ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカ娘「侵略しようじゃなイカ」  ケロロ「イカ娘・・・殿?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/img_963602_66167670_0.jpg

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01 23:59:07 ID:wfWpLcEJ0
イカ娘「今までの私には何かが足りなかったでゲソ」

たける「イカねーちゃん?」

イカ娘「アニメ化もされたし、ミリブロではM4ハイダーでカルトな人気を出したというのに」
>>1はハイダー買えなかった)

イカ娘「これはきっと仲間がいないからでゲソ」

イカ娘「打倒千鶴のためにも協力してくれる仲間を探すでゲソ!」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:02:01 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「というわけで海に来たでゲソ」

イカ娘「しかし、よく考えたら私以外に地上で活動できる同朋を知らないでゲソ」

イカ娘「これはいわゆるぼっちという奴じゃなイカ?」

イカ娘「悲しくなって来たでゲソ」

ケロロ「イエーイ!このマブチモーター内臓フルスクラッチ12分の1ゾックの初の航海であります!」

冬樹「もうちょっと普通なものを走らせようよ」

ケロロ「好きこそ物の上手なれであります!」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:03:57 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「あれは・・・カエルじゃなイカ?」

イカ娘「どうして両生類が海にいるでゲソ?」

イカ娘「まあいいでゲソ!水を愛する気持ちは同じでゲソ!」

イカ娘「おーい、そこのカエル・・・」

どっかーん!

ギロロ「ん、何か俺のコレクションの方で爆発が・・・」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:05:52 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「・・・はっ!」

冬樹「あ、ぐんそー。気が付いたみたいだよ!」

イカ娘「人間に借りを作ってしまったでゲソ・・・」

ケロロ「おお、それはなによりであります」

クルル「どーでもいいけど、こいつ、人間じゃないぜ・・・ククク・・・」

タママ(見れば判ると思うんだけどなあ)

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:08:33 ID:z4Nd1GK40
ケロロ「で、人間じゃないって事はなんなんでありますか?」

イカ娘「良くぞ聞いてくれたでゲソ!」

イカ娘「私は海底よりの侵略者!イカ娘でゲソ!!!」

ケロロ「へー」

タママ「はー」

ギロロ「・・・」

クルル「ククク・・・」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:11:49 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「冷たい反応に心が折れそうでゲソ」

ケロロ「いや、我々宇宙人にとっては侵略者などよく見るものであります」

イカ娘「えっ」

ケロロ「まあ日常茶飯事って奴であります」

イカ娘「ライバルが多いでゲソ・・・」

ケロロ「で、イカ娘殿はどういう理由で侵略を」

イカ娘「イカイカゲソゲソ」

ケロロ「なるほど、そういう理由でありますか」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:13:45 ID:z4Nd1GK40
ケロロ「まあ今日は遅いでありますし」

ケロロ「とりあえずガンダムシリーズでも見て親交を深めるであります」

イカ娘「ガンダムってあのかっこいいロボットの事でゲソ?」

ケロロ「そうであります!見ればあのすばらしさがわかるであります!」

クルル「クークッックック・・・また始まったぜぇ」

ギロロ「まあ放っておけ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:15:37 ID:z4Nd1GK40
翌朝

イカ娘「すばらしかったでゲソ!」

ケロロ「気に入ってくれたようで何よりであります」

イカ娘「とりあえず帰ったら毎週AGEを見るでゲソ!」

ケロロ「AGEは戦闘が残念であります・・・」

冬樹「脚本も突っ込み多いと思うんだけど」

ケロロ「我輩はあの世界観は現代風で好きでありますよ?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:21:18 ID:z4Nd1GK40
ケロロ「そもそも連邦とヴェイガンの戦闘は紛争レベルのものだからヴェイガン相手に連邦が本腰を入れないのは無理の無い事であって」

冬樹「スイッチが入ったね」

ケロロ「ガンダムが十数年経っても現役なのは火星に島流しのヴェイガンとおそらくはやる気無しで予算も無いであろう連邦の技術じゃ」

イカ娘「私もロボットに乗りたいでゲソ」

クルル「作ってやってもいいぜ・・・」

イカ娘「ほ、本当でゲソか!」

クルル「まあパワードスーツのレベルだけどなぁ・・・」

イカ娘「望むところでゲソ!」

ケロロ「おそらくフリットみたいなタカ派はあの世界では珍しいのであって現代で言うならネトウヨ的存在で」

クルル「あ、隊長はほっておいていいぜぇ・・・」

ケロロ「これは現代のいわゆるテロとの戦いと」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:24:11 ID:z4Nd1GK40
冬樹「軍曹の話は僕が聞いとくから」

