ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サシャ「食べ物の怨みは恐ろしいんですよ?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/987564987.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:00:36 ID:vuferrDv0

ライナー「サシャの食べ物を奪ったらどうなるか試してみようぜwww」

エレン「は?なんでそんなことする必要があるんだよ」

ライナー「お前あいつが怒ったところ見たことがないだろ?」

エレン「そういえばそうだな」

ライナー「だからあいつが怒ったところを見てみるんだよwww」

エレン「おお それは面白そうだなwww」

エレン「おい!アルミンもやってみようぜwww」

アルミン「ぼ…僕は遠慮しておくよ」

アルミン(なんでだろう…いやな予感がする)







2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:03:17 ID:vuferrDv0

―食堂―

サシャ「今日のご飯もおいしそうですね!今日のパンはなんとパァンですよ!」

コニ―「わかったから唾飛ばすなよ…」

エレン(コクッ)

ライナー(OK)

サシャ「うへへ…いただきまーs」

サッ

サシャ「あ…あれ…」

ライナー「残念だったな―サシャ!このパンは俺が頂いた!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:05:27 ID:vuferrDv0

サシャ「わ…私のパンがパンがパンがパンがパンパンパンパンパン・・・・」

ライナー(うほwww混乱してるwwwおもしれえ!)

エレン「落ち着けサシャ!俺のパンやるからよwww」

サシャ「!」パァァァァァン

エレン「なーんてなwww」ガブッ モグモグ

サシャ「」

アルミン(胃が…)キリキリ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:07:12 ID:vuferrDv0

アニ「二人とも…それはさすがにひどいんじゃないか」

ミカサ「私のエレンはそんなことしない」

クリスタ「ライナー君…私幻滅しちゃった…」シュン

ライナー(な…女神に幻滅されてしまった…)

ライナー「サ…サシャ すまなかっt」

パァン!

ライナー(!?)ハナヂダラー


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:09:28 ID:vuferrDv0

エレン「平手打ちか…!? 速すぎて見えなかった…!」

サシャ「…」スッ

ライナー(! 来る!)

ゴッ

ライナー「肘ぃ!」

エレン「パンチに見せかけた予想外の肘!サシャすげぇ!」

アニ「あいつ…なかなかやるね」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:12:31 ID:vuferrDv0

ベルトルト「起きてよライナー…ライナー!」ユサユサ

サシャ「エレン…次はあなたですよ!」

エレン「 ! 」ゾッ

エレン(今まで感じたことのない殺気…!これは殺される!)

サシャ「覚悟してください!」ダッ


ミカサ「おだまり」シュッ


サシャ「! パァン!」ガブッ

アルミン「す…すごい!パンを投げてサシャの口に入れさせた!」


コニ―「俺のパンが…」

サシャ「ほいひい!」モグモグモグモグ

エレン「た…助かった…!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:14:34 ID:vuferrDv0

―翌日―

エレン「ライナーは入院か…」

エレン「そんなことよりアルミン!俺を助けてくれ!」

アルミン「やだよ」

エレン「そんな…人が頭下げて頼んでるのに!」

アルミン「元はと言えば君がいけないんだろ…命知らずなまねをするから」

エレン「だってライナーのやつが…」

ベルトルト「んん?ライナーがどうかしたのかい」ヌオッ

エレン「うおっ!なんでもねえからあっち行ってろ!」

ベルトルト「ライナー…ライナー…」ブツブツ

エレン(なんで俺の周りは変な奴が多いんだ…)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:18:27 ID:vuferrDv0

―格闘術訓練―

ミカサ「エレン…あんなこともうしないで」

エレン「ああ…もうこりごりだ」

サシャ「二人とも!おはようございます!」

エレン「うわっ!」ビクッ

サシャ「…? どうしたんですか?」

エレン(! …昨日のことは忘れてるのか?)

サシャ「…忘れてるわけないじゃないですか」ボソッ

エレン「」

ミカサ(エレン…)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:21:45 ID:vuferrDv0

サシャ「パァアアアアアアアアアアン」ガジガジ


コニ―「おい!短刀奪うだけだぞ!俺の頭をかむんじゃねェ!」

サシャ「はっ…すみませんコニ―の頭がパンに見えたものでwww ついwww」

コニ―(こいつ大丈夫かよ…ていうか俺の頭はパンと言うより芋だろ…)


エレン「」ガクガク


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:24:23 ID:vuferrDv0

―夕食―

アルミン「今日のご飯はカレーだってさ」

エレン「え!?今日は好きなだけカレー食っていいのか!?」ジュルリ

アルミン「言ってないよ 変なフラグたてないでくれ」

エレン「なんだそうか ところでアルミンお前最近おなかが痛いんだよな?」

アルミン「え! なんでそれを?」(だいたい君のせいだけど)

