ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「起きたら隣に裸の小鳥がいた」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/1359351i.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 00:43:31 ID:+J2ygSaf0
P「どうしてこうなった...」

小鳥「あ、ぷ、プロデューサーさん....責任とってくださいね...?///」スリスリ

P「糞が...なんてこった...」

小鳥「ぷろでゅぅさぁーしゃん//」ギュー

P「うー、頭いたい」グワングワン



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 00:46:22 ID:+J2ygSaf0

P「とりあえず....うー、何も覚えてないんですけど」

小鳥「ピヨ?覚えてないんですかぁ?あんなに激しかったのに...///」

P「くそーかわいいけどうぜぇ」

小鳥「えへへ」フリフリ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 00:49:43 ID:+J2ygSaf0

P「えっと...仕事が終わって...えーとえーと」

小鳥「本当に覚えてないんですか?昨日事務職のみんなも揃ったし皆でご飯食べにいったじゃないですか」

P「そうだったそうだった....か?」

小鳥「はい」ギュー

P「分かりましたから少し離れてくれないですか」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 00:53:29 ID:+J2ygSaf0

小鳥「ぷろでゅぅさぁしゃん私も好きですよぉー...///」

P「血迷ったのかその時の俺は」

小鳥「なんですかー血迷ったって、ぶー」プックリ

P「歳を考えてくださいよ、小鳥さん」

小鳥「もぉ...照れちゃって...えへへ」

P「ちっ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 00:56:47 ID:+J2ygSaf0

P「じゃあ俺は仕事行かなくちゃ行けないんでこれで」イソイソ

小鳥「もー、照れすぎですよぉ」

小鳥「でも大丈夫です!」

P「は..」

小鳥「もう事務職には二人有給取っときましたから!!」フンス

P「なに...?」

小鳥「だから今日は二人でいちゃいちゃしましょ...ね?///」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:00:27 ID:+J2ygSaf0

P「いやいやいや、可笑しいでしょ、え?有給ってそんな他人が奪えるものなんですか?」

小鳥「ピヨ!?奪うなんて...ほとんど無理矢理バージン奪ったプロデューサーさんのいう台詞ですかぁ?」ニヨニヨ

小鳥「それに、社長も おめでとう と...きゃー//」

P「社長ェ..」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:03:45 ID:+J2ygSaf0

P「いや..待てよ...小鳥さん俺は事務職のみんなとご飯にいったって言いましたよね」

小鳥「はい..?」

P「俺は事務職のアイドルの前ではお酒と煙草は控えてます。ここまでベロンベロンになるなんてあり得ない筈ですか...」


小鳥「」ギクッ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:08:51 ID:+J2ygSaf0

小鳥「そっそれからですね!私とPさんでハシゴしたんですよ!」

P「え、まじっすか..?あーなるほどそれで」


小鳥(既成事実さえ作ってしまえば..と)
P「既成事実さえ作ってしまえば..と」

小鳥「!?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:18:45 ID:+J2ygSaf0

P「図星ですね」ニッコリ

小鳥「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」

小鳥「私の完璧な計画が見破られた… 何を言っているのかわからねーと思うがおれも何ぜみやぶられたかわからなかった… 」

小鳥「読心術だとか速打ちだとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえもっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ...」


P「いいからちょっとこい」クイクイ

小鳥「ピヨォ...」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:21:04 ID:+J2ygSaf0

小鳥「怒りますか...?」ウルウル

P「はぁ...まったく」

小鳥「ごめんなさい...ぐす」

P「まったく小鳥さんはやっぱり小鳥さんでしたね」ナデナデ

小鳥「ふぇっ..///」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:27:54 ID:+J2ygSaf0

P「さ、有給も使っちゃったことですし、遊びにいきますか」

小鳥「お、怒らないんですか?」

P「まぁ、別にいいですよ。俺はなにも覚えてないし、けど恐らく俺はなにもしてないでしょう?」

小鳥「え...ま、まぁ...//」


P「ですよね、この事は不問にしますので朝ごはんどこか食べに行きますか?朝マックでいいなら俺が買ってきますけど...」

小鳥「ぷ、プロデューサーぁ///」ギュー

P「なんですか..?」

小鳥「えへへ、何でもないですけどこうしていたい...///」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:28:34 ID:BaixB5WK0

