ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」


特装版 THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)
特装版 THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)



1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga]:2013/06/13(木) 02:00:51.98 ID:h5BOIAut0





・・・・・・事務所





P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」バンッ!!



春香「うわぁ! びっくりした!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!やっやっやっやよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



春香「ぷ、プロデューサーさん?」



P「おいそこの毎年リボン!!!やよいはどこだ!!」



春香「毎年リボン!? いきなりひどいですよプロデューサーさん!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!うおおおおおおおおおおおお!!!」ダッ



春香「あぁっ!? どこ行くんですかー!?」



SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1371056451


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/13(木) 02:07:27.96 ID:h5BOIAut0





・・・・・・その辺の道端





あずさ「ねこねこにゃんにゃん♪」



あずさ「あら~?可愛い猫ちゃんですね~。よしよし」ナデナデ



P「ゃょぃぃぃぃぃっ・・・・・・・・・・・・」



あずさ「あら~?なんだか今、プロデューサーさんの声が聞こえたような・・・」



P「・・・・・・ゃぁぁぁよぉぉぉぉおおおおいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ゲシッ!!



あずさ「きゃあ! ああっ! 猫ちゃんが!」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/13(木) 02:13:23.55 ID:h5BOIAut0

P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



あずさ「プロデューサーさん! どうしていきなりこんなひどい事するんですか!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



あずさ「もう! ふざけてないで真剣にこたえてください!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



あずさ「・・・プロデューサーさん?」



P「・・・。」



あずさ「あの、私だって怒る時ぐらいあるんですよ・・・?」



P「・・・。」







P「・・・。」

















P「・・・やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダッ



あずさ「あっ、プロデューサーさん! もう!」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/13(木) 02:22:40.25 ID:h5BOIAut0





・・・・・・公園





真「バトミントンをして汗だくになった二人は、そのまま抱き締め合い、キスぅぅ!?」



雪歩「やるっきゃないよ! 真ちゃん!」



真「監督!! いくらなんでもこれは訳が分からないですよ!」



雪歩「もう決まった事だよ! 真ちゃん!」



真「雪歩は黙ってて! なんでバトミントンからキスの流れなんですか! 訳分からないですよ!」



雪歩「私はいつでもオッケーだよ!真ちゃん! 」



真「雪歩もなんで乗り気なんだよー! おかしいよ絶対!」



P「・・・・・・・・・ゃゃぁぁぁぁよぉぉぉおおおおいいいいいいいいっ!!!」ダダダッ



雪歩「あれ? プロデューサー? むぐぅ!?」チュッ



真「!!???」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/13(木) 02:27:46.07 ID:h5BOIAut0



P「・・・。」



雪歩「ぷ、プロデューサー・・・? あの・・・いま・・・」



P「・・・。」







P「ほんのりお茶のかほり。」



雪歩「キュウ」プシュゥゥゥゥ



真「うわぁぁぁぁっ!! 雪歩ぉぉおおおお!!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



真「プロデューサーぁぁ!! なにやってるんですかぁ!!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!大事な事なので2回言いました」



真「いまっいまっ雪歩とっ!! 雪歩とっ! キスぅ!!」



P「やようぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダッ

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/13(木) 02:40:02.33 ID:h5BOIAut0





・・・・・・テレビ局





千早「はぁ。相変わらず真美の歌い方は訳が分からないわ」



真美「んっふっふ~! お前には、まだ100年早いようだぁ!」



千早「習得しようと思ってる訳じゃないから別になんでもいいんだけど。それより、台本読んだの?」



真美「えー、台本なんて読まなくていいしょー! どうせバラエティなんだし」



千早「駄目よ。わざわざ用意してあるんだから、しっかり読みなさい」



真美「うぅぅぅ・・・めんどくさい・・・。千早お姉ちゃんジャカルタすぎるよぉ・・・」



千早「なんでインドネシアの首都・・・。それを言うならスパルタよ」



真美「大体、千早お姉ちゃん台本に書いてあること理解してるの?」



千早「あ、あたりまえじゃない! 私はいつもP「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」のことを真剣に考えているのだから!」



真美「あ、兄ちゃんだ」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/13(木) 02:53:10.07 ID:h5BOIAut0

P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!! はぁ・・・はぁ・・・。やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