エレン「気づいて当たり前だ 幼馴染だろ?」

エレン「同期の机に胃薬みたいなのがあったから勝手にとってきた これでも飲んどけよ」

アルミン「エレン…ありがとう…」ジーン


ミカサ「エレン そろそろ食べましょう」

エレン「…」

ミカサ「…? エレンどうしたの?」


エレン「俺の飯がない」

アルミン「!?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:26:54 ID:vuferrDv0

サシャ「」ガフガフガフガフ

アルミン「エレン見て! 明らかにサシャの皿が二人分あるよ!」

エレン「昨日の仕返しってことか…」

ミカサ「エレン 私のパンをあげる」

エレン「え…でもそうするとお前の飯が…」

ミカサ「気にしないで サシャは私が後で絞めておく」

エレン「お…おう」

ミカサ「口開けて」

ガボッ

エレン「むぐー!」

ミカサ「これをするのも五年ぶりくらい…」

アルミン「ハハッ 懐かしいなあ」



ジャン「…」

ジャン「ゴフッ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:30:02 ID:vuferrDv0

ミーナ「ジャンが血を吐いたわ!」

マルコ「早く医務室へ!」


サシャ「ジャンの分もいただきますね!」モグモグ

コニ―「いい加減にしろサシャ!」

コニ―「お前は昨日といい食い物への執着が強すぎるんだよ!」

サシャ「うるさいですね」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:32:18 ID:vuferrDv0

コニ―「お前のせいでどれだけ迷惑が…」

エレン「そ…そうだぞ!」

アルミン「エ…エレン 便乗しちゃ…」

サシャ「む! …エレン あなたはよくそんなことが言えますね!」スッ…

エレン「…!? 何だあの構え…」

クリスタ「あ、あれは狼フォーム!」

エレン「…は?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:35:13 ID:vuferrDv0

クリスタ「私が前にサシャにパンをあげようとした時もあんな感じだった…」

クリスタ「エレン!よけて!」

サシャ「もう遅いですよ!」シュバッ

エレン「…よけるのが間に合わない!」

エレン(いい人生だった…)

エレン(そういや母さんが言ってたな…)

エレン(食い物の怨みは恐ろしいって…)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:40:11 ID:vuferrDv0

ギュルルルルルル

アルミン「…!? 何だこの音!?」

サシャ「お…お…」


サシャ「おなかが痛いぃぃぃいいいいい」ドタッ

アルミン(まさかミカサが…)

アルミン「ミカサひどいよ!サシャの食べ物に毒を盛るなんて!」

ミカサ「…私じゃない」

アルミン「じゃあ誰が…」

ベルトルト「僕だよ」

アルミン「え!?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:44:25 ID:vuferrDv0

ザワザワ・・・

ベルトルト「観念するんだな サシャ」

ベルトルト「ライナーが入院で成績が落ちてしまったらどうしてくれるんだい?」


ベルトルト「さすがに暴力はふるえないからね サシャの料理に下剤を入れておいた」

サシャ「トイレエエエエエェェェ」バタバタ

エレン「まったく聞いてなかったみたいだぞ」

ベルトルト「…」


※次からちょっと汚いので注意


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:49:13 ID:vuferrDv0

キース「いま大きな音が…」

ミカサ「サシャが大便しに行った音です」

キース「…」

アニ「ブハッ」

クリスタ「アニ!大丈夫!?」

ユミル「ハッハッハ カレーがあれに見えたのか?」

クリスタ「う…」カチャ

ユミル「…す すまん」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:50:33 ID:D6tkC0zt0

ユミル女捨て過ぎw


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:53:26 ID:vuferrDv0

―トイレの個室―

サシャ「ああなんですかこの服! 脱ぎにくいですね!」

サシャ「このままだと間に合わなくなります!」

ギュリュリュリュ!

サシャ「ギギギ・・・」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 23:56:26 ID:vuferrDv0


――
クリスタ「食べ終わったしトイレに行こうかな」

ユミル「私も行こう」ガタッ

アニ「よくお前たち全部食えたな…」




サシャ「ふう…何とか間に合いました」

サシャ「さてさっさと拭いてご飯の残りでも食べましょうか」

カラッ

サシャ「え…まさか…」

サシャ「か…か…」

サシャ「紙イイイイイイイィィイイ!!!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 00:01:41 ID:ZBmURfpNP

ライナーに理由のない暴力を襲わせたかっただけだろ!いい加減にしろ!


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 00:01:49 ID:TySKjNLt0

今日晩飯カレーの俺に謝れ










謝れ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 00:05:25 ID:r9Hc342U0

クリスタ「! 女子トイレからサシャの悲鳴が!」

バン!

クリスタ「サシャ!大丈夫!?」

サシャ「間に合うには間に合いましたが…」

ユミル「紙がないのか」

サシャ「はい…」シュン

クリスタ「ああそういうこと」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 00:08:20 ID:r9Hc342U0

ポイッ!

サシャ「…!紙! あなた神様ですか!」

ユミル「これで貸しひとつな」

クリスタ「ユミルそろそろ匂いが…」

ユミル「ああそろそろ出ようかクリスタ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 00:11:10 ID:r9Hc342U0

―こうしてサシャはユミルから「糞女」とよばれるようになってしまった

 入院から復帰したライナーはサシャがそう呼ばれている理由など知る由もなかった

 しかしあの時のサシャの叫びは遠くまで響き

 「女子トイレの悲鳴」という怪談として104期生の中で噂になっているらしい…

 


おまけ

――
~サシャがトイレに行った後~

アルミン「ところでエレン」

アルミン「…さっきの薬って誰の机にあったの?」

エレン「…ベルトルt」

アルミン「」ガタッ


終わり


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 00:12:38 ID:r9Hc342U0

エレサシャを書こうとした結果なんか下品なSSになってしまいました! テヘペロ☆

注意書きは最初に書くべきでしたね

食事中の方本当に申し訳ありませんでした

次もライナーがひどい目に合うSS書こうかな…


46: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) 2013/05/26 00:13:10 ID:XXBVU/p10

乙乙!

おまけも良かった




スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369490436/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。