ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぎり「お話が…」やすな「話って何ですか?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/img_356321_12790756_1.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 02:28:02 ID:Sy+Dh1qk0
あぎり「私、やすなさんの事、ずっと前から好きだったんです~」

やすな「ええっ!?で、でも、女の子同士だしおかしいですよ!」

あぎり「やすなさんは私のこと嫌いなんですか~?」

やすな「い、いえ、そんなことないです!で、でも・・・」

あぎり「とりあえずお試しってことで、一週間だけ恋人のふりをしてくれませんか~?」

やすな「で、でも、そんなの変だし恥ずかしいですよあぎりさん・・・」

あぎり「じゃあ周りには絶対内緒で~。ね?」

やすな「一週間だけですよ///」

あぎり「うふふ~」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 02:31:30 ID:Sy+Dh1qk0

あぎり「やすなさ~ん、迎えに来ましたよ~?」

やすな「あ、はーい」

ソーニャ「やすな、帰りはどうするんだ?」

やすな「ごめんソーニャちゃん。今日はあぎりさんと用があるから一人で帰って」

ソーニャ「わかった」

あぎり「うふふ~。ソーニャ、ごめんね~?」

ソーニャ「別に」イラッ

あぎり「じゃあやすなさん、行きましょうか~」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 02:36:15 ID:Sy+Dh1qk0

ソーニャ(何だよやすなの奴・・・。あぎりと二人で用事って何なんだよ?とりあえず尾行してみるか)

ソーニャ「二人は校舎を出てどこに行くつもりなんだ・・・」

ソーニャ(学校が終わってからの寄り道は何があるかわからないし、あぎりは忍者だからやすなに何かあってからじゃ遅い・・・。だからこの尾行は正しいんだ!)

やすな「あぎりさん、どこ行くんですか?」

あぎり「それじゃあお買い物なんてどうでしょ~?」

やすな「いいですね」

ソーニャ(くそぅ、この距離じゃ何を話してるのかさっぱりわからん・・・)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 02:41:48 ID:Sy+Dh1qk0

ソーニャ(ショッピングモール・・・?あぎりがこんなとこ来るなんて意外だな)

あぎり「やすなさん、この服なんてどうでしょ~?」

やすな「うわ~、大人っぽくて素敵です!あぎりさんならこれなんかも似合うんじゃないですか?」

あぎり「どれどれ~?」

ソーニャ(普通に洋服選んでるな・・・。私は殺し屋なんてやってたからおしゃれとかはよくわからない・・・)

あぎり「やすなさんもお似合いですよ~」

やすな「えへへ、そうですか?」

ソーニャ(そういえば私はやすなとショッピングなんかしたことなかったな・・・)

ソーニャ(お、移動するみたいだ)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 02:48:23 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「おうちには晩御飯ご馳走になるって電話しましたけど、いいんですか?ここってなんか高そうなんですけど・・・」

あぎり「大丈夫ですよ~。忍者って結構儲かりますし、ここはドレスコードとかもないゆるいお店ですから~」

やすな「そ、それじゃあご馳走になります」

あぎり「はいは~い」

ソーニャ(レストランか・・・。ふむ、制服で入っても大丈夫なところだが、このまま中までついていったら確実にみつかるな・・・)

ソーニャ(変装するか)

やすな「何だか緊張しますね」

あぎり「やすなさんはこういうところではご飯食べないんですか~?」

やすな「うちは外食だとファミレスとかだから、こういうところはあんまり行ったことなくって」

あぎり「うふふ~、遠慮しないで何でも頼んでくださいね~」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 02:53:44 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「う~ん、う~ん・・・」

ゴリマッチョ(やすなの奴、何を頼めばいいか悩んでんのか。あぎりの奴も気が利かないな)

あぎり「やすなさん、何でもいいんですよ~?」

やすな「あぎりさん・・・。実はメニューを見ても、どれがどういうのかわかんなくて・・・」

あぎり「では~、私のお任せでいいですか~?」

やすな「はい、お願いします」

ゴリマッチョ(ハッ、あぎりも馬鹿だな。やすなをこういう店に連れてきても気を使わせるだけだっていうのに・・・)

店員「お客様・・・?」

ゴリマッチョ「あ、ああ。今頼むよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 02:58:14 ID:Sy+Dh1qk0

あぎり「では、これとこれ。あとはこれもお願いします~」

店員「かしこまりました」

やすな「それにしてもあぎりさんはすごいですね」

あぎり「何がですか~?」

やすな「まだ高校生なのにこういうお店で普通に注文できるなんてすごいですよ!私憧れます!」

あぎり「うふふ~、忍者ですから~」

やすな「あはは、忍者は関係ないですよー」

ゴリマッチョ(何だよあぎりの奴、私なんかもっといい店知ってるし・・・。やすなもやすなだ。本当にあいつは馬鹿だな)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:02:56 ID:Sy+Dh1qk0

