ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏乃「お財布をスられちゃった」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:43:56 ID:0eKfArS90

大阪駅

穏乃「うおー」ドドドド

穏乃「体力の限界に挑戦したら随分遠くまで来ちゃった…」ハァハァ

穏乃「この辺が限界っぽいし…電車で帰ろう…」ハァハァ

ドンッ

穏乃「うわっ!?」

おっさん「すまんすまん」タタタ

穏乃「ごめんなさい」ペコリン

穏乃「えーと、奈良までの切符はいくらかな…」

穏乃「…あれ?」ゴソゴソ



穏乃「財布…ない…」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:45:11 ID:0eKfArS90

穏乃「どーしよ、流石に走って帰る体力も残ってないし…」

穏乃「前も和歌山まで行っちゃった時あったなあ」

穏乃「またやっちゃったぁー」ヒェー

穏乃「…」グムム

穏乃「…走ろう!」


-----


尭深「…」トコトコ

尭深「…!」

ウォォォォー!ドドドド

尭深「向こうから何か来る…あれは…」


9: 尭深「お財布をスられてしまった」の続きです 2013/05/20 20:47:45 ID:0eKfArS90

穏乃「うおー」ドドドド

尭深「こんにちわ」

穏乃「!」キキィィィ

尭深「…」

穏乃「…?」

尭深「…」

穏乃「…!」

穏乃「大三元の人だ!!」

尭深「今の間は何?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:49:10 ID:0eKfArS90

穏乃「と言うわけで、今から走って帰らないと夜になっちゃうんです」

穏乃「というか体力持つか分からないんですけど」テヘヘ

尭深「うーん…明日は何も予定ないの?」

穏乃「?はい」

尭深「じゃあ着いてきて、タダで泊まれる所があるから」

穏乃「この辺公園あるんですか!」

尭深「公園は宿泊施設じゃない…」

穏乃「えっ」

尭深「えっ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:51:16 ID:0eKfArS90

一方そのころ

怜「予備校終わったし晩御飯買って帰ろ」

怜「あー…だんだん寒くなってきたなぁ」

怜「竜華の膝枕が恋しいわ…いきなり呼んだろかな…」

ピュー

怜「寒っ!鍋食べたいな」

怜「そや、皆…船Qと泉は強化合宿行っとるし竜華とセーラと呼んで鍋にしよ」

怜「そうと決まればメールしとこ」メルメル


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:52:57 ID:0eKfArS90

トコトコ

穏乃「ところで渋谷さんって東京住まいですよね」

尭深「うん」

穏乃「大阪へは観光ですか?」

尭深「冬休みを利用して日本全国日本茶カフェ巡り行脚中」

穏乃「日本全国!意外とアウトドア派なんですね」

尭深「お茶が呼んでるから…」キラーン

穏乃(かっこいい!!)

尭深「あれ?」

穏乃「どうしました?」

尭深「あれは…」


煌「…」ステテテ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:55:00 ID:0eKfArS90

怜「やっと家に着いた…」

怜「歩くんて辛いなぁ…」フイィ

ワイワイ

怜「んん?なんか家の前が騒がしいな」

煌「いやあいつ頂いても美味しいですね」ズズズ

穏乃「渋みがあるのにスッと飲めますね!」ズズズ

尭深「新茶だから…あ」

怜「…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:56:59 ID:0eKfArS90

怜「…」

尭深「…」

穏乃「…」

煌「…」

怜「…」

尭深「あ、お茶どうぞ」

怜「いやいやいや言うこと他にあるやろ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 20:59:01 ID:0eKfArS90

穏乃「というわけで帰れなくなっちゃって…」セイザ

怜「次!」

尭深「困ってたので…」セイザ

怜「次!」

煌「すばらっ」セイザ

怜「すばらやあらへんがな」

煌「偶然尭深さん達にお会いしたもので」

怜「さよか、ほなな」スッ

穏尭煌「「「そこをなんとか」」」ワラワラ

怜「わーったわーった囲むな囲むな」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:01:04 ID:0eKfArS90

怜「ほな入れや」ガチャッ

穏尭煌「「「お邪魔します」」」

怜「邪魔するんやったら帰れや!!」

穏乃「!…はーい」ガチャバタン

穏乃「ちょーっとまったー!」ガチャッ

煌「おー」パチパチパチ

尭深「…」パチパチパチ

怜「流石関西人や、ネタが通じるな」ガシッ

穏乃「園城寺さん…!」ガシッ

煌「すばらっ…泣けますね」グスグス

尭深(泣けはしないけど…)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:03:20 ID:0eKfArS90

