ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「みくとアーニャと大体のあさん」





1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:19:54.28 ID:SgImjYbbo
――事務所内・会議室



のあ「………」


コンコンッ


のあ「開いているわ……入って」


ガチャッ


アーニャ「イズヴィニーチェ……失礼します」

みく「のあチャン、一体何の用だにゃあ? みく達を呼び出し――帰るにゃ」

のあ「待ちなさい、みく」

みく「待たないにゃ。のあチャン、何故かメイドの格好してるにゃ。こいつはくせえにゃ、嫌な予感がプンプンするにゃ」

のあ「みく……あなた――センターになりたくないの?」

みく「ん……にゃあ? センター……?」


SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1371917994
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:21:06.95 ID:SgImjYbbo
みく「――なるほどにゃあ、Pチャンがそんなことを……」

アーニャ「今度のユニットライブ……ムィ、私たちでリーダー、選ぶ、ますか?

のあ「そう」

のあ「急造とはいえ、私たちのユニットとしてののデビューライブとも言える重要なイベント……」

のあ「それだけに、センター……リーダー選出は慎重を期したいわ」

みく「はいはい! みく立候補するにゃ! ネコ耳ユニットのリーダーとなら譲る訳にはいかないにゃ!」

のあ「……アーニャ、貴方は?」

アーニャ「ヤー……私も、リーダー、なりたいです」

みく「おお、アーニャチャンもやる気だにゃあ?」

アーニャ「私、宇宙で一番のアイドル、目指します。チャンスは、活かしたいです」

みく「熱いにゃ! クールな見た目と裏腹に心は燃えているにゃ! 気に入ったにゃ、これからみくのお弁当のお魚は全部アーニャチャンにあげるにゃ!」

アーニャ「スパシーバ、みく、ありがとう」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:21:46.94 ID:SgImjYbbo
のあ「そう……二人の熱意は伝わったわ」

みく「あれ、のあチャンはやらないにゃ?」

のあ「今回私はサポートに回るわ。……私だけ歳も離れているし、若くて活気のあるあなた達を中心にしたほうが、上手くいくでしょう……」

アーニャ「では、二人のどっちを、リーダー決めますか?」

みく「じゃんけんかにゃ? くじびきかにゃ?」

のあ「いえ……重要な決断を運否天賦に委ねるようなことは、好ましくないわ」

みく「じゃあ、どうするにゃ?」

のあ「それは……これよ」


ガラガラガラ…


みく「にゃ? ホワイトボード?」


ポンッ

キュッキュッキュッキュッ……

……カチッ


のあ「『第一回 センター争奪! チキチキ 寿司の中身はなんじゃろな』対決~」

のあ「いえーい」パチパチパチ

アーニャ「………?」パチパチパチ
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:22:50.57 ID:SgImjYbbo
みく「す、寿司!? 今お寿司って言ったかにゃ!?」

のあ「そう……日本名物、スシ、ゲイシャ、フジヤマ、ミクノ、ハラキリ、の寿司よ」

みく「みくを勝手に名物に入れないでほしいにゃ!」

のあ「アーニャ、貴方、お寿司は食べたことはあるかしら……」

アーニャ「ダー……はい、あります。日本食、好きです」

みく「みくはお寿司嫌いだにゃ! のあチャン、どういうつもりにゃ! みくがお魚食べられないの知ってるはずにゃ!」

のあ「落ち着きなさい、みく――貴方たち、少し待っていて」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:23:34.97 ID:SgImjYbbo