あぎり「」ピクッ

ゴリマッチョ(しまった!殺気が漏れたか?しばし気を納めるか・・・)スゥッ

マッチョ「この肉、柔らかくて美味いな・・・」モグモグ

やすな「あぎりさん、どうかしたんですか?」

あぎり「いえいえ~、気のせいだったみたいです~」

マッチョ(危なかった・・・)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:07:32 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「あぎりさん。今日はご馳走様でした」

あぎり「いえいえ~、こちらこそ楽しい時間をありがとう~」

やすな「そんな・・・。私の方こそです」

あぎり「少し暗くなってきましたし、送ってもいいですか~?」

やすな「ありがとうございます」

あぎり「うふふ~、じゃあ手を繋ぎましょう~♪繋ぎましょう~♪」ギュッ

やすな「なんだか恥ずかしいんですけど・・・///」

あぎり「まあまあ。暗いし、この方が安全なんですよ~」



ソーニャ(あぎりの奴ッ・・・・!)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:12:57 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「それじゃあうちはここなんで」

あぎり「は~い。また明日ね~」

やすな「あっ・・・」

あぎり「どうしたんですか~?」

やすな「今気付いたんですけど、あぎりさん、まさかこの暗い中一人で帰るんですか?」

あぎり「忍者なんで平気ですよ~」

やすな「ダメですよ!女の子なんですから!」

あぎり「あら~・・・。じゃあどうしたらいいんですか~?」

やすな「今日のお礼も兼ねて泊まっていったらどうでしょう!」

あぎり「いいんですか~?」

やすな「あぎりさんなら大歓迎ですよ!」

あぎり「ならお言葉に甘えて~」


ソーニャ(忍者が甘えるなよ!忍者が甘えるなよ!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:18:51 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「ソーニャちゃん、おはよー」

ソーニャ「・・・・・・・・・・」

やすな「あれれー、ソーニャちゃんどしたのー?朝から不機嫌じゃなーい?どしたのわさわさ」コチョコチョ

ソーニャ「やめろよ!」バシッ

やすな「いったーい」

ソーニャ「そういうお前はずいぶんと機嫌がいいみたいだな」

やすな「え?聞きたい?ソーニャちゃん気になる?もー、しょうがないなー。そこまで言うなら

ソーニャ「いや、気にならない。まったく気にならない。だから黙ってろ」

やすな「ちぇー。ソーニャちゃんはいつも冷たいなー」

ソーニャ(知ってんだぞ。あぎりが昨日お前の家に泊まったってこともな!)

やすな「~♪」ゴソゴソ

ソーニャ(なんであいつはあぎりなんかに気を許すんだか・・・)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:26:33 ID:Sy+Dh1qk0

あぎり「やすなさんにソーニャ~。はろはろ~」

やすな「おはようございますあぎりさん」

ソーニャ「あぎりか」

あぎり「昨晩はお楽しみでしたね~」

ソーニャ「!?」

やすな「?」

やすな「うん、楽しかったですね」

あぎり「やすなさんは今日の放課後も空いてますか?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:29:44 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「う~ん・・・。昨日はソーニャちゃんと一緒に帰れなかったから今日は

ソーニャ「私ならいい」

やすな「ええー?」

ソーニャ「私は忙しいからな。いいじゃないか、やすなはあぎりと遊んでもらえよ」

あぎり「ソ-ニャは忙しいみたいですし、やすなさん」

やすな「もう、ソーニャちゃんったら仕方ないなー」

あぎり「ではまた放課後迎えにきますね~」

やすな「はーい、またねあぎりさん」

ソーニャ(クソッ・・・・)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:37:46 ID:Sy+Dh1qk0

キーン コーン カーン コーン

やすな「お昼ごは~ん♪ソーニャちゃん、屋上行こっ!」

ソーニャ「仕方ないな」

あぎり「やすなさ~ん」

ソーニャ(あぎり・・・・・・)

やすな「あぎりさん。どうしたんですか?」

あぎり「じゃじゃーん。今日はやすなさんにお弁当を作ってきましたよ~」

やすな「やった!」

あぎり「よかったらソーニャも一緒にどうですか~?」

ソーニャ「いや、私h・・・。うん、じゃあ一緒に食べよう」

ソーニャ(正直、やすなのために手作り弁当を用意してるあぎりたちと一緒なんてのは嫌だが、ここは我慢しよう。敵を知ることも大事なんだ・・・。ぐぬぬ・・・)

やすな「ソーニャちゃん・・・。どしたの?」

ソーニャ「なんでもない」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:43:50 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「あぎりさんが作ったお弁当はどんなのかな~」ワクワク

あぎり「うふふ~、たいしたものではありませんがどうぞ~」

やすな「うわ~。すご~い」

ソーニャ(ふーん。おにぎりにカラアゲ、他もいたって普通だな・・・。なんだ、確かにたいしたことないな)

