ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョセフがジョースター教を広めているようです


1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:20:02.26 ID:orYr4dSL0
ある日突然、ジョナサン=ジョースターの人生は、
忘却の彼方に消え去りました。

それは世の中の人々には決して知られることのない影の歴史です……


あの時……
わたしエリナ=ジョースターの体内に宿りつつあった『新しい生命』。

狂信的なまでの施しの精神。『ジョースター教』の教えは、
彼の子孫たちによって受け継がれていきます。





※前作「ダリオ=ブランドーがジョースター教にハマりました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368706527/

の続編で、『ジョジョの奇妙な冒険』第二部を元にした想像のお話です。

拙い文章ですが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1369110002
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:22:59.29 ID:orYr4dSL0
前作の『あらすじ』


ダリオ=ブランドーは、偶然の出会いから、
宗教『ジョースター教』へと入信してしまう。

その狂信ぶりは家族へ多大なる迷惑を与え、
息子ディオは一家を狂わせたジョースター家への復讐を決意。

その後ディオはジョースター家の養子となり、家督の乗っ取りを画策する。
しかし、計画は遅々として進まない。
それどころか、孤独や、ジョナサンからの一方的な『施し』を経て、
ディオは辛く苦しい青春時代を過ごすこととなる。

7年後。石仮面を用い吸血鬼と化したディオは、
その野望をスピードワゴンにより打ち砕かれ死の間際に追い込まれてしまうが、
狂信者と化したジョナサンの命を捨てた『施し』により、その命を救われることになる。



そしてこの時、エリナのお腹にはジョナサンとの『子供』が宿っていた。
ここから49年の時が流れる。

子供の名は『ジョージ』といい、ジョージの息子は『ジョセフ』という。


『ジョースター教』の物語は、ここから第二のスタートを切るのだッ!!
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:23:38.17 ID:orYr4dSL0
第二部『宗教潮流』
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:30:12.65 ID:orYr4dSL0
我われはこの老人を知っている!
いや!このまなざしとこのキズを知っている!

石油王となったスピードワゴン!

彼はこれからメキシコに『あるもの』を見に行く。
SPW財団の遺跡発掘隊が発見した、彼らしか知らない『あるもの』を!


スピードワゴン「ま、まさかこの『ミイラ』は……!」

発掘隊「このミイラが当時のどういう人物の『遺体』なのかはいまだ調査中です。
しかし、この保存具合から見て。これはおそらく……何らかの『聖人』のもの」

スピードワゴン「この遺跡に『聖なる遺体』がッ!!」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:34:14.47 ID:orYr4dSL0
『聖なる遺体』!

これこそ!この物語の核心にせまる最大の謎!
究極の宗教家になりうる、最大のパワー源!!



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:44:43.20 ID:orYr4dSL0
- ニューヨーク -

サッ!

販売員「ヘイ!イギリスのにーちゃん!
盗られたのはあんたの財布だァ!いるんなら追っかけなよ!」

ジョセフ「……盗られた?追いかける?そんなことはしねー。
これはあの黒人への『施し』だからな……」


スモーキー「なんだァあいつは!一向に追ってこねえ。
よし!もう姿も見えねえッ!逃げ切ったぜ!」

ガシッ!

スモーキー「あっ……!」

警官「よお!スモーキー!とうとう捕まえたぜ現行犯だッ!!」

ドゴッ!バキ!ドカ!

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:52:46.09 ID:orYr4dSL0
スピードワゴン「いったい何者なのか……この遺体の正体は!?」

発掘隊「そしてさらにです……スピードワゴンさん。
これからあなたが遺跡の奥で目撃するものは……」

スピードワゴン「この遺跡の奥にさらに何かあると?
な…なんだ!?こ…この『柱にいる男』は!?『石仮面』もこんなにたくさんッ!」

発掘隊「アミノ酸がある!細胞がある!微妙ながら体温がある!
脈拍がある!生きているんです……『こいつ』はッ!!」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 13:58:52.82 ID:orYr4dSL0
ババババルル!ズバズバッ!ズバ!

