫の居所がよくなかったんだ。
     バカなおれを許してくれ。いや、許せ」

ランターン「……!」

ゲンガー「どうした?」

ランターン「キミが謝るなんて……」

ゲンガー「おかしいか?」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:22:42 ID:KY4B/GApO

ランターン「おかしいっていうか、初めて……だよね」

ゲンガー「そうだっけか。多分こいつに影響されたんだろうな」

ゾロア「えへへっ」

ランターン「も、もうボクのこと怒ってないの?」

ゲンガー「ああ。安心しろ。エナジーボールならさっきクマ野郎にぶちかましてきた」

ランターン「そっか。ホッ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:23:25 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「さっきは申し訳なかった。ごめんなランターン」

ランターン「いいんだよ。キミこそ大変だったね。マスター、怒ると容赦ないから」

ゲンガー「まぁ、タイミングだなタイミング」

ゾロア「戦いって厳しいんだね……」

ゲンガー「お前は当分バトルはやらされねぇだろうから安心しろ」ポンポン


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:24:00 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「マスターは今何してる?」

ランターン「変な機械いじってるよ」

ゲンガー「またスーパーシングルトレインとやらに挑戦する気か」

ランターン「ガブリアスとハッサムとサザンドラで挑むとかぶつぶつ独り言言ってたよ」

ゲンガー「おれは戦力外か……。自業自得だけど」

ゾロア「いい機会なんだしゆっくり休みなよ」

ゲンガー「そうさせてもらうかねぇ」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:29:06 ID:KY4B/GApO

ランターン「無理に明るくして元気づけようと思ってたんだけど、考えてみればキミには逆効果だよね」

ゲンガー「何だランターン、おれが短気だって言いてぇのかよ」

ランターン「実際そうじゃない」クスクス

ゲンガー「お前のそのかわいらしい顔つきがたまーに憎らしくなっちまうんだよなぁ……」

ゾロア「ボクの顔は?」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:33:37 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「お前はいかにも悪ガキって顔つきだ。
     おれさまに命令するやつなんざそうそういねぇぞ」

ゾロア「だっていやなんだもん。新入りって呼ばれるの」

ランターン「ゾロア、そういえば口調が変わったね」

ゾロア「ゲンガーのおにいちゃんに敬語やめろって言われたから」

ランターン「へぇ、ゲンガーがねぇ」

ゲンガー「ガキがヘコヘコしてる姿はみっともねぇからな」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:36:50 ID:KY4B/GApO

ランターン「ねぇねぇゲンガー」

ゲンガー「んー?」

ランターン「何でゾロアにバトルさせたのさ?」

ゲンガー「あぁ、マスターを怒らせたアレ?」

ランターン「そうそう。戦いたくなかったの?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:43:40 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「まあな。嫌気がさしてたんだ」

ランターン「理由は?」

ゲンガー「そりゃお前、疲労が溜まってたからに決まってんだろーが。
     毎日毎日戦わされる方の身になってみろ。
     同じメンツに同じ技の繰り返し。
     もうポケモンの顔を見るのもいやになってくるぜ」

ランターン「スーパーシングルトレインだっけ?強敵が次から次へと現れるらしいね」

ゲンガー「1番手は毎回おれだから、不利なやつが相手だと毎度毎度みちづれの構えだぜ。
     うんざりだよ全く」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:53:09 ID:KY4B/GApO

ゾロア「だからボク、イリュージョンでゲンガーにいちゃんに化けて、バトルに出たの」

ランターン「参加する時によくばれなかったね」

ゲンガー「マヌケなアホマスターの目を欺くぐらい朝飯前さ」

ゾロア「……即効気づいたけどね、マスター」

ゲンガー「まぁガブリアスやハッサムまでやられた辺り、よっぽど動揺してたんだろうな。
     おれのせいで連勝ストップしたとか言ってたし、悪ぃことしちまったよ」ポリポリ


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 17:56:48 ID:KY4B/GApO

ゾロア「マスターのところ行ってみる?」

ゲンガー「そうだなぁ。お前らのこと探してるかもしれねぇしな。
     こっそり覗いてみるか」

ゾロア「じゃあ行こうよ。みんなで」

ランターン「まだ機械の前にいると思うよ」

ゲンガー「よし、行くぞお前ら」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:00:54 ID:KY4B/GApO

