ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダリオ=ブランドーがジョースター教にハマりました



1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 21:15:27.35 ID:q2oN2ERR0
ダリオ「ウヘヘヘヘヘヘヘ。おい見ろよッ!事故だぜッ!」

酒場の女「ちょっとォだんな!あたしゃ関わり合いはゴメンだよォ」


1868年の雨の日……崖から落ちた貴族の馬車を見つけたんだ。

それが運命の始まりだった。運命の出会い――


ジョースター「き……君が介抱してくれたのか。ありがとう……」

ダリオ「(こいつ…おれを命の恩人と思っているようだぞ。ケケケ!)」

ジョースター「礼をさしあげようと思ったが……
なるほど。既に財布や指輪は『盗った』というわけか……『君』がッ!!」

ダリオ「ひ…ひいいいィィィ!?おれが盗んだと、ばれてやがるッ!?」

ジョースター「……しかし逆だ。
『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ」

ダリオ「え……!?」

ジョースター「『施し』の精神こそが、我が『ジョースター教』の教え。
持っていきなさい。財布も指輪も……」

ダリオ「お…おまえ……。いや!『あなた様』は……!!」





『宗教!』

そのすてきな好奇心がダリオを行動させたッ!





※『ジョジョの奇妙な冒険』第一部を元にした想像のお話です。

拙い文章ですが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1368706527


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 21:23:52.54 ID:q2oN2ERR0
ダリオ「聞こえねえのか……ディオ……
ゴホッ、ゴホッ!ゴホ、ゴホ、ゴホ……」

ディオ「なんだい父さん、薬かい?」

ダリオ「い、いいや薬はいらねえ……ディオ!
ちょいとここへ来い。話がある。
おれはもう長いことねえ……わかるんだ……。じき死ぬ……」

ディオ「……」

ダリオ「いいかディオ。ゴホッ!おれが死んだらこの手紙を出して、
この宛名の人の所へ行け!おれは『この方に恩がある』……
晩年、おれはこの方への奉仕ができなかった。
だから、おまえは一生をかけてこの方へ尽くすんだぜ!」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 21:29:00.73 ID:q2oN2ERR0
『DARIO BRANDO  BORN 1827 DEAD 1880』

ディオ「醜くってズル賢こくって、何かあれば『ジョースター、ジョースター』。
母に苦労をかけて死なせ……最低の父親だったぜ!
ひとりでも生きられるが、利用できるものはなんでも利用してやる!
だからこのジョースターとかいう貴族を利用して、だれにも負けない男になるッ!」

ディオ「くずめッ!」 ペッ

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 21:35:33.00 ID:q2oN2ERR0
ジョナサン「君はディオ=ブランドーだね?」

ディオ「そういう君はジョナサン=ジョースター」

ワンワンワン!

ジョナサン「紹介するよ、ダニーってんだ!
心配ないよ!決して人は噛まないから」

ボギャアアッ!

ディオ「(犬を蹴り上げたッ!
こいつがジョジョか。こいつを精神的にとことん追いつめ……)」

ジョナサン「なっ!急に知らない犬が走ってきてビックリしたのかい!?
ディオ!許してくれーーッ!」

ディオ「(な…なんだと!?)」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 21:42:16.91 ID:q2oN2ERR0
ジョースター「ディオ……ダニーの事はもういいね?」

ディオ「は…はい。
(くそッ!調子が狂う……。本当は一言『許さん』と言って欲しいくらいだ)」

ディオ「!」

ガシッ

ディオ「何してんだ?運ぶつもりか?
気安くぼくのカバンにさわるんじゃあないぜ!」

ジョナサン「申し訳ないッ!
ぼくの手は犬のヨダレでベトベトしているかもしれないしね!」

ディオ「(何か……早くも寒気がしてきた)」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 21:47:15.25 ID:q2oN2ERR0
どれだけ貧しくとも、どれだけ人に罵られようとも、
『誇り』だけは忘れずにディオは生きてきた。