やすな「じゃあいただきまーす」モグモグ

やすな「んー、まいうーですよあぎりさん!」

あぎり「うふふ~、喜んでもらえて何よりです。ソーニャもどうですか~?」

ソーニャ「ああ、いただくよ」モソモソ

ソーニャ(美味い・・・)

あぎり「どうですか~?」

ソーニャ「フン、まあまあだな」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:47:43 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「ソーニャちゃんは素直じゃないなー。どうして素直に美味しいって言えないのかなー」

ソーニャ「うるさい。お喋りしてるとお前の分がなくなるぞ」ガツガツ

やすな「ちょっ!ソーニャちゃん、待ってよ!」

ソーニャ「モグモグ!モーグモグッ!」

あぎり「あらあら~」

やすな「あ、あぎりさん。よかったら私のお弁当どうぞ。あぎりさんみたいに上手じゃないですけど」

あぎり「わ~い。ではお言葉に甘えてご馳走になりますね~」

ソーニャ「!?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:52:42 ID:Sy+Dh1qk0

あぎり「お弁当の交換だなんて、なんだかまるで本物の恋人みたいですね~」

ソーニャ(恋人だと・・・・?やすなと・・・・あぎりが・・・・)

やすな「何言ってるんですかあぎりさんったら///」

ソーニャ(・・・・・・・・・・)

やすな「あれ、ソーニャちゃん、もうお腹一杯なの?」

ソーニャ「ああ・・・、まあな・・・。ちょっと川で顔でも洗ってくるよ・・・」

やすな「ププッ、それを言うなら水道でしょ?ソーニャちゃんったらいつの時代の人間よ」

ソーニャ「ああ・・・、そうだな・・・」

あぎり「おいしい!おいしい!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 03:56:39 ID:Sy+Dh1qk0

ソーニャ「春ともなれば川の水もあったかいんだな・・・」サラサラ

ソーニャ「・・・・・・・・・・・・・・・」

ソーニャ(あの二人、付き合うことになったのかな・・・)

ソーニャ「足に触れる水がこそばゆい・・・」ソヨソヨ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 04:04:28 ID:Sy+Dh1qk0

ソーニャ(そろそろ昼休みも終わるな・・・。どうしようかな・・・。なんか、やすなと顔合わせるのも辛い気持ちになるだけだろうしな・・・)

ソーニャ「こうしてても仕方ない。放課後も尾行するか!」スクッ

ソーニャ「もしあぎりがやすなと付き合ってたとしても、私は殺し屋だしな・・・。やすなとは縁がなかったと思って・・・」

ソーニャ(うん、もしもあぎりがやすなに手を出してたらその時は・・・)

ソーニャ「フフッ、楽しくなってきたな。さて、戻るか」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 04:09:12 ID:Sy+Dh1qk0

あぎり「今日はどこ行きましょうか~?」

やすな「今日は私に任せて下さいよ!美味しいクレープ屋さん知ってるんです!」

あぎり「そうなんですか~。ではそこに行きましょう~」

ソーニャ(クレープ屋・・・?まさかな・・・)


やすな「ここです」

あぎり「公園のクレープ屋さんですか~」

ソーニャ(私と一緒に来た思い出のとこじゃないか・・・。やすな・・・。くそっ・・・)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 04:17:32 ID:Sy+Dh1qk0

あぎり「やすなさんのも美味しそうですね~」

やすな「じゃああぎりさんのと半分ずつ交換しません?」

あぎり「名案ですね~。では、はい。あ~ん・・・」

やすな「えっ、私が食べさせるんですよね?は、はい。あーん・・・///」

あぎり「ん~、美味しいです~。やすなさんも、はい。あ~ん・・・」

やすな「あーん・・・」モグモグ




ソーニャ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 04:29:21 ID:Sy+Dh1qk0

やすな「あれっ?ここは・・・?」

ソーニャ「気が付いたか」

やすな「ソーニャちゃん!?えっ?えっ?どうして?」

ソーニャ「別にどうだっていいじゃないか」

やすな「えーと、あぎりさんと公園でクレープを食べてそれから・・・。そうだ!あぎりさんはどうしたんだろう」

ソーニャ「ああ、これのことか?」ゴロン

やすな「ッ・・・」

ソーニャ「馬鹿だよなあ。こいつ、クレープに夢中で麻酔弾を避けらんなかったんだぞ」

あぎり「・・・・・・・・・・・・・・」

やすな「生きてるんだよね?」

ソーニャ「ああ。意識を失ってるだけだ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 04:35:54 ID:Sy+Dh1qk0

翌日、川で三人の女子高生の死体が発見された
遺書が発見されたことから警察は無理心中とみて捜査を進めている



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 04:37:06 ID:I6j52bsOP

やっぱり川オチか。前回はあぎりが暴走したから今回はソーニャが暴走
最後にやすなが暴走して、グランドフィナーレだな


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01 04:43:52 ID:E+QnYbJS0

恋人のふり だったのにな




スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333214882/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。