ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョナサン「君は、ディオ・ブランドーだね?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/1350753583176.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:02:12 ID:zl6dcgtd0
ディオ「そういう君は、ジョナサン・ジョースター」

ジョナサン「みんなジョジョって言ってるよ!これから宜しく!」

ハッハッ

ジョナサン「あ、ダニー!紹介するね!僕の愛犬で、ダニーって言うんだ!」

ボギャアッ

ジョナサン「な、何をするだァー!許さんッ!キングクリムゾン!」

ボギャアッ

ディオ「ぐえぇぇっ!?」

ジョースター卿「こらこら、一体何事かね」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:04:17 ID:zl6dcgtd0

ジョナサン「あ、父さん!ディオが僕のダニーを蹴ったんだ!」

ジョースター卿「なんということだ!なぜそんな事をしたんだ?ディオ君」

ディオ「うっ……犬が……襲いかかってきたので……ひぐっ……」

ジョースター卿「……とのことだ、まぁ、知らない犬に突然襲われたら誰でもそうする」

ジョースター卿「ダニーの件はもういいね?」

ジョナサン「は……はい……」

ジョナサン「あ、荷物持って行ってあげるよ!」

ディオ「ひぃっ!やめろ!自分で持っていく!」ダッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:06:18 ID:zl6dcgtd0

ダニー「ハッハッハッハッ」

ディオ「……」

ダニー「ハッハッハッハッ」

ディオ「チッ」

ディオ「ペッ!」

ダニー「」ブチンッ

ダニー「ワンワンッ!(スタープラチナ!)」

ゴシャアッ

ディオ「ぐえぇぇぇぇ!?」

ジョースター卿「こらこら、一体何事かね」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:06:51 ID:4J5N9vMZ0

ワロタ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:08:49 ID:zl6dcgtd0

ジョースター卿「ゴホッゴホッ……病気がひどくなってきているな……」

ジョースター卿「この体もそろそろ使い物にならなくなるか……」

ディオ(いつかは、ジョースター家の財産を全て奪ってやるからな……)

ディオ(くっ……しかし、ジョジョには逆らえない!)

ディオ(そこで、不思議な力が無いジョースター卿をまずは始末する……)

ディオ「父さん、薬を持って来ました」

ジョースター卿「あ、いいよ薬なんて、もうピンピン」

ディオ「え?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:11:06 ID:zl6dcgtd0

ジョースター卿「いやぁ、すまんねディオ君、毎日薬を持ってきてもらって」

ジョースター卿「おかげですっかり元気になってしまったよ」

ディオ(な、なんだと……!?僕が持ってきていたのは毒薬のはずなのに……)

ディオ(治っている……!?」

ジョースター卿「ん?どうかしたのかね?ディオ君?」

ディオ「あ、いえ……では、失礼します……」

バタンッ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:13:27 ID:zl6dcgtd0

ジョナサン「いいか、ディオ……僕に逆らうんじゃないぞ?」

ジョナサン「僕は一番が好きなんだ!ナンバーワンだ!」

ジョナサン「分かったら今後僕に逆らうのはやめることだ!キングクリムゾン!」

ゴシャアッ

ディオ「うげぇぇぇぇ!」ゴハッ

石仮面「」カタカタ

シャキンッ

ディオ「……ハッ!」

ディオ「あれは……」



ディオ「あの時、ジョースター家の仮面が俺の血で……」

ディオ「この仮面、調べてみる価値がありそうだ……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:15:12 ID:leWQITjs0

無理ゲー


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:16:42 ID:zl6dcgtd0

ディオ「この仮面……被るためのものということは確かだろう……」

ディオ「そうだな……」

ディオ「まず……被ってみて……」

ディオ「それから……指を」

ディオ「……しまった!被ったままだった!」

シャキンッ

ドスドスッ

ドスドスドスッ

ディオ「ぐあああああああああ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:17:53 ID:MDNQC6l7O

