ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「音無さんて可愛いですよね」 小鳥「な”!?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/7RoFiq2.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:33:20 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「な”、何言ってるんですか!?」

P「いやー、ほんとかわいらしいなーと思って」

小鳥「こ、こんなアラサーに相手に何言ってるんですかー!?」

P「そういう照れてる所も可愛らしい」

小鳥「か、からかわないでくださいよー! もー!」

P「はは」

小鳥「……ほ、本当ですか?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:34:51 ID:+EFNYI7O0

支援ピヨ


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:35:25 ID:jrl6a8HO0

かわいい


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:37:08 ID:CXAGMlYZ0

P「何がですか?」

小鳥「そ、その……さっき言ってた事です」

P「さっき?」

小鳥「ほ、ほら、冗談みたいに言ってた事ですよー」

P「んー……」

小鳥「か、かわ、可愛らしいとか何とか言ってた……」

P「あぁその事ですか、全く冗談じゃないですよ」

小鳥「ひぇっ///」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:41:23 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「へ、へー……えへへ」

P「……かわいい」

小鳥「じゃ、じゃあどれくらい可愛いですか?」

P「そうですねー、俺が会った中ではぴか一です」

小鳥「ひへへ///」

P「毎日、こんな女性と付き合えたらなって思ってますよ」

小鳥「!?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:42:15 ID:mBiukSTv0

>ぴか一

言葉が古い
つまりこれはピヨの妄想


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:43:32 ID:lSWni7lx0

ピカイチか
ピカーとかどこの電気鼠かと思った


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:46:35 ID:A75TFlvuP

>>8
おいおいマジかよ
何の違和感もなくぴかいちと読んだ俺はおっさんってことか


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:49:20 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「え、あえ、え、え?」

小鳥「も、も、もしかして、い、今のは、お、お、お付き合──」

ドンガラガッシャーン
春香「いたたー!!」

P「うおっ、大丈夫か春香」

春香「うー、すいません」

小鳥「あっ、あー……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 09:57:32 ID:CXAGMlYZ0

春香「ありがとうございますプロデューサーさん」

P「気にするな、それより怪我には気をつけろよ」

春香「はいっ、あっ、あとこれクッキー作ってきたんで良かったら食べてください」

P「ん、ありがとうな」

春香「あっ、小鳥さんもどうぞ」

小鳥「あ、ありがとう春香ちゃん」

P「おっ、このクッキー美味いな」

春香「本当ですか!? えへへへ///」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 10:02:34 ID:CXAGMlYZ0

春香「千早ちゃん達にも渡してきますね」

P「おう、行ってきな」

P「いやー、しかし春香のクッキーおいしいですね音無さん」

小鳥「そうですね……」

小鳥「やっぱりプロデューサーさんもお菓子作ったりする娘の方がいいですか?」

P「まぁ、お菓子作るのが趣味っていうのは、女の子っぽいですよね」

小鳥「や、やっぱりそうですよね……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 10:08:16 ID:CXAGMlYZ0

小鳥(趣味がTVを見ること、妄想な私って……)

P「さすが、春香のクッキーは美味いな~」

小鳥「……変わらなくては」

P「はい?」

小鳥「プロデューサーさん! 実は私も趣味はお菓子づくりなんですよ」

P「そうだったんですか?」

小鳥「はい、クッキーだって簡単に作っちゃいますよ」

P「そうだったんですかー」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 10:17:18 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「はい、土日は毎週作ってご近所さんにも好評なんです」

P「そうなんですか……食べたいなー」

小鳥「え”!?」

P「よかったらなんですけど、今度作ってもらえたりしませんかね?」

小鳥「え”え”!?」

P「音無さんのクッキー食べてみたいんですけど……ダメですか?」

小鳥「あう……」

P「すいません、ダメですよね、唯の同僚の為になんて……」

小鳥「だ、大丈夫です!! 任せてください! 今度、プロデューサーさんの為にクッキー焼いてきます!!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 10:27:10 ID:CXAGMlYZ0

小鳥(とは言った物の……)

小鳥(私はクッキーなんて作った事ない、処女です)

小鳥「あぁぁぁあぁぁぁ、なんであんな事を言っちゃったんだろー」

小鳥「……」

小鳥「市販のクッキーにラッピングで……って、ダメダメダメ」

小鳥(せっかくプロデューサーさんが食べてくれるんだもん……て、手作りをわたしたい物///)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 10:54:52 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「よーっし、帰りに本買ってくぞー!!」

P「何の本買うんですか?」

小鳥「クッキ……九鬼氏の系図を調べようかなって」

P「へー、音無さんって歴女なんですね」

小鳥「ふひひ、戦国時代の方が得意です」

P「あー、けど、それじゃあダメかー」

小鳥「何がダメなんですか?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 11:00:56 ID:CXAGMlYZ0

P「クッキーを作ってもらえるって話だったんで、そのお返しに今日食事でもと思ったんですけど」

小鳥「!?」

P「用事があるならしょうがないですね」

小鳥(食事!! でもクッキーのレシピを熟読しておかないと不安だし……)

P「また今度にしましょう」

小鳥「うぅ……」

貴音「何の話をしているのですか? らぁめんのお話ですか?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 11:08:59 ID:CXAGMlYZ0

P「音無さんを食事に行こうか誘ったんだけど用事があるそうだ」

貴音「食事ですか? ふふっ、私は、この後用事はありませんよ」

P「そか、じゃあ飯にでも行くか?」

貴音「はい」

小鳥(ぐぎゃあああああああ!!)