穏乃「~♪」ワシャワシャ

怜「…さて」

怜「高鴨を風呂に入らせて着替え置きに来たけど…あいつの着てた服ジャージ一枚やないか…」

怜「…」

怜「ジャージの上だけ貸したほうがええんか…それか普通にスウェット上下とも出すべきか」

怜「…」ウーンウーン

怜「!」

怜「そうやな、間を取って…これや」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:04:28 ID:0eKfArS90

穏乃「お風呂頂きましたー」ホカホカ

怜「おー」

煌「おや、スパッツとはまた珍しいですね」

尭深「似合ってる」

怜「流石に風呂上がりに下半身裸やとな」

穏乃「あ、あはは」モジモジ

怜「?」

怜「サイズ合わんかった?」

穏乃「い、いえ…ちょっと恥ずかしいかなって」テヘヘ

怜煌尭「…」

怜煌尭「恥ずかしい?」

穏乃「うぅ…」モジモジ

怜煌尭「……」

怜煌尭「恥ずかしい?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:06:44 ID:0eKfArS90

怜「普段の格好考えてから言えや」

穏乃「ジャージ一枚に慣れちゃって…」テヘヘ

ガチャ

竜華「来たでー」

煌「御機嫌よう!」

穏乃「こんばんわ!」

尭深「…」ペコリ

竜華「ほぉー」

竜華「こうしてお泊りメンバーが増えていくと言う訳やな」

怜「ウチを溜まり場にすんのだけはやめてや…」

煌「や、やはり宿泊費を…」

尭深「カードでお願いします」

穏乃「ツケでいいですか!?」

怜「宿にすんのもやめぇや」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:08:35 ID:0eKfArS90

セーラ「邪魔すんでー!」ガチャーン

セーラ「はっ」ピョイーン

クルクルクルクル スタッ

セーラ「おっす」キメポーズ

穏乃「!」

穏乃(この人…出来る!)

穏乃「とおっ」ピョイーン

クルクルクル スタッ

セーラ「おぉー何や知らんけどやるやんけ!」

セーラ「せやけど…」ピョイーン

穏乃「なんのー」ピョイーン

怜「どたばたすんなや」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:10:12 ID:0eKfArS90

竜華「そういうわけで鍋の材料やけど、3人で買いに行くもんや思ってたから手ぶらやで」

セーラ「せやなあ、せめて客来てるてメールしてくれてたら買ってから来たんやけど」

怜「まあうちも知らんかったんやけどな」

怜「というかお前ら来る前に一報いれんかい」

煌「そうですよ」

尭深「私もそう思う」

穏乃「急すぎますよね」

怜「お前らに言うとんじゃ!」ドタドタ

煌尭穏「ひゃー」ピューン

竜華「仲ええなあ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:12:43 ID:0eKfArS90

スーパー
店員「ちょーいらっしゃいませだよー」

竜華「とりあえず何鍋にするかやけど」

セーラ「せやなあ、無難に水炊きもありやけどなあ」

怜「いやでも折角やし…」チラッ

尭深「…」チラッ

穏乃「…」チラッ

煌「…」

怜「もつ鍋やな、博多風のやつ」

煌「すばっ!?」

店員「そこ、うるさい!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:14:12 ID:0eKfArS90

姫子『また大阪でお泊りすっと?三度目よ』

煌「そういうわけで、レシピ教えて…」

姫子『もー、えーとニラでしょ?キャベツでしょ?ごぼうでしょ?…』

煌「…うん…うん…すばら!こんにゃくを入れると美味しいなんて初耳だよ」

尭深「…」

煌「ありがとう!これで美味しいもつ鍋が出来るよ姫子」

穏乃「…」

煌「うん…うん…明日には帰るから…うん」

煌「じゃーね!…ふぅ、レシピが分かりましたよ皆さん」スバラッ

怜「花田…お前敬語以外喋れたんやな」

煌「人を何だと思ってるんですかねぇ」

穏乃「というか『すばら』以外話せたんですね!!」

煌「人を何だと思ってるんですかねぇ」

尭深「…人?」

煌「私を何だと思ってるんですかねぇ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:16:31 ID:0eKfArS90

