ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲「……(スヤスヤ)」照「……可愛い」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:52:28 ID:9hNvC5gQ0

照「膝の上に座られたら本が読みにくいよ」パタンッ

咲「えー、仕方ないなぁ……じゃあ私が下になるよ!」

照「別に位置の問題じゃ……」

咲「」シュン

照「……まあ今日だけなら」

咲「!」パァァ

咲「やったー!」

咲「じゃあ早速!」ポスッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:54:17 ID:9hNvC5gQ0

照「もう……」

咲「♪~」ギュッ

照「……あんまり抱きしめられると苦しいんだけど」




咲「これぐらい許してよー」

照「……わかった、これ以上はダメだよ?」ペラッ

咲「はーい」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:55:05 ID:9hNvC5gQ0

照「じゃあ私は読書するから、邪魔しないでね」

咲「♪~」スンスン

照「って……言ったそばから何してるの」

咲「えっ? そんなの決まってるよー」

咲「お姉ちゃん分を補給してるの!」

照「意味の分からないことを言わないで」

咲「……えー」

照「えー、じゃない」ペラッ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:56:14 ID:9hNvC5gQ0

照「イスはそんなに変なことしないから」

咲「むー」

照「わかったら大人しくしてて」ペラッ

照「それにダメって言ったよね、守れないならやめるよ?」

咲「……はーい」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:56:59 ID:9hNvC5gQ0

照「……」ペラッ

咲「……」

照「……」ペラッ

咲「うぅ……」

照「……」ペラッ

咲「やっぱり退屈だよー……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:58:55 ID:9hNvC5gQ0

照「文句あるの?」ペラッ

咲「だってー」

照「……」ペラッ

咲「お姉ちゃん……お願い……」

照「……わかった、膝枕ならしてあげるからそれでいい?」

咲「……! う、うん! してほしい!」

照「なら手を離して私の前に来て?」ポンポン


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 22:59:45 ID:9hNvC5gQ0

咲「……えー、離したくない」

照「そんなこと言っても離さないと動けないでしょ」

咲「わかったよー」

咲「……えへへー」ポスッ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:00:22 ID:9hNvC5gQ0

咲「わぁ、お姉ちゃんの匂いがいっぱいする……」

照「恥ずかしいからやめてよ」

咲「え? でも本当だし」

照「本当でも言っていいことと悪いことが……」

咲「……じゃあこれは言っちゃいけないことなの?」ウルウル

照「ちょ、ちょっと、咲 それは卑怯……」アワアワ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:00:54 ID:9hNvC5gQ0

咲「ふふっ……お姉ちゃんかわいい」

照「なっ……///」

咲「もう、こんなことしておいて今さら照れてるの?」

照「……だってそういう言葉ってあんまり言われないし」

咲「そうなの? 結構言われ慣れてると思ってたんだけど」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:01:46 ID:9hNvC5gQ0

照「……どうしてそう思ったの」

咲「だってお姉ちゃんってインターハイのチャンピオンだし、人気ありそうだと」

照「確かにそうかもしれないけど、それだけでかわいいなんて言われないよ」

咲「人気ってところは否定しないんだ」

照「……まぁよく指差されたりもしたからね」

咲「へぇー、そうなんだ 私は全然されたことないからわからないや」

照「咲はわからなくていいよ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:02:30 ID:9hNvC5gQ0

咲「人気があるって大変なんだね」

照「うん、取材とかよく来るからね」

咲「……そういえばお姉ちゃんって取材のときは顔が違うよね」

照「そうかな? そんなことないと思うけど」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:03:42 ID:9hNvC5gQ0

咲「えー、絶対違うよー」

照「だからそんなことないって」

咲「そんなことあるよ」

照「ない」

咲「じゃあお姉ちゃんが載ってる雑誌持ってくるけどいい?」

照「それは勘弁してほしい」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:04:16 ID:9hNvC5gQ0

咲「ほら、違うってわかってるからだよね?」

照「咲は自分が載ってる雑誌を見たいと思う?」

咲「……あんまり見たくない、かな」

照「ほらね? ならこの話は終わり」

咲「む……絶対違うのに……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:04:57 ID:9hNvC5gQ0

照「お姉ちゃんが終わりって言ったんだからグダグダ言わないの」

咲「……」ムスッ

照「そんなにムスッとしないでよ」

咲「お姉ちゃんが匂いをかがせてくれたらやめるたげる」ムスッ

照「……それは恥ずかしいって何度も言ってるおね」

咲「じゃあやめないもん」ムスッ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:05:43 ID:9hNvC5gQ0