バタン

……ガチャッ

ガラガラガラ……


のあ「……お待たせ」

アーニャ「お皿……たくさん、あります。でも、中、見えません」

のあ「この中に、貴方たちに食べてもらう寿司ネタの数々が隠されているわ……」

のあ「そして、ネタの中身は事務所の娘たちに持ち寄ってもらったものよ」

みく「にゃ? みんなが?」

のあ「ええ……貴女が魚を食べられないのは周知の事実。つまり、この中に魚は提供されていない……」

みく「ホントかにゃあ……?」

のあ「私はここぞという時以外、嘘はつかないわ」

みく「みくはいつでも正直なのあチャンのほうが素敵だと思うにゃあ……」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:24:04.47 ID:SgImjYbbo
のあ「……どうする? この勝負、受けるのかしら」

アーニャ「はい……やります」

アーニャ「お寿司、食べたいです」

みく「アーニャチャン、目的変わってないかにゃ」

のあ「よく言ったわ……アーニャ」


のあ「――みく、貴女はどうする?」

みく「むむむ……確かにのあチャンならともかく、みんなはお魚を入れたりしないはずにゃ……」

のあ「別にいいのよ? 勝負から降りても……」

のあ「尻尾を巻いて逃げても、誰も貴女を責めたりしないわ……」

のあ「……最も、猫になりきれない貴女に、巻く尻尾があればだけれど……」

みく「めっちゃ挑発されてるにゃ! 敵意すら感じる煽りっぷりだにゃ!」

みく「――わかったにゃ! やったるにゃ、この勝負、受けて立つにゃ! みくのネコ魂、見せてやるにゃ―っ!」

のあ「それでこそみくよ……私も一晩かけて準備した甲斐があったわ」

みく「のあチャンが無駄にやる気を出してるにゃ……やっぱり悪い予感がするにゃあ……」

アーニャ「みく、頑張りましょう」

みく「うう……」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:24:33.47 ID:SgImjYbbo
のあ「――勝負は5ポイント先取、先に5問正解したほうが勝者となるわ」

みく「それなら、先攻が有利だにゃあ」

のあ「先攻後攻はじゃんけんで決めてもいいのだけれど……ここは、先にリーダーに立候補したみくに譲ってもいいかしら?」

アーニャ「はい、構いません……」

みく「いいのかにゃ? それじゃあ、ニャニャっとストレートで5門正解して、勝利は頂くとするにゃ~♪」


みく「……ところでのあチャン、お魚入ってにゃいのはいいけど、ちゃんと食べられるものが入ってるのかにゃあ……?」

のあ「大丈夫よ……大体食べられるものが入っているわ」

みく「みく知ってるにゃ。その曖昧さが後に悲劇を生むんだにゃ……」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:25:07.87 ID:SgImjYbbo
――みく・1皿目



のあ「さあ、みく、好きな皿を選んで……」

みく「ど・れ・にしよっかにゃ~……じゃあこれにするにゃ!」

のあ「分かったわ。……それじゃ、そこに座って、これを着けてちょうだい」

みく「にゃ? アイマスクにゃ?」

のあ「ええ……中身が見えてしまっては問題にならないから」

みく「それもそうだにゃ。――ハイ、これでいいかにゃあ?」

のあ「それでいいわ……では私が食べさせるから、口を開けて……」

みく「あーん、にゃ」


パクッ


みく「モグモグ……うーん、これは……」

みく「ふにゃふにゃしてて……薄味……ちょっとだけ塩っけがあるにゃあ……」

のあ「もう、アイマスクを外していいわ。……わかった?」

みく「……食べたことある気がするけどにゃ……わかんないにゃあ」

のあ「正解は、フライドポテトよ」

みく「……道理でふにゃふにゃしてるはずにゃ。完全に萎びてるにゃ、これ……」

みく「なんだかにゃあ……正解できなかった上に、萎びたポテトにゃんて惨めなもの食べて、初っ端からテンション下がるにゃあ……」モグモグ
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:25:48.29 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・1皿目



