ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟空「ベジータ、おめえ子供が生まれたんだってな!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/vejita_cal.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:12:02 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「何の用だカカロット、俺は今トレーニング中だ」

悟空「へへっ、そう固ぇこと言うなよ、ベジータ、おめえ二人目ができたってなぁ」

ベジータ「っ…貴様誰からそのことを?」

悟空「悟天から聞いたんだ、トランクス君に兄弟ができたんだってなぁ」

ベジータ「ちっ…トランクスめ、浮かれやがって」

悟空「まぁいいじゃねぇかぁ、で?男なのか?女なのか?」

ベジータ「何故貴様にそんなことを教えなければならんのだ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:12:43 ID:eqT0EpCj0

ベジータが妊娠したのかよ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:15:07 ID:GkE6+4zp0

悟空「いいから教えろよぉ~オラとおめぇの仲じゃねえかぁ~」ヒヒヒ

ベジータ「性別はまだわからん」

悟空「なんだ~…」ガックシ

ベジータ「何故貴様がガッカリしてるのだ」

悟空「い?いや、なんでもねえ、なんでもねえんだ、へへ」

ベジータ「気色の悪いやつめ…用が済んだならとっとと失せるんだな、俺は貴様がアホなことしている間にも修行を積み、貴様を超える」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:17:30 ID:GkE6+4zp0

悟空「ホントにおめぇは固ぇやつだな~」

ベジータ「………」ギロ

悟空「わかったわかった、そう怖い顔すんなって、また来っからなー!」

ベジータ「フン!」



悟空「そっかぁ~まだ男か女かわかんねーのかぁ」

悟空「ひひ、楽しみだな~」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:20:00 ID:GkE6+4zp0

時は過ぎた

助産婦「はーいおくさーん、ひっひっふー」

助産婦「おとーさんもいっしょにーひっひっふー」

ベジータ「がんばれブルマ!!ひっひっふぅぅぅーーーーーーっ!!!!」ボワァ シュインシュインシュイン


オギャーオギャー


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:23:36 ID:GkE6+4zp0

助産婦「かわいい女の子ですよー」

ベジータ「はーっはっはっは!!よくやったぞブルマ!」

赤ん坊「オギャーオギャー」

ベジータ「ふっふっふ、貴様もこのエリートサイヤ人の血を引いているのだ…元気な子に育つのだぞ」

ブルマ「ベジータ、あんたもだいぶ丸くなったわねー、トランクスの時にはそんなことひとつも言わなかったのに」

ベジータ「う、うるさいっ…!」



悟空「ん!ベジータによく似た気がひとつ…!生まれたのか!?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:26:53 ID:GkE6+4zp0

ブルマ「お世話になりました」

ベジータ「フン!世話になったな」

ブラ「アブー」

助産婦「さようならブルマさん、ベジータさん」


ブルマ「じゃあ家まで連れて行ってくれる?」

ベジータ「いいだろう、ブルマ、背中に乗れ、ブラは俺が抱いて飛んでいく」

ブルマ「あーらら、ベジータの腕の仲は私のポジションだったのに、ブラに取られちゃった」

ベジータ「バッ、バカヤロウ…!」


悟空「よー!ブルマ!」シュンッ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:29:41 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「カカロット!?」

ブルマ「あらー孫くん!久しぶりねー」

悟空「元気そうだなぁ、ベジータによく似た気があったから瞬間移動で来てみたんだけど、もしかしてそいつが…」

ブルマ「あら、わかるんだ、そうこの子が娘のブラよ」

ブラ「エヘー」

悟空「ほぉー!女の子かぁ!」

ベジータ「カカロット、用はそれだけか?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:33:22 ID:GkE6+4zp0

悟空「ベジータ、なにそんなにカリカリしてんだ?」

ベジータ「ブルマはお産で体力が減ってるんだ、用が済んだならとっとと失せやがれ」

ブルマ「もぉーベジータ、いくらライバル同士だからってもうちょっと優しくしてあげてもいいじゃない」

悟空「そうだぞベジータ、オラとおめぇの仲じゃねえかぁ~」ヒッヒッヒ

ベジータ「っ!」ゾクッ

ブルマ「でも、ベジータが私のことを気遣ってくれるなんて、めったにないし、嬉しかったわよベジータ」

ベジータ「あ、ああ…」

ブルマ「というわけだからごめんね孫くん、ベジータが優しいうちに今日は帰らせてもらうわ」

悟空「…そうかぁ、いやぁすまねえな、急に押しかけちまってよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:36:53 ID:GkE6+4zp0

