ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コナン「乳首からコーラが噴き出した!!」 阿笠「ホッホッホ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:15:13 ID:kNM4iinz0

コナン「笑い事じゃねぇ!何なんだこれ!!」ブシュゥゥゥゥゥ

阿笠「ワシ知らん。」

コナン「し、知らない?さっき博士から貰ったコーラを飲んだらこうなったんだぞ!?」ブシュゥゥゥゥゥ

阿笠「不思議な事もあるモンじゃのー」

阿笠「というかそれは本当にコーラなのかの?」

コナン「あぁ…恐らくな……乳首がシュワシュワするぜ……!!」ブシュゥゥゥゥゥ


名探偵コナン 80 (少年サンデーコミックス)
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:16:22 ID:kNM4iinz0

阿笠「うーむ……しかしドクターペッパーという可能性もあるんじゃないかの?」

コナン「なるほど、一理ある」ブシュゥゥゥゥゥ

阿笠「確かめるぞ新一」

コナン「ペロッ…これは……コーラ!」ブシュゥゥゥゥゥ

阿笠「ペロッ…これは……コーラじゃな」

コナン「クソッ!やっぱりコーラだったか…!!」ブシュゥゥゥゥゥ

コナン「このままじゃ恥ずかしくて外にも出られねぇ…!!服もベタベタになっちまう……!!」ブシュゥゥゥゥゥ

コナン「一体どうすれば止まるんだ……」ブシュゥゥゥゥゥ


灰原「朝っぱらからうるさいわねぇ…」フワァ~


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:18:36 ID:hZiGZq2+0

まてよ、もう一つカルピスが出る器官が体にあるはずだから…


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:18:43 ID:kNM4iinz0

阿笠「おぉ、哀くん」

コナン「は、灰原!!」サッ

ブシュゥゥゥゥゥ

灰原「あら来てたの………なんで上半身裸なのよ」

コナン「ば、バーロー!!どうだって良いだろそんな事!!」

ブシュゥゥゥゥゥ

灰原「それに何よ、このウォータージェットみたいな音」

コナン「は、ハァ!?そんなん聞こえねぇよバーロー!な?博士?バーロー!!」

阿笠「新一の乳首からコーラが噴き出してる音じゃよ」

コナン「  」


灰原「朝から最低なジョークね。まぁ、何かの実験器具の音なんでしょ」

灰原「私に知られたくないならそう言えば良いじゃない……」

コナン「あ、あぁ!そうなんだよ!!悪ぃな!!これは博士と俺の秘密の実験だからな!バーロー!」

阿笠「エイエーーイ!!」バシンバシーン!!

コナン「うぐぇ」バタリ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:20:26 ID:kNM4iinz0

灰原「博士……今なにか言った?」

阿笠「いや別に。」

灰原「あら?工藤くんは?」

阿笠「帰ったんじゃろ」


コナン「うぅ……」ぐったり

コナン(な…なんのつもりだ……博士……!!)ブシュゥゥゥゥゥ

阿笠「それより哀くん、喉は渇いておらんかね」

灰原「そうね少し。冷蔵庫になにかあったかしら……」テクテク

阿笠「……コーラがあるんじゃが、飲まんか」

灰原「んー、そういう気分じゃ無いのよね」バタム

コナン(クッ…近寄るな……!!何をする……!!)

阿笠「フヒヒ…特別濃いのを頼むぞ新一……」キュッ

コナン(ち、乳首を………)

阿笠「搾りたて一番じゃ!!!」グイィィィ

コナン「はーーーーーん!!!!」ブシュゥゥゥゥゥ!!!!!


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:22:06 ID:kNM4iinz0

阿笠「よく搾れたわい」

コナン「博士……アンタなにを……」チョロロロロ

灰原「何も無いわねー。紅茶でも煎れようかしら」


阿笠「ワシの作った『アガサコーラ』には飲んだ者の乳首からアガサコーラが噴き出す効果がある」ヒソヒソ

コナン「なんの……ため…に……」チョロロ…

阿笠「決まっておるじゃろ」

灰原「茶葉も無し。しょうがないわね……」



阿笠「哀くんのコーラを飲むためじゃ」

灰原「博士ー、やっぱりコーラを貰うわ」

コナン(逃げろ灰原ーーーー!!!)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:23:26 ID:kNM4iinz0

阿笠「まだ母乳は出んからの」

コナン(逃げろ灰原ーーーー!!!)

