ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカサ「…家政婦のミカサです」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/mikasaanime-thumb.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:25:44 ID:8kIYj/ED0
※進撃の巨人×家政婦のミタのSSです

 現パロ+後半鬱なので注意 ヤンデレミカサが苦手な人も注意

・家族構成

エレン(30)…父 妻のクリスタは行方不明

ジャン(15)…長男 思春期

アルミン(12)…次男 いじめられっこ

アニ…(17)…長女 寡黙で何を考えているかわからない

サシャ…(8)…次女 食いしん坊


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:26:55 ID:8kIYj/ED0
エレン「おいみんな降りて来い! 大事な話がある!」

サシャ「なになに!お父さん!」

アルミン「話って何さ 僕忙しいんだけど」

アニ「…」

エレン「よし! 全員集まったな!」

アニ「…ジャンがいないよ」

エレン「あいつまだ部屋から出てこないのか」

エレン「まああいつには後で言っとくか」

エレン「実は今日から家政婦の人を雇ったんだ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:28:26 ID:8kIYj/ED0
エレン「自己紹介お願いします」

ミカサ「…家政婦のミカサです よろしくお願いします」

エレン「ミカサさんは凄腕の家政婦らしいんだ 今日から住み込みで働いてもらう」

ミカサ「何でも言ってください」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:29:51 ID:8kIYj/ED0
ミカサ「…イェーガーさん」

エレン「そんな固くならなくても…エレンで結構ですよ」

エレン「後家の中ではマフラーは外してください 冬で寒いのはわかりますけど」

ミカサ「エレンさん…最初は何からしましょうか」

エレン「そうですね…じゃあ今日の夕食を…っとその前に」

エレン「もう一人息子がいるんです そいつ紹介しますね」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:31:31 ID:8kIYj/ED0
エレン「階段はこっちです」

ミカサ「あの…あの仏壇は…」

エレン「ああ私には妻がいたんですが…3か月前に失踪して…」

エレン「警察が全力で捜査しても見つからなかったんです」

ミカサ「…」

エレン「着きましたよ」

エレン「ジャン!開けるぞ!」ドンドン

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:32:37 ID:8kIYj/ED0
ガチャッ

ジャン「ちょっ勝手に開けるんじゃねー!! …ん?」

ジャン「親父の隣にいるのは…」

ミカサ「家政婦のミカサです」

ジャン「……!」ポーッ

ジャン「あ…よ…よろしくお願いします…」

エレン「どうしたんだ?いつものお前らしくないぞ?」

エレン「ミカサさん こいつエロガキなんで気を付けてくださいね」

ジャン「余計なこと言うんじゃねーよ!」 

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:33:56 ID:8kIYj/ED0
―夜―

サシャ「おいしいいいいいぃい!」

エレン「本当 すごくおいしいです」カチャカチャ

ジャン「うめえ!」モグモグ

アニ(ちっ…悔しいけど私よりうまいね)

アルミン「でもこの味前にも…」

サシャ「お母さんの味そっくり!」

アニ「…!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:35:33 ID:8kIYj/ED0
エレン「そ…そうだな!」

サシャ「そういやお母さんってどこに行ったの?」

エレン「そ…それはだな…」

エレン「…サシャの事をいつも『いい子でいてね』って見守っているんだよ」


ミカサ「? 死体がどうやってしゃべるの?」

エレン「えっ」

ジャン「えっ」

サシャ「?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:37:27 ID:8kIYj/ED0
エレン(ちょ ちょっとミカサさん…)ヒソヒソ

サシャ「死体って何?」

アルミン「サシャは知らなくていいの!向こうのお部屋行こうね!」ガタッ

サシャ「えーまだ食べてr」ズルズル

エレン「ミカサさん!ここは空気読んでくださいよ!」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:38:49 ID:8kIYj/ED0
ミカサ「? 事実を言って何がいけないの?」

アニ(こいつマジかよ…)

エレン「とりあえず!」

エレン「サシャには妻のクリスタが行方不明だという事を言っていないんです!」

エレン「もうすこし考えて発言してください!」

ミカサ「…」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:40:30 ID:8kIYj/ED0
―翌日―