発掘隊「!? や、刃のついた帽子で…発掘隊の人間をこ…殺した!?
こ、これはいったいスピードワゴンさんッ!?」

スピードワゴン「……わたしはどんどん老いる。老いは止められん。
わたしは50年前の戦いの時、ひそかにディオとジョースターに憧れた……
あの強さに美しさに、不老不死に!そして宗主として、狂信者を育てるカリスマに!
人の心を狂わせる程の『教え』の力!わたしも石仮面と遺体の力が欲しいと思う!」

発掘隊「き…気でもちがったかスピードワゴ……」

ゴシャア!

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 14:05:57.21 ID:orYr4dSL0
- レストラン -

スモーキー「(いてて……財布一つでひでー目にあったぜェ~。
なんとか逃げ出せたがよォ、とりあえず飯でも食べよう……)」

ジョセフ「(おッ、これは偶然。さっき財布を『施した』黒人がいるぞ)」

メリケンチンピラ「この店はよォ~、
あんなクセーブタ野郎を入れてんのかァァァ~~~!?
この店はブタがブタを食ってもいいのか~~~ッ!ハーーーッ!!」

ジョセフ「まぁ、感じ方は人それぞれ。
おれ達には関係ないね、エリナばあちゃん」

エリナ「その通りよジョジョ。個人の主義主張は勝手ですもの」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 14:10:51.12 ID:orYr4dSL0
マフィア1「マダム…あなたはエリナ=ジョースターさんですね?
わたしはスピードワゴンさんに大変世話になってやしてね。
さっき知った裏の情報ですが、スピードワゴンさんが発掘隊を皆殺しにしましたぜ」

ジョセフ「!?」

エリナ「でも…わかるような気がする……
スピードワゴンさんがかつて話してくれた『石仮面』と『ディオ』。
それにまつわることのような気がする……」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 14:16:32.48 ID:orYr4dSL0
- 夜 -

マフィア2「マダム…あなたはエリナ=ジョースターさんですね?
わたしはスピードワゴンさんに大変世話になってやしてね。
さっき知った裏の情報ですが、スピードワゴンさんが殺されましたぜ。
うわさでは、殺ったのはナチス軍の『シュトロハイム』という男……」

ジョセフ「!?」

マフィア「そしてその『シュトロハイム』より、
ジョセフ=ジョースターに伝言です。『ローマ』に行け、と。
スピードワゴンからの『餞別』をくれてやる、とのことです」

ジョセフ「餞別だと!?そして…ローマだァ~~~?」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 14:30:46.25 ID:orYr4dSL0
- 数時間前 -

スピードワゴン「……わたしを殺すのはいい。
しかし、発掘したこの『遺体』だけはッ!
必ず『ジョセフ=ジョースター』に届けてくれ!必ずだッ!
この遺体は、『柱の男』に対抗できる可能性を秘めている……!」

シュトロハイム「……死の間際の願いがそれでいいのかァ~~?
まぁ…『石仮面』さえあればそんな遺体なぞどうでもいい。
柱の男たちへの対抗策になるかもしれんのだな?わかった。
その遺体は、柱の男たちがいる、イタリアの我が軍のもとへ送らせよう」

スピードワゴン「(『聖なる遺体』。わたしには何も道を示さなかった。
だがジョースター教の教えを継ぐ、『ジョジョ』ならば……
この遺体の持つ力を引き出せるかもしれないッ!!)」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 14:41:16.89 ID:orYr4dSL0
- イタリア ローマ -