店員「ダル…」

セーラ「ほんでーキャベツと?」

煌「豆腐は絹ごしのやつだそうです」

セーラ「ほーほー」

竜華「鶏がら見っけてきたで」

煌「すばらです!」

怜「はい味噌、醤油とみりんはうちにあるわ」

煌「了解しました」

穏乃「モツ持って来ました」

煌「ありがとうございます」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:17:04 ID:0eKfArS90

スタスタ

尭深「はい、伊勢茶」

煌「どーもどーも」

怜「待てや」

尭深「?」

怜「それ鍋に要るか?」

尭深「?」

怜「あかん…止められた理由わかってへん顔や」

店員「シロ!シナダシ、サボラナイ!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:19:01 ID:0eKfArS90

店員「キャベツが一点…豆腐が一点…あー買っちゃうかーついにモツをー」ピッピッ

怜「どーもー」

煌「えーと…おいくらですかね」

怜「んー?ああ、ええよこれぐらい払う払う」

煌「いえ、流石にそれは…」

怜「高鴨だけ財布持ってへんから皆からもらったら気使うやろ、ここはおねーさんに任せとき」

セーラ「おーかっこええなあ」

竜華「太っ腹やぁ」

穏乃「あ、ありがとうございます!」ペコッ

煌「すばらぁ!」

尭深「では遠慮なく高級茶葉を…もう一箱」イソイソ

怜「またんかい」ガシッ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:21:26 ID:0eKfArS90

穏乃「いっちに、いっちに」フンス

怜「…」

セーラ「…ほぉー」

煌「すばら」

尭深「お見事」

竜華「荷物全部持ってくれて…ちょっと持つで?」

穏乃「いえ、お世話になるのでこれぐらいはさせてください!」

煌「しかしすごい体力ですね」

穏乃「まだまだこんなもんじゃありません!」ダッシュ

ドドドド

怜「買ったもんグチャグチャになるから走るんはやめえ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:23:00 ID:0eKfArS90

グツグツ
怜「…」

怜「…鍋ができるまでの時間って異様に長く感じるな」

煌「キャベツがヘタッたらいいそうですよ」

竜華「まだ全然やな」

穏乃「…」ウズウズ

怜「腹減ったんはわかるけどまだキャベツとか堅いで」

穏乃「あ、いえ」

穏乃「この山盛りになったキャベツを見ると…登山がしたくなってきて」ウズウズ

怜「間違っても鍋の上に登ったらあかんで」

穏乃「振りですか!?」バッ

怜「やめええええ!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:25:07 ID:0eKfArS90

セーラ「美味い!」ムシャムシャ

穏乃「美味しい!」モグモグ

煌「すばら!」モソモソ

セ穏煌「「「イエーイ!」」」ハイタッチ

怜「元気やな」

竜華「ペース速すぎてなかなかモツ取られへん」グヌヌ

怜「そんな時の尭深や」

竜華「?」

怜「やっておしまい!」クワッ

尭深「はい」スチャッ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:27:27 ID:0eKfArS90

尭深「食べごろ…最初に沈めたモツが煮込まれた頃…」

尭深「収穫の時…」グワァッ

セーラ「おたま使うとかせこっ!!」

穏乃「すごい」

煌「ひぇぇ…」

竜華「鍋底の隠れたモツを見事に!」ワーイ

怜「さすがや!ほな分けよか」

尭深「…」

尭深「…」ガツガツ

竜華「裏切った!」

怜「食わせろー!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:29:07 ID:0eKfArS90

怜「うう…もう食えん…」

竜華「動きたくないわー」

穏乃「食べてすぐ横になったら牛になりますよ!」バッババッシュババ

セーラ「せやでー腹ごなしに動かんと」シュッシュッシュババ

怜「そうやったとしても反復横飛びはやめぇ、どたばたすんなや」

煌「では私も」スババッスバババラ

怜「やめぇ」

尭深「…」ズズッ

穏乃「さあ渋谷さんも!」シュババババ

尭深「で、でも私運動ニガテだし…」

穏乃「楽しいですよ!」

怜「やめぇ」

尭深「…っ」スッスッ

怜「やめぇ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:30:44 ID:0eKfArS90

そのころ
姫子「花田ん奴また大阪でモツ鍋パーティーばするらしいとです」

哩「んじゃ私らもBBQかなんかするか」

仁美(可愛い)「おおーやりますな」

美子「食材は私らに任せといて」

仁美(可愛い)「うまいもん探して来るとよ」

哩「おー」

姫子「じゃあ私らはジュースば買いに行きますか」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:31:44 ID:0eKfArS90