エレン「じゃあミカサさん サシャを幼稚園に連れて行ってくださいね」

サシャ「お姉ちゃん!いこ!」

ミカサ「承知しました…」

エレン(大丈夫かな…)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:41:32 ID:8kIYj/ED0
―通園路―

サシャ「し~かばねふみこえて~♪」

ミカサ「屍踏み越えて」

サシャ「す~すむ~いしを~♪」

ミカサ「進む意思を」

サシャ「わ~らう~ぶ~たよ~♪」

ミカサ「嗤う豚よ」

サシャ「お姉ちゃんちゃんとうたって!」

ミカサ「歌ってる」時計チラッ

ミカサ「! 早くしないと遅れる つかまって」

サシャ「?」

シュルルル ガッ

ミカサ「立体軌道」プシュー

サシャ「ひゃ~」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:42:29 ID:8kIYj/ED0
>>25 年齢設定間違えました 5歳でお願いします

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:45:11 ID:8kIYj/ED0
ミカサ「着いた 先生 お願いします」ズザザザ

先生「あ…はい…」

―同時刻 小学校―

アルミン(あの家政婦の人って何者なんだろう…)

ライナー「よう!アルミン!」

アルミン「あ…お…おはよう」

ライナー「アルミン…わりいけど最近金欠でさ…」

ライナー「金貸してくんね?」

アルミン「え…でも昨日も…」

ライナー「…」ギロッ

アルミン「ヒィッ!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:48:17 ID:8kIYj/ED0
ライナー「5千円くらいでいいからさ」

アルミン「え!?そんなに持ってないよ!」

ライナー「じゃあ明日用意して来い できなかったら俺にも考えがあるからな…」

アルミン「」グスッ

―夕方―

アルミン「はあ…どうしよう…」

アルミン「何も考えないまま家帰ってきちゃったよ…」

アルミン「ただいまー…って」

アルミン「なんで家の壁に穴が開いてるの!?」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:50:20 ID:8kIYj/ED0
サシャ「あ、お兄ちゃんおかえり!」

ミカサ「お帰りなさいませ」プシュー

サシャ「あのね!おねえちゃん『りったいきどう』っていうの使ってね!」

サシャ「ものすごくはやいんだよ!」

アルミン「そ…そう…確かに速いね」 

アルミン「でも僕らの家ってそんなに広くないから…」

バチーン!

アルミン・サシャ「あ」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:53:29 ID:8kIYj/ED0

――
エレン「ミカサさんがぶつかって破損した壁の修理代」

エレン「しばらくはただ働きですよ」

ミカサ「私はそれでもかまわない」

エレン「こっちが困るんですよ!」

ジャン「親父…人には誰だってミスがあるさ」

エレン「おまえそんなこと言うやつだったか?」

ジャン「!? うるせえ!」

ジャン(…なんだろうなこの気持ち)

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:56:56 ID:8kIYj/ED0
エレン「はいはい サシャが風呂出たみたいだからお前も入れよ」

サシャ「お風呂気持ちよかった~」ホクホク

サシャ「あのね!ミカサお姉ちゃんの体すごいんだよ!」

ジャン「ほ、本当か!」ゴクリ

ジャン「…」チラッ

ジャン「あの…一緒に入っても」

ミカサ「無理です 私が一緒に入るのはサシャさんと 本人は入りたくないみたいですがエr…おっと」

ジャン「なんか聞こえたぞ」

ミカサ「何も言ってませんよ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/12 23:59:06 ID:8kIYj/ED0
アニ「ただいま…」

エレン「おかえり お前最近帰り遅いな」

アニ「ちっ…はいはいごめんよ」

アニ(彼氏の家行ってたなんて言えないしな…)

エレン「門限までには帰ってくるようにしろよ」

アニ「わかったよ」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:00:38 ID:8kIYj/ED0

――
エレン「よし そろそろ寝るか」

サシャ「おやすみー!」

アニ「おやすみ」

ジャン「」ガーッゴゴゴ・・・

アルミン(! お金どうしよう…)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:02:24 ID:qY51JXnv0
―翌日―