真美「どったの? 汗だくだよ?」



P「ははっ、汗と涙は男の勲章さ・・・」フッ



千早「・・・・・・・・・うざっ」



真美「兄ちゃんやよいっち探してるの?」



P「そうなんだよ2号機!! 俺のやよいはどこだかわかるか!?」



真美「今凄い傷つくこと言われたけど、やよいっちならもう出ちゃったんじゃないかな?」



P「ありがとうありがとう! 愛しのマイマミー! お礼にお前のシュシュをもらってあげよう」スッ



真美「あぁっ! なにすんのさー!」



P「そして~このシュシュを~ちーちゃんに装☆填!!」ギュッ



千早「きゃぁ! なっなんですか!?」



P「サイドテール・・・似合ってるぜ・・・」ボソッ



千早「べっ・・・別に髪型なんて・・・///」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダッ



千早「・・・。」









真美「・・・千早お姉ちゃんばっかずるい」



千早「う、嬉しくないわよ!」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 00:42:24.95 ID:y9Bh0UKD0





・・・・・・その辺の道





律子「ほーら美希、そろそろ起きなさい。着くわよ」ブロロロ・・・



美希「んー・・・・・・あと5分・・・・・・」zzz



律子「そう言って5分で起きた試しがないじゃないの。ほら、今すぐ起きる!!」



美希「もー・・・・・・律子は厳しすぎるの・・・・・・」zzz



律子「律子さん、でしょ。あ、こんなところにおにぎりが」



美希「どこ!?」ガバッ



律子「なによ普通に起きられるじゃない」



美希「!! まさか騙したの!?」



律子「別にいいじゃないすっきり起きれたんだから」



美希「律子がウソついた!! 鬼なの悪魔なのしずかちゃんなの!!」



律子「だから、律子さんだと何度も・・・・・・ってあれは、プロデューサー?」



美希「ふーんだ。ミキはもう引っ掛からないよー」



律子「い、いや、本当にいるんだけど・・・。なんでこんなところに・・・」



美希「往生際が悪いの! ウソつきはドロボー猫のはじまP「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 00:47:59.66 ID:y9Bh0UKD0



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!うおおおおおおおおおおおおお!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダダダダダッ



美希「本当にいた・・・」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!ぎえぴぃぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいい!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダダダダッ



律子「ちょっとプロデューサー!!何やってるんですか!!ここ車道ですよ!!」



P「おう律子!! 奇遇だな!! やよいはどこにいるか知ってるか!?」ダダダダッ



律子「奇遇だなって、それどころじゃないでしょう! とりあえず車道を走るのやめてください!」



P「わかったぞ律子!! 俺は車道を走るのをやめる!! とうっ!!」バッ



バンッ!!

律子「きゃああ!! フロントガラスにくっ付かないでください!!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 00:53:51.07 ID:y9Bh0UKD0

P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



律子「分かったからそこで叫ばないで!! やよいなら亜美と一緒に遊んでますよ!! だからそこから降りて!!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ゴロゴロゴロ



美希「あぁっ!! ハニーが車の天井に!!」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!! ぐえぇっ!!!」ビターン



P「」死んー



美希「はにぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



律子「ぷろでゅぅぅぅぅさぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああっ!!!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 01:02:42.65 ID:y9Bh0UKD0





・・・・・・ラーメン屋





貴音「店長、この謎の茸は何物ですか?」



店長「うるせぇ! 素人には言ってもどうせわかんねぇよ!」



貴音「しかし、このような緑色の茸は見たことがありません・・・。もしや毒茸なのでは!?」



店長「馬鹿野郎! 客に毒を盛るラーメン屋があるか! 喰えねぇならでてけ!」



貴音「その必要はございません。例え毒であろうとも、らぁめんと果てることができるならそれも運命であり本望!いただきます」



店長「だから毒はねぇって言ってんだろ!」





<ゃょぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!ぐぇっ!!!





貴音「むむ、この声は、プロデューサー?」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 01:13:10.63 ID:y9Bh0UKD0