ポケモンセンター

ランターン「いたいた。やっぱりまだいじってる」

ゾロア「ガブリアスさんにハッサムさんにサザンドラさん。強そう」

ゲンガー「強そうじゃなくて実際強いぞ」

マスター「今日はせめて昨日の連勝分を取り返さないと……」ブツブツ、ポチポチ

ゲンガー(おれ抜きで連勝できるのかな。
     マスターはどういう戦略をたてるんだろう……)


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:17:59 ID:KY4B/GApO

マスター「お前たちはバトルの時まで休んでていいぞ。戻れ」

ゲンガー「やっぱりマスターはあいつらでスーパーシングルトレインを……」

マスター「……んっ?」チラッ

ランターン「! 隠れてみんな!」

マスター「…」ツカツカツカ


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:28:26 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「…」ビクビク

マスター「何やってんだ」

ゲンガー(何言っても通用しねぇんじゃ答えようがねぇ……)

マスター「ゾロアとランターンが見当たらないからおかしいと思ったが、やはりお前と一緒だったのか」

ゲンガー「…」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:32:13 ID:KY4B/GApO

マスター「…」

ゲンガー(怖ぇ)ビクビク

マスター「お前は今日はもうバトルしなくていい。ここで待っとけ」ポンポン

ゲンガー「えっ……?」

マスター「さっきはバトルに負けて頭に血が上ってたんだ。
     本気でお前の事が嫌いになったわけじゃない。
     捨てたりしないから心配するな」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:34:24 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「マ、マスター……?」

ランターン「どうしたんだろうねマスター」ヒソヒソ

ゾロア「……うん」

マスター「バトルサブウェイに挑戦してくる。ここで待っとけ。
     外へ出るなよ」

ゲンガー「…」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:39:28 ID:KY4B/GApO

マスター「聞いてるのか?ここで待っとけよ」

ゲンガー「…」コクッ

マスター「ランターンとゾロアと遊んでやれ。いい息抜きになるだろ」

ゲンガー「…」コクッ

マスター「ランターン、ゾロア。ゲンガーの言う事ちゃんと聞くんだぞ」

ゾロア「うん」

ランターン「わかった」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:45:09 ID:KY4B/GApO

マスター「じゃあ行ってくるな」

マスター「戻るまでこの子たちをお願いします」

ジョーイ「了解しました」

タブンネ「タブンネー」

マスター「じゃあなお前たち」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:49:00 ID:KY4B/GApO

ランターン「…」

ゾロア「…」

ゲンガー「あれだけ憤慨してたのがウソかと思いたくなるほど落ち着いてたな、マスター……」

ランターン「キミと同じで時間がたって気持ちが鎮まったのかな」

ゾロア「そうならいいけど、怒りも笑いもしなかったね」

ゲンガー「…」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:51:51 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「とにかく、マスターが戻るまで待つか」

ゾロア「うん」

ランターン「今は考えてもわからないもんね」

ゾロア「どうするの?ここニンゲンばっかで何かやだよ」

ゲンガー「だったら外でも行こうぜ」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 18:56:38 ID:KY4B/GApO

ゾロア「でもマスターが外へ出るなって……」

ゲンガー「“危険だから”って意味だろ。なあに、おれがいりゃ安心さ」

ランターン「しっかり面倒見てよね。ゲンガーのお・に・い・ちゃ・ん」

ゲンガー「うるせー。おれはお前らの子守係じゃねぇんだぞ。
     と言いてぇところだがマスターに言いつけられてるしな。
     よしお前ら、おれについてこい!」

ランターン「はーい。行くよゾロア」

ゾロア「うん」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 19:02:01 ID:KY4B/GApO

ポケモンセンター近くの川辺

ランターン「ボクの為に川まできてくれたの?ありがと」ザバァン

ゲンガー「殴ったお詫びにうってつけだからな」

ランターン「うーん、やっぱ水は気持ちいいや」

ゾロア「ゲンガーのおにいちゃん、またボクが襲われそうになったらしっかり守ってね」

ゲンガー「任せとけ。返り討ちにしてやる」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 19:12:05 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「ふぅーっ、今日はバトルのことは忘れてゆっくりしようぜ」ゴロン

ゾロア「…」

ランターン「キミたちも一緒に泳がない?」

ゲンガー「お前がいると感電するから遠慮しとく」

ランターン「もうっ、強いくせにビビり症なんだから。ゾロアは?」

ゾロア「ボクはカナヅチなので……」

ランターン「ちぇー」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 19:21:54 ID:KY4B/GApO