ブルマ「今度はこの子が大きくなってから会いに来てね、孫くん」

悟空「…でかくなっちまったら遅いんだよな」ボソッ

ベジータ「ん?」ピクッ

ベジータ(カカロットは今なんと言ったのだ?よく聞こえなかったな…クソッタレ)

悟空「そうだ!オラがブルマん家まで送っていこうか?」

ブルマ「ごめんね、妻と子を送るのは夫の役目だから」

ベジータ「そ、そういうわけだ、とっとと失せやがれカカロット」

悟空「…しょうがねえな、じゃあな!ブルマ!」シュンッ

ブルマ「さ、ベジータ」

ベジータ「あ、ああ…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:39:50 ID:GkE6+4zp0

カプセルコーポレーション

ブルマ「ありがとうベジータ、休んでくれていいわよ」

ベジータ「お前も疲れているのだろう、少し休め」

ブルマ「あは、本当にどうしたのベジータ?人が変わったみたい」

ベジータ「ふん」

ブラ「スースー」

ベジータ「………」

なでなで

ベジータ「トランクスには…こうやって赤ん坊のときになでてやったことなかったな」フッ


ピッコロ「ベジータはいるか」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:41:44 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「……ピッコロか」

ピッコロ「…そいつは、貴様の娘か」

ベジータ「…そうだ」

ピッコロ「そうか……貴様が、二人も子をもつとはな」

ベジータ「用件は何だ」

ピッコロ「…悟空のことだ」

ベジータ「何…?」

ピッコロ「天界からヤツの様子を見たが、どうもおかしいのだ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:44:22 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「………」

ピッコロ「その様子だと心当たりがあるようだな」

ベジータ「ああ…」

ピッコロ「さっきの会話も、悪いが盗み聞きなせてもらっていた」

ベジータ「ほう…それでは、俺が聞き逃した言葉も聞こえているのだろうな?」

ピッコロ「ああ、その言葉を聴いて、悟空の様子がおかしいと決定的に気づいた」

ベジータ「それで?カカロットの野郎はなんと言っていたのだ?」


ピッコロ「…『でかくなっちまったら遅いんだよな』、と」

ベジータ「何ィ…?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:47:00 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「そいつはどういうことだ?」

ピッコロ「わからん、だが、でかくなってしまったら遅いというからには、今現在小さい者のことを指しているはずだ」

ベジータ「トランクスも悟天も、まだまだガキだが小さいわけではない……」

ピッコロ「おそらく、悟空が言った言葉を指しているヤツは…」

ベジータ「…俺の娘か」

ピッコロ「恐らくな」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:51:32 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「カカロットの野郎…なんのつもりだ…」

ピッコロ「わからん、だが最近の悟空はどうもおかしい、気をつけることだな、それだけを伝えに来た」

ベジータ「そうか…わざわざすまなかったなピッコロ」

ピッコロ「ふん、貴様が俺に礼を言うとはな?」

ベジータ「そうだな、俺もずいぶん甘くなったもんだぜ」

ピッコロ「…俺も、悟飯と修行をしてから、性格が甘くなったな」

ベジータ「…そうなのか?」

ピッコロ「俺も、昔は魔族としていろいろな罪を重ねてきた」

ベジータ「初耳だな」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:54:57 ID:GkE6+4zp0

ピッコロ「当然だ、今の貴様だから話せることだ」

ベジータ「…ピッコロ、貴様は、自分がおだやかになっていくのをどう感じた?」

ピッコロ「…自分が自分でなくなるような恐怖と………同時に、こんな自分も悪くない、そう感じた」

ベジータ「そうか……そうだな…俺も同じだ」

ピッコロ「フッ…」

ベジータ「ふん………」

ピッコロ「それじゃあな」

ベジータ「ああ………」

ピッコロ「気をつけろよ」

ベジータ「………」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 02:59:54 ID:GkE6+4zp0

ブラ「アァー!ウワァーン!」

ブルマ「あら、おなか空いたの?」

ベジータ「よこせ」

ブルマ「あら?ベジータ………」

ベジータ「………」トントン ユサユサ

ブラ「フェーン…フゥゥ…スー」

ブルマ「あら、寝ちゃった?やるじゃないベジータ」

ベジータ「当然だ、俺を誰だと思ってやがる」

ブルマ「お父さんだもんね、甘く見ちゃダメよね」フフ

ベジータ「………トレーニングルームに行く」

ブルマ「はいはい」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:02:06 ID:GkE6+4zp0

