ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーキド「カイジ、待っておったぞ」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 14:55:26 ID:IbatdQzs0

オーキド「ポケモン図鑑を完成させてくれ」

カイジ「は・・・?」

オーキド「君たちの手で図鑑を完成させて欲しいんじゃ」

遠藤「・・・」

カイジ「できるわけねえだろっ・・・!」

カイジ「全部で何匹いると思ってやがるっ・・・!」

カイジ「たぶん無理・・・ていうか・・・無理・・・絶対・・・」

カイジ「こんなの・・・!」

オーキド「遠藤はどうじゃ?」

遠藤「俺も・・・やめておく・・・」

オーキド(こいつら・・・人間の屑・・・!)

オーキド(屑っ・・・!どいつもこいつも屑だっ・・・!)

オーキド「・・・一千万だ」

オーキド「先に完成させた方に一千万やる・・・!」

カイジ 遠藤「・・・!」ざわ・・・







2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 14:56:59 ID:IbatdQzs0

カイジ「一千万だと・・・?」

オーキド「ああ・・・!」

カイジ「あるわけない・・・あるわけないだろっ・・・!」

カイジ「そんなうまい話っ・・・!」

カイジ「俺は帰るっ・・・!」

オーキド「そうか・・・」

オーキド「遠藤・・・」

遠藤「ちょっと待ってろ・・・!」

遠藤「カイジ・・・ちょっと来い・・・!」

カイジ「・・・?」

遠藤「なあカイジ・・・俺と協力して図鑑を完成させないか・・・?」

遠藤「いいか・・・実は図鑑は一人じゃ絶対に集められないんだ・・・!」

カイジ「なんだと・・・!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 14:58:08 ID:IbatdQzs0

遠藤「お互いのポケモンを交換する必要があるんだ・・・!」

遠藤「だから俺としても・・・カイジ君にはぜひ・・・協力してもらいたいんだ・・・!」

遠藤「二人で一千万を山分けしないか・・・?」

カイジ「・・・六割だ」

カイジ「俺が六百万もらうっ・・・!」

遠藤「そんな・・・無茶苦茶だ・・・!」

カイジ「じゃあ一人でやってろよっ・・・!」

カイジ「誰もお前なんかと協力したがらないっ・・・!」

カイジ「『わー遠藤と交換したら菌がうつるぞー』っていってな・・・!」

カイジ「その点俺は人気者・・・!」

カイジ「異性の友達も大勢いる・・・!」

カイジ「だけど彼女には一途っ・・・!浮気なんて絶対しない・・・!」

カイジ「だからよりいっそう・・・」

カイジ「もてるんだ・・・!俺は・・・!もてるっ・・・!」

カイジ・・・圧倒的リア充・・・!
遠藤になす術はないっ・・・!


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 14:59:17 ID:IbatdQzs0

遠藤「わかった・・・!」

遠藤「それで手をうとう・・・!」

遠藤(このガキ・・・!交換を済ませたら殺してやる・・・!)

オーキド「どうするんじゃ?」

遠藤「やらせてもらいましょう・・・!」

カイジ「モンスターボールをよこせっ・・・!」

カイジ「遠藤さん・・・あんたはなににする・・・?」

遠藤「カイジ・・・先に選べよ・・・」

遠藤「これくらいの選択権はやる・・・」

カイジ「ありがとう・・・!ありがとう・・・!」ボロボロ

カイジ「俺は・・・ゼニガメだ・・・」

オーキド「本当にそれでいいんじゃな?」

カイジ「いいって言ってんだろうが・・・!この老害っ・・・!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 14:59:56 ID:IbatdQzs0

遠藤(フフ・・・あいつはタイプ相性ってものを知らない・・・!)

遠藤(水に有利なのは・・・草・・・!)