のあ「――はい、アーニャ。これを着けて」

アーニャ「ダー……いいですか?」

のあ「ええ。それじゃあ、口を開けて……」


アーニャ「あー……」

みく「!」

のあ「……アーニャ、そんなに舌を出さなくていいわ」

アーニャ「ん……わかりました」

みく(今のはエロかったにゃ)ドキドキ


パクッ


のあ「どう……?」

アーニャ「もぐもぐ……これは……柔らかくて、なめらか……あー、チーズ、ですか?」

のあ「正解よ」

みく「にゃああ、先にポイント取られてしまったにゃあ……」

のあ「提供者からのコメントが有るわ。『うちの牧場で作ったチーズです! 美味しいですよー♪』」

みく「コメントとかあるんだにゃあ」

アーニャ「フクースナ……美味しいです」モグモグ
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:26:16.64 ID:SgImjYbbo
――みく・2皿目



みく「よーし、今度は当てるにゃ! あーん……」


パクッ


みく「……この、安っぽい甘み……噛んでも噛んでもなくならにゃい……ガムにゃ……」

のあ「正解。正確にはフェリッ○スガムよ」

みく「10円ガムにゃ……。噛めば噛むほどお酢とガムの不協和音が口いっぱいに広がるにゃ……正解したのに泣けてきたにゃ……」クチャクチャ
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:26:42.78 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・2皿目



パクッ


アーニャ「……甘いです……すごく。そして、酸っぱいです……イチゴの味です……」

のあ「正解。イチゴの練乳がけよ」

みく「うわあ、マズそうにゃ……フルーツはヤバイにゃ……」

アーニャ「ニェフクースナ……」モグモグ


のあ「……あら、アーニャ、口の端にミルクが付いてるわ……ほら、じっとして……」フキフキ

アーニャ「んー……」


みく(何故だか分からにゃいけどごっつエロいにゃ)
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:27:09.24 ID:SgImjYbbo
――みく・3皿目



みく「そろそろ少しはまともなものを食べたいにゃあ……。あーん……」


パクッ


みく「うおお……フルーツはヤバイって言った先にこれにゃ……噛んだ瞬間に甘みと酸っぱさが広がったにゃ……」

のあ「わかった?」

みく「……ジャムにゃ……ブルーベリーのやつにゃ……」

のあ「正解よ。コメントを読むわ。『ブルーベリーは美容にいいのよ♪ アンチエイジングの基本ね♪』

みく「シャリもジャムもお互い一歩も譲らないにゃあ……交通事故みたいな味がするにゃあ……」モグモグ
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:27:35.99 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・3皿目



アーニャ「いきます……。あーん……」


パクッ


アーニャ「~~~!」ジタバタ

みく「にゃっ!? アーニャチャン、どうしたにゃ!?」

アーニャ「ぐすっ……これ……ワサビです……」

のあ「正解。『魚介ネタがないから油断してると思ってワサビを入れてやったわ!』……だそうよ」

みく「な、なんて策士だにゃ……」

のあ「アーニャ、お水よ。はい……」

アーニャ「ありがとう、ございます……。……辛いです……ぐすっ……」

みく(涙目エロいにゃ)
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:28:08.16 ID:SgImjYbbo
――みく・4皿目



みく「これで2-3にゃ……ここは取っておきたいにゃ」


パクッ


みく「! こ、これは!」

のあ「どう?」

みく「間違いにゃい……これは、みくでも食べられる数少ない寿司ネタ……卵焼きにゃ!」

のあ「正解よ」

みく「やったにゃあ! やっとまともなネタを食べれたにゃあ!」

のあ「コメントを読むわ。『お弁当のおかずを入れてみました! 頑張ってくださいね!』」

みく「……普通だにゃ」

のあ「……普通ね」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:28:53.56 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・4皿目



