ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥「プロデューサーさんがももクロのライブ映像に映っていた」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 12:44:11 ID:/9dRLfne0

P「おはようございまーす」

小鳥「・・・」
律子「・・・」

P「・・・?ってあれ?なんでみんないるんだ。やよい今日オフだろ?」

やよい「そ、それは」
伊織「やよい!」

やよい「うぅ・・・」

P「ど、どうしたんだよみんな」

あずさ「・・・」
響「・・・」

美希「・・・正座するの」

P「正座?な、なんだよほんとどうしたんだ」

真「そこに正座して下さい!!」ドンッ!!

P「わっ、わかったわかった」スッ

律子「・・・どういうことですか?」

P「こっちが聞きたいんですけど・・・」





3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 12:46:11 ID:ZtJ0vcb70

踊ってたのかPよ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 12:46:26 ID:7LF3HSSJ0

クッソワロタ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 12:52:32 ID:/9dRLfne0

美希「ハニーの裏切りものぉーーー!!うぇええええええ」

あずさ「泣かないで美希ちゃん」ナデナデ

P「俺がなにしたってんだ・・・」

伊織「まだシラをきるつもり!?ネタはもう上がってんのよ!!」

P「ネタ?」

響「酷いぞプロデューサー・・・信じてたのに」

貴音「地獄に落ちればいいのです」

P「なんだってんだ?ちゃんと言ってくれないと俺だって謝れないぞ」

小鳥「・・・これを見てもまだそんなことが言えますかね」ピッ

テレビ『うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!』
P「!?」

テレビ『コココ コーコ コッコッコー
    コココ コーコ コッコッコー』

小鳥「・・・」ピッ

P「・・・・・・」

律子「ここに映ってるの、誰でしょうね」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 12:58:50 ID:/9dRLfne0

律子「とっても楽しそうですね」

小鳥「こんな顔今まで一度も見たことないです」

やよい「・・・ぐすっ」
春香「裏切りです・・・」
雪歩「うぅっ・・・」
亜美「サイテーっしょ」
真美「兄ちゃん・・・」
伊織「あんただけはこんなことしないと思ってたのに・・・」

P「・・・なるほど。でもちょっとまって欲しい」

律子「なんですか?」

P「俺がプライベートでこういうことをしていたとして、なにが悪いんだ?」

小鳥「ぴよぉっ!?開き直りやがった!」

律子「っ・・・そこまで堕ちていたとは」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 13:06:05 ID:/9dRLfne0

P「開き直るもなにも、別に犯罪を犯したわけでもなしに」

貴音「痴れ者っ!」

真「男として恥ずかしくないんですか!」

春香「私たちのライブでだってこんな顔しないのに!!」

P「そりゃそうだろ。仕事中にプロデューサーが熱狂してどうする」

律子「じゃあプライベートで竜宮のライブに来たらいいじゃないですか!!」

P「みんなのライブいったら仕事の気分になって純粋に楽しむなんてできないだろ」

亜美「うああああん!」

P「な、なんで泣くんだよ・・・」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 13:09:12 ID:DqcPO/if0

しかしよく見つけたな


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 13:12:25 ID:/9dRLfne0

結局事務所の面々と和解することはなく、プロデューサーはほとんど口も聞いて貰えない日々を送った

だが春香だけはプロデューサーの気持ちを汲んでくれて優しくしてくれた為

プロデューサーと春香は結婚して事務所を辞め幸せに暮らしました。


終わり


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:35:31 ID:ALmZyV0wP

真美「亜美、大丈夫?」

雪歩「亜美ちゃん……」

千早「プロデューサー?」

P「い、いやなんで俺が悪いみたいになってるんだよ」

律子「まだしらばっくれるおつもりですか?」

P「だ、だからさ……俺に言わせてもらうとだな」

小鳥「もう言い訳は辞めてください!!」

響「そうだぞ!! 早く、早くいつものプロデューサーに戻ってきて欲しいんだ!!」

真「これ以上男らしくないプロデューサーなんてみたくありません!!」

P「……じゃあ俺にどうしろと」

春香「それはもちろん、ももクロのファンをやめて下さい」

P「……はい?」

貴音「プロデューサーの家を拝見したところ、おびたしい量のグッズが見つかりました」

伊織「全部よ全部!! 全部捨ててきっぱり忘れなさい!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:40:57 ID:ALmZyV0wP