P「ぅぅぅぅ・・・・・・」



貴音「あなた様! しっかりしてくださいませ!」



P「ゃょぃ・・・ぃぃょ・・・ゃょぃ・・・」



貴音「一体どうなされたのですか!? このように満身創痍になって!」



P「たかね・・・・・・やよいを・・・・・・任せた・・・」



貴音「あなた様・・・気を確かに・・・! 諦めてはいけません。さぁ、こちらのらぁめんを・・・」スッ



P「ラーメン・・・? なんでこんなところに・・・。ぐっ・・・」グビグビ





ティロリロリン♪ 1up





P「・・・・・・はっ!ここはどこだ!」



貴音「気付きましたかあなた様」



P「貴音!? ・・・そうだ、俺はやよいを・・・」



貴音「・・・どうしても行くのですね?」



P「・・・あぁ」



貴音「でしたら、帰ってきたら・・・・・・らぁめんを一杯、約束を」



P「あぁ、任せろ。やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダッ

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 01:30:12.02 ID:y9Bh0UKD0





・・・・・・海





伊織「間違えたら許さないわよ! もう後がないんだから! 私、海にダイブなんて絶対いやよ!!」



響「任せろ伊織! 今度はしっかり答えるさー!」



伊織「本当に大丈夫なのかしら・・・。読むわよー!耳かっぽじってよく聞きなさい!」



響「よしこい!」



伊織「問題! リス・ハムスター・ヤマアラシは何目と言われているか!」



響「ふっふっふ・・・簡単すぎるぞ!」



伊織(やった!動物問題!これでダイブは回避よ!)



響「なんたって、自分、ハムスターとシマリスを飼っているからな!ハム蔵とシマ男って言うんだけど、他にも飼ってるぞ!蛇のヘビ香、オウムのオウ助、うさぎのうさ江、犬のいぬ美、まだまだいるぞ! ワニのワニ子、ねこの」



伊織「もういいからとっとと答えなさい!! 長いわよ!!」



響「もー、伊織はせっかちだなぁ。じゃあ答えるぞ」



伊織「はやくー!」



響「正解は・・・・・・P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」





ブブー パカッ

伊織「え゙!? ちょっ! きゃあああああぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・」ヒュゥゥゥ

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 01:41:07.17 ID:y9Bh0UKD0



響「あれ? プロデューサー? なんでここにいるんだ?」



P「響! やよいはいるか!?」



響「えっ? やよい?」



P「そうだよやよいだよ! 答えるんだEカップ!!」



響「いっ・・・うぎゃあああ!! いきなり何言ってるんだよー!!」



P「友達と遊んだ後は沈んでいく夕陽を眺めながら黄昏るんじゃないのか! こうやって寝転がって!」ゴロンッ



響「いつの時代の話しだよ! 大体そういうのは河川敷でやるんじゃないのか!?」



P「・・・・・・響、今日は赤なんだな」



響「は? 何言ってるんだ?」



P「寝転がるとよく見えるんだよな。短いと」



響「・・・・・・!!! うぎゃぁぁぁぁあああ!!!変態だー!!!変態がここにいるぞー!!!」バッ



P「いいもの見せてもらったぜ!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダッ

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 23:25:53.56 ID:y9Bh0UKD0



亜美「あっ次あっち行こーよ!」



やよい「うん! えへへ~」



亜美「どったのやよいっち?」



やよい「なんだか亜美と二人で遊ぶのって久しぶりだなーって!」



亜美「んっふっふ~!今日は調子がいいからホテルまでお持ち帰りしちゃうよ~ん」



やよい「ええ!? だめだよ亜美! 私、みんなのご飯作らなきゃ・・・」



亜美「ジョーダンだよやよいっち!」



キャッキャウフフ







P「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダダダダ

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 23:33:02.36 ID:y9Bh0UKD0



亜美「あれっ?なんだか今兄ちゃんの声がした気が」



やよい「亜美も?誰かから呼ばれた気がしたような・・・」





P「・・・ぅぉぉぉぉおおおおおおおお!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



亜美「兄ちゃん!? なんでこんなところにいるの!?」



P「いたぞぉぉぉっぉぉぉぉぉぉ!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」ダキッ



やよい「ひゃぁ! なっ、なんですかー!?」



P「あぁぁ!!!やよいやよいやよい!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」スリスリ



やよい「ぷ、ぷろりゅうひゃあ・・・くるひいれす・・・」



P「見つけたぞ探したぞやよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!もう絶対離さん!!!」スリスリ



亜美「ちょっと待った兄ちゃん! 何が何だかさっぱりわかんないよー!」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/14(金) 23:36:40.35 ID:a378Wpwbo

ほ、仄かな犯罪のかほり

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 23:43:09.76 ID:y9Bh0UKD0



P「あ? なんだいたのか1号機」



亜美「いちごうきぃ!?」



P「悪いが1号機には用は無い! ついでに2号機もだ」



亜美「2号機って・・・まさか真美の事?」



P「あぁいいよやよいやよいいいよぉぉぉぉぉ!!!うっ・・・ふぅ・・・やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!」



やよい「ぷろでゅう・・・さぁ・・・離して・・・」ギュウギュウ



P「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!やよいー!俺だー!結婚してくれー!」スリスリ



やよい「ぅぅぅ・・・離し・・・て・・・」ギュウギュウ



P「やーよーい!やーよーい!やよい!そうだ君にはこのもやしをあげよう」スリスリ



やよい「ぅぅぅぅ・・・っ・・・・・・」



P「やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!やよいぃぃぃぃぃぃいいいいいいいっ!!!うおおおおおお」



やよい「あ゙あっもう!!離してください!!」ドンッ!!