イカ娘「ちょっと気になるでゲソ」

クルル「丸一日潰す覚悟があるなら聞くといいぜぇ・・・」

イカ娘「やめとくでゲソ」

ギロロ「ん、クルル、何を始める気だ?」

クルル「なぁに、同じ侵略者同士協力してもいいと思っただけだぜぇ・・・」

ギロロ「変なものは作るなよ」

クルル「前の夏美嬢のアレを作るだけだから心配すんなよ、ククク・・・」

ギロロ「夏見の・・・アレ!?、ふおおおおおおお!」

クルル(まったく、サカリの付いたガキじゃあるまいし・・・)

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:27:20 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「これで千鶴に勝てるでゲソ!」

タママ「千鶴って誰ですか?」

イカ娘「とても強い強敵でゲソ」

タママ「ナッチーみたいなもんですかねえ?」

ドロロ「世の中には似たような人間が三人はいるでござるからねえ」

クルル「どちらかというと性格的な話だぜぇ・・・」

クルル「まあ、折角だしそいつのデーターを取って作ることにしとくぜぇ」

イカ娘「感謝感激でゲソ!」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:29:37 ID:z4Nd1GK40
千鶴「うふふ・・・あら?これは・・・」

千鶴「イカ娘ちゃんの悪戯かしら?」グチャッ

クルル「まさか数十分で監視装置が気付かれるとは思わなかったぜぇ・・・」

ドロロ「凄まじい注意力でござるな」

タママ「ナッチー以上ですぅ」

イカ娘「あわわ・・・これは帰ったらマズい事にナルでゲソ・・・」

ギロロ「早速弱気になってどうする!」

イカ娘「ゲ、ゲソッ!?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:32:42 ID:z4Nd1GK40
ギロロ「貴様も侵略者の端くれだろう!最初からそんな弱気でどうする!勝って見せろ!」

タママ「暑苦しいですぅ・・・」

イカ娘「・・・その通りでゲソ!」

クルル「お?」

イカ娘「私は地上を侵略するためにここにいるんでゲソ!」

イカ娘「たかが人間一人に負けてどうするでゲソ!」

クルル「クーックックック・・・意外とタイプが合うようだぜぇ・・・」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:36:50 ID:z4Nd1GK40
クルル「任せときな、サイッコーのを作ってやるぜぇ」

イカ娘「期待してるでゲソ!」

ケロロ「みんなひどいであります!我輩をほおっておくなんて!」

タママ「あ、今日は早かったですぅ」

ケロロ「AGEは放映中だからネタが尽きたんであります!」

クルル「隊長、ちょうどお前さんの大好きなロボットを作るところだぜぇ」

ケロロ「なんと!それなら1分の1ザク一択であります!ガンダムがあるんだからザク!ザク!」

クルル「もうちょっとライトユーザーに配慮した機体にしてやろうとは思わないのかねぇ」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:39:17 ID:z4Nd1GK40
ケロロ「ライトユーザーへの配慮でありますか・・・それじゃストライクダガーとかでありますか?」

冬樹「それは違う気がする」

ケロロ「じゃあ最近活躍したバイアランとか・・・」

タママ「初期のGWでお世話になったですぅ」

冬樹「高機動で格闘も高かったからね」

ギロロ「もうちょっと判りやすい機体にしてやるべきだろう・・・」

イカ娘「確かに主役級がいいでゲソ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:41:56 ID:z4Nd1GK40
ドロロ「ガンダムシュピーゲルはどうでござろうか」

タママ「確かにやっぱり主役機がいいですぅ」

ドロロ「・・・」

クルル「じゃあ適当に主役から選ぶぜ・・・」

ケロロ「1分の1!1分の1!」

クルル「誰かさんがマトモに本国にレポートを出さないせいで予算が無いから人間サイズが限界だぜぇ・・・」

タママ「小型化のほうが技術的にはすごそうですけど・・・」

ギロロ「まあ大型化すると運用コストとかもあるからな」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:44:33 ID:z4Nd1GK40
クルル「で、乗るお前さんの趣味はどうなんだぜぇ・・・」

