ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレン「相手の本音が聞こえる薬?」




1 :名無し[saga]:2013/06/14(金) 23:48:13.04 ID:IOdEwQI+0
※キャラ崩壊あるかも

※ネタバレあるかも



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371221292
2 :名無し[saga]:2013/06/14(金) 23:55:44.99 ID:b/YVMiYs0
エレン「どういうことだ?」

アルミン「つまり相手が本当に思っていることが聞こえるんだよ」

アルミン「まぁ飲んでみてよ」グイグイ

エレン「…わかったよ」ゴクゴク

エレン「うっ…」

アルミン「どうしたの?」

エレン「まずううううう」

アルミン(バカだな…ただのまずに水なのに…)

エレン「!」

アルミン(いつもの胃痛の仕返しさ)
3 :名無し[saga]:2013/06/14(金) 23:58:09.26 ID:b/YVMiYs0
エレン「アルミン…お前…」

アルミン「え!?失敗作だったかな?」

アルミン(こんなことで怒ってやがる…怒りたいのはこっちだよ)

エレン「アルミン…お前の薬、きいたわ」

アルミン「えっ!?」

エレン「お前の心の声全部聞こえた…」

アルミン(ウソだろ、適当に混ぜて作った薬なのに…)

エレン「…見損なったよ」

エレン「…」ダッ

アルミン「…どうしよう」
4 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 00:01:27.08 ID:mXq4SxdU0
エレン(どうする…)

エレン(誰にもあいたくねぇ…)

コニー「おお、エレンじゃねぇか」

コニー(どうしたんだろ、暗い顔して…)

エレン「!」

コニー「何かあったのか?」

コニー(心配だな…)

エレン「コニー…お前は本当は優しい奴だったんだな」ウルウル

コニー「はぁ?」

コニー(エレンがおかしいのか?俺がおかしいのか?)

エレン「…ふふっ、有難うな」

コニー「え!?どういたしまして…」

コニー(なんだったんだ…)
5 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 00:04:38.01 ID:mXq4SxdU0
ID変わりまくってるけど>>1です

エレン(コニーの心の声…ジンと来たな)

ジャン「おお、エレンじゃねぇか」

エレン「おう」

エレン(ジャンか…こいつは俺のことどう思ってるんだろう…)

ジャン「何暗そうな顔してんだ?ミカサにでも振られたか?」ヘラヘラ

ジャン(病気か?心配だな…)

エレン「!!」

ジャン「まあ荒れるなって、ほかにも女はいるからさ」

ジャン(医務室まで連れてってやろうかな…)

エレン「…お前もいい奴だったんだな…」

ジャン「はぁ?」

エレン「医務室は大丈夫だよ」

ジャン「!!!」

エレン「じゃあな」

ジャン「…何でわかったんだ…」
6 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 00:07:14.98 ID:mXq4SxdU0
エレン(仲間思いのいいやつばっかりだなー)

サシャ「おお、エレンじゃないですか」

エレン「おお、サシャ」

サシャ(おなかすいた…エレンなにかもってないかな)

エレン「おれは何も持ってないぞ」

サシャ「!…私何も言ってませんが」

サシャ(心を読まれた…もしやエスパー!?)

エレン「違うぞ、事情があるんだよ」

サシャ「何でわかるんですか!」

サシャ(皆に報告だ)

サシャ「ちょっとトイレに」ピュー

エレン「…トイレは逆だぞー」

エレン(面倒なことになってきた…)


35 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 17:39:35.43 ID:JDW3aIlt0
サシャ「皆!大変です!」

アニ「…うるさいよ、どうしたの?」

サシャ「エレンが…エスパーになっちゃいました!」

ミーナ「…もう少し詳しくお願い…」

サシャ「えっと…言葉じゃ説明が…」

クリスタ「…どういうことだろう…」

ミカサ「私が確かめてあげる」

ユミル「お、保護者の登場だ!」

ミカサ「…」ギロリ

ユミル「怖くないぞ~」ケラケラ

37 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 17:45:22.90 ID:JDW3aIlt0
エレン(意外な人が結構優しい…)