遠藤「俺はこいつだ・・・フシギダネっ・・・!」

オーキド「二人とも選んだな?」

オーキド「どれ、バトルでもしてみんか?」

カイジ「バトルって・・・闘えって言うのか・・・俺たちに・・・!」

カイジ「ポケモンがかわいそうだろうがっ・・・!残酷すぎる・・・!」

遠藤「いいから闘え・・・!」

遠藤「それしか道はない・・・!」

カイジ「くそっ・・・!」

カイジ「いけっ・・・ゼニガメ・・・!」

遠藤「フシギダネ・・・君に決めた・・・!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:00:48 ID:IbatdQzs0

カイジ「ゼニガメ・・・!たいあたりだっ・・・!」

遠藤「かわしてたいあたり・・・!」

フシギダネ「ダネ!」

ゼニガメ「ゼニイッ!」

カイジ「ああっ・・・!ゼニガメ・・・!」

遠藤「いけっ・・・!追い込め・・・!殺せっ・・・!」

フシギダネ「ダネダネダネッ!」

ゼニガメ「ゼニィーーッ!」

ゼニガメ「ゼニィ・・・」

カイジ「ああっ・・・このままじゃ・・・」

カイジ「ゼニガメ・・・!たいあたりだっ・・・!たいあたり・・・!それしか助かる方法はないっ・・・!」

ゼニガメ「ゼ・・・ゼニィイッ!」

フシギダネ「ダネフッシー!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:01:26 ID:IbatdQzs0

カイジ「やったっ・・・!急所にあたった・・・!」

遠藤「・・・!」

遠藤「大丈夫か・・・フシギダネ・・・」

遠藤「ボールに戻ってろ・・・」

オーキド「フシギダネ、戦闘不能!よって勝者、カイジ!」

遠藤「フン・・・俺は先に行くぞ・・・!」ガチャ

カイジ「あ・・・待てよっ・・・!」バタン!

~~~~~~~~~

カイジ「遠藤さん、どこいったんだ・・・?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:02:41 ID:IbatdQzs0

短パン小僧「!」

短パン小僧「おい、お前!」

カイジ「・・・?」

短パン小僧「お前だよ!トンガリコーン!」

カイジ「え・・・あ・・・俺・・・ですか?」

短パン小僧「そーだよ!お前俺のこと見てただろ!」

カイジ「え、えぇ~!見てませんよ!あなたなんて・・・」

カイジ(はぁ~・・・面倒なやつに目を付けられちまったなぁ~)はぁ~

短パン小僧「今すぐ勝負しろ!」

カイジ「は、はぁ・・・」

短パン小僧「いけっ コラッタ!」

カイジ「ゼニガメ・・・たいあたり・・・」

ゼニガメ「ゼニゼニ!」

コラッタ「ラッタアッー!」バキッ!

短パン小僧「ああ!ぼくのコラッタが!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:03:17 ID:IbatdQzs0

短パン小僧「うう・・・つぎはまけないからな!」

カイジ「ああ・・・」

カイジ「なんだ・・・あいつ・・・」

黒服「ん・・・おいっ・・・!」

黒服「おいっ・・・!お前のポケモン見せてみろ・・・!」

カイジ「だれだっ!あんたはっ・・・!」

黒服「いいから・・・!怪我してる・・・!」

カイジ「あ・・・あぁ・・・」

黒服「なんで治してやらないんだ・・・!」

カイジ「あの・・・え・・・」

カイジ「その・・・金が・・・なくて・・・」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:03:50 ID:IbatdQzs0

黒服「・・・!」

黒服「やるよ・・・!持ってけ・・・!」

カイジ「でも・・・こんな・・・」

黒服「いいから・・・!」

カイジ「ありがとう・・・!優しいおじさん・・・!」

黒服「俺はこの先の町にある店で働いている」

黒服「困ったらいつでも来い・・・!」

カイジ「あ、ありがとう・・・!」

~~~~~

カイジ「ここがトキワシティか・・・」

カイジ「遠藤さんは・・・」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:04:32 ID:IbatdQzs0

カイジ「・・・?フレンドリィショップ・・・?」

カイジ「さっきのおじさんの店か・・・」

カイジ「いってみるか・・・」

カイジ「・・・」ウィーン

カイジ「さっきのおじさん!」

黒服「お前は・・・!」

カイジ「さっきはありがとう・・・!おかげで・・・」

黒服「やめろ・・・!その話はするな・・・!」

カイジ「なんで・・・?」

黒服「この店は帝愛グループの店だ・・・」

黒服「常に帝愛に監視されてる・・・!」

黒服「あんな行為がばれたら・・・!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:05:13 ID:IbatdQzs0

