ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスタ「エレン、セックスしよ」 エレン「は!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/17 22:43:22 ID:/jB43/isP

エレン「な、なんだよ急に!」

クリスタ「ごめんね……でも、もうこれしかないみたいなの……///」

エレン「落ち着けって。意味分かんねえ」

クリスタ「あのね、私可愛いから男の子によく告白されるの。でも正直みんなパッとしなくて、身の程知らずばかりなのよね」

エレン「……お、おう」

クリスタ「だからここは女の子に興味無さそうなエレンと肉体関係を持って、そういう人達を遠ざけようと思ったの」

エレン「えっ、おいなんだそりゃ! そんな勝手な都合に付き合ってられっか!」

クリスタ「エレンは私とセックスしたくないの?」ウルウル

エレン「うっ……い、いや、そういうわけじゃ……」

クリスタ「それじゃ今夜医務室で!」ダダッ

エレン「あ、おい! …………行っちまった」


進撃の巨人(1)
進撃の巨人(1)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/17 22:55:30 ID:/jB43/isP

宿舎


エレン「……てなわけなんだ」

ジャン「いいじゃねえか! やっちまえやっちまえ!」

ジャン(そんでミカサは俺が!)

ライナー「まさかクリスタがエレンと……くそ……!」

アルミン「僕としてはクリスタの黒い面を見てショックを隠せないよ……」

エレン「ったく、お前ら他人事だと思いやがって。お前らには相談があるんだよ」

ライナー「相談? なんだ怖気づいたのか?」

アルミン「別にセックスは初めてでもないじゃないか」

エレン「あぁ。けど俺、ライナーとアルミン以外とセックスしたことなんてないんだ。やっぱ相手が女だと色々違うもんなのか?」

ライナー「なるほど、そういう事か」

アルミン「別にそこまでの違いはないよ。入れる所が前か後ろくらいの違いさ」

エレン「前……? 前にどうやって入れんだよ?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/17 23:07:07 ID:/jB43/isP

アルミン「女の子にはそういう穴があるんだよ」

エレン「そ、そうなのか……知らなかった」

ライナー「エレン」ガシッ

エレン「なんだよ……?」

ライナー「なんかムラムラしてきた。一発やらせろ」

エレン「は!? おい待てって脱がすなよ!!」

アルミン「あーあ、また始まったよ」

ライナー「エレン……エレン……」ペロペロ

エレン「あっ……くぅぅ……!! ど、どこ舐めて……んだ……っ!!」ビクッ

ライナー「こうしないと痛いだろ。よし、入れるぞ」ヌギッ

エレン「待て早い…………んぁぁああああ!!」


ズブブブブ!!


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/17 23:41:15 ID:/jB43/isP

ライナー「ぐっ、相変わらずいい締まりだなエレン!!」パンパン!!

エレン「いぎっ……ひぃぃ、おっふぅぅぅううう!!!!! ライナーの鎧の巨人がウォール・エレンの穴を塞いでるうううううううう!!!!!!」ビクンビクン

ライナー「はぁ……はぁ……!!!」パンパン!!

エレン「あっ……ぁぁ…………んんっ!!!」ボタボタ

アルミン「す、すごい……我慢汁があんなに漏れ出てる……ッ!!」シコシコ

ライナー「出すぞエレン!!! 俺は戦士としてのケジメを通す……!!!!!」

エレン「はぁぁ……ぁぁぁああああああああああ!!!!!」


ドビュッ!!! ドビュッ!!!


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/17 23:51:57 ID:/jB43/isP

エレン「……ッ!!」ビクンビクン!!

ライナー「良かったぜ……エレン……」ハァハァ

アルミン「僕も我慢できない!! 次だエレン!!」

エレン「ま、待て……ッ!! まだ」

アルミン「えいっ!!」


ズボッ!!


エレン「はうううぅぅぅうううううううう!!!!!」ビクン!!!

アルミン「はぁ……はぁ……!!! いいよ、君は最高だエレン!!!」パンパン!!

エレン「あっ……あっ……!!! ま、まださっきのが……ぁぁっ!!!」ビクッ!!

アルミン「出すよエレン!!! 中に!!!」

エレン「ふっ……くぅぅぅぅううううううあああああああああああ!!!!!」


ドビュッ!!!


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/17 23:55:48 ID:/jB43/isP

エレン「」ビクンビクン!!

アルミン「……ふぅ」

ライナー「おいアルミン、エレンの奴失神しそうだぞ」

アルミン「あっ、ごめんエレン! 凄く気持ちよくてつい!」

エレン「うぅ……」

アルミン「……はっ、エレン! 上だ!!」

エレン「えっ?」


ドスン!!!


エレン「ぐああああああ!!!」

ベルトルト「やぁエレン。ライナー達だけズルいよ。今度は僕の超大型を何とかしてくれ」ボロン

アルミン「なっ……なんていう大きさだ……ッ!!」

ライナー「いつ見てもすげえな」

エレン「ちょ、待てよ……そんなの入るわけ……!!」


ズボッ!!


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/17 23:59:03 ID:/jB43/isP

エレン「んんぎぃぃぃぃいいいいいいいいいい!!!!!」ビクン!!!

