ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊織「ボケてみたい」P「なんでやねん!」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:03:52 ID:Ylv5x6zy0

伊織「うん、そう。そんな感じ」

P「なんちゃっ――え」

伊織「毎回ツッコミ入れる身にもなってよ。疲れたわ」

P「な、なんでやねん!」









2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:05:48 ID:Ylv5x6zy0

伊織「……何か、違うわね」

P「だろうね……」

伊織「どうやったらいいのかしら」

P「とりあえず、ボケてくれ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:07:04 ID:Ylv5x6zy0

伊織「ボケる……」

P「天然ボケならどうだ」

伊織「天然……よし、わかったわ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:08:21 ID:Ylv5x6zy0

伊織「確かぁー、1600年って昭和ですよねぇー?」

P「ぇ……」

伊織「私ぃー、今まで月極駐車場を『げっきょく』って読んでましたぁー」

P「……」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:09:22 ID:Ylv5x6zy0

伊織「……どう?」

P「只の馬鹿だな!!」

伊織「やっぱりねぇ!!」

P「わざとらしい」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:10:44 ID:Ylv5x6zy0

伊織「むー…そんなに言うなら、お手本か何か見せてよ」

P「そう言われてもなあ……」

あずさ「あら、二人で何やってるんですかー?」

P、伊織「「お手本いた!!」」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:11:54 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「な、なんですか、プロデューサーさん」

P「世間話しましょう!」

あずさ「世間話?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:13:37 ID:Ylv5x6zy0

伊織「あずさ、いつも歩いて事務所に来てるわよね」

あずさ「ええ、でも近くの駅まで電車を使って、そこから徒歩よ」

伊織「電車……大丈夫なの」

P「十分に気を付けてくださいよ」

あずさ「もう、二人とも心配すぎですよ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:15:09 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「ちゃんと黄色の白線まで下がってますから」

P「それでも用心するに……ん?」

伊織「黄色の白線って何色よ!!」

P「そうそれ!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:16:46 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「……あ、あら~そういえばおかしいわね……」

伊織「こ、これが……」

P「そうだ、天然だ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:19:04 ID:Ylv5x6zy0

伊織「私には、無理だわ……」

P「諦めるな、伊織ならきっといいボケになれる!!」

伊織「……そうかしら」

P「俺が保証する、伊織ならなれる!!」

伊織「ほ、ほんと……私、ちゃんとボケになれる?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:20:44 ID:Ylv5x6zy0

P「ああ、伊織なら立派なボケになれるさ!!」

伊織「分かったわ、こうなったらトップクラスのボケになってやろうじゃない!!」

P「その意気だ!!」

あずさ「……漫才の練習ですか~?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:22:45 ID:Ylv5x6zy0

美希「……ねえ、最近のデコちゃん、おかしいよね……」

亜美「うん……疲れてるんじゃないかな……」

やよい「私も、そう思います……」

真美「変だよね……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:24:49 ID:Ylv5x6zy0

雪歩「怒らなくなったというか……」

真「こう……なんて言ったらいいのかな……」

春香「言葉のキャッチボールが……」

千早「……このまえ、会話のボールを投げたらバットが返ってきたわ」

響「動物と話す方が楽だぞ……」

貴音「もしや、若年性痴呆症……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:26:23 ID:Ylv5x6zy0

伊織「……ねえ」

P「なんだ」

伊織「最近、私にみんな、妙に優しいんだけど」

P「優しい?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:27:33 ID:Ylv5x6zy0

伊織「亜美真美はおとなしいし、やよいは肩もんでくれるし」

P「いいじゃないか」

伊織「でも、何かみんなの目が生温かい」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:29:25 ID:Ylv5x6zy0

律子「伊織、明日オフにしといたから……」

伊織「え、何よ急に」

律子「ごめんなさい。私、プロデューサー失格ね……」

伊織「え、ちょっ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:31:16 ID:Ylv5x6zy0

春香「伊織、ゆっくり休んで……」

美希「今まで美希、わがままばっかり言ってたかも……反省してるの」

響「家のペット、何匹か貸そうか?」

千早「このCD、ヒーリングの効果があるの」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:33:13 ID:Ylv5x6zy0

雪歩「お茶、飲んで……私にはこれくらいしか……」

真「リハビリになる体操、教えるよ……」

貴音「私達は、みな伊織殿の味方です……」

伊織「み、みんなどうしたのよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:34:45 ID:Ylv5x6zy0

社長「水瀬君……」

伊織「社長?」

社長「いい病院、紹介するよ……」

伊織「は、病院!?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:36:29 ID:Ylv5x6zy0

P「どうしたー」

春香「プロデューサーさん、伊織が……!!」

響「おかしくなっちゃったぞ……!!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:38:13 ID:Ylv5x6zy0

亜美「パパに相談してみる……」

真美「いおりん……やだよう……」

貴音「おそらく、若年性痴呆症……」

P「……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:40:14 ID:Ylv5x6zy0

伊織「……ち、ちょっとやり過ぎたかしら。ねえ、プロデュ――」

P「伊織、まさかお前……!?」

伊織「――この馬鹿プロデューサー!!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:41:46 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「ふふ、それで、無事誤解は解けたのね」

伊織「慣れないことするんじゃないわ、まったく」

あずさ「ごめんなさいね。私がその場にいれば……」

伊織「あの馬鹿プロデューサーの口車にまんまと乗せられたわ」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:43:22 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「あら、そういえばプロデューサーさんは」

伊織「律子に説教されてる」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:44:03 ID:Ylv5x6zy0

律子「さあ、ボケてください、ツッコミますから……!」

P「あの、あずささんの……」

律子「なんでやねん!!」

P「すいません!!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:46:01 ID:Ylv5x6zy0

伊織「……ふん、頭冷やせばいいわ」

あずさ「あら、伊織ちゃん」

伊織「なに」

あずさ「その、手に持った絆創膏はなあに?」

伊織「え」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:48:37 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「伊織ちゃん怪我したの?」

伊織「う……こ、これは……」

あずさ「これは?」

伊織「……ま、万が一、あいつが怪我したら……な、何だっていいでしょ!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:50:28 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「……あらあら~」

伊織「何よその顔は!!」

あずさ「なんだ、伊織ちゃん、ちゃんとボケられてるじゃない~」

伊織「いったいどこがボケてるのよ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:52:05 ID:Ylv5x6zy0

あずさ「ふふ……」

伊織「な、何で側に来るのよ……」

あずさ「伊織ちゃんの――」

伊織「ひゃっ、耳が……」

あずさ「――い・ろ・ボ・ケ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:55:15 ID:Ylv5x6zy0

律子「――で、どうしてあずささんの話が出てくるんですか!?」

P「だから、伊織と一緒にあずささんの……」



伊織「あずさのボケェェェェェェ!!!!!」



律子「えっ、な、何!?」

P「いいツッコミだ!!」

律子「なんでやねん!!」



おわり


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:57:00 ID:IY/lkWGz0

乙!


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 01:04:34 ID:Ylv5x6zy0

読んでいただきありがとうございます。

次回「雪歩とミルク」か「あずささんのおっぱい」のどちらかで書けたらいいですね。

あくまで仮称です。


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 01:07:16 ID:D3WtdS250

この短さ、嫌いじゃないぜ




スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362150232/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。