しかし、それまで『誇り』を頼りに生きてきたディオの生活は、
とても辛いものとなるのだった。

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 21:54:52.10 ID:q2oN2ERR0
ジョースター「また間違えたなジョジョ。
6度目だッ!同じ基本的なまちがいを6回もしたのだぞッ!
しかし!何度も続ければいつかはできる!頑張ろうジョジョ!」

ディオ「(……そこは叱るべきだろうがッ!)」


ジョースター「ジョジョ!おまえはそれでも紳士か!
作法がなっとらんぞッ!作法が!ジョジョの食器を追加したまえ。
今晩はとことん作法を学ぼう、ジョジョ!」

ディオ「(おれはこの父がジョジョを『あまやかしていた』のを悟った。
養子として恥ずかしいッ!おれの作法は完璧だぞ!?)」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:03:22.19 ID:q2oN2ERR0




ディオ「味わいな!このままッ!!親指を!
こいつの!目の中に……つっこんで!殴りぬけるッ!」

ズボォ!ブッギャア!


観衆「すごい防御テクニック!それに見た事もない花火だッ!」

ディオ「特別ここにいる者だけに教えてやってもいい。
でもジョジョには絶対教えるなよー。あいつはすぐ秘密をもらすヤツだからな」

観衆「いや、ジョジョはそういうことは決してしない」

観衆「おい!ジョジョの目から血が出ているぞ!ディオが何かやったんだ!」

観衆「ディオは卑劣な奴だ!」

観衆「かーえーれ!かーえーれッ!!」

ディオ「(こ…このディオがブーイングを受けているだとッ!?)」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:10:49.65 ID:q2oN2ERR0
ディオ「おーい!みんな登ってこいよ!隠れてパイプふかそう」

モブ「おい変なのがなんか言ってるぜ。
向こう行こう。ここで遊ぶのはあぶないぜ……」

ディオ「くそッ!ジョジョ!
あいつさえいなければ…!!」



ジョナサン「『孤独』は人間をカラッポにするからな。
ディオが無気力なフヌケになる前に、何とかしてあげないと……」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:17:12.14 ID:q2oN2ERR0
ディオ「? 誰だあの女の子。おれをじっと見てた……ブドウ?」

ディオ「おれへの……『プレゼント』かな?
ブドウありがとう!明日もここにいるから君もおいでよォーーッ!」

ディオ「フフフ…あらためて思い出すに、
あの子バツグンにカワイイぞ!」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:21:50.62 ID:q2oN2ERR0
『恋!』

そのすてきな好奇心がディオを行動させたッ!

たちまちディオと女の子は友達になり、ディオは彼女に夢中になったッ!


ディオ「(エリナ…エリナか。なんてカワイらしい名だろう!)」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:26:27.04 ID:q2oN2ERR0





ディオ「フフ…そろそろ見せてもいいかな……」

『DIO×ERINA』

エリナ「まあ!ディオったら『いけないひとッ!』」

ディオ「ねえ一言…『うれしい』と言っておくれよ」

キャッキャッ


ディオ「じゃあなーっ、バイバーイ」

ディオ「ん?エリナ……ハンカチを忘れていってるぞ。
どれ届けてあげないと……ん?あれはエリナと……ジョジョ!?」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:27:26.22 ID:q2oN2ERR0
ズキュウウウン!

ディオ「!?」

モブ「やっ、やったッ!!」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:33:24.18 ID:q2oN2ERR0
ディオ「(お…おれは何を見ているんだ……。
ジョナサンとエリナが、『キス』をしている……)」

ジョナサン「エリナ……もうディオとキスはしたのかい?」

ディオ「!?」

エリナ「するわけないわ。
彼とは『あなたの頼み』で遊んでいるだけだもの」

ガサッ

ジョナサン「!?」 エリナ「!?」

ディオ「ど、どういうことだ……どういうことだジョジョーーーーッッ!!!」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:37:28.90 ID:q2oN2ERR0
エリナ「ディオ、それ以上近づかないで。行きましょう、ジョジョ」

