ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂乃果「海未ちゃん、結婚しよう!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/umi18gfd.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:47:14 ID:gY9S22oi0
海未「なんだ夢ですか」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:48:26 ID:gY9S22oi0
海未「あの時の夢が本当ならいいのに…」

穂乃果「海未ちゃんおはよう!」

海未「穂乃果…」

穂乃果「元気がないけど、どうかした?」

海未「なんでもないです」

穂乃果「そう?何かあったら私に言ってね」

海未(今日も穂乃果はかわいいですね)

海未(ああ…かわいい穂乃果、私だけのものにしたい)

海未(私はどうすればいいのでしょうか)

海未(…ことりに相談してみましょう)

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:54:05 ID:gY9S22oi0
海未「ことり、ちょっと相談が…」

ことり「どうしたの?」

海未「私、穂乃果のことが一人の女性として好きなんです」

ことり「…やめたほうがいいんじゃない」

海未「ですが」

ことり「女の子同士なんておかしいよ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:59:15 ID:gY9S22oi0
海未「それでも!私は穂乃果が好きなんです!」

ことり「ごめんね、他の子に聞いてみて」



海未「やっぱり、同性愛なんていけないことなのでしょうか」

海未「次は絵里に聞いてみましょう」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:03:34 ID:gY9S22oi0
海未「絵里、穂乃果のことで相談があるのです」

絵里「あら、海未が私になんて珍しいわね」


海未「…穂乃果とお付き合いしたいんです」

絵里「>>12

1応援するわ
2やめなさい

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:05:58 ID:OnnV9fl80
1

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:12:13 ID:gY9S22oi0
絵里「海未は一人の女の子として、穂乃果のことが好きなのね」

絵里「私はそういうのもアリだと思う。がんばりなさい」

海未「…ありがとうございます!」

海未「ことりにも聞いてみたのですが、やめた方がいいと言われてしまって」

絵里「ことりに?でも、ことりならそう言うでしょう」

海未「ことりなら?理由はありますか?」

絵里「…海未は鈍感なのね」

絵里「あなたは穂乃果が好きなんでしょう」

絵里「他人になんと言われようと、自分のやるべきことをやりなさい」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:16:51 ID:gY9S22oi0
海未「はい!」

海未(私と穂乃果は幼い頃からずっと友達でした)

海未(ずっと…ずっと…いつも)

海「でも、恥ずかしいですが…色恋沙汰には無縁でしたから具体的にどうしたらいいか分かりません」

絵里「>>17

1押し倒しなさい
2告白しなさい
3デートしなさい

17: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/04/13 19:18:13 ID:/LezTTAE0
3

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:24:11 ID:gY9S22oi0
絵里「なら幼馴染という関係から抜けださないとね!」

絵里「まずはデートしなさい」

海未「デートですか…」

海未「絵里、相談に乗ってくれてありがとうございました」


海未「デート…どこに行けばいいのでしょう」
1公園
2メイド喫茶
3家デート

>>21

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:25:07 ID:78plyaHL0
2

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:32:31 ID:gY9S22oi0
海未「幼馴染という関係から抜け出すにはなにかインパクトが必要ですね」

海未「メイド喫茶なんて…私らしくないですが、行動を起こさないと」


海未「穂乃果、今日の放課後にメイド喫茶に行きませんか?」

穂乃果「えっ!?海未ちゃんがメイド喫茶なんてなんだか不思議だね」

穂乃果「μ’sの誰かも来るの?」

海未「いえ、ふたりきりがいいのですが…」

穂乃果「海未ちゃんと二人、それにメイド喫茶なんて珍しいかも」

穂乃果「いいよ、行こうよ!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:35:27 ID:gY9S22oi0
放課後

穂乃果「海未ちゃんと二人きりで遊ぶって今まであったかな?」

海未「昔はことりと共に3人で居ましたからね」

海未「…嫌でしたか?」

穂乃果「そんなことないよ!」

穂乃果「海未ちゃんから誘ってくれるなんてうれしいよ」

海未「ありがとう、穂乃果。早速行きましょうか」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:43:31 ID:gY9S22oi0
秋葉原

