ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョン「あー、マユ毛がそろそろゴルゴってきたなー……」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:18:55 ID:7AMEz3c70

キョン「えーと剃刀、剃刀は、っと……」

キョン「お、あったあった。」

キョン「さてと……………」

キョン「…………………。」

キョン「………………どこから手をつけようか………。」






4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:22:16 ID:7AMEz3c70

キョン「んー、ここでいつも迷うんだよなー………」

キョン「…………まあいいか。テキトーテキトー♪」

ジョリ…  ジョリ…

キョン「あ、やべ。ずれた……」

ジョリ… ジョリ…

キョン「うお、しまった………」

ジョリ… ジョリ…





キョン「なんてこった」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:25:33 ID:7AMEz3c70

次の日

谷口「…………。」

国木田「キョン、なんで絆創膏なんか貼ってるの?」

キョン「……………別に。」

国木田「いや、なんかあるでしょ?」

キョン「……………別に。」

谷口「…………キョン、眉毛隠すんならバンダナとかあるだろ」

キョン(しまった)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:29:05 ID:7AMEz3c70

長門「……………何?」

キョン「いやあの、お前なら何とかなるだろ?
    頼む、ちょっと直すだけでいいんだ。」

長門「………いい。」

キョン「お、そうか!いやーよかったよかっt」

長門「ただし」

キョン「…………なんですか?」

長門「無理に情報操作を行うと、バグが発生する可能性がある。」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:32:19 ID:7AMEz3c70

キョン「…………それってどんな?」

長門「色々」

キョン「いや、なんかあるだろ?最悪死ぬとか……」

長門「恐らくは死なない。」

キョン「じゃあやってくれ」

長門「わかった……。
   ラミ○ス○ミパスルルルルル」

ティロリロリン♪

キョン「…………変わらないんだけど?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:38:06 ID:7AMEz3c70

長門「今日の10時ごろには変わってる。」

キョン「え、じゃあ今日はこのままなの?」

長門「………(こくり)」

キョン「まいいか。じゃあ今日は早退するわ。」

長門「涼宮ハルヒに言っておく。」

キョン「わかった、じゃあな」






キョン「乳輪が黒くなった」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:40:49 ID:7AMEz3c70

キョン「………えー………」

キョン「すげえ黒いじゃん…………」

キョン「バグってこれかよ………」

キョン「まだ一回も吸わせた事ねえよ……」





キョン「てゆーか明日の体育、プールじゃん………」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:43:35 ID:7AMEz3c70

長門「………」

朝倉「はい、どーぞ♪長門さんの分です。」

長門「ありがとう…………」

朝倉「?どうしたんですか?長門さん?」

長門「…………何でもない………。」





キョン「…………また絆創膏かな」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:47:20 ID:7AMEz3c70

谷口「……………。」

国木田「え、キョン………何で絆創膏を乳首に貼ってんの?」

キョン「…………何でもありません」

国木田「いやもう、なんか悲しそうな目なんだけど。
    どうしたの?ホントにどうしたの?」

キョン「…………何でもありません」

谷口「…………キョン、裸見られたくないなら休めよ。」

キョン(しまった)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:52:40 ID:7AMEz3c70

長門「…………なに?」

キョン「元に戻してください。」

長門「下手に手を加えるとバグが」

キョン「頼む……今日家族と銭湯行くんだよ……
    親父が見たら確実に勘違いされるよ……」

長門「………わかった。
   踵を三回トントントン」

テレッテレ~

キョン「…………
    …………変わってない。」

長門「銭湯に着くころには変わってる。」

キョン「わかった、じゃあね………」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:54:15 ID:i7an3Y/TO

(=ω=.)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:55:40 ID:H3ZnuCVEO

呪文古いwww


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:56:12 ID:7AMEz3c70

妹「じゃあキョン君!またあとでね~♪」

キョン「ああ、また後でな。」


キョン「さて、変わってるかな………?」

ガサガサ……

キョン「お…………!ピンクだ!
    やったピンクだ!!
    綺麗なショッキングピンク色だぞ~~~!!!!!」

妹「……………なんかいってる」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 22:59:43 ID:7AMEz3c70

キョン「やった~~~!!ありがとう長門おお!!
    感動した!!俺の乳首が戻ってきたぞおおおおお!!!!」

女性客「…………」

妹「え?いや知りません、あんなキョン君知りません。」

キョン「いや~~~これで安心して……………」

ジーッ(ファスナー)