マヌケが…


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:19:49 ID:zl6dcgtd0

(おぉ……新たな吸血鬼よ……)

ディオ「なんだ!?誰だ!誰の声だ!」

(私はカーズ……)

ディオ「そのカーズという奴が一体何のようだ!どこだ!どこにいる!」

(その仮面を被ったものは強大な力を得る……)

(だが、太陽の光に弱いのだ……)

ディオ「な、なんだ!?何をいっている!?」

(私が教えられるのは……これくらいだ……さらばだ、新たな吸血鬼よ……)

ディオ「待て!カーズとかいう奴!一体、この仮面はどんな理由で作られたのだ!」

ディオ「が、待てよ……」

ディオ「強大な力を得るということは……ジョナサンを……倒せる!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:22:00 ID:zl6dcgtd0

ディオ「ジョジョォォォォ!」

ジョナサン「なんだい?ディオ」

ディオ「てめーは俺を怒らせたあぁぁぁぁ!URYYYYY!」

ジョナサン「キングクリムゾン」ドゴォッ

ディオ「ぐあァァァっ!」ガシャーン

ディオ「くそ……これで駄目なら……」

ディオ「ジョースター卿を先に殺る……」

ディオ「ジョジョは無理だが……何の力もないオヤジなら勝てる!」

ディオ「こっそりと忍び込んで、暗殺する!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:24:30 ID:zl6dcgtd0

ジョースター卿「……」スゥスゥ

ディオ「……眠っているようだな……」

ディオ「URYYYY!くらええぇぇぇ!」ザシュウッ

ジョースター卿「ぐっ!……き、君は……ディオ君……!」

ディオ「無駄無駄無駄無駄ァ!」ザシュッ

ジョースター卿「ぐぅぅ!誰か……助けてくれ……」

ジョースター卿「うっ!」シュルルッ

ディオ「カーテンの裏に隠れても無駄無駄無駄無駄ァ!」

ディオ「そんなんでこのディオから逃げられると思ったのか?間抜けがぁ!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:27:36 ID:zl6dcgtd0

ジョースター卿「Dirty Deeds Done Dirt Cheap……」スルッ

ディオ「こ、こいつ……いつの間にか傷が治っている……!?」

ディオ「URYYY!無駄無駄無駄ァ!」ドガァッ

ジョースター卿「クッ!」

ジョースター卿「……」キィィッ

ディオ「部屋から出て逃れようとでもするのかぁ?無駄無駄無駄無駄ァ!」

ジョースター卿「Dirty Deeds Done Dirt Cheap……」

ディオ「な、なんなんだこれは!?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:27:46 ID:xwh0i7vW0

大統領…!?


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:28:54 ID:UNTzcHmuP

えげつねえな


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:30:28 ID:zl6dcgtd0

ディオ「う、URYYYY!」ズブッ

ディオ「こうなったら直接貴様から血を吸い取る!」ガシッ

ドンッ

ジョースター卿「グッ……」

ジョースター卿「……」ズプズプ

ディオ「な、なんだ!?壁の中に消えていったぞ!?」

ジョースター卿「Dirty Deeds Done Dirt Cheap……」

ディオ「ま、まただ!傷一つない!」

ディオ「……!?ジ、ジョースター卿が……三人だと!?」

ジョースター卿「ディオ君……君は愚かだ……実に愚かだ……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:33:15 ID:zl6dcgtd0

ジョースター卿「一度だけ、チャンスをあげよう……」

ジョースター卿「このまま死ぬか、ここから逃げるか……」

ジョースター卿「さぁ、選べ……」

ディオ「ぐ……!」

ディオ「お、覚えておけ……貴様を殺すのは、このディオだッ!」ダッ

ジョースター卿「……やれやれ」

ジョースター卿「睡眠を邪魔するやつもいなくなったし、また眠りにつくとするか」


ディオ「くそっ!これから一体……どうすればいいんだ……!」

ディオ「どこか……どこかに行って!ディオの強大な力を示さなくては!」

ディオ「……ジョースター家にみつからないように!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:34:26 ID:7ZsHSs3D0

