ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルプルギスの夜「寝過ごした」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:11:11 ID:25UPSrHk0

ほむら「まさかワルプルギスの夜が出現しないなんて……。
      よかった、本当に良かった……」

まどか「おーい、ほむらちゃーん!」

ほむら「まどか!? どうしてここに」

まどか「言わなきゃ分からない?」

ほむら「……分かるけど、まどかの口から言って欲しい」

まどか「うぃひひ。ほむらちゃんったら甘えん坊さんなんだから」

ほむら「だって……」






ワルプルギスの夜(どんすんだよコレ。超出ていきにくいんだけど)






2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:16:42 ID:25UPSrHk0

まどか「これで私達、同じ時間を歩めるようになるのかな?」

ほむら「……うん」

まどか「ずれちゃった私達の時間、これから長い長い時間をかけて埋めていこうね」

ほむら「そんなことできるかしら……」

まどか「できるよきっと」









ワルプルギスの夜(第一声はどうすっかなー)

ワルプルギスの夜(いやー、送れてごめんごめん!)

ワルプルギスの夜(ワルプルギスの夜改め、ワルプルギスの夜明けでーす!)

ワルプルギスの夜(……)

ワルプルギスの夜(ないな)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:24:04 ID:25UPSrHk0

ほむら「……」

まどか「どうしてそんなに悲しそうな顔をするの?」

ほむら「貴女と同じ時を歩むことは、やっぱりできないかもしれない」

まどか「そんなことないよ!」

ほむら「ううん、そんなことあるの。だって私、もう時間を停止することができなくなってしまったの」

まどか「それがどう関係あるの?」

ほむら「私はもともとそれ程高い素質を持っていたわけではない。
      時間停止ができなくなった以上、そう遠くない将来、魔女との戦いの中で死ぬことになるわ」

まどか「そんな!」








ワルプルギスの夜(あれ? それなら今私が出ていっても別にいいんじゃね?)

ワルプルギスの夜(よし決めた! どーんと出現してやる!)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:29:02 ID:25UPSrHk0

ほむら「やはり私はこの町を去るわ。貴女と私は、近づきすぎてはいけない存在なのよ。
      私との距離が縮まれば縮まるほど、貴女は大きな不幸を背負うことになる」

まどか「そう。ほむらちゃんがこの町を出ていくのなら……」

ほむら「……?」

まどか「私、QBにこうお願いする! ほむらちゃんの居場所を教えてって!」

ほむら「ちょっと、まどか!?」










ワルプルギスの夜(なんだなんだ? 雲行きが変わってきたぞ)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:37:13 ID:25UPSrHk0

まどか「今の私にとって、ほむらちゃんと一緒にいられない以上の不幸なんてないもん!」

ほむら「待ってまどか! それは駄目よ!
      あなたがそんなことを言い出したら、私が今まで闘ってきた意味が……」

まどか「……」

ほむら「確かに貴女は、ワルプルギスの夜を一矢で倒せるほどの力を秘めている。
      だけど私はまどかに、こんな戦いの宿命を背負わせたくはない!」










ワルプルギスの夜(え? 私を一発でって、それマジ?)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:41:49 ID:25UPSrHk0

まどか「それでも私はほむらちゃんといられなくなるぐらいなら……」

ほむら「まどか……」

杏子「なーにマイナス思考でぐちぐち話し合ってんだよ、そこのボンクラなお2人さん」

ほむら「杏子!?」










ワルプルギスの夜(私を一撃でとか、嘘だよな……?)

ワルプルギスの夜(でもあいつら、なんか目がマジなんだよね……)

ワルプルギスの夜(ハッタリかましてるって感じには)

ワルプルギスの夜(やばい……、ちょっと恐怖でブルった)ブルブルブル


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:48:27 ID:25UPSrHk0

まどか「きゃっ!? 地震!?」

ほむら「危ない、まどか!」

まどか「あ、ありがとう……、ほむらちゃん」

ほむら「……いえ」

まどか「それでえっと、恥ずかしいから、私を抱きしめてる手を離してくれるとありがたいかも……」

ほむら「あっ、ご、ごめんなさい!」

まどか「本当は、ほむらちゃんさえよければこのままでもいいんだけどね……」

ほむら「まどかぁ……」

杏子「夫婦漫才やってる場合かよ! この揺れ、もしかしたらワルプルギスの夜の影響かもしれないぞ」







ワルプルギスの夜(やっべぇええええええええ! 見つかったらやべぇえええええええ!)