キョン「アンダーヘアーが黒髪ロング」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:00:28 ID:7AMEz3c70

キョン「しかも直毛」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:04:09 ID:7AMEz3c70

谷口「………………。」

国木田「………キョン、言っちゃあ悪いけど…
    心なしか、下のほうモッコリしてない?」

キョン「…………いいえ」

国木田「え、いやだってもう泣いてるよね?
    半泣きだよね?マジで最近どうしたの?」

キョン「だから……なんでも……ありません………」

谷口「もう休めば?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:07:32 ID:7AMEz3c70

長門「………今度は何?」

キョン「切っても切っても生えてくるんです………」

長門「………。」

キョン「あの後家族会議になりました………」

キョン「もうバグとかいいです……
    とりあえず今の状況を打開したい。」

長門「………。」

キョン「やってください………長門ォ……。」

長門「わかった…………」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:12:13 ID:7AMEz3c70

キョン「…………」

パッ

キョン「!?…………消えた!!!」

キョン「ばっバグは!!?……………」

ガサガサ…

キョン「…………なん、ともない……?」

キョン「や…………やtttッタアアアアアアアアアア!!!!!」                              キョンクンゴハンココニオイトクネ>




古泉「あれ?僕のマグナムってこんなに短かったっけ?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:18:07 ID:7AMEz3c70

新川「森!!右に回りなさい!!」

森「はい。」

ドゴーン! パキーン!

古泉「…………」

新川「おい!?どうした古泉!!何を突っ立っている!!?」

古泉「……………テノナカニ……オサマッチマウンダヨ………」

新川「………?」

古泉「………勃起しても………手の中に………納まっちまうんだよおおおおおおおおお!!!!!」


森「何言ってんのアイツ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:24:09 ID:7AMEz3c70

長門「極めて遺憾に思っております。」

古泉「なんでキョン君に施した術が私に来るんですか!?
   戻しなさい!!今すぐ戻しなさい!!!」

長門「で、でもバグが」

古泉「んなこたぁどうでもいいんだよ!!いいから戻せ!!
   これじゃあ抜いた後に押し寄せる、なんともいえない虚ろ感が
   さらにお通夜みたいになるでしょうがああああああ!!!!」

キョン「おまえAVかエロフラで抜くタイプか」

古泉「だったらなんだってんだ元凶おお!!」

キョン「俺もだ」

古泉「わお」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:25:05 ID:4vk/+a5c0

わお じゃねえよwwwwwwwwwwwww


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:28:37 ID:7AMEz3c70

長門「エロイムエッサイム」

テレレレッテレ~

キョン「戻ったか?」

古泉「ちょっと待ってください……」

ジー(長門がマジマジと見てる音)

古泉「や、やった!!やりました!!!
   立派な私の18cmです!!!」

キョン「お前羨ましい」

長門「………バグは?」

キョン「なんともないな」

古泉「なんともないです」

長門「なんともない」





朝比奈「なんだこれ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:34:43 ID:7AMEz3c70

朝比奈「…………。」

鶴屋「みくる、どうしたのその髪型?サイヤ人かい?」

朝比奈「………と、友達から……ファッション雑誌をもらったんです……」

鶴屋「うんうん」

朝比奈「それで……遊びで……真似してたら…………」

鶴屋「うんうん」

朝比奈「なぜか………戻らなく…………(泣」

鶴屋「で、それ何て髪型だい?」

朝比奈「ハート山総理盛り、ペガサスMIXバージョンです……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:39:37 ID:7AMEz3c70

朝比奈「早く戻してください…………」

長門「………バグが……」

朝比奈「鶴屋さん以外の人が…何か距離を置いてるんです………」

長門「………」

朝比奈「あとドアでつっかえるし………
    トイレでも私が入ってるって簡単にわかるし………」

長門「…」

朝比奈MIX「早く…戻して………ください…………」

長門「………先に謝っておく。」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:45:24 ID:7AMEz3c70

長門「花も嵐も踏み越えて、戦う愛の、エレガント」

まきお~こ~せっ♪ あ~らしィ♪ あ~らしィ♪

朝比奈「や…やったぁ…………もどりましたぁ…………」

キョン「バグは!?」

朝比奈「…………なんともないですね?」

長門「バグが現れるのは夜。」

キョン「じゃあ今日もビクビクしながら帰るか」








古泉「? ???? ????? ??????? 」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:52:33 ID:7AMEz3c70