パクッ


アーニャ「~~~!!」ブルブル

みく「にゃっ!? ま、また変なものに当たったのかにゃ!?」

のあ「……ギブ?」

アーニャ「………!」コクコク

みく「い、いったい何が入ってたんだにゃあ……」

のあ「『新開発のドリンクをタブレット状にしてみた。良かったら感想を聞かせてくれ』」

みく「マストレさんからも提供されてるのかにゃ……恐ろしい破壊力だにゃ……」

アーニャ「これ……無理です……苦くて……飲み込めないです……ぐすっ」

みく「アーニャチャン、ペってするにゃ、ペーって」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:29:23.35 ID:SgImjYbbo
――みく・5皿目



みく「アーニャチャンが外したから、ここは当ててリーチかけたいにゃ!」


パクッ


みく「んー……このふわっとしてモチっとした食感は……分かったにゃ! ズバリ、ドーナツだにゃ」

のあ「ブブー、不正解よ」

みく「にゃんですと!? 法子ちゃんのドーナツじゃないのかにゃ!?」

のあ「正解は、パンよ」

みく「ぱ、ぱん……そっちかにゃ。惜しいにゃあ、ちょっとそれは難しいにゃあ……」

のあ「コメントが有るわ。『フゴフゴ! フゴフゴゴ! 』」

みく「コメントおかしいやろそれ」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:30:01.41 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・5皿目



アーニャ「………(ゴクリ)」

みく「アーニャチャン、緊張してるにゃ……。爆弾ネタ二連続で引いてるから無理もないにゃあ」

のあ「……アーニャ、いいかしら?」

アーニャ「……はい。……あーん……」


パクッ


アーニャ「……? 味、しないです……舌は……ツルツルしてます。んん……パスタ、ですか?」

のあ「惜しいわね、麺類なのは当たっているわ。正解はうどんよ」

アーニャ「あー……」

みく「うどん?」

のあ「コメントは……『釣った魚はダメとのことでしたので、うどんを打ってみました』」

みく「……なんでうどんにゃ?」

のあ「さあ……?」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:31:22.87 ID:SgImjYbbo
――みく・6皿目



パクッ


みく「もぐもぐ――! ぺっぺっ! なんにゃ、これ!? 紙が入ってるにゃ!」

のあ「残念、吐き出す前に答えなかったから今のは不成立よ」

みく「うう、つい条件反射で吐き出してしまったにゃ……」

のあ「コメントがあるわ。『面白そうだったから入れた。反省はしていない。――P.S. 飴はやらん』」

みく「あんのニートなんてもん入れやがるるにゃ!」


アーニャ「……? これ、なにか書いてあります」

みく「ん? ホントにゃ……『罰ゲーム きらりのモノマネ』……って、なんだにゃ!?」

のあ「罰ゲームいえーい」パチパチパチ

アーニャ「………?」パチパチパチ

みく「ちょっ、待つにゃ! なんで不正解の上に罰ゲームをやらされるんだにゃ!?」

のあ「何故って……書いてあるから……?」

みく「こんなもんルール外にゃ! 何の強制力もないにゃ!」ペシッ

のあ「……みく、いいのよ……無理にとは言わないわ……」

みく「うわ、うっわ、なんなのにゃその見下した目! みく驚いたにゃ、人間ってそんな残酷な目を出来るんだにゃ!」

のあ「さあ……アーニャ……次に行きましょう……」

みく「いーにゃ、こうなりゃヤケだにゃ! モノマネでもなんでもやってやるにゃ! 見ているがいいにゃ!」

のあ「ええ、しっかり見届けるわ」

アーニャ「……? 見届け、ます」

みく「いくにゃ!」





みく「にゃっほーい!! きらりだよ☆ あれあれ? お仕事でお疲れなのかなぁ? きらりんのきゅんきゅんぱわーで心も体もスッキリさせちゃうよ! せーの、きら――」

のあ「さあ、アーニャ。次のお皿を選んで」

アーニャ「ダー」

みく「よぉぉぉぉぉっしお前らいい度胸だにゃあっ! ちょっとそこ座れにゃあっ!」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:32:01.66 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・6皿目