ジョースター卿かっこいい


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:36:48 ID:zl6dcgtd0

ディオ「……ということで、ウィンドナイツロッド、ここなら威張ることもできるだろう」

ディオ「ほら!どうした!もっと働け!」

ディオ「このディオの餌になりたいか!」

ポコの姉「シクシク……」

ディオ「ハッハッハ!良い気分だ!良い気分だ!」

ディオ「この町を拠点に、世界をこのディオのものにしてやる!」

ディオ「……ジョースター家に気付かれないようにな!」


ジョジョ「父さん、ウィンドナイツロッドでディオが悪さをしているらしい」

ジョースター卿「あいつ、まだ懲りていなかったのか」

ジョースター卿「ウィンドナイツロッドに向かうぞ!ジョジョ!」

ジョースター卿「ついでにダニーもつれていけ!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:39:46 ID:zl6dcgtd0

ツェペリ「……」

ジョナサン「……」ザッザッザッザッ

ジョースター卿「……」ザッザッザッザッ

ダニー「ハッハッハッハッ」トトトトトト

ツェペリ「……これは!」

ツェペリ「うおぉぉぉぉ!」

ジョナサン「父さん!い、いきなりあの人が襲い掛かってくる!」

ジョースター卿「ジョジョ、許可しよう」

ジョナサン「キングクリムゾン!」

ツェペリ「うおぉぉぉぉ!」

ジョナサン「お前の行動が……見える!」

ツェペリ「ハッ!」

ジョナサン「うっしゃああああ!」

ツェペリ「ぐおォォォ!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:42:15 ID:zl6dcgtd0

ツェペリ「ま、待ってくれ……君は……スタンド使いだろう?」

ジョナサン「……なぜそれを!死んでもらおう、キングクリムゾン!」

ツェペリ「ちょっとタイム!タイム!」

ジョナサン「?」

ツェペリ「実は、わしもスタンド使いなんじゃ」

ツェペリ「これが、わしのスタンドじゃよ……」ジジー

ジョナサン「父さん、こいついきなりズボンのチャックを……」

ジョナサン「D4C!」ゴォッ!

ツェペリ「……!」ピキーン

ツェペリ「ホワイトスネイク!」

ジョースター卿「なっ!?」

ジョナサン「と、父さんの頭からディスクが……!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:44:55 ID:zl6dcgtd0

ツェペリ「これが、わしのスタンドホワイトスネイクじゃ」

ツェペリ「スタンドと記憶をディスクにして頭から抜き出すことができるんじゃ」

ジョースター卿「これは……」

ツェペリ「ほれ、お前のスタンドじゃ、返すよ」

ジョースター卿「君をただの変質者だと思っていたよ、すまない」ズプズプ

ツェペリ「いや、いいんじゃよ、誰が見ても変質者じゃ、わしだってそう思った」

ジョースター卿「私達は、ディオを倒すためにウィンドナイツロッドに向かっている」

ツェペリ「ディオ……吸血鬼になったアイツか!」

ツェペリ「わしもついていこう」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:45:16 ID:1xJXL4QgI

プッチwwww


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:52:27 ID:zl6dcgtd0

ウィンドナイツロッド

ジョースター卿「ここが、ウィンドナイツロッドだな」

ダッ

ツェペリ「こ、子供にバッグを!」

ジョースター卿「大丈夫ですよ、あれは偽物です」

ジョナサン「本物は僕がひっそりと隠していたんだ」

ジョースター卿(こんな事があると思ってよかった……)

ジョースター卿(ジョジョもよく隠していてくれた……)

ジョースター卿(もしも、ジョジョがバッグを隠していなければ)

ジョースター卿(荷物が消えているところだった)

ツェペリ「あ、アイツ戻ってきおったぞ!」

タッタッタッ

ジョースター卿「なにぃ!?ジョジョ!早くバッグを隠せ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:56:55 ID:zl6dcgtd0