灰原「博士?」

阿笠「あぁ待ってなさい、今準備するからソファにでも座って寛いでいてくれ」

灰原「?……わかったわ」テクテク


阿笠「しばらくここで大人しくしてるんじゃぞ新一」ヒソヒソ

コナン(くそっ…もう……意識が………クッ)パタン


阿笠「ホホホ…新一による実験は成功じゃ……」


阿笠「待たせたな哀くん。」

灰原「コーラ一杯準備するにしては遅すぎるんじゃない?」

阿笠「ホッホ、すまんすまん」


阿笠「ホレ、コーラじゃ」すっ

シュワシュワシュワシュワシュワシュワ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:24:33 ID:kNM4iinz0

灰原「ありがと。」

阿笠「……」ジィィィィ

灰原「な、何よ……」

阿笠「あ、いやその何というか」

灰原「……まさか、このコーラに何か入ってるんじゃないでしょうね」

阿笠「知らん。ワシ知らん。」

灰原「……」

阿笠「知らん。」

灰原「すごーーく怪しいんですけど」

阿笠「……その」

バリィィィーーーン!!

阿笠「なっ、何事じゃ!!」

灰原「博士!!窓を割って誰かが!!」

阿笠「誰じゃ!そこにいるのは!!顔を見せなさい!!」


元太「ヘヘッ、燃えたろ?」クルッ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:25:54 ID:kNM4iinz0

灰原「小嶋くん…!!あなたどうして……」

元太「ヘヘッ、喉が渇いちまってよ」

阿笠「そうか。さ、帰りなさい」

灰原「喉が渇いたからってそんな……」

阿笠「まぁ今日の所は良いから帰りなさい」

灰原「ちょっと博士!!」

阿笠「まぁまぁ、さ、帰りなさい」

元太「博士ー!なんか飲み物くれよー!!」

阿笠「無い。」

元太「なんかあるだろー?俺喉カラカラなんだよー」

阿笠「無い。」

灰原「博士!!…ホラ、小嶋くん。コーラあげるから、とりあえず帰りなさい」

元太「おっ!!なんだよ博士あるじゃねーか!!」

元太「いただきまーー」

阿笠「エイヤーーーー!!」バチーン!!!


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:27:27 ID:kNM4iinz0

元太「頬っぺをビンタされた……」

阿笠「どこまでが頬っぺたか分からん身体しくさって!!」バチーン!!

元太「うぅっ!」

灰原「やめて博士!!どうしたの!?今日の博士何か変よ!!?」

元太「コーラ…コーラ………」ぐぐぐぐっ

阿笠「エイエーーイ!!」スパパパーン

元太「ううぅっ!!」

阿笠「早くそのコーラを返しなさい!!」

阿笠「良いか!そのコーラはのう!!そのコーラは……そ、そう!!毒なんじゃ!!」

灰原「えっ」

阿笠「哀くんの為に作ったコーラなんじゃ!!哀くん以外の人間が飲んだら死ぬ!」

元太「俺でもか?」

阿笠「お前でもじゃ!!」バチーン


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:29:08 ID:kNM4iinz0

元太「なんだ毒なのか……」ショボーン

阿笠「ふぅ…わかってくれたかの」

元太「あぁ、ホラ灰原。お前に返すよ。」

灰原「わ、私に返されても困るわよ!」

阿笠「これで全て丸く収まったわい」

元太「と見せかけてゴクーー!!!」ゴクゴクゴクゴク

阿笠「ヤメローーー!!!!」

元太「ゲェップ。ふぅー、人肌くらいのぬるさだったな」

阿笠「あ、あぁ……」


元太「ん?身体が熱く………お、おおおおおお」


元太「乳首がァァーーーー!!!」

ブシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!


阿笠「見るな哀くん!!」ガバッ

灰原「ちょ、やめて博士!!前見えない!!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:30:18 ID:kNM4iinz0

元太「乳首がァァーーーー!!!」

ブシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!

阿笠「哀くん!!君が見なければまだチャンスはあるんじゃ!!」

灰原「チャンスってなんの事よ!!小嶋くんに何が起こってるの!?」

元太「博士ーーー!!!何なんだよコレーーーー!!!」

ブシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!

阿笠「さぁ?風邪じゃろ。」

灰原「そんな訳ないでしょ!!この音なんなのよ!!」

元太「ウワァァァァーーーー!!!!コーラがーー!!!!」

ブシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!

