ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレン「俺駐屯兵団にするわ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:06:44 ID:7lzO4PyH0

エレン「俺、駐屯兵団にするわ」

ミカサ「えっ」

アルミン「どうして?前はあんなに調査兵団に行きたがってたのに」

エレン「だってさ、俺が調査兵団に行くとしたらミカサも来ちゃうだろ?」

ミカサ「当たり前」

エレン「ミカサをそんな危ない目には合わせられないからさ」

アルミン「なら憲兵団は?」

エレン「アルミンと一緒に行けないだろ?それにジャン居るし……」

ミカサ「エレンがそう言うならそうしよう」

アルミン「分かったよ……それに、壁の外に行くなら帰る場所を守らなきゃね!全力を尽くすよ!」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:09:24 ID:7lzO4PyH0

──固定砲整備中

エレン「まずい!超大型巨人だっ!!」

アルミン「こんな事もあろうかと色々準備したんだ!大丈夫!!」

エレン「ほ、ほんとか!?」

アルミン「ああ!壁なら守ってみせるさ!」

エレン「おい!あいつ、門を蹴破る気だ!!」

アルミン「そのままいっけぇええええ!!」

エレン「!?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:14:10 ID:7lzO4PyH0

超大型巨人「イッテェ……」

エレン「な、なんだ!?あいつの足が消し飛んだ!?それに門も無傷……?」

アルミン「爆発式反応装甲、リアクティブアーマーだよ!僕が考案したんた!」

エレン「な、なんだそれ!?」

アルミン「火薬の爆発で奴の蹴りを打ち消したんだよ!」

エレン「す、すげぇな……!お、おい!あいつ、後ろに倒れるぞ!」

アルミン「よし!そのまま都合よく置いてある大岩にうなじをぶつけるんだ!!」

超大型巨人「ウォオオ……シヌ……」

エレン「超大型巨人が……蒸発していく……!?」

アルミン「よし、これで1体!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:17:02 ID:7lzO4PyH0

エレン「お、おい!今度は鎧の巨人だっ!!真っ直ぐ突っ込んでくる!!」

アルミン「大丈夫大丈夫」

エレン「いやでも!門に……!」

鎧の巨人「ヤッテヤルゼ!」

エレン「う、うわっ!」

アルミン「今!全速開門!!」

駐屯兵「了解!!」

鎧の巨人「エ?」

エレン「門を開けて……素通りさせた!?どういう事だ!?」

アルミン「破壊されるよりましだ!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:20:28 ID:7lzO4PyH0

エレン「そもそも、いったいどうやって何なに素早く開けられたんだ?」

アルミン「立体機動装置の原理を応用したのさ!ガスの力で門の開閉が可能だ!!」

エレン「な、なるほど……でも、巨人の侵入を……!!」

アルミン「エレン、このトロスト区の正門に門はいくつある?」

エレン「1つだろ?」

アルミン「2つだよ。マリアに面している門と、トロスト区内部に面している門」

エレン「あ、そうか……でも、それが?」

アルミン「間に閉じ止める」

エレン「!?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:24:23 ID:7lzO4PyH0

アルミン「奴の注意を引くんだ!」

駐屯兵「了解!!」

大砲「ドスンドスン」

エレン「た、大砲で注意を引くのか……おお!巨人が門に向かったぞ!!」

アルミン「まだ……まだ…………今!全速閉門!!」

駐屯兵「了解!!」

エレン「やった!閉じ込めたぞ!!……でもこれ、中から破壊されちゃうんじゃ?」

アルミン「奴は固い体を利用して体当たりで破壊しようとする!」

エレン「そうだな」

アルミン「狭い門の間じゃ助走なんてつけられない!奴に壁は壊せないんだよ!!」

エレン「アルミンすげぇな!!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:26:43 ID:7lzO4PyH0