ゾロア「ねぇ、おにいちゃん」

ゲンガー「何だ?」

ゾロア「マスターはもしかしたら、ゲンガーにいちゃんの疲労に気がついたのかもね」

ゲンガー「えぇっ?まさか」

ゾロア「だって妙じゃない。あれだけ立腹してたマスターが急に気遣いするなんて。
    おにいちゃん、毎日バトルさせられてたんでしょ?
    あんなことがあった直後だから余計にそう思うの」

ゲンガー「言われてみれば確かにそうだ。
     こうしてゆっくりできるのは今日が初めての気がする」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 19:26:12 ID:KY4B/GApO

ランターン「何話してるの?」ザバァ

ゲンガー「なあランターン、お前はさっきのマスター見て、どう思った?」

ランターン「さっきのマスター?やけに真剣な顔してるなぁって思った」

ゲンガー「そうか……」

ゾロア「わっ!ランターンにいちゃん、電気漏れてる!」ピリピリ

ランターン「あっ、ほんとだうっかり。
      ほぉら、痺れろ痺れろぉ」

ゾロア「あ、あっち行ってぇ」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 19:32:18 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「やれやれ。お前らがいると疲れるヒマもねぇな」

ゾロア「あっ、ごめんなさい」

ランターン「えへへっ」

ゲンガー「ひなたぼっこでもしようぜ」

ランターン「はーい」

ゾロア「体がピリピリして痛い……」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 19:38:20 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「…」ソワソワ

ランターン「どうしたの?おしっこ?」

ゲンガー「ちげーよ。何つーか落ち着かねぇんだよなぁ。
     こう、じっとしてると体がウズウズしてくるっつーか動きたくなるっつーか」

ゾロア「…」

ランターン「……やっぱりそうなるよね」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 19:49:09 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「何だよやっぱりって」

ランターン「戦いの日々を過ごしてきたキミが突然休むように命じられても、体は急にはお休みモードに入らないんだよ」

ゲンガー「!」

ランターン「やっぱさ、ゲンガーは戦ってる姿の方が似合うよね」ニコッ

ゾロア「…」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:00:34 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「お、おれは別に……」

ゾロア「ボクも……戦ってる時のおにいちゃん、かっこよくて好き」

ゲンガー「…」

ランターン「いいの?逃げたままで。まさか本当に明日までバトルしないつもり?」

ゲンガー「…」

ゾロア「行こうよおにいちゃん。マスターのところに」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:04:26 ID:5Mjj9wvy0

エロゲ戦士ゲンガー(原画家)の戦いかと思ってスレ開いちゃった…


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:04:40 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「行くっつったって……」

ランターン「キミが強くなれたのはマスターのおかげでしょ?
      だったらマスターの想いに応えなきゃ」

ゲンガー「ランターン……」

ゾロア「主力のゲンガーにいちゃんがいなかったらきっと、マスターは戦略がうまく立てれないと思うな」

ゲンガー「…」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:11:12 ID:KY4B/GApO

ランターン「ゾロア、ポケモンセンターで待ってようか」

ゾロア「うん」

ゲンガー「えっ、お、おい待てよ」

ランターン「ボクたちのことなら心配いらないよ。どこへも行かないし」

ゾロア「行って、おにいちゃん。マスターが待ってる」

ゲンガー「お、お前ら……」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:15:17 ID:KY4B/GApO

ランターン「昨日の分の連勝記録、取り返せるのはサザンドラじゃなくてゲンガーだよ」

ゾロア「ボクもいつかおにいちゃんみたいに強くなりたいな」ニッコリ

ゲンガー「…」ググッ

ランターン「がんばってね」

ゾロア「おにいちゃん、また……ボクと遊んでね」

ゲンガー「…」グググッ


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:20:52 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「……お前ら先に戻っとけ。おれはちょっくら用事をすませてくるから」

ランターン「クスッ。はーい」

ゾロア「がんばってね!ゲンガーおにいちゃん!」

ゲンガー「おぅよ!」ダッダッダッ

ゲンガー(マスター、迷惑かけて面目ねぇ。
     だが、償いはちゃんと果たす。
     今行くぜ!)


