ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「ドラマチックジェンガ」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/446771.png


1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:24:59.01 ID:i9AoNlKc0
美希「あふぅ……」スッ スッ

響「美希、寝不足か?」スッ スッ

貴音「睡眠は重要ですよ」スッ スッ

美希「うーん……よく分かんないの」スッ スッ


響「……なんか、今日暑くない?」スッ スッ

貴音「空梅雨ですから……」スッ スッ

美希「……」スッ スッ

響「……」スッ スッ

貴音「……」スッ スッ




響「……暇だな」


SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1371043497
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:26:51.40 ID:i9AoNlKc0
響「さっきから何なんだ、スッスッスッスッ!」

貴音「仕方ありませんよ、私たちはじぇんがをしているのですから」

美希「やることないし、しょうがないって思うな」

響「うぎゃー!プロデューサーが悪いんだ、プロデューサーがー!」

貴音「響、プロデューサーを責めるものではありません」

響「だって、仕事入れる日付間違えるっておかしくないか!?」

美希「今日が休みになったからオッケーなの!」

響「うぐぐ……」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:28:30.55 ID:i9AoNlKc0
響「事務所に誰もいないから暇だし!なんでよりによってジェンガなんだー!」

小鳥「ちょっと!私もいるんだけど!」ガタッ

響「……あぁピヨ子、いたのか?」

小鳥「最初からずっとね……」


貴音「小鳥嬢、貴女もじぇんがに参加しますか?」

小鳥「おっ、いいわね……まだまだ若いモンには負けないわよ?」



ガチャッ

P「ただいま戻りましたー」

美希「あっ、ハニー!」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:29:37.47 ID:i9AoNlKc0
P「ごめんな、俺のミスで暇にさせちゃって」

美希「ジェンガができたからオッケーなの!」

貴音「あなた様のお蔭でじぇんがに出会えたのです……深く感謝致します」

響「なんかジェンガの優先度高くないか?」



P「まぁ……みんなにはお詫びってことで……」

響「?」


P「買ってきたぞ!黒井商店のプリン!」ドン


「「おぉー……!」」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:30:35.09 ID:i9AoNlKc0
小鳥「これって……高いやつですよね?」

P「はい、かなり」

美希「これって……並んだ?」

P「あぁ、かなり並んだぞ」

貴音「これは……美味なのでしょうか?」

P「あぁ、美味だぞ」

響「これ……4つしかなくない?」

P「あぁ、4つしかないぞ」



「「……………え?」」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:31:20.85 ID:i9AoNlKc0
美希「ひぃ、ふぅ、みぃ……5人いるの」

貴音「あなた様……まさか」

P「……」

響「……」


P「音無さんの分、忘れてた」


小鳥「やっぱり!」ガタッ

P「いや、すいません……つい」

小鳥「つい!?ついって何です、ついって!」

貴音「遂に、小鳥嬢の怒りが……」

響「貴音、別にうまいこと言えてないぞ」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:32:11.86 ID:i9AoNlKc0
P「いや、でも……しょうがなくないですか?」

小鳥「何がです?」

P「俺は、フェアリーへのお詫びにプリンを買ってきた訳で……別に、音無さんの分はなくても」

小鳥「……じゃあ、なんで4つ買ってきたんですか?」

P「そりゃ、俺も食べたいじゃないですか」

小鳥「……」


小鳥「そんなの不公平です!プリンの譲渡を要求します!」バン

P「そんな無茶な!?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:33:37.92 ID:i9AoNlKc0
P「並んだのは俺だ、俺にも食べる権利はあるでしょう!」

小鳥「食べる権利は誰にでも平等にあると思うんですけど!?」


響「はいさい、やめやめ!」

貴音「喧嘩はいけませんよ、二人とも」

小鳥「ぐぬぬ……」

P「お前ら……」


美希「あのね、ハニー」

P「ん?」

美希「そんなことでケンカするなら……」



美希「ジェンガ、すればいいって思うな」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:34:29.63 ID:i9AoNlKc0
P「……」

