ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まゆ「あなただけいればいい」




1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:11:23.70 ID:epGhJc5fo


 佐久間まゆという少女は、プロデューサーにとって一つの例外だった。


 仕事上、最も先に事務所に入るのはプロデューサーである。始発の電車に乗り、誰よりも早くその扉を開ける彼には、当然にその鍵を持つ必要があった。

 しかしある日を境に、彼はその鍵を持ち歩かなくなった。
 理由は単純で、先客がいるからだ。
 先客である彼女は二人分のコーヒーを淹れ、ソファーに座って彼を待っていた。湯気のたつコーヒーは黒々として、小綺麗なコップに湛えられている。

「おはようございます、プロデューサーさん」
「ああ……おはよう、まゆ」

 素知らぬ風をして言葉を返すプロデューサーに、まゆはただ微笑んだ。

「コーヒー、淹れ立てです。よかったら、飲んでくれますかぁ?」

 いつも通り、佐久間まゆは目を細めて、にっこりと笑う。

SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1371481883
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:12:50.81 ID:epGhJc5fo

 今日、プロデューサーが行うべき仕事は、ほとんどが彼女に関連するものだった。
 まゆの送り迎えを除けば、書類の整理が微々たる程度にあるくらいだ。整理する書類を持ち出して、出先で片づけたほうが、よほど都合がよかった。
 ルーチンワークを済ませ、事務員の千川ちひろに報告を行ってから、まゆを連れて車へ向かう。

「まゆ。いつも朝が早いが、疲れてないか?」
「心配、してくれてるんですかぁ?」
「当たり前だろ。うちのアイドルなんだから、疲れて失敗されても俺が困る」

 まゆはいつものように微笑み、囁くように返事をする。

「大丈夫ですよぉ。まゆは、プロデューサーさんが困るようなことは、絶対にしませんから」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:13:54.61 ID:epGhJc5fo

 撮影所は車で数十分程度の所だった。行き慣れた道を通りながら、彼はちら、とバックミラーを覗く。
 目と目が合い、まゆはにっこりと笑った。
 はは、と口だけでも軽く笑い返して、目線を戻す。バックミラーからは、彼女の熱い視線が投げ続けられている。目が合わない訳はなかった。
 目の前の信号が赤に変わる。ゆっくりと車を止めて、肩の力を抜く。

「そんなに見られてると、恥ずかしいな」
「……イヤ、でしたかぁ?」

 曇った声音で、言葉が帰ってくる。

「そういう訳じゃない。ただ見られているだけってのが、なんだか、くすぐったくてな」

 プロデューサーがそう訂正すると、バックミラーの向こうで、まゆはうふふと笑った。

「そうですかぁ。嬉しいです」
「嬉しい?」
「ええ、嬉しいですよぉ」

 まゆの言葉に首を傾げながら、プロデューサーは青信号に合わせて、正確にアクセルを踏む。

「まゆのこと、気にしてくれているって、そういう所からわかるじゃないですかぁ」

 プロデューサーは、そうか、と生返事をした後も、静かに車を走らせた。
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:15:31.93 ID:epGhJc5fo

 モデルという範囲であれば、このプロダクションでは佐久間まゆを上回る逸材はいない。元モデルのアイドルというのは競合他社にも何人かいるが、その中でも引けを取らないと、プロデューサーは考えている。

 彼女は自らの見せ方を熟知している。自らという身体の魅力をどのように表現すべきかという点では、限界まで研ぎ澄まされた刃物に似ている。

(正直言えば、異常だ)

 撮影風景を見ながら、プロデューサーは思った。
 身体全体の動きから表情の子細に至るまで、彼女は齢十六にして不備がない。人並み外れたという所はないが、必要なものはすべて取り揃え、そして完璧に使いこなしている。
 ストロボの光の中で、まゆは笑顔を振りまく。ライブの時も同じだ。あの笑顔は作られた物ではない。
 心の内にある感情がそうさせている。そうでなければ、こうも大成はしない。作りものの笑顔なんてものは、案外するりとわかるものだ。
 
「はい、オッケーです! 次の撮影は外になるんで、いったん休憩になります!」
「お疲れさまでしたぁ」

 まゆは皆に笑顔でそう言うと、まっすぐにプロデューサーの元に駆けてきて、にっこりと笑って言う。

「プロデューサーさん、お弁当作ったんです。一緒に食べませんかぁ?」

 寸分違わぬ笑顔。振りまく笑顔の底が、なにも変わらない。背筋に冷たいものが走るような悪寒を、プロデューサーは感じた。
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:16:49.37 ID:epGhJc5fo