イカ娘「うーん、どれも悩むところでゲソが・・・」

イカ娘「ここは判りやすく千鶴をぶちのめせる機体がいいでゲソ!」

ケロロ「ならシャイニングで決まりでありますな!」

クルル「全身を覆う型とそれっぽいパワードスーツ方とどっちにすべきかねぇ・・・?」

タママ「吉崎観音的にはMS少女だと思うですぅ」

ギロロ「それなら使徒じゃないのか」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:47:07 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「全身型も捨てがたいでゲソが、やはりビジュアル的には私が見えた方がいいでゲソ!」

クルル「それじゃパワードスーツで決定だな・・・」

クルル「40秒で支度させてやるぜぇ・・・そこの装置の上に立ちな・・・」

イカ娘「こ、こうでゲソ?」

クルル「ちょちょいのちょい、と」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:48:34 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「おおお!これはカッコイイでゲソ!」

クルル「デザインはほぼ元ネタを踏襲してるぜぇ・・・」

イカ娘「シャイニングフィンガーも出来るでゲソか?」

クルル「大体全部再現してあるぜぇ・・・ためしに隊長に撃ってみな」

ケロロ「えっ」

イカ娘「そうするでゲソ!」

ケロロ「えっ」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:50:09 ID:z4Nd1GK40
ケロロ「ちょ、ちょっとタンマでありま・・・」

ガシッ!

イカ娘「私のこの手が光ってうなるでゲソ!」

イカ娘「お前を倒せと輝き叫ぶじゃなイカ!」

ケロロ「わーっ!わーっ!」

イカ娘「くらうでゲソ!必殺!」

イカ娘「シャイニング、フィンガアアアアア!」

ケロロ「あべしっ!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:51:58 ID:z4Nd1GK40
ケロロ「ギャグでなければ即死だったであります・・・」

冬樹「軍曹、真っ白だけど大丈夫?」

ケロロ「今ならミケロの気持ちがよく理解できるであります・・・」

タママ「いい感じに脱色されてますぅ・・・」

イカ娘「よし、これならばいけるでゲソ!」

イカ娘「千鶴を倒せるでゲソ!」

クルル(いいデータが取れそうだぜぇ・・・)

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:54:57 ID:z4Nd1GK40
~海の家、れもん~
イカ娘「ふははははははっ!人間たちよ!怯えろ!竦め!」

たける「どうしたのイカねーちゃん」

イカ娘「たける!私は生まれ変わったでゲソ!今なら地上はすぐにでも我が手の中でゲソ!」

イカ娘「そんなわけで千鶴!勝負でゲソ!」

千鶴「あらあら、やる気なの?」

イカ娘「やる気でゲソ!」

イカ娘「来るでゲソ!ガンダァァァァァァァァムッ!」パチィィィン!

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 00:58:10 ID:z4Nd1GK40
栄子「おおっ!?イカ娘が機械を身に纏ったぞ!?」

たける「すっげえ!かっこいー!」

イカ娘「見たか人間ども!これぞ私の新たなる力でゲソ!」

千鶴「あらあら」

イカ娘「ふふ、驚いたでゲソか千鶴!これで貴様にも勝てるでゲソ」

千鶴「・・・どうやら、本気でいった方がいいみたいね」

ギラッ!

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:01:09 ID:z4Nd1GK40
たける「ね、ねーちゃんの目が!」

イカ娘「まさに目を見開くほどのパワー、という事でゲソか・・・」

イカ娘「上等でゲソ!かかってくるでゲソ!」

千鶴(相当なパワーを感じる・・・真正面からでは不利ね)

千鶴「はあっ!」ビュッ

ガシイッ!