チュンチュン

ミカサ「おはようございます」

アルミン(ミカサさん!ちょっと来て!)コソコソ

ミカサ「何でしょうか」

アルミン「実は僕ライナーってやつにお金たかられてるんだけど…」

アルミン「今日中に用意できそうにないんだ」

アルミン「ミカサさんはなんでもやってくれるんだよね?」

アルミン「そいつに何か仕返ししてやれないかな?」

ミカサ「人に頼るのはいけない 自分で戦うべき」

アルミン「それができたら苦労しないよ!」

アルミン「とりあえず僕が危ない目にあってたら助けてよ!」

ミカサ「承知しました」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:05:20 ID:qY51JXnv0
―学校裏―

ライナー「金は持ってきたか?」

アルミン「実は持ってきてないんだ…」

ライナー「そうか…なら…」ヒュッ

アルミン(! 殴られる!)



アルミン(ん…?)

ライナー「離せよ!」

ミカサ「暴力はいけない…」ググッ

ミカサ「私の特技は肉を削ぐこと…」

ミカサ「これ以上アルミンさんに何かをするなら…」

ミカサ「特技をここですぐに披露する」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:07:28 ID:qY51JXnv0
ライナー「…くっ」ダッ

アルミン「助かった… ありがとうミカサさん!」

ミカサ「次はない…かもしれない」

アルミン「?」



―翌日―

ライナー「よーアルミン!」

アルミン「ラ、ライナー…」ビクッ

アルミン「昨日は卑怯なまねをしてごめん!」バッ

ライナー「いいんだよ…その代わり…俺と友達になってくれないか?」

アルミン「!?」

ライナー「お…お前と仲良くなりたいんだ」

アルミン「え、あ、えっと…いい…よ?」

ライナー「よし!これから俺たちは友達だな!」

アルミン「…?」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:10:06 ID:qY51JXnv0
―昼 イェーガー家―

ジャン「ふぃー!今日は半ドンだ!」

ジャン「まだだれも帰ってねえ見てえだな… まあ当然か」

ジャン「つーことはミカサさんと…」ゴクッ

ミカサ「おかえりなさいませ」スッ

ジャン「!!」ビクッ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:11:04 ID:qY51JXnv0
ジャン「あ…ただいま…」

ジャン(ミカサさんと二人きり…)

ジャン(おそらく今しかチャンスはない…!)

ジャン「あのさ…ミカサさん…」

ジャン「頼めば何でもやってくれるんだったよな…」

ミカサ「はい」

ジャン「じゃあさ…」

ジャン「…やらせてよ」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:12:09 ID:qY51JXnv0
ミカサ「承知しました」

ジャン「!?!?!?!??!?!?!!?」

ミカサ「上と下…どっちをお脱ぎしましょうか…」

ジャン「じ…じゃあ上で…」ドキドキ

ミカサ「…」スッ

ジャン「あ、上はいいです」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:15:38 ID:qY51JXnv0
ジャン「下の方で…」ドキドキ

ミカサ「承知しました」

アニ「ただいま」

ジャン「!!」

アニ「…何してんだい」

ジャン「いや…これは…」

アニ「最低だよあんた…」

ミカサ「ジャンさんが命令したのではありません」

ジャン「!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:17:06 ID:qY51JXnv0
ミカサ「ジャンさんが私の服を洗濯してくれるというので…」

アニ(かなり無理やりだが…まあ信じてやるか)

アニ「ならしょうがないな」

ジャン(よかった…)ホッ

アニ「じゃあ私は二階行くから… ミカサさんは早く服着な」

ミカサ「承知しました」

アニ(なんだってんだい…)

アニ「…ん?なんか落ちてる…」

アニ「…?」

アニ「これは…」ピラッ

アニ「お父さんの写真…?」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:19:42 ID:qY51JXnv0
アニ「この写真…たぶんお父さんはとられてるのに気付いていない」

アニ「盗撮…?まさか…」


――
アニ「ミカサさん…ちょっと二階の電気が切れてるんだ…見てきてくれるかい」

ミカサ「承知しました」トンットンッ

アニ(今だ!)