ピヨ可愛い


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 01:30:18 ID:+J2ygSaf0

P「...かわいいなおい」ボソ

小鳥「ピヨ..?」

P「何でもないです」

小鳥「そうですか..?」

小鳥「ほんとうに?」

P「何でもないです」


38: ちょっと風呂行ってきます 2013/04/06 01:34:33 ID:+J2ygSaf0

小鳥「もう照れちゃって可愛いです」

P「そろそろ離れてほしいんですけど」

小鳥「ピヨ、ですね。服貸してください」

P「はぁ、仕事の服でいいじゃないですか」

小鳥「せっかくの休みなのに制服はちょっと...それにプロデューサーさんの服も着てみたいですし」


45: 保守あざます 2013/04/06 01:56:06 ID:+J2ygSaf0

P「そうですね、じゃあ俺のスウェット貸すのでそれつかってください」

小鳥「はーい」

P「それから小鳥さん家に行きましょう。小鳥さん家で着替えてから朝ごはんとしましょうか」

小鳥「仕切ってくれるプロデューサーさんかっこいいですね!すごい!」モゾモゾ

P「ありがとうございます。着替え終わりましたねじゃあいきましょう」

小鳥「さー!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:01:54 ID:+J2ygSaf0

車内
ブロロロ

P「....」

小鳥「彼氏の服がブカブカ、えへへ//」

P「気持ち悪い妄想はやめてください」

小鳥「きっ気持ち悪くないですよ!これは予行演習です!」

P「なんの」


小鳥「そ、それは...ゴニョゴニョ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:14:02 ID:+J2ygSaf0

P「つきました、車で待ってるんで着替えてきてください」

小鳥「はーい、待っててくださいねうふふ」

P「煙草でも吹かして待ってますのでごゆっくり」

小鳥「はいプロデューサーさん」
タッタッタ

P「はーーっ...笑顔は可愛い」ボソ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:16:27 ID:+J2ygSaf0

小鳥「お待たせしました」

P「...」

小鳥「ど、どうてしょうか..?」

P「....いいと思います、可愛い」

小鳥「もう、プロデューサーさんったら」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:20:30 ID:+J2ygSaf0

P「じゃ、じゃあなに食べたいですか?奢りますよ」

小鳥「ほんとうですか!?そうですね、じゃあコンビニで買ってお花見しましょう!」

P「了解しました、さあ乗ってください」

小鳥「かわいい娘アピール失敗か」ボソ

P(上等に可愛いです)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:24:35 ID:+J2ygSaf0

小鳥「あ、あと...今日は甘えていいですか...///」

P「な、 別に構いませんが..」

小鳥「ありがとうございますっ」ダキ

P「はい気にしないで」ナデナデ
P(惑わされるな)
小鳥(これでもか...強敵)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:33:27 ID:+J2ygSaf0

小鳥(なけなしの所持金で買った勝負服、そして腕組み。私の裸も見ときながらこの落ち着きよう...そこに痺れる憧れるぅ)


P(あれ、なんだ?急に小鳥さんが可愛く思えてきた、いやいやあり得ないでしょ...いや向こうは隙あらば婚約を迫ってくるバーサーカーだぞ)



小鳥「じゃあ..行きましょうか?」グイ

P「ですね」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:35:56 ID:+J2ygSaf0

こうして花見を無事終えたのち小鳥さんが本気の告白。それを受け入れたPと初夜をむかえましたとさ

おやすみなさあ


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:37:02 ID:CTHlw1eF0

>>61
おい、睡眠なら俺が代行してやるから


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 02:37:35 ID:JduAkxHfO

おい






















おい


77: 申し訳ないです 2013/04/06 02:58:25 ID:+J2ygSaf0

再びPの車
ブロロロ

P「...」

小鳥「...//」ジー

P「何ですか」

小鳥「い、いえっ、すみません///」

P「そうですか?今日は天気もいいですし気持ちいい花見になりそうですね」

小鳥「気持ちいい花見(意味深)」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 03:01:16 ID:+J2ygSaf0

P「つきました、適当に買ってきて下さい。というよりもうお昼ですので少し多目に買ってきて下さい。はい財布」

小鳥「了解ですプロデューサーさん。じゃあ適当に見繕ってきますね」

P「あーい」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 03:07:00 ID:+J2ygSaf0