黒服「さあ、なにか買うのか・・・?」

黒服「買わないならさっさと行けっ・・・!」

カイジ「じゃ、じゃあ・・・きずぐすりとモンスターボールを・・・」

黒服「ほらよ・・・!出て行け・・・!」

カイジ「わかったよ・・・!」

カイジ「遠藤さんの情報を集めないと・・・」

カイジ「おい!じいさん!」

じじい「なんじゃ?」

カイジ「このへんでサングラスの男を見なかったか?」

じじい「ん~・・・ニビシティの方へ向かって行ったぞ?」

カイジ「おお、サンキュ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:06:15 ID:IbatdQzs0

カイジ「ん・・・この建物は・・・?」

じじい「トキワジムじゃよ」

じじい「今はジムリーダーはおらんがの」

カイジ「ふぅん・・・」

カイジ「じゃあなじいさん!」

カイジ「ニビシティか・・・!」

こうしてカイジは遠藤を追ってニビシティへ向かうのだった!

To be continued...


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 15:59:52 ID:IbatdQzs0

カイジ「トキワの森か・・・」

カイジ「気味が悪い・・・」

キャタピー「・・・」

カイジ「うわああ!」

カイジ「はあ・・・驚いた・・・!」

トランセル「・・・」

カイジ「うわああああああああああ・・・!」

コクーン「・・・」

ビードル「・・・」

カイジ「うう・・・」ぐにゃあ~

カイジ「もう・・・いやだ・・・!」

カイジ「おうちに帰りたい・・・!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:00:23 ID:IbatdQzs0

カイジ「・・・!」

カイジ「俺は・・・六百万を手に入れるんだ・・・!」

カイジ「借金地獄はもういやだっ・・・!」

カイジ「オイ、小僧!」

虫取り少年「!」

虫取り少年「昆虫採集っていいよね!」

虫取り「いけっ!トランセル!」

カイジ「いけっ・・・!ゼニガメ・・・!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:00:56 ID:IbatdQzs0

虫取り「トランセル!かたくなる!」

トランセル「・・・」カキィーン!

カイジ「攻撃・・・してこないのか・・・?」

虫取り「かたくなる!」

虫取り「かたくなる!」

虫取り「かたくなる!」

トランセル「・・・」

カイジ(・・・ふざけてんのか?)

カイジ「ゼニガメっ・・・!たいあたり・・・!」

ゼニガメ「ゼニッ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:01:27 ID:IbatdQzs0

トランセル「・・・」

カイジ「な・・・!きいてない・・・!」

カイジ「ゼニガメ・・・!もういちどだっ・・・!」

ゼニガメ「ゼニゼニ!」

トランセル「・・・」キュピーン

カイジ「あ・・・あ・・・」

カイジ「くっ・・・勝てない・・・!」

虫取り少年「さあさあカイジくん!どうしたのかな?」

虫取り「もっと攻撃してごらんよ!」

虫取り「そのPPをすべて飲み込んでやる・・・!」

カイジ「・・・」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:02:00 ID:IbatdQzs0

カイジ「なあ・・・虫取り・・・提案があるんだ・・・!」

カイジ「たしかに今のままじゃ・・・俺は勝てないかも知れない・・・!」

カイジ「だけど・・・お前が負ける可能性もあるんだ・・・」

カイジ「だから・・・ここで・・・引き分けで手を打たないか・・・?」

虫取り「引き分け~?」

虫取り「ふざけるな!」

虫取り「お前のPPはもうなくなるんだよ!」

カイジ「うう・・・」

「カイジ・・・!こいつを使えっ・・・!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:02:31 ID:IbatdQzs0

カイジ「遠藤さん・・・!」

遠藤「俺の全財産・・・を使って買ったピーピーエイダー・・・!」

遠藤「お前が負けたら俺も(図鑑完成が)終わりだ・・・!」

カイジ「遠藤さんっ・・・!」

虫取り「・・・!」

カイジ「吐け・・・!吐け・・・!」

カイジ「お前が飲んできた・・・PP・・・!」

カイジ「全部吐き出せっ・・・!」

トランセル「・・・!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:03:06 ID:IbatdQzs0