穂乃果「あれ?ここ、ことりちゃんが働いてるとこだね」

海未「メイド喫茶なんて他にわからなくて…」

穂乃果「もしかしたら、ことりちゃん居るかな?」

海未「そうかもしれませんね。穂乃果、入りましょう」


メイド「おかえりなさいませ、お嬢様!」

メイド「ご注文は何になさいますか?」

穂乃果「海未ちゃんが決めていいよ」

海未「では、音ノ木坂ランチプレート2つお願いします」

メイド「かしこまりました!食後にパフェはいかがですか?」

海未「穂乃果、どうします?」

穂乃果「うーん…お願いします!」

メイド「では、ランチプレート2つ、パフェおひとつで!」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:47:10 ID:gY9S22oi0
メイド「ランチプレート、おまたせしました~」

穂乃果「海未ちゃん、おいしいね」

海未「そうですね」

穂乃果「もう食べ終わっちゃった。あとはパフェだね」

メイド「パフェひとつおまたせしました!ごゆっくりお楽しみください!」

海未「スプーンがひとつしかありませんが…」

穂乃果「海未ちゃん!せっかくだから…あーん」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:50:56 ID:gY9S22oi0
海未「そんなことできません!恥ずかしすぎます!」

穂乃果「えー…あーん」

海未「…」

穂乃果「あーん!」

海未「あ…あーん」

穂乃果「えへ、おいしい!」

穂乃果「お返しのあーん!」

海未「ああああ…」

穂乃果「あは、海未ちゃんかわいい!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:56:30 ID:gY9S22oi0
穂乃果「パフェ、すっごくおいしいよ!」

海未(味なんてもうわかりません…)

ことり(…)


穂乃果「食べ終わったし、そろそろ行こうか?」

海未「そそそうですね」

穂乃果「海未ちゃん顔真っ赤だよ」

海未「誰のせいです!」

メイド「いってらっしゃいませ、お嬢様!」


穂乃果「楽しかったね、海未ちゃん」

海未「そうですね…たまにはこういうのもいいですね」

穂乃果「そういえば、ことりちゃんみなかったね」

海未「今日はお休みなんでしょう」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:02:41 ID:gY9S22oi0
音ノ木坂

穂乃果「海未ちゃん、今日はありがとうね」

海未「いえ…こちらこそ楽しかったです」

穂乃果「それにしても、どうして今日はふたりきりだったの?」

海未(…それを聞くのですね)

>>34
1ごまかす
2素直に言うする

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:05:15 ID:KWQNTuJ10
2

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:07:27 ID:gY9S22oi0
海未「…穂乃果は鈍感なんですね」

穂乃果「え?」

海未「本当に分からないのですか」

穂乃果「…怒ってる?」

海未「怒ってなんていません。呆れてます」

穂乃果「それは怒ってるんじゃないかなあ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:12:00 ID:gY9S22oi0
海未「今日なぜ誘ったのか…それは…」

海未「私、穂乃果のことが好きなんです!一人の女の子として!」

穂乃果「えっ…?」

海未「いけませんか?でも、好きなんです、あなたのことが!」

穂乃果「…海未ちゃん」

>>40
1ごめんね
2私も…

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:13:29 ID:yyyRDwlCP

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:18:02 ID:gY9S22oi0
穂乃果「海未ちゃん…そのね…」

海未(…やっぱりおかしいですよね)

海未「ごめんなさい、穂乃果!」

穂乃果「あ、海未ちゃん!どこいくの!?