コンビニ内

小鳥「プロデューサーさんの好きなもの...かー。なにがいいんだろう」

小鳥「んー、私はプロデューサーの食べてる顔でお腹一杯なんだけど」

小鳥「てかこの反応のなさはもう脈なしかなぁ」

小鳥「あ、ウコンかってこ」ヒョイ

小鳥「ひよこまんじゅうとかね、私を食べての伊美をこめて」ヒョイ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 03:15:25 ID:+J2ygSaf0

小鳥「プロデューサーさーん、買ってきましたーお酒」

P「昼からですか..まだ二日酔いがあるんですけど」

小鳥「そんなときこそおい酒ですよ!あとウコン!」

P「また俺を酔い潰す気ですか...今度は何されるやら」

小鳥「もう、そんなことはもうしないですよ。ほら、行きましょう?」ダキ

P「歩いていくのもなかなかいいですね。荷物持ちますよ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 03:19:56 ID:+J2ygSaf0

P「て重っ」

小鳥「てへぺろ」

P「缶でどれくらい買ったんですか」

小鳥「え? 一升くらいですけど」

P「.....」

小鳥「いたい!いたいですプロデューサー殴らないで!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 08:34:08 ID:9OVpo9x/0

土手

P小鳥「「おお、絶景...」」


P「この桜を見ながらお酒を飲むくぅ~w」

小鳥「他の事務職の人には見せられませんね!かんぱーい」カシュ

P「ははは、まったくですかんぱーい」カシュッ


97: ID変わった毛と1です 2013/04/06 08:39:02 ID:9OVpo9x/0

P「おっとその前にウコンウコン」

P「ほら、小鳥さんもウコ...ン」

小鳥「私はひつようありませんよぉ //」トローン

P「ちょっと、イクの早くないですか!?」

小鳥「えっへっへぇ」トローン


99: 散歩行ったらID変わりました 2013/04/06 08:51:35 ID:9OVpo9x/0

P「もしかしてこれが狙い?」

小鳥「そうやって疑うんですねープロデューサーさんったら...」クリクリ

小鳥「私がどんなに誘っても無反応だし...ぐすっ」

小鳥「私 魅力ないのかなぁ...ずびっ」

P(なんだ...泣き上戸かわざとじゃないな)
P「えーっと、えーっと取り合えず横になりましょう、ね?」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 09:05:50 ID:9OVpo9x/0

小鳥「服がよごれちゃいます..」

P「参ったな...」

小鳥「膝まくら...してほしいです」

P「歳を考えてください...と言ってられないですねどうぞ」

小鳥「では失礼して...えへ」

P( やけにエロいな )

小鳥「なでなでもー...」スリスリ


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 09:12:12 ID:9OVpo9x/0

またミスりました

P「こうして美人な人に甘えられて結局一人酒か」カシュ

小鳥「Zzz...」スースー

P「」ナデナデ

P「 ...」モグモグ


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 10:10:26 ID:9OVpo9x/0

小鳥「プロデューサーさん...プロデューサーさんzzz...」

P「なにを彼女をここまでそうさせたのか。 置いてくか」


小鳥「....」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 12:14:51 ID:FhoJNcFr0

6時頃に用事が終わり次第書き始めます1です


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 12:35:20 ID:FhoJNcFr0

すみません、落としてもいいです


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 12:41:50 ID:FhoJNcFr0

あ、書いてもいいんですよチラチラ


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 17:16:36 ID:FhoJNcFr0

小鳥「ピヨ..ムニャ」

P「やっと起きたか、おはようございます小鳥さん」

小鳥「はっ、すっすみません!私ったら...」

P「いえいえ、寝顔可愛かったですよ」ナデナデ


小鳥「うー私ったらバカですね..笑っちゃって下さいえへへ」

保守ありがとうございます!なんとか終わらせました


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 17:26:26 ID:FhoJNcFr0

小鳥(いつの間にか膝枕抜かれてる...)

P「もう俺は嫌というほど桜も堪能しましたし...」

小鳥「すみません寝入ってしまったばっかりに..」

P「嫌味じゃありませんよほら今まで二人ともそれなりの激務でしたから相当疲れがたまってたんでしょう?」

小鳥「...じゃ!じゃあ謝罪の意味をこめて晩御飯は私がつくってあげま」
P「んーー、さすがに一日ボーッとしてたら体が固まってしまうな」ボキボキ

小鳥「.....」

P「さー、帰りますかお酒もあまってるしってなんで小鳥さん不機嫌なんですか?」

小鳥「なんでもありませんよー晩御飯はPさんちで頂きます!」

P「なんと図々しい」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 17:53:39 ID:FhoJNcFr0