P「そんなことして……何になるんだ?」

あずさ「ここまで言われても、まだ未練があるんですか……?」

やよい「お願いですプロデューサー!!」

P「なんで俺が、ももクロのファンをやめなくちゃならない……」

律子「はぁ……小鳥さん! さっきのもう一度!!」

小鳥「は、はい!! ほら、これですよ!! いい加減目覚めてください!!」

美希「ミキたちのライブじゃ盛り上がれないのに、この子たちのライブだと……ぐすっ」

P「どうしてミキまで泣くんだよ……」

春香「泣きたいのは、私もですよぉ……」

千早「いい加減決めてくださいプロデューサー。私達なのか、ももクロなのか」

真「そうですよ、もう僕たち耐えられません!!」

P「……」

貴音「本来ならば許されざることですが……今ならばまだ間に合います、プロデューサー」

伊織「ふん、私だって本当はもう見捨ててもおかしくはないところだけど、今ならまだ」


P「じゃあ、辞めるわ」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:46:29 ID:ALmZyV0wP

春香「そうですよね! よかったー!! プロデューサーさん、これからもどうぞ……あ、あれ?」


「「「「「えっ?」」」」」

雪歩「ぷ、プロデューサー今何て……」

響「や、辞めるっていうのはももクロのファンを辞めるってことだよな!!」

P「いいや、ここを辞める」

亜美「えっ……」

律子「ちょ、ちょっとプロデューサー!? これ以上変なことを言って事務所を困らせないで……」



P「どっちが困らせてるんだよ!!!!!!!」

小鳥「!!!!」ビクッ

P「いいか、俺はただももクロのライブで楽しんでただけなんだ。それを、わざわざこんなに風に動画にして」

小鳥「……」

P「事務所のことは考えてるさ。俺が一回でもお前達に素っ気ない態度をしたことがあるか?ももクロと比べたことがあるか!?」

千早「……」

P「それなのに、見捨てるだの見捨てないだの、あげくの果てにはなんで俺の家に勝手に上がりこんでる?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:47:21 ID:5Bk8uD450

正論だわ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:51:42 ID:ALmZyV0wP

貴音「そ、それは! 貴方様のためを思って……」

P「……勝手にいじったりしてないだろうな?」

貴音「……」

P「もし一つでも場所が違ってたら……そのときは」

貴音「……も、戻して、おきます」ヘタッ

伊織「な、なんなのよ!! そんなの、そんなの勝手すぎるじゃない!!」

P「なんでだ」

伊織「だって、元は私達のプロデューサーだったのに、なんでそんな!!」

P「いや、だから別に俺はももクロのプロデューサーじゃない。7-11の店員がローソンに買い物に行って何が悪い」

律子「それはちょっとどうかと思いますけど」

P「最初はももクロの話を聞いて、同業者の視察程度に思ってたんだよ。それが、いつしか嵌っちゃってさ……」

P「それが悪いことなのか? どこが悪いか具体的に言ってくれよ」

真「だ、だって……僕たちのライブのときはそんなに盛り上がってなかったじゃないですか!!」

P「じゃあ真、ライブのときに舞台袖で俺が飛び跳ねて奇声を上げててもいいんだな? サイリウムをスタッフ全員に配ってもいいんだな?」

真「あ、いや……」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:54:11 ID:eVsUc6FM0

> P「じゃあ真、ライブのときに舞台袖で俺が飛び跳ねて奇声を上げててもいいんだな? サイリウムをスタッフ全員に配ってもいいんだな?」


イヤすぎるwwwwwwww


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:55:40 ID:+UNK/4hhO

舞台袖でヲタ芸するPヘッド想像してクソワロタ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 15:57:03 ID:ALmZyV0wP