 仕事を滞りなく終えた帰り道のことだった。

「少し、寄り道がしたいです」

 こんな提案をまゆがするのは初めてのことだった。

 車を路地に入れ、いつもと違う道を進んでいく。

「このあたりに、公園がある。そこでいいか?」

「はい、プロデューサーさんがそう言うのなら」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:17:29.18 ID:epGhJc5fo


 夕焼けで赤く染まる公園に、人影は見られなかった。プロデューサーは自販機で缶コーヒーとアイスココアを買い、ココアをまゆに渡す。
 銀色の缶を丁寧に受け取ると、満面の笑みで嬉しそうに返事をする。変装用の伊達メガネは、むしろ妖艶さを際だたせているようだと、プロデューサーは思った。

「嬉しいですよ、プロデューサーさん」
「別に大したことじゃない」

 缶コーヒーを開けて、いつの間にか乾ききっていた口を潤す。

「誰にだってやることだよ」
「でも、今日はまゆにしてくれましたよねぇ?」

 ココアをくいと飲みながら、彼女は目を細める。

「今こうしてくれることが、とても幸せなんです」
「……そうか」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:19:00.20 ID:epGhJc5fo

 まゆとプロデューサーは、暗くなりつつある公園の中を歩く。
 春が終われば夏が近づき、暖かい風が二人にそっと吹き寄せる。

 あまり広くはない公園を丁度一回りしようという辺りだった。
 少ない玩具を散らかしたように、ちらほらと遊具が散らばる場所で、まゆが立ち止まる。

「シーソーって乗ったこと、ないんですよねぇ」
「そうなのか」
「ええ、一緒に乗る人がいなくって」

 ちらつく街灯の下で、青色のシーソーがぽつんと佇んでいる。
 地面との間で手を挟むから、このごろ撤去され始めているらしいと、プロデューサーは耳に挟んでいた。
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:20:01.75 ID:epGhJc5fo

「よかったら、一緒に乗りませんか?」
「……いや、体重差もあるから、流石に無理だろう」
「……そうですよねぇ」

 少し残念そうな声が、静かな公園ではよく聞こえる。

「じゃあ、あれにしましょう」

 まゆが指で示す先、ちょうどシーソーの向こう側で、小さいブランコが風に煽られ、揺れていた。

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:21:39.72 ID:epGhJc5fo


「わ、わっ」

 人に押してもらうだけで、ブランコの動きは随分と変わるものだった。
 弧状に揺れる勢いは強い。プロデューサーは、まゆの慌てる顔を見ながら、背中を押してやる。
 次第に怖がるような顔つきも薄れて、楽しそうに風を受けるようになる。
 楽しげな笑顔を見て、プロデューサーも少しだけ微笑む。


「あそこまで早く漕いだこと、ありませんでした」

 ブランコを止めて座ったまま、まゆは言った。

「まぁ、女の子だもんな。男子だと平気で立ち漕ぎなんかをするけど」

 まゆの後ろに立ちながら、プロデューサーは言った。

「流石に、スカートでそれはできませんねぇ」

 まゆがくすりと笑った後、しばらく沈黙が訪れた。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:22:27.06 ID:epGhJc5fo

 すっかり暗くなった公園で、依然として二人きり。
 目の前の街灯につられた蛾が、はたはたと明かりのそばで飛ぶ。
 遠くで車が地面を低く鳴らしている。

「プロデューサーさん」
「……どうした?」

 まゆは上着のポケットから、丁寧に折り畳まれた紙を取り出した。そっとプロデューサーに、後ろ手で渡す。

「なんだこれ、しゃし……」

 プロデューサーの動きが止まった。
 見開いた目は写真から離れず、口は少しのあいだ呼吸さえ忘れた。
 街灯の向こうに顔を向けたまま、まゆは呟く。

「プロデューサーさん?」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:23:56.23 ID:epGhJc5fo

「えっ、あっ」

 まゆの静かな言葉に、プロデューサーは反射的に返事にもならない声をこぼす。
 同時に手から写真が落ち、ひらひらとまゆの足下に着地した。

「あら、いけませんねぇ」

 まゆはブランコから立ち上がって、足下の写真を拾う。

「こんなものが落ちていたら、加蓮さんのスキャンダルになっちゃいます。アイドルがこんな、ねぇ?」
「まゆ、これは」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:25:16.97 ID:epGhJc5fo

「プロデューサーさんにも迷惑がかかって、大変ですからねぇ」

 写真を真一文字に破る。

 破る。

 破る。

 破る。

 細切れになった破片が、風に吹かれてひらひらと飛んでいく。
 指先よりも小さくなった破片が風にさらわれるまで、まゆはそれをちぎっていた。
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:26:14.03 ID:epGhJc5fo

