ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナー「俺はやるぞ!一緒に故郷へ帰るんだ!!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/BJZolW-CcAEAuqd.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:17:46 ID:eNOKfDtl0
ベルトルト「ライナー!やるんだな?!今、ここで!!」

ライナー「ああ!勝負は今、ここで決める!!」

ミカサ「エレンは渡さない」ヒュッ

ライナー「ぐっ?!」

ベルトルト「うあっ!」

ミカサ(浅い……!)

ベルトルト「あ、ああ……!うあああああああああ!!!」

ライナー「っ……!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:18:42 ID:eNOKfDtl0

ミカサ「エレン!!」

ライナー「うおおおおおおおおおおおお!!!!!!」ドガッ

ミカサ「っ!!」ズルッ

エレン「ライナー……?」

ライナー「……」

ベルトルト「うぅ……」

アルミン「エレン、逃げて!!!!」

カッ!!!!!!!


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:19:53 ID:eNOKfDtl0

―――

ライナー「……」

ベルトルト「うぅ……」

ライナー(ユミルはきっとベルトルトの奴が確保する)

ライナー(俺はエレンを……!)

ライナー(しかし……)

ライナー(巨人化するの久しぶりだし、手で掴んだら握り潰してしまうかもしれん)

ライナー(咥えるか?いや、誤って噛んだり飲み込んだりしたら大変だ)

ライナー(小脇に……うーむ)

ライナー(尻穴でいいか)

カッ!!!!!!!


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:21:11 ID:eNOKfDtl0

―――

ライナー「……」

ベルトルト「うぅ……」

ベルトルト(ユミルはきっとライナーが確保してくれる。速いし)

ベルトルト(僕はエレンを……!)

ベルトルト(でも……)

ベルトルト(巨人化するの久しぶりだし、うまくこんな近距離の人一人掴めるかな……)

ベルトルト(やっぱりユミルを……)

ベルトルト(いや、ライナーと自分を信じよう)

ベルトルト(僕は戦士として、エレンを捕まえる……!)

カッ!!!!!!!


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:22:40 ID:eNOKfDtl0

ライナー(ぐううおおおおおおおおおおおお!????!)

ベルトルト(やった、掴めた!!)

ライナー(何故だ、何故俺の尻に巨人態のベルトルトの手が入ってる?!)

ベルトルト(あれ?腕が上手く動かせない……)

ライナー(ユミルがお留守じゃないか!まさかアテが外れるなんて……)

ベルトルト(手に意識を集中しすぎちゃったかな、アハハ)

ライナー(ベルトルト、それでもお前同郷の幼馴染か!!)

ベルトルト(蒸気で良く見えないな……)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:24:09 ID:eNOKfDtl0

ライナー(くそっ!圧倒的質量に固定されて動けねえ!!!)

ベルトルト(あれ?ライナーが動く様子がない)

ベルトルト(……!!ユミルに手が回ってないじゃないか)

ベルトルト(まあ、ここからならもう片方の手を伸ばせば届くし……)ガシッ

ユミル「」

ライナー(!)

ベルトルト(ユミル確保!)

ライナー(よくやった!それでこそ同郷ってやつだぜ!)

ベルトルト(ライナーはエレン捕まえてるのかな?)

ライナー(それより……)

ライナー(早く抜けよ!!)グイグイ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:25:49 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト(ん?なんだろ、手に締め付けが)

ベルトルト(煙が晴れて……)

クリスタ「な、何あれ……///」

アルミン「ベルトルト……いや、超大型巨人が」

ハンジ「鎧の巨人のお尻に手ぇ突っ込んでる!!!!」

ベルトルト(な、何だこれは!!!!ライナー!!!!!!)

ライナー(やっと気づいたか!早く抜け!!)

ベルトルト(こんなときに君は何をふざけているんだ!!!)

ライナー(早く!!!!!)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:26:56 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト(いや、もしかして僕がエレンを捕まえようとしたからこうなったのかな……?)

クリスタ「うぅ……//////」チラチラ

ベルトルト(でもそれじゃあライナーはエレンをお尻に挿れようとしたってことかい?)

ライナー(クリスタに見られてる!!!ベルトルト、は、早く!!一刻も早く!!!!)

ベルトルト(どうしてそんな……)

ライナー(ベルトルトォオオオオオオオ!!!!!!!)

ベルトルト(ライナーが目で訴えてる……!一先ず抜こう)

ベルトルト(っ!)グイッ

ライナー(うおおおおおおおおおおおおおおお!!!)グオン!!!

