ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元太「大変だ!コナンが記憶喪失になっちまった!!」

1: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 11:49:26 ID:n9I/1+FL0

灰原「え!?どういうことよ!?」

光彦「そ、それが!トイレで運動会してたら!コナン君が窓から転落してしまって!」

歩美「ええ!?何階から!?」

光彦「3階からです!」

灰原「と、とにかく無事なの!?」

光彦「そ、それが…頭から落ちたみたいで…」

灰原「う、ウソでしょ!?それってまさか…!」

光彦「今、元太君がコナン君を保健室に連れているところです。怪我しなかったようですが…」

灰原「でも、記憶喪失に…?」

光彦「ええ」


9: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 11:54:42 ID:n9I/1+FL0

       保健室

灰原「ちょっと江戸川君!?大丈夫!?」

コナン「…江戸川?それって東京の江戸川区のこと?」

灰原「な…!」

元太「お、俺が悪いんだ…!トイレでやろうなんて言ったから…」

灰原「でも個室ででしょ!?なんで窓から落ちるのよ!?」

元太「いや…!それが…個室でやったんだけど…コナンの奴、ここじゃ狭いからって…」

灰原「でも、窓から落ちるってどういうことよ!?」

元太「そ、それが…」

       ~回想シーン~

コナン「ああ~個室じゃせめぇよww外でやろうぜww」

元太「え?でも先生にばれたら怒られるぞ!?」


13: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 11:58:20 ID:n9I/1+FL0

コナン「ったく、大丈夫だよ!」

光彦「そうですよぉ!早く続きを外でやりましょう!」

元太「あ、あぁ…」ガチャッ

コナン「はぁ~なんか暑いな…窓あけるか!」ガラッ

元太「お、涼しい!」

光彦「快感ですね!これはしやすいですね!」

コナン「おいお前らwww快感すぎて逝くなよな?この後体育なんだからよ!」

元太「わぁってるよ!軽くな!よし!んじゃまずはリレーから行くか?」

コナン「お!いいな!リレーはじめようぜ!」


16: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:02:42 ID:n9I/1+FL0

コナン「んじゃ、よ~いスタート!!」だだだだだっ

元太「お~し!かかってこい!!」

元太(ってやべ、トイレしたくなったな…トイレするか…)スッ

光彦「ああ!元太君!動いちゃダメですよ!?」

元太「え?」

コナン「うあ!ああああああああああああああああああ!!!!」

光彦「ああ!こ、コナン君が窓から落ちた!」

元太「!?」


灰原「意味分からないけど、まとめれば、江戸川君が小嶋君に飛びつこうとしたら小嶋君が動いてしまい、そのまま江戸川君は飛んで落ちたってわけね」

元太「ああ」


19: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:07:25 ID:n9I/1+FL0

灰原「でもなんで飛びつこうとしたのよ?」

元太「そ、それはだな…男の企業秘密だよ」

灰原「…そう…で、どうするのよ?江戸川君、記憶喪失なんて!」

コナン「あのぉ…」

灰原「何?」

コナン「なんで区に君つけるの?」

灰原「…それがあなたの名前よ」

コナン「え?変な名前」

灰原「まぁ、そりゃそうよ。だって、これ偽名なんだから」ボソッ

コナン「え?偽名?」

灰原「ええ、あなたの本当の名前は工藤新一よ。高校生探偵の」

コナン「!?」

灰原「まぁいいわ。今のあなたには何言っても無駄だと思うから…それより」

光彦「これからどうするかですよね…とりあえず今、救急車呼んでもらってます」

元太「コナン…」


20: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:12:50 ID:n9I/1+FL0

        病院

医者「軽い記憶喪失ですね…とりあえず、心理カウンセラー受けた方がいいですね」

蘭「はい。わかりました…」

コナン「…」

蘭「コナン君…心配しなくていいからね。一緒に治していこう」

コナン「…コナン…これが僕の名前か…」

蘭「そうよ!私は蘭!『蘭姉ちゃん』って呼んでね!」

コナン「…蘭姉ちゃん…?」

蘭「そうよ!コナン君、大丈夫!絶対治るって信じれば平気よ!私も頑張るから!ね?」

コナン「…う、うん!!」ニコッ

蘭(よかった!いつもの笑顔だ!)


         翌日

元太「いいかコナン!俺は元太だ!小嶋元太!」

コナン「元太…で、いいのか?」


21: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:16:39 ID:n9I/1+FL0

元太「おう!それで…」

光彦「僕が円谷 光彦です!」

コナン「光彦…だな?」

光彦「はい!」

歩美「でね、でね!私が吉田 歩美!」

コナン「歩美…」

歩美「うん!」

灰原「私は灰原 哀よ」

コナン「…哀…」

灰原「灰原って呼びなさいよ。いつものあなたの呼び方よ」

コナン「あ、ああ…灰原でいいんだな!わぁった!」

灰原「性格は変わらないのね」

元太「…!」ピコーン


23: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:19:22 ID:n9I/1+FL0

光彦「どうしたんですか?元太君?」

元太「いや…なんでもねぇ!」

元太(コナンが記憶喪失…て、ことは…!)