灰原「コーラ!?やっぱりコーラに何か入ってたのね!?」

阿笠「ええい!!帰れ帰れ!!窓ガラスの弁償をさせるぞ!!」

元太「べ、弁償…!!オレ……帰るよ……」ブシュゥゥゥゥゥ……

トボトボ

阿笠「……フゥ、やっと帰ったか…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:32:16 ID:kNM4iinz0

灰原「……説明をしてもらおうかしら」

阿笠「?」

灰原「あのコーラはいったい何!?なんで部屋中がコーラまみれなの!?」

阿笠「さぁ、なんでじゃろうなぁ」

灰原「小嶋くんに何をしたの!?それにさっき工藤くんからも聞こえてたあの音は何!?」

阿笠「まぁまぁ、そう叫ぶと喉が乾くじゃろ」

阿笠「そうじゃ!コーラでも飲んで落ち着かんか!?」

灰原「頭わいてるんじゃないの!?」


阿笠「………」

灰原「博士!!」

阿笠「…わかった。総てを話そう。」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:33:23 ID:kNM4iinz0

阿笠「実はこのコーラは……

アポトキシン4869を完全に解毒できるコーラなんじゃ」

灰原「な、なんですって…?」


阿笠「思い出してくれんか?……さっきワシは『哀くん以外の人間が飲んだら死ぬ』と言ったじゃろ?」

灰原「つまりそれって……」

阿笠「そうじゃ。アポトキシンの効果を受けていない者には毒物なんじゃよ」

灰原「……このコーラが…」チラッ

阿笠「さっき新一と一緒に居たのもその為じゃ。」

阿笠「………さぁ哀くん飲んでみたまえ」

灰原「……本当なのね?」

阿笠「本当じゃとも!!!」

灰原「じゃあ飲むわ」

阿笠「フヒッ」

灰原「嘘ね」

阿笠(しまった!)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:35:05 ID:kNM4iinz0

阿笠「な、なんて事を言うんじゃ!!せっかくワシが君の為に作ったのに!」

灰原「瞳から悪意を感じるわ」

阿笠「くぅぅ…!!」

バタン!!

コナン「灰原ー!!大丈夫かー!!!」ブシュゥゥゥゥゥ

灰原「く、工藤くん!?」

阿笠「チィッ!目を覚ましおったか!!」

コナン「そろそろ年貢の納め時だぜ!博士!!」ブシュゥゥゥゥゥ

コナン「よし、このキック力増加シューズで……」ブシュゥゥゥゥゥカチカチヒィィーン

阿笠「遅い!麻酔銃!!」タァーン

灰原「工藤くーーーーーん!!!」

コナン「遅くない!!今だ光彦!!」ブシュゥゥゥゥゥ

光彦「はい!コナンくん!!」ブシュゥゥゥゥゥ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:38:15 ID:kNM4iinz0

阿笠「クッ!コーラが目に!!」

阿笠「なぜ君が!」

コナン「灰原の下着を物色してるのを偶然見つけてな…!!俺のコーラをご馳走したのさ!!」ブシュゥゥゥゥゥ

光彦「ちょっとー、それを言わない約束で手伝ったんじゃないですかー!!」ブシュゥゥゥゥゥ


コナン「わりぃわりぃ!!さあ!仕上げだ!!」ブシュゥゥゥゥゥ

コナン「キック力増加シューズで……」チキチキ


コナン「いっけぇーーー!!!!」ブシュゥゥゥゥゥ!!!


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:39:52 ID:kNM4iinz0

阿笠「うぐぇ!」ばごーん

コナン「ふぅ…危機一髪だったな、灰原」ブシュゥゥゥゥゥ

灰原「え、えぇ……あの、噴き出てるそれは……」

コナン「アガサコーラの効果だ……まぁ子供の体にも慣れた俺さ」ブシュゥゥゥゥゥ

コナン「この体も慣れてみせるよ。」ブシュゥゥゥゥゥ!!

灰原「……とんだ名探偵ね」フフッ

灰原「ハァ、なんだかドッと疲れて来たわ」

灰原「なにか冷たい物が食べたい気分」

光彦「あぁそれなら冷蔵庫にグルトがありましたよ」ブシュゥゥゥゥゥ

灰原「グルト?」

コナン「そうだっ!!」バッ!!

コナン「グルトは!!」バッ!

コナン「凍らせても!!」バッ!!

コナン「おいしい!!!」ババーン!!

おわり


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:45:48 ID:CG1JPpRq0

灰原ルートはこちら↓


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 13:49:43 ID:NDkA7x3U0

キチが足りない


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03 14:03:16 ID:XQfiWx3ZP

光彦が既に被害者になってたのはワロタ


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370232913/名探偵コナン 80 (少年サンデーコミックス)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。