ハンジ「浮いた!すっげえええええ!!!!!ケツに手ぇ突っ込んで腕力だけで浮かせたよ!!!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:28:02 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト(しまった!質量が違いすぎる!!!)

コニー「すげぇ……あれが」ゴクリ

ライナー(うおおおああああああああああ!!!!!)ブオオン!!!

ベルトルト(僕が腕を動かすだけじゃライナーを振り回してしまうだけだ……!)

コニー「超大型巨人と、鎧の巨人かよ……!」

ライナー(ベぇルトルトォオオオオオオオオオ!!!!!!!)ゴゴゴゴ

ベルトルト(でも、もう片方の手にはユミルがいるから使えないし……)

ライナー(ん……?)ピクッ

ベルトルト(どうしよう……ん?)モゾ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:29:10 ID:eNOKfDtl0

ライナー(今、尻の中でベルトルトの奴の手とは違う繊細な動きが……)

ベルトルト(僕の手の中で動きが……これって)

ライナー(!!!!!!!)

クリスタ「お、男同士でなんて……////」

ライナー(ベルトルトォオ!!!早く!!!これまでより更に取り返しの付かないことになる!!!)

ベルトルト(エレンが放心から覚めたのかな)

ライナー(もし、もし……!!!!)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:30:07 ID:eNOKfDtl0

エレン(う、ん……?)

エレン(……ここは?巨人の体の中みてえなところだけど……)

エレン(俺はまだ巨人化してねえし……あいつらに飲み込まれたのか?)

エレン(……いや、何でもいい)

エレン(ライナー……)

エレン「この」

エレン「裏切りもんがああああああああああ!!!!!!!!!」ガリッ

ライナー(尻の中で巨人化でもされたr

カッ!!!!!!!


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:31:23 ID:eNOKfDtl0

アルミン「!!!!」

クリスタ「超大型巨人の手と、鎧の巨人のお、お尻が……/////」

ハンジ「爆発した!あっあれはエレェン!!!!!!!」

ライナー(ああ……ベルトルト、アニ……)

エレン(目の前が開けた!!)

ライナー(俺達は……)

エレン(?!鎧の巨人の鎧が砕けてる!!)

ライナー(一緒に故郷へ帰るんだ……)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:32:59 ID:eNOKfDtl0

エレン(よく分かんねえけど、俺がやったのか?!)

ベルトルト(らっ、ライナァアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!)

エレン(超大型巨人の手も吹き飛んでやがる!)

ミカサ「やっと登れた……巨人共が壁外へ逃げてくる様子はなかったけれど一体なn」グモッ

ミカサ(また落ちる)

鎧の巨人()

ミカサ(これは……鎧の巨人……!)

ライナー(ミカサか……)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:33:44 ID:eNOKfDtl0

ミカサ(エレンが、やったの……?)

ライナー(もういっそ削いでくれ)

ミカサ(エレン、ここまで巨人の力を扱えるように……)ホロリ

ライナー(ミカサが泣いて……俺を哀れんでるのか?)

ミカサ(感傷に浸っている場合じゃない。エレンを援護しないと)タッ

ライナー(!俺を無視して壁の上へ)

ミカサ(女型のときのように深追いはしない)チラ

ライナー(……俺に情けをかけたのか)

ライナー(俺は、やはり間違っていたのか……?)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:34:42 ID:eNOKfDtl0

ライナー(くそ……俺はやっぱりまだガキだ……)

ベルトルト(ライナー!!!!!)ガシッ

ライナー(ベルトルト……!)

ライナー(そうだ、俺は戦士だ)

ベルトルト(よかった、項は無事だねライナー)

ライナー(それだけは揺るがない!何があろうと!!)

ベルトルト(今引き上げるからね)

ライナー(ベルトルトの奴、目で早く再生しろって言ってやがる)

ライナー(やっぱりあいつも戦士だな……)シュウウウ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:36:00 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト(な、何をしているんだライナー!)

ライナー(ん?もう離しても大丈夫だぞ)シュウウウ

ベルトルト(僕が掴んだままなのに再生なんてしたら!!)

ライナー(おい、ベルトルト)シュウウウ

ベルトルト(片手が吹き飛んでしまったからユミルを持っている手で我ながら器用に君を掴んでるんだ)

ベルトルト(急に再生されたら困るよ!)