P「お前たちのライブだっていつも楽しんでるさ。でも、違うだろ? お前達だって熱狂的になる趣味くらいあるだろ?」

亜美「だ、だったらりっちゃんが言ってたようにプラベートで見に来てよ!! それくらいいいじゃん!!」

P「なんでタダで好きなとこから見られるライブを金払って見に行かなきゃいけないんだ」

律子「ほ、ほら。結局はお金が惜しいんですよね! 私達のことは目もくれず、ももクロに貢ぎたいんですから!!」

P「……律子」

律子「な、なんですか」

P「本当に、わからないんだな?」

律子「わ、わかりませんよ! あなたのその浮気心、言い訳をする勇気にはあきれました!!」

P「……そうか」

律子「わ、わかってくれましたか。それじゃあ……」

P「じゃあ言った通り、俺はもうここを辞める。今までお疲れ様」

律子「は、はい?」

P「あとは頑張れよ、律子」

春香「ま、待ってください!! どうしてそうなるんですか?」

P「俺が聞きたいよ」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:06:37 ID:ALmZyV0wP

雪歩「わ、私達なんてどうでもいいってことですかぁ……?」

P「なんかもう、ぶっちゃけそういうことになるな」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん……」

P「プロデューサー業にはなんら差し支えない。その範疇で楽しんでただけなのにさ」

P「勝手に探りを入れられた上、散々馬鹿にされたんだ。もう知らん」

千早「……」

美希「ま、待って!! ハニー、本気じゃないよね……?」

P「さぁな。じゃ」

伊織「ま、待ちなさいよ!!」

P「何だ」

伊織「……ちょ、ちょっと私達もあれだったことは認めるわよ」

伊織「だからって、辞めることはないでしょ?」

春香「そ、そう!! そうだよ、伊織の言う通り!!」

小鳥「そ、そうですよ!! ファンはダメだけど、グッズを持ってることには文句を言いませんから!!」

P「……どうしたんだお前達、急に」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:08:36 ID:/XQNmd9a0

サイリウムって生物兵器みたいな名前に見えてしょうがない


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:09:13 ID:eVsUc6FM0

ファンがダメでグッズがオーケーってどういうことだwwwwww


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:11:06 ID:ALmZyV0wP

小鳥「急に、じゃないですよねぇ! 律子さん!」

律子「あ、え? あ、そ、そうね……」

P「散々、浮気だの言ってたのにか?」

律子「あ、あれは……少しくらいなら、その、浮気も甲斐性、みたいな感じで……」

P「少しくらいってなんだ。そもそも浮気じゃないし、そういう考えはやっぱり納得できないな」

春香「り、律子さん!!」

律子「な、なんで私なのよ!!」

真「待って下さいプロデューサー!!」

P「今度はなんだよ」

真「そ、その……ももクロのこと、僕たち少し言い過ぎました! ごめんなさい!!」

P「あぁ」

真「だ、だからその……戻ってきてもらえませんか?」

P「嫌だ」

やよい「どうしてですか……」

P「だって俺相当傷ついたし。結構変装もしてたけど会場もピークに達して、もう変装なんてしるか!ってところを撮られてたし」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:16:04 ID:ALmZyV0wP

千早「じゃあ、どうすればいいんですか……」

P「新しいプロデューサーを探すとかだな」

美希「そんな……そんなの嫌なの!!」

亜美「兄ちゃん!!」

真美「真美たちもやだよ!! 戻ってきてよ!!」

P「なんかここに居るだけで不快になってきちゃったから、そろそろ行くな?」

あずさ「プロデューサーさん……」

P「それじゃ。……今日はももクロの握手会が確かあそこであったし、ちょうどよかった」ボソッ

ガチャッ


春香「ま、待ってください!!!」

P「……」

春香「わ、私……私も実は、ももクロのファンなんです!!」

P「……ん?」

伊織「は、春香!?」

律子「……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:16:54 ID:nDwLN5F00

ハルカッス


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:21:49 ID:ALmZyV0wP

P「誰推しだ?」

春香「へっ?」

P「誰推しか、聞いてる」

春香「あ、いや、その……」

P「春香? まさかとは思うが……俺を止めるために嘘を……」

春香「は、箱推しです!!!」

伊織「え?」

やよい「は、箱推しって何? 伊織ちゃん」

伊織「し、知らないわよ……春香も、終わりね……」

P「……春香」

春香「は、はい……」


ギュッ

春香「え? ひゃぁああ!! ぷ、ぷ、ぷ、プロデューサーさん!!?」

P「……こんなところに同士がいたか。俺としたことが」

美希「あっ!? は、春香!! 離れるの!!」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:24:06 ID:3iend5L20