P「はぁ、飲みすぎたかな」

小鳥「じゃあ私が精がつくのをつくってあげます!」

P「あ、いやべつに」

小鳥「つくってあげます!」ニッコリ

P「はい」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 18:16:33 ID:4KeaCrZA0

プロデューサー自宅前

P「結局ここまで抱きつかれてきた」

小鳥「あ!プロデューサーさん!ここでまってて下さい!五分くらいたってから来てください」ビシ

P「はぁ...分かりました」

小鳥「むふふふ」ダダダ


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 18:25:07 ID:4KeaCrZA0

P「そろそろか」ガチャ

P「.......」



小鳥「おかえりなさいあんなんたぁん」

小鳥「お風呂にする?ご飯にする?それともわ、た、し?わ、た、し?」


P「ご飯で」

小鳥「もープロデューサーさんの意地悪。できてる分けないじゃないですか!」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06 18:41:03 ID:2pK6viB/0

小鳥「もープロデューサーさんったら大事なことだから二回いったのに...」

P「あえて選ぶなっていうフリだと思いました」

小鳥「そんなバカなHAHAHA」

P「ただいま、愛してるよ小鳥」

小鳥「HAHAHA!?」

小鳥「はははー/////」


186: またID変わった 2013/04/06 18:47:08 ID:2pK6viB/0

P(これはこれで面白いな)