小鳥「……」

貴音「……」

響「何言ってるんだ美希、そんなことでジェンガなんて……」

P「名案だな」

響「プロデューサー?」

小鳥「いいですよ……そう来なくっちゃ」

響「ピヨ子?」

貴音「折角ですので、全員でじぇんがと致しましょう」

響「あれ?自分がおかしいのか?」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:35:40.21 ID:i9AoNlKc0
P「そうと決まれば……早速、準備をしないとな」

小鳥「私、やっときますね」ガチャガチャ


響「ねぇ、プロデューサー……全員でジェンガって、もしかして」

P「……あぁ、そうだ」

美希「……」

貴音「……」


P「負けた者のみが、プリンを食す権利を失う…………っ!」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:36:20.16 ID:i9AoNlKc0
響「はは、そんなに熱くなんなくても」

美希「……ミキ、やるよ」

貴音「戦わなければ……生き残れない……!」

響「……やっぱり、自分がおかしいのか、これ?」


小鳥「はい、スタンバイできましたよ!」

P「よし……それじゃ、始めようか」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:37:14.06 ID:i9AoNlKc0
P「ヒャッハーッ!先攻は貰ったぜぇえーー!!」

響「!?」

小鳥「しまった……っ!」

貴音「先攻の奪取……面妖な……っ」

美希「さすが、ハニーなの」

響「……」


P「ドローッ!!」スッ

P「リバースカードを一枚セット、ターンエンドだッ!」スッ

響「豹変にも限度があるんじゃないかと思うぞ」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:38:40.48 ID:i9AoNlKc0
小鳥「……それじゃ、私のターンね」スッ

小鳥「……」スッ

響(ここは何もしてこないのか……)


美希「ミキのターン!なの!」スッ

美希「ターンエンド!なの!」スッ

響(適当だな)


響「じゃあ、自分のターンだぞ……」スッ

P「……」

小鳥「……」

響(見てる!すごいこっち見てる!)

響「……」スッ
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:39:21.94 ID:i9AoNlKc0
貴音「それでは、私のターンで――」スッ


ジェンガ『こってり濃厚とんこつラーメン』


貴音「……っ!?」ビクン

響「……え、何あれ?」

美希「あれは……『書き込み』……!」

P「ジェンガに文字を書いておき、動揺させるトラップだ……」

響「それ、トラップになるのか?」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:40:40.78 ID:i9AoNlKc0
貴音「……」ガクガク

響「貴音?なんで震えてるんだ?」

貴音「私は……こんなところで……っ!」ガクガク

小鳥「ムダよ、貴音ちゃん」

貴音「小鳥……嬢」ガクガク

小鳥「あなたは見てしまった……こってり濃厚とんこつラーメンを」

小鳥「あなたは知ってしまった……プリンに勝りし存在を」

貴音「何を……言うのです……」ガクガク



小鳥「腹の虫の加護も無しに……勝てると思うかしら?」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:43:01.49 ID:i9AoNlKc0
貴音「ッ……あ……」ガクガク

貴音「あぁあああぁああああああっ!!!!」ガシャーン

響「貴音!?」


貴音「……ひび、き……」

響「貴音、なんで瀕死なんだ!?おかしいぞ!」

貴音「申し訳ありません……私は、敗れてしまいました……」

響「話聞いてる!?」

貴音「だから、せめて………貴女は…………」

響「ねぇってば!」



貴音「――――生きなさい……」ガクッ

響「貴音ぇーーーっ!!」ユサユサ
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:44:08.39 ID:i9AoNlKc0
P「音無さん……貴女も、なかなかの策士のようだ」

小鳥「いえ、年長者の知恵ってやつですよ」

P「なるほど」

響「ねぇ、プロデューサー?貴音の負けだから、自分たちはプリンを……」

P「いや」

響「え?」



P「続行だ………ジェンガを………続行するっ………!」



「「!?」」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:45:12.25 ID:i9AoNlKc0
響「なんで?なんで続行なんだ!?」