ディオ「ま、待て!エリナ!?いったいこれは……」

モブ「見ろよディオのなさけねぇ姿を!ウヒヒヒヒ」

モブ「おい言ってやれよ!なぜ彼女があんな態度をとるのかをよ!」

モブ「やだよ。オレ、ディオが悲しむ姿を見たくねーモンッ!
ウヒャヒャヒャヒャ!」

ジョナサン「おまえらやめろッ!ぼくはディオの為を思って……」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:39:18.56 ID:q2oN2ERR0
ディオは理解した。

エリナはジョジョに『頼まれて』、おれと遊んでいただけだったのだ。
しかし……これはエリナへの『侮辱』だ。彼女の心を弄んでいる。



ディオ「彼女に対する『侮辱』が許せないッ!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:40:10.57 ID:q2oN2ERR0
ディオ「ジョジョーーーーッッ!!!」

ジョナサン「ぼくは『君の為』を思ってやった。
ただ、それが君の為になっていなかったというなら、
鉄拳による報復も甘んじて受け入れよう」

ディオ「君がッ!泣くまで!殴るのをやめないッ!!」

ドッガァァン!

ジョースター「二人共!道端でなにをやっている!?」

ジョースター「男子たるものケンカの一つもするだろう!
しかしディオ!今のはジョナサンを一方的に殴っていたように見えた!
『ジョースター教』の教えを学ぶ者がすることではない!」

ディオ「こ…これは!」

ジョースター「いいわけ無用!ディオ!あとで君だけに罰を与える!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:40:53.52 ID:q2oN2ERR0
ディオ「こんなに落ち込む気持ち……母さんが死んだ時以来だ。
みじめで……苦しくって……寒くって……」


そして――

7年の歳月が経過する――

ディオはひとりぼっちのままどのように成長していくのだろう


石仮面は――

静かに時を待つ…


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/17(金) 08:13:19.40 ID:ds1T922v0
実況「倒れない!ひきずるぞォジョジョ!しかし4人目ッ!
さすがにぐらついたかーーッ!?ああッ!!」

パッシィ!

実況「パスがとおったァーーーッ!ディオ!
やはり我が校のディオ=ブランドーですッ!」

『トライ!』

ジョナサン「やったなディオ!またまたぼくらのコンビで勝負を決めたなッ!」

ディオ「あ…あぁ」

ジョナサン「この勝利をさっそく父さんに報告しなくっちゃあな。
ディオ、着替えたら待っててくれ。いっしょに帰ろう」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 08:22:35.97 ID:ds1T922v0
新聞部「ジョジョ!ディオ!学園の新聞に、
君たちの友情について書くけど話してくれないか?」


ディオ「(オレはジョースター家の正式な養子になった。
7年か……あれから7年も経つ。
今……ジョジョとあんな会話をしていたけれど、
正直おれはヤツに対して友情を感じていない。
形はどうあれ、あんなにやさしくしてくれているのに……)」


ジョナサン「(友情?そんなものとは違う。
これは『施し』だ。哀れなる存在への『恵み』に過ぎない。
ディオはぼくの兄弟だ。ぼくには責任がある。
彼の心は、このジョナサン=ジョースターが支える。
『ジョースター教』の一員として……)」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 08:30:01.38 ID:ds1T922v0
ジョースター「ゴホッ!ゴホッ!」

ジョナサン「父さん、気分はいかがですか?」

ジョースター「だいぶいいよ……ゴホッ。
ただ咳が止まらないな」

ディオ「(よし……『薬』が効いているな。
このディオが受けた屈辱は必ず晴らしてやるぞ。
『侮辱する』という行為に対しては、神は殺人も許してくれるはずだ)」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 08:37:17.78 ID:ds1T922v0
ジョナサン「ディオが言ってたな。『考古学が金になるのかい?』って。
石仮面……この秘密を解いて、一大センセーションをまきおこせればいいな」