小鳥「あのっそのっえーとえーと
ごごごご飯つくりましゅっねっえーと、待っててくださいー!」ピュー

P「可愛い」ブフッ


189: またID変わった 2013/04/06 18:55:57 ID:2pK6viB/0

>>188
全部一人です


191: またID変わった 2013/04/06 18:58:37 ID:2pK6viB/0

小鳥「と、取り合えずプロデューサーさんの冷蔵庫勝手にあさらせて頂きました、で作ったのがぱっぱかぱーん豚キムチです」

P「おお!旨い!旨いですよこれ」モグモグ

小鳥「えへへ今日一番のリアクションか豚キムチなのは不服ですけど」

P「あれ?小鳥さんは食べないんですか?」

小鳥「わ、私はプロデューサーさんが食べてるの見てるだけで嬉しくてお腹一杯ですよ!」


192: またID変わった 2013/04/06 19:02:37 ID:2pK6viB/0

P「俺は小鳥さんの幸せそうな寝顔見るだけで幸せになることが分かりました胸一杯です」モグモグ

小鳥「...!」

小鳥「もしかしてフラグですか...?」

P「告白ですよ」

小鳥「.....あわわわ////////」アワアワ


203: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 19:26:39 ID:2pK6viB/0

小鳥「あの...その...告白なんてものされたことなくて...免疫が///」

P「真っ赤ですよ」モグモグ

小鳥「しっ知ってますよぅ、だから恥ずかしいんです...///」フイ

P「あんだけアプローチかけてきたのに」


204: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 19:34:19 ID:2pK6viB/0

小鳥「その..じゃあここに判子を」スッ

P「ぶっとばしますね」

小鳥「えへへ」

P「誉めてないです」

小鳥「けどこの年になって告白したということは結婚を前提にしたお付き合いでいいんでしょうか!」キラキラ

P「なんかもう..流石です」


207: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 19:44:20 ID:2pK6viB/0

小鳥「よ、よーし、小鳥さん頑張っちゃうぞー」

P「なにをです?」

小鳥「ななにをって..子作りsexですよプロデューサーさん////」

P「あーこれ免れないやつだわ」

小鳥「照れちゃってこのこの」ツンツン


211: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 19:57:47 ID:2pK6viB/0

小鳥「じゃあお風呂沸かしてきますね?あなた///」

P「いつも通りプロデューサーさんでいいですよ」

小鳥「結婚するんですから、これくらいは///」クネクネ

P「いや、俺もまだ馴れてないので、いつも通りでお願いします」

小鳥「はーいプロデューサーさん♪//」

P「はやくも躓きそうだ」


241: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 21:40:52 ID:2pK6viB/0

小鳥「プロデューサーさんお風呂沸きました!♪」

P「あ、 どうも。じゃ行ってきます」

小鳥「ごゆっくり」ヒラヒラ



小鳥「くっくっく、さて魅惑のボデーで一撃ですよ」ヌギヌギ


243: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 21:44:30 ID:2pK6viB/0

風呂場

P「はぁ....大変なことになったかもしれないな」

P「まあ生半可な気持ちで告白した訳じゃないんだが..」

P「小鳥馴染みすぎだろ...俺の家に...」


ガラララッ

P「!?」


251: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 21:52:37 ID:2pK6viB/0

小鳥「お、お背中流しに来ました~☆」

P「....はい」


小鳥「もー隠れなくていいんですよ」キャッキャッ


257: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:00:51 ID:2pK6viB/0

小鳥「プロデューサーさん背中流しますよかもん!」

P「あーすみません...俺もう洗っちゃって」

小鳥「.....(真顔)」

小鳥「えへへ...やっぱりタイミング悪いな私って...はははは」

P「あぁ、泣きそう泣きそう」


263: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:05:39 ID:2pK6viB/0

P「変わりに背中流しますよ小鳥さん」

小鳥「はい...」ションボリ

P「そんなにしょんぼりしないで、お風呂は心の洗濯だって誰かさんも言いましたし」

小鳥「エヴァのミサトさんですね」

P「あ、はいそうです」


275: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:13:59 ID:2pK6viB/0

P「はい頭からお湯かけますよ小鳥さん」


小鳥「はーい、きゃー」

P「肌綺麗ですね」ゴシゴシ

小鳥「あ、ありがとうございます。ほんとは立場も逆なんですけどねーあはは」

P「気にしないでくださいよ、固いことはなしで」

小鳥「....ですね、固いことはなしです」グイッ

ムニムニ
P「ちょっ、小鳥さん!手当たってますって」

小鳥「当ててるんですよ、てか引っ張ってますどうですか?」ムニムニ

P「どうって...」


284: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:22:57 ID:2pK6viB/0

小鳥「あと...小鳥さんじゃなくて小鳥って呼んでくださいね?」

P「わ、分かりましたからて、手を離してください///」

小鳥「あ、もしかして照れてるんですか?可愛い可愛い//」

P「くそ...焦れったいなもう!」


285: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:24:35 ID:2pK6viB/0

P「小鳥さん、じゃなくて小鳥...」

小鳥「ぴよ?」

P「覚悟してくださいね...?」ニッコリ



ピーーーーヨーーーーーッッ


288: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:26:27 ID:2pK6viB/0

ガララ

小鳥「け、結構なお手前でした..すこしのぼせちゃいましたよ....///」

P「ほ、ほんとに処女だったんですか...」


298: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:34:54 ID:2pK6viB/0

小鳥「あっあったりまえです!」

P「なんかすみません、乱暴な感じにしちゃって...」

小鳥「いやいや、私は大丈夫ですけど」

P「? はいビール」

小鳥「プロデューサーさんは...プロデューサーさんはわたしなんかでいいんでしょうか、貴方よりX歳年上だし...」プシュ

小鳥「朝は既成事実をつくろうとしたし...嫌な人って思われてるんだと思ってました...すみませんくらい話えへへ」グビグビ

P「.......」


303: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 22:43:57 ID:2pK6viB/0