ジョセフ「ンめーじゃあねえかッ!このスパゲッティーッ!」 ズビズバー

「これは君へのプレゼントだよ、シニョリーナ。
そしてたのみがあるんだカワイイ人。
毎晩ベッドに入る前…これをはずす時ぼくのことを、必ず思い出して欲しいんだ」

ジョセフ「おおッ!あのイタ公、
まっ昼間からいちゃついてるぜ。お熱いのオォ~~」

「ネックレスにおまじないをするよ。君に愛の魔法がかかるように。
そして君の唇にも魔法がかかるように……」

ウェイター「シーザー=ツェペリ様。シュトロハイムという方から電話がはいっております」

シーザー「『シュトロハイム』。ママミーヤ。わかった今行くよ」

ジョセフ「あのスケコマシが!おれが会いにきたツェペリだったのかッ!!」

ウェイター「あれ?申し訳ありません、
既に電話が切れてしまっておりました……
(切れる寸前、叫び声と爆音が聞こえたが……)」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 14:49:43.29 ID:orYr4dSL0




シーザー「……『波紋』を、全く知らないのか……?
シュトロハイムが『スピードワゴン曰く、才能のある奴』と
言うから少々期待していたのだが……ガッカリしたよ。こんな奴と組むのか?」

ジョセフ「そ…それはすまねえ。その『波紋』とは違う、
何か別の才能のことを言ってるんじゃあねーか?
(ただ、おれに『信仰心』以外の取り柄って何かあったかァ~~~?)」

シーザー「……波紋以外か、そうかもな。相手は『柱の男』……
では『戦い』の才能を見せてもらおう。この『女の子』には勝てるかな?」

ガッバァ!

ジョセフ「!? キスの『波紋』で女の子を操ったのか!?」

ドガ!ドカッ!バキ!



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 14:59:25.49 ID:orYr4dSL0
シーザー「……女の子にすら勝てんとはなあ~~~。
しかし、いくら殴られても全く抵抗しなかったな。
むしろもっと『殴ってくれ』という感じだった。なにか理由があるのか?」

ジョセフ「先祖代々の教え……
おれの信仰する『ジョースター教』の教えに従ったからだ」

シーザー「ジョースター教?それは、どんな教えなんだ?」

ジョセフ「いかなる『敵意』を向けられようとも、それに応じてはならない。
敵意に対し敵意を返しては、その波が大きくなるだけだからな。
ジョースター教は逆に考える。もっと『殴ってくれていいさ』とな」

シーザー「そうか。まぁ……悪い奴じゃあなさそうだし、
『先祖代々』の教えを忠実に守るのはけっこう好感持てるな。
わかった、コンビを組もう。よろしくなッ!ジョセフ=ジョースター!!」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:06:53.10 ID:orYr4dSL0
- 真実の口 地下 -

ゴゴゴゴゴゴ…

ナチス「ひ…『柱の男』の額が、ハト時計の扉のように開いたぞッ!」

隊長「落ち着けィ!こいつは紫外線の照射をあびているのだ、動けんッ!
いったいなんなのか……注意して調べろッ!
(本日報告のあったメキシコのシュトロハイム隊の全滅……
これはよい教訓となった。紫外線はこいつらを岩石の状態のままにしている……
この安全策を知ったのだからな)」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:13:34.26 ID:orYr4dSL0
ナチス「いったいどうなっているのだ。影になっていてよく見えないぞ…。
覗いてみよう。な…なんか音が……」

ドショオッ!

ナチス「うあああああ!つ…つ…つのがッ!
ま…まさかッ!こいつッ!……目覚めているッ!!」

バルバルバルバル!!
ボッゴオッ!!ビシャアアーーッ

隊長「ううッ!?ち…血と脳漿で紫外線の光球を…か、影にしたーーーッ!?
し…紫外線は!こいつにはきかないのかッ!?
メキシコの『柱の男』は動けないというのにッ!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:16:55.40 ID:orYr4dSL0
ワムウ「作った光でこのワムウを縛ったままにできるかッ!」

シュオオオオ

ナチス「うわああああ!手がッ!?くっついているッ!?
す…すわれる!!」

ドキュウーーン! パタパタパタパタ

ワムウ「目覚めたまえッ!わがあるじ達よ!!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:21:36.32 ID:orYr4dSL0
ワムウ「人間どもの会話からですが…海を渡った地(メキシコ)では、
サンタナがこの貧弱な光を発する機械に屈したとのこと……。
まさか……『波紋の一族』の仕業では?」