パクッ


アーニャ「………? また、味しないです……ニェット、何も、入ってないです」

みく「どういうことだにゃ? そんなことあるのかにゃ?」

のあ「いえ、確かに入っているわ」

アーニャ「むむ……ニパニマーユ、わかりません……」

のあ「正解は『お酢』よ」

みく「お酢!? シャリって酢飯だにゃ!? お酢が入っててもシャリはシャリのままだにゃ!」

のあ「『酢寿司……これがホントの、素寿司……ふふっ』」

みく「難易度高すぎだにゃ……」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:32:45.38 ID:SgImjYbbo
――みく・7皿目



みく「そろそろお腹も膨れてきたにゃ……長期戦は嫌だにゃ」

のあ「……あら、これは……」

みく「えっ、なんだにゃ……? 今見えないから、食べる前にそんなリアクションとられると不安になるにゃ……」

のあ「……いえ、なんでもないわ。口を開けて……」

みく「あ、あーん……」


ガッ


みく「あがっ!」

のあ「どう?」

みく「どうって、か、硬いにゃ! それに大きいにゃ! なんだろう、今までにないスケール感を感じるにゃ!」

のあ「……ギブ?」

みく「ぎ、ギブにゃ。口に入らないんじゃどうしようもないにゃ……。正解はなんだにゃ?」

のあ「野球ボールよ」

みく「あー、ボール……って食えるかにゃこんなもん! 誰にゃ『加藤良三』って!」ポイッ

のあ「『ビールは無理なのでボールを入れてみたよ! これがホントの……』」

みく「ライスボール……ってやかましいにゃ!」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:33:18.31 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・7皿目



ガッ


アーニャ「――固くて……大きい……んん……無理です……これ以上、入らないです……」

のあ「正解は、『じゃあ、あたしミニカー!』」

みく「のあチャンも平然と食べさせようとしないでほしいにゃ!」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:33:49.14 ID:SgImjYbbo
――みく・8皿目



チクッチクッ


みく「いたっ、痛いにゃ! なんか鼻に当たってるにゃ! それになんか動いてるにゃ!」

のあ「『カブト寿司!』」

みく「怒るでしかし」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:34:40.73 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・8皿目



パクッ


アーニャ「あ……今度はちゃんと、食べれます……でも……」

みく「まさか、また変なものかにゃ?」

アーニャ「変……確かに、不思議です……硬いような、柔らかいような……美味しいような、美味しくないような……」モグモグ

のあ「わかったかしら?」

アーニャ「んー……これ、食べたことないです……わからない、です」

のあ「正解よ」

アーニャ「え……?」

みく「な、なんで『わからない』のに正解なんだにゃ!?」

のあ「コメントにこう書いてあるわ。『んーとね、わかんなーい☆』」

みく「もはや問題として成立しているのか疑問だにゃあ……」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:35:23.55 ID:SgImjYbbo
――みく・9皿目



みく(ま、マズイにゃ……先にリーチをかけられてしまったにゃ……このままだと……)

みく(――ん?)


のあ「どうしたの? みく」

みく「のあチャン、これはなんにゃ? このお皿だけ星のマークが付いてるにゃ」

のあ「それは、寿司好きの娘に提供してもらったスペシャルネタよ。正解すれば、ポイントは倍。2ポイント入るわ」

みく「それはホントかにゃ!? つまり、正解すれば一気に逆転勝利……!」

のあ「挑戦する?」

みく「――お断りだにゃ! みくはこんな見え見えの罠にひっかかからないにゃ! どうせとんでもないものが入ってるに決まってるにゃ!」

のあ「……そう」

みく「隣にある、こっちの皿にするにゃ!」





パクッ


みく「うん……? なんだにゃ、これ……なにも――いや、ちょっと粉っぽいものが……?」

のあ「どう?」

みく「……うにゃあ……わかんないにゃあ……」

のあ「これがコメントよ。――『正解は~……ヒ・ミ・ツ☆ うきゃー!』」

みく「ふおおおおお!? なんだにゃ、一体何を食わされたんだにゃあ!? 気になるにゃっ! めっさ気になるにぃぃぃぃぃ!!」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:36:11.81 ID:SgImjYbbo
――アーニャ・9皿目