ワルプルギスの夜(震えるな私の身体! 震えるな震えるな!)

ワルプルギスの夜(うう……、まさか私が隠れる立場になるなんて)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/08 23:54:05 ID:25UPSrHk0

ほむら「確かにその可能性は捨てきれないわね」

まどか「そんな……」

杏子「とりあえずあたしは別のポイントを見張ってるさやかとマミに、
     まだ警戒を怠らないよう伝えてくる。このポイントのことは任せたぞ」

ほむら「ええ」









ワルプルギスの夜(逃げなくちゃ……)

ワルプルギスの夜(あ、やばっ。頭が石に引っかかって身体のバランスが)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:00:04 ID:nQNwY4j30

ほむら「また地震が!?」

まどか「……ほむらちゃん」

ほむら「大丈夫よまどか。貴女のことは私が守―――」

まどか「ううん、違うの。もしワルプルギスの夜が現れたら、私すぐに魔法少女になるよ」

ほむら「!?」










ワルプルギスの夜(止めて止めて変な決意固めないで!)

ワルプルギスの夜(くぅぅ)

ワルプルギスの夜(結界に隠れて逃げようにも、何故か周囲を魔法少女に囲まれてるんだよな……)

ワルプルギスの夜(どちらにしろ見つかることは避けられなさそう……)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:06:10 ID:nQNwY4j30

ほむら「どうしてそんなことを!?」

まどか「ずっと一緒なら……」

ほむら「……」

まどか「私とほむらちゃんがずっと一緒なら、魔女になるなんていう最悪の結末は、
      ほむらちゃんが防いでくれるでしょ?」

ほむら「私は貴女を殺したくなんてない……」

まどか「うぃひっ、大丈夫だよほむらちゃん。私そう簡単には絶望に負けないよ」

ほむら「でも……」

まどか「ほむらちゃんが傍にいてくれる限り、私は絶望しない。約束する」








ワルプルギスの夜(どっか警戒網の手薄なとこ、手薄なとこ……)

ワルプルギスの夜(ん?)

ワルプルギスの夜(あそこを守ってる青い魔法少女、他より鈍そうかも)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:15:28 ID:nQNwY4j30

さやか「うわっ!? なんかでっかいのが近づいてきた!?」

さやか「えっと、えーっと、こういう時はテレパシーで助け呼べばいいんだっけ!?」











ワルプルギスの夜(ふふふふっははははははー!)

ワルプルギスの夜(久々に逆立ちを止めて本気を出してみたら、自分の移動速度の速いこと速いこと!)

ワルプルギスの夜(このまま一気に突き抜けてどっか外国に高飛び……、って、きゃん!?)

ワルプルギスの夜(慣れないスピードだし過ぎてこけた……、死にたい)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:21:23 ID:nQNwY4j30

さやか「うわっ!? 3度目の地震!?」

さやか「というか……、何あれ?」

さやか「もしかして転んでじたばたしてるの?」

マミ「大丈夫さやかさん!」

さやか「あ、マミさん!」

杏子「あんな間抜けそうなのがワルプルギスの夜……?」

さやか「杏子も!」






ワルプルギスの夜(間抜けそう言うなバーカバーカ!)

ワルプルギスの夜(ってか、やべー! スカートが地面にめり込んだ、やべー!)

ワルプルギスの夜(桃色のがやってくる前に体勢を整え直さないと詰む。マジ詰む)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:31:19 ID:nQNwY4j30

杏子「なるほど。途中までは暴風の如き物凄い速度だったが、
     瞬く間もなく転んでああなったと」

マミ「力は強いけれど知能はからっきしなのね……。まるでヘラクレスみたい」

さやか「どうしよう。転校生が来る前に総攻撃しかける?」

杏子「そうだな」








ワルプルギスの夜(だからよってたかって馬鹿扱いするなっての!)