アニ「ミカサさんのかばん…」

アニ「あった!なにこれかった!」ジーッ

アニ「これは…」

アニ「全部お父さんの写真だ…」ゾワッ

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:21:49 ID:qY51JXnv0
エレン「ただいま!」

アニ「お父さん! 今すぐ家族会議を開こう! 今すぐ!」

エレン「うわっどうしたんだ!?」

アニ「ミカサさんが危ない人かもしれないの…!」

エレン「え!?」

ミカサ「あの…電気は切れてませんでした…」

アニ「うわっ!」ビクッ

アニ「いや…もう…戻れない…」

アニ「あんたの正体…全部暴いてやる」

ミカサ「!」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:23:58 ID:qY51JXnv0
エレン「それじゃまぁ…いろいろ聞くことがあります」

アニ「…」

アルミン「僕はミカサさんに助けられた!!」ガタッ

ジャン「こんな美人さんが変なことするわけねーだろ…」

アニ(案外…)

アニ(変な性癖を持ってるってだけで 優しい人なのかも) 

ミカサ「お茶を入れました」

エレン「ごくろうさま…とりあえずこのふかしイモでも食べてください」ズズッ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:27:04 ID:qY51JXnv0
モグモグモグモグモグモグモグモグモグモグクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャクッチャ
エレン「少しずつ話してくれれb」
ガフガフガフガフガフガフガフガフ
オイヒイ!ハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグハグ
エレン「みんなわかってくr…」
ズズーモッシャモッシャモッシャモッシャモッシャモッシャモッシャモッシャモッシャ…グッゲッホゲッホゲッホ
エレン「…」
パクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクフーッ

エレン「サシャ!静かに食べなさい!」

サシャ「ひぃっ!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:28:36 ID:qY51JXnv0
アニ「ったく」ズズッ

アルミン「! おいしい!」ズッ

ジャン「そりゃあミカサさんの愛が入ってるからな!」ゴクゴク

エレン「さて…」

エレン「この写真…私はとられた覚えがありません」

エレン「さらにあなたの鞄から私の写真がたくさん見つかった」

エレン「ミカサさん…あなたはいったい何者なんです?」

ミカサ「…」

ミカサ「エレン…私はあなたの家族になりたい」

エレン「…」

エレン「………は?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:31:15 ID:qY51JXnv0
ミカサ「あなたは覚えてないかもしれないけど…」

ミカサ「昔はよく一緒に遊んでいた…」

ミカサ「このマフラーがその証拠…」

ミカサ「昔エレンが私にくれたもの ほらここに『エレン』って刺繍が」

エレン「全く覚えがありませんけど」

アニ「ちょいとそのマフラー貸しな」

アニ「…値札ついてるよこれ」

エレン「!?」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:32:11 ID:qY51JXnv0
エレン「もう言い逃れできませんね…あなたの正体を教えてください」

ミカサ「…!」

ミカサ「寒い…」

エレン「はい?」

ミカサ「エレンさん…あなたの家のストーブは石油ストーブでしたよね」

エレン「はい」

ミカサ「そう…なら…」

エレン「? ミカサさん? ストーブはそっちじゃありませんよ?」

ミカサ「あった」

エレン「どうしたんです石油タンクなんか持って…まだ切れてませんけど…」

ザバーッ

家族「」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:35:09 ID:qY51JXnv0
ミカサ「家族になってくれないのならこの家に火をつけて私も死ぬ!!!!」

エレン「えぇ!?」

アニ「狂ってる…!!」

エレン「わかった!結婚します!」

アニ「!?」

ミカサ「本当…!?」

エレン「はい…!」

アニ「この馬鹿父…!」

エレン(アニ みんなが寝たとき警察に電話しなさい)ボソッ

アニ(! …)コクリ

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:37:06 ID:qY51JXnv0
―深夜―

―アニの部屋―

トゥルルルル

警察「はい ○○警察署です」

アニ「あ、警察ですか! ○○区○○番地に不審者が…」

警察「…」ガチャッ ツーツー

アニ「え…なんで!?」

アニ「しょうがない…明日の朝にしよう」

アニ(…?)

アニ(私なんで電話しようとしたんだ…?)