海未「こないでください!!」

穂乃果「聞いてよ!私も…海未ちゃんが好きだよ!!」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:22:22 ID:gY9S22oi0
海未「え…今なんと…」

穂乃果「何回も言うよ。私も、海未ちゃんが好き!大好き!」

海未「…本当ですか」

穂乃果「嘘なんて言わないよ。それとも今好きって言ってくれたのは嘘だったの?」

海未「そんなわけありません!」

穂乃果「本当かなあ…じゃあ、もう一回言ってみて」

海未「私、園田海未は…高坂穂乃果…穂乃果のことを愛してます!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:24:52 ID:gY9S22oi0
穂乃果「愛してるなんてそんな…」

海未「誰が言わせたんです!」

穂乃果「ごめんね、海未ちゃんがかわいいからいじわるしちゃった」

穂乃果「私も…海未ちゃんが好きだよ…」

海未「穂乃果…」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:26:09 ID:gY9S22oi0
穂乃果「海未ちゃん、あったかいね」

海未「そうですね、くっついてますからね。暑いくらいです」

穂乃果「もう、海未ちゃんのバカ!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:29:35 ID:gY9S22oi0
穂乃果「海未ちゃん、結婚しよう!」

海未「えっ…本当に、私でいいのでしょうか」

穂乃果「またそんなこと言う…私は海未ちゃんがいいの!」

海未「ごめんなさい、あなた」

穂乃果「そうだよ。それでいいの!」

海未「幸せにしてくださいね」

穂乃果「海未ちゃん!二人で幸せになろうね!」

おわり

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:30:45 ID:18r3P1sb0
乙!

57: 忍法帖【Lv=39,xxxPT】(1+0:15) 2013/04/13 20:43:30 ID:xR5WZnx7i
ことり「…」ゴゴゴゴゴ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:50:00 ID:gY9S22oi0
穂乃果「…ごめんね」

海未(…最初からわかっていたことです)

穂乃果「やっぱり女の子同士だし…」

海未(もう穂乃果が何を言っているのかわからない)

穂乃果「幼馴染…友達として、海未ちゃんのことは大好きだよ!」

海未「…そうですね。私も…気の迷いだったのかもしれません」

海未「おままごことに付き合ってくれてありがとう、穂乃果」

穂乃果「おままごとだなんて…」

海未「さようなら」

穂乃果「あっ…海未ちゃん!」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:54:30 ID:gY9S22oi0
穂むら

穂乃果(私のことを好きだなんて…)

穂乃果(女の子同士なんて…やっぱり変だよね…ごめんね)

穂乃果(もう、寝よう)


海未「…」

海未(人の家に勝手に入るなんて…)

海未(でも…穂乃果も悪いんですから)

海未(穂乃果…寝顔もかわいい…私だけのものに…)

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:57:36 ID:gY9S22oi0
穂乃果(朝だ…海未ちゃん、大丈夫かな)

穂乃果「おはよう!雪穂!おかあさん!」

穂乃果「あれ…?おかあさーん?雪穂?」

穂乃果「おかしいな…ふたり共いないの?」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:01:04 ID:gY9S22oi0
海未「穂乃果」

穂乃果「えっ、海未ちゃん!?どうしたの?」

海未「迎えに来ました」

穂乃果「迎えにって…?おかあさんと雪穂は…?」

海未「私とあなただけの楽園へですよ」

穂乃果「何を言ってるの?」

海未「静かにしてくださいね」

穂乃果「えっ…」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:06:14 ID:gY9S22oi0
私が最後に見たのは、私に棒のようなもので殴りかかる海未ちゃんだった。

目が醒めると手には手錠がかけられ、首に首輪がかかっていた。

穂乃果「海未ちゃん、やめてよ…」

海未「穂乃果、ごめんなさい…こうすることしかできないの」

穂乃果「やめてよ!」

海未「もうすこしだけ…お願い・・・。ごはん、置いておきますね」

海未「色んな人が穂乃果を探してますよ」

海未「穂乃果はたくさんの人に愛されてますね」

海未「何か知っているだろうと私が疑われていますが…」

海未「安心してくださいね」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:09:40 ID:gY9S22oi0
穂乃果「ごはんなんてどうでもいいよ…」

海未「ちゃんと食べないといけませんよ」

穂乃果「やめてって言ってるじゃない!」

海未「…また学校に行ってきます。すぐに帰りますから」

穂乃果(今…何日なんだろう?)