エレン(アルミンは…くそっ)

ミカサ「エレン」

エレン「うお!後ろからいきなり声かけるな!」

ミカサ「…ごめんなさい」シュン

ミカサ(驚いたエレン可愛い…)

エレン「…」

ミカサ「…」

ミカサ(しまった…喋る話題が…)

エレン「話題がないなら行くぞ」

ミカサ「!待って」

ミカサ(今のはおかしい、普通『話題』なんか使わないはず…)

ミカサ(サシャの言ってたことは…)

エレン「サシャから聞いたのか…」

ミカサ「!」

38 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 17:48:37.05 ID:JDW3aIlt0
ミカサ「…何で…」

エレン「アルミンに聞いてみな」

ミカサ「…わかった」



アルミン「話って?」

ミカサ「カクカクシカジカって言うことがあった」

ミカサ「エレンがアルミンに聞けって」

アルミン(…持つかな?僕の体)

アルミン「え~っと…」チラ

ミカサ「…」ゴキゴキ

アルミン「すいません…マルマルウマウマ」

ミカサ「…アルミンでも…大罪…」

ミカサ「ふっ」ドスッ

アルミン「うっ」ドスッ

ミカサ「…エレンが…」
39 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 17:54:18.01 ID:JDW3aIlt0
~食堂~
エレン「…」

モブ(クリスタ…天使)

モブ(あ~疲れた)

モブ(飯まずい…)

モブ(キース死ねよ)

サシャ(パァン、もっと欲しいです!)

エレン「…ちっ」ガタッ ←席を立つ

サシャ「エレン、パァンいらないんですか?貰っていいですか」モグモグ

エレン「…いいぞ」テクテク

サシャ「有難うございます」バクバク

アルミン「エレン…」

アルミン(…悪いことしたな)

エレン「…アルミン…仲直りだ」ガシッ

アルミン(あっ!心の声…)

アルミン「うん…ごめんね」ガシッ

エレン「あぁ…」

ミカサ「…」ジィー

40 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 17:59:17.73 ID:JDW3aIlt0
~女子寮~

ミカサ「皆…今言ったことは本当」

アニ(どうでもいいけどね)

クリスタ「…いやだなぁ~」

ミーナ「でも原因はアルミンだよね」

ミカサ「…うん」

ユミル「死に急ぎ野郎のことなんてどうでもいいから寝ようぜ」

クリスタ「ユミル!エレンが可哀そうだよ」

ユミル「お前はエレンと話したことあるか?」

クリスタ「…ないけど」

ユミル「じゃあどうでもいいじゃねぇか」

クリスタ「でも!エレンは仲間だよ」

ユミル「…はいはい、わかったよ。私は寝る」

アニ(私も寝よう)
41 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 18:03:06.10 ID:JDW3aIlt0
~対人格闘術~

エレン「…」

モブ(やった、休憩できる)

モブ(憲兵団のため…力は抜けないな)

モブ(クリスタと組みたいな…)

エレン(ちっ…昨日から頭がガンガンしやがる)

エレン(気分転換に…)

エレン「アニ、組もうぜ」

アニ「…別にいいけど…」

アニ(面倒くさい…)

エレン(…くっそぉ、絶対負かしてやる)

エレン「いくぞ!」
42 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 18:09:08.91 ID:JDW3aIlt0
アニ(突っ込んでくる…左にかわしてあしかけるか)

エレン(そうか!これだと…)

エレン「はっ」

アニ「えっ!?」

エレン「せあっ!」バシッ

アニ「うっ!」ドテッ

エレン「初めて勝った!」

アニ(動きを読まれた…)

アニ(…そうか…ってこんなの勝てるわけないじゃんか!)