トランクス「…俺、あんな優しい顔した父さん初めて見たかも」

ブルマ「人間変わるものよねー」

トランクス「………………」

ブルマ「ブラがちょっと羨ましい?」

トランクス「へへ、ちょっとだけね」

ブルマ「ふふ、おいで、トランクス」

トランクス「うん」

ブラ「スゥ…スゥ…」

トランクス「早くおっきくなれよ、兄ちゃんが一緒に遊んでやるからな」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:04:31 ID:GkE6+4zp0

トレーニングルーム

ベジータ「はぁぁ!!」ボシュゥ

ベジータ「だああああ!!はあっ!うりゃあーーーーーっ!!!」ビッ ブオオッ バババ

ベジータ「………」

ベジータ「今の俺は機嫌が悪いんだ、俺の前から消え失せろ」

ベジータ「カカロット」



悟空「よう、ベジータ」ニヤッ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:07:50 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「………」ザッ

悟空「おお~怖ぇ怖ぇ!そんな怖い顔しちゃいやだぜベジータぁ」

ベジータ「俺に何の用だ………いや」

ベジータ「俺の娘に何の用だ、カカロット」

悟空「おろ?バレちまってたかぁ~」

ベジータ「ふん!ピッコロから貴様の様子がおかしいことを聞いていたんだ、もっとも俺自身もピッコロに言われるより先に気づいていたがな」

悟空「ピッコロかぁ~、余計なことをしやがって後でこらしめてやんねえと」ニヤァ

ベジータ「っ!?」ゾクッ


63: >>55もう終わるんちゃうかな 2013/04/16 03:10:22 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「今すぐここから失せろ!」バッ

悟空「まあそういうなよ、何の用かだって?教えてやっからよぉ」

ベジータ「言うならさっさと言え!!」

悟空「最近よぉ、溜まっちゃってさぁwwwww」アッサリ

ベジータ「貴様ああああああああああああああ!!!!!!!!!!」ドウッ

悟空「おめえの娘っこで一発抜かせて欲しいのよ!!」ボゥッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:13:29 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「ぶっ殺してやる!!」

悟空「いいじゃねえかよ~オラもうチチや悟飯じゃ満足できなくなっちまってよぉ~」

ベジータ「貴様っ!!妻だけじゃ飽き足らず自分の息子まで手にかけるとはとんだゲスヤローだなっ!!」

悟空「オラワクワクすっぞ!処女なんて久しぶりだからなぁっ!!」

ベジータ「うおおおおお!!!カカロットォォォォッ!!!!」

悟空「おめえじゃオラには勝てねえ」

ベジータ「今の俺を今までの俺だと思うなよ!!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:14:54 ID:GkE6+4zp0

悟空「ほぉ~どう違うんだ?」

ベジータ「そいつは貴様自身で確かめてみるんだな…」スッ

悟空「へへ、こうやっておめえと戦うのはいつ以来だったかな」スッ

ベジータ「………」

悟空「いくぞ」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:19:46 ID:GkE6+4zp0

バキッ ドガガガガッ

        ドズゥゥゥ……ン

ベジータ「今まで何度も地球を救った野郎が!そんなゲスヤローだったとはな!!」

悟空「おめぇ言ったじゃねえか、たまには地球のヤロウにも責任をとらせるべきだってな」

悟空「だからもうオラは好きにすることにしたんだ!ただ自分がしたいことをする!責任とかむずかしいことは全部他の奴らに任せちまって!好きなことだけやんだ!!」

ベジータ「だからっ!チチや悟飯を手にかけたと言うのかッ!?」

悟空「悟飯はオラの息子だ!なのにあいつはオラよりピッコロのほうを好いてた!気に食わなかったんだ!!」

ベジータ「それでも貴様は…っ!!父親なのかぁぁぁーーーー!!!」ギャンッ


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:22:22 ID:WDv3zRqI0

悟飯のこと気にしてたのか…


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:24:28 ID:GkE6+4zp0

悟空「ううっ!」ズン

ベジータ「悟飯がピッコロのヤローを好いてたからなんだと言うのだ!あいつは純粋に師としてピッコロを好いていたんだ!!お前のことはちゃんと父親として尊敬していたんだぞっ!」