P「ラーメン屋でいいか?」

貴音「はい。 ふふっ、それにしても二人っきりで食事など、これではでぇとですね」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 11:14:38 ID:CXAGMlYZ0

P「はは、デートにラーメン屋か」

貴音「おかしいですか?」

P「いや、貴音らしいな」

貴音「そうですか」

小鳥「……行きます」

P「え?」

小鳥「私も一緒に行きます!」

貴音「小鳥嬢には用事があるのでわ?」

小鳥「それは……よく考えたら大丈夫だったの。よく考えたら九鬼氏とかどうでもよかったわ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 11:24:21 ID:CXAGMlYZ0

貴音「では、仕事はよいのですか?」

小鳥「仕事はもう終わったわ。だから私も行きます」

貴音「むぅ、しかし……」

P「まぁまぁ、一緒の方が楽しいだろ?」

貴音「プロデューサー……本当にあなたという人は……」

P「えっ?」

貴音「もうプロデューサーなど知りません」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 11:34:27 ID:CXAGMlYZ0

P「ラーメンお替りしてもいいらさ」

貴音「……チャーシューメンでもいいのですか?」

P「うむ」

貴音「仕方ありませんね」

小鳥「もう、貴音ちゃんったら」

小鳥(ふぅ……なんとかデートを阻止する事が出来た……)

小鳥(でもクッキーどうしよー!! どうしよう!! どうしよう!!)

P「じゃあ、ご飯行きましょうか?」

小鳥「はーい」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 11:49:08 ID:CXAGMlYZ0

───
──


小鳥「どうしようどうしようどうしようどうしよう」

小鳥「なんでもう日曜日になっているの……私の土曜日はどこに行ってしまったの……」

小鳥「金曜の夜にプロデューサーさんと貴音ちゃんとラーメン屋さんに行って……楽しくお酒を飲んで……」

小鳥「何故か日曜に自分の家にいる……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 11:58:51 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「もしかしたら、金曜にプロデューサーさんと一夜を共にしたのかも!」

小鳥「それで土曜日はプロデューサーさんのお家で手料理を振舞って」

小鳥「イチャイチャして、帰る時なんて 

小鳥『あっ、私そろそろ帰りますね』

P『はい、あっ音無さん忘れ物ですよ』

小鳥『えっ、なんですか?』

P『チュッ……さよならのキスを忘れてますよ』

小鳥『もー、プロデューサーさんったら///』

って事があったに違いないわ」

小鳥「きっと幸せすぎて、脳が忘れてるのね!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 12:01:40 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「えへへ///」

小鳥「うふふふふ」

小鳥「……」

小鳥「はぁ……現実逃避はここまでにしてクッキーを付作らなきゃ」

小鳥「……」

小鳥「本も無い……はぁ、材料も買いに行かなきゃ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 13:21:21 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「な、なによこれ……」

小鳥「バター!! 砂糖!! 多すぎよ!!」

小鳥「んなにカロリーどれだけあるの!? クッキーは魔の食べ物ね……」

小鳥「……春香ちゃん、もしかして私たちを太らす為に作ってきているんじゃ?」

小鳥「……あ、悪魔め」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 13:31:17 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「知りたくも無い現実を知ってしまった……」

小鳥「おっとっと、早くクッキーを作らなきゃ」

小鳥「そうだ、形をどうしよっかなー」

小鳥「くふふ、ハートの形にでもしちゃおうかしら♪」






小鳥「なんで書いてあった通りに作ったのに、焦げちゃってるの~」グスッ


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 13:39:00 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「……むわー!! 作り直しよ作り直し!!」

「ぎゃ!?」

「なんでー!?」

「さ、砂糖何杯入れたんだったかしら?」

「いーやー!!」

───
──


小鳥「も、もう朝……」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 13:50:00 ID:CXAGMlYZ0

ガチャ
小鳥「……おはよーございまーす」

小鳥「まだ、誰もいないっと」

小鳥「はぁ……とりあえず選りすぐりのクッキーを選んて来たけど……」

小鳥「そういえば味見すら忘れてた、ここで一つだけ……」

ガチャ
P「おはよーございます!!」

小鳥「きゃっ!?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:03:53 ID:CXAGMlYZ0

P「あっ、はは、おはようございます小鳥さん」

小鳥「ん? あっ、はいおはようございます」

小鳥「ど、どうしたんですか? きょ、今日は早いですね?」

P「えっと、はは、早く小鳥さんに会いたいなって思って」

小鳥「え”ぇ”!?」

P「はは、照れますけど」

小鳥「そ、それって……」

P「あっ、あと、クッキーも楽しみだなーと思って」

小鳥「き”ゃ”!?」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:13:37 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「ク、クッキー」

P「はい、実はかなり楽しみにしてたんですよ」

小鳥「……あ、あはは」

P「今日、クッキー持ってきてもらってますか?」

小鳥「は、ひゃ、ひゃい!! これです」

P「へへへ、ありがとうございます」

小鳥(しまった!? 勢いで渡してしまった!)