ジョナサン「あ、えと……」

ポコ「やっぱり……返すy」

ポコ「バ、バッグが……」

ジョースター卿「……く……」

ジョースター卿「デ、ディオォォォォ!なんだか知らんが貴様を恨みたくなってきたッ!」ダッ

ジョナサン「くそっ!あの野郎!」

ポコ「ま、待って!ごめん!荷物無くしちゃったからお詫びに僕もいくよ!僕も!」



ディオ「………え?あれってもしかして……」

ディオ「なに?ジョースター家?」

ディオ「クッ!タルカス!ブラフォード!」

ジョースター卿「あれは!ディオ!」

ディオ「あの小さい子供を人質にとれ!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 15:58:51 ID:zl6dcgtd0

タルカス「グギギギ……」ダッ

ジョースター卿「こ、子供を!」

ディオ「貴様らが一歩でも動けばこいつの命は消えることになるぞぉ?」

ポコ「……」

タルカス「……ん?」

ポコ「……」ボソッ

タルカス「あぁん?なんだってぇ?」

ドゴォォォン

タルカス「ぐぇぶっ」

ジョナサン「と、突然タルカスが爆発した!?」

ジョースター卿「一体なんなんだ?あれは……」

ブラフォード「このガキィィィィ!」

ポコ「……」ガシッ

ブラフォード「け、剣を掴まれた!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:01:02 ID:zl6dcgtd0

ドゴォォォン

ブラフォード「ぐぶ」

ジョナサン「あぁ、ブラフォードまで!」

ジョースター卿「あの奇妙な能力は……一体?」

ディオ「く、糞ォォォォォ!」

ディオ「覚えてろ貴様らぁぁぁぁ!」ダッ

ジョナサン「あ、逃げた」

ジョースター卿「……ジョジョ」

ジョナサン「なんだい?父さん」

ジョースター卿「ここからは、お前一人で行くんだ」

ジョナサン「……なんだって!?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:03:24 ID:zl6dcgtd0

ジョースター卿「わしが、ジョジョの力を信じているからだ」

ジョナサン「……分かったよ父さん」


ジョナサン「この中にディオがいる……」

ジョナサン「うおぉぉぉぉ!」ドンッ

ディオ「ジ、ジョジョォォォ、待っていたぞぉぉぉ」ガクガクガクガク

ディオ「き、貴様の命ここでぇぇぇ」ガクガクガクガク

ディオ「お、終わりだぁぁァァァ」チョロチョロチョロチョロ

ディオ「……」ガクガクガクガク

ジョナサン「キングクリムゾン」ゴアッ

ディオ(お、終わった……)


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:06:09 ID:zl6dcgtd0

ダリオ「そんな薬買う金あったら……ヤク買ってこい!」

ディオ「く、薬だろ!?父さん」

ダリオ「そっちの薬じゃねぇ!ヤクだ!ヤク買ってこいつってんだろ!」


ディオ(走馬灯……か……)


ディオ「天国に行く方法があるんだ……」

プッチ「……」


ディオ(だ、誰だこいつ……)


承太郎「オラオラオラオラオラオラオラ」

DIO「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」


ディオ(誰だ!こいつらは!)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:09:54 ID:zl6dcgtd0

Dio「やめろぉぉぉぉ!WRYYYYYYY!」

ルーシー「ハァ……ハァ……」


ディオ(だからッ!誰なんだこいつらは!)

ディオ(誰なんだこいつら!こんな奴らあったこともないぞ!)

ディオ(俺の走馬灯に出てくるなぁァァァ!)

ピカァァァァァァ

ディオ「………ハッ!」

ジョナサン「こ……これは……」

ディオ「……まさか、このディオにも……」

ジョナサン「くっ!」

ディオ「これが……スタンド……?」

ディオ「そうだな……このスタンドには世界と名付けるか」

ディオ「これから世界を手に入れるという意味をこめて……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:12:40 ID:zl6dcgtd0

ディオ「WRYYYYYYYY!」

ジョナサン「ぐはぁっ!」

ジョナサン「こ……これは……」

ジョナサン(スピードが速すぎる……力が……強すぎるッ!)