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:28:40 ID:KY4B/GApO

バトルサブウェイ

マスター「くっ……やはりこのメンバーでは氷はキツい……。
     それに、後に出てくるラティ共にも……」

ゲンガー「マスター!」

マスター「…………鳴き声?」キョロキョロ

ゲンガー「マスタぁー!」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:33:24 ID:KY4B/GApO

マスター「!! ゲンガー!ゲンガーじゃないか!」

ゲンガー「マスター!」ダッダッダッ

マスター「お前何してんだよ。ポケモンセンターで待ってろっつっただろ!」

ゲンガー「おれはバトルがしてぇんだ!もう一度このスーパーシングルトレインで!」

マスター「な、何言ってるのかわからん……。どうしたもんか……」

ジャッジ「僕にお任せを」ツカツカツカ


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:49:26 ID:KY4B/GApO

マスター「あなたはジャッジさん……」

ジャッジ「僕はポケモンの能力をある程度見抜けますが、ポケモンの気持ちも少しだけならわかるんです」

マスター「ほんとですか!?ゲンガーは何て言ってるんです?」

ジャッジ「慌てない慌てない。今調べてみますから」ポン

ゲンガー「……!」ビクッ


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 20:57:36 ID:KY4B/GApO

ジャッジ「なるほどなるほど……」

マスター「…」ゴクッ

ジャッジ「このポケモンはバトルを望んでいるようです」

マスター「何ですって!?でもこのゲンガーは一度バトルから逃げてるんですよ!?」

ジャッジ「それは納得できます。疲れが大分蓄積されてるようですからね」

マスター「!!」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:02:27 ID:KY4B/GApO

ジャッジ「このバトルサブウェイで7連勝してまたバトルの申し込み。
     それを繰り返し、無理に連戦をしていたのではありませんか?」

マスター「そ、それは……」

ゲンガー「…」

ジャッジ「僕にわかるのはこれだけですが、今このポケモンがバトルを希求しているのは確かです。
     あなたの為なのか、自分の為なのかはわかり兼ねますけど」

マスター「…」

ゲンガー(マスター……)


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:05:29 ID:KY4B/GApO

マスター「なあゲンガー、バトル……したいのか?」

ゲンガー「…」コクッ

マスター「スーパーシングルトレインに挑戦したいのか?」

ゲンガー「…」コクッ

マスター「一度参加したら長い間戦うことになるけど……それでもいいのか?」

ゲンガー「…」コクッ


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:09:48 ID:KY4B/GApO

ジャッジ「ゲンガー君は既に答えが出ているようですね」

マスター「…」

ゲンガー(おれはもう一度、あの強敵たちとバトルがしたい。
     マスターの為に、ゾロアとランターンの為に、それから……自分の為にもう一度戦いてぇんだ。
     もう姑息な手段で逃げたりしねぇ。絶対に)

マスター「……行くか」

ゲンガー「……!」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:16:55 ID:KY4B/GApO

マスター「リベンジしに行くか。俺はお前がいないとどうも調子が出ないし」

ゲンガー「…」コクッコクッ

ジャッジ「頑張って下さいね」

マスター「ええ。しかし、あなたから教わるなんて、僕はまだまだ未熟ですね。
     自分のポケモンの気持ちすら理解してやれなかったなんて……」

ジャッジ「あなたはまだ若い。悩むのはこれから先、いくらでもあります」

マスター「そう……ですね」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:38:51 ID:KY4B/GApO

マスター「行ってきます」

ジャッジ「ええ。では僕はこれで」

マスター「さあ、行こう」

ゲンガー「…」コクッ


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:47:49 ID:KY4B/GApO

バトルサブウェイ

マスター「ゲンガー、本当に無理だと思ったら降参しろよ」

ゲンガー「……?」

マスター「心配するな。後で蹴飛ばしたりしないから」

ゲンガー「……」コクッ

マスター「よし、じゃあ頑張るか」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:49:10 ID:KY4B/GApO

車掌「スーパーシングルトレインに乗車しますか?」

マスター「ええ」

車掌「それでは参加するポケモンを選んで下さい」

マスター「1番手ゲンガー、2番手3番手はガブリアスとハッサムで」

車掌「それではスーパーシングルトレインへ御乗車ください!」

マスター「……」ゴクッ


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 21:55:24 ID:KY4B/GApO

ポケモンセンター夜

マスター「ゲンガー、出ておいで」ポン

ゲンガー「…」キョロキョロ

マスター「お疲れさん」ナデナデ

ゲンガー「マ、マスター」

ゾロア「ゲンガーにいちゃん」ダッダッダッ

ランターン「おかえりぃ」ユラユラユラ


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:02:26 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「待たせたなお前ら」ニヤリ