イカ娘「甘いでゲソ!」

栄子「な・・・姉貴のハイキックを受け止めただと・・・」

たける「キックも、ガードも、ぜんぜん見えなかった・・・」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:01:35 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「もらったでゲソ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:03:20 ID:z4Nd1GK40
あ、ミスった

イカ娘「貰ったでゲソ!―私のこの手が」

千鶴「せいっ!」

イカ娘「があっ!?」

栄子「攻撃の一瞬の隙を突いた肘鉄・・・」

たける「ねーちゃん容赦ない・・・」

イカ娘「ふふっ・・・ふふふ!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:05:51 ID:z4Nd1GK40
千鶴「―効いていないみたいね」

イカ娘「ただパワーばかりが上がったわけではないでゲソ」

イカ娘「スピード!防御!加速!飛行能力!」

イカ娘「すべてにおいて私は格段にパワーアップしているでゲソ!」

イカ娘「そしてそれは・・・」ズババババババッ!!

千鶴「くっ・・・」

たける「ね、ねーちゃんの服が裂けた!?」

栄子「た、たける!良い子は見ちゃダメだ!!」

イカ娘「・・・触手も同じでゲソ!」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:07:46 ID:z4Nd1GK40
~ケロロ小隊基地~
クルル「クーックックック・・・作ったかいがあるぜぇ」

ケロロ「いやいやまったく、これは我々も配備を検討せねば」

ギロロ「お前はガンダムに乗りたいだけだろ」

タママ「ところで、あのパワードスーツってどんな特徴があるんですか?」

ドロロ「拙者も気になるでござる」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:10:37 ID:z4Nd1GK40
クルル「クーックックック・・・それはだなぁ・・・」

クルル「原作準拠のシャイニングフィンガー、今のバトルモード・・・」

クルル「そしてスーパーモードも、もちろん完備してるぜぇ」

ケロロ「すばらしい再現度であります!」

クルル「まあバルカンは付いてねえけどな・・・」

~海の家 れもん~

イカ娘「ふふふ・・・」

千鶴「や、やるわね・・・」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:13:25 ID:z4Nd1GK40
栄子「姉貴が一方的に押されているだと・・・」

イカ娘「ふはははははは!これでこの海の家は私のもの!地上侵略への第一歩でゲソ!」

千鶴「―このまま負けっぱなしは、ちょっと癪ね・・・」

千鶴「はあああああああっ!」

~ケロロ小隊基地~
クルル「お、見ろよ」

タママ「あの女、急に戦闘力が上がったですぅ」

クルル「こりゃ、夏美嬢とタイマン張れるな・・・」

ギロロ「な、夏美だとぉっ!?」

クルル(まーたはじまったよ、この下半身直結・・・)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:17:27 ID:z4Nd1GK40
千鶴「―――――劔覇千王気炎弾!」

イカ娘「があああああああっ!?」

栄子「な、イカ娘が吹っ飛んだだと!?」

ドボーンッ!!

たける「海まで吹っ飛んだ!!ねーちゃんすげえ!!」

千鶴「ふう・・・栄子、タオル取って頂戴」

栄子「は、はいよ」

ズダッ!

イカ娘「―勝利の汗を拭くつもりでいるなら、気が早すぎるでゲソよ?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:20:03 ID:z4Nd1GK40
栄子「き、きいてない・・・?」

千鶴「あら、決めたと思ったんだけど・・・」

イカ娘「私の新たなる力を甘く見たでゲソね・・・」

イカ娘「喰らうでゲソ!シャイニング・ソード!」

千鶴「きゃああああああ!?」

たける「こ、今度はねーちゃんが吹っ飛んだ!?」

栄子「あー、また壁が壊れた・・・」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:22:14 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「ふふ・・・千鶴も私の前にはおよばないんじゃなイカ?」

イカ娘「一薙ぎでこの威力・・・そして服を裂き、肌を見せるサービス精神・・・」

イカ娘「これぞ私とガンダムの力でゲソ!」

栄子「服を破くのはサービスだったのか・・・」

イカ娘「大きなお友達の事もちゃんと考えた方がいいんじゃなイカ!?」

たける「必ずしも考えなくていいと思うんだけど・・・」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:24:23 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「ともあれ、これで千鶴も再起不能・・・」

ガタガタッ!!