ワルプルギスの夜(あと、お前らなぁー!)

ワルプルギスの夜(人がバランス崩してる間にリンチ仕掛けるとか、それが魔法少女のやることか!?)

ワルプルギスの夜(うあああぁー、もうっ! もうっ! )

ワルプルギスの夜(スカートがなかなか地面から抜けない! 手が地面に届かないっ!)

ワルプルギスの夜(どうやれば体勢を元に戻せるんだよ……)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:36:25 ID:nQNwY4j30

マミ「ティロ・フィナーレ!」

杏子「だりゃああああああ!」

さやか「うおおおおおおお!」






ワルプルギスの夜(いたっ、痛い! 止めて!)

ワルプルギスの夜(見た目に傷ついてなくても痛いんだよ!)

ワルプルギスの夜(なんつーかこう、あるじゃんそういう痛み!)

ワルプルギスの夜(タンスに小指ぶつける系の!)

ワルプルギスの夜(あれの超強力バージョン! マジ痛い!)

ワルプルギスの夜(しまいにゃ泣くぞ! 洪水起こすぞ!)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:43:25 ID:nQNwY4j30

さやか「何コイツ、固すぎ……」

杏子「どうしたものかね。このままじゃ埒があかないよ」

マミ「そうねぇ、1点を同時に攻撃してみましょう」








ワルプルギスの夜(うわぁああああああああああああああ!)

ワルプルギスの夜(くると分かっていて避けられない痛み)

ワルプルギスの夜(そう、例えば注射とか……)

ワルプルギスの夜(ああいうのは嫌いなんだよぉおおおお!)

ワルプルギスの夜(やばい……、下手な看護婦に何度も注射針を刺し直されたトラウマが蘇る……)

ワルプルギスの夜(こうなりゃヤケだー! スカート回転させまくって勢いで無理やり体勢を整える!)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:49:03 ID:nQNwY4j30

さやか「わわっ!?」

マミ「何だっていうの!?」

杏子「この行動にはどういう意味があるんだ!?」









ワルプルギスの夜(あの、スカートをグルグル回転させたのよ)

ワルプルギスの夜(そしたらスカートの裾でガリガリ地面が削れてさ)

ワルプルギスの夜(自重でどんどん、どんどん、下方向に力が加わるわで)

ワルプルギスの夜(下半身が地面に埋まってしまった……)

ワルプルギスの夜(どうしよう……、誰か助けて)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:54:11 ID:nQNwY4j30

ほむら「大丈夫!?」

杏子「おっ、ほむらか。コイツがワルプルギスの夜ってことでいいんだよな?」

ほむら「ええ、その筈なんだけど……。何やってるのコイツ?」

さやか「さあ?」

まどか「なんだか可哀想……」

マミ「鹿目さん!? どうして貴女までここに!?」












ワルプルギスの夜(ああああああああああぁ!)

ワルプルギスの夜(ピンクが……、きてしまった……)

ワルプルギスの夜(……)

ワルプルギスの夜(そうだ! ひらめいた!)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 00:58:39 ID:nQNwY4j30

まどか「ごめんなさい。でも私、ほむらちゃんと一緒にいたくって」

マミ「そんな理由で、こんな危険な……」

ほむら「心配には及ばないわ、巴マミ。まどかは私が絶対に死なせない」

まどか「ほむらちゃん……」









ワルプルギスの夜(私から注意がそれてる内に、スカートを全力回転!)

ワルプルギスの夜(スカートをドリルのようにして地下へ逃げ込む!)


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:01:21 ID:nQNwY4j30

さやか「あ、あれ? いつの間にかワルプルギスの夜が消えてる……?」

杏子「穴を掘って逃げてったのか」









ワルプルギスの夜(よしよし、いい感じいい感じ!)

ワルプルギスの夜(いっそこのまま地球の裏側まで抜けちゃおっかなー!)


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:04:07 ID:nQNwY4j30

――――

5分後


ワルプルギスの夜(もうだいぶ進んだかね?)