照「……まあ、ちょっとだけなら」

咲「……本当? 怒らない?」

照「怒らないよ」

咲「わーい! それじゃ早速……」スンスン

照「……んっ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:06:39 ID:9hNvC5gQ0

咲「お姉ちゃんの匂い……」スンスン

照「いちいち言わないで」

咲「お姉ちゃん……お姉ちゃん……」スンスン

照「……はい、ここまで」

咲「えー! まだあんまりタンノウしてないのに」

照「十分してたように見えたんだけど……」

咲「全然してないよー」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:07:09 ID:9hNvC5gQ0

照「それにこれ以上は恥ずかしいからダメ」

咲「……はーい」

照「今回はやけに素直だね」

咲「いつも素直じゃないみたいに言わないでよー」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:07:47 ID:9hNvC5gQ0

照「えっ……結構わがままじゃない?」

咲「……酷い」

照「酷くないよ」

咲「えー、酷いよー、わがままなんて」

照「だって本当のことだし」

咲「むっ……まあ確かにそんなとこもあるかも……ちょっとだけ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:08:23 ID:9hNvC5gQ0

照「……私に関してはちょっとじゃないよ」

咲「ちょっとだよ!」

照「そんなに声を張り上げなくても」

咲「重要なことなんだから張り上げたくもなるよ!」

照「……重要って」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:10:55 ID:9hNvC5gQ0

咲「私、わがままじゃないもん……」プクー

照「……かわいい」ボソッ

咲「? 何か言った? お姉ちゃん」

照「な、何も言ってないよ」

咲「そう? ならいいんだけど」

照「うんうん、気にしなくていいよ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:11:32 ID:9hNvC5gQ0

咲「……なんかうやむやにして流そうとしてない?」ジトッ

照「……気のせいだよ」

照「ほら、頭撫でてあげるから気にしないで、ね?」ナデナデ

咲「ふぁ……///」

照「……ちょっとチョロすぎるような」ナデナデ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:12:09 ID:9hNvC5gQ0

咲「お姉ちゃんの手……あったかい///」

照「それじゃあ私は本を読むから静かにしててね?」スッ

咲「……うん///」

咲「ってもう撫でるのは終わりなの!?」

照「撫でながら本は読めないからね」

咲「……」ムスッ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:13:06 ID:9hNvC5gQ0

照「元々咲が構って欲しくて来たんだから少しは我慢してよ」

咲「……もういいもん、それなら寝るもん」

照「そう、なら私もやっと落ち着けるよ」

咲「……」

咲「……お姉ちゃんのバカ」ボソッ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:13:56 ID:9hNvC5gQ0

照「何か言った?」

咲「……何も言ってないよ」

照「……」

咲「じゃあ私寝るからね!」

照「それ、二回目」

咲「……もういい!」

照「!?」

咲「……」ゴロン

照「怒ってる……?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:14:34 ID:9hNvC5gQ0

咲「怒って……ないもん……」

照「そ、そう……」ペラッ
[2013/06/04 1:14:41] 10^12: 咲「んっ……」ウトウト

照「」ペラッ

咲「……」

照「」ペラッ

照「……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:15:25 ID:9hNvC5gQ0

照「……咲?」チラッ

咲「zzz」

照「寝てる……よね?」

照「……」

照「……」パタンッ

照「やっと寝た……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:15:59 ID:9hNvC5gQ0

咲「zzz」

照「……」

照「いつもああ言ったりこう言ったりしてるけど、結局膝枕で落ち着いちゃってるんだよね」

照「……しかも毎日」

咲「んっ……zzz」

照「……」ジーッ

咲「zzz」

照「……可愛い」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:16:49 ID:9hNvC5gQ0

照「でもちょっとチョロチョロしすぎな気もする」

照「私の前以外だと静かだそうだけど」

照「……」

咲「zzz」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:17:25 ID:9hNvC5gQ0

照「ほっぺた柔らかそう……」

照「……ちょっとぐらいならいいよね」ツンツン

咲「んっ……」

照「」ビクッ

咲「……zzz」

照「……ビックリした」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:18:09 ID:9hNvC5gQ0

咲「zzz」

照「……もうちょっとぐらい触ってもいいよね」

照「もう一回ほっぺたを触ってみよう……」ソー

プニッ

照「……これ、結構癖になる」ツンツン


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:18:46 ID:9hNvC5gQ0

照「でもあんまり触ったら起きそうだしこれぐらいにしておこう」スッ

照「起きてるときにもやりたいけど……」

照「……///」

照「い、言うのが恥ずかしいからやめておこう」

咲「zzz」

照「どうしよう……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:19:28 ID:9hNvC5gQ0