ライナー(?!ユミルじゃないか!なぜユミルを掴んだ方の手で!)シュウウウ

ライナー(あ、そうか。俺の尻と一緒に吹き飛んだのか)シュウ

ライナー(あれ?)

ベルトルト(ライナァアアアアアアア!!!!また僕の手が君の尻の中にあるよ!!!!)

ライナー(うおおおおおおおおおおやっちまったあああああああ!!!!!)

ベルトルト(とりあえず引き揚げるよ……)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:37:35 ID:eNOKfDtl0

―――

ハンジ「爆発したああああああああ!!!!!あっあれはエレェン!!!!!!!」

アルミン「あっミカサだ」

コニー「おい!鎧のが壁の外に飛んでくぞ!」

アルミン「あっ落ちた」

ウオオオオオオオオオン!!!!

クリスタ「?何でエレンはガッツポーズしてるの?」

コニー「さあ?ケツの中に入れたのが嬉しかったとか?」

クリスタ「そ、そんな……////」

ハンジ「見て見て!超大型巨人が鎧の巨人をキャッチしようとしてるよ!!!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:38:32 ID:eNOKfDtl0

ハンジ「やっぱり彼らには知性があるんだね……!」

ハンジ「ねえ!変身した彼らは何て言うの?」

クリスタ「えっ?!えっと……ライナーと」

クリスタ「べ、べ……」

コニー「ベニヤ板?だっけ?」

アルミン「どう考えても人の名前じゃないよコニー……ベネディクトだよ」

コニー「あーそうそう!それだよ俺が言いたかったのは!」

ハンジ「ライナーとベネディクトかぁ……!うんっ!イイ!すごく良いよ!!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:39:34 ID:eNOKfDtl0

アルミン「あっ、ミカサが戻ってきた!ミカサ、大丈夫かい?」

ミカサ「問題ない」ストッ

アルミン「そっか、良かったよ」

ミカサ「エレンを援護する」ジャキ

アルミン「待ってミカサ、気持ちは分かるけど迂闊に飛び込むのは危険だ」

ミカサ「くっ……」

コニー「あっ!鎧の巨人が超大型巨人に掴まれて戻ってきたぞ!」

ハンジ「!!……ん?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:41:12 ID:eNOKfDtl0

アルミン「……あれ?」

ミカサ「……」

クリスタ「きゃあああっ!//////」

コニー「また……尻に手突っ込んでるぜ。掴まなかったのか?」

アルミン「僕に聞かないでよ……」

ミカサ「また?」

アルミン「ミカサは壁の外に放り出されてたから分からないよね」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:42:05 ID:eNOKfDtl0

ミカサ「分からない。さっぱり分からない」

アルミン「うん……正直僕もよく分からないよ」

ミカサ「そう……」

コニー「尻が好きなんじゃねえのか?」

クリスタ「こ、コニー!もう!////」

アルミン(天使)

ミカサ「……」

ハンジ「知性の塊だよ!!!!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:43:18 ID:eNOKfDtl0

―――

ライナー(俺は……)

ベルトルト(僕は……)

ベルナー((何をしているんだ(ろう)……))ブラーン

ライナー(ベルトルト……俺は一時は戦士としての矜持を取り戻したが)

ベルトルト(すまないライナー……僕の思慮が浅かったばかりに)

ライナー(もう……立ち直れそうにない)ブオンブオン

ベルトルト(ライナー……そんな目で僕を見ないでくれ)

ライナー(なあベルトルト、クリスタの奴俺に気があるよな)

ベルトルト(とりあえず抜こうか……)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:44:16 ID:eNOKfDtl0

ライナー(いつも俺にだけ特別優しいんだ。きっとこんな姿を晒しても俺を受け入れてくれる)

ベルトルト(ライナー……上の空だ、可哀想に……)

ライナー(俺、故郷にクリスタも連れて帰りたい)ピクッ

ベルトルト(これ以上君に惨めな思いはさせないよ)モゾッ

ライナー(?)

ベルトルト(今の感触は……)モゾモゾ

ライナー(……そうか)

ユミル(っと……再生に少し時間がかかっちまったな)シュウウ

ベルトルト(まずい)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:45:14 ID:eNOKfDtl0

ユミル(項以外でも流石に衝撃には耐えられないか)

ベルトルト(ユミルが起きた……!)

ユミル(しっかしここはどこだ?)

ライナー(起きたんだな―――)

ユミル(まるで巨人の体内だな。呑まれたのか?あたしは)

ベルトルト(ライナ――!!!!!)