ランターン「あっ、その顔はもしかして」

ゲンガー「昨日までの分には後一歩届かなかったけど、4回BPとやらを獲得してたぜ、マスター」

ゾロア「やったね!」

ゲンガー「まぁ当然の結果だがな。おれがいれば鬼に金棒だぜ」

ランターン「これで今日は心置きなく休息できるね」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:10:12 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「ゾロア、ランターン、今日はありがとな」

ゾロア「えっ?」

ゲンガー「お前らとしゃべってたおかげで疲れなんざどこかに吹っ飛んでったぜ。
     リフレッシュも大事だってことをお前らから教わったよ。
     またおれが病みそうになったらお前らに構ってやるから相手しろよな」

ランターン「何で上から目線なのさ。構ってほしいくせに」

ゲンガー「これがおれのポリシーだ」

ゾロア「ゲンガーおにいちゃん……」ギュッ


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:15:58 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「ゾロア、今度お前がバトルサブウェイの舞台に立つのは、今よりうんと強くなってからだ。
     がんばれよ」

ゾロア「うん!ボク、いつかゲンガーにいちゃんを超えてみせる!」

ゲンガー「へへっ、おれはまだまだガキなんざに負けねぇぞ。
     まっ、その意気でバトルがんばれ」ポンポン

マスター「ゲンガー、ちょっと」

ゲンガー「!」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:23:07 ID:KY4B/GApO

マスター「ゾロア、ランターン、戻れ」

ランターン「また後でね」

ゲンガー「おぅ」

マスター「すっかりあいつらと仲良くなったみたいだな。
     これからはできるだけお前たち3匹は外に出すようにするよ」

ゲンガー「…」コクッコクッ


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:29:36 ID:KY4B/GApO

マスター「ゲンガー、改めてお疲れ。今日はよく頑張ってくれた」ナデナデ

ゲンガー「…」フリフリ

マスター「最近俺さ、BPを稼ぐことばっか考えてて、お前たちのこと、全然見てなかったよ。
     お前たちポケモンがいるからバトルは成り立つのに、お前たちの管理、完全に疎かにしてた。すまない」

ゲンガー「…」

マスター「回復だけしとけばそれでいいなんて思考、言語道断だよな。
     ポケモントレーナーが考えることじゃないよな」

ゲンガー(マスター……)


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:36:48 ID:KY4B/GApO

マスター「これからは適度に外で休んで、寝る時はしっかり寝て、
     十分リラックスできてからバトルサブウェイに挑戦するようにしようか」

ゲンガー「…」コクッ

マスター「俺、ジャッジさんに教わらないとお前の能力とか気持ちとか、
     そのほかわからない部分が多過ぎる駄目トレーナーだけど、これからもよろしくな」

ゲンガー「…」コクッ

マスター「ありがとうゲンガー」ギュッ

ゲンガー「!」

ゲンガー(長い道のりだったが、ついにマスターがおれを抱きしめてくれた……)ギュッ


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:42:17 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「…」

マスター「? ゲンガー、おーいゲンガー」ユサユサ

ゲンガー「ぐぅ、ぐぅ」

マスター「寝ちゃったか。どれ、おんぶしてやるか。よっこらしょ――ぉわわっ」ズッシリ

マスター「こ、こいつ、特性“ふゆう”のくせして結構重いな」ヨロヨロ

マスター「……おやすみ」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:45:16 ID:KY4B/GApO

ポケモンセンター個室

マスター「ふぅ、重たかった。でもポケモンにダイエットは無茶ぶりだしな」ドサッ

ゲンガー「んっ……」スヤスヤ

マスター「ゾロア、ランターン」ポンポン

ゾロア「! ゲンガーおにいちゃん!」

マスター「しーっ。寝てるから静かに」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:48:13 ID:KY4B/GApO

ランターン「やっぱり疲れてたのかな」

ゾロア「今日は色々あったもんね……」

マスター「俺は上のベッドで寝るからお前らは下使え。
     ゲンガーをゆっくり休ませてあげてな」

ゾロア・ランターン「…」コクッ

マスター「じゃあおやすみ。電気消すぞ」パチッ


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 22:55:36 ID:KY4B/GApO

ランターン「眠るまでまぶしいだろうけどガマンしてね」

ゾロア「うん」

ランターン「見てよゾロア。ゲンガーの顔」

ゾロア「! おにいちゃん、目つき悪いのに……」

ランターン「寝顔はかわいいよね」クスクス

ゲンガー「ぐぅ、ぐぅ……」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:02:45 ID:KY4B/GApO