虫取り「なあ・・・やっぱり引き分けにしよう!」

カイジ「ふざけんなっ・・・!」

カイジ「自分の都合のいいように・・・!」

カイジ「さあ・・・吐き出せ・・・!」

トランセル「・・・!!」ガタガタ

カイジ「苦しいか・・・!全部吐いて・・・楽になれ・・・!」

トランセル「・・・」パタ

カイジ「・・・」

カイジ「やったっ・・・!」

カイジ「トランセルを・・・倒した・・・!」

遠藤「うおおおおおおお!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:03:39 ID:IbatdQzs0

虫取り「・・・!」

オーキド「虫取りがやられたか・・・」

オーキド「ハナダの洞窟行きの目安は何年じゃ!」

黒服「1千万で・・・15年です・・・!」

オーキド「虫取り・・・!1050年ハナダ行き・・・!」

虫取り「そんなっ・・・!」

カイジ「もう一度・・・這い上がって来い・・・!」

虫取り「ああ・・・!必ずあがってみせるさ・・・!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:04:11 ID:IbatdQzs0

遠藤「やったな・・・!カイジ・・・!」

カイジ「遠藤さんっ・・・!」

遠藤「やったなあ、カイジ!トランセルを沈めたんだ!」

カイジ「これでっ・・・!ニビへ行ける・・・!」

遠藤「じゃあなカイジ・・・!」

カイジ「あっ・・・遠藤さん!」

カイジ「・・・」

~~~~~

カイジ「ここがニビシティか・・・!」

カイジ「ニビジムがあるはずなんだが・・・」

カイジ「・・・!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:04:44 ID:IbatdQzs0

カイジ「ここか・・・!」

カイジ「よし・・・!」ウィーン

カイジ「あの・・・俺・・・ジムって初めてなんですけど・・・」

カイジ「どうすればいいんですか?」

利根川「黙って進め・・・!」

カイジ「そんなっ・・・!ちゃんと教えろよ・・・!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:05:29 ID:IbatdQzs0

利根川「ファックユー・・・ぶち殺すぞ・・・!ごみめら・・・!」

カイジ「わかったよ・・・!」

利根川「お前らは・・・」ブツブツ

カイジ「岩だらけだな・・・」

カイジ「・・・!あいつか・・・!」

タケシ「俺はニビジムのリーダーのタケシ!」

タケシ「いけっ!イワーク!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:06:01 ID:IbatdQzs0

カイジ「でかい・・・!」ざわ・・・

カイジ「あれが・・・!イワーク・・・!」

カイジ「でかすぎるっ・・・!」ぐにゃあ~

カイジ「勝てない・・・!俺の・・・ゼニガメじゃ・・・!」

カイジ(勝てるはずがないっ・・・!)ボロボロ

タケシ「泣いてるのか?」

カイジ(まてよ・・・!)

カイジ(勝てる・・・!イワークに・・・!)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:06:42 ID:IbatdQzs0

カイジ「ゼニガメ・・・!あわだっ・・・!」

ゼニガメ「ゼニゼニ!」

イワーク「イワー」

カイジ「いいぞっ・・・!そのまま・・・!」

カイジ「あわを吐き続けろ・・・!」

ゼニガメ「ゼニゼニゼニゼニ!!」

イワーク「イワー!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:07:14 ID:IbatdQzs0

ゼニガメ「ゼ・・・ゼニ?」

カイジ「どうした・・・?」

タケシ「どうやらもうあわを吐けないみたいだね!」

タケシ「イワーク!叩きつける!」

イワーク「イワアアアー!」

ゼニガメ「ゼニ・・・」

カイジ「うわああああー!」

カイジ「ゼニガメ・・・」

利根川「ゼニガメ、戦闘不能!勝者、タケシ!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:07:48 ID:IbatdQzs0

カイジ「・・・」

黒服「おい、行くぞ」

カイジ「え・・・?」

黒服「お前は負けたんだ」

カイジ「行くって・・・どこへ・・・?」

黒服「ハナダの洞窟だ」

カイジ「やめろっ・・・!はなせっ・・・!」

カイジ「行きたくない・・・!行きたくないっ・・・!」

カイジ「行きたくな・・・んごっ・・・!」

ブロロロロロ・・・

To be continued...


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:08:21 ID:IbatdQzs0

疲れた
じゃあの


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:11:35 ID:Q+LMgLF70

イイハナシダナー


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02 16:35:45 ID:dIDWrqCu0

イワークに負けるとかギャグやろ




スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364882126/




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。