ジョナサン「あ!しまった!」

ドサドサドサ

ジョナサン「父さんの本の間に古い手紙が……『ダリオ=ブランドー』だってッ!?」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 08:47:59.16 ID:ds1T922v0
執事「いつもすみません、ディオさん」

ディオ「薬をあげる事ぐらい、たやすいさ」

ゴソゴソ…

ジョナサン「ディオ。今……その薬どうした?」

ディオ「……」

ゴゴゴゴゴゴ…

ジョナサン「7年前、君のお父さんが出した手紙。偶然見つけたよ。
君の父の症状は……ぼくの父さんと同じ症状だーーーッ!!
いったいこれはどういう事だッ!
その薬……調べさせてもらう!」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 08:57:04.97 ID:ds1T922v0
ディオ「ジョジョ!その薬を調べるということは、
友情を疑う事!『友情』を失うぞッ!」

ジョナサン「『友情』だって?……ぼくと君がかい?
そんなもの、初めからあるわけがないッ!
今の言葉で疑惑が確信に変わったぞッ!
君はぼくの優しさを、憐れみを、そして『施し』を裏切った!
恩を仇で返そうなどという輩は許さんッ!!」

グオオオン!

ディオ「うう!?も、持ち上げられる!?
こ…こいつなんて力だッ!ぐあああッ!?」

バゴォオンッ!!

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 09:02:19.14 ID:ds1T922v0
その時!一階の床に叩きつけられディオが吐いた血が、
『石仮面』に付着した!

ビイイイン!

ディオ「!?」



ジョナサン「父にはもう近づかせんッ!この薬を分析して、
必ず刑務所にぶち込んでやるぞッ!!」

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 09:06:43.67 ID:ds1T922v0
この後は、『原作通り』に時は流れる――


ジョナサンは食屍鬼街でスピードワゴンを仲間にし、薬の証拠をつかんだ。

一方ディオは酒を飲まずにいられず、結果『石仮面』の吸血鬼化の秘密を知る。


そして、ジョースター邸では食屍鬼街から戻ったジョジョが、
ディオの帰宅を待っていた……

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 09:16:28.00 ID:ds1T922v0
ディオ「どうした執事!?なぜ邸内の明かりを消しているッ!?」

シュボ!

ジョナサン「……解毒剤は手に入れたよ。つまり『証拠』は掴んだ。
残念だよディオ。君も『ジョースター教』の教えを継ぐ者と信じていたのに…」

ディオ「ご、誤解だよジョジョ!ぼくは悔いているんだ!
『施し』を裏切ってしまったことに!その証に戻ってきたんだ!
逃亡しようと思えば外国でもどこへでも行けたはずなのに!」

ジョナサン「た…たしかに!」

スピードワゴン「ジョースターさん気を付けろ!信じるなよ、そいつの言葉を!」

ディオ「ヌムッ!?」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 09:28:13.77 ID:ds1T922v0
スピードワゴン「この東洋人の顔に見覚えがあるだろうッ!!」

ワンチェン「……」

ディオ「!?」

ジョナサン「この東洋人が君に毒薬を売った証言はとってある」

ジョースター「話は全て聞いたよ。君のお父さんはわたしをよく慕ってくれた。
君にも『施し』の精神がいつかわかる日がくると思っていたが……」

ディオ「ここまでか……わかりました、逮捕されますよ。
だがせめてジョースター卿。あなたの手で手錠をかけて欲しい」

ジョースター「わかった……わたしが手錠をかけよう。
罪は罪だ。しかし、罪を償ったら……
また一緒に『ジョースター教』の教えを学ぼうじゃあないか」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 09:38:30.11 ID:ds1T922v0
ゴゴゴゴゴゴ…

ディオ「ジョジョ…人間ってのは能力に限界があるよな。
人間を越えるものにならねば……」

ジョナサン「なんのことだ?なにを言っているッ!?」

ディオ「おれは人間をやめるぞ!!そしてジョースターッ!
貴様さえいなければッ!
ブランドー家は狂わなかったんだよオオォォーーーッッ!!」

ジョースター「こ…これはッ!?ナイフと『石仮面』!!」

ドス!
ベットリ…

警部「奴を射殺しろーーーッ!!」

ドガガガガーン!