浩子「おばちゃん!これ見て、写メ送ってきた!」

雅枝「んん?3年組やないの」

浩子「今日皆で鍋パやってるんやって」

泉「うらやましいですわー(棒)」

浩子「うちらも何かええモン食いたいなー(棒)」

雅枝「はぁ…そういう事か」

雅枝「まぁええやろ、ほな1、2年呼んできぃ」

浩子「やったー!」ワーイ

泉「ありがとうございます!」ワーイ

雅枝「あ、それとな」

浩子「?」

雅枝「おばちゃん言うな」ペシッ

浩子「痛っ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:33:22 ID:0eKfArS90

菫「今日は渋谷は大阪に泊まるそうだ」

照「モツ鍋って書いてる」ケイタイ

淡「ずるい!私も美味しいもの食べたい!今から大阪行こうよ」

菫「着いた頃には明日の朝だ」

淡「えーずっこいずっこい」ジタバタ

ガラッ

誠子「お疲れ様でーす」キィコキィコ

照「リヤカー?」

誠子「これですか?今日組合の人と漁に行ったんですけど、大漁だったのでお裾分けをいただいちゃって」

誠子「せっかくなんで部の皆で海鮮焼きでもどうかなーと…」

淡「亦野先輩!!」ガシッ

誠子「うわっ」

淡「せんぱーい信じてたよぉぉ」オロロンオロロン

菫(漁協に属してるのか…)


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:34:34 ID:0eKfArS90

晴絵「あれ、しずは?」

憧「なんか大阪に泊まって来るってー」

宥「鍋パーティするとか…」

晴絵「そうなんだ」

灼「羨まし…」

玄「じゃー私達も何かしよっか」

晴絵「いいねー」

宥「うちでお鍋とか…」

憧「いいねそれ!」

玄「今日は東京の漁師さんから新鮮なお魚をいっぱい仕入れたからね」フンス


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:35:45 ID:0eKfArS90

穏乃「疲れた…」ハァハァ

セーラ「何回飛んだかわからへんな」グデー

尭深「運動後の一杯もまた美味し」ズズズ

竜華「鍋の後誰片付けんのー」

セーラ「後ででええやん」

竜華「えーでもこびりつくでー」ナマケー

怜「あぁー誰か片付けてくれる人が必要やなぁー」チラチラッ

煌「!」

煌「任されました!」テキパキテキパキ

ジャージャーゴシゴシ

怜「…」

怜「やっぱ手伝お、罪悪感しか沸かへんわ」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:37:08 ID:0eKfArS90

尭深「…」ズズズ

穏乃「…」

尭深「…」

穏乃「…」

尭深「飲む?」

穏乃「いただきます!」ゴクッ

穏乃「こ…これは…薊のお茶!」

尭深「分かるの?」

穏乃「山菜茶なら分かります!」

尭深「山菜オンリー…?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:37:53 ID:0eKfArS90

姫子「…」

哩「…」

美子「…」

仁美「美味い」ムシャムシャ

仁美「食わんの?」

哩「い、いや…その…ええんか?」

仁美「何が」ムシャムシャ

姫子(ジンギスカン…)

仁美「美味い」ゴキュゴキュ

哩(シープミルク…)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:39:50 ID:0eKfArS90

雅枝「まあ回転寿司で悪いけど…」

泉「そんな事ないです!いただきます!」

浩子「まてまて」

泉「?」

浩子「ええか、回転寿司は一皿の値段が固定されとるやろ?」

泉「はぁ」

浩子「適当に食って腹膨らませるよりもや…一皿あたりの原価を考えて食うんや!」

浩子「このうちのデータによるとやな…痛っ」ペチン

雅枝「セコい事言ーてんと好きなモン食いーや」

浩子「はぁーい」スッ

雅枝「待つんや!」

浩子「え?」

雅枝「…一皿一カンの奴は堪忍して…二カンのやつオンリーで…」

泉「…」

浩子「…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:40:54 ID:0eKfArS90

淡「じゃーあ網も用意したし焼いてくね!」

誠子「私が焼こうか?」

淡「やりたい!」

菫「…大丈夫か?」

照「はやく」ワクワク

淡「じゃーまずは…痛っ!」

誠子「あーほらよく見ないで手入れるから蟹に…」

淡「いだだだだ、蟹さん取ってぇー」

誠子「よいしょっ…はい」

淡「もうやだぁー…先輩が焼いてぇ」オロロンオロロン

菫「言わんこっちゃない」

照「もう待てない…私がやる…」ムフー

照「…取れない」

誠子「今度はタコの吸盤に…」

菫(お腹空いたなぁ)