P「響」

響「え?」

P「このプリン……4つ、全て食べたいと思わないか?」

響「いや、1つでいいんだけど……」


美希「……オッケー、なの」

小鳥「プロデューサーさん……後で泣いても知りませんよ?」

響「……」


美希「じゃ、スタンバイ入るね」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/12(水) 22:45:13.14 ID:3QReCBeF0
なんだこれwwww
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:46:22.12 ID:i9AoNlKc0
美希「……」ガチャガチャ

響「……」

響(貴音、さっきから起きてこないな……)


美希「デュエルスタンバイ!なの!」

P「もう終えたのか……流石は美希だな」

小鳥「それが仇にならなきゃいいけど」

響「……」


響(もう、ツッコミ疲れたぞ……)


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:47:28.69 ID:i9AoNlKc0
P「俺からだ。ドロー!」スッ

P「リバースカードをセット、ターンエンド!」スッ

響「まだそれ続けるのか?」


小鳥「私のターン。ドロー!」スッ




ジェンガ『   婚    期   』




小鳥「!?」ビクン


美希「……引っ掛かったの」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:48:31.86 ID:i9AoNlKc0
小鳥「こ……これは……っ」ガクガク

響「また痙攣し出したぞ」

小鳥「ふふ……お茶目な真似……してくれる、じゃない……」ガクガク

響「産まれたての子鹿みたいに……」

小鳥「子鹿……?いいえ、私は小鳥……飛べない小鳥……」ガクガク

美希「ねぇ、小鳥?」

小鳥「私と……小鳥と……鈴と……」ガクガク


美希「そろそろ……ミキ、現実と向き合った方がいいって思うな」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:49:39.39 ID:i9AoNlKc0
小鳥「こ、こここ……」ガクガク

小鳥「コケーーーーッ!!!」ガシャーン

響「ピヨ子!?」


小鳥「がは……っ」

P「音無さんっ!」

小鳥「プロ、デューサー……さん」

P「音無さん……もういいんです……もう……」

小鳥「私……あなたの………こと、が…………」ガクッ

P「音無さぁあああああん!!!!」ユサユサ

響「気絶までがテンプレなのか……」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:50:23.96 ID:i9AoNlKc0
P「音無さん……俺は、あなたの分まで……」

美希「さ、ハニー!次のスタンバイ……しよ?」

P「……美希」

美希「……」

P「あぁ……分かった」ガチャガチャ

響「……」

響(自分……段々慣れてきてるな……)


P「……よし、できたぞ」

美希「……」コキコキ
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/12(水) 22:50:42.60 ID:/zI3rmIX0
みてるピヨ
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:51:22.69 ID:i9AoNlKc0
P「……ドロー、セット、エンド」スッスッ

響「かなり簡略化してきたな」

美希「ハニー……いいの?」

P「どうした?」

美希「見たとこ、なんにも『仕込んで』ないみたいだけど……」

美希「それじゃ、ミキに負けちゃうよ?」

P「……」

美希「ハニー?」

P「……ははっ」


P「俺が負ける、だと……?冗談はよしてくれ、美希」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:52:19.54 ID:i9AoNlKc0
美希「そういうの、『負けフラグ』ってカンジ?」

P「はっ、どっちのフラグだかな」

響「……これ、ジェンガだよね?」


美希「……まぁ、いいの。ドロー」スッ

美希「ミキのターン、エン―――」ドスン

響「!?」



美希「……………え?」



ガッシャーン
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:53:20.98 ID:i9AoNlKc0
響「なっ……今の……」

美希「ハ、ハニー…………?」


P「確かに、『仕込み』なんて必要ない」

P「俺が、美希を突き飛ばせば……簡単に勝てるんだからな」


響「プロデューサー……何言ってるんだ、そんなの……!」

P「そんなの……ジェンガじゃない、か?」

響「……」

P「甘ったれるなッッッ!!!!」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:54:25.28 ID:i9AoNlKc0
P「このジェンガはな、響……遊びじゃねェんだ」