アーニャ「ヤー……私、これにします」

みく「スペシャルネタ!? なんでにゃ、アーニャチャン、あと1ポイントで勝ちだから狙う必要ないにゃ!」

アーニャ「スペシャルなお寿司、食べたいです」

みく「なんでそんなにチャレンジングスピリットに溢れてるにゃあ……アーニャチャン、ブレイブな奴だにゃあ……」


パクッ


みく「………(ゴクリ)」

アーニャ「あー……これ……」

みく「なんだにゃ!? セミの抜け殻でも入ってたのかにゃ!?」ガタッ

アーニャ「バナナ……です」

のあ「正解よ」

みく「ば、バナナ!? まとも……じゃにゃいけど、ちゃんとした食べ物だにゃ!」

のあ「私は言ったはずよ……『寿司好きの娘に提供してもらった』と……。彼女――ナターリアの好みを考えれば中身の予想はできたはずよ」

みく「そんにゃあ……気づかなかったにゃあ……」ガクッ

のあ「今回ばかりは……『警戒心は猫をも殺す』結果になったわね」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/23(日) 01:36:12.18 ID:U7CrUgtV0
すでに症状が出始めてるなww
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:36:45.68 ID:SgImjYbbo
のあ「――今回の勝負、3-6でアーニャの勝利よ。おめでとう」パチパチパチ

アーニャ「勝ちました……わーい」

みく「負けたにゃ……悔しいけど、今回はアーニャチャンの勇気に負けたにゃ……」

のあ「……慎重さだけではなく、時には大胆になること……それもリーダーとして、必要な適正よ」

みく「そうだにゃあ――あれ? よく見たら奥にもう一つスペシャルネタがあるにゃ」

アーニャ「のあさん、あれも食べて、いいですか?」

のあ「ええ、どうぞ」

みく「だからなんでそんな躊躇いなくパクパクいけるんだにゃ。アーニャチャン、ひょっとして食べたいだけかにゃ」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:37:50.48 ID:SgImjYbbo
パクッ


アーニャ「――美味しい……これ、もしかして……」

のあ「マグロよ」

みく「はあああああ!? マグロ!? 今マグロって言ったにゃ!? マグロって魚にゃ! マグロ イズ ベリー フィッシュだにゃあ!!」

のあ「私の仕掛けたトラップよ」

みく「やっぱりあんたかにゃ! なんでトラップなんて仕掛けるにゃ! みくが食べたらどうするつもりだったにゃ!」

のあ「安心して。その時は私が殴ってでも止めるわ。全力で」

みく「自分でトラップしかけておいて引っかかったら全力で殴るって理不尽にも程があるにゃあああああっ!!」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/23(日) 01:38:31.56 ID:SgImjYbbo
ガチャッ



P「ああ、お待たせ。三人とも集まってるな」

みく「ハア、ハア……ぴ、Pチャン……」

アーニャ「プロデューサー、私たちのリーダー、決めました」

みく「あ、そうだにゃ……センターは……」





P「あれ? 今回のセンターはアーニャでいくって、俺の方で決めておいたんだけど……。のあさんには言っておいたんだが、何も聞かなかったか?」





みく「ん゛ーーーーに゛ゃ゛ーーーー!! ん゛に゛ゃ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ーーーー!!」ブンブンブン

のあ「カバディカバディカバディカバディ――」





おわり
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/23(日) 01:40:20.20 ID:U7CrUgtV0

ああっみくにゃんが憎しみに我を忘れた獣に!



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/23(日) 02:16:32.34 ID:q0IGuoUg0
めっさワロタ

http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1371/13719/1371917994.html

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。