ユミル(まあ構わないけどね)

ユミル「クリスタ」

ユミル「……胸張って生きろよ」スパッ

ライナー(――ユミぅぬううぐおおおああああああ!!!!!!!!!!!!!)

カッ!!!!!!!


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:46:32 ID:eNOKfDtl0

―――

コニー「見ろよあれ!超大型巨人の人形劇だぜ!!」

ハンジ「たまんないよ!!!」

アルミン「コニー……ハンジ分隊長……」

クリスタ(ちょっと可愛いかも?)

ミカサ「……分からない」

コニー「ん?鎧の巨人のケツが光って……」

カッ!!!!!!!


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:47:28 ID:eNOKfDtl0

ユミル(おっ、目の前が開けたな)

クリスタ「ユミル!!!!!」

コニー「ブス!!!!!」

ハンジ「えっユミル?!!」

ユミル(あれは……愛しのクリスタ!とコニーか)

ユミル(しっかし、何で鎧の巨人のケツが吹き飛んでんだ?)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:50:15 ID:eNOKfDtl0

ユミル(よく見りゃあ超大型巨人もエレンも居るじゃねえか)チラ

エレン(ユミル!目を覚ましたのか!)ブンブン

ユミル(巨人態で手ぇ振る奴なんて初めて見たよ)

アルミン「もう僕には何が何だ分からないよ」

ミカサ「今はエレンが可愛い、それだけ分かればいい」

アルミン「そうだね……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:51:06 ID:eNOKfDtl0

―――

ライナー(ファアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!)

ベルトルト(ライナァアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!)

ライナー(ベルトルト……俺はもう、駄目だ)

ベルトルト(しっかりするんだライナー!!)

ライナー(やめろ、そんな目で見るな……お前の目は眩しすぎる)

ベルトルト(目が虚ろだ……ああ、ライナー……!)

ライナー(もう、ここいらで良いだろう?)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:52:32 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト(ライナ―――!!!)

ライナー(俺たちゃまだガキだったんだ……)

ベルトルト(ライナ―――――!!!!!!!ライナァアアアアア!!!!!!!)

ベルトルト(……僕のせいだ。僕がライナーの意図を読み取れなかったから)

ベルトルト(ライナーは戦士ではなくなってしまった)

ライナー(……あいつらの軍門に降ろうぜ。ベルトルト)

ベルトルト(ライナー、何をしているんだ?)

ライナー()シュウウウ

ベルトルト(……それが君の出した結論なんだね、ライナー)

ベルトルト(僕は君についていくよ)シュウウウ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:53:22 ID:eNOKfDtl0

―――

ライナー「ぷはっ!ああ、巨人の中ってのは息苦しいな……」

ライナー「はは……俺は何をやってるんだろうな」

ベルトルト「……ライナー」

ライナー「ベルトルト……お前までついてくることはなかったんだぜ?」

ベルトルト「僕は君についていくと決めたんだ」

ライナー「……そうか」

ベルトルト「……お尻は大丈夫かい?」

ライナー「……ああ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:54:32 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト「その、ごめんよライナー。僕が君の意図を汲み取れなかったばかりに……」

ライナー「いいんだ、ベルトルト」

ライナー「……もういいんだ」

ベルトルト「自暴自棄になっては行けないよライナー」

ライナー「うるせえ!!お前にケツに手ぇ突っ込まれて人形劇やらされる人形の気持ちが分かるか!!!」

ベルトルト「ら、ライナー」

ライナー「くそっ!俺もお前よりデカいウルトラ超大型巨人だったら……!!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:56:09 ID:eNOKfDtl0

ライナー「ぐあああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

ベルトルト「ライナー!それ以上いけない!!こっちに戻ってくるんだ!!」

ライナー「嫌だ!!尻はもう嫌だ!!」

ベルトルト「そんなことしないよライナー!!!」

ライナー「したじゃないか!!!ベルトルトォ!!!」

ベルトルト「あれは不可抗力で……」

ライナー「ああああああああああああああああああああああ!!!」

ベルトルト「ライナー!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 02:57:45 ID:eNOKfDtl0

ライナー(頭じゃ分かっているんだ……ベルトルトが悪くねえってことなんて)

ライナー(でもよ)

ライナー(それを認めたら……俺は生きていけねえ)グスッ

『『………………』』

ライナー(ああ、遠巻きにあいつらが見てる)

ライナー(一思いに削いでくれないかな)