P「『闘い』なんだよォッッッッ!!!!」

響「………~~~~ッッッ」


美希「そうだよ、響……」

響「美希……」

美希「これは、ミキの闘い……ミキは、敗けたの」

美希「その、ミキの敗けに…………ケチつけないでッッッッ!!!」

響「……!」



美希「でも……ミキ、食べたかった……なァ………プリ、ン………」ドサッ

P「……」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/12(水) 22:54:42.93 ID:9Zh6IQhto
いや、ダメだろ
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:55:29.46 ID:i9AoNlKc0
P「さて、響……」

響「……」

P「最終決戦、ってやつだ」

響「……うん」

P「……」

響「……」



P「――――やろうか」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:56:26.23 ID:i9AoNlKc0
響「……」ガチャガチャ

P「……」

響「準備、できたぞ」

P「分かった……始めよう」


P「……」スッ スッ

響「……」スッ スッ

P「……」スッ スッ

響「……」スッ スッ
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:57:29.13 ID:i9AoNlKc0
P「響」スッ スッ

響「なに?」スッ スッ

P「お前は……『仕込み』はしないのか?」スッ スッ

響「いい。これが……自分のジェンガさ」スッ スッ

P「……」スッ スッ

響「プロデューサーは……いいのか?」スッ スッ

P「……何がだ?」スッ スッ

響「さっきみたいに……卑怯な手を使わないのか、って聞いてるんだ……!」スッ スッ

P「……」

響「?」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:58:15.97 ID:i9AoNlKc0
P「響……このジェンガはな、芸能界の縮図なんだ」

響「……はぁ?」

P「プリンという成功を求め……沢山の、本当に沢山のやつがジェンガに挑む」

響「……」

P「しかし、綺麗事ばかりじゃ通用しない」

P「時には妨害もされるし……結局、一部の成功者がプリンを独占する」

響「……」


P「俺はな、響。お前に……トップアイドルになってもらいたいと思ってる」

P「だからこそ……このジェンガを」

響「プロデューサー」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 22:59:31.06 ID:i9AoNlKc0
P「……ん?」


響「話が……………長いッッッ!!」ドンガラガッシャーン

P「!?」

P(これは………ちゃぶ台返し?!)



響「ジェンガと芸能界……? 関係ある訳ないだろっ!!」バン

響「自分は自分だ!ジェンガがどうとか、プリンがどうとかどうでもいい!」

P「……」

響「自分は………っ!」

P「響……もういい」


P「俺の、敗けだ」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 23:00:22.25 ID:i9AoNlKc0
P「俺が、間違っていたんだ……プリンを食べたいばっかりに、こんなことを」

響「……」

P「さぁ……響」

P「食べろッ!そのプリンを貪れッッ!!」

響「……プロデューサー」


P「それが……勝者の……義務、だ」ドサッ

響「……」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 23:01:12.12 ID:i9AoNlKc0
響「分かった……自分、食べるぞ」

響「黒井商店のプリン、4人分……食べるぞ!」


響「貴音……貴音の分まで、食べるからね」

響「美希……美希の頑張り、無駄にはしないぞ」

響「ピヨ子……プロデューサー……自分、プリンを食べる」



響「……」モグモグ
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 23:02:10.65 ID:i9AoNlKc0
響「……」

響「……うまい」

響「うまい、うまいぞ……」ポロポロ


響「勝ったんだ……ジェンガに勝ったんだ…………!」

響「は、あは、アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!」








響「……………何やってんだろ、自分」


おわり
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/12(水) 23:03:42.84 ID:i9AoNlKc0
お目汚し失礼しました……

ジェンガの駆け引きとか全く分からないからね、ちかたないね
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/12(水) 23:04:39.90 ID:3QReCBeF0
響は最後までマトモだったな
42VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/12(水) 23:05:46.67 ID:V+bHFDvh0

ムチャクチャ面白かったわ


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。