うひょー


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:25:14 ID:ALmZyV0wP

小鳥「こ、これは……」

律子「……」

伊織「な、何やってんのよアンタたち! 離れなさいよ!!」

P「春香!!」

春香「は、はいっ!」

P「今から握手会があるんだ、行かないか!」

春香「はい! えっ? あ、は、はい!!」

美希「……じゃ、じゃあミキも!!」

千早「美希……?」

P「なんだ、お前もファンだったのか?」

美希「み、ミキは……その、これからファンになるの!」

P「おぉ!! それはいいことだ、うんうん」

美希「だ、だからねハニー? ミキにもさっきの、春香みたいに……」

亜美「ず、ずるいよミキミキ!! だったら亜美も!!」

真美「な、なら真美も!!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:26:27 ID:rhI/nLkm0

春香さんはメインヒロインだから必ず勝利する


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:30:27 ID:caA1BFL40

箱ってなにか詳しく


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:31:01 ID:z3vIE08x0

>>115
メンバー全員推し


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:32:17 ID:ALmZyV0wP

律子「ちょ、ちょっとアンタたち!! これから仕事でしょ!」

千早「私も……行こうかしら」

律子「千早!? あぁもう、プロデューサーもプロデューサーなら止めてくださいよ!!」

P「俺もうプロデューサーじゃないですし」

律子「あ、ああもう!!」

---

こうして事務所の半分はプロデューサーについて行きました。
でもそのあまりの熱狂ぶりについて行けないアイドルの方が多かったようで
結局最後には誰もついていけなくなりましたが、そのおかげでももクロに対して寛容になった事務所は
改めてプロデューサーに謝罪すると、再雇用することになりました
でもそのせいか、プロデューサーは今までより大々的にファンアピールし、事務所では皆に引かれてしまっています

そんな時、一人密かに企てている人がいました

「ももクロより魅力のあるアイドルになれば……プロデューサーさんを……」

またある人は

「ももクロに入ってしまえば……プロデューサーさんを……」

そんな765プロは今日も平和です!

終わり


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:35:07 ID:6/7RPhW20

最後の意味深なセリフは次を期待してもいいと?


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:35:48 ID:nDwLN5F00

おつピヨ!


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:36:57 ID:ALmZyV0wP

むしろ誰か書けばいいんじゃないなーって


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:41:12 ID:z3vIE08x0

律子「どうせ私と有安さんを比べていたんじゃないですか!?」

P「いや俺しおりん推しなんで」

美希「ならミキと比べてたの? しおりん脚も長いしミキ並に可愛いから」

P「お前は自家製カレーと他人の家のカレーを比べるのか?」

美希「ぐぬぬ」

貴音「ですがこれは何でしょうか。この奇っ怪な踊りは」

P「奇っ怪と言ったな貴様」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:44:49 ID:z3vIE08x0

貴音「え……ええ……」

千早「確かに、この鳥みたいなポーズのダンスは奇っ怪かも……」

P「それがアイドルの言うことか!」

真「アイドルだから! 言うんです!」

P「そんなアイドル修正してやる!」

伊織「あんたの修正が先よ!」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:48:33 ID:z3vIE08x0

P「お前ら、よく聞け」

P「なぜ俺がももクロにはまってはいけないのか」

P「お前らはアイドル事務所のプロデューサーでありながら他のアイドルにハマるのはいけないことだ」

P「そう言う」

P「しかしィ、君達が売れ出す前にィ! 柴咲コウのPVにちょろちょろりんと出演していたことは覚えているなァ!?」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:52:19 ID:z3vIE08x0