ライナー「……行こうぜベルトルト」

ベルトルト「!」

ライナー「俺は……戦士になれなかった……」

ベルトルト「……僕もだよ、ライナー……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:00:28 ID:eNOKfDtl0

―――

アルミン「ライナー達は人類側へとついた」

アルミン「投降してきたときのライナーは憔悴しきっていた」

アルミン「あんな姿を大勢に見られ、彼の精神は分裂しかかっていたんだ」

アルミン「それでも我らが天使クリスタはそんなライナーを見放すことなく優しく振舞い続けた」

アルミン「彼の精神の安定は保たれたけど、それはクリスタへの偏執を伴っていて」

アルミン「僕らは勿論のことベルトルトまでライナーにドン引きしていた」

アルミン「けれどもうそんな恥や外聞をライナーは意に介さない」

アルミン「今、ライナーは僕達と一緒に戦いながら」

アルミン「クリスタとどんな結婚式を挙げるかということばかり考えている」

アルミン「彼の戦う理由は人類にあって人類にあらず。彼の人類の定義はクリスタになってしまった」

アルミン「彼が『俺は人類の為に戦う戦士だ!』と叫ぶ度に」

アルミン「事情を知っている者達は閉口した」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:02:19 ID:eNOKfDtl0

アルミン「彼は変質者ライナーという二つ名を背負い、人類の為に戦い続けている」


ライナー「うおおおおおおおおお!!!!!!!!俺は!人類の為に戦う!!!」

エレン「やっぱりすげぇなライナーは……俺も負けてられねえ!!!」

コニー「俺もだぜ!!」

ベルトルト「アハハ」

ユミル「私もクリスタの為に戦うけど、あいつと一緒くたにしないでくれよ?」

クリスタ「もう、ユミル……ライナーだってきっと悪気はないのよ?」

アルミン(天使)

ミカサ「……」

ライナー「俺はやるぞ!一緒に故郷へ帰るんだ!!」


アルミン「ま、まあ、こんな形の愛情があってもいいんじゃないかな……」

ミカサ「愛は純愛に限る。私とエレンのように」

アルミン「ははは……」

メンヘライナー
おわり


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:05:54 ID:eNOKfDtl0

―――

カッ!!!!!!!

ライナー(ファアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!)

ベルトルト(ライナァアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!)

ライナー(ベルトルト……お前は、こんな姿になった俺を見ても俺を戦士だと言うのか?)

ベルトルト(ライナー……君は勇敢だ。君こそが本物の戦士だ)

ベルトルト(僕は君について行くよ)

ライナー(ベルトルト……)

ライナー(なあ、ところでどうして俺達は項に居ながらにして今意思の疎通が出来てるんだ?)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:06:58 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト(僕の蒸気と君の覚醒した純粋な戦士たる資質が意識共有空間を発生させたんだ)

ライナー(俺たちの意識が拡張されていく……)

ベルトルト(これが純粋種たる戦士の力なんだねライナー……)

エレン(ユミル!目を覚ましたのか!)

ユミル(巨人態で手ぇ振る奴なんて初めて見たよ)

ベルトルト(ほら、ライナー。エレンとユミルの声が聞こえるよ)

ライナー(本当だ)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:07:43 ID:eNOKfDtl0

エレン(ん?何か聞こえる)

ユミル(頭の中に声が響きやがる)

ライナー(エレン、ユミル。こっちだ)

エレン(ライナー!どうなってんだ、これ)

ライナー(これは……天使"クリスタ"からの贈り物"ギフト"さ)

ユミル(分かんねえよ)

ライナー(すぐに分かるさ。俺達は分かり合える)

ベルトルト(ライナー!やるんだな?!今、ここで!!)

ライナー(ああ、俺達の故郷と人類の存亡を賭けた、対話の始まりだ……!)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:08:49 ID:eNOKfDtl0

―――

ライナー(記憶"メモリー"が流れこんでくる)

ライナー(これは……エレンの記憶か)

エレン『あの岩の飛んでった方は家だ……』

エレン『母さん!早く!!』

エレン『離せよハンネスさん!!!』

エレン『母さん!母さん!!!!』

ライナー(……あの日のシガンシナ区か)

ライナー(見てるか?ベルトルト)

ベルトルト(うん……)

ライナー(……憎まれて当然だ)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:10:39 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト(僕達は間違っていたのかな)

ライナー(分からん)

ライナー(……だがな、これ以上の過ちは犯さん)