ディオ「うわっはははははーーーーッッ!!!」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 09:46:23.28 ID:ds1T922v0
ジョナサン「ああ……なんてことだ。父さんの信念が、
『施し』の精神が、こんな結果を招いてしまうなんて……」

ジョースター「ジョ…ジョ……。
『施し』を受けなかったからと言って、暴力に走ってはいかん……。
施しを受けない者にはな…逆……だ。
もっと大らかで、やさしい…更なる『施し』をかけて……あげるんだ。
その者を『救えるまで』……な……」

ジョナサン「父さん……」

ジョースター「悪くないぞジョジョ……
息子の腕の中で死んでいくと……いう…のは……」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 09:54:47.43 ID:ds1T922v0
警部「ジョースター卿ーーーッ!!死んでしまったらおしまいじゃ!」

スピードワゴン「ちがうッ!あの父親の『ジョースター教』の精神は……
息子のジョナサン=ジョースターが立派に受け継いでいる!
ハッ!?
死体が…ディオ=ブランドーの死体がないッ!?」

ドン!

スピードワゴン「さ、サツの旦那の頭が吹っ飛ばされた!?
な…なんだこいつはァーーーッ!?生き返っているッ!」

ディオ「UREEYYYッ!!」

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:01:05.90 ID:ds1T922v0
スピードワゴン「襲って来るぞ!危険だ!ジョジョーーッ!
早く撃て!!早く撃つんだーーーッ!!」

ジョナサン「いいや、ぼくは父さんの『教え』に従い、
ディオを決して攻撃したりはしない!彼を『救う』んだ!
だ か ら 『逃げる』ッ!!」

スピードワゴン「なっ!何を言ってるんだァーーーッ!?」

警官「うわあああーーっ!!」

ドオーン! ドゴッ!

警官「し…死なねえ!頭を撃ち抜いたのに!」

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:10:07.42 ID:ds1T922v0
ディオ「こんなにすばらしい力を手に入れたぞ!
石仮面からッ!!ジョースターの血からッ!!」

ドスドス!

警官「ぎゃああああああ!!」

スピードワゴン「ひょっとして吸い取っているのか!?
人間の中の精気を……ディオは吸い取っているのかッ!?」

警官「うおおおおおおおお!?」

スピードワゴン「(警官達が恐怖しているッ!)」

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:17:08.08 ID:ds1T922v0
スピードワゴン「か…怪物を生み出したのか……あの石仮面は!
だが、奴をこの世にいさせちゃあいけねえ!
そしてジョジョはもうダメだ!
あいつは『狂って』いる!戦えるのはオレだけだ……!!」

警官「に……逃げろッ!スピードワゴンさん!
あんたに勝ち目はねえッ!殺されるだけだ!」

ジョナサン「そうだッ!
『施し』の精神が君にはわからないのか!?スピードワゴンッ!」

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:24:55.22 ID:ds1T922v0
スピードワゴン「おおおりゃああああっ!!」

グボァ!ガシッ!

警官「ううッ!と…止めやがった!槍を手に串刺して止めやがった!!」

ディオ「ジョジョォォーー……邪魔をしないなら、屋敷の外に出ていろ。
あとでケリをつけてやる!」

ジョナサン「わかったッ!ディオ!必ず君を救い出すッ!!」

50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:32:10.49 ID:ds1T922v0
ボオッ!

ディオ「!?」

突如屋敷に火の手が上がり始めた。

スピードワゴン「これは『策』だッ!おまえを倒す為の!!」

警官「やっ…やったぞ!奴は焼けている!し、しかし!
焼けながらも皮膚が再生している!?この火では倒せないのかッ!?」

ディオ「フアアアアアアッ」

スピードワゴン「おおおおおッ!スキだらけだぜーーーッッ!!」

51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:41:11.75 ID:ds1T922v0
ババババルル!