小鳥「プロデューサーさんは他の事務所の娘たちからも好かれていて人望もあって...けど私を選ぼうとしてくれて私を許してくれて」

P「小鳥...」

小鳥「だから今日はすっごく楽しかったです。ありがとうプロデューサーさん♪」

P「小鳥...もう大丈夫だよ...俺も楽しかった、ありがとうな」ナデナデ


小鳥「プロデューサーさん...んっ」

チュッ
P「...!」


314: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 23:09:34 ID:2pK6viB/0

P「んむ...ちょっと小鳥」

小鳥「なんれふか...?ふろでゅーふぁーはん//」ハムアム

P「ベットいきましょうか」ナデナデ


小鳥「ピヨ...そうですねぇ」トローン


グビグビグビグビ

小鳥「いざ出陣ですよ!」


318: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 23:18:04 ID:2pK6viB/0

小鳥「さぁ来てくださいぎゅっと」

P「わかってますよ、ん」ハム

小鳥「ぁ...胸好きなんですねぇえへへ んっ」ビク

P「小鳥が胸よわそうだったからな。んむ...」レロレロ

小鳥「えんっ!...///」ビクンッ


320: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 23:21:57 ID:2pK6viB/0

小鳥「はぅ..プロデューサーさんプロデューサーさんプロデューサーさん///」ギューー

P「むぐ、むがむがんーーーーっんーーーーっ」バタバタ

小鳥「あっすっすみませんつい」パッ

P「ふぁ、はぁはぁ死にかけました」


325: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 23:27:35 ID:2pK6viB/0

小鳥「プロデューサーさん、次私がやりますよ」ズルズル


P「あ、いやべつにいいよ」アセアセ

小鳥「やらせてください、はむ」

小鳥「ぷろでゅーさーのおにんにん ...えへへ ん...ぁん...」レロ


328: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 23:37:07 ID:2pK6viB/0

小鳥「んむ・・はむ・・どうれふか...?ふろでゅーふぁーはん?」ジュポジュポ

P「どこでっ...そんな知識を..さっきまで処女だったのに...!」


小鳥「ふぇ..うしゅいほんれふ..んちゅはむ・・・」レロレロハム


332: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 23:42:14 ID:2pK6viB/0

P「うっ...小鳥っ」ドピュ

小鳥「?!、これがザーメンというやつですか...ん」ジュル

P「ちょっ、なにやって..」

小鳥「大丈夫です、プロデューサーさんのなら美味しいです」ニコ

P「小鳥....」ムクムク


341: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/06 23:58:56 ID:2pK6viB/0

小鳥「プロデューサーさん 私...」

P「わかっとります、じゃ入れますよ」


P「じゃあ動きます」ギシギシ

小鳥「あんっ、んっ プロデューサーさんプロデューサーさん・・!」ビクッ

P「気持ちいいですか?」グチュグチュ

小鳥「はい...とってもしあわせです んっ・・! はぁっ」


343: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/07 00:07:00 ID:FUDHrPDd0

小鳥「あっあっあっ...んっ らめぇ...////」ギシギシ

P「小鳥、可愛いよ可愛い」

小鳥「プロデューサーしゃんちゅーしましょぅ...ちゅー///あむっあっ//」

P「んむっ、小鳥っもうヤバイかも」

小鳥「えっへっへー、逃がしませんよっ」ギュー

P「!? ちょっ、まずいまずいって」


346: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/07 00:09:25 ID:FUDHrPDd0

15分後





P「ふう......」


小鳥「やっちゃいましたねうふふ」フキフキ

P「まさかあそこで大好きホールドとは..してやられましたよ」

小鳥「今度こそ責任とってくださいね?プロデューサーさんっ♪」


347: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/07 00:14:22 ID:FUDHrPDd0

小鳥「本当の既成事実なんかじゃなくて...私を愛してくれますか...?」

P「はぁ...もう愛すしか俺の道はないと思います」

小鳥「やった♪// 」


トテトテトテ...

P「?」

小鳥「私たちの輝かしい未来にかんぱーいでーす」プシュ


349: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/07 00:17:47 ID:FUDHrPDd0

小鳥「ほらっプロデューサーさんも飲みましょう?ほらほらほらぁ」グイグイ

P「しょうがないですね...やけくそです」


P「朝まで呑むぞおらあああああ!」
小鳥「いえーーい!」
P「小鳥隊員は冷蔵庫に入ってるおつまみチーズの用意!」
小鳥「さー!」
P「よっしゃあああああ!!!」


__________
________
______
____
__


352: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/07 00:26:31 ID:FUDHrPDd0

ホーホーッホッホー ホーホーッホッホーホ

P「ん....んあー」ズキズキ

P「えーっと...昨日は....あれなんだっけな」ズキズキ

P「頭いてぇ...」ボリボリ

モゾモゾ


P「ん...? こ、小鳥....か」

P「あ"ー思い出した....全部」






小鳥「zzz」

小鳥「ふぇっふぇっふぇ....プロデューサーしゃんは私のよめ....zzz」


P「起きたら隣に裸の小鳥がいた」


おわれ!!!


354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07 00:28:21 ID:4Ffuo+mM0

おつ


355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07 00:28:29 ID:TyRlBRkV0


でも
遠慮しなくていいのよ


363: ◆YA/KPrN8C. 2013/04/07 00:32:56 ID:FUDHrPDd0

こっちは雨やんでるよ
初めてSSと言うものを完走したんですがそれまで保守してくれた方々に感謝感謝です

あと!音無小鳥ちゃんと誕生日と血液型が同じという奇跡!
だから小鳥ちゃんはもらっていきますね^^


364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/07 00:34:09 ID:8nDspEey0

乙ピヨちゃん可愛い
まさか完走するとは思わなかった




スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365176611/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。