エシディシ「二千年前に我らが全滅させたはずのやつらが、
生き残っていたのだ……『間違いない』」

カーズ「『波紋の一族』か……。
また蹴散らせばいいこと。それよりも、『エイジャの赤石』だ」

エシディシ「『エイジャの赤石』!」

ワムウ「ローマ皇帝が持つといわれて探し求めてきた、『エイジャの赤石』……」



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:25:01.50 ID:orYr4dSL0
ジョセフ「なあシーザー。おれにもよォ、
その『波紋』とやらは可能か?
やってみたいんだ!おせーて!おせーてくれよォ!」

シーザー「まぁ、一時的になら、君の肺を動かす横隔膜の筋肉を刺激して、
軽い波紋なら作れるようにできるが……」

ジョセフ「ほんとうか!やってくれッ!!」

シーザー「わかった。いくぞ!パウッ!」

ドス!

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:34:15.99 ID:orYr4dSL0
ジョセフ「おおおオオ~~~ッ!?練れる!『波紋』が練れるぜッ!
……ところでシーザー、スピードワゴンの『餞別』のことは聞いてるかい?」

シーザー「ああ。これから『それ』を受け取りにいく」

ギャキイイィィ!

ジョセフ「車!? なんだァ~~~ッ!?あいつはナチスだッ!」

シーザー「ナチスのOKが出たようだ。『柱の男』はナチスが警備している!
餞別もそこに届いている!
そして彼がわれわれを案内してくれるのだ!」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:46:49.76 ID:orYr4dSL0
- 真実の口 地下 -

ジョセフ「ん?あそこに棺が……どうやら、これがスピードワゴンの餞別らしいな。
中に入っているのは……『遺体』!?
ミイラ化している遺体だッ!スピードワゴンは、なぜこんなものをおれに……」

ゴゴゴゴゴゴ…

マルク「お…おかしい!ここにいるはずの我が軍の見張り番がいないッ!?
……ああああ!これはッ!?」

ジョセフ「ぜ…全滅しているぞォ!おいドイツ野郎!
そっちへ行くんじゃあねえ!なにか潜んでいるぞ!!」

シーザー「目覚めているッ!逃げろマルクーーーッ!!」

トン スカッ

カーズ「今はとりあえず人間世界の変化ぶりを、見学に行くとしよう。
2000年ぶりだからな、楽しみだ……」

エシディシ「いくぞ、ワムウ」

ワムウ「ハッ!」

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:49:15.32 ID:orYr4dSL0
マルク「ああああ…あああ~~~!
こ、殺してくれッ!だ…だんだん痛みを感じてくる……!
は…はやく…ぼくを殺してほしい…」

ジョセフはマルクの心臓部に手を当て、波紋を流した!
シュゴオオォァ

マルク「あ…ありがと……う、ジョ…ジョ……は…波紋で心臓を……」

ガク…

カーズ「ムウッ!?あれは『波紋』!
生き残っておったかッ!『波紋の一族』がッ!」

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 15:55:45.19 ID:orYr4dSL0
ゴゴゴゴゴゴ…

ジョセフ「……一つ聞きたい。なぜおまえらは人間を殺す?」

カーズ「貴様ら人間は、『蟻』を踏みつぶすのに理由があるのか?」

ジョセフ「……なるほど。何の『教え』もなく『ただ生きてきただけ』ってわけか。
哀れな生物だな。このおれが『施し』をかけてやるぜ。おまえたちを『救おう』」

ワムウ「『哀れ』だと?『施し』だとッ!?『救う』だとォォーーッ!!?
図に乗るなよ貴様ァーーーッ!!」

シュタァ!