新川「…………どちらさまですか?」

古泉「??? 」

新川「いや、えーと………す、スピークイングリッシュ?」

古泉「?????????????? ?????」

新川「じゃ、ジャンボー?」

古泉「??? ??? ??? 」

新川「か、かむさはむにだ?」

森「誰かこのタイ人をつまみだして」

??????? ??? ?? 「?????? ????」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/14 23:59:56 ID:7AMEz3c70

キョン「だれ?」

古泉「???? ??? ??? [????] ????? ???? 」

朝比奈「な、なんていってるんですか?」

長門「………任せて」

古泉「??? ???? ?????????????? ????? 」

長門「??????? [????] ?????? [????] ???? ???? 」

古泉「???????? ??? ???? 」

長門「??????????? ??????????? ?? 」

キョン「なんていってんだ?」

長門「こども店長の浅はかさについて」

キョン「遊んでないで元に戻しなさい」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:04:56 ID:nzof1L3n0

長門「ファンファンウィーヒッザ」

チューチューテレーン

古泉「いや、どちらかというと漉し餡はフランスでしょう!!」

キョン「さっきまで変な会話してたのはわかった」

長門「バグ」

キョン「!!?」

朝比奈「…………」

古泉「………夜まで待ちましょう。」

長門「……………」






長門「やっぱりか」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:09:40 ID:nzof1L3n0

長門「………………」

長門「やばい。」

長門「胸が……………」

長門「Aから………………Jに……………」

朝倉「長門さーん?お風呂長いですよ~?」

長門「…………」






長門「いいかな?このままで」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:11:24 ID:nzof1L3n0

長門「……………」

朝倉「……………」

長門「……………」

朝倉「……………」

長門「おかわり」

朝倉「長門さん、ズルはいけません」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:16:12 ID:nzof1L3n0

朝倉「戻してください。」

長門「………いや。」

朝倉「戻してください!!明日そんなので登校できると思ってるんですか?」

長門「でも…………」

朝倉「いいから戻してください!!!
   ………長門さん?私、胸の大きい貴女より」

長門「………」

朝倉「等身大の、そのままのあなたが好きなんですよ………?」

長門「………!」

朝倉「だからいつもの貧しい乳の長門さんにm」

長門「死ね。」バシュン!

朝倉「うお!?なんd」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:22:32 ID:nzof1L3n0

長門「夜空の星が輝く陰で、ワルの笑いが木霊する。」

J9ッJ9ッなさけ~むよ~♪

朝倉「これ効果音じゃないですよね?」

ボッ

長門「………消滅した。」

朝倉「私、さっきの攻撃で右耳が消滅しましたよ?」

長門「けど、今の時間から考えて
   バグが発生する時間は早朝。」

朝倉「あら、それは大変。」

長門「…………それも登校時間ギリギリ。」

朝倉「それすっごいヤバイんじゃないですか?」

長門「ただ、祈るのみ。」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:26:06 ID:nzof1L3n0

ハルヒ「え?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:29:07 ID:nzof1L3n0

ハルヒ「……………あれ……?」

ハルヒ「………………なんで?」

ハルヒ「………………」

ハルヒ「顎ひげが…………股下まで………」







ハルヒ「えーと、ハサミと剃刀はっと………」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:32:05 ID:gyoqtt6pO

KIMEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:34:56 ID:nzof1L3n0

チョキン… チョキン…

ハルヒ「おかしいなぁ……………」

チョキン… チョキン…

ハルヒ「さっき剃ったばっかりなんだけど…………」

ジョリジョリ…

ハルヒ「まあ、成長している証拠かな………」

ハルヒ「よしっ!今日も学校いきますかっ!」



ハルヒ母「排水溝から大量の髪が」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:41:47 ID:nzof1L3n0

長門「………その後の変化は?」

キョン「俺は……………無いけど…………?
    強いて言うなら国木田たちから心配されるだけで……」

古泉「私も…強いて言うなら森さんからの視線が
   蔑みの視線になっただけで………」

朝比奈「私も…………強いて言うなら
    鶴屋さん以外の人が『ペガサス』って呼ぶだけで………」

長門「…………じゃあ、バグは……」

キョン「いったい…………?」





ハルヒ「さあ!今日もみんなでS・O・S~♪」

―――――――――――fin.―――――――――――


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:44:37 ID:0O3weZxp0

オツカー・レイ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/15 00:48:03 ID:JhZqQe2fO

いちおつ

SS最後まで読んだの久しぶりだ



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1258204735/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。