千鶴「―イーカーむーすーめーちゃーん?」

栄子「うわあああああっ!姉貴がキレた!?」

栄子「もうだめだぁ・・・おしまいだぁ・・・」

~小隊基地~
クルル「クーックックック・・・面白くなってきたぜえ・・・」

ケロロ「クルル!我輩にももっと見せるであります!」

ギロロ「これはかなりの強敵だな・・・さすが地球人・・・」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:27:59 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「―流石千鶴!この程度ではまだ倒れないでゲソか!」

イカ娘「しかし!その服が程よく破れ淫靡なその姿!あまりにも惨めでゲソ!」

イカ娘「その痛々しい姿に!引導を渡してやるでゲソ!」

たける「すげえ!イカねーちゃんが本当に侵略者みたいなセリフを言ってる!」

栄子「なんかエロゲの悪役みたいだけどな」

イカ娘「―私のこの手が光って唸るでゲソ!」

イカ娘「千鶴を倒せと!輝き叫んでいるでゲソ!!!」

ガシッ!!

たける「ね、ねーちゃんが頭をつかまれた!?」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:30:30 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「喰らうでゲソ!シャイニング!フィンガー!!」

ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!!!!!!

クルル「クーックックック・・・出たぜぇ、シャイニングフィンガー・・・」

冬樹「だ、大丈夫なの!?」

タママ「R18Gになりそうですぅ」

クルル「クーックックック・・・問題ないぜぇ・・・」

クルル「ガンダムファイトは・・・」

ケロロ「相手を殺したら・・・」

ドロロ「失格・・・」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:32:50 ID:z4Nd1GK40
クルル「そのルールにも配慮して・・・」

たける「ね、ねーちゃん!!」

千鶴「ゲホッ、ゲホッ・・・」

クルル「絶対に死人は出ないよう、ケロン星の安全基準に完全に適合してるからな・・・」

タママ「それって侵略者の道具としては失格ですぅ・・・」

クルル「まあ、ひょっとしてってこともありえなくは無いかも知れねぇけどなぁ・・・」

ケロロ「えっ」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:34:45 ID:z4Nd1GK40
クルル「事故で死ぬ分には仕方ないってことになってるからな」

ケロロ「サイサイシーのおじいちゃんでありますか?」

クルル「そういうことだぜぇ・・・」

千鶴「やってくれるじゃない・・・」

イカ娘「な、馬鹿なっ!?これに耐えたというでゲソか!?」

千鶴「今度は私の番ねっ!」

千鶴「はあああああああっ!!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:39:04 ID:z4Nd1GK40
千鶴「肘打ち!裏拳!正拳!はあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

イカ娘「ゲ、ゲソオオオオオオオッ!?」

クルル「あーこりゃダメだなぁ・・・、勢いで完全に押されてるぜぇ・・・」

タママ「決め技が効かないのはショックですぅ・・・」

千鶴「せやあああああっ!」

イカ娘「い、痛いじゃなイカーッ!」

クルル「シャイニングフィンガーでバリアのエネルギーも減っちまったからなぁ・・・」

タママ「エネルギーをほぼ使い果たすところは再現しないでいいと思うんですぅ・・・」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:41:03 ID:z4Nd1GK40
千鶴「これで、決まりよっ!!」

イカ娘「ゲ、ゲソーッ!!」

たける「ま、また吹っ飛んだ!!」

栄子「こ、今度は決まったんじゃないか?」

たける「イカねーちゃんすっごい痛そう・・・」

イカ娘「くっ・・・」

千鶴「―まだ立てるのね・・・」

たける「い、イカねーちゃんすっげえ気迫・・・」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:44:36 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「・・・私は負ける訳には行かないでゲソ!」

イカ娘「地上を侵略するために!故郷の海を守るために!」

イカ娘「これ以上海を汚されるわけにはいかないんでゲソ!」

たける「イ、イカねーちゃんが光ってる・・・」

栄子「な、なんなんだこの眩しさは!?」

クルル「クーックックック・・・本領発揮っぽいぜえ・・・」

タママ「僕たちも眩しいですぅ」

クルル「モニターの光量を調節してやるから待ってるんだな・・・」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:49:04 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「海への愛!」

イカ娘「人間への怒り!」

イカ娘「汚された海への悲しみ!」

イカ娘「――これが私の真の力!」

イカ娘「怒りのスーパーモードでゲソ!!」

ケロロ「ぜ、全身が発光してるであります」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:51:12 ID:z4Nd1GK40
クルル「クーックックク・・・」