穂乃果(ごはん、食べよう…犬みたいに食べるものなれちゃったな…)

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:12:46 ID:gY9S22oi0
穂乃果「海未ちゃん…どうして…?」

穂乃果(今日のごはん、変なにおいがする…大丈夫かな)

穂乃果(でも食べないと…また)

穂乃果(おいしく…ないなあ)

穂乃果「あれ…なんだか…喉がいたいな…」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:15:02 ID:gY9S22oi0
海未「穂乃果…ただいまもどりましたよ」

穂乃果「うみちゃん…」

海未「まだ声、出るんですね。」

穂乃果(喉がすごく熱い…痛いよ)

海未「もう、声が聞こえなくなるのは残念ですが…私が面倒見てあげますから」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:18:48 ID:gY9S22oi0
数日後

海未「穂乃果…元気がないですね」

穂乃果(もう声が出なくなっちゃった…目も霞んでよく見えないし…体も重くて動かせない…)

海未「ちゃんとごはん食べないといけませんよ」

穂乃果(無理だよ…喉が痛くて食べられないよ)

海未「ああ…私の、私だけの穂乃果…」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:22:04 ID:gY9S22oi0
学校

絵里「ねえ海未、穂乃果のことなのだけど…」

にこ「あんた、本当になにも知らないの!?」

希「ちょっと、にこっち…」

海未「知りません」

にこ「あんた、なんでそんな落ち着いてんのよ!穂乃果ちゃんが居なくなって何日経ってるか…」

海未「大丈夫ですよ」

にこ「ちょっと、待ちなさいよ!」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:24:22 ID:gY9S22oi0
海未(本当に煩わしいですね…私と穂乃果の邪魔をしないでください)

ことり「海未ちゃん」

海未「ことり…どうかしました?」

ことり「やめた方がいいよ」

海未「…なんのことです」

ことり「女の子どうし…穂乃果ちゃんと海未ちゃんなんておかしいよ」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:27:42 ID:gY9S22oi0
海未「…なんの話をしているのかわかりません」

ことり「とぼけないで!私知ってるから」

ことり「ずーっと見てたんだから…」

ことり「今日、穂乃果ちゃんに会いに行くね」

海未「…どこに居るか知っているのですか」

ことり「うん」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:29:04 ID:gY9S22oi0
海未「邪魔をしないでください」

ことり「邪魔ってなに?」

海未「…」

ことり「ばいばい」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:31:44 ID:gY9S22oi0
海未「ただいま…穂乃果」

海未「穂乃果…居ないのですか?」

海未「ああ・・・喋られないのでしたね」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:33:35 ID:gY9S22oi0
ことり「海未ちゃんって最低だね」

海未「ことり!…なぜここに」

ことり「穂乃果ちゃんのためだよ」

海未「答えになってません」

ことり「もう穂乃果ちゃんはだめだよ」

海未「何がです」

ことり「わかってるくせに」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:36:05 ID:gY9S22oi0
ことり「海未ちゃんにも同じ目にあいなよ」

海未「くっ…ことり!」

ことり「海未ちゃん…ばいばい」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:40:25 ID:gY9S22oi0
ことり「ねえ…海未ちゃん、ことりに相談してくれたでしょ?」

ことり「あの時…なんでやめなよって言ったかわかる?」

ことり「ねえ…ねえ!」

ことり「海未ちゃんみたいな人にはわからないよね」

ことり「…もう海未ちゃんもだめだね」

ことり「私なら穂乃果ちゃんを幸せにしてあげられたはずなのに…」

ことり「穂乃果ちゃん…寂しかったよね…痛かったよね」

ことり「穂乃果ちゃんを苦しめる人はもういないよ」

ことり「だから…ことりも、穂乃果ちゃんの側に行くよ」

おわり

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:44:30 ID:Fc8zEXjC0

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:47:44 ID:pjsSoIqNi
やっぱりあかんかったか

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:49:19 ID:94ULt3Hn0
白恋思い出した

スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365846434/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。