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:41:51 ID:0eKfArS90

グツグツ
玄「いただきまーす!」

宥「あったかーい」

憧「ちょっと宥姉、コンロに近づきすぎると危ないよ」

灼「はい、ハルちゃん」ヨソイヨソイ

晴絵「サンキュ」

憧「あれー、魚結構入れた筈なのに全然ないよー」

宥「ほんとだ…」

玄「…」ハグハグ

灼「クロ…」

玄「…?」

晴絵「すっごい取ってる!」

玄「す、すべてのドラは私に集まるのです!」

憧「それボラだよ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:43:54 ID:0eKfArS90

怜「腹ごなしにダンレボでもやろか」

煌「専用マットなんてまたマニアックな物を…」

竜華「なっつかしいなー、埃かぶってるやん」

セーラ「負けへんデー」

怜「ええか!負けたら罰ゲームや!」

尭深「そんな…」

穏乃「…」フンス


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:45:57 ID:0eKfArS90

ズダダダダダ

セーラ「あー…その手があったか」

怜「わっはっはー、譜面を先読みできる分俄然有利やー…ゲホゲホ」ズダダダダ

煌「卑怯です!これはすばらくない!」プンプン

竜華「いやー見ててみ」

煌「?」

怜「わーははは」ズダダ

尭深「…」

怜「ははは…」ズダダ

穏乃「…」

怜「ひぃー…ゲホゲホ」ゼーハー

竜華「いくら先見えても体力がアレやからな」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:47:44 ID:0eKfArS90

尭深「うう…」オロオロ

尭深「あっ右…上…」ヨタヨタ

セーラ「うーん、まあ予想通りっちゃ予想通りやけど…」

尭深「あ…んっ…」

怜「ここまで運動できへんとはな」

穏乃「い、いやその前に…」

尭深「左…熱っ!?」ビシャッ

穏乃「一旦お茶置いときましょうよ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:49:05 ID:0eKfArS90

煌「こ、これは」

セーラ「ああ」

竜華「間違いあらへんな」

穏乃「うおおおおおおお」ズダダダダダ

尭深「これが…登山で培った脚力…」

怜「足増えとる」

穏乃「おおおおおおおおお」ズダダダダダ

竜華「分身しとる…」

穏乃「おおおおおお」ズダダダダ

煌「そこまで難しい譜面でもないのに…」

穏乃「いつでも全力がモットーです!」ズダダダダダ


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:51:02 ID:0eKfArS90

セーラ「栄えある一位は高鴨やー!」パッパカパーン

穏乃「あいむうぃなー!」ドヤガオー

竜華「おめでとう」パチパチ

怜「いやーめでたいな」パチパチ

煌「すばらっ!」パチパチ

尭深「…」パチパチ

怜「よっしゃ運動もしたことやし寝よか」イソイソ

穏乃「罰ゲームは!?」

怜「…チッ」

煌「うわあ露骨な舌打ち」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:51:48 ID:0eKfArS90

穏乃「え、えーとそれじゃ…コホン」

穏乃「その…」モジモジ

怜「なんや改まって」

穏乃「もしよかったら皆さん…友達になって下さい!」ペコー

竜華「え?」

セーラ「なんやそれ」

煌「ご冗談を」

尭深「…」ウンウン


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:52:36 ID:0eKfArS90

怜「人ん家まで押しかけてきて飯食って泊まって今更何言うてんねん」

セーラ「せやせや、同じ釜の飯を食ったんや」

竜華「そんなん改めて言うことちゃうやろ」

煌「そーですよ、もう友達じゃないですか」スバラ

穏乃「み、皆さん…」ウルウル

尭深「…」スッ

穏乃「?ケータイ…」

尭深「番号…教えて」

穏乃「!」パァァ

穏乃「はい!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:53:49 ID:0eKfArS90

セーラ「ウケルー」ムニャムニャ

竜華「トキチャンガミエルデー」Zzz

怜「ソレハアカン…」スヤスヤ

尭深「ヨウモウ・・・シュウカク…」スピー

穏乃「…」

煌「…どうしました?」

穏乃「!」

穏乃「いえ…今日はほんとに楽しかったなって・・・」

穏乃「いつも日帰りでそのへん走ってるんで…誰かの家に泊まったのなんか久しぶりで・・・」

穏乃「ありがとうございました」

煌「連れて来てくれたのは尭深さんですし、泊めてくれたのは園城寺さんですよ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:55:24 ID:0eKfArS90