ワムウ「闘技!『神砂嵐』!!!」




30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 16:07:27.94 ID:orYr4dSL0
『左腕を関節ごと右回転!』
『右腕をひじの関節ごと左回転!』
『そのふたつの拳の間に生じる真空状態の圧倒的破壊空間は!
まさに歯車的砂嵐の小宇宙!!』

ジョセフ「我が心と行動に一点の曇りなし。すべてが『救済』だ」

シーザー「ジョジョ!避けろッ!避けるんだッ!!
ジョジョオオォォーーーーッッ!!……ハッ!?」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 16:09:32.48 ID:orYr4dSL0
ビカアアァァーーーッッ!!

シーザー「い…遺体がッ!ミイラ化した『遺体』が!光っている!?
こ、これはッ!?まっ、まぶしい!この輝きはッ!
目…目がくらむッ!げ、限界なく明るくなるぞおおォォーーッ!」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 16:18:14.80 ID:orYr4dSL0
シーザー「ハッ!? み…見えたぞ。は…『入った』!
遺体が!ジョジョの……『体の中』にッ!!」

ドドドドドド…

ジョセフ「……」

エシディシ「な…なんだ?や…奴が、
あ…あたたかい輝きの中にいるように見えるぞ……」

ワムウ「カ、カーズ様……何か変です…奴……いや!
『ジョジョ様』に対して、敬いの感情が湧き上がってきますッ!」

カーズ「このカーズもだ…!崇めるだとか、敬うだとか、奉るだとかの……
そう!ヒンドゥーやユダヤを『信仰』する者が持っているであろう気持ち!!」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 16:18:45.04 ID:orYr4dSL0
『宗教!』

そのすてきな好奇心が柱の男たちを行動させたッ!

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 16:19:33.43 ID:orYr4dSL0
- 数ヶ月後 -

ジョセフ「……本日の話はここまでだ」

ワムウ「本日も素晴らしいお話でしたね、カーズ様、エシディシ様」

カーズ「そうだな。我々は『神』になりたかった。
その為に石仮面を作り、赤石の行方を追った。だが……それは間違いだったようだ」

エシディシ「『天』におわす神は『地上』を作り、人間や、我々を生み出した。
上から下へ生まれ落ちた我々は、いつしか『上』を望むようになった。
すなわち、『神の傍』に帰りたいのだ。
我々は神になりたかったのではない。ただ、『帰りたかった』だけなのだ……」

カーズ「その通りだ、エシディシ。
そしてこの教えを守り続けることが、きっと『帰る』為の唯一の手段……」

ワムウ「ジョースター教では、他人の主義主張に寛大です。『帰り』を望む者同士の争い。
つまり『横』の争いに意味がないことを、理解しているからなのでしょう」

エシディシ「そうだな。しかし結局人間は、自分の目の前の利益を求める者が大多数だ。
我々が長い年月をかけ、『施し』をかけていかねばなるまい」

カーズ「ああ……これが『信仰』の心だ。
我々はジョジョ様に『出逢う』ために、何万年もさまよってたのかもしれぬ……」



≪ジョセフがジョースター教を広めているようです -完-≫

火) 16:20:20.62 ID:orYr4dSL0
遺体は『誰』のイメージか

ジョセフがこの話で手に入れた聖なる遺体は、SBRの『イエス様』ではなく、
『モンテスマ(モクテスマ2世)』をイメージしております。


モンテスマは、メキシコにかつて存在した『アステカ帝国』の第9代君主である。
在位期間は18年、1520年に死亡している。

生贄文化の有名なアステカではあるが、
メンドーサ古写本に含まれている年代記曰く、
モンテスマ自身は、
「教養があり、また占星術師として、哲学者としてすべての技芸に優れた人物」
であったらしい。

聖人の意味は『高い学識・人徳や深い信仰をもつ、理想的な人。聖者』
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/05/21(火) 16:20:56.13 ID:orYr4dSL0
宗教は否定しませんが、『狂信』は危ないと思うのです。


最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

それでは。
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/05/21(火) 16:29:15.85 ID:8/w6e73zO

行き過ぎダメ絶対
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。