悟空「そんなことっ…!」

ベジータ「セルとの戦いが終わった後、悟飯はこんなことを言っていたぞ!!」

ベジータ「『お父さんが死んでしまって悲しいけど、大好きなお父さんが守ったこの大好きな地球は、ぼくが守ります』ってなぁ!!」

悟空「そんなこと!!」

ベジータ「尊敬する父親だったからこそ!代わりに守るといったのだぞ!あいつはっ!!お前はそんな息子の気持ちを踏みにじりやがって!!」

悟空「そんなこと!!知らなかった!!」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:26:50 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「知らぬ存ぜぬですませられることではない!!」

悟空「じゃあオラは、どうすりゃ良かったんだよっ!!」

ベジータ「知るか!!てめえで考えやがれっ!!」

悟空「………ちくしょうっ!ちくしょう!!なんでっ、ベジータがこんなに強くなってんだ!!」

悟空「ブウと戦った直後は、オラの方が強かったのに!!」

ベジータ「己の強さに溺れ鍛錬を怠った結果がそれだ!!サイヤ人の恥さらしめ!!」

悟空「ちくしょうっ!ちくしょおおお!!」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:29:38 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「オレはまだまだ強くなるぞ!!オレ自身のプライドのために!」

ベジータ「そして守りたいものがあったからこそ強くなった、貴様のように…」

ベジータ「くらいやがれ!!これが超ベジータの、ビック・バン・アタックだっ!!」

悟空「オラが間違ってたっちゅうのかよ!!」

ベジータ「はあああああああああああ!!!!!!!!」

悟空「うわああぁぁぁああぁあ……!!!!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:31:14 ID:GkE6+4zp0

………………………………

ベジータ「はぁっ、はぁっ!はぁっ、はぁ」

ベジータ「………」スタッ

悟空「うぐぐ………ち、くしょう………負けたのか………オラ………」

ベジータ「今の貴様に勝っても何の喜びもないぜ、クソッタレ」

悟空「オラを殺すのか………」

ベジータ「いや………」

ピッコロ「ベジータ!」シュタッ


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:35:15 ID:GkE6+4zp0

ベジータ「ピッコロ」

悟空「ピッコロ………」

ピッコロ「ふん、ずいぶんとひどくやられたような」

悟空「へ、へへ」

ピッコロ「喜べ、性根が腐った貴様のために、このオレが自ら『ドキドキ☆神様の神殿の超絶拷問的精神鍛錬地獄部屋』にて一から貴様を鍛えなおしてやる」

悟空「いいっ!?なんだよそれオラ聞いたこともないぞ!?」

ピッコロ「オレがデンデに頼んで作った部屋だ、さあこい!」

悟空「ひぃぃ!ベ、ベジータぁ!」

ベジータ「一から出直してきやがれ、クズが」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:36:54 ID:GkE6+4zp0

ピッコロ「ベジータ、すまなかったな、暴走した悟空を止められるのはお前しかいなかった」

ベジータ「当然だ、オレは誇り高いサイヤ人の王子だからな」

ピッコロ「ふん!サイヤ人の強さは本当に底なしだな!じゃあな」

ブルマ「


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:37:25 ID:GkE6+4zp0

ミスった


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:39:26 ID:GkE6+4zp0

ブルマ「ベジータぁぁ~~~」

ベジータ「おおブルマ、見たか?ついにカカロットのヤロウをぶちのめしてやったぞ!」

ブルマ「家の家を粉々にしてね…!!」

ベジータ「あ………」

トランクス「父さん…戦う場所は考えてよ…」

ブラ「キャッキャ♪」

トランクス「ブラはご機嫌だな………父さんの戦いがそんなにおもしろかったのか?」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:42:12 ID:GkE6+4zp0

ブルマ「ベジータ!!いくら家が世界一の金持ちでも限度があるのよ!!修理代くらいは働いて払ってもらうからね!!」

ベジータ「な、なにぃ!このオレが働くなどと」

ブルマ「っ!!」ギヌロ

ベジータ「はい」

トランクス「あはは………しばらくは、悟天の家に厄介になるのかな、それにしても」

トランクス「最強のサイヤ人つっても、奥さんにはかなわないんだな、なんか切ない」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:44:06 ID:GkE6+4zp0

こうして一つ、事件は解決した

ほぼ全壊したカプセルコーポレーションはドラゴンボールびよって直ったが、ベジータは約三ヶ月カプセルコーポレーションでお茶汲みをさせられたという

ベジータ「くそったれえええーーーーーー!!!」



はぁ~おわりおわり


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 03:45:27 ID:zrBSXLpZ0



悟空崩壊


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 04:08:46 ID:QRekIIZk0

べジータと悟飯がフュージョンすれば悟空倒せそうな気もする


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16 05:33:10 ID:b006YPacO



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1366045922/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。