ゾロア「おにいちゃん、大好き」ギュッ

ランターン「ボクたちも寝よっか」

ゾロア「うん。ボク、ゲンガーにいちゃんの上で寝るよ」

ランターン「じゃあボクは頭だけ置かせてもらおっと」

ランターン「おやすみゾロア。ボクたちも明日からゲンガーに負けないくらいがんばろうね」

ゾロア「うん。おやすみ、ランターンにいちゃん、ゲンガーにいちゃん」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:08:45 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「起きろゾロア、ランターン。おい、起きろって」

ゾロア「おにいちゃん……」

ランターン「水、気持ちいぃ……」

ゲンガー「起きろ!夢に入りこんで舐め回しちゃうぞー!」

ゾロア「!!」ガバッ

ランターン「お、おはようゲンガー」

ゲンガー「よぉ。やっと起きたか」ニヤリ


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:12:29 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「マスターはとっくに起きておれらを待ってるぜ」

ゾロア「えっ!」

ランターン「いいじゃん、待たしとけば」

ゲンガー「まぁとにかく早く行ってやろうぜ。ランターン、いつものアレ頼む」

ランターン「あぁアレね。いいよ。ゾロアもゲンガーの頭に乗って」

ゾロア「?」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:17:19 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「早く乗れよ」ヒョイッ

ゾロア「わわっ、何するの?」

ゲンガー「すぐにわかる」

ランターン「ゲンガーからいくよ」ブワーーー

ゲンガー「!! ぶわっちちち!」

ランターン「あっ……れ、れいとうビーム」バリバリバリ

ゲンガー「!! つ、つめてぇ……」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:26:52 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「てんめぇ!ねっとうなんかかけやがって!殺す気か!」

ランターン「ご、ごめん。この前みずでっぽう忘れてねっとう覚えさせてもらったんだった」

ゲンガー「そんな大事なこと忘れてんじゃねぇよ。
     ったくもう、危うくヤケドするとこだったじゃねぇかよ……」

ゾロア「もしかして、顔洗うつもりだったの?」

ゲンガー「ご名答。ねっとうじゃ台無しだがな……」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:30:48 ID:KY4B/GApO

ランターン「ゾロアもやるー?」

ゾロア「!」ブンブン

ゲンガー「ったく、朝っぱらから刺激が強すぎるぜ」

ランターン「ごめんってば。マスターが待ってるんでしょ?
      早く行こうよ」

ゲンガー「けっ、調子のいいやつだぜ全く」

ゾロア「ぷっ、ゲンガーにいちゃん、顔マッカッカになってる」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:46:05 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「ふんっ、次からは気をつけろよな」

ランターン「はーい」

ゲンガー「そういうわけだから下りろゾロア」

ゾロア「えへへっ。乗せてって」

ゲンガー「はぁっ?ちっ、しょうがねぇなぁ」

ゾロア「ゲンガーおにいちゃん、早く行こ」

ゲンガー「わっ、おい暴れるな。危ねぇだろ」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:52:23 ID:KY4B/GApO

ゾロア「♪」

ランターン「ねぇ、ゲンガー」

ゲンガー「何だよ」

ランターン「スーパーシングルトレイン、がんばってね。
      ボクとゾロアはどんな時でもキミの味方だよ」

ゲンガー「おぅよ!サンキューな!」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/05 23:57:51 ID:KY4B/GApO

ゲンガー「疲れたなんて弱音吐いてらんねぇ。
     おれにはお前らとマスターがいるからもう大丈夫だ」

ゾロア「ゲンガーおにいちゃん」ギュッ

ランターン「今日も連勝記録、伸ばせるといいね」

ゲンガー「おぅ任しとけ。さぁ行こうぜ。
     おれたちのマスターの元へ!」


                 完


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06 00:00:17 ID:SsVRJ7PcO


面白かったよ


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/06 00:13:18 ID:kZV/seMO0

ゲンガーとゾロアの絡みがすごく良かった
このゾロアはゾロアークに進化しないでほしいけどマスターの事だから進化させちゃうんだろうなあ


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。