ワルプルギスの夜(まだまだいくぞー! どりゃああああー!)

ワルプルギスの夜(……)

ワルプルギスの夜(……あ、あれ?)

ワルプルギスの夜(なんだか段々暑くなってきたような……)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:07:56 ID:nQNwY4j30

ワルプルギスの夜(あっちあちあちぃいいいいいいい!!)

ワルプルギスの夜(暑いじゃなくて熱い! 超熱い!)

ワルプルギスの夜(わっ!? 何これ何これ変なドロドロしたものが!?)

ワルプルギスの夜(暗くてよく見えないけどこれマグマ!? マグマなのか!?)

ワルプルギスの夜(しかも身体が重力に引きずられてずぶずぶ沈むぅうううう!!)


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:12:48 ID:nQNwY4j30

ワルプルギスの夜(う、ううっ……)

ワルプルギスの夜(どうして私がこんな目に……)

ワルプルギスの夜(う、ぐすっ、熱いよ……)

ワルプルギスの夜(誰か助けてよ……)

ワルプルギスの夜(うあぁぁぁあぁ……)

ワルプルギスの夜(う……)

ワルプルギスの夜(ぶわっちゃああああああああ!?)

ワルプルギスの夜(マントル突破して核に突っ込んだか!?)

ワルプルギスの夜(うあああああああ! くっそおおおおおお!)

ワルプルギスの夜(根性だぁー! ドロドロの中を泳いで地表に戻るぅううー!)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:19:51 ID:nQNwY4j30

ワルプルギスの夜(おおおおおおぉおおぉ!)

ワルプルギスの夜(ああもうっ、なんで私の下半身はこんな造りなんだよおおおぉー!)

ワルプルギスの夜(バタ足できないから手だけで泳ぐしかないとか辛すぎるっての!)

ワルプルギスの夜(でも……、負けるもんかぁああああああ!)

ワルプルギスの夜(私だって夢と希望を叶える魔法少女のなれの果て!)

ワルプルギスの夜(諦めるのは性にあわないんだぁあああああああああああ!)


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:26:47 ID:nQNwY4j30

ワルプルギスの夜(はあっ、はあ、はあ……)

ワルプルギスの夜(休憩する度に沈んでいくとかマジ鬼畜)

ワルプルギスの夜(犬かきで地表にいくなんて無理なんじゃないかな……)

ワルプルギスの夜(もういいや……)

ワルプルギスの夜(このまま流れに身をまかせちゃおう……)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:27:04 ID:nQNwY4j30

『ワルちゃんは本当に逆立ちが上手だね!』

『てへへっ、そうかな?』

『うん! 私、ワルちゃんの逆立ちだーい好き!』

『さとちゃん……』

『ワルちゃん……』


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:27:21 ID:nQNwY4j30

――――


ワルプルギスの夜(ハッ!)

ワルプルギスの夜(そうだった……)

ワルプルギスの夜(私の逆立ちは、さとちゃんの大好きだった逆立ち……)

ワルプルギスの夜(……)

ワルプルギスの夜(……)

ワルプルギスの夜(だからなんだよ)


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:33:54 ID:nQNwY4j30

ワルプルギスの夜(まあいいや)

ワルプルギスの夜(やっぱり私は、どうせなら逆立ちのまま死にたい)

ワルプルギスの夜(こんな、地球の核側に足を向けた姿勢のまま死ぬなんて嫌)

ワルプルギスの夜(……そうだ!)

ワルプルギスの夜(スカート部分をスクリューみたいに使おう!)

ワルプルギスの夜(そうすればさっきより早く泳げんじゃない!?)

ワルプルギスの夜(よーし、そうと決まれば……)

ワルプルギスの夜(だりゃあああああああああああああああ!!)


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:37:32 ID:nQNwY4j30

ワルプルギスの夜(凄い凄い! マジで速いぞこれー!)

ワルプルギスの夜(楽しくなってきたぁあああああああ!)

ワルプルギスの夜(おお! もう外が見えてきた!)

ワルプルギスの夜(……あれ?)