クルル「ただのホタルイカとしての習性だけじゃないぜぇ・・・」

クルル「怒りを契機として発動するエネルギーの発生・・・」

クルル「それがあふれ出して、全身を光らせている・・・」

タママ「でもあの女、そこまで怒りっぽくは見えなかったですぅ」

クルル「クーックックック・・・発動しないとつまらねえじゃねえか・・・」

ギロロ「クルル・・・貴様もしや・・・」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:52:48 ID:z4Nd1GK40
クルル「人間に限らず、知的生命体はだいたい怒りの感情を持ってるからなぁ」

クルル「ちょっとそれを吐き出しやすいようなシステムを作ってやっただけだぜぇ・・・」

夏美「―なるほど、そういうことだったのね」

ケロロ「あ」

タママ「い」

ギロロ「う」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:54:32 ID:z4Nd1GK40
千鶴「―なるほど、そういうことだったのね」

ギロロ「いやおかしいだろ!?なんでモニターの向こうにも話が通じてるんだ!?」

夏美「話の都合って奴よ!大人しく成敗されなさい!」

ケロロ「おーたーすーけー!」

クルル「クーックックック・・・さあて、気付いたところで、どう止めにはいるのかねぇ・・・」

ケロロ「やめてーっ!関節外さないでーっ!」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 01:57:24 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「―気付いたところで、どう止めるでゲソ!?」

イカ娘「全身からあふれ出すパワー!」

イカ娘「これなら三日で地上を侵略できるでゲソ!」

千鶴「あら、三日天下まで予想してるのかしら?」

イカ娘「減らず口をっ!」

イカ娘「喰らうでゲソ!私のこの手がぁぁぁぁああぁ!滾るほどにいいいいいいっっ!!光って唸るうううううう!」

イカ娘「お前を倒せとおおおおおおお!!輝き叫ぶうううううううううっっっ!!!」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:00:57 ID:z4Nd1GK40
たける「りょ、両腕が!?」

栄子「両手でさっきのをやる気か!?」

イカ娘「あふれるでゲソっ!!!!私の怒りいいいいいいいっ!!!」

イカ娘「愛と!怒りとおっっ!!悲しみのおぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

イカ娘「シャイニングうううううう・フィンガー・ソードッ!!!!」

イカ娘「メンッ!面っ!面ぇぇぇぇぇぇぇぇん!!」

たける「ね、ねーちゃん!!!」

クルル「クーックックック・・・これはマトモに喰らったら消し飛ぶぜぇ・・・」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:04:21 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「はあああああああああっ!!!」

千鶴「くうううううっ!」

栄子「かわしたのかっ?」

たける「すげえ・・・砂浜に地割れが出来てる・・・」

栄子「姉貴!大丈夫か!?」

イカ娘「避けたでゲソか!?」

イカ娘「だが・・・」

たける「け、剣がビルみたいな大きさに・・・」

イカ娘「はああああああっ!!」

たける「ねーちゃーん!!!」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:07:09 ID:z4Nd1GK40
クルル「クーックックック・・・これは想定外だぜぇ・・・」

千鶴「―怒りに身を任せていては、本当の力は出ない・・・」

栄子「真剣白羽取り・・・?」

千鶴「・・・滴る水の一滴を掴み取るように」

千鶴「・・・明鏡止水の心こそ、武人の極地!」

たける(ねーちゃん武人だったのか)

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:11:46 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「馬鹿な!?こんな事があるわけ無いでゲソ!?」

イカ娘「くっ、なぜ!なぜ腕が動かないんでゲソか!?」

千鶴「・・・時々は鬱憤を晴らしたい事もあるでしょうけど」

千鶴「・・・やり過ぎは見過ごせないわね」

イカ娘「ぐううううううっ!!」

千鶴「・・・イカ娘ちゃんのやったことも、全て許すわ」

千鶴「全てを受け入れる心こそ明鏡止水!」

千鶴「・・・されどこの拳は、烈火の如く・・・」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:15:06 ID:z4Nd1GK40
千鶴「私のこの手が真っ赤に燃える!」

