ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡「私は負けない…高鴨穏乃…!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:15:27 ID:2F1AZJ+30

淡「………」イライライライラ

淡(あぁ、もう屈辱屈辱ッ!何なのあの高鴨穏乃とかいうやつ!)

淡(私が受けた辱め…あいつにもいつか…!…いつか?)

淡「!」ティンッ

淡「そうだよっ!いつかなんて言ってないで今仕返ししちゃえばいいじゃん!」

淡(今までだって私を辱めた奴はみーんなやっつけてきたんだし…)

淡「ふふっ…いけるよね…?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:19:57 ID:2F1AZJ+30

淡(そうと決まれば早速…)

コンコン

ガチャッ

穏乃「はーい…って、大星さん!どうしたんですか!?」

淡「いやー。せっかくお互い決勝に進めたんだし、軽くお話とかしたいなーなんて!」

穏乃「いいですね!あっ、どうぞ入ってください」クルッ

淡(いいねぇ…マヌケでありがとう)

バチィッ

穏乃「がっ…ぁ…」バタッ

淡「ふふっ、面白いくらいに順調すぎ」

淡「さぁ…ショータイムだ」ニヤリ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:24:28 ID:2F1AZJ+30

穏乃「……うぅ…」

淡「あっ、目さめたんだ」

穏乃(手足縛られてる…)ギシッ

穏乃「大星さん…これは一体どういうことですか?」

淡「何って…それは自分の股間にでも聞いてみたら?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:28:24 ID:2F1AZJ+30

穏乃「……っ!」ギンギン

淡「知らなかったぁ、まさか阿知賀の大将がこんなモノ生やした変態だったなんて…」スッ

穏乃「ひっ…!」ピクッ

淡(ふたなりは予想外だったけど、それくらいの人なら相手にしたこともあるし…)

淡(まずは徹底的に蕩けさせて…不様な姿を写真に納めてやる)ニヤ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:33:13 ID:2F1AZJ+30

淡「じゃ…」ペロ…

穏乃「くっ…!」ビクッ

淡「どこまで耐えられるか見せてよ」チロチロ

穏乃「ぁ…っくうっ…!」ビクッビクッ

淡(にしても…結構大きい…よく濡らしとかないと挿入らないかも)タラー…

穏乃「……っ…」ピクピク

淡「さて…そろそろいっかな」チュパッ

淡(私もそこそこ濡れてきたし…)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:38:45 ID:2F1AZJ+30

淡「それじゃ、挿入れるよ」ツプ…

穏乃「ちょっ…今は…!」

淡「っしょっと」ツプンッ

穏乃「うあぁっ…あくぅ…!」ビクッビクッ

淡「どう?私の膣内…気持ちいいでしょ?」チュプンッ

穏乃「あぅ…んんっ…」ブンブン

淡「このっ…」ギリッ

淡(こうなったら意地でも屈服させてやる!)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:43:11 ID:2F1AZJ+30

淡「ほら…見える?高鴨穏乃」スッ

穏乃「…?」ピク…

淡「この繋がってるトコ…すごぉくエッチだと思わない…?」クパァ

穏乃「!」ビクンッ

淡「アハッ、反応してる反応してる」

淡(このまま一気に押し切っちゃえ!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:48:22 ID:2F1AZJ+30

淡「高鴨穏乃…もしかして、そろそろ限界なんじゃない?」ジュプッ

穏乃「……!」フルフル

淡「へー、そっかぁ…」

淡「でもさ…」ズル…

穏乃「あっ…!」ビクッ

淡「口って結構嘘つきだし…」ズ…

淡「身体に直接聞いたほうが早いよねっ!」ズプンッ

穏乃「あああぁぁっ!?」ビクッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:53:02 ID:2F1AZJ+30

淡「あははっ、なーんだ。やっぱり嘘じゃん」ズップズップ

穏乃「………」ビクッ

淡(もう焦らす必要もないし、ラストスパートいっちゃお)スッ

穏乃「………」ビク…

淡(高鴨穏乃…)

淡「このままイっちゃえ―――」

穏乃「…ふっ!」ズンッ

淡「えぅっ!?」ビビクンッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 20:58:06 ID:2F1AZJ+30

淡(何っ…今の…!?)ビクッ

穏乃「あれっ?大星さん、まだまだ余裕なんじゃないんですか?」グリグリ

淡「ひぅっ…あっ…!突かないでぇ…」ビクッ

淡(なんでっ…もう限界なんじゃなかったの…?)

穏乃「大星さんの攻め、気持ちよかったですよ!…おかげで!」ズプンッ

淡「はひっ!?」ビクンッ

穏乃「私もスイッチ、入りました!」チュポンッ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:03:19 ID:2F1AZJ+30

淡(あれっ、抜いた…?)ハァハァ

穏乃「大星さん、ちょっと下ろしますね……よっと」

淡「…あ」ゴロンッ

穏乃「私、後背位(バック)って好きなんですよ!」ガシッ

淡「やっ!ちょっと待っ…」

穏乃「ごめんなさい!待てません!」ジュプンッ

淡「ふああぁぁぁっ!」ビクンッ

穏乃「うぉーーーっ!止まんない!」 ジュップジュップ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:08:53 ID:2F1AZJ+30

淡「んっ…くぅ…」ビクッビクッ

淡(ダメ…このまま負けるわけにはいかない!)

淡(絶対…絶対イってやるもんか…!)ギリッ

穏乃「………」ジュプ…

穏乃(うーん、やっぱり単調な攻めじゃ大星さんは満足してくれないよなー…)

穏乃(……ココかな?)グリィッ

淡「ひぁっ!?」ビクゥッ

穏乃(おっ、いい反応!)グリグリ

淡「あうぅっ…!」ビクビクッ

淡(ダメ…!弱いとこバレてる…!)

淡(このままじゃ…!)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:11:02 ID:PurQyw/q0

このあわあわの髪は間違いなくうねってる


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:17:14 ID:2F1AZJ+30

穏乃「大星さん!気持ちいいですか?」ジュプッジュプッ

淡「~~~!」フルフル

穏乃「もう、嘘はダメって言ったじゃないです…かっ!」グリッ

淡「きゃうっ!?」ビクッ

穏乃「あー…大星さん!私、そろそろ…」ジュプジュプジュプ

淡「嫌っ!膣内はダメ!お願いっ…!」カタカタ

穏乃「ごめ…間に合いませっ…」ブルッ

穏乃「うっ!あっ…あぁっ…!」ビュッビュッビューーーッ

淡「いっ…!あああぁぁっ!?」ビクッビクンッ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:23:18 ID:2F1AZJ+30

―――
――


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:27:50 ID:2F1AZJ+30

恒子『さあ、始まりました!インターハイ決勝大将戦!』

恒子『この戦いを制し、頂点に輝くのはどの高校なのかー!?』


咲「………」

恭子「………」

淡「~~~っ!」ピクッ

穏乃「………」

穏乃(さぁ、見せてください大星さん)

穏乃(貴方が山の深いトコロと…)

ヴヴヴヴヴヴ

淡「……ぅぁ…」ビクンッ

穏乃(別の深いトコロを同時に攻められて…)

穏乃(どんな戦いをしてくれるのかを―――)


―完―


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:28:07 ID:DOLas9dd0



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 21:38:59 ID:YUio+kxY0

乙ー
あわあわが可愛ければよかろうなのだァ!


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370257825/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。