ベルトルト「くっ、はぁぁあああ!!!」ブルブル

エレン「さ、裂け……!!」

ベルトルト「動くよ、エレン……!!」パンパン!!

エレン「あっ……いだっ、いだひぃぃいいいい!!! んふぅぅうううおおおおお!!!!!」ビクン!!!

ベルトルト「ぐぅぅ……エレンが僕の侵攻を拒む……!!! でも!!」パンパン!!

エレン「ぁぁあああああ!!! んあっ、ひぃぃぃあああああ!!!」ビクンビクン!!

ベルトルト「出すよ!! 僕の熱い白いモノを!!!」

エレン「うひぃぃぃいあああああああぅぅぅううううううううううううう!!!!!」ビクッ!!


ドビュッ!!!


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 00:04:31 ID:H1HMOZVxP

ベルトルト「ふぅ……ごめん、僕達の精液と一緒にちょっと血が混じってるね」

エレン「ぁ……ぁぅ……」

「おい聞いたか? エレンがクリスタとセックスするんだってよ!」

「は? ふざけんな!! その前に絞り尽くしてやる!!」

「いくぞみんな!! エレンの精液を駆逐しろ!!」

エレン「え……な、なんだよ……お前ら!! 何みんなして脱いでんだよ!!!」

アルミン「エレン……これはきっと君のための試練なんだ」

ライナー「あぁ、そうだ。これが終わればクリスタが待っている」

エレン「ふ、ふざけんなよ……やめろ……やめろよおおおおおおおお!!!!!」


パンパン!! シコシコシコシコシコ!!! ドビュッ!!! ドビュッ!!! ズブゥゥゥゥ!!!!!


エレン「んひいいいぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 00:09:46 ID:H1HMOZVxP

医務室前


クリスタ「エレン……来てくれるかな」

クリスタ「ううん、きっと大丈夫。私はエレンを信じてる」

クリスタ「早く……来て……。私、もう待てないよ……」



エレン「くっ……はぁ……はぁ……!!」フラフラ

エレン「俺は……なる……!! 強くなって、この世からホモを駆逐してやる!!!」

エレン「その為に今ここでクリスタとセックスして、まずは俺がホモから抜け出すんだ……ッ!!!」


エレン「着い……た……」

エレン(この向こうにはクリスタが……!!)


ガチャ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 00:15:27 ID:H1HMOZVxP

 
キース「……来たなエレン・イェーガー」


エレン「教……官……!?」

キース「消灯時間後にこんな所で何をしている?」ギロ

エレン「それは……その……」

キース「まぁいい。今の貴様には朝まで走らせるというのも生ぬるい。だから」


ヌギッ


キース「分かって……いるな……?」ギンギン

エレン「まっ……待ってください!! はしっ……走りますからぁ!!!」

キース「ふんっ!!」ズルッ

エレン「やだっ……いやだぁぁぁあああああああああ!!!!!」

キース「安心しろ、そこまで痛くはしない」ヌチャヌチャ

エレン「んっ……ぁぁああ!! ひぅぅっ!!」ビクッ!!

キース「なんだ、もう濡れているぞイェーガー。それにガバガバだな」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 00:18:47 ID:H1HMOZVxP

キース「さぁ……覚悟を決めろ!!」ズブブブブブ

エレン「んふぅぅぅいいいいいいいいい!!!!!」


ズブンッ!!!


エレン「あ……ひぃぃぃいいいん!!!!」ビクッ!!

キース「どうした締りが悪いぞ!! もっと締めろ!!!」ズンズン!!!

エレン「んんんっ!!! あっ……いぃぃぃいい!!!」ビクンビクン!!

キース「くぅぅ……そうだ……その調子だ!!!」パンパン!!

エレン「あっ……んんあああっ!!!」ビクッ!!

キース「出すぞイェーガー!!!」

エレン「おほぅぅぅぅおおおおおぉぉぉぉおお!!!!!」ビクンビクン!!


ドビュゥゥゥゥゥ!!! ブッシャァァァァァァァァ!!!!!


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 00:25:32 ID:H1HMOZVxP

医務室前


クリスタ「ほらね、来たでしょ!」

ユミル「ちっ、まさか女に興味無さそうなエレンまでその気にさせるとはなクリスタ」

サシャ「恐るべし……天使かと思えば魔性の女っていう奴ですね……」

クリスタ「ふふ、いいんじゃない、夢見る分にはね。それで、賭けは私の勝ちだよね?」ニコ

ユミル「分かった分かった、明日の朝食のパン一つだろ?」

サシャ「うぅ……私のパンがぁぁ……!!」グスッ

クリスタ「さて、と。エレンは中で教官とお楽しみ中みたいだし、私達もそろそろ宿舎に戻ろ!」

ユミル「お楽しみ中って、お前が教官にチクったんだろうが……」

クリスタ「えー、なんのことー? しーらないっ☆」ニコニコ


「いいぞ……いいぞイェーガー!!!」

「んはぁぁぁぁ!!! あっ、ふぅぅぅううううううううううううううううううう!!!!!」




おわり


71: パスタ ◆Pasta/zb6. 2013/06/18 00:26:25 ID:oUuncQS00

なんだこれ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 00:27:20 ID:D8KZIRir0

クリスタ許すマジ


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371476602/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。