千鶴「勝利を掴めと!轟き叫ぶ!」

千鶴「行くわよ!爆熱ぇぇぇぇぇぇつ!」

イカ娘「ご、ごめんなさいでゲソーッ!!」

千鶴「ゴッド・フィンガーッ!」

クルル「・・・全く、これだから地球人は面白いぜぇ」

クルル「見ただけの技を生身で撃っちまうなんてよ」

クルル「作ったかいがあったぜぇ・・・クーックック・・・」

千鶴「ヒート・エンドォッ!」

イカ娘「ゲ、ゲソオオオオオオオッ!!」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:17:03 ID:z4Nd1GK40
たける「ああっ!?イカねーちゃんのパワードスーツが吹っ飛んだ!?」

クルル(やられる時までサービスシーンを忘れない、流石俺の作品だぜぇ)

イカ娘「ま、負けてしまったでゲソ・・・」

イカ娘「だ、だが今度こそはっ!」

イカ娘「再びパワーアップして、お前に勝ってやるでゲソ!千鶴!覚えてるでゲソーっ!」

栄子「あ、逃げた」

たける「逃げたね」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:19:28 ID:z4Nd1GK40
623「おっ、決着が付いたみたいだね」

クルル「クーックックック・・・まあ想定外ってやつだぜぇ・・・」

623「よく言うよ。殺傷能力削ってたんでしょ」

クルル「クーックックック・・・」

623「あ、図星なんだね」

623「真の目的は・・・これかな?」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:22:54 ID:z4Nd1GK40
623「ペコポン人メス型による肉体派格闘!触手あり!ポロリもあるよ!?2012最新版」

623「今回からは未経験者を使用!前作時に要望の多かった高めの年齢層、低めの年齢層を採用!」

623「予約者限定フィギュアセット同梱版も同時発売!」

623「まったく、抜け目が無いというかなんと言うか」

623「ところで、僕の分も用意してくれると嬉しいんだけど」

クルル「クーックックック・・・見られちまったんじゃしょうがねえなあ・・・」

623「あ、3セットお願いね」

クルル「はいよっと」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:23:50 ID:c77+s6akO
10セット予約したいんですが

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:25:00 ID:z4Nd1GK40
クルル「まあ、こんなに隊長の趣味を採用する事になるとは思わなかったんだけどなぁ」

623「あはは、撮影時のトラブルはツキモノだよ?」

クルル「まあそれも「アジ」ってやつかねぇ、クーックックック・・・」

623「ところで、無修正版ってあるけど」

623「修正するようなところあったっけ?」

クルル「レーティングの厳しい星もあるんだぜぇ・・・」

623「裏で流すのに?」

クルル「クーックックック・・・」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:27:46 ID:z4Nd1GK40
ケロロ「し、死ぬかと思ったでゲソ」

冬樹「ぐ、軍曹!?首が前後逆になってるよ!?」

冬樹「しかもなんか口調変わってるよ!?」

ケロロ「ギャグじゃなかったらほんと死んでるであります・・・」

ケロロ「あーっ!クルル!一人だけ逃げたでありますね!」

クルル「クーックックック・・・」

クルル(ま、ギャグでやってる限り)

クルル(死人も出ないし、バッドエンドにもならないのかねぇ)

623「お約束、ってやつだね」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:32:15 ID:z4Nd1GK40
イカ娘「お邪魔するでゲソ!」

ケロロ「あ、イカ娘殿!」

イカ娘「月光蝶を私に寄こすでゲソ!それかサテライトキャノン!」

クルル「クーックックック・・・、無茶言うんじゃないぜぇ・・・」

ケロロ「サテライトキャノンはともかく、我輩のプラモがナノマシンになるのは困るのであります」

623「ま、これにて一件落着ってことでいいのかな?」

623「侵略者は倒され、平和な日常に戻る」

クルル「そして侵略者は諦めずに再び策を練る、ってかい?」

623「そうそう、そんな感じ」

イカ娘「私は絶対諦めないでゲソーッ!!」

おしまい

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:34:25 ID:c77+s6akO
乙←こ、これは触手でゲソ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 02:38:45 ID:z4Nd1GK40
続きのネタもあったんだけど力尽きたんでこの辺で終わる
お疲れ様でゲソ

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02 03:20:41 ID:FMSDirIW0
うむ、ほんわかした

スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1330613783/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。