ベルトルト(ライナー……うん、そうだね……)

エレン(ライナー)

ライナー(エレン……)

エレン(俺にもライナーの記憶"メモリー"が流れこんできた)

エレン(行こうぜライナー)

エレン(お前らの故郷に)

ユミル(仕方ねえな)

ベルトルト(行こう、ライナー)

ライナー(ああ、俺達の故郷へ)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:11:49 ID:eNOKfDtl0

―――

アルミン「蒸気が晴れて……」

エレン「アルミン!ミカサ!!」

アルミン「エレン!無事だったんだね」

ミカサ「エレン……良かった」

エレン「心配かけちまったみてえだな」

クリスタ「ユミル!!!」

ユミル「おー愛しのクリスタ。元気だったか?」

クリスタ「もう、ユミルったら……心配したんだから」

ユミル「ありがとな、クリスタ」

ライナー「クリスタ!!!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:13:06 ID:eNOKfDtl0

クリスタ「ら、ライナー?」

ライナー「結婚しよ(俺についてきてくれないかクリスタ。)」

クリスタ「えっ」

ライナー「えっ」

クリスタ「ごめんねライナー?ライナーは頼りになるけれど……」

ベルトルト「ライナー……」

ライナー「……いや、いいんだクリスタ。ありがとう」

ライナー「クリスタは優しいな……あんな巨人パペット劇場を見せちまったってのに」

クリスタ「あはは……」

コニー「またやってくれよ、あれ!」

ライナー「勘弁してくれ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:14:38 ID:eNOKfDtl0

ベルトルト「ライナー、君は本当に戦士になったんだね……以前あった気味悪さが消えてるよ」ホロリ

ライナー「いつまでもガキのままじゃいられねえだろ?」

ライナー「さて、吹っ切れたところで行こうぜ」

ライナー「俺たちの故郷へ」

エレン「俺も行くぜ、ライナー!」

ユミル「私もついていってやるよ」

ベルトルト「勿論、僕も行くよ」

ベルトルト「さあ、行くよ。僕とライナーの力を合わせた蒸気テレポートだ!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:15:43 ID:eNOKfDtl0

ユミル(巨人ってそんな力あったのかよ)

エレン(俺の知らない巨人の力がまだまだありそうだな)

ベルトルト「行くよライナー」

ライナー「ああ」

ライナー「一緒に故郷へ帰るんだ」

ライナー「……そういやアニはどうしてるかな」

カッ!!!!!!!


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:16:53 ID:eNOKfDtl0

―――

アルミン「故郷から帰ってきたライナー達は帰ってくるなり人類側へとついた」

アルミン「最初は反感もそれは大きかったけれど、超大型巨人、鎧の巨人はやはりとても強力で」

アルミン「人類がウォールマリアを奪還する頃にはそんな声はめっきり聞こえなくなった」

アルミン「ベルトルトとライナーのケツ穴人形劇はとても好評を博し、グッズは飛ぶように売れた」

アルミン「やがて人類は壁外へと進出し、人類側の巨人達の力で巨人共をばったばったと薙ぎ倒し」

アルミン「ついに僕らは海を見た」

アルミン「そのあまりもの大きさに僕らは見惚れ、まだ見ぬ氷の大地や炎の水へと思いを馳せた」

アルミン「それらを原動力に人類はついに大地の全てを踏破した」

アルミン「巨人の遺した傷跡は深く大きい」

アルミン「でも僕らはそれを乗り越える事が出来る」

アルミン「仲間と一緒なら」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:18:09 ID:eNOKfDtl0

エレン「ライナー!またアレやってくれよ!」

コニー「あー俺も見てえ!頼むぜベルトルト」

ベルトルト「好きだね二人共」

ライナー「まったくしょうがないな」

ライナー「いっちょ見せてやるか。行くぞベルトルト!」

ベルトルト「やるんだな?!ライナー!今、ここで!!」

ライナー「ああ!勝負は今、ここで決める!!」

ユミル「その前口上はもういいよ」

カッ!!!!!!!


アルミン「今日も平和だなあ」

ミカサ「とても良いこと」

漢ライナー
おわり


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:19:54 ID:eNOKfDtl0

これでほんとにおわりなんじゃよ
序盤にシリアスを期待した奴が居たら残念だったな!尻assだよ!


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:25:34 ID:l/qZ3TEHO

面白かった、乙!


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18 03:27:46 ID:i7ZncEGEP

乙ww


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371489466/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。