照「本も殆ど読むフリしてたみたいなものだったから全く頭に入ってこなかったし」

照「今この状況でも読める気がしないし……」

照「……」

照「そういえばさっき、頭をもっと撫でてほしいとか言ってたような」

咲「……zzz」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:20:41 ID:9hNvC5gQ0

照「ま、まあ撫でるぐらいじゃ起きないよね?」

咲「……zzz」

照「う、うん、大丈夫、なはず……」ナデナデ

咲「……///」

照「……」ナデナデ

照「……さっきから思っていたけど、咲を撫でているとなんだか私も心が落ち着いてくるような気がする」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:21:23 ID:9hNvC5gQ0

照「……」

照「私は不器用だから、いつも咲にどこかぶっきらぼうな態度で接してしまっている」

照「……」

照「本当はもっと咲と楽しく話したり、お風呂入ったり、色々したいと思ってる」

照「だけど私は上手く言えない、特に咲を前にすると」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:22:17 ID:9hNvC5gQ0

照「だから、咲の前で言おうとすると、こうして寝てる咲の前でしか言えない」

照「寝てる咲が私の話を聞いてるわけないし、私のただの自己満足」

照「……卑怯なお姉ちゃんでごめんね?」

照「でも咲のこと本当に……大好きなんだよ」

照「仲直りしてからもいつ咲がいなくなっちゃうか、と考えたりするのがすごく怖いんだよ」

照「……言い訳になるけど、咲とあまり自然に接しられない理由の一つにもなってる」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:23:08 ID:9hNvC5gQ0

照「でも、本当に……大好きだよ……咲?」ナデナデ

照「……」ナデナデ

照「」

照「……」

照「ほ、本でも読んで落ち着こう」ペラッ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:23:52 ID:9hNvC5gQ0

照「……」ペラッ

照「……」ペラッペラッ

照「……」ペラッペラッペラッ

照「……」ペラッペラッペラッペラッ

照「……」

照「やっぱり集中できない……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:24:38 ID:9hNvC5gQ0

照「はぁ……」

照「こうして咲の寝てる前で何かするのはもう何度目になるのかな」

照「……何かと言ってもいつもは咲の顔を眺めるだけだったんだけど」

照「……」

照「咲は仲直りしてから微妙だった距離感を縮めようと、いつも私に積極的に話しかけたりしてくれるのにそれに答えてあげられないなんて」

照「……私、本当に卑怯なお姉ちゃんだね」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:25:14 ID:9hNvC5gQ0

咲「ふわぁ……」

照「あっ、起こしちゃった?」

咲「んっ……大丈夫、お姉ちゃんのせいじゃないよ」

照「そっか」ペラッ

咲「……私も大好きだよ、お姉ちゃん」

照「そっか……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:25:45 ID:9hNvC5gQ0

照「」

照「も、もしかして、聞いてたの!?///」

咲「うん、途中からだったけどね」

照「恥ずかしい……」

咲「それにしてもお姉ちゃん、いつもこんなことしてたんだね」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:26:25 ID:9hNvC5gQ0

照「……今回だけだよ」

咲「あ、そっか、いつもは私の顔をじっと見てるだけだったね」

照「……いちいち言わないで」

咲「でも、私が寝てる間にお姉ちゃんが何かしてたってことは私知ってたよ」

照「な、なんで……」

咲「いつもこうしてもらった後に起きた時、お姉ちゃん顔をそらしてたもん」

照「うっ……」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:27:14 ID:9hNvC5gQ0

咲「しかも少し顔を赤らめて」

照「そ、そんなことなかったよ」

咲「……せっかくお姉ちゃんがデレてくれたと思ったのに」

照「そ、それは……」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:27:53 ID:9hNvC5gQ0

咲「あれだけ言ってくれてたのに……好きだとか」

照「あ、あれは……」

咲「……あの時、お姉ちゃんの口から色々なことが聞けて私、すごく嬉しかったんだよ?」

咲「今まではそんなこと全然言ってくれなかったから……あっ」

照「咲……」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:28:46 ID:9hNvC5gQ0

咲「……ごめんなさい、私、今日はいろんなことさせてもらってるのに……やっぱり私ってわがままだね」

照「違う……謝るのは私」

照「ちゃんと咲のことを見てなかった私の責任」

咲「……」

照「だから謝らないで、私も……これからはずっと、咲のことをちゃんと見続けるから……///」

咲「お姉ちゃん……大好き!///」スリスリ

照「私もだよ……咲」ナデナデ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:30:21 ID:9hNvC5gQ0

おわりです。支援ありがとうございました!


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/15 23:31:26 ID:RuSyKk4L0

ほっこりさせてもらった!
乙!


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371304242/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。