ディオ「この世界……この世界にも能力はあるのだろうな……」

ディオ「さぁ世界!能力を発動させてみろ!」

ジョナサン「」

ディオ「こ、これは……!?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:15:03 ID:zl6dcgtd0

ジョナサン「」

ディオ「時を止められるというのか……」

ジョナサン「……ハッ!」

ディオ「……感覚的に、9秒というところか!」

ディオ「時を止めて一気に殺す!」

ジョナサン「奴の能力は時を止める能力か!」

ディオ「くらえ!世界!時よ止まれ!」

ジョナサン「キングクリムゾン!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:19:40 ID:zl6dcgtd0

ディオ「な、奴がいない……だと……!?」

ディオ「それどころか……何もないじゃないか……!」

ジョナサン「……キングクリムゾン、時を消し飛ばした」

ジョナサン「お前が止めた時間……それは消し飛ばした時の中の時間……」

ジョナサン「君は消し飛ばした時の中の時間を止めただけだということ……」

ジョナサン「僕の事を認知することもできないし、結果的には時を止めたということすら覚えていない」

ジョナサン「君が戸惑っているのがわかるぞ……」

ディオ「ど、どこだ!ジョジョ!ここはどこなんだ!?」

ジョナサン「止まった時間が終了して元の時間になる……」

ジョナサン「あと3秒……」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:22:06 ID:zl6dcgtd0

ジョナサン「ディオ、君とお別れをするのは寂しいよ……」

ジョナサン「けど、君は死ななくてはならないんだ……」

ジョナサン「この世界の為に……」

ジョナサン「あと2秒だ……あと2秒の時を消し飛ばしている」

ジョナサン「ずっとあたりをウロウロしている限り、感覚は止まった時間の中のようだね」

ジョナサン「滑稽にみえるよ……ディオ」

ジョナサン「あと1秒……そろそろ、お別れだねディオ……」

ジョナサン「さようなら……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:25:05 ID:zl6dcgtd0

ディオ「ハッ!俺は時を止めたはずだ!」

ディオ「なのに!なんだ!逆に時を止められたというのか!」

ディオ「……お、俺がいた場所はここじゃない!」

ディオ「い、一体何が起こったんだ!」

ジョナサン「キングクリムゾン!」

ディオ「ぐ……おぉぉ……」

ジョナサン「ディオ……君といる時間……」

ジョナサン「君といる時間はいつもイライラしたよ」

ディオ「ぐ、ぐああぁぁぁぁぁぁ!」

ディオ「ジョジョォォォ……許さん………許さんぞぉぉぉ!」

ディオ「生まれ変わって……復讐してやるぅ……」

ディオ「うおぉぉぉ……」

ジョナサン「……バラバラになった……」

ジョナサン「あ、夜明けだ……」

ディオ「」ジュウゥゥゥゥ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:27:30 ID:zl6dcgtd0

ジョナサン「あっはっはっは!ダニー!」

ダニー「ワンワンッワンッワンッ!」

エリナ「ジョジョ!一緒にどこか行かない?」

ジョナサン「お、エリナじゃないか、そうだね、どこに行こうか……」



「……これが、私の子供……」

「可愛いわね……」

「名前は、そうね……」

「ディエゴ。ディエゴ・ブランドー……」

Dio「……スゥ、スゥ……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:30:28 ID:zl6dcgtd0

カランコロンッ

ドスッ

「あら、なにかしらこれ……空中で止まって……」

「……矢?」

「……あら、消えていったわ、幻覚かしら」

Dio「スゥ、スゥ……」

GER「……全テハ……」

GER「ジョースター家ヘノ……復讐ノタメニ……」

Fin


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:36:27 ID:7ZsHSs3D0



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04 16:41:57 ID:1xJXL4QgI


面白かったww



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367647332/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。