 プロデューサーはその様子を見て唾を飲み込んだ。乾いた口の中で歯を噛みしめ、できる限り落ち着き払って言う。

「俺は、まゆに、迷惑をかけるようなことをして欲しくないと、言ったはず……」
「してませんよぉ」

 プロデューサーの声に被せるように、まゆは即答する。

「じゃあ、あんな盗撮、どうして……」
「加蓮さんがくれたんですよぉ」

 プロデューサーは一瞬、まゆの言葉の意味がわからなかった。
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:28:20.53 ID:epGhJc5fo

「『プロデューサーさんは、もう私のものだから』って、とても嬉しそうに、楽しそうに、誇らしげに、幸せそうに……」
「わかった、もういい!」

 自ずと語気が荒くなる。そんなプロデューサーを、まゆはじっと見つめる。

「他にも、智絵里ちゃんもボイスレコーダーをくれました。録音日時はちょうど二週間前の真夜中ですねぇ」

 プロデューサーは、一瞬倒れそうになった。ブランコの手すりに、縋るように手を当てる。
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:28:58.84 ID:epGhJc5fo

「あ、大丈夫ですよぉ。まゆは何もしてませんから。これは単なる報告です。プロデューサーさんの為の」

 まゆはにっこりと笑った。いつもの笑顔。
 それを見て、プロデューサーの体に悪寒が走る。
 気色の悪い汗が、あちこちで滲む。

 絞りだしたように、声を出した。

「……怒らないのか」
「怒りませんよぉ」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:30:41.44 ID:epGhJc5fo

「……それは、どうしてだ?」

 プロデューサーの震えた声音を、まゆはじっとりと抱き止めるようにして、答えを返した。
 立ち上がって、プロデューサーを笑顔で見つめる。

「プロデューサーさんが、事務所の人たちから好かれてるのも、それをわざと放っておくのも、プロデューサーさんの考えてのことですよねぇ?」

 一歩、プロデューサーに近づく。

「だって、恋をすることほど、魅力を増すものはありませんから。まゆも、プロデューサーさんが好きで好きでたまらなくて嬉しくてそれでこうやって、アイドルをしているんですよぉ。
 プロデューサーさんが望んでいることを、どうしてまゆがやめなきゃいけないんですかぁ?」

 一歩、プロデューサーに近づく。
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:31:16.26 ID:1HZbkAi+o
深夜になにを録音されたんですか…こわひ
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:32:12.29 ID:epGhJc5fo

「まゆのことアイドルにしたいって、プロデューサーさんが言ったから、まゆはアイドルをしているんです。
 これは、まゆにとって心からの望みなんですよぉ? だって、プロデューサーさんが、そうして欲しいって、心から望んでいることですもんねぇ?」

 一歩、近づく。

「プロデューサーさんが心から望んでいることが、まゆの心からの望みですよぉ。
 プロデューサーさんが『そう』やって、ほかのアイドルをプロデュースするのも、まゆをプロデュースするのも、プロデューサーさんが望むなら、まゆは喜んで受け入れますよぉ」

 一歩、近づく。

 小さい体がプロデューサーの目の前に立ち塞がって、目線はプロデューサーの顔を離さない。
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:33:12.52 ID:epGhJc5fo

「たとえプロデューサーさんが、まゆを弄ぼうと、
 利用しようと、
 汚そうと、
 汚させようと、
 見捨てようと、
 愛そうと、
 求めようと、
 壊そうと、
 許そうと、
 嘆こうと、
 請い縋ろうと、
 あざ笑おうと、
 逃げようと」

「まゆは絶対にプロデューサーさんの求める通りにしますよぉ」

 心からの笑顔でそう言った。

「まゆはプロデューサーさんが大好きですから」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:34:58.88 ID:epGhJc5fo

「……そうか」

 プロデューサーはまゆの顔を見る。満面の笑み、目を細めて、恍惚とした、魅力的な笑みだった。
 諦観に似た感覚を覚える。

「……ありがとうな」

 プロデューサーの声に力は入らなかった。

「いえ、プロデューサーさんの為ですからぁ……平気ですよぉ」

 力のない言葉さえ嬉しそうにして、まゆは微笑む。

「……帰るか」
「はい、プロデューサーさん」

 まゆは、プロデューサーの手を握りしめる。
 振り払うにも、握り返すにも、プロデューサーの手は力不足だった。
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:36:04.55 ID:epGhJc5fo
 おわり。
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/18(火) 00:39:41.07 ID:Pp44z3jo0
終わったの?
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:39:48.17 ID:LIJW07kbo
かれんちゃんといちゃいちゃしようとしたらままゆはそれを知っててって事か

こえー
おつ
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/18(火) 00:41:14.68 ID:1HZbkAi+o

いい塩梅だった すべてを受け入れるってのは怖いことなんだな


http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1371/13714/1371481883.html
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。