コナン「?」

元太「なぁコナン」

コナン「ん?」

元太「今日の夜、ベイカホテルで集合な。二人で」

コナン「あ、ああいいけど…何するんだよ」

元太「いいからいいから!」ニコッ

光彦「……」


27: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:25:16 ID:n9I/1+FL0

       学校屋上

コナン「……」

灰原「あら?ここ立ち入り禁止よ?」

コナン「あ、わりぃ…って、お前も入ってるだろ?」

灰原「そうね」

コナン「…なぁ灰原」

灰原「何よ」

コナン「俺さ…なんか思い出したかも…」

灰原「え!な、何を?」

コナン「俺…どこかから落ちた?」

灰原「ええ!そうよ!学校のトイレの三階の窓から」

コナン「…そうか…やっぱり…」

灰原「…」


28: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:30:19 ID:n9I/1+FL0

         ベイカホテル

コナン「で?何するんだよこんなところで」

元太「いや…とりあえず部屋に入るぞ」

コナン「お?いい部屋とってくれたのか?」

元太「ああ、それはもう…いい部屋だぜ?」ガチャッ

コナン「おおお!めちゃくちゃ広いな!わぁ~い!!」だだだだだ

元太「ふっ。今は無邪気な子供だけど、これから大人の世界へ連れて行ってやるぜ」ニヤッ

コナン「わぁ!」

元太「ん?どうしたんだ?って、あ!光彦、なんでお前窓の外でぶら下がってるんだよ?ここ35階だぞ?」

光彦「ったく、もう気づかれちゃったんですか?忍びの達人の僕も腐ったものですね」ガラガラ

元太「ったく、素直に俺も入りたいって言えよな!ま、これで大人の世界は広がったぜ」


32: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:36:33 ID:n9I/1+FL0

コナン「わぁ~布団ふかふか~」

光彦「気持よさそうですね」

元太「ああ。んじゃ、そろそろやるか」

光彦「ですね」

元太「おいコナン!今から運動会だ!服脱げ!」

コナン「え?服脱ぐのかよ?おもしれぇwwwいいぜ!」ぬぎぬぎ

元太「下もな!」

コナン「下も?まさかフルの見せあいっこかよwwww」

光彦「まぁ、そんなところでしょうか?」

元太「さ、みんな!脱いだか?」

コナン「ああ!」

光彦「準備Okです」

元太「じゃあ、よ~い…スタート!おるぁああああああああああああああ」だだだだだだだだ

コナン「ふぇ!?」


36: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:40:42 ID:n9I/1+FL0

元太「コナン!中に入れさせてもらうぜ!今日はデザートもあるんだからな!」

コナン「で、デザート!?」

光彦「元太君!はやまらないでください!スペシャルゲストがまだです」

元太「あ、そうだった。」

 「おお!もう集まっておったかww」

元太「来たみたいだぜ」

光彦「そうですね…もうその黒いタイツ脱いだ方がいいですよ?博士」

博士「ああ。脱ぐ!この格好で外出るとみんなの視線がわしに注目じゃあ!」

コナン「一体何が始まるんだろ!」ワクワク

博士(新一…今は記憶喪失で中身も子供じゃが、もう大丈夫だ…これできっと治るはずじゃ)


38: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:46:00 ID:n9I/1+FL0

博士「じゃあ、行くぞ?」

コナン「え、あ、ああ…」

博士「…!」ズぼっ

コナン「おわ!?」

元太「博士!ずるいぞ!俺はうなぎもってきたんだからな」

光彦「相変わらずですね~うなぎをいれるなんて、さすが元太君!」

元太「ほめるなよ!照れるだろ///」

コナン「ぁ…きもち…」

光彦「コナン君、気持ちよさそうですね」

博士「ほっほほ、ほっほほ、ほ~う♪」


40: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:50:26 ID:n9I/1+FL0

元太「んじゃ次は俺だな!おい!突っ込むぞ?うなぎ」

コナン「あ、ああ!」

元太「おるぁ!」ズぼっにゅる…

コナン「あ、ちょ…変な感覚がする…あ、入る…」

元太「おいおいwwまだまだ半分しか入ってないぜ!俺の『うなちゃん』は長いからな」

コナン「ま、マジかよ?さ、さすがにやべぇって。」

元太「平気だ!いけ!」

コナン「…ぁ…いきそう…」にゅる

光彦「あ~あ~元太君、やりすぎですよ!コナン君がいきそうですよ」

元太「いいんだよ!これぐらいが!」

博士「さすが伝説のホモうなぎ小僧じゃ」


41: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:54:00 ID:n9I/1+FL0

コナン「お、おい!ま、真面目にやめ!」

そんなとき、ある天使が舞い降りてきた

ジン「おい!お前ら何してる!?」

コナン「え?じ、ジン…?」

ジン「そいつは俺のだ!待ってろ!今助ける!」

コナン「…俺…あ!?思い出した!」ガバッ

元太「な、何!?そういえば、さっきもジンって!」

光彦「記憶喪失が治ったんですね?よかった!」

コナン「ああ!お前らのおかげでな!ジン!心配するな!俺は救われただけだ!」

ジン「そ、そうなのか!」


44: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 12:56:55 ID:n9I/1+FL0

コナン「ありがとな…お前ら…俺、なんかも疲れたから帰るわ」

元太「ちぇ!もっとやろうぜぇ~」

コナン「よい子はもう寝る時間」

元太「…そうだな…じゃあ俺も帰るわ」ガチャッバタンッ

ジン「おいいいのか?あいつフルだして帰ってったぜ」

コナン「まぁ、平気だろ」

ジン「じゃあ俺はお前をつれて帰る。事務所の姉ちゃん心配するぜ」

コナン「ああ!蘭だな!じゃあ明日な!」

光彦「はい」


45: 以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/06/02 13:00:13 ID:n9I/1+FL0

          事務所

蘭「でもよかった♪治って!」

コナン「うん!」


   こうして俺は、記憶を取り戻し、今までどおりの日常を送った



          翌日の新聞


 帝丹小学校生徒  小嶋元太 (7)    逮捕

          アガサ ヒロシ  逮捕




         エンド


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02 13:03:50 ID:siOs2k1j0

ジンが何しに来たのかさっぱりだよwww


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02 13:19:17 ID:XAT/IxCT0

いつもコナンSSは少年探偵団がナチュラルにホモで泣く


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370141366/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。