真美「覚えてるよ→」

亜美「滅茶苦茶綺麗だったよね→」

P「柴崎コウの所属事務所は何処だァ!?」

真「え、えっとスターダスト? かな」

P「その通りィ! しかァァァし、ももクロの所属事務所もォ」

小鳥「ハッ、ス、スターダストだわ……」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:54:52 ID:z3vIE08x0

P「ぬわははははは、分かったかお前ら。つまりこの事務所とスターダストには縁があるのだ」

P「全く無関係の事務所ならともかく、これで俺がのめりこむ障害は何もないな」

春香「き、詭弁ですよそんなの」

P「しかし正しいものの味方だ」

「「「「「……」」」」」

社長「残念だよ……君には期待していたんだがね」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:56:16 ID:z3vIE08x0

P「な、社長」

社長「しかしこうなれば仕方ない、退社、だな」

P「そ、そんな」

社長「残念だよ」

P「こんなのおかしいよ!」

真「プロデューサーの方がおかしいですよ!」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 16:59:30 ID:z3vIE08x0

雪歩「そ、そうですよ……」

社長「しかし、私も鬼ではない」

P「えっ」

社長「君がももクロから手を引くのであれば先ほどの解雇が撤回しよう」

P「そ、そんなッ……」

社長(こ、こんなんでいいかね律子君)ヒソヒソ

律子(はい、完璧です)ヒソヒソ

社長(じゃ、じゃあ来週からトイレ掃除は君が……)


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:00:35 ID:z3vIE08x0

社長「さぁ、決めてもらおう」

P「……」

春香「ま、待って下さい!」

律子「は、春香ッ!?」

春香「そ、そんなのおかしいですよ! Pさんの趣味を奪うなんて、ひどすぎます!」

P「は、春香……」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:01:59 ID:z3vIE08x0

春香「こんなの、理不尽過ぎます!」

社長「し、しかし……」

P「もういい……」

春香「で、でも」

P「もういいよ春香」

春香「プロデューサーはそれでいいんですか!?」

P「ああ。……俺は退社する」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:04:28 ID:z3vIE08x0

春香「!?」

美希「!?」

千早「!?」

雪歩「!?」

真「!?」

真美「!?」

亜美「!?」

伊織「!?」

やよい「!?」

あずさ「!?」

響「!?」

貴音「!?」

律子「!?」

小鳥「!?」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:06:25 ID:z3vIE08x0

P「春香という理解者がいただけで、それだけでいい」

春香「……」

美希「ま、また浮気なの! そうやってこの事務所を見捨てるの!」

P「そんなの関係ないよ」

やよい「そ、そうですよ! 折角社長が条件を出してくれたのに!」

P「そんなの関係ないって言ってるでしょ!」

やよい「ひっ……ウワァーン」

伊織「あ、あんたやよいを泣かせたわね!?」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:08:01 ID:z3vIE08x0

P「もういいんだ。俺がこの事務所にいると嫌な事ばかり起きる」

雪歩「そうやって嫌な事を思い出しても、仕方がないですぅ」

真「そ、そうですよ! これから心機一転したらいいんですから!」

P「それが出来たら苦労しないよ」

真「た、確かに」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:10:03 ID:wgHYQKbq0

>真「た、確かに」

ワロタ


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:10:29 ID:z3vIE08x0

千早「じゃ、じゃあ本当にやめるって言うんですか」

P「俺がお前らに嘘を言ったか」

亜美「に、兄cがいないと寂しいよ!」

真美「そ、そうだよ→!」

P「ありがとう。でももういいんだ。何、大丈夫。プロデュースの知識は律子にもある」

P「こんな人気事務所だったら、プロデューサー志望も来るさ」

貴音「しかし、そんなのは知識にしか過ぎません」

P「知識だけで何が悪い!」

貴音「!?」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:13:04 ID:z3vIE08x0

P「お前らはそう言うけど、さっきみたいに俺が少しでも可愛い女の子にハマるとそうやって俺を修正しようとする!」

P「そうやって、お前は俺をお前らの理想とするプロデューサーにしたがる!」

P「お前らは俺を独占化したがる! 俺の人生を!」

あずさ「で、でも、プロデューサーさんを直そうとしたのは今回が初めて……」

P「いいや違いますね! この前トップをねらえにハマった時もそうだ!」

P「苦労して買ったBDセットをぶち壊しやがった!」

P「あの時はこらえました! でももう限界だ!」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:14:48 ID:z3vIE08x0