エレン「……でも、あのまま放置なのか?」

アルミン「大丈夫、溶かした鉄を注いでるから!!」

エレン「!?」

アルミン「門は使えなくなっちゃうけど、破壊されるよりましだろ?」

エレン「なかなかに酷いな………はっ!?あれは!?」

アルミン「おっぱいを丸出しにした巨人だ!!おっぱい型巨人だ!!」

エレン「なんで嬉しそうなんだ!?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:31:50 ID:7lzO4PyH0

エレン「でもあれ、どうすんだ!?」

アルミン「大丈夫!」

女型巨人「ノボルヨーカベノボッチャウヨー」

エレン「か、壁を登り始めた!?」

アルミン「今!速射砲一斉撃ち方!!」

駐屯兵「了解!!」

速射砲「ドスンドスンドスン」

エレン「な、なんだ!?大砲とは思えない発射間隔だ!!」

アルミン「僕が開発したんだ!!発砲の反動で装填するのさ!!」

エレン「お前さっきからすげぇな!!」

アルミン「僕の技術力は壁中1だぜ!!」

エレン「よし!落ちたぞ!そのまま都合よく置いてある大岩にうなじをぶつけるんだ!!」

アルミン「敵は滅びた!!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:35:37 ID:7lzO4PyH0

エレン「な、こんどはなんだ!?」

アルミン「毛むくじゃらな巨人だ!!獣みたいだ!!」

獣型巨人「ウワーチカヅキタクネーワー!シンジャウワー!」

エレン「うわっ!?馬とか木とか投げ付けてきたぞ!!やべぇ!!」

アルミン「安心して!僕を信じるんだ!!」

エレン「分かってる!けど、どうやって!?」

アルミン「対空戦闘用意!!CIWS起動!!」

駐屯兵「了解!!」

CIWS「ズバババババ」

エレン「ありゃなんなんだ!?」

アルミン「気にするな!!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:40:54 ID:7lzO4PyH0

エレン「すげぇ……全部撃ち落としてる!!でも、このままじゃ奴は!」

アルミン「仕方ない……ミカサを全部出せ!!全機発進!!」

駐屯兵「了解!!」

エレン「ミ、ミカサ……?うわぁああああ!?ミカサがすげぇいっぱい居る!?」

アルミン「あれは、僕が極秘裏に研究してきたミカサ量産化生体実験の成果だよ!」

エレン「なんだよそれ!?家族がめちゃくちゃ増えちまったぞおい!!」

アルミン「リヴァイ兵長って居るだろ?」

エレン「あ、ああ!一人で一個旅団とかなんとか」

アルミン「ならミカサだけで旅団作っちゃえ!!」

エレン「!?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:45:47 ID:7lzO4PyH0

エレン「お、おいおい!俺はどのミカサと結婚すりゃいいんだ!?」

アルミン「全員とすればいいだろ!!交戦を許可する!いっけぇええええ!!」

ミカサ達「……」バヒュンバヒュンバヒュン

エレン「す、すげぇ!!どれも本物のミカサみてぇにつえぇ!!」

アルミン「どれも本物さ!!」

獣型巨人「コ、コレハイッタイナンナノデスカ!?ウ、ウワアアアアア!!」

アルミン「よし止めたぞ!!」

エレン「こんなあっさり……!!」

アルミン「そのままウォールマリア内の巨人掃討作戦に入れ!!」

アルミン「門はこの都合よく置いてある大岩をアルミン特製超大型立体機動装置で牽引して塞ぐ!」

エレン「お前は何者なんだ!?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:49:57 ID:7lzO4PyH0

こうして、人類はウォールマリア奪還に成功した
人類……もとい、量産型ミカサの力により地上を支配していた巨人は殲滅された
人類は再び地上の覇者となったのである!!

アルミン「僕にかかれば巨人の100や200!」

エレン「お、おいアルミン!俺は何枚婚約届書けばいいんだ!?」

ミカサ「私のも早く」

ミカサ「早く」

ミカサ「待ちくたびれた」

ミカサ「急いで」


ミカサの進撃は止まらない!!

終わり


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/22 00:50:33 ID:rTb6ZQ730



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371827204/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。