ワルプルギスの夜(さっき沈んでった時は、こんなところまでマグマで満たされてたっけ?)

ワルプルギスの夜(……)

ワルプルギスの夜(……)

ワルプルギスの夜(気にしても仕方ないか)

ワルプルギスの夜(とにかくラストスパートぉおおおおおおおお!!)


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:43:15 ID:nQNwY4j30

――――

地表


さやか「うわっ!! マグマがまた吹きだしてきた!?」

マミ「もう終わりなのよぉ……」

杏子「ちったあ落ち着け! アンタがそんなんでどうすんだよ!」

マミ「佐倉さん……?」

杏子「何とかしてくれるさ。……あの、ムカつくルーキーがな」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 01:55:43 ID:nQNwY4j30

QB「さあ、まどか。君はどんな願いで魔法少女になるんだい?」

まどか「私の願いは……」

QB「……」

まどか「この大災害を、原因も被害も全部ひっくるめてなくして欲しい!」

QB「……よし。君の願いは、今エントロピーを凌駕して成就された」

ほむら「まどか、絶対に貴女を魔女にはさせないから。死ぬ時は一緒よ」

まどか「うん、ほむらちゃん」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 02:01:20 ID:nQNwY4j30

――――


「……あれ? 私は一体?」

「はあっ、やっと起きた……」

「さとちゃん?」

「また逆立ちしたまま居眠りしちゃうんだから……。風邪ひくよ」

「えっ!? でも私、確かマントルの中を泳いでいた筈じゃ」

「何それ? ワルちゃんまだねぼけてない?」

「……。そうだね、あり得ないよね、あんな悪夢」


あの時
私が地表に出る寸前、身体全体が桃色の光に包み込まれた
その光は、とっても暖かくて
気が付いたら教室で、逆立ちしながら居眠りしていた

ワルプルギスの夜としての記憶が夢だったのかどうかは、もはや定かではない
でも今となってはそんなこと、ささいな問題だ


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 02:03:28 ID:nQNwY4j30

「ねえワルちゃん。逆立ちしながら何回フラフープできるか競争しようよ!」

「ふっはっは、今日は負ける気がしないよ!
  こっちにはなんてったって数十年分のキャリアがあるから!」

「へっ? 数十年って、ワルちゃん私と同い年のはずじゃ……」

「いいのいいの! 細かいことは気にしない!」

何にせよ、今日も私は逆立ちをする
これからずーっとずーっと、たぶん死ぬまで毎日
世の中なんてクソくらえなんて態度を、この妙な姿勢でアピールし続けるのだ
無力な私には、これしかできないから

ああでも、それでいいのかも
口の上手い白い獣に乗せられて下手な力を望むと、
きっとろくな結果に終わらないのだから


ワルプルギスの夜、その性質は無力……だった





おわり


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 02:05:02 ID:kYT7yF660

いい話だったな 笑ったりほほえましくなったり忙しかった 乙


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 02:20:33 ID:nQNwY4j30

蛇足。もう1つ考えてたエンド。>>97から続く

――――

ワルプルギスの夜(うわわあっ!?)

ワルプルギスの夜(やっべえええええええ!? マグマに押し出されるるるるるる!?)

ワルプルギスの夜(うわっ!? 宇宙に飛び出た!? 宇宙に飛び出たよ私!)

ワルプルギスの夜(それなのに止まらないぃいいいいいい!)

ワルプルギスの夜(ちょい待ち、なんか知らない惑星見えてきた!)

ワルプルギスの夜(うわぁああああああ!!)

――――

QB「はぁ……、たまには母星でのんびり休暇を過ごすというのも」

ワルプルギスの夜(あぁー! ぶつかるぅー!)

QB「きゅっぷぃ!?」

ワルプルギスの夜(いたたた……)

ワルプルギスの夜(あれ? この星ってまさか……)


本当におわり


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 02:21:45 ID:l6xecksk0

こっちのエンドも面白いなww


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09 02:31:25 ID:vcn6ntRrO

こんなワルヨルだったら逆に応援したなるな
うまいオチだったwww乙!




スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1304863871/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。