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:17:16 ID:CXAGMlYZ0

P「では、いただきます」

小鳥(あわわわわわわ)

パクッ
P「……」

小鳥(あわわわわわわ)

P「もぐもぐ」

小鳥「ど、どうですか?」(あわわわわわわ)

P「……」


P「すごく美味しいです」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:21:36 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「ほ、本当ですか!!」

P「はい、しっとりとしてて甘くておいしいです。しっとりしてて」

小鳥「よ、よかったです~」

P「料理も上手だから、やっぱり菓子作りも上手なんですね」

小鳥「え、えへへ」

P「っと、すいません、ちょっとお手洗いに」

小鳥「はい」



小鳥「よかったー! 小鳥大勝利ー!!」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:29:31 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「えへへへ、褒められちゃった」

ガチャ
響「はいさーい」

小鳥「おはよう、響ちゃん。今日も元気いっぱいね」

響「うん。自分、元気あり余って走ってきちゃったぞ」

小鳥「そうなの、うふふ」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:34:41 ID:CXAGMlYZ0

響「なんかピヨ子ご機嫌だな……あれ、これクッキー?」

小鳥「えぇ、そうよ」

響「自分お腹すいちゃって……これ、ちょっともらっていいか?」

小鳥「いいわよ、どうぞ」

響「ありがとー、いっただきまーす」

小鳥「ふふっ」






響「うわっ、このクッキーパッサパサだぞ!! それにめちゃくちゃ甘い!!」

小鳥「!?」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:39:58 ID:rlgTP6Ai0

小鳥の肌もパッサパサ


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:40:33 ID:aywhO4On0

>>151
屋上


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 14:47:24 ID:CXAGMlYZ0

響「うがー、自分ちょっと水買って来るさー」

小鳥「そ、そんなはずは……」パクッ


  \\                                         //
   \\ 口 の 中 パ ッ サ パ サ だ よ パ ッ サ パ サ//
     \\                                  //

小鳥(パッサパサ……)

P「小鳥さん、お茶淹れてきましたよ」

小鳥「うぅ……プロデューサーさん」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 15:07:31 ID:CXAGMlYZ0

P「どうしたんですか?」

小鳥「本当にクッキー美味しかったですか?」

P「はい、すっごく美味しかったですよ」

P「また作ってきてもらえたら嬉しいです」

小鳥「プロデューサーさん……」

小鳥(こんな逆カントリーマームにこんな事を言って貰えるなんて……)

小鳥「あー、もう……プロデューサーさん大好きです」

P「えっ」

小鳥(ドゥワ!? わ、私はいきなり何を言ってるんだ!?)

P「えっと、俺も小鳥さんの事好きですよ」

小鳥「ドゥワ!?」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 15:16:12 ID:CXAGMlYZ0

P「土曜にあれだけ言ってたのに、改めて言うと恥ずかしいですね」

小鳥「……土曜?」

P「はい、あの時は晩飯まで作ってもらってすいませんでした」

小鳥「……」

P「小鳥さん?」

小鳥「……その小鳥さんって呼び方も?」

P「付き合う事になったんだし、折角なら名前で呼ぶ方がいいかなと」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 15:19:42 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「」

P「小鳥さん?」

小鳥「」

P「大丈夫ですか?」

小鳥「」

P「あのー……」

小鳥「妄想じゃなかったー!!」

P「うわっ」ビクッ


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 15:27:45 ID:CXAGMlYZ0

小鳥「プロデューサーさんは私の彼氏なんですよね!?」

P「そ、そうですね」

小鳥「わーい、えへへ、えへへ///」

P「ど、どうしたんですか急に?」

小鳥「プロデューサーさん♪」

P「は、はい?」

小鳥「えへへー、私今すごい幸せです」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 15:43:04 ID:CXAGMlYZ0

P「俺も幸せですよ」

小鳥「きょ、今日プロデューサーさんのお家に行ってもいいですか? と、当然お料理とかしにです」

P「大丈夫ですよ」

小鳥「ま、毎日行ってもいいんですか?」

P「全然大丈夫ですよ、小鳥さんの料理楽しみですし……それに、小鳥さんは俺の彼女ですから」

小鳥「ふへへ/// 大好きですプロデューサーさん///」

P「はい、俺もですよ」




小鳥「あっ、じゃあクッキーもまた今度作ってきますね」

P「それはちょっと……」

おわり


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 15:45:20 ID:lSWni7lx0

乙ピヨ


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 16:18:15 ID:40GaeoYC0

大義であった

クッキーはあとで貴音が美味しくいただきました


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 16:38:52 ID:LEKVJCFB0

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/ZAJsSjV.jpg


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17 18:39:26 ID:yLlUkf8k0

大層乙であった


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1366158800/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。