それからアニはエレンに負け続けた

エレン「いやー勝った勝った!」

アニ「…ずるい」

エレン「ん?」

アニ「…なんでもない…」

アニ(あんなのずるいよ、勝てるわけないじゃんか…)

エレン(全部聞こえてる…)

52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/15(土) 20:36:41.36 ID:vJsfVMPz0
これはキツイな…

54 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 20:45:52.03 ID:JDW3aIlt0
キース「エレン・イェーガー、もっと早く走らんか!」

エレン「はっ!」

キース(頑張っているな…その調子だ)

エレン「!」

キース(グリシャ…お前の息子は立派な兵士だぞ)

エレン(…父さんと知り合いなんだ…)

55 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 20:52:02.26 ID:JDW3aIlt0
エレン「クリスタ、馬術教えてくれ!」

クリスタ「いいよ」ニコッ

クリスタ(エレンってどんなことでも一生懸命で可愛いな)

クリスタ(弟みたい)クスッ

エレン「おれに姉ちゃんはいねえぞ」

クリスタ「ふぇっ!?」

エレン「ははっ、じゃあ始めるか」

クリスタ「う…うん」

クリスタ(…恥ずかしい)カアァ

エレン「恥ずかしがってないで早くやろうぜ」

クリスタ「うえっ!?…うん」

クリスタ(昨日ミカサが言ってくれたこと忘れてた…)

エレン(ミカサ言いふらしたのか…)
56 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 20:57:25.07 ID:JDW3aIlt0
エレン(ライナーとベルトルトだ)

エレン「おーいライナー」

ライナー「おおエレンじゃねぇか」

ベルトルト「どうしたんだい?エレン」

エレン「いや、おれのことをどう思ってるか聞きたくてな」

ライナー「…いきなりどうした」

ベルトルト「…ほんとだよ…」

エレン(こいつらは俺のことどう思ってるんだ…)

59 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 21:02:28.91 ID:JDW3aIlt0
ライナー「訓練熱心で…芯がしっかりしてるやつかな」

ライナー(邪魔者だな…)

ライナー「皆から頼られやすい…って感じかな」

ライナー(クリスタをたぶらかしてんじゃねぇぞ!)

エレン「はぁ?俺たぶらかしてなんか…」

ライナー「嘘つけ!今日クリスタと一緒に訓練…え?」

エレン「え?」

エレン「…」

ライナー「…」

エレン「…じゃあな」

ライナー「…おう」

ベルトルト「僕の出番は!?」
60 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 21:07:05.13 ID:JDW3aIlt0
エレン(なんか疲れたな…)

アルミン「エレン、どう?」

エレン「ずっと聞こえるよ…」

アルミン「それでね、それを治す薬ができたんだ!」

エレン「ほんとうか!すぐのもう」

アルミン「うん!」

アルミン(僕ものみたかったな…)

エレン(こんなのの何がいいんだ…)

お風呂行ってきます
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/15(土) 21:12:56.52 ID:vJsfVMPz0
ライナー「訓練熱心で…芯がしっかりしてるやつかな」

ライナー(結婚しよ)

ライナー「皆から頼られやすい…って感じかな」

ライナー(結婚しよ)

エレン「えっ」

63 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 21:37:03.29 ID:JDW3aIlt0
アルミン「はい、お薬」つ薬

エレン(なんでドラ○もんみたいな声出したんだ…)ゴクゴク

エレン「まずううううううううう」

アルミン「え!?」

アルミン(適当に作ったらああなったから適当に作ったんだけど…)

エレン「…」

アルミン「どう?」

エレン「」プシュー

アルミン「!すごい熱だ、医務室に」

~医務室~
エレン「…ん…」

アルミン「エレン、大丈夫?」


66 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 22:04:40.60 ID:JDW3aIlt0
エレン「ああ、なんとかな…」

アルミン「良かった…」

エレン「おお、何にも聞こえないぞ!」

アルミン「本当!成功だったんだね」

エレン「よかった~…」

アルミン「…うん」
67 :名無し[saga]:2013/06/15(土) 22:06:37.18 ID:JDW3aIlt0
~その頃~
クリスタ「あれ?水だ」

クリスタ「のど乾いてるし…飲んでもいいよね?」

ゴクゴク

クリスタ「うっ…おいしくない」ゲホゲホ

クリスタ「ふぇ?」シュルルルル

クリスタ「…私…小さくなった!?」

終われ

http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1371/13712/1371221292.html




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。