響「だ、だけど今回だって、きっと辞められるさ、スパっと」

P「どうしてそう言える?」

響「えっ」

P「どうして俺がスパっと辞められるって言えるんだ、お前は」

響「そ、それは」

P「そうやってお前らは俺の心を勝手に分かったつもりでいやがる!」

P「まるでゲームみたいにな!」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:15:50 ID:3i0xHsinO

>>BDセットをぶち壊しやがった!

ギルティだろ


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:17:32 ID:z3vIE08x0

小鳥「だ、だけど今回はプロデューサーの職がかかってるんですよ?」

P「スターダストに就職します」

小鳥「えっ」

P「幸いにもあそこはたこやきレインボーとかしゃちほことかエビ中とか他にもアイドルいるんで」

P「こう言うのは嫌ですが、こんな弱小事務所の無名アイドルをここまで有名に出来たんだ。評価されてると自負してるんです」

小鳥「……」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:19:44 ID:+UNK/4hhO

まぁクビにするぞと脅してきた会社だしな

退職金とかがっぽり絞りとってやればいい


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:20:18 ID:z3vIE08x0

律子(どうしてこうなったの? わ、私がプロデューサーにビデオを見せたから? ビデオを見せたからこうなったの?)

美希「律子さんは悪くないの……ハニーに見せて問い詰めろと言った美希なの」

律子「どうすれば、どうすればいいの?」

P「そんな顔をするな、律子」

律子「!?」

P「浮気者がいなくなってせいせいするだろう?」

律子「そ、そんなこと……!」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:22:22 ID:z3vIE08x0

P「芸能界の運命が、きっとお前らを導くだろう」

P「またお前らには会うことになる。残念だったな」

美希「ハニー!」

P「あばよ……」スタスタ

春香「待って下さい!」

P「ん?」

春香「私も行きます!」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:22:55 ID:z3vIE08x0

美希「!?」

千早「!?」

雪歩「!?」

真「!?」

真美「!?」

亜美「!?」

伊織「!?」

やよい「!?」

あずさ「!?」

響「!?」

貴音「!?」

律子「!?」

小鳥「!?」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:23:34 ID:rhI/nLkm0

やっぱり春香さんって最強だわ


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:26:03 ID:z3vIE08x0

P「いいのか?」

春香「はい! わ、私、もうプロデューサーさんのいない生活なんて考えられません!」

P「仕方ないな。ついて来い」

美希「ハニー! 美希やここのアイドルには何してもいいから、退社だけは勘弁して欲しいの!」

P「何しても……?」

美希「そ、そう!」

P「……、いいだろう、事務員やプロデューサーには何出来ないのは残念だが」

P「退社は勘弁してやろう」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:28:31 ID:z3vIE08x0

小鳥(墓穴を掘ったわね美希ちゃん……)

小鳥(でも私には被害ないし、それに妄想も捗る)

小鳥(このまま黙っていましょう)

こうして、765プロのプロデューサーがスターダストに移籍するのは免れた。
ただ、彼女たちが支払った代償はあまりにも重すぎた。
美希の一言によって、彼女たちが神格化していたプロデューサーは、鬼へと生まれ変わった。
765プロのアイドルはその日、全員生娘ではなくなった。

おわり


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:30:40 ID:cjVCZqoJ0

こんな事務所嫌すぎるだろ


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 17:39:02 ID:cjVCZqoJ0

>その日、全員
絶倫ってレベルじゃない


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 18:36:36 ID:ALmZyV0wP

>>184
ソース


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25 19:42:58 ID:APu/iA7W0

誰か



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369453451/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。