ディオ「刃のある帽子を飛ばしたのか!?だがそれがどうし……ハッ!?」

ガシッ

スピードワゴン「帽子は囮ッ!このまま貴様を……投げ飛ばすッ!!」

ブオン!
ディオは宙に投げ飛ばされた!その先にはッ!!

ディオ「な…なにィ!!」


バゴ!ズブ……ズンッ!!!

『ジョースター家の守護神 慈愛の女神像!!』

52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:48:57.39 ID:ds1T922v0
ディオ「ギャアアアアア!!
よ…よくも!よくもきさまッ!よくもこんなァアアアアアアーーーッ!!
ジョジョ!た、助けてくれーーーーッ!!ハッ!?外にいて『声』が届いていない!?
火が!火がああァァ!!ジョオジョオオオォオオーーーーッッ!!!」



ジョナサン「や…屋敷が焼け落ちるッ!!そんなバカな……
ディオ……ディオォォ―ーーーーッッ!!!」

53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:49:51.97 ID:ds1T922v0



- 屋敷跡 -

ガラガラ ガラガラ

ジョナサン「ディオ……あの炎の中、君の声が聞こえた気がした。
『助けてくれ』という声が……。まだこの瓦礫の下に……ハッ!?」

ガバア!

ディオ「はぁ…はぁ…ジョジョ……。なぜおまえがここにいる……」

ジョナサン「ディ、ディオ!まさか本当に生きていたなんて……!
く…首だけ!?か……体はもうないのか!?」

ディオ「はぁ…はぁ……そうだ。
だから…おれはもう間もなく死ぬ。なぁ、なぜここにいるんだ……」

ジョナサン「君の『声』が聞こえた気がしたからだ。『助けてくれ』って……」

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:51:02.76 ID:ds1T922v0
ディオ「……」

ジョナサン「ディオ。君こそ首から触手を伸ばして、
ぼくの生命エネルギーを……吸い取ろうとしないのかい?」

ディオ「……そんなことはしない。
ジョジョ、おまえは一途なまでにおれを信じてくれた。
宗教だろうが何だろうが、『信じて』くれたんだ。この『化け物』をな……
だから、このままいさぎよく焼けただれて死ぬとするよ。
それがジョジョ、君の『施し』に対しての礼儀だ……」

55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:52:28.52 ID:ds1T922v0
ジョナサン「『施し』……確かにそうだった。
だけどぼくは今、君に『奇妙な友情』を感じている。
それは君もぼくを想い、ぼくも君を想っているからだ。
一方通行ではない。それがはっきりわかったよ……
ぼくの今の心は、ただ一つ。君を『救いたい』。最後まで『救いたい』」

スッ

ディオ「ジョジョ…なんだその剣は……?
自分の首元に剣をあてて……
ジョジョ、何を考えている……!掻っ切るというのか!?
自分の首をッ!エリナが悲しむぞ!!」

ジョナサン「『恋人の情を集めても、我が胸に燃える友情の火には及ばぬ』
ディオ……ぼくらは二人で一人だったのかもしれないな」

ディオ「離すんだ!考えなおせ!!ジョジョ!!」

ジョナサン「幸せに……エリナ……

そして……

ディオーーーーッッ!!
ぼくの最期の『施し』だ!受け取ってくれーーーーーッッッ!!!」





ザンッ!!!

56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 10:53:10.88 ID:ds1T922v0
この物語は『信じる』ことをテーマにした物語です。

『狂信』も含めた意味で……


ジョナサンは、自ら首をはねた。

そのジョナサンの体をディオは乗っ取り、生き延びた。


ジョナサンのこの狂信的行動が『正しいか否か』は、

誰にも答えが出せないだろう。


だが……己の『信じる道』を貫いたジョナサンの死に顔は、優しく微笑んでいた――



≪ダリオ=ブランドーがジョースター教にハマりました -完-≫


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/17(金) 11:25:26.15 ID:mA9W3GV40


さて第二部といこうじゃあないか・・・
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 11:34:44.90 ID:fditLJhmO

宗教怖い



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。