アニ「とりあえず寝るか…」ボスッ

アニ「…スー…」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:38:34 ID:qY51JXnv0

――

~寝室~

ミカサ「…」コソ…

ミカサ「…」キィ…

ミカサ「…」トントン

~玄関~

ミカサ「…」ガチャ・・・

ミカサ(…さようなら)

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:39:16 ID:qY51JXnv0

――
ミカサ「…」コンコン

ミカサ「…起きてますか」

ミカサ「ハンジさん」

ハンジ「起きてるよ」ガチャ

ハンジ「とりあえず入りなよ」

ミカサ「おじゃまします」

ハンジ「どうぞ お茶は用意してあるよ」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:40:49 ID:qY51JXnv0

――
ハンジ「で?どうだった?」

ミカサ「ダメだった」

ハンジ「あちゃ~駄目だったか」

ミカサ「エレン…」グスッ

ハンジ「あの家の母親は1か月前に死んでいる」

ハンジ「君が誘拐して彼女を殺したからね」

ミカサ「…?私知らない」

ハンジ「君は…」

ハンジ「エレン…あそこの家の父親に一目ぼれしたんだろう?」

ハンジ「どうしても彼を自分のものにしたかった君は…」

ハンジ「ネットの掲示板で私に相談した、というわけだったよね」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:43:54 ID:qY51JXnv0
ミカサ「どうして」

ハンジ「どうして家政婦の姿をする必要があったかって聞きたいんだろ?」

ハンジ「その姿が一番警戒されないと思ったんだ」

ハンジ「彼は妻がいなくなって生活に困っていただろう」

ハンジ「そんな時に『有能家政婦』なんてダイレクトメールを送れば…」

ハンジ「すぐに君を雇うのを決めるだろうからね」

ハンジ「まあその家族も明日には君のことを忘れてるだろうけど」

ハンジ「私の技術力はすごいから…君が家族に干渉した記憶を消す薬を作るなんて簡単だったよ」

ハンジ「それをお茶にでも混入すれば君に関する記憶はどんどんなくなっていく」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:45:18 ID:qY51JXnv0
ミカサ「次男の友達もあなたのグル…」

ハンジ「ああ彼ね 買収してね 疑い深い次男に君を信用させるにはこの方法しかなかった」

ハンジ「あの薬で君に関する記憶は全て消えるからね 次男は君に助けてもらったことも覚えてないだろう」

ミカサ「あなたは」

ミカサ「どうして私のためにそこまでやってくれるの?」

ハンジ「それは…」

ハンジ「面白い からかな」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:46:53 ID:qY51JXnv0
ミカサ「…」

ミカサ「…」ズーッ

ミカサ「…」…ブルッ

ミカサ「すみませんがトイレをお借りしても…」

ハンジ「あははお茶を飲みすぎたみたいだね」

ハンジ「行っておいで」

ミカサ「じゃあ…」ガタッ


グサッ


ミカサ「え…?」

ハンジ「…」

ミカサ「あ…が…」

バタン

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:50:04 ID:qY51JXnv0
ハンジ「はぁ…」

ハンジ「また失敗作か」

ハンジ「あの家の妻の事を記憶に植え付けておくのを忘れてたよ」

ハンジ「…私の技術をなめてもらっては困るよ」

ハンジ「失敗してもいいように君のクローンは最初に何体も作ってあるからね」

ハンジ「本人の了承はとったつもりだけど…」

ハンジ「クローンを作ったところでもうそれは自分じゃないってどうして気が付かないんだろう」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:51:56 ID:qY51JXnv0

――
プシュー

ハンジ「おはよう…ミカサ」

ミカサ「…」

ミカサ「ここは…」

ハンジ「ほらほら さっき言ったじゃない」

ハンジ「君の好きなエレンの家へ行くんでしょ?」

ミカサ「エレン…」スッ…

ハンジ「ああ着替えはそこにあるから着替えてね」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:52:53 ID:qY51JXnv0
ハンジ(私が彼女に協力した本当の理由は…)

ハンジ(人間はどこまで愚かに人を信じるのか)

ハンジ(そのことに興味がわいただけだからね)



――
ピンポーン

エレン「あ、すぐ出ます!」

ガチャ

ミカサ「…家政婦のミカサです」

END

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/13 00:54:52 ID:qY51JXnv0
ほのぼのにするつもりだったのにどうしてこうなったんだろうね

少しでも楽しんでいただけたなら幸いです

前作のアルミン「クリスタの下着が盗まれた?」もよろしくお願いします

79: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/06/13 01:12:40 ID:8gl/klFj0
乙!!

なかなかよかったよ

スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371047144/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。