亜美「!?」

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage ]:2013/06/14(金) 23:50:05.63 ID:f6bOdz7Qo

やよいがキレた!?

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/14(金) 23:54:25.12 ID:y9Bh0UKD0



P「えっ・・・?あれっ・・・?」ドサッ



やよい「なんなんですかもう!! 突然来たかと思ったらいきなり抱きついてきて大声出して!!」



P「いっ・・・いや、違うんだ・・・俺はやよいを」



やよい「言い訳なんて聞いていません!! 他の人たちの迷惑になるってわからないんですか!!」



亜美「やよいっち落ち着いて・・・」



やよい「それに!! なんですか1号機って!! 亜美達は機械じゃないです!!」



P「違うんだやよい! これには訳が・・・」



やよい「プロデューサーがそんなこと言うなんて私、ショックです! 反省しなさい!!」



P「」



やよい「プロデューサーは家の外でご飯抜きです! 行こう、亜美!」



P「」



亜美「えっ!? でも兄ちゃんが・・・」



やよい「もうプロデューサーの事なんか知らない! 反省するまで話しかけないでくださいね!」スタスタ



亜美「あっ待ってよーやよいっちー!」







P「」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/15(土) 00:01:39.04 ID:RdV7sr9v0



P{反省中}



小鳥「なんですかあれ?」



律子「あぁ、なんか結局やよいにこっぴどく怒られたみたいで」



小鳥「やよいちゃんに? そうなった経緯について教えてほしいんですけど・・・」



律子「知らないわ。私はもう何も知らないの。うん、何にもなかったわ。そうよ律子、第一ああやって本人がピンピンしてるんだし・・・ブツブツ」



小鳥「えーっと・・・とにかく落ち着いてください?ね? ほら、美希ちゃんも」



美希「記憶にございませんなの」



小鳥「大丈夫よ!美希ちゃん!私たちは貴女を疑ったりしてないから!」



美希「その件に関しましては、私たちの記憶にございませんなの」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/15(土) 00:13:27.26 ID:RdV7sr9v0



やよい「おはようございまーす!」



P「あっ・・・その・・・やよいさん?」



やよい「む? なんですか? 反省するまで話しかけないでって言いましたよね?」



P「すいませんでしたぁぁ!!あの時はいち早くやよいに会いたいがため、普段では考えられない行動をとってしまいました!非常に反省しております!」ドゲザァ



春香「うわぁ・・・プロデューサーさん土下座してるよ・・・」



真美「ふん! 兄ちゃんはバチがあたったんだよ!」





やよい「はぁ、しょうがないですねぇ。今回だけは許してあげます」



P「ははっ、ありがたき幸せ!」



ガチャ

響「はいさー・・・ってうぎゃぁぁぁ!!プロデューサーがまた自分のパンツを見ようとしてるぞー!!」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/15(土) 00:29:21.20 ID:RdV7sr9v0



やよい「・・・また?」



P「いや違うんだ!これは響の勘違いで・・・!」



やよい「もう知りません!プロデューサーはお尻ペンです!」



春香「あっ、やよいやよい!私もひどい事言われたよ!毎年リボンだって!」



P「あっ馬鹿!言うなよ!」



春香「ねっ!ひどいよね!やよい」



やよい「・・・。」



春香「・・・やよい?」



やよい「・・・春香さんの事については、その・・・別に言うことは・・・ない・・・・・・です」



春香「のヮの」






46VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/06/15(土) 00:30:41.82 ID:RdV7sr9v0

オチなんて最初っからなかった



ζ*'ヮ')ζ<反省しなさいっ!

47VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/06/15(土) 00:32:04.54 ID:orzfflha0

毎年リボンがジワジワくるww



http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1371/13710/1371056451.html


THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01 Thank You!
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01 Thank You!
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。