尭深「それほどでもない」

煌「わっ…起きてたんですか」

穏乃「びっくりした…」

尭深「まあ、途中から」

穏乃「渋谷さん…今日は有難うございました」

尭深「ううん、こちらこそすばらな一日だったよ」

煌「ちょっと何しれっとパクってるんですか」

穏乃「すばらですね!」

煌「何パクってるんですか」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:56:18 ID:0eKfArS90

翌日

煌「朝ですよ!」

煌「皆さん起きてください!」ユサユサ

セーラ「アサヤデー!」ユサユサ

竜華「もうこのパターンええわ…」ショボショボ

尭深「Zzz」

怜「ほれ渋谷を見てみ、爆睡やんけ…寝よ寝よ」

煌「見るのですあの高鴨さんの姿を!」

穏乃「おいっちにーさんしー!」

セーラ「6時起きで今はラジオ体操の時間やて!」

怜「じいさんの生活リズムやんけ…」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:57:15 ID:0eKfArS90

怜宅前

怜「ほんまに走って帰るんか?」

穏乃「はい!」ソワソワ

竜華「昨日の今日やで?」

穏乃「体力満タンです!」ウズウズ

セーラ「まあそれやったらええけど…気つけや?」

穏乃「有難うございます!」ブルブル

尭深「お土産の新茶」

穏乃「頂きます!」ワクワク

煌「…いますぐ走り出したい感がすごいですね」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:58:33 ID:0eKfArS90

煌「それじゃあ…またお会いしましょう」

穏乃「はい!」

尭深「…来年は、淡ちゃんが勝つからね」

穏乃「!」

穏乃「私だって負けませんよー!」

尭深「ふふ、じゃあまたね、穏乃ちゃん」

穏乃「はい!…しぶ…」

穏乃「…尭深さん!」

尭深「…」ニコッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 21:59:44 ID:0eKfArS90

穏乃「では、園城寺さん有難うございました」

怜「おーまあまた泊まりに来いやー」

穏乃「喜んで!」

穏乃「うおおおおおおおお」ズドドドド

ウォォォォォォォ…

煌「さて、では私達も帰りますか」

尭深「うん」

竜華「今日は渋谷さんヘリと違うんやな」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 22:00:30 ID:0eKfArS90

怜「帰ってもうたなあ」

セーラ「せやなあ」

竜華「な」

怜「…」

セーラ「なんや、羨ましそうやな」

怜「えー?」

セーラ「あいつらには来年があるけど、うちらはもう引退やもんなー」

怜「…まあそやな」

竜華「ごめんなあ…うちが捲れんかったせいで」

怜「竜華のせいちゃうよ」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 22:01:29 ID:0eKfArS90

怜「それに…大学行っても麻雀続けるんやろ?」

セーラ「ま、それもそやな」

竜華「確かに…」

怜「竜華はうちと結婚するしな」

セーラ「それもそやな」

竜華「確かに…ええ!?」

怜「おっしゃ言うたな!」

竜華「待って待って」

怜「うちが死ぬときは竜華の膝の上や」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 22:02:44 ID:0eKfArS90

オォォォォォォォ

穏乃「お邪魔します!」ガラッ

灼「邪魔するなら帰るべきだと思」

穏乃「はい」ピシャッ

穏乃「ここは関西だーーーーやったーーーネタが通じる!」ガラッ

晴絵「帰って早々なんで吉本」

宥「…?」プルプル

憧「普通は通じるでしょ」

玄「おかえりなさい、穏乃ちゃん」

穏乃「ただいま皆!早速だけど…」

穏乃「練習しましょう!麻雀!!」

                         おわり


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 22:03:16 ID:0eKfArS90

シズたんイェイ~
特に盛り上がりも落ちも無いけどごめんね
仁美ちゃん可愛いよ
おやすみ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 22:04:27 ID:bCfXmQfTP

おつよー


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/20 22:48:13 